ティアマト マグナ。 【グラブル】ティアマトマグナ攻略!確定流しまでの攻略手順と適正キャラ【グランブルーファンタジー】

【グラブル】理想のティアマグ編成についての紹介【風パ / ティアマグパ編】

ティアマト マグナ

皆さん、ようこそ。 今回はマグナボスのドロップ調査第3弾!! ティアマト・マグナのドロップ率調査の結果を書いていきます。 1.ドロップ率調査の結果 調査の結果、ドロップした宝箱は以下の表のとおり。 これを基に次の分析を行っていきます。 それぞれの箱のSSRドロップ率• 準MVPと3位の赤箱ドロップ率• くるりん金箱のドロップ率 ちなみに調査をした時のドロップ上昇関係スキルはコチラ。 トレハンは毎回平均8~9の間• 団サポの風見鶏 上の2つのみです。 なお、下の表の宝箱の種類を見てピンと来ない方は、こちらに詳細がありますので是非ご覧ください。 2.それぞれの箱のSSRドロップ率について では早速細かく見ていきましょう。 箱の種類は、• 自発赤箱• 順位赤箱• 順位金箱• 金箱(SSR確定) の4つ。 ちなみに順位赤箱と順位金箱というのは、3位以内で入手できる赤箱と金箱です。 通称「MVP箱」等と呼ばれるものですね。 1~3位までは、もらえる箱の種類と確率に差がありますが、箱の中身のドロップ率に違いはありません。 では早速見ていきましょう。 44% ティアマトボルト・マグナ 0 0. 66% ティアマトグレイブ・マグナ 3 3. 89% 合計 90 100. 00% SSR確率は11. 97% ティアマトボルト・マグナ 9 1. 48% ティアマトグレイブ・マグナ 11 1. 55% 合計 782 100. 00% SSR確率は8. さらに、召喚石の割合が高いのは相変わらずですね。 90% ティアマトボルト・マグナ 4 0. 80% ティアマトグレイブ・マグナ 4 0. 30% 合計 888 100. 00% SSR確率は2. また、SSR確定金箱は召喚石とSSR武器とで箱が分かれていますので、上の表からは召喚石を省いています。 ドロップアイテム 入手数 確率 詳細 ティアマトマグナ(召喚石) 73 37. 29% ティアマトボルト・マグナ 35 18. 18% ティアマトグレイブ・マグナ 29 15. 00% まず目に着くのが、全体の約4割が召喚石だという点。 実際に収集していると、召喚石5割超えてんじゃねえか?と言いたくなるくらい出ますが、実際に計上してみると4割くらい。 3.2位と3位の赤箱ドロップ率 まずは2位から。 2位 確率 赤箱 475 44. 52% 金箱(順位) 592 55. 52%と半分も無いという結果になりました。 3位 確率 赤箱 92 23. 71% 金箱(順位) 296 76. 数 確率 金箱(SSR確定) 34 1. 96% 戦闘回数 1737 — 次に、SSR武器確定金箱。 数 確率 金箱(SSR確定) 34 1. 96% 戦闘回数 1737 — と、丁度半々でした。 で、この確率だけはドロップ率上昇スキルが効きます。 今回の調査でかかっているスキルはトレハンと風見鶏のみ。 ドロップ上昇スキルは様々なものがありますが、一番効果が高いのが3凸カグヤ。 メイン装備にすれば25%。 フレンドでも指定すれば50%上昇します。 ちなみに50%を上乗せすると、 召喚石金箱とSSR武器金箱のドロップ率はそれぞれ2. 5.まとめ 一番ドロップ率がいいのは、もちろん自発&MVPですね。 その時入手できる箱のSSR確率を全部足すと約24%(自発赤箱+MVP赤箱+くるりん)。 しかし自発は1日3回しかできません。 じゃあ救援で行くとなると、まずMVPは取れません。 そうなると2位狙いになるわけですが、入手できる箱のSSR確率を全部足しても約8%。 そのうち、4%が順位宝箱によるものです。 まあカグヤ3凸を入手するという時点で相当ハードルは高いですが、白兎やオリバーなどで補うことも可能です。 よって、救援ではドロップ上昇スキルを揃えることができれば、2位狙いだろうとワンパンだろうとそんなにドロップ率は変わりません。 準MVP狙いかワンパンかは正直好みですね。 準MVPが確率高いことは確かですが、ワンパンは回転率が全く違いますし。 ソウルシードに余裕があればワンパン、そうでなかったら準MVP狙いってとこでしょうか。 とにかく早く集めたい方はワンパン一択です。 収集速度が全く違います。 ドラクエというだけあって安定の面白さ!! スキルの使い方で戦局が大きく変わるバトルが非常に面白い。 特にドラクエ歴代魔王との闘いは正に緊張と興奮の連続です!! ドラクエファンはもちろん、RPG好きには圧倒的にオススメです。 少しでも触れてみると、現在のスマホゲーム界で常にランキング上位の理由がわかります。 【PR】 【iOS版】 【android版】.

