クレジットカード 初心者 おすすめ。 【初心者必見!】初めて作るクレジットカード!失敗しないおすすめ年会費無料カード厳選|クレジットカード審査

無職でも作れるクレジットカード5選!作り方のポイントを解説

クレジットカード 初心者 おすすめ

G WAON」の券面デザイン。 イオンでは、55歳以上のシニア向けカードを多数用意している。 まとめると下記の通り。 【WAON】 ・G. G WAON ・イオンライフWAON(G. Gマーク付き) ・JMB G. G WAON 【クレジットカード(WAON機能付き)】 ・ ・ ・ ちなみに「G. G」とは「グランド・ジェネレーション」のことで、シニア特典が付帯していることを示す。 電子マネー「G. G WAON」の場合は発行手数料が300円(税込)かかるが、申し込み時に300 WAONポイント(=300円相当)を獲得できるので、実質的に発行手数料は無料だ。 「イオンライフWAON(G. Gマーク付き)」の場合は発行手数料が無料だが、入会金として500円(税込)かかる。 それ以外のカードは、発行手数料や年会費は無料だ。 それぞれのカードの発行手数料や年会費をまとめると、下記の通り。 G WAON 300円(税込) 無料 イオンライフWAON (G. Gマーク付き) 500円(税込) JMB G. G WAON 無料 クレジットカード (WAON機能付き) では、G. Gマークが付いたクレジットカードや電子マネーは、通常の「イオンカード」や「WAON」と何が違うのだろうか。 Gマークが付いているカードの場合は、通常の「イオンカード」や「WAON」で使える特典に加えて、イオングループで毎月15日に開催している「G. G感謝デー」の日に買い物をすると、商品が5%オフになる特典を利用できる。 毎月15日は「お客さまわくわくデー(5の付く日に開催)」でもあるため、WAON決済時に獲得できるWAONポイントが2倍になるのも魅力だ。 また、イオンシネマでは「ハッピー55(G. G)」というサービスがあり、 G. Gマーク付きのクレジットカードや電子マネーを提示すると、いつでも映画鑑賞料が1100円に割引される。 ちなみに、イオンシネマ以外でも、大手映画館では、夫婦のどちらかが50歳以上であれば映画鑑賞料が割引される「夫婦50割引」を実施していることが多く、2名分の映画鑑賞料が合計2200円になるので覚えておこう。 そして、65歳以上の場合は、電子マネー「WAON」を「ゆうゆうワオン」に切り替えられる。 「ゆうゆうワオン」も申込時に発行手数料として300円(税込)かかるが、こちらも300 WAONポイントを獲得できるので、実質的に発行手数料は無料だ。 「ゆうゆうワオン」は、基本的にG. Gマーク付きの「イオンカード」や「WAON」と付帯特典は同じだが、 「G. G感謝デー(毎月15日)」に3000円以上(同一店舗・直営売り場で)決済すると、100 WAONポイントを獲得できる特典が追加される。 そのため、65歳になったら「ゆうゆうワオン」に切り替えたほうがお得だ。 通常は発行手数料として300円(税込)かかるが、毎月15日・25日の「シニアナナコデー」に作成すると無料になる。 また、65歳以上の場合や、すでに「nanaco」を持っている場合は、発行手数料を払わずに「シニアナナコ」を発行できる。 この 「シニアナナコ」を毎月15日・25日の「シニアナナコデー」に利用すると、5%オフで買い物できる(ネット通販やネットスーパーは割引対象外)。 「シニアナナコ」は、イトーヨーカドーのレジカウンターやサービスカウンターで申し込み書を記入して、年齢を確認できるものを提示すれば、その場で発行可能だ。 ツルハドラッグとくすりの福太郎でも、シニア向け特典がある。 レジカウンターに、申し込み用紙と60歳以上を確認できる書類を持っていくと、「ツルハグループポイントカード」にシニアマークのシールを貼ってもらえる。 この シニアマーク付き「ツルハグループポイントカード」を「ツルハグループシニア感謝デー」が開催される毎月15日・16日・17日に提示すると、5%オフで買い物できるうえに、商品を5個まで無料で配送してもらえる特典を利用できる。 