風疹 eia。 風疹の抗体検査、数値の見方、費用 抗体は減る?予防接種でつかないことも?「HI法」「EIA法」も解説|アスクドクターズトピックス

風疹検査について |プレママタウン

風疹 eia

去年から「風疹」の流行が続いている。 患者の8割が男性で、特に子どもの頃に予防接種の機会が無かった、40代から50代の男性が多い。 つまりは、私(51歳)の年代だ。 問題なのは、妊娠初期の女性にうつしてしまうと赤ちゃんの目や耳、心臓などに深刻な障害がでるおそれがあること。 私の職場には若い女性が多いこともあり、国が最近始めた無料の風疹検査というものを「受けてみた」。 ところが・・・ (取材:ネットワーク報道部 足立義則) 40,50代男性が風疹流行の原因? ・・・などといわれて肩身の狭いわれわれオジサン世代だが、ちょっと待ってほしい。 風疹のワクチン接種には保険がきかず、自腹で数千~1万円ほどかかる。 安くはない。 自分たちが予防接種の対象になっていなかったからといって風疹流行の原因みたいに言われるのは釈然としないし、 そもそも仕事が忙しい。 そんな「行かない理由」ばかりあげていて重かったオジサンたちの腰を上げようと、厚労省はことしから約3年間、検査や予防接種の費用を「原則無料」とする制度を始めた。 無料だ。 もう一度、 無料だ。 しかし80代の私の母親に問い合わせても「かかったかもしれないねぇ」と頼りない。 実際、子どものころ風疹にかかったと本人や親が考えていても、実は「はしか」や「リンゴ病」など別の病気だったというケースは少なくないそうだ。 風疹はインフルより感染力が強いというデータもあり、感染すると発熱と発疹などで1週間は仕事ができなくなる。 といいつつ、実は私は2013年に国内で風疹が大流行したときに、予防接種を受けたことがある。 実費で。 だから今回の流行は大丈夫だと思っていたが、風疹について長く取材している記者によると、 「人によって1度の接種では感染を防ぐ『抗体』が十分ではないことがあるので、2回打つのがベストです」とのこと。 とはいえワクチンも今後不足していきそうなので、すぐに予防接種をするのではなく、まずは風疹の「抗体」というものが十分にあるかどうかを調べる「抗体検査」をしてもらうことにした。 何しろ無料だし。 まず区役所に電話で「クーポン券ください」 この「原則無料」の制度を使うには、厚労省のパンフレットによると「クーポン券」というものが必要だ。 ( ただし地域によっては、クーポン券が無くても受診可能としている自治体もあるため、住んでいる自治体のサイトなどで事前に情報を確認したほうがよい。 厚労省の資料によると、今年度はまず 47歳までの男性に、自治体からクーポン券が郵送される。 私 51 を含めそれ以上の年代は、自分から住んでいる自治体に申し込んでクーポン券を発行してもらう必要がある。 ここが自治体によってまちまちなようで、東京でも例えば世田谷区は4月から個人の申し込みを受け付けているが、渋谷区は5月から、中野区では7月からとなっている。 このあたりでちょっとオジサン達から脱落者が出るかもしれない。 (そもそも制度のことを知らない人が多いかもだが) ——————- 手順は、まずネットで「(自治体の名前) 風疹 クーポン券」で検索して、地元の保健所などのサイトの説明を読む。 個人からの申し込みを受けていることを確認したうえで、平日の昼休みに電話した。 「風疹の検査をしたいのでクーポン券がほしいのですが・・・」と伝えると、生年月日と住所を聞かれ、その10日後、自宅にクーポン券が届いた。 これがクーポン券だ。 検査への流れがわかりやすく書かれている。 「うちの病院ではやっていません」 この制度の便利なところは、住んでいる地域以外の病院やクリニックでも、検査や予防接種を受けられることだ。 勤め人にはありがたい。 ただし 受けられる病院は決まっている。 厚労省のサイトに、全国の病院のリストがある。 ( ) リストの中から、職場に近い渋谷区内の病院に電話で問い合わせた。 