クレヨン クレパス 違い。 クレヨン、クレパス、パステルの違いは何?

クレヨン・クレパス・クーピーの違い・使い分け 小学校で準備するのはどれ?

クレヨン クレパス 違い

「クレヨン」や「クレパス」とはどういうもの? 「クレヨン」は 顔料をロウでかためたもので、前項のコンテもクレヨンの一種です。 クレヨンはロウが多くかためで折れにくく、手が汚れにくいということから幼児向けといえます。 ただし、色を混ぜたり重ね塗りなどが難しく、どちらかというと線を描くのに向いています。 【クレヨン】 「クレパス」は 顔料をロウや油などでかためたものですが、クレヨンよりやわらかいです。 クレパスは、サクラというメーカーがクレヨンをより描きやすいものに独自に開発した商品で「サクラクレパス」の名称で発売されました。 「クレヨン」と「パステル」の長所を合わせたことから「クレパス」となったようです。 スポンサードリンク ただし、「クレパス」はサクラの登録商標であることから、他のメーカーは「クレパス」ではなく「オイルパステル」が一般名です。 クレパスはクレヨンと比較するとやわらかく、面を塗るのに適しています。 また、キャンバス上で色を混ぜたり、こすってぼかしたりと、色々な技法が使えます。 ですから、クレヨンで線を描くのに物足りなくなって、ワンランク上の絵を描きたい子供に向いています。 【クレパス】 まとめ 以上が、「コンテ」と「パステル」、「クレヨン」と「クレパス」の違いなどについてでした。 絵を描くときや画材を買いそろえるときの参考にしてください。 幼稚園に持っていくために購入するときには、クレヨンなのかクレパスなのかをよく確認して購入するとよいですよ。 子供のお絵描きは、最初はクレヨンが一般的です。

次の

クレヨンとクレパスの違い

クレヨン クレパス 違い

スポンサーリンク クレヨンとクレパスの違い!! さっそく結論からですがクレヨンとクレパスの大きな違いは・・・ 「硬いか柔らかいか」の違いです。 その理由はクレヨンとクレパスの歴史や性質を見ていくことで分かりますので一緒に見ていきましょう。 1.クレヨンとクレパスの歴史の違い クレヨンとクレパスの違いの1つに「歴史」があります。 もともとはクレヨンが始まりです。 クレヨンの歴史はとても古く、ギリシャ時代には溶かした蝋と顔料で固めたクレヨンの原型なるものが既にあったようです。 その後19世紀後半フランスの クレヨンコンテ社が顔料と蝋を混ぜて棒状にした画材を開発し、それを「クレヨン」と名付けて販売したのが今私たちが使っているクレヨンになります。 一方クレパスですがこれは サクラクレパス社のオリジナル商品なんです。 「クレヨンをより描きやすい画材へと改良させよう!」というコンセプトのもと クレヨンの使いやすさとパステルの柔らかさを合わせ持つ画材「クレパス」を大正17年に開発しました。 クレヨン + パステルの造語で「クレパス」と名づけられたそう。 ちなみにこの「クレパス」は商標登録もされている為、サクラクレパス社以外の 類似品はクレパスとは呼ばず「オイル・パステル」と言ったりします。 スポンサーリンク 2.クレヨンとクレパスの性質の違い クレヨンとクレパスの成分はほぼ同じです。 ( 溶かした蝋・描きやすくする為のオイル・色を付けるための粉=顔料を使っています。 )違いはそれぞれの成分量です。 クレヨン…クレヨンは蝋が多く使われています。 そのため硬質で折れにくくしっかりとした線が描けるので 線画に適しています。 またクレパスに比べ手も汚れにくいです。 クレパス…クレパスは別名「オイル・パステル」とも言われるようにオイルが多く使われています。 そのため軟質で色の伸びもよく広範囲の面を塗る 面描に適しています。 また色を重ねる「重ね塗り」や引っ掻いて描く「スクラッチ技法」などをすることもできます。 ただその反面、油分が多いので手がべたついたり汚れやすかったりします。 指定されていない場合は先生に相談してみるといいですよ。 ただ個人的には クレヨンの方が使いやすいと思います! この年齢の子供達は まだ線画を描くことが多いのとまたクレヨンの方が手が汚れにくいので子供自身も扱いやすいと思うからです。 年長さん・小学生はクレパスを使う場面も出てきます。 学校指定で「クレパス」を用意して下さいと言われたりする場合も…。 この頃になると線画だけでは物足りなくなったり、広範囲な 面を塗って表現したり奥行や深みのある絵を表現したくなったりしますので、クレパスを使わせてあげるのがいいかもしれません。 クレヨンもクレパスもそれぞれに特性があります。 クレヨン…古くからの歴史のある画材 硬い。 折れにくい。 線画に優れている。 手が汚れにくい。 クレパス……サクラクレパス社の オリジナル商品 (類似品はオイル・パステル) 柔らかい。 面を塗るのに優れている。 重ね塗りやスクラッチなど描き方の幅が広がる。 手が汚れやすい。 という具合にそれぞれに特性があることが分かりました。 子供の年齢やどんな風に描きたいか( 線を中心に描きたいのか・ 広範囲の面を塗るのを中心にしたいのか)などで分けてもよいですし、2つとも使ってみて子供の好みで使い分けてもいいかなと思います。 ただ…私の4歳の子供に自宅で使わせるなら手が汚れると困るので今のとこクレヨンがいいなと感じました。