ウエルシアグループの「シニアパスポート」なら、 毎月15日・16日は、3倍のTポイントが貯まる! 「シニアパスポート」の券面デザイン。 ウエルシアグループでは、65歳以上を確認できる書類をレジに持って行くと「シニアパスポート」を発行してもらえる。 毎月15日・16日は、この「シニアパスポート」と「Tカード」を提示すると、獲得できるTポイントが通常の3倍になる。 「シニアパスポート」だけではTポイントが貯まらないので、必ず「Tカード」も保有しよう。 ドラッグユタカの「シニアパスポート」なら、 毎月15日・16日・17日は、10倍のTポイントが貯まる! 「ゴールドシニアパスポート」の券面デザイン。 四国を中心に展開するフジ、レデイ薬局、ピュアークック、スーパーABCでは、サービスカウンターで65歳以上の身分証を提示すると「ゴールドシニアパスポート」を手に入れられる。 ただし、「ゴールドシニアパスポート」の場合は、毎年更新が必要となる。 この 「ゴールドシニアパスポート」を毎月15日・16日・17日の「フジカンパニーズ シニア感謝デー」に提示すると、5%オフで買い物できる。 さらに、レストランの「どんと」や「どんじゃか」などでは 飲食代が5%オフ、フジ店舗内にあるTSUTAYAでは、 買い物で獲得できるTポイントが通常の5倍になるなど、グループ全体での特典は多岐にわたる。 ちなみに、どのシニア向けの特典も対象日が毎月15日に集中しているが、これは国民年金や厚生年金の支給日が毎月15日となっているためだ。 「年金の支給日=シニア特典のある日」と覚えれば、対象者も利用しやすいだろう。 以上、今回は、シニア向けのお得なクレジットカードや電子マネー、ポイントカードについて解説した。 0%の高還元率で、7カ月以降も 通常還元率が1. 0%の高還元クレジットカード。 「オリコモール」活用で 「Amazon」では還元率2%になるほか、各サイトで貯まるポイントも含めれば 「楽天市場」では還元率2. 5%、 「Yahoo! ショッピング」では還元率3. 0%、サイトによっては 還元率15%以上に達するなど、 ネットショッピングでは最強レベル。 また、 「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。 ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 15)• 広瀬 隆雄(2020. 20)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019.

次の

クレジットカードの年会費は損じゃない!おすすめカード8選

クレジットカード 初心者 おすすめ

メインバンクが決まっている方 ステータス性の高いクレジットカードを持ちたい方 プラチナカードなどの上位カードの取得を目指したい方 このような条件に当てはまる方は、 銀行系クレジットカードをおすすめできる方であると言えるでしょう。 銀行系クレジットカードの多くが、キャッシュカード一体型になっており、メインバンクのクレジットカードを利用することで財布の中のカード枚数を削減することができます。 また、クレジットカードを発行することで、 銀行の手数料や金利が優遇されるカードもありますので、メインバンクのクレジットカードを発行することは大きなメリットとなります。 銀行系クレジットカードの多くが、 よりステータス性の高いプラチナカードなどを発行しており、銀行系クレジットカードを利用することで インビテーションのためのクレヒスを積むことができます。 また、女性にアンケートを取った、男性に持っておいてもらいたいクレジットカードランキングでも 「堅実そうに見える」と言う理由で銀行系クレジットカードは人気となっているのですね。 銀行系クレジットカードの特徴 銀行系クレジットカードの最も大きな特徴となっている点としては、やはり 銀行が発行していると言うステータス性でしょう。 