俺 キス。 道枝駿佑の俺スカの女装がかわいい!キスシーンほか出演ドラマ映画は?

【悲報】「俺の魅力をわからせてやろうと思った」70代女性にキスを迫り重傷を負わせた俳優(26)が供述

俺 キス

「声をかけたが断わられたので、俺の魅力をわからせてやろうと思い、あとをつけた」。 6月11日、70代女性への強制わいせつ致傷などの容疑で警視庁武蔵野署に逮捕された山内大輔容疑者(26)は、犯行動機をそう供述したという。 女性は腰を骨折する全治6週間の重傷を負いました」(社会部記者) 山内容疑者はアニメやゲームが原作の舞台に出演する「2. 5次元俳優」だった。 事件の2週間前も人気ゲームを原作とする舞台にアンサンブル(役名のないキャスト)で出演していた(13日に所属事務所は解雇を発表)。 09 ID:EWhtI76G0. 12 ID:Wkf1zXLH0. net 2. 62 ID:cFu0nG0B0. 85 ID:kU97LfUy0. 79 ID:xgVA3Eay0. 11 ID:VfQ0PvW30. net ストライクゾーンw.

次の

第23話 ねぇ士狼……キス、しよ?

俺 キス

目次 彼にキスしてほしいときに上手に誘惑したいという女性の方。 彼のスイッチをONにする方法はさまざまあります。 そこで、男性を虜にする「キスの仕方」を4つご紹介します。 (1)体を撫でるキスの際には男性をその気にさせることが重要なポイントになります。 男性をその気にさせるには、体を撫でることでムラムラさせると効果的。 体を撫でるなどのスキンシップは、男性を喜ばせることにもつながります。 そのため、キスがしたいときには恥ずかしがらずに彼の体を撫でてみてはいかがでしょうか。 (2)上目遣いで見つめる男性は女性から上目遣いで見つめられると、思わずキスがしたくなるようです。 潤んだ瞳で見つめる女性を見ると、「キスがしたいのかな?」と思うことも。 キスをしている最中も目を開いて見つめることで、愛情を伝えることができます。 キスの際には目を瞑る人が多いようですが、時には見つめながらキスをしてみてはいかがでしょうか。 (3)顔を近づける男性は女性に顔を近づけられると、思わずドキッとしてしまいます。 そしてそのままキスがしたくなり、理性を保てなくなることも。 顔を近づけた際には唇を見つめると、更に男性を誘惑することにつながります。