私「クーポン券を使って風疹の抗体検査を受けたいのですが・・・」 病院「うちでは、まだクーポン券を受け付ける体制が整っていないんです。 」 私「いつから体制が整って受けられるんでしょう?」 病院「6月からになると思いますが、それもはっきり決まっていません。 厚労省の一覧には載ってしまっているんですが・・・」 出鼻をくじかれた。 しかし次に電話した病院では 「はいクーポン券ですね。 予約は不要ですのでご来院ください」と、スムーズだった。 リストに載っていても病院によって体制が整っていないところがあるようだ。 ここでまた 「脱落オジサン」が出るかも。 「あなたが初めてですよ」 翌朝、出勤前に病院に行った。 受付にクーポン券と、運転免許証など本人確認書類を提出し、問診票に記入する。 10分ほど待って診察室に通され、採血されて終了。 受付からの所要時間は30分ほどだった。 クーポン券で抗体検査を受けたのは、この病院では私が初めてとのこと。 看護師さんからは「4,5日で結果が出るので郵送します、抗体が少なければ予防接種を受けにきてください」といわれた。 結果が届いた!が・・・ 大型連休をはさんで2週間後の5月10日、検査結果が自宅に届いた。 これが私の抗体検査の結果だ。 クーポン券の説明書きはわかりやすかったのに・・・ 筆者が赤い丸をつけたところに注目。 ええと・・・抗体価が「64倍」と書いてあるけど、この数字がどの程度なのか、高いのか、低いのか、アウトなのかセーフなのか、が分からない。 その横の「風疹の第5期の定期接種 非対象」に丸がついているから大丈夫か?と思いつつ、「第5期の定期接種」ってなんだろう。 その下の「検査番号」の「3」に印がついているのでこれがいわゆる安全度のランクかと思ったが、裏面の説明を読むと、 これによると「3」は検査方法として「HI法」「LTI法」を使った、ということのようだ。 さらに不明なのがこちら。 (赤線は筆者) 「風しん抗体検査の結果、「定期接種の対象」と判定された方へ」とあって、その下に 「あなたは、風しんの抗体検査の結果、風しんの第5期の定期接種の対象と判定されました」とある。 どっちなんだろ・・・ 結局、翌日に病院に電話で問い合わせたところ、 「今回の検査法では8倍以下が予防接種の対象なので、予防接種を受けなくて大丈夫です」とのことだった。 説明を受けて分かったのだが裏面をみると、 「定期接種の対象となる抗体価基準」という表があり、それによると、今回の「HI法」では「8倍以下」が「定期接種の対象になる」ということ。 つまりわたしは64倍なので「ワクチン接種をしなくて大丈夫」ということだそうだ。 すみません、記者なのに読解力が低くて。 でもわかりにくくないですか? ワクチン接種の必要がないのはよかったが、検査結果の説明をもっと分かりやすくしてもらえれば、問い合わせをしなくてよかったのに。 オジサンたちの「脱落」を防ぐには 今回、私がこの「原則無料」制度にかかった時間と日数をまとめてみると、 ———————— ・自治体のサイトを調べて、券が郵送されない年齢の場合は、自分で電話で申し込む 10分 ・クーポン券が送られてくるまで 10日(私の場合) ・リストから調べて病院に確認 15分(最初の病院には断られた) ・病院で抗体検査 30分 ・結果の郵送まで 2週間(大型連休があったため) ・結果がわかりにくいので病院に問い合わせ 5分 ———————— あくまで私の場合だが、大型連休をはさんで4週間近くかかった。 検査で抗体が不十分とされた場合は、ここからさらに予防接種を受けることになるが、今後ワクチンが足りるのか、という不安もある。 新しい制度で、国や自治体の実施側も十分に手の届いていないことは伺える。 そもそも周知の点で、私の周りでは無料制度のことを知らないオジサンが多い。 いくつか課題はあっても、何しろ無料だ。 それに職場の近くの病院で、出勤前や昼休みに受けることができる。 もう「受診しない理由」ばかり見つけるのではなく、できるだけ早めに問いあわせて検査を受けることを、全オジサンに勧めたい。