クレジットカードには大別して、 銀行系クレジットカード 流通系クレジットカード 信販系クレジットカード の3種類のクレジットカードが発行されています。 その中でも、銀行系のクレジットカードは審査の難易度も最も高くなっていますが、社会的な信用と言う点では 非常に信頼感のあるカードと言えるでしょう。 また、銀行系クレジットカードのもうひとつの特徴として、 申込者の年齢層に合わせて様々なカードラインナップが用意されているのが特徴です。 銀行系クレジットカードにも、メインラインとなるクレジットカードのシリーズがありますが、 学生向けや若年層向けのクレジットカードのラインナップも豊富に発行されています。 特に、銀行系クレジットカードでは、 学生向けのカードラインナップが充実しており、ワンランク上のサービスを格安or無料で利用できる点が大きなメリットとなっています。 そうしたクレジットカードデビューにピッタリの銀行系クレジットカードを利用することで、将来的に上位カードを取得する為のクレジットヒストリーを積むことができるのも嬉しいですよね。 銀行系クレジットカードを保有するメリット・デメリット 流通系・信販系のクレジットカードに比べて、ステータス性の高いカードとなっているのが銀行系クレジットカードです。 しかし、ステータス性と言うのは主観の問題でしかありませんので、具体的にどのようなメリットがあるのかを知りたいところですよね。 ここでは、 銀行系クレジットカードを保有することによるメリット・デメリットとなる部分を解説していきましょう。 銀行系クレジットカードを保有するメリット 銀行系クレジットカードを保有するメリットとしては、 特別なベネフィットが用意されている メインバンクの金利や手数料が有利になる このようなメリットをうけることができます。 国内では数多くの企業が、銀行と提携をすることでサービスを提供しています。 ですので、銀行系クレジットカードでは、そうした 豊富なネットワークを利用して、特別なベネフィットを用意しているカードが多くなっています。 具体例を挙げると、 三井住友カードはユニバーサルスタジオジャパンのオフィシャルカードになっていますので、 USJでの優待サービスをうけることができます。 また、 ディズニーリゾートのオフィシャルカードであるJCBでは、 パークチケットをお得にポイントで交換することができるなどのメリットがあります。 こうした、特別なベネフィットが用意されている点が、銀行系クレジットカードを利用する際の大きなメリットとなるのですね。 また、銀行系クレジットカードでは、 キャッシュカードと一体型でカードが発行されることも多くなっています。 メインバンクが発行しているクレジットカードを利用することで、 ATM手数料の割引や金利の優遇などのメリットもうけることができるのですね。 自分の利用している銀行が発行しているクレジットカードを一度確認してみてはいかがでしょうか。 銀行系クレジットカードを保有するデメリット 銀行系のクレジットカードを保有する際には、やはりメリットだけではなく、デメリットとなる部分も知っておかなければなりません。 銀行系クレジットカードのデメリットとなるのは、 年会費の負担が大きい ポイントの還元率が低い 上記の2点の部分がデメリットとなってくるでしょう。 銀行系クレジットカードには、 流通系のクレジットカードのように年会費無料のカードは少なくなっており、年会費の負担は実質的なデメリットになってきます。 ただし、 一定の要件を満たせば年会費が無料になる銀行系クレジットカードもありますので、年会費の条件を良く確認してから申込みをするようにしましょう。 また、銀行系クレジットカードでは、 平均的なポイント還元率が0. 5%〜となっていますので、高還元率のクレジットカードと比べるとポイント還元が寂しくなってしまいます。 自分の良く利用する店舗やサービスでお得にポイントの還元をうけることができる、 年会費無料のクレジットカードをサブカードとして併用するのが賢い利用方法と言えるかも知れませんね。 失敗しない銀行系クレジットカードの選び方 銀行系クレジットカードでは、特別なベネフィットや上質なステータス性を感じることができます。 