サフ ドライ イースト 赤。 サフ(赤)インスタントドライイースト / 125g

【赤・金・青サフ(saf)】ドライイーストの種類と保存方法・HB基本の食パン

サフ ドライ イースト 赤

名称 インスタントドライイースト 原材料名 イースト、乳化剤 ソルビタン脂肪酸エステル 、V. 製造より24ヶ月 栄養成分表示 100gあたり エネルギー 392. 00kcal たんぱく質 45. 20g 脂質 5. 90g 炭水化物 39. 50g ナトリウム 88. 00mg 食塩相当量 0. 6~1. フランスパン、食パン、バターロール、クロワッサンなど糖分の少ないパンに適しています。 また、低温発酵 冷蔵生地 にその威力を発揮し、リターダーへの使用に効果があります。 みんなのクチコミ.

次の

サフ(赤)インスタントドライイースト / 500g

サフ ドライ イースト 赤

リンク ドライイースト「サフ saf 」は種類によって用途が異なります さて、最近パンサークルでも、ドライイーストは「サフ」を買う人が増えてきたような。 私がお世話になっているパン教室の先生もサフ使用です。 創業150年以上の歴史を持つ、世界最大のイーストメーカーであるフランスのルサッフル社。 スーパーではカメリアのドライイーストしかおいていない事が多いですが、カルディコーヒーに行けば手に入りますよ。 もちろんアマゾンでもOK。 サフのドライイーストはこのように種類が分かれています。 インスタントドライの赤サフを使っている人が一番多いのではないでしょうか。 糖分が12%までのリーンな生地向け。 食パンやフランスパンなど糖分が少ないシンプルなパンに使われます。 グルテンを強化してくれる ビタミンCが添加されています。 冷水で使うと発酵力が弱まります。 使う時もキャップを外してサラサラと使えるので、非常に便利。 欠点は、 大量ってこと。 でも冷凍庫に保存して、1年じゃ全然へこたれない。 2年たってもちゃんと膨らみました。 (そこの所は自己判断でヨロシク!) 赤サフ 低糖性。 糖分が5%までのリーンな生地向け。 食パンやフランスパンなど糖分が少ないシンプルなパンに使われます。 グルテンを強化してくれる ビタミンCが添加されています。 冷水で使っても大丈夫。 MEMO インスタントドライの場合は、冷凍することによって発酵力が弱まっているので、一度常温に戻してから使います。 セミドライ の場合は、常温に戻さずそのまま使えます。 イースト菌の生存確認方法 長期間保存していると発酵力が弱まり、パンが上手く膨らまない事があります。 小さな泡がぷくぷく出たら、イースト菌はまだ健在。 でも泡が出ない場合は、もう使えませんということになります。 ドライイーストはパン作りになくてはならない存在。 自分が作る種類に合わせてイーストの種類を選ぶと、より美味しいパンが誕生するのかも。

次の

サフ(赤)インスタントドライイースト / 500g

サフ ドライ イースト 赤

サフ・インスタントドライイースト及びサフ・ドライイーストの商品お取扱い説明 - サフ・インスタントドライイーストの商品説明 - 商品番号・名称 商品画像 1202 ドライイースト (粒状) 1203、1232 インスタントドライイースト赤 (顆粒状) 1226 インスタントドライイースト金 (顆粒状) 予備発酵 約15分必要とします。 6%〜1. 0% 0. 6%〜1. 5% 1. 0%〜2. 5% 適正パンの種類 フランスパン、ハード系食パン その他長時間発酵向きのパン フランスパン、食パン、バターロール クロワッサンなど糖分の少ないパン ブリオッシュ、菓子パン、デニッシュなど特に糖分の多いパン 低温発酵の適正 パンの種類により不適当の場合があります。 低温発酵(冷蔵生地)にその威力を発揮しリターダーへの使用に効果があります。 ) ミキシングが少ない場合は温水で溶かしてから使用の事。 糖分の含有量によってイースト量を多少加減する注意の事。 他は左記の赤ラベルを参照 開封後の保存法 常温でも良いがなるべく涼しい湿度の少ない場所で保管。 開封後は必ず冷蔵庫に湿気を含まない様にして保管。 2,それに少量の砂糖(お湯の量の約5%)を加えながらかき混ぜる。 3,イーストを1ヶ所にかたまらない様ふるいこみます。 4,約7〜8分放置後ゆっくりかき混ぜ、ねり状にします。 5,ねり状になって、約6〜7分たってから粉に混ぜて使用します。

次の