少年クロニクル 女性ダンサー。 【ライブ】GENERATIONS 5大ドームツアー「少年クロニクル」ファイナル(LV)で感じたこと

『GENERATIONS LIVE TOUR 2019 ”少年クロニクル”』ライブ・ビューイング開催決定!|ライブ・ビューイング・ジャパンのプレスリリース

少年クロニクル 女性ダンサー

A New Chronicle• G-ENERGY• BIG CITY RODEO• Evergreen• Brand New Story• Control Myself• EXPerience Greatness• Love You More• BOYS F. GIRLS• SNAKE PIT• Nostalgia 数原龍友ソロ• One in a Million -奇跡の夜に-• Just The Way You Are 片寄涼太ソロ• DREAMERS• 太陽も月も• Hard Knock Days DJ ALAN• 心声 メドレー開始• BRAVE IT OUT• Sing it Loud• NEVER LET YOU GO• MAD CYCLONE• UNITED JOURNEY メドレー終了• to the STAGE• 時の描片 ~トキノカケラ~• 少年 -アンコール- 3年A組ダンス• Stupid〜真っ赤なブレスレット〜 リクエスト• 要は涼太くんの声がほぼ完璧に出ている。 リクエスト曲も含めてわたしのトラウマと化してたMCツアーが半分成仏した — echo echo0oecho リクエスト曲はStupid、MCツアーだと本当に苦しそうに声を絞り出していたたのが嘘のように伸びやかで、もっと言えば音源より圧倒的にいい。 こういう曲だったんだと気づいた。 振りはチャイナツアーのものでした。 お水を取ってあげるメンさん。 本当に念願だったんだなあよかったなあと思いましたね。 急に会見とか入るし!」 — ピカシュウ shurvival 名古屋公演EXILE会議は期待通り岩田剛典大明神!!! 「どうもー岩田クロニクルでーす」 「来年PYということで、真剣に聞いてくださいね… おれ、正社員になります。 メンディーも来年は正社員を目指して頑張ってください。 Love You More• 片想い• NEXT• AGEHA• Stupid ~真っ赤なブレスレット~• BIG CITY RODEO• Evergreen• いつか晴れ渡る空の下で• PIERROT• BOYS F. GIRLS• Pray• Always with you• One in a Million -奇跡の夜に-• to the STAGE• DREAMERS• またアシタ• RUN THIS TOWN• Hard Knock Days• MADCYCLONE• ドリーマーズ• 太陽も月も• My Only Love• …for you• PAGES• Sing it Loud• NEVER LET YOU GO• G-energy• ALL FOR YOU• be the ONE• Make You Mine• BRAVE IT OUT• UNITED JOURNEY• STORY• 今、風になって• I Remember• 選べない• Into You• Rainy Room• Fallin'• REVOLVER• ブランニューストーリー• ANIMAL• Experience Greatness• Alright Alright• HIGHER• HOT SHOT• SOUND OF LOVE• 何もかもがせつない• Make It Real• SNAKE PIT• I Believe• Gimme• ヒラヒラ• Control Myself• Togetherness• Think of you• Pump It• EHCO• EVERLASTING• A New Chronicle• レットミーフライ• GOON• BELIEVE IN YOURSELF•