反面、 年会費の負担が若干大きくなってくる点や、 ポイントの還元率が寂しくなっている点がデメリットとなってくるのですね。 ここでは、これから銀行系クレジットカードを作ろうと思っている方のために、 失敗しない銀行系クレジットカードの選び方を解説していきましょう。 極力コストの安いクレジットカードを選ぶ 銀行系クレジットカードには、年会費無料のカードと言うのは少なくなっており、 基本的には年会費の負担が必要なカードが多くなっています。 しかし、 初年度年会費無料のクレジットカードや、 一定の条件を満たすと年会費が無料になるカードも多くなっていますので、上手に使えば年会費を節約することも可能です。 銀行系クレジットカードを選択する基準としては、 極力簡単な条件で年会費が無料になるカードを選択することが重要となっています。 具体例を挙げると、 JCB一般カードなどは年間50万円以上の利用で年会費が無料になりますので、メインカードとして利用しておけば年会費無料にすることは難しくないでしょう。 優待サービスで年会費の元を取れるかを計算する 銀行系クレジットカードには、提携する企業の特別な優待サービスが付帯しています。 たとえ、年会費が必要なカードの場合であっても、そうした 優待サービスを利用することで年会費の元を取ることが可能なカードも多くなっています。 中には、そのカードを持っていないと利用できないサービスなどを提供しているカードなどもありますので、そうしたカードは 年会費以上の価値があるのではないでしょうか。 銀行系クレジットカードを選択する際には、 目先のコストだけではなく、コストパフォーマンスが高いカードを選択することが重要です。 おすすめ銀行系クレジットカード厳選5枚 流通系・信販系のクレジットカードよりも、高いステータス性を誇る銀行系クレジットカード。 中には 「これも銀行系クレジットカードだったの?」と思ってしまうようなカードもあります。 ここでは、 特にお得に利用することができる、おすすめの銀行系クレジットカードをご紹介していきましょう。 三井住友カード 年会費 初年度:無料 2年目以降:税別1,250円 家族会員 初年度:無料 2年目以降:税別400円 ETC 初年度:無料 2年目以降:税別500円(ただし、条件付き無料) 還元率 0. 5% 旅行保険 最高2,000万円 リボ払いの利用で年会費無料で利用可能 ユニバーサルスタジオジャパンでの優待サービス有り 顔写真入りカードの発行で高いセキュリティ制 三井住友銀行グループの三井住友カードが発行する基本のカードとなっているのが 「三井住友カード」です。 三井住友カードは 初年度年会費無料で利用することが可能となっており、 2年目以降も「マイ・ペイすリボ」などの利用で年会費無料で利用することが可能です。 年間に1円でもリボ払い手数料が発生すれば年会費無料で利用できますので、最小の手数料で年会費を節約することができるのは嬉しいですよね。 また、希望者には カードの券面に顔写真入りのICカードを発行することができますので、 より高いセキュリティ機能を発揮することができます。 三井住友カードは ユニバーサルスタジオジャパンのオフィシャルカードにもなっていますので、 ワンデイパスの優待割引などを利用できるのも嬉しいですよね。 JCB一般カード 年会費 税別1,250円 家族会員 税別400円 ETC 無料 還元率 0. 5% 旅行保険 最高3,000万円 年間50万円以上の利用で年会費無料 JCB ORIGINALシリーズ特約店でお得にポイントゲット 最短即日発行、翌日のカード受け取りが可能 「JCB一般カード」と言うと、銀行系クレジットカードと言うイメージがありませんが、 JCBは三菱UFJ信託銀行、現三菱UFJニコス、現東京三菱UFJ銀行の3社が出資して設立された会社であり、 銀行系クレジットカードにカテゴライズされます。 JCB一般カードは、 オンラインでのカード申込みで初年度年会費無料で利用することが可能で、かつ 年間50万円以上の利用で翌年の年会費も無料で利用することができます。 