コロナ ベトナム 少ない。 ベトナムはなぜコロナでの死亡者数がゼロなのか

【コロナ:世界の動きまとめ】台湾、韓国など。アジアの国も続々と次のフェーズへと動き出す

コロナ ベトナム 少ない

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 「感染者の少なさや厳しい取り組みを伝えても、東京に信じてもらえない」。 ベトナムの新型コロナウイルス対策について議論していた時、ある日本人駐在員が嘆いた。 日本とは違う社会主義国のやり方は参考にならないと思われているのかもしれない。 私も当初は政府の発表する感染者数が少なすぎると疑っていたし、徹底した隔離もやり過ぎではないかと感じていた。 新型コロナの感染拡大が始まって約3カ月。 今は「主義」の違いを超えて、日本が学べることは何かを考えている。 感染者数は本当? ベトナム政府は23日、「社会隔離」と名付けて1日から続けていた外出制限を緩和した。 首都ハノイや南部ホーチミンではレストランや露店が営業を再開し始めた。 タクシーも車両の台数に制限はあるが営業を許可された。 新たな感染者は16日から23日まで出ず、約9600万人の人口に対して、同日時点の感染者数は累計268人。 このうち約8割の220人がすでに回復した。 死者はいない。 24日になって新たに感染が確認された2人は、特別便で2日前に日本から帰国したベトナム人だった。 少ない感染者数をどう見るべきか。 当初の意見はベトナム国内でも分かれていた。 初めて感染が確認されたのは1月23日。 感染が広がった中国・武漢出身の親子だった。 感染者はその後、2月13日までに計16人に増加。 同14日時点でのクルーズ船を除く日本の感染者数は41人で、日越両国に大きな差はなかった。 中国と約1400キロの国境を接していることを考えると、ベトナムの方が感染者が少な過ぎると感じた。 ベトナムの政治に詳しい日本人にその印象を伝えると、「国民に危機感を持たせるためにも数字は隠していないはずだ」という答えが返ってきた。 一方で、親しいベトナム人からは逆に「ベトナム人は誰も政府の発表する数字を信用していない」と言われた。 感染者数に比べて、政府の進める対策があまりにも厳しく、実際の感染者数はもっと多いのではないかと疑いを持ったからだ。 ベトナム政府は2月1日に中国との旅客航空便の運航を停止。 同5日には過去2週間以内に中国に滞在歴のある外国人の入国拒否を始めた。 日本が中国からの入国の大幅な制限を決めたのは3月5日で、ベトナムの方が約1カ月早い。 さらに旧正月の休暇を終えて再開するはずだった学校も、早々に休校が決まっていた。 再開は繰り返し延期になり、結局、ほとんどの学校は1月下旬から休校したままになっている。 私の息子(9)も1月の赴任に合わせて転入した新しい学校に、旧正月前の4日しか通えていない。 2月13日には6人の感染者が….

次の

日本でコロナによる死者が少ない理由を解明したNスペ

コロナ ベトナム 少ない

ベトナムは4月18日時点で268人の新型コロナウイルス陽性者数が確認されており、死者は未だゼロである。 検査数は206,253件、100万人当たりの検査数は2,119人と決して多いわけではない(日本は100万人当たり880人)が、その感染者数は少なく、死者も出ていないということで、封じ込められている国の一つしてメディアでも取り上げられることがある。 その理由はいくつか考えられるが、他国が必ずしも参考にできるとは限らないものである。 高齢者が少ない 散々報道されているように、新型コロナウイルスは高齢者にとって致死率が高いウイルスであるが、若年層にとってはそうではない。 若者が亡くなった例がセンセーショナルに取り上げられるが、確率で言えば非常に低く、多くの若者にとってはそれを気にしていると生活できない。 ベトナムはそもそも高齢者が少ないのである。 以下はベトナムの人口ピラミッドを示しているが、新型コロナウイルスの致死率が高くなる65歳以上人口が非常に少ないことが分かる。 これは1975年まで続いたベトナム戦争のせいであり、終戦時に20歳だった人が今65歳であると考えれば、この人口ピラミッドの形状に納得がいくだろう。 ベトナムの人口ピラミッド 出典: そもそも高齢者が少ないのであれば、新型コロナウイルスで死者が発生する確率はかなり低くなる。 高齢化が進む多くの先進国にとっては人口ピラミッドは真似できないが、とにかく高齢者が感染しないように政策を進めるといった対策は取れるはずである。 早期からの入国規制 ベトナムは共産主義国家であるだけあり、緊急時の強硬な動きはとにかく早い。 外国からの入国規制は早かったし、国内では現在も強硬なロックダウンを行っている。 国内で感染が大幅に拡大するような事態にはなっておらず、検査件数から考えても感染率は非常に低いように思える。 一方で、ロックダウンにより仕事を失う人など経済的な問題は多く発生している。 国や民間での食料配給などは行われており、現時点ではそれで当面の問題を乗り切ろうという体制である。 それとは別に昨年から続く干ばつに伴う水不足により、が発生しており、新型コロナウイルスが収束しても経済への悪影響は多く残ると考えられる。 コロナだけが問題ではないということには注意が必要である。 結核と新型コロナウイルス これはやまもといちろう氏も指摘しているが、ベトナムは嘗てほどではないが結核罹患率が高く、新型コロナウイルスの封じ込めに成功していると言っても、あまり参考にはならないというものだ。 一方で、ベトナムはもっと恐ろしい感染症である結核のハイリスク国で、しかも対策に失敗し、例によって台湾がベトナムの結核対応に協力を施しているうえ、悪いことに標準治療薬が効かない多剤耐性結核の罹患率が高くなっているため根絶が大変むつかしい状況に陥っているのもまた事実です。 (……) 対策が進んできている一方、2018年の10万人当たり結核患者数は182. 0人と日本の約7倍というハイアベレージです。 これがどのくらい問題なのかというと、いま新型コロナウイルスの感染率が最も高いのは、インド洋の観光地モーリシャスであり、人口およそ127万人に対して判明している感染者が319人、死者が9人で、人口10万人あたり25. 1人となっています。 一方で、結核罹患率の高さは新型コロナウイルスの死亡率の低さを裏付けるものの一つとも言えるかもしれない。 日本や東ドイツなどの新型コロナウイルスの死亡率が低い理由について、BCG仮説がある。 これは、強毒株(日本株やソ連株など)のBCG接種を行う国の死亡率が低く、次いで弱毒株(デンマーク株など)のBCG接種を行う国の死亡率が低く、BCG接種を行わない国の死亡率が高いという相関関係を指摘するものだ。 そして、これと関係して「結核罹患者が多い国では新型コロナウイルスの死亡者が少ない」という傾向も報告されている。 もしかすると、結核の多さが新型コロナウイルスの重症化を抑制しているという可能性は否定できないだろう。 但し、あまり喜べる状況ではない。