次の

GENERATIONS 少年クロニクル2019@東京ドーム セトリ・座席表・ライブレポまとめ [11/7]│新時代レポ

少年クロニクル 女性ダンサー

A New Chronicle• G-ENERGY• BIG CITY RODEO• Evergreen• Brand New Story• Control Myself• EXPerience Greatness• Love You More• BOYS F. GIRLS• SNAKE PIT• Nostalgia 数原龍友ソロ• One in a Million• Just The Way You Are 片寄涼太ソロ• DREAMERS• 太陽も月も• Hard Knock Days• ANIMAL~Alright! Alright! ~Hot Shot DJ ALAN• 心声 メドレー開始• BRAVE IT OUT• Sing it Loud• NEVER LET YOU GO• MAD CYCLONE• UNITED JOURNEY メドレー終了• to the STAGE• 時の描片 ~トキノカケラ~• 少年 -アンコール-• 3年A組ダンス• 片思い リクエスト• 僕の場合はたぶん逆で、無名の自分の映画監督という夢を、佐野くんに引き上げてもらったんだということを確信した。 ありがとう佐野玲於。 がんばる。 目も耳も頭も冴え渡りました。 素敵な共演者たちの晴れ姿は みんな眩しかった。 07 速報 PRINCE OF LEGEND 続編 ドラマ 貴族誕生 映画 貴族降臨 公開決定 完成披露試写会 2020. 東京リクエストは、なんとなんとの 片思い。 — ピカシュウ shurvival GENERATIONS少年クロニクル 東京ドーム1日目お疲れ様でした🌈 東京のファンの方々のパワーに圧倒されて気が引き締まりました😂 明日も引き続き全身全霊でジェネの皆さんのサポートさせて頂きます🔥 — MOMOCA TAKE MOMOCATAKE 本日KRUMPサポートダンサー札幌のDEUCEらからBaby Souljaに。 は三代目終わったら少年クロニクル帯同かな? — ピカシュウ shurvival アンコールで佐野玲於がハロメンディー ボコボコに。 さらにそれを止めに入ったメンディー をボコボコに。 — ピカシュウ shurvival メンディー企画EXILE会場映像でNAOTOさん登場。 — ピカシュウ shurvival 映像NAOTOさん「メンディー は最近俺のことをなメンディーですけど」 — ピカシュウ shurvival 映像NAOTOさん「最近メンディーはこれは遅刻していいだろうって時と、遅刻しちゃいけない時を選んでる」 — ピカシュウ shurvival 映像NAOTOさん「メンディーは俺とのメシ遅刻してる真っ最中に、インスタ更新してるっていう」 — ピカシュウ shurvival One in a Milionほんとにやばかったな 嫉妬で狂いそうになるくらいやばい。 最後、「キスをしよう」って歌詞でさ キスするのしないのくらいのとこでさ傘を下ろすわけだよ、隠すわけだよ。 そんなん嫉妬するじゃん。 大好きなんだもん。 あああああやばいもう。