次の

マグナHL戦の超簡単講座 :グラブル

ティアマト マグナ

「メドゥーサHL」を風マグナ編成でフルオートでソロ攻略してきたのでまとめていきます。 Lv120メドゥーサからは「ペルセウス」「オールド・ペルセウス」といったプライマル(オールド・ペルセウス)武器や、ユグドラシル・マグナの武器を入手することができます。 また強化やグランデ自発素材やアーカルム召喚石に必要となる「メドゥーサのアニマ」「メドゥーサのマグナアニマ」関係も入手可能です。 ペルセウス及びオールド・ペルセウスに関してはクエストからの直接ドロップ以外にも、ショップから入手することも可能です。 月2回の制限。 ということで「メドゥーサHL」を風マグナでフルオート討伐です。 土有利古戦場で使える武器集めです。 武器以外にもアニマを使うので多く討伐していきたいですね。 ・特殊技でメドゥーサにリフレクトの付与や味方には石化が付与される。 ・メドゥーサの残りHP10%で発動するメドゥシアナは味方全体に2万ダメージ以上。 (さらにアビリティ使用不可) 〇攻略した編成について ・両面ティアマト・マグナの風マグナ編成。 ・ジータちゃんは杖と格闘が得意なジョブ「モンク」。 武芸百般でほぼ毎ターン追加の150万以上のダメージが発生。 ・キャラについては杖を得意とするティアマト・アンチラ・グリームニル。 ・武器はラストストームハープやティアマトボルト・マグナ、メインには六道武器アルカブ・プリオル。 最後のメドゥシアナでは2万以上のダメージ食らったりしました。 それではメドゥーサHLのフルオート討伐の本題です。 ・「岩崩拳」による追撃とクリティカルで火力UP ・あとは「ミゼラブルミスト」。 ・ターン終了時「武芸百般」が確率で発動して150万以上のダメージが発生。 ・「フィブルストーム」では敵の弱体。 強化後の「スーパーセル」ではスロウやCTが溜まらず特殊技の発動不能にしたりできます。 ・「ウィンドクローク」は石化等の弱体効果を無効化。 ・消去不可な弱体効果を付与できる「三令五申」。 ・「ラストストーム・テンペスト」で自己強化。 2回目発動からは味方全体にも攻撃UPが付与。 ・「天翔・神聖断滅波」はスロウと奥義ゲージ上昇。 奥義で味方全体の奥義ゲージ上昇量が増え、自身のアビリティ感覚を1ターン短縮。 第2スキルでは、フルチェインかオーバーチェイン発動の次ターンに味方全体がトリプルアタック確定するという効果。 そして杖得意なキャラで編成しているので、得意武器に反応するオメガロッドと虚空の拝腕を装備。 味方全体にランダムで攻撃して、石化の付与をしてきます。 マウント効果を付与しているので石化を無効化です。 さらにメドゥーサの防御UPを付与してきます。 今回は武芸百般のダメージの反射でジータちゃんが2800ほどのダメージを受けています。 そしてCTが溜まり初ターンでも使われた特殊技「ペトリファクトグランス」の発動です。 アンチラちゃんだけは回避成功してダメージとアビリティ封印も無くなっています。 もちろんメドゥーサのアニマを選択しました。 画像引用元:グランブルーファンタジー.