次の

風疹の抗体数値の基準値は?高いときはどうする?

風疹 eia

感染症検査の特徴 ウイルスの抗原検査 分離培養・同定法 生きたウイルス(感染性粒子)を感受性のある細胞や動物を用いて分離培養した後、ウイルスを同定します。 迅速法としてシェル・バイアル法が特定のウイルスで用いられています。 直接抗原検出法 ウイルス抗原検査法の原理と特徴を表にまとめました。 検査方法 原理 特徴 酵素免疫法(EIA) ウイルス抗原と特異抗体を反応させ、酵素反応により検出。 特異抗体に直接酵素を標識して検出する直接法と二次抗体に酵素標識する間接法がある。 高感度 蛍光抗体法(FA) ウイルス抗原と特異抗体を反応させ、蛍光色素により検出。 特異抗体に直接蛍光物質を標識して検出する直接法と二次抗体に蛍光物質を標識する間接法がある。 特異性が高い 遺伝子増幅法(PCR) 熱変性1本鎖DNAに目的のプライマー(特異的に増幅させたい領域の各DNA末端と相補的20〜30塩基のDNA断片)を結合させ、DNAポリメラーゼによりDNA合成反応を行い、これを繰返す事により目的とするDNA配列を指数関数的に増幅。 高感度・特異性が高い サザンブロットハイブリダイゼーション 制限酵素で消化した検体DNAをアガロース電気泳動で分画、変性させた1本鎖DNAをメンブランに転写後、標識プローブとハイブリダイゼーションさせ、目的遺伝子を検出。 DNAの量的、質的変化の異常を解析 液相(核酸)ハイブリダイゼーション 液相中で検体を溶菌処理し、遊離したrRNAと標識プローブをハイブリダイゼーションさせ、形成した2本鎖ハイブリッドを分離、目的遺伝子を検出。 病原体のrRNAを標的とし、直接菌体を検出 in situ ハイブリダイゼーション スライドグラス上で、細胞や染色体のDNA、あるいはrRNAと標識プローブをハイブリダイゼーションさせ、顕微鏡下で検出。 ウイルス感染細胞の確認・目的遺伝子の局在性を証明 検査材料採取時期 臨床症状との関連性を考えあわせ、原則として初診時に好適部位より最適材料を採取します。 採取時期が遅れると、抗体が産生されるためウイルスが中和され、分離しにくくなります。 検査材料 ウイルス感染症の場合、ウイルスが排出される時期は非常に短いとされています。 また、排出される量、期間は検査材料やウイルスの種類によっても異なるため、適切な分離材料と発病後できるだけ早期の検体採取が大切です。 ウイルス分離の場合の材料の選択は、分離率向上のためにもできるかぎり複数の材料から行うのが有効です。 各疾患に関連するウイルス別にウイルス分離材料選択のめやすを表にまとめました。 PDFファイル833KB ウイルスの抗体検査 抗体検査法 ウイルス抗体検査の原理と特徴を表にまとめました。 検査方法 原理 特徴 補体結合反応(CF) 抗原抗体複合体と結合した補体を感作血球の不溶血を指標として間接的に証明。 ウイルス感染後に産生される抗体の検出は、過去にそのウイルスに感染したことを回顧的に示すだけで、現在の状態を必ずしも反映してはい ません。 ウイルス抗体は感染の直後に高く、以後下降するパターンを示しますが、単一の血清の抗体価の高低だけで近い過去に感染があったかどうかの判定は出来ない場合が多いといえます。 ウイルス感染後の抗体応答パターン、各検査法の特徴、検査意義を理解し、目的に応じた検査法を選択する必要があります。 急性期(発病後早期)と回復期(発病後14〜21日)のペア血清の抗体価が4倍以上上昇した場合有意と判断しそのウイルスの感染を推定します。 目的別検査法選択のめやす 検査法の特徴により目的に合った検査の選択が必要です。 自然感染では感染初期に応答するIgM抗体の検出やペア血清による抗体上昇をみることが有用です。 また、既往の有無やワクチンの効果判定にはEIAによるIgG抗体の検査が有用です。 自然感染 既往の有無 ワクチン効果判定 麻疹 CF、HI、NT、EIA(IgM)(IgG) HI、NT NT、EIA(IgG) 風疹 HI、EIA(IgM)(IgG) HI、EIA(IgG) HI、EIA(IgG) ムンプス CF、HI、NT、EIA(IgM)(IgG) HI、NT、EIA(IgG) NT、EIA(IgG) 水痘 CF、EIA(IgM)(IgG) EIA(IgG) IAHA、EIA(IgG) ポリオ NT NT 日本脳炎 HI、CF HI HI インフルエンザ CF、HI HI HI 感染症検査の特徴 Copyright 2002 SRL, Inc. All rights reserved.