メインカードとして利用していれば、年会費実質無料のクレジットカードとして利用できるカードでありながら、非常に高いコストパフォーマンスを誇るカードでもあります。 JCB一般カードでは、 JCB ORIGINALシリーズ特約店での利用でポイントが優遇されるメリットがあります。 JCB ORIGINALシリーズ特約店では、 セブン-イレブンでポイント3倍・スターバックスでポイント5倍など、身近な店舗でお得に利用することができるのも大きなメリットになりますよね。 VIASOカード 年会費 無料 家族会員 無料 ETC 無料 還元率 0. 5% 旅行保険 最高2,000万円 オートキャッシュバックなので手間なくポイント還元 ETCカード、携帯電話の利用はポイント2倍サービス VIASO eショップの利用でネット通販もお得 三菱UFJ銀行グループの三菱UFJニコスが発行するクレジットカードが 「VIASOカード」です。 VIASOカードの大きなメリットとなっているのが、 ETCカード・携帯電話をVIASOカードで利用すればポイントが2倍になると言う特典です。 ドコモ・au・ソフトバンク・Y! mobileの携帯電話料金がポイント2倍の対象となるだけではなく、 インターネットプロバイダーの料金の利用もポイント2倍の対象となります。 VIASOカードの利用で貯めたポイントは オートキャッシュバックで還元されますので、 ポイント交換の手間や有効期限切れの恐れが無い点も嬉しいですよね。 また、VIASO eショップ経由のネット通販の利用で、 最大ポイント20倍の還元をうけることが可能となっており、ネット通販好きの方にもお得に利用できるカードとなっています。 MUFGカードゴールド 年会費 初年度:無料 2年目以降:税別1,905円 家族会員 無料 ETC 無料 還元率 0. 5% 旅行保険 最高2,000万円 空港ラウンジサービスが付帯 銀行系ゴールドカードの信頼度 リボ払いサービスの利用で年会費が半額に 三菱UFJグループの三菱UFJニコスが発行するクレジットカードが 「MUFGカードゴールド」です。 MUFGカードゴールドは 税別1,905円の格安ゴールドカードでありながら、 空港ラウンジサービスまでが付帯した上質なゴールドカードとなっています。 自動付帯で最高2,000万円までの旅行保険も付帯していますので、海外旅行の際に利用するカードとしても最適のカードとなっています。 また、 リボ払いサービス楽Payの利用で年会費が半額になる特典もありますので、 税別1,000円弱でゴールドカードを利用することができるのですね。 格安年会費のゴールドカードとは言え、銀行系クレジットカードの信頼がありますので、 格安ゴールドカードとは思えないステータス性も充分です。 ダイナースクラブカード 年会費 税別22,000円 家族会員 税別5,000円 ETC 無料 還元率 1. 0% 旅行保険 最高1億円 文句無しのハイステータスカード 上質なベネフィットが付帯 空港サービスも万全で海外旅行用のクレジットカードにも最適 「ダイナースクラブカード」を発行しているのは、 三井住友銀行グループの三井住友トラストクラブとなっていますので、 ダイナースクラブカードも銀行系クレジットカードにカテゴライズされます。 ダイナースクラブカードは、他のカードでは得ることができない優越感と特別なベネフィットを叶えてくれる ハイステータスカードとなっています。 特に、ダイニングサービスは秀逸となっており、 エグゼクティブダイニングではコース料理1名分無料などの特別なサービスをうけることができます。 また、 最高1億円まで補償の海外旅行保険や空港ラウンジサービスも充実しており、海外旅行の際に利用するカードとしても最適となっています。 空港ラウンジサービスでは、空港VIPラウンジを含めた世界のラウンジを利用できる ダイナースクラブラウンジを利用することが可能となっています。 銀行系クレジットカードには、ステータスだけではなくメリットが満載 クレジットカードは大きく分けて、銀行系・流通系・信販系の3つのクレジットカードに分けることができます。 