次の

GENERATIONS ライブ2019「福岡」セトリ・座席表・レポ【12/13~12/14】|Lyfe8

少年クロニクル 女性ダンサー

今日は福岡のドームで開催されたGENERATIONS(以下、ジェネ)のツアー「少年クロニクル」のファイナル公演をライブビューイングで見てきた。 過去の記事を読んでくださったことがある方は「あれ?ジェネも好きだったの?」と不思議に思うかもしれない。 というのも私がこれまで行ったグループの単独ライブは三代目から始まり、三人兼任メンバーがいることから、楽曲にどハマりした THE SECOND、同じく楽曲と登坂くんソロでののパフォーマンスに引き込まれたTHE RAMPAGE、そして初のホールツアーを先日終えた…と、GENERATIONSは入っていない。 単独ツアーをまだおこなっていない(来年に控えた)を除いて、唯一単独ライブに行ったことがなかったのがGENERATIONSだった。 これはいろいろな先入観と事象が重なり避けていたというのがひとつ、そしてジェネ高(AbemaTVの番組)やじぇねちゃん( TVの番組)から感じていた、あえて悪い言葉を選ぶとすると「悪ふざけが過ぎる」という印象があったというのがひとつ。 ただ、やフェスでジェネのパフォーマンスを見たことはもちろんあり、もう少し見てみたいような…単独も少し気になるような…という気持ちはずっとくすぶっていた。 (前回のドームツアー「UNITED JOURNEY」にも申し込もうか悩んだことがあった) そんなときファイナル公演をライブビューイングと TVで上映するという情報を得て、さらにナイスタイミング過ぎることに週刊で4週にわたってGENERATIONSの過去を振り返る特集をしていたのだ。 現ランペのサポメン目当てに見ていたはずが、すっかりジェネの過去を振り返り目頭を熱くしていた。 おそらく順番バラバラ。 まず、初めて「少年クロニクル」というツアータイトルを聞いたとき、「うーん…」と思ったのが正直なところだ。 (情報はTLに流れてくるので解禁と同時には知っていた)のライブは三代目でいうと「METROPOLIZ」「RAISE THE FLAG」、でいうと「STAR OF WISH」、ランペでいうと「THROW YA FIST」と英単語でカッコいい感じがセオリーっぽい。 そんな中「少年クロニクル」……という気持ちは今日LVを見たことによりしっかり昇華された。 最初に全体的な感想を述べてしまうと、「なるほど、これがGENERATIONSというグループの魅力か」と腹落ちし、そしてとても楽しく、幸福感で満たされたということに尽きる。 彼らのことを誤解していた…というと大げさなのだが、「お客さんを楽しませよう」と「自分たちも楽しもう」が同じくらいのバランスで存在している(と見ている側が感じる)ということに少し驚いた。 これが他のグループとは違う。 「自分たちも楽しもう」はもちろんそう言っているグループばかりだが、ジェネの7人の表情とパフォーマンス、歌声はそれがものすごく伝わってくるものだった。 みんな笑顔がとにかく素敵で、特に中務くんがあんなに笑顔が多いとは思ってもみなかった。 私は今日ですっかり数原くんの虜になってしまったのだが、満面の笑みというのではないけど、微笑むような、はにかむような笑顔がとっっっても可愛くて…いかつめの容姿と澄んだ歌声だけでもギャップがあってズルいのに、さらにいろいろズルい人だった…! しかもMCがめちゃくちゃうまい。 聞いててハラハラしないというのはのときも感じたが、安定感があるのは歌声だけじゃなくMCもだったのかと虜になった。 ちなみに片寄くんも落ち着いて話す人なので、メンバーのおふざけにいい感じに突っ込むし、ジェネは二人ともが安定していていいなぁと感じた。 オープニングで子ども(キッズダンサーかな?)が出てきて、幼少期にありがちな「ちょっと男子~」とか「好きな子いる?」みたいなやり取りをしている。 どうやら名前からするにメンバー7人の子供時代(?)ということらしい。 オープニングムービーも子どもたちが河原に集まって遊んでいる…とこれも他のグループにはない感じの雰囲気だった。 もちろん、ストーリー調というのはよくあるのだが、ノスタルジックというか…近未来でもない、サイバーでもない、宇宙でもない、というのは珍しい。 このライブ、大きな目のモチーフが印象的で、ツアータイトルと同名のアルバムのジャケットもそうなのだがメンバー紹介の際にモニターに映った映像の色合いと最初の衣装の色合いのトはすごかった。 奇抜…というか、カラフルとも違う、不思議な印象だった。 モチーフは「」からも影響を受けているのだろうか。 聞いたことのない曲も含めて、ほんとなぜ今まで聞いてこなかったんだろうと思うほど好みの曲ばかりだった。 もともと数原くんの歌声にものすごく惹かれる部分があり、テレビ歌唱はもちろん、直近で言うとハイロープレミアムライブのシークレットゲストで歌ってくれた「Nostalgie」を聞いたときに、彼も人の心にしみる歌をうたう人だなと認識した。 今日さらにその認識を強くした。 というのもドーム公演、しかも3時間近く(タイムがあるとはいえ)歌いっぱなしで3日連続とは思えないほどの安定感、ほんとに外さない…すごい……正確さの上に感情が乗るから、今日何回「数原くんの歌ってすごいな…」って心の中で言ったか分からない。 