次の

50代オジサンが無料クーポンで風疹の抗体検査を受けた結果がわかりにくかったという話|ストップ風疹!検査と予防接種で赤ちゃんを守れ|NHK

風疹 eia

多くの場合は予防接種は不要な値ですが、例外もあります。 と言うのは、EIA法は使用された測定キットによって数値の解釈が変わります。 日本で最も多く使われているキットなら23. 1は充分に高い抗体価と言えるのですが、別のキットでは不十分な値でもあります。 風しんの抗体検査はHI法で標準化が進んでおり、HI価で32倍(1:32)以上なら追加接種は不要とされています。 それに相当するEIA価は、測定キットによって異なると言うのが現状です。 参考資料としては(ちょっと専門的な内容ですが)、 風しん抗体価の換算(読み替え)に関する検討(2014年6月改訂) 結局のところ、あなたが検査を受けた医療機関で、あなたの測定値の解釈をお尋ねになる必要があると言うことになります。 Q 規定の週(5週確定)になっても子宮内に胎のう(胎嚢)が見えず、 子宮外妊娠を疑われています。 自分でも、いろいろ調べたのですが、 子宮外妊娠は自覚症状が色々なようで、医師の発見もしづらく、 後手に回ると命の危険もある女性にとって大変危険なものであることを知りました。 御経験者の皆様、大変御辛い経験を思い出させてしまって申し訳ないのですが、 どんな前兆や予兆、症状でも良いので、どのような自覚症状がどのような時系列で起こって行ったのか、 どのような経過をたどったのか(治療法)、を教えて頂けたら幸いです。 同じような不安でご質問されている方も多く、 今後検索される方にも役に立つかと思い立ち上げてみました。 よろしくお願いします。 特に、出血の有無、異常の発生時期と長さ、痛みの場所と程度と様子、 基礎体温の異常、妊娠ホルモンの値、など、よろしくお願いします。 A ベストアンサー 経験者ですが、「こんな症状が有ったら子宮外妊娠」というものは無いですよ。 子宮外妊娠の判断は、hCG値を調べることとエコー検査で子宮内に胎嚢が見られるかどうかです。 (どこに胎嚢が確認できるか) だから、「自分がこうだった」というのを書いて、それに当てはまった人が「私も子宮外妊娠かも?」ってむやみに疑われるとちょっと困るかも。 症状で判断するものではありませんので、それを理解した上で読んでもらえますでしょうか。 妊娠5~6週を越えて子宮内に胎嚢が確認できない場合は、血中hCG値を調べる必要があるでしょう。 ただし、排卵がその病院で特定されてない場合は「排卵が遅れたのかも」という考えがありますので、5週の時点ではhCG値を調べないかもしれません。 排卵日確定に自信があるのなら(既に妊娠5週以上になっているのがわかっているのなら)、自ら検査を要求するといいかもしれません。 では、症状は参考になりませんが私の時の状況を書きます。 私は不妊治療のAIHをしていたので、排卵日は確定していました。 (排卵済みも確認) 妊娠している予感もなく、生理予定日(私の場合は高温期14日目です)が近づくにつれて基礎体温も下がってきたので諦めていました。 生理予定日には低温近くまで下がりました。 生理予定日前日から少量出血があり(いつも通り)、生理になると思ってナプキンを使い、病院に次の周期分の排卵誘発剤を処方してもらいに行ったぐらいです。 ところが念のため生理予定日に妊娠検査薬を使ってみると少し薄いけど陽性反応が。 2日前までは反応してませんでした。 そのまま毎日検査を続けると2日後にはしっかりと濃い陽性反応になり、妊娠を確信しました。 (薄い反応のまま、化学的流産したことが有ります) 妊娠5w0dに通院していた不妊治療院を受診。 子宮内に胎嚢が見えませんでしたので、採血して4日後に受診。 (当時はその数値が微妙にまずいって知りませんでしたが) ところが5w4dも胎嚢が確認できず。 この時期は数日の差で胎嚢が確認できることもあるので、この時期に診断を確定することはできませんので医師としても様子見だったのでしょう。 採血をして、3日後に受診を言われました。 