その中でも、やはり ステータス性の高さでクレジットカードを選択するなら、銀行系クレジットカードがおすすめです。 銀行系クレジットカードには、その高いステータス性の魅力だけではなく、実質的なメリットも多くなっています。 今回ご紹介してきた銀行系クレジットカードには、それぞれ特別な優待サービスが用意されており、 年会費以上のメリットを感じることができます。 コストの低さだけではなく、コストパフォーマンスでクレジットカードを選択する際には、銀行系クレジットカードは非常に優秀なクレジットカードとなるのですね。

次の

オリコカードはコスパが高いクレジットカード!初心者~マニアまでおすすめ

クレジットカード 初心者 おすすめ

モンちゃん ジャンル別人気のおすすめクレジットカード• クレジットカードのメリット• クレジットカードのポイントの貯め方• クレジットカードのポイントの使い方• クレジットカードの種類• クレジットカードの作り方• クレジットカードのデメリット• まとめ• キャッシュレス決済が進むなか、クレジットカードやスマホ決済は必須アイテムになりました。 ただ、いざクレジットカードを作ろうとすると種類も多く、どのカードを作れば良いのか迷います。 特にクレジットカードを初めて作る学生さんや新社会人の方は知らない事も多いでしょう。 ポイントも貯めたいし、マイルも気になるけど年会費はいくら?などもあると思います。 三井住友カード ゴールドは国内で最も人気のあるゴールドカードです。 ゴールドカードと言えば、三井住友カード ゴールドがを思い浮かぶ人も多いと思います。 空港ラウンジは無料でドクターコール24で急病やケガなどを医師・看護師・保健師などの専門スタッフと電話相談が出来たりもします。 三井住友カード ゴールドの年会費はネット申し込みで初年度無料、2年目から1万円 税別 がかかりますが、 マイ・ペイすリボに登録をして、年1回以上カード利用で年会費が半額になります。 海外・国内旅行傷害保険は最高5,000万円と内容が手厚いのも特徴です。 JCBゴールド 現金を持たなくても良い これもクレジットカードの大きなメリットです。 クレジットカードがあれば、現金はある程度あれば何とかなります。 食事に行って「思ったより高かった」という事もあります。 その時にクレジットカードがあれば安心です。 クレジットカードがあれば、現金を持ち合わせていなくても、すぐに支払いができます。 スマートな会計ができるのもクレジットカードの魅力です。 支払方法も、1回払いから、分割払いや、ボーナス一括払いなど、さまざまな種類が用意されているので、少額のお買物から高額なお買物まで、いろいろなシーンで役立ちます。 財布や預金口座に現金がない場合でも、クレジットカード1枚あれば、多彩な支払方法から最適なものを選択し、買い逃しを回避することが可能です。 引用: 銀行振り込みや代引きが不要になる 10年くらい前は、ネットショッピングをすると代引きが多い時代でした。 玄関で宅急便の人にお金を払うアレです。 当時はネット上でカード番号を入力するのが少し怖い背景もありましたが、今はクレジットカード決済が普通です。 モンちゃん 例えば、年会費1万円 税別 の三井住友カード ゴールドだと、 海外・国内旅行傷害保険は最高5,000万円付いています。 あくまで仮の話ですが、海外でトラブルにあって死亡した場合に最高5,000万円の保険がおります。 質問:海外旅行傷害保険の付保証明書を発行してもらうには、どうすればよいですか? 海外旅行傷害保険に加入していることを証明する付保証明書の発行は、VJ保険デスク(三井住友海上)までお電話にてお申し出ください。 お申し出から1週間程度で発送し、国内住所へ郵送にてお届けいたします。 時間に余裕をもってご連絡ください。 なお、受付の際に会員番号・カード名義・渡航先・渡航期間などお伺いいたしますので、お電話の際はお手元にカードをご用意ください。 年会費が高額なクレジットカードほど、もらえる保険額も多くなります。 なお、クレジットカードの旅行保険には自動付帯と利用付帯の2種類があります。 