次の

【グラブル】理想のティアマグ編成についての紹介【風パ / ティアマグパ編】

ティアマト マグナ

ティアマト・マリスHLソロ討伐称号のための編成紹介です。 ティアマト・マリスと同じ風属性を持つバイヴカハが結構強かったので()、マリスソロは厳しいかな、と思っていたんですが、まあやってみんことには始まらんというわけで行ってきました。 そしたらすごい熱い戦いになってめっちゃ楽しかったんで紹介しますよって感じです。 新しめのマルチバトルということもあって、どの高級鞄よりも強い。 幸い、火属性キャラは恐怖とスロウが豊富なので、これらでうまく凌いでいくことになります。 今までのほとんどのボスは、HPトリガーの特殊行動を発動した時はCTがリセットされていました。 こいつはリセットされないので、例えば特殊行動を受けた次のターンに特殊技を受けるということも珍しくないというめちゃ強さ。 カットしないと一人死ぬ。 先述の通りティアマト・マリスでは、HPトリガーと特殊技を連続で食らうこともあるのですが、こいつでのダメージカットを剥がされた上で次の特殊技を叩きこまれる、なんてこともあるわけです。 そんなことになったら 何人か死にます。 幻影は全体攻撃で簡単に消せますが、風の障壁はディスペルしないと5ターン続きます。 5ターンもダメージが半分になったらその分討伐に時間が掛かり、特殊技を食らいまくって結果的に 全員死にます。 カットしないと全員死ぬ。 そんなレベルの攻撃なのに、ではカットできない 闇属性という点が非常に嫌らしい、ティアマト・マリスの 必・殺・技 です。 悔しいけど技名かっこよくないですか? 各種HPトリガーはCTマックス時にも打たれますし、CTマックス特殊技の中には他にも「 キリングバイト」という、単体に即死デバフ (つまりカットしてても 一人死ぬ)を付与してくる凶悪技があります。 まあとにかく、ティアマト・マリスは めちゃ強で殺意に溢れていると思ってください。 フレンド石はコロッサスマグナ。 どうやら巷では、デバフ(特に グラビティ)の安定性を重く見て カオスルーダーを選択する人が多いようです。 また、スパルタの「 クス」はティアマトマリスの各種特殊技により遅延されてしまうという向かい風もあります。 ただ私は 槍パが好きなので、まずはスパルタで行ってみました。 アビリティは、スパルタなら シールドワイアは確実に入ると思います。 グラビティもマリス戦必須級のアビリティ。 で、最後の枠は ディスペルにしました。 実はマリスソロは一度だけ失敗していて、その時は アローレインを装備していました。 その時の経験で、風の障壁が付与される「断空のトルネードディザスター」を打たれる回数が想像より多かったこと、ディスペル石でもある召喚石ミカエルはスロウとして惜しみなく打ちたかったことから、 ディスペルに変更しました。 1アビの「ダメージカット + 敵の攻撃を風属性に変換」は、10%トリガーの「殲嵐のトルネードディザスター( 闇属性攻撃)」を 風属性に変換して受けることができるので超有能です。 2アビの防デバフも、一回10%、累積で最大40%と強力。 デバフが入り辛くなる後半においても、アテナ2アビ累積 + 後述のシヴァ1アビ の組み合わせで防御下限が保証されているのは非常に安心感があります。 3アビのスロウもまた優秀です。 先述の通りCTが少なくCTリセットもないマリス戦において、スロウはとても輝きます。 奥義効果も強く、火属性攻撃アップは後述のシヴァサポアビと合わせて火力に貢献しますし、ガード効果(70%の確率で被ダメを30%軽減)も付いているので攻守ともに秀でています。 サポアビも有能。 通常攻撃が全体攻撃であるティアマト・マリス相手には、被ダメージで2アビが自動発動するのはかなりのダメージソースになります。 さらに槍得意で胸も大きい。 最強です。 アニラもまた必須級のキャラです。 1アビの攻防デバフは、初動の防御ダウン下限に貢献します。 