ところがやはり子宮内に胎嚢が見えず。 くまなく探したところ、卵管に胎嚢が発見されました。 しかもそこで心拍まで確認できました。 そのまま近くの総合病院に搬送。 私は具合が悪いところはありませんでしたが、救急車でした・・・ そのままその病院で診察してもらって、手術の説明を受けて同意して手術。 前日や朝に少しだけ飲料を飲んでいたので全身麻酔がかけられないことから、半分だけ麻酔をかけて開腹手術になりました。 (全身麻酔ができれば腹腔鏡手術が出来たのですが) そういえば医師に「どうせ開けるなら、ついでに卵管が癒着してたら剥がしてください」って頼みました。 (過去に癒着してたので、たぶんまた癒着有りと思っていた) ということで、妊娠6w0dで卵管に胎嚢および心拍が確認、開腹手術で右卵管を切除でした。 ・出血の有無・・・生理予定日前から少量出血。 少量でしたがずっと続いていました。 ・異常発生・・・特に有りません。 経過は上記の通りです。 ・痛み・・・特に有りません。 ・基礎体温・・・生理予定日近くに下がったものの、だんだん持ち直して妊娠5週になる頃にはいつもの高温相より高温をキープしていました。 あえて言えば、少量出血かなぁ。 以上です。 何かあれば補足します。 経験者ですが、「こんな症状が有ったら子宮外妊娠」というものは無いですよ。 子宮外妊娠の判断は、hCG値を調べることとエコー検査で子宮内に胎嚢が見られるかどうかです。 (どこに胎嚢が確認できるか) だから、「自分がこうだった」というのを書いて、それに当てはまった人が「私も子宮外妊娠かも?」ってむやみに疑われるとちょっと困るかも。 症状で判断するものではありませんので、それを理解した上で読んでもらえますでしょうか。 Q 現在、妊娠5~6週で、胎嚢のみ確認済みです。 先週の火曜日に茶オリが出て、翌日から鮮血で出血しています。 量は1日でナプキン1枚がべったりなるくらいで、生理3日目くらいといったところです。 主治医は胎嚢確認までしかできてない今、医療行為はあまり関係なく、 もっと言うと安静だろうが仕事していようが、駄目な運命の受精卵は駄目なのだと。 反対にある程度動いていても、出血していても育つ受精卵は育つのだと言います。 ) 一応仕事を休んで家で大人しくしている程度の安静(なかなかずっと横にはなれません) にしていますが、待ちに待った初めての赤ちゃんなので、不安で仕方ありません。 ネットで調べると 「出血し始めて2-3日で下腹部激痛で流産」か、 「出血したけど1~3日で止まるor茶オリが続いたけど、無事育った」 のどちらかが多いようです。 私のように1週間もだらだらと鮮血が続く人をあまり見ません。 このような状態で無事出産までたどりついた先輩ママさんはいらっしゃいますでしょうか。 聞くのはつらいですが、残念な結果になった方のご報告も受け止めます。 お腹の赤ちゃんがいなくなってしまうかもしれないことや、その後の手術を考えては、 悲しみと恐怖で気が狂いそうな毎日です。 どうぞ助けてください。 現在、妊娠5~6週で、胎嚢のみ確認済みです。 先週の火曜日に茶オリが出て、翌日から鮮血で出血しています。 量は1日でナプキン1枚がべったりなるくらいで、生理3日目くらいといったところです。 主治医は胎嚢確認までしかできてない今、医療行為はあまり関係なく、 もっと言うと安静だろうが仕事していようが、駄目な運命の受精卵は駄目なのだと。 反対にある程度動いていても、出血していても育つ受精卵は育つのだと言います。 A ベストアンサー こんばんは。 出血が続き、不安な毎日だと思います。 質問者様のお気持ち、とてもよくわかります。 私の場合も妊娠5週ごろから出血 鮮血から茶褐色)がダラダラと続きました。 (止まったかと思ってもまた、出血してたりしてました) 流産の経験もあったため、トイレに行くのが怖かったです。 出血は、6週ごろまで続き、何回か不安で夜間にも受診をしてました。 一人目のときに、全く出血がなかったので、とにかく不安でしょうがありませんでした。 それでも胎のう確認、そして心拍が確認!できた時には、泣きそうなくらい嬉しかったです。 