次の

クレヨンとクレパスの違い。それぞれの特徴と歴史など

クレヨン クレパス 違い

子どもたちが自宅で絵を描く場合、手軽に使える筆記系着色画材としては、色鉛筆、クーピー、クレヨンが思い浮かぶかと思います。 絵の具は出したりしまったりが面倒だし、汚れたりしますからね。 普通に「色鉛筆」と言う場合、油性色鉛筆のことを言います。 鉛筆は芯に黒鉛が使われているのですけど、色鉛筆はさまざまな色の顔料をワックスで練って細く固めた物が芯になっています。 色鉛筆を塗り重ねすぎると紙の表面がてかてかになって色が乗りづらくなることがありますが、これは芯に含まれるワックスのためです。 結構力一杯塗る子もいますが、塗りすぎて紙がてかてかになるとそれ以上塗れないし、重ね塗りなどもできません。 また、色鉛筆の色が消しゴムで消えづらいのもワックスの影響なのだそうです。 最近は色鉛筆のワックスによる影響をのぞいた、消しゴムで消える色鉛筆、なんてのも発売されていますよね。 とはいえ、これは透明水彩絵の具、または不透明水彩でも水を多めにした場合、ってことで、ある程度の濃さの不透明水彩絵の具では絵の具の粘度の方が勝って、線が消えてしまう場合も多いと思います。 色鉛筆はメーカーやシリーズによって、硬質〜軟質、といった違いがあったり、色数も多彩、大人の制作や大人の塗り絵などにも魅力を発揮します。 クレヨンとクレパスの特徴 クレヨンは、ワックスに顔料を混ぜて棒状に固めた画材です。 手軽に使えて、色鉛筆のように尖ってないし削る必要がないこと、無害であることなどの理由から、小さなお子さんが使う画材としてよく使われています。 比較的硬質なため線画には適していますが、面を塗る場合や、混色、重ね塗りには不向きな短所があります。 クレパスは、文具メーカー株式会社サクラクレパスが開発、発売した画材の商品名で登録商標なのだそうです。 クレパスは、「クレヨン」の長所に、「パステル」の長所である混色できる点や、のばすことができる点などの特徴を取り入れ改良された画材として開発されました。 「クレパス」は、「クレヨン」の主原料である顔料とワックスに、液体油と体質顔料を加えて作られているのだそうです。 ただ、細い線は描きづらいので繊細な表現は難しい、ベトベトして紙を汚す、などの使いづらさもあります。 私は他教室の幼児クラスを長年担当しているのですけど、幼児って力の加減なく塗るので、そこら中クレヨンやクレパスのカスだらけ、なんてこともあります。 クーピーの特徴 クーピーペンシル(クーピー)は株式会社サクラクレパスが開発した画材の一種で、これもサクラの登録商標です。 子どもの頃、クーピーって結構高価で、持っていなかった私は憧れたものです(笑 色鉛筆のような軸が無くって全部が芯、色鉛筆のように削ったり、消しゴムで消せるのが特徴で、クレヨンと色鉛筆を合わせたような仕上がりになる、ということです。 芯だけでできているんですけど、持ったり触ったりしても手は汚れません。 実際に使った感じとしては、やっぱり持っても手につかない、ってことはそれなりに硬さがあってクレヨンやクレパスほど油分は多くないので、塗った感じも硬質な印象です。 幼児はまだ手の力が弱いので、力強く塗るのはちょっと難しいかな〜と思います。 それぞれの特徴をふまえた上で、当教室の小学生たちが使っているのは… あとりえ・おーぱるは小学生以上対象と言うことで、不透明水彩絵の具を主に使うのですが、不透明水彩絵の具と組み合わせて使う筆記型着色画材としては主に色鉛筆を採用しています。 最初はクーピーが良いかな、と思ってクーピーを揃えていたのですけど、小学生ともなるとある程度繊細な表現をしたい、芯を尖らせて細かい表現もしたい、発色の良さ、色数の揃えやすさ、などから色鉛筆の方が使いやすいようです。 クーピーも色鉛筆同様削って尖らせることもできるんですけど、手で持てるってだけあって描いた感触として硬質、だけど時々ポキッと折れる… 教室用画材としては両方用意してあるんですけど、子どもたちの希望として「色鉛筆の方が良い」「色鉛筆の方が使いやすい」って声がありまして、現在は主に色鉛筆ってことで定着しています。 中でも、芯の使用感が程よく、色数も多く揃えやすい点から、教室ではトンボの色鉛筆を使用しています。 当教室は小学生メインってことがありますが、幼児が描く場合はやっぱりクレヨンが伸び伸び描けて使いやすいと思います。 水彩絵の具と併用するのも使いやすいですしね。 汚れるから困る、気軽に使わせたい、などの場合はクーピーがとっても便利です。 まとめ 年少のお子さんののびのびした表現クレヨン・クレパス、繊細な着色には色鉛筆、削る手間なく手も汚さずに手軽に使えるクーピーペンシル、それぞれの特徴を生かして使い分けると良いと思います。 どの画材も基本的には油性なので(最近販売している水彩色鉛筆などを除く)水彩絵の具との併用にも威力を発揮します。

次の