次の

第三十六話 ファーストキス

俺 キス

芽衣が生徒会室で自分の推理を披露した翌日の週明けの月曜日。 もはや寒いを通り越して痛みすら感じる早朝の6時前。 運動部が朝の練習に顔を出すにはいささか早いこの時間。 そんな時間に俺は、保健室の窓を見守るように茂みに身を潜めて、息を殺していた。 「さ、 寒 ( さみ )ぃ~っ!? ほ、ほんとに次の犯行現場はココで合ってるのかよ? つぅか、犯人が来る前に俺が凍死しそうなんですけど?」 「ブツクサ言ってないでちゃんと見張りなさい士狼。 そろそろ犯人が来る時間なんだから」 そう言って俺の隣で同じく身体を震わせながら白い息を吐くのはもちろん、我らが女神さま、羊飼芽衣その人である。 芽衣はガッツリ防寒着を着込んではいるが、やはり早朝の寒さには堪えるらしく、二の腕をさすさすと 摩 ( さす )りながらまっすぐ保健室へと視線を送っていた。 「ヘイヘイ、ちゃんと見張りますよっと。 ……それにしても、他の奴らは大丈夫かね?」 「問題ないわよ、ちゃんと2人1組で動くように指示してるし。 それに何かあったら大声を出すように強く言い含めてあるしね」 そう素の口調に戻った芽衣が、そこそこ離れた場所で同じように保健室を見守っている古羊と宇佐美のペアへと意識を向けた。 そう今現在、我ら生徒会役員は保健室を包囲するように、息を潜めて警備にあたっている最中だった。 芽衣の推理によれば、次に狙われるのはこの保健室の窓ガラスらしい。 そこで芽衣は2人1組のペアを組ませ、いつどこからでも犯人がやってきてもいいように、周りに役員たちを配置してみせたのだ。 ちなみにペアは『元気と亀梨少年』『大和田ちゃんと司馬ちゃん』『宇佐美と古羊』そして『俺と芽衣』だ。 元気と司馬ちゃんは最後まで渋っていたし、古羊に至っては何か言いたげに俺たちの方を睨んでいたが……まぁ今のところ問題らしい問題も起きていないので、放っておいていいだろう。 「……なんかさ、こうして2人して見張ってるとさ、4月のパッド事件のことを思いだすよな」 「あの頃はまだ温かかったんだけどねぇ、今じゃすっかり冬一辺倒だわ」 そう言って昔を懐かしんでいる俺の肩に芽衣の肩がコツンッ、とぶつかった。 かと思えば、そのままハムスターが身を寄せ合うように、俺の肩に身を預けてくる芽衣。 「あ、あの芽衣さん? ち、近くないですか?」 「しょうがないでしょ、寒いんだから。 ほらっ、士狼ももっとコッチに寄りなさい」 そっぽを向きながらも、グイッ! と俺の体に自分の身体を密着させる女神さま。 その横顔は寒さのせいか、 耳朶 ( じだ )まで真っ赤に染まっていた。 肩からジンワリと広がる芽衣の温かさが、体の芯からやがて顔へと到達し、気がつくと、自分でもハッキリと分かるくらい顔が赤くなっているのが分かった。 それでもソレが嫌ってわけではなく、どちらかと言えば居心地がいい温かさだった。 だからだろうか? 俺の方からも芽衣の方へと少しだけ体重を預けてしまったのは。 途端に芽衣が「あっ……」と気づいたように声をあげるが、すぐさま何事もなかったかのように保健室へと視線を固定する。 が、その唇は 忙 ( せわ )しなくもにょもにょと動いており、唇の端が満足気に釣り上っているように俺には見えた。 「な、なによ?」 「い、いや別に……」 お互い何故か気恥ずかしくなり、俺は視線を保健室の方へと 彷徨 ( さまよ )わせる。 それでも離れたいという気持ちは一切沸かず、なんなら無限にこの時間が続けばいいのに、とすら思えて来てしまう。 そんな俺の気持ちを察知したのか、芽衣は何てことない風を装いながら、 「ねぇ士狼、アンタ、キスしたことある?」 と、とんでもない爆弾を俺達の間に投下した。 「はぁんっ!? ど、どうした急に!? 発情期か!?」 「驚き過ぎよバカ。 ちょっとした雑談じゃない、これだから童貞は」 おまえもバリバリの処女だろうが! という言葉を寸前でグッ、と飲み込む。 まだセクハラで訴えられたくないからね! というか、なんで急にキスの話なんかし出したんだコイツ? 明らかに俺の戸惑った雰囲気を肌で感じたのだろう。 芽衣はほんの少しだけ 捲 ( ま )くし立てるように、 「ほらっ、もうすぐクリスマスじゃない? この時期ってさ、 所 ( ところ ) 構 ( かま )わずカップルたちがキスしているでしょ? それでちょっと聞いてみたくなっただけよ」 「あぁ、あの独り者には地獄絵図の光景ね」 「憎しみが凄いわねアンタ……まぁいいわ。 それで? キス、したことあるの? ないの?」 「……ナシ寄りのアリかな」 「いやどっちよ? 有るのか無いのかハッキリしなさい!」 何故か 憤 ( いきどお )っている芽衣に、俺はしょうがなく「……ありま 10 ( テン )」と答えた。 その言葉を引き出せて満足なのか、芽衣はふむっ、と微笑みを浮かべて、 「ふぅぅぅん、無いんだ。 まぁ、そうだろうとは思ってたけど」 「なんだよ? 俺がキスしたことないからって誰かに迷惑をかけたかよ? かけてないだろ? そ、そもそもキスなんか興味ねぇし! あんな唇と唇を合わせるだけの行為にこれっぽっっっっっちも興味が沸かないね!」 「イジけんじゃないわよ、ほら涙を拭きなさい」 そう言って、制服の袖で乱暴に俺の目尻から溢れた情熱を拭っていく芽衣。 俺のそっけない態度など気にすることなく、芽衣は続けた。 「でもアタシも一応は年頃の乙女じゃない? そういう行為にはちょっとだけ興味があったりするのよねぇ」 だからさぁ、と芽衣は放課後遊びに誘うように俺に向かってこう言った。 な、何を言い出すんだこの女は!? 正気か!? 気がつくと俺は懐から財布を取り出していた。 「い、1時間おいくらでしょうか?」 「援助じゃないわよ」 いいから財布を仕舞いなさい、と5000円札を取り出そうとした俺の手をやんわり押しのける芽衣。 か、金目当てじゃないなら、一体何が目的なんだ!? 「お、おまえ、一体何が目的なんだ!? ハッ!? ま、まさか、このイケてるボディか? この十代の輝くフェロモンボディが目的か!?」 「誰が身体目当てよ。 おっさんじゃないんだから。 純粋に『キスしてみたいなぁ~』って思っただけ。 ……ダメ?」 「うっ!?」 コテンッ、と潤んだ瞳で下から俺の顔を覗きこんでくる芽衣。 火照った頬といい、果実のような唇といい、まるでブラックホールのように俺の視線を引き寄せて離さない。

次の