2アビはスロウ。 スロウは強い。 3アビのバフ。 これが超重要。 普段は攻撃面のバフとしてスポットが当たるアビリティで、もちろんその点も重要なのですが、 弱体耐性50%アップが付いているのが非常に強い。 私の編成ではマウントに枠を割く余裕がなく、即死デバフ付与の特殊技「キリングバイト」を食らってしまったら非常にまずいのですが、弱体耐性アップにより即死リスクを軽減してくれます。 4アビはヒール&ストレングス。 回復は長期戦においてありがたいものです。 奥義のバリアも味方の耐久面に貢献。 サポアビにより立っているだけで攻防に貢献するという特性もあり。 さらに槍得意で胸も大きい。 やはり最強。 シヴァは必須というほどではありませんが、やはり強い。 1アビの攻防デバフ (&毎ターン5万ダメージ)は永続という点が非常に強い。 もしシヴァが沈んでしまっても、1アビを使用したという事実だけで既に半端じゃない貢献度です。 2アビ&3アビも火力として強力。 強化アビリティであるという点はマリス戦においては向かい風ですけどね。 サポアビの火属性攻撃アップの効果量アップがアテナの奥義とかみ合っている。 通常攻撃&奥義も火力がやばい。 1アビ以外の役割は基本的に火力貢献なので、必須パーツではないのですが、その火力貢献が半端じゃないので討伐ターンを短縮してくれます。 槍得意でCVという点も見逃せません。 サブメンバーの は必須ではありません。 基本的には主人公とアニラとアテナが落ちることは考えたくなく、が出てくること自体あまり想定したくはありません。 しかし1アビを打ち終えたシヴァが落ちてが出てくるというのは寧ろ歓迎すべき事態のように思えます。 4アビによる火力はシヴァをも凌駕するので。 さらに、サブメンバーにいるだけでトレハン効果があるので、サブメンバーとしては最適です。 しかもお尻がめっちゃ大きいです。 その時点で最強です。 同じくサブメンバーの レナさんは蘇生枠です。 主人公、アニラ、アテナが落ちることは想定したくないというのは言いましたが、そうは言っても 単体即死を連発してくるのがティアマトマリスです。 一人死ぬのは日常茶飯事。 そんな時にレナさんがサブにいると、 4アビによる蘇生で 一回だけなら立て直しが効きます。 実際私の挑戦では、レナさんがいなければクリアできなかったと断言できます。 一回目の挑戦で失敗になった時、この枠には セワスチアン(サブにいるだけでフロントを自動回復してくれる)を入れていました。 ただ、その時はアニラの4アビを持て余すほど回復過剰だった点と、単体即死技でアテナを落とされて立て直せなかったことが直接の敗因になった点を反省し、 レナさんに変更しました。 コロ杖5凸も一本しかありません (弱)。 アンノウン枠をゼノイフ武器ではなく ローズクリスタルワンドにしています。 火力を取るか防御を取るかという選択なので、お好みで良いと思います。 自分は シミターを持っていない (シヴァ拳とシヴァ槍は持ってる)ので、少しでもダメージを軽減したくてローズ武器にしました。 メイン武器は オメガ槍や パラスの剣なども候補に挙がると思いますが、火力を落とさず回復に貢献できる 虚空槍を選択しました。 虚空槍、めっちゃ強いのでスパルタならかなりおススメです。 また、正直たった二回の挑戦でクリアできるとは思っておらず、お試しのつもりだったので、オメガ槍以外にプラス( ウェポンミラージュ)を振っていませんでした。 本気で挑むなら全部プラスを振った方が良いです。 もちろん、メインを コロッサスにしてフレンドでミカエルを拾うというのでも問題ありません (コロッサスの方がステータスが高いので、寧ろその方が理想。 3凸ミカエルを拾えたら最高でしょうね)。 ただ、フレンドの火石はシヴァが多いと思いますし、コロッサスの方が野良に溢れているので、私はミカエルメインで野良コロッサスを拾いました。 プロメテウスは1凸なので安心してください。 