おすすめは自動付帯です。 JCBのokidokiポイントで交換できるもの• ディズニーキャラクターグッズ• 東京ディズニーリゾート(R)・パークチケット• 東京ディズニーランド(R)ホテル ペア食事券• ディズニーアンバサダー(R)ホテル ミッキーズ・ペントハウス・スイート宿泊• グルメ関連• エンターテインメント・レストラン• キッチン用品• ヘルス&ビューティー• クオカード• ギフトカード・商品券• キャッシュバック• JCBトラベル 旅行代金ポイント充当プラン• ポイントチャリティー• 他社へのポイント移行 以上、ポイントを使う・貯めるのお話でした。 クレジットカードの種類 ここからはクレジットカードの種類の説明を分かりやすく簡単に説明します。 クレジットカードには、VISA・JCB・アメックスのような決済機能を持つ会社と、自社ブランドに決済機能をつけて発行する発行会社があります。 カードの発行会社とは カードの発行会社とは、利用者の申し込みがあると、 クレジットカードを発行する会社の事を言います。 具体的な例でいうとこんな感じです。 7大国際ブランド• VISA(ビザ)• MasterCard(マスターカード)• JCB(ジェーシービー)• American Express(アメリカン・エキスプレス)• Diners Club(ダイナースクラブ)• 銀聯(ぎんれん)• Discover Card(ディスカバーカード) 有名なのはダントツでVISAです。 日本の強みはJCBカードがある事です。 あくまで仮の話ですが、他国の決済システムを利用していて、その国との友好関係が崩れたときに決済システムが利用できなくなる可能性もありえます。 その点、日本にはJCBカードの決済システムがあるので、クレジットカード決済が出来なくなるという事はありません。 日本にいると、当たり前になっているので分かりにくいですが、これは他国からするとすごい事になります。 国際ブランドは、その名のとおり世界中の国や地域で利用できるクレジットカードのブランドのことです。 例えば、Visaブランドと提携している三井住友カードを保有している場合、さまざまな世界中の国や地域で支払いに使うことができます。 また、決済だけでなく、クレジットカード優待の割引や特典、付帯保険による補償なども、日本国内と同様、海外でも受けられます。 引用: クレジットカードのランク クレジットカードには、初心者でも作りやすい一般カードからゴールドカード、プラチナカード、そしてブラックカードとランクがあります。 ブラックカードを持っている人は全国で1%くらいしかおらず、超難易度の高いクレジットカードです。 初めてクレジットカードを作る人や新社会人・学生・主婦の人は審査の甘い一般カードから入って、30歳くらいでゴールドカードを目指すのが標準的です。 年会費無料でおすすめのクレジットカードは楽天カードです。 ブラックカードとは、アメリカン・エキスプレスが発行する「センチュリオン・カード」の代名詞です。 2002年日本に上陸して以来、会社経営者や有名人がカードホルダーとなり人々の注目を集めています。 アメリカン・エキスプレス以外にも「ダイナースクラブ プレミアムカード」、「JCBザ・クラス」も通称ブラックカードと呼ばれています。 センチュリオン・カード同様、カード会社からのインビテーションが必要でクレジットヒストリー 利用履歴 を磨いて待つしかありません。 付帯するサービス内容については一切公表していません。 クレジットカードを作る条件• 18歳以上である(高校生は不可)• 安定した収入がある• 学生や専業主婦でもOK 学生でも18歳以上の大学生や専門学生はクレジットカードが作れます。 ただし未成年の場合は親の承諾書が必要です。 残念ながら高校生はクレジットカードは作れません。 主婦の場合、家族カードは作れますが、自分名義のカードを作るとすると、 配偶者の収入が審査の対象になります。 イオンカードなどの流通系カードは簡単に作れます。 クレジットカードを作るのに必要なもの クレジットカードを作る時に必要なものは、 本人確認書類と引き落し銀行口座の2点です。 