次の

ベトナムがコロナ収束に成功した対策とは?SNSで話題となった助け合い活動も

コロナ ベトナム 少ない

5月14日、ベトナム・ハノイ郊外の新型コロナウイルスに感染していた最後の村で、検疫のため設置していたバリケードを撤去する警察官(写真:ロイター/アフロ) 当コラムで4月21日に配信された「新型コロナ対応の『優等生』は『台湾・韓国・ドイツ』」の続編をお届けしたい。 日本の状況を考える際に、他国の成功例は参考になるはずである。 今回は、アジアからベトナム、中東からイスラエル、中米からコスタリカ、以上3カ国を取り上げた。 (1)ベトナム ベトナムの人口は約9621万人(19年4月1日の国勢調査)と多いが、新型コロナウイルス感染者数は288人にとどまり、死亡者数はゼロである(5月12日時点、米ジョンズ・ホプキンス大学ホームページ)。 他の東南アジア諸国などよりも、感染拡大の阻止ははるかにうまくいったと言える。 初期の段階から感染者の隔離や濃厚接触者の追跡を徹底したことが、功を奏した。 1月23日にベトナム国内で初の感染者が中国・武漢出身と判明すると、政府は大半の中国人へのビザ発給を停止した上で、企業に対して中国人労働者を寮やホテルに隔離するように指示。 2月までに5000人以上の中国人が隔離された。 さらに、3月には軍の施設や大学の寮を改修して約6万人分の隔離施設を用意。 入国者は14日間ほぼ強制的に施設に滞在させられたほか、感染者が出たアパートの住民なども施設に入れられて、一時は最大8万人が施設に隔離された(5月6日付読売新聞)。 「要請」は日本と同じ さらに、ベトナム政府は4月1日から、「社会隔離」と名付けた外出制限を開始して、不要不急の外出や、公共の場所において3人以上で集まることを避けるよう国民に要請した。 この要請は当初は同月15日までの予定だったが、首都ハノイや南部の商都ホーチミンなど12の特別市と省で22日まで延長され、23日に原則として緩和された。 「この措置を『禁止命令ではなく要請』と説明」した点は日本の緊急事態宣言と同じなのだが、「ハノイでは公園にロープが張られ、バスやタクシーも営業を停止。 市当局の関係者や警察が外にいる市民を尋問する」状況だったと報じられており(4月21日付朝日新聞)、日本と比べてベトナムではかなり厳しく運用されたことがわかる。 筆者は当初日本でも、警察官によって職務質問に類似した形で外出抑制を促すプレッシャーがかけられるのではないかとみていた(当コラム4月14日配信「『新型コロナ後』日本は『グリーンゾーンの国』になる?」ご参照)。 だが、実際にそうした経験をしたという話は聞こえてこない。 (2)イスラエル イスラエルの人口は約902万人(19年4月時点)で、新型コロナウイルス感染者数は1万6529人。 感染者数が目立って少ないわけではないが、死亡者数は260人にとどまっている(5月12日時点 米ジョンズ・ホプキンス大学HP)。

次の