防御面を見るなら の方が強いです。 私はにブロンズムーンを使いたくなかったので、プロメテウス1凸で代用しています。 もちろん、4凸プロメテウスを持っているならそれが最強です。 プロメテウス&は、合計3枚は欲しいです。 常にダメージカットを掛け続けるイメージです(マリスはバフ消去技を使ってくるという点にも注意)。 は火力枠です。 ダメージアップ効果と召喚効果はめちゃくちゃ有能で、ここをカットやマウントに割くという選択肢もあるとは思いますが、私は 脳汁の分泌量重視でサンにしました。 実際の戦いでも、サンのおかげでめっちゃ脳汁出ました。 なお、武器と同様に、プラス (サモンミラージュ)を一つも振っていませんでした。 本気でやるなら全部振った方が安定するでしょう。 バフが剥がれる点には注意。 風の障壁が付くのでディスペル。 ブレイク後は40%の立て直しまでゆっくり殴る。 風の障壁が付いたらディスペルで消す。 グラビティは温存 (失敗してしまった一回目の挑戦では、グラビティを開幕からリキャストごとに打ってみましたが、二回目までしか入りませんでした。 OD時や後半の方が特殊技がきついので、反省を生かしてグラビはまだ温存)。 2ターン目には最初の特殊技が飛んできます (ーよ)。 何もしなければ 一人死にます。 というわけで、これをクス&アテナ1アビで100%カットしました (ここはファラのみでも良かったかも)。 そこからはスロウ (アニラ2アビ、アテナ3アビ、主人公シールドワイア、召喚石ミカエル)を打ち続けて、二回目の特殊技の前にやクスでカットできるようターンを稼ぎます。 さらに、その特殊技にアテナ奥義のガードとアニラ奥義のバリアを合わせられるよう奥義ゲージも調整しました。 シヴァ以外に当たった場合はを使って安全を確保した方が良いかもしれません (スロウやクスの回り具合によっては、主人公奥義とアニラ4アビでできる場合もあるのでよく考えましょう)。 私はここで一回目のグラビティを切りました。 ただ、きついとは言っても50%以降のきつさに比べれば全然マシな方ではあるので、ここでグラビティを打つのは妥協というか、二回目のグラビティが当たることを信じることが前提の動きではあります。 グラビなしで突破できるならそれに越したことはないでしょうね。 グラビティを打つなら、それが切れるまでは素早く動きます。 グラビティ期間中にリロ殴りしないのは縛りプレイです (私はブログのためにスクショを取る場面以外はリロ殴りも混ぜてます)。 クス等も遅延されます。 しかも画像の状態だとCTが溜まっているので、このままだと次のターンに特殊技を食らいます。 鞄をすぐ使えるようにしておくか、スロウで鞄リキャストまで凌ぎます。 ここは迷わずオールで立て直し。 幻影を適当な全体攻撃で消去し、ディスペルで風の障壁を剥がします。 この辺りで、ブレイクがかなり近付いています。 ブレイクを目指しましょう (グラビティも消えているのでさっさとブレイクさせないとまずいです)。 よりによって最重要のアテナ……正直これは厳しいか、と思いました。 裏からが出てきて、次のターンにブレイク。 40%でマリスは体勢を立て直してくる (ブレイク状態が終わる)ので、それまでは安全にターンを回せます。 ただ、このさん、裏から出てきたばかりということもあって、鞄のカットが掛かっていませんでした。 ただこれは悪いことばかりではありません。 レナさんの4アビでアテナを蘇生するターンが早まったということなので。 トレハンもちゃっかり付いてますね。 続いてレナさんも即落ちし、復活させたアテナが裏から出てきます。 50%を切ると通常時の特殊技でも、カットの上から単体を即死させてきます。 さすがにもう一度アテナが落ちたら終わりなので、この辺りでオーバードライブを待たずに 二回目のグラビティを入れました。 ちゃんと入ってくれてホッと一息。 グラビが入っていたのでリロ殴りしていたのだと思います (必死)。 