引き落としの口座はゆうちょ銀行でも可能です。 クレジットカード申し込みフォームの項目• 生年月日• 電話番号• メールアドレス• 居住年数• 引き落とし口座• 勤務先• 借入状況• 運転免許証番号 たいていのカード会社は、その日のうちに審査がされ、 3~5日で書留でクレジットカードが自宅に届きます。 初めてカードを見た時の嬉しさは言葉で言い表せないモノがあります。 感無量というやつですね。 カードが届いたら、印字されている氏名と間違いがないか確認をしましょう。 以上、ここまでがクレジットカードの作り方でした。 とても簡単です。 カードの審査に落ちた場合どうするか クレジットカードの審査落ちは普通にあります。 ある程度の年収もあって勤続年数もそれなりなのに「カード審査に落ちた」というのもあります。 今回、クレジットカードの審査に落ちた時に、次をどうするか?の対策を解説します。 年会費無料のクレジットカードの注意点• 初年度だけ無料• 年1回の利用で無料• 自分に必要なサービスかどうかを調べてからカードを作るのがおすすめです。 クレジットカードを使い過ぎる クレジットカードのデメリットに「つい、使い過ぎてしまった・・」というのがあります。 これは皆に共通して起こる現象です。 なぜこの現象が起こるのか?ですが、答えは簡単で、手元に現金がなくてもカードで支払えるからです。 代表的な例でいうと「衝動買い」と「飲み屋」です。 皆さんも一度は経験があるのではないでしょうか。 カードを持ってまだ浅い人は注意しましょう。 リボ払いや分割払いの怖い罠 クレジットカードのデメリットで怖いのがリボ払いです。 リボ地獄にならないためにもリボ払いのルールを確認しておきましょう。 クレジットカードの選び方• メインカードを決める• サブカードはよく使うサービスで特典のあるものにする• サブカードは基本は年会費無料にする まずはメインカードを決めましょう。 一般的には年会費が有料のプロパーカードがおすすめです。 クレジットカードにこだわりが無い人は、楽天カードやイオンカードなどでもOKです。 次にサブカードですが、 年会費無料のクレジットカードで十分です。 楽天をよく利用する場合は、Amazonの利用が多い人は。 エポスでよく買い物をする人はなどです。 あくまで特定の店舗でポイントを多く貯めるだけの感覚で十分です。 興味がない人はサブカードを作る必要はありません。 次に悩むのがマイル系カードです。 マイルを貯めたい人はマイルカードをメインカードにするしかありません。 全てのカード決済をANAカードやJALカードなどに1本化します。 コンビニの利用もマイルカードをおすすめします。 そこまでしないとマイルは貯まりません。 ガソリンカードなどは、年会費無料のでOKです。 最後に、クレジットカードの年会費の有無ですが、自分が作りたいカードに欲しいサービス内容があるのであれば、年会費無料のクレジットカードでOKです。 ゴールドカードにしか、その機能が無い場合は財布と相談しながら作りましょう。 たいていの人は複数枚のクレジットカードを持っています。 カードは使い分けが必要な時代です。 楽天カード 監修者:ファイナンシャルプランナー 水上克朗 プロフィール 慶応義塾大学卒業後、大手金融機関にて、営業・企画・総務・クレジット業務などを経験。 また、自身のライフプランを見直し1億円資産の捻出方法を確立。 現在、執筆、監修、セミナー・研修講師、FP資格取得講座、FP個別相談などで、金融・資産運用、ライフプランなどの観点からアドバイスを行っている。 ファイナンシャルプランナーであり、大手金融機関でクレジット業務にも携わった、水上克朗氏が。 保有資格 CFP(日本FP協会認定) 1級ファイナンシャルプランニング技能士 DCプランナー 著書 「」 アチーブメント出版 所持クレジットカード ・楽天カード ・JCB CARD W ・オリコカード ザ・ポイント ・セゾンインターナショナル ・dカード GOLD ホームページ おすすめクレジットカード比較 当社調べ.

次の