現在は、昨年末に無事に産まれ、スクスクと成長してます。 ただ、現在2人の子どもに恵まれましたが、流産も2回経験しております。 1回目の流産の時は、妊娠5週ごろに出血し、そのまま流産となってしまいました。 質問者様の先生の言われるように今の時期は、受精卵次第としかいえませんが、まずはゆっくり休んでくださいね。 A ベストアンサー 陰性・陽性の判断は抗体価が0か0に限りなく近い値 カットオフ値 より上か下かで判断します。 5もあれば接種しなくても様子観察で良い値ですね。 ウイルスにさらされない限り、時間経過と共に抗体価は少しずつ低下していきます。 1回か2回か? 抗体価が0の時には1回接種すれば効果は非常に大きいですが、すでにそこそこ抗体がある人は抗体価が大幅に上がることは稀です。 2回接種すると相乗効果が期待できますが、そこまで抗体価を上げても現実的には意味がありません。 極端に毎日毎日、何人もの風疹発症者と連続的に接触する環境であれば意味を持ちます。 安心料・おまじない程度の感覚で1回接種をおすすめします。 ちなみに2回の場合は最低2週間以上間隔を空けますが、正確なエビデンス 科学的根拠 はなく学会の指針として示されています。 ネットの情報は参考程度にして、まずはかかりつく医か主治医の意見を仰ぐのがベストだと考えます。 A ベストアンサー 血液検査で風疹の抗体検査あります。 低いと人ごみは、避けなさいと言われます。 が、ご主人が持ち込んだら意味ないので受けた方がいいですよ。 麻疹も受けた方が安全。 これらは、弱毒化されたワクチンなので人に感染させる心配は、ありません。 内科、小児科でやってます。 任意接種になるので電話して確認を。 ちなみに成人は、自費です だいたい4~6千円くらいかな、病院に確認を。 後、風疹ほど、今すぐでなくてもいいですが、水疱瘡かかりましたか? まだならこれも接種を。 後は、おたふく風邪。 これは、焦らなくてもいいですが、子供が貰ってきて親、成人が免疫なくて感染すると男性なら精巣炎、女性なら卵巣炎、5人にひとりは、髄膜炎を起こして入院して死にかけますよ。 私は、保育園で流行った時に医師にかかった記憶がないと抗体検査を頼んだら免疫なくて、検査結果が出た日に「お子さんは、かかっても大して問題ないが大人がかかると非常に危ないので今すぐ接種に来て下さい」と病院から電話が来ました…。 おたふく風邪は、任意接種になりますがお子さんが小学校にあがる前にかかっていなければ、お子さんにも受けさせる方がいいですよ。 年齢的にポリオの免疫は、ご夫婦共に子供の時にワクチンをきちんと飲んで持ってますか? 年代的に昭和50年から数年間の間のポリオワクチンは、効果が弱くてきちんと飲んでても十分な免疫を獲得出来てない場合があります。 ポリオワクチンは、弱毒化されているとはいえ、ウィルスが便から排泄されますからもし免疫が薄い場合やない場合、お子さんが受けたポリオワクチンから排泄されたウィルスに成人した親が感染し半身麻痺が残った例も報告されてます。 これもついでに医師に確認して下さい。 成人のポリオワクチンは、子供と違いワクチン管理が非常に厳しい為に各都道府県に一カ所ある施設でしか飲めませんけど 免疫薄いと言われた世代で子供は、小児科で親は、その施設までわざわざ飲みに行きましたよ。 免疫がない場合、出来れば親子で同日に飲むのが好ましいそうです。 もし妊娠がまだでもご夫婦で受けておいた方がいいものは、医師に相談して接種して下さいね。 ワクチンで防げる物は、防ぎましょう。 血液検査で風疹の抗体検査あります。 低いと人ごみは、避けなさいと言われます。 が、ご主人が持ち込んだら意味ないので受けた方がいいですよ。 麻疹も受けた方が安全。 これらは、弱毒化されたワクチンなので人に感染させる心配は、ありません。 内科、小児科でやってます。 任意接種になるので電話して確認を。 ちなみに成人は、自費です だいたい4~6千円くらいかな、病院に確認を。 後、風疹ほど、今すぐでなくてもいいですが、水疱瘡かかりましたか? まだならこれも接種を。 後は、お...

次の