クルーエルバイトはカットしないと 一人死ぬ技ですが、カットすればいいだけなのでぶっちゃけ オアシスです。 復活したアテナのカットをしっかり合わせていきます。 さらにこの後、 奇跡が起きて三回目のグラビティが入りました。 これは本当に沁み渡った。 良い感じにクスのリキャストも回ってきてこれはやったか!? と思いました(フラグ)。 奇跡的にグラビティが入ったまでは良かったものの、ここまで来るとさすがにスロウは外しまくりで、残り2%で 特殊技「殲嵐のトルネードディザスター」を食らってしまいました。 アテナの1アビや、打ったばかりのクスのリキャストが間に合っているはずもなく、もろに食らってしまいます (闇属性技なので鞄のカットなんて役に立ちません)。 もはや言うまでもなくフロントが 全員死ぬ技。 サブメンバーのとレナさんも既に沈んでいます。 あと少し……。 あとほんの少しだったのに……。 「トルネードディザスター」の効果で バフは全消去され、 奥義ゲージも0にされましたが、それでも ギリギリで生き残っている。 しがみついている。 そして、 2%残っていたマリスのHPですが、シヴァ1アビの毎ターン5万ダメージと灼熱のおかげで、ターン終了時に残り1%になりました。 つまりどういうことか。 ティアマト・マリスの総HPは約4億5000万です。 その1%は450万ですね。 5万ダメージと灼熱という微々たるダメージで1%に突入したということは、 マリスの残り体力は450万に限りなく近い数値であると予想できます。 主人公一人だけで400万近いダメージを与えなければなりません……。 防デバフは残っていますが、バフが全消去されていて、イクサバの渾身も虚空槍の渾身もないため、通常攻撃のダメージは良くて30~40万程度でしょう。 トリプルアタックが出ても絶望的な数値です。 タちゃんの残りのHPは108しかないため、マリスの通常攻撃でも即死するでしょう。 残されたターンは1ターンしかありません。 が……。 このターン、 召喚石 のリキャストが復活しました (脳汁ドバァ)。 召喚だけでも100万以上のダメージが出て、さらにタちゃんは二回行動が可能となります。 これは……ひょっとすると……。 (追記:今見返したら、最後CT1たまってるのが「あれ?」ってなりました。 そういう仕様でしたっけ? ひょっとしたら「殲嵐」の後に1ターンあったのかもしれないです。 68ターンも掛かっています。 熱い戦いだったぜ……。 バイヴカハも楽しかったですが、マリスの方が強い分ギリギリ感も半端ではなく、めちゃくちゃ熱かったです。 私の史上一番熱い戦いだったので動画撮っとけばよかったと後悔しています。 反省点としてはサブ枠のは即退場したので、パーシヴァルで恐怖をワンチャン狙って行く方が良かったかもしれません。 まあのお尻かパーシヴァルの恐怖かどっちを取るかってところですね。 ……そう考えると編成していて正解でしたね。 すいません。 正直試行二回目で討伐成功したのは非常に運が良かったと思います。 グラビティも三回入りましたし、アテナが落ちたのも一回だけで済んだので、立て直すことができました。 最後の「トルネードディザスター」に関しても、タちゃんは乱数次第で死んでいたでしょう。 確かに運は良かった。 しかしプラスも振っていないしプロメテウスもコロ杖も満足に凸っていない軟弱なマグナ装備でも、運が良ければ勝てるという一例を紹介することが出来ました。 尻込みしている方々の挑戦意欲を少しでも掻き立てられたら嬉しいな、と思います。 あとやっぱりっていいゲームだなって。 ガチャ爆死した時とか周回してる時とかは心が死にますけど、でもやっぱ、なんだかんだで面白いゲームだと思います。 以上です。 ・フォーー。 でも、シヴァのデバフもレナの蘇生ものお尻も、全部がうまく機能したおかげで掴めた勝利だったので、皆にMVPをあげたいですね。 awadachifutsu.

次の