片寄くんははっきり言ってめちゃくちゃうまい・正確であるというタイプのボーカルではない、と私は思う。 でも数原くんとであることのよさだったり、二人の声が重なったときの魅力だったり、そういうのを引き出すには片寄くんの声じゃないと駄目なんだろうなと思う瞬間がいくつもあった。 声の相性がいいのだろうか…?掛け合いも、ハモリもそんなに回数が多いわけではないけれど、これは単独ライブに来なければきっと気づけなかったと思う。 ライブの中でいくつも書き起こしたいところはあったのだが、やはり1回だけでは覚えきれず…でも書いていたのだが、東京公演を見に行けばよかった…と後悔しているがあとの祭りである。 その中でも一番私が盛り上がったのは『SNAKE PIT』である。 二人のアクションシーンがかなり熱くて、オロチ兄弟やん!!!って叫びたかった。 笑 この曲はとにかく片寄くんの表情がめちゃくちゃにかっこよくて、「これ…片寄くん推しやったら死んでたわ…」と10回くらい思った。 彼はいつも王子スマイルで物腰柔らかなイメージなので、『SNAKE PIT』で見せた悪い表情はギャップがすさまじかった。 表の顔と裏の顔があるマフィア役とかやってほしい…。 関係ないが、今思い出したので書いておくと、あとのほうのデニムっぽい衣装で片寄くんの脚が長すぎてビビった。 スタイルが良すぎる。 そしてもうひとつ心に残っているのは、レオくんから始まるのソスだ。 今日その熱を目の当たりにした。 ファイナルに込める思い、ここまで、ファイナルまで来た思い、ファンへの期待、俺のダンスを見ろという情熱を浴びて、映画館は熱狂に包まれた。 それまで静かに見ていた人も抑えきれず声を出していた。 レオくんについては朗読劇「もう一度君と踊りたい」でこんなに感情を出せる人なのかと驚いたことがあったので、今日はそれとは方向性は違うがまた感じることができて嬉しかった。 私の中でダンスは中務くんの圧勝だった。 ソロパフォーマンスの初っ端からグッと惹きつけられて、「この人、すごい」と終始まばたきも忘れて見入った。 何の曲のときだったか忘れてしまったが、メンディーのコーナー(TAKAHIROさん面白すぎた…w)のあと6人の元へメンディーが合流したとき、メンディーと並ぶと数原くんが小柄に見えてめちゃくちゃ可愛くてヤバかった。 表情も柔らかくて…。 あとここの記憶と若干混同しているが、楽器の演奏をする7人もとてもよかった。 木琴と鉄琴はまだ分かるとして、リコーダー…笑 というかそうだ!!!ドラム!!!ほんとに!!!ドラム姿は反則です!!!絶対好きになってしまう~~~めっちゃカッコよかったな……てかドラム叩けるとか聞いてない…(下調べ不足) 『』はテレビで聞いてすごく好きな曲調で楽しみにしていたのだが、女性ダンサーさんとの絡みがある曲で残念ながらあまり聞こえなかった…これは三代目の『君となら』も同様で、ファンを過信しすぎているというか、、、せっかくいい曲なのでもう少し落ち着いて聞けたらなと思った。 ただ、私から見たらジェネも全員年下で可愛い男の子たちとしか思ってなかったのが、女性をうしろからハグしたり、手を引いたり、肩を抱いたりするシーンを見て、ちょっとドキッとしてしまったのでいい発見だった。 アンコール前の小芝居で、のパロディー(の他にもなんかいろいろ要素があった気がするがw)をしていたのがめちゃくちゃおもしろかった。 初見だったのでほんとに爆笑してしまった…メンバーがちょいちょい笑いを堪えられてなかったのも面白かった😂 最後は大好きな『』をやってくれて、今日ライブビューイングだけど見に来てよかったなと心から思った。 やっぱり現場に行かないと分からないことだらけだ。 ジェネのことをイメージやライブ以外の部分で判断して、危うくこの素晴らしいエンターテインメントを受け取れないままだった。 もちろん初見の新鮮さ、これまでの単独ライブを1度も見たことがない状態であること、なにより彼らについてほとんど知識がないことから単純に楽しめる条件がそろっていたのも事実だ。 (三代目のRTF初日を見たときの物足りなさは、彼らへの期待が肥大化していたがゆえだった) ただ、それらを差し引いても楽しかった。 本当に楽しかった。 楽曲が全部分からなくてもこんなに楽しいのかと驚いた。 「メンバーのわちゃわちゃ」というのはどのグループでも聞く単語だが、ジェネを見てこれが本物だな……という気持ちになった。 なんというか、わざとらしくなく、本当にいい関係なんだなというのが伝わってきた。 自然と距離が近い。 これを書きながらアルバム『少年クロニクル』を聞いていた。 ライブ直前にダウンロードして1周だけした、このアルバムを今聞くとまた全然違った気持ちになれる。 そんなライブだった。 (余談)見終えた直後に気持ちだけでツイートしたツリーも載せておく。 似たようなことを書いているが、こっちのほうがパッションは伝わるかもw 初めてGENERATIONSの単独ライブをLVで見た。 今まで、誤解を恐れず言うと食わず嫌いしていたことを後悔するくらいすごく楽しくて、ああなるほど、これは他のグループとはまた全然違った魅力があるなと…分かってよかった。 いや、めちゃくちゃ満足度高くて幸福感がすごい。

次の