僕 の こと 合唱。 Mrs. GREEN APPLE『僕のこと』歌詞の意味を考察・解釈~周囲ではなく自分自身と向き合い生きていくことの大切さを歌う

Mrs. GREEN APPLE 僕のこと 歌詞&動画視聴

僕 の こと 合唱

この合唱楽譜は、Mrs. GREEN APPLEのYoutube公式アカウントで公開されている、『僕のこと』(合唱Version)の公式合唱アレンジです。 (大口のご注文の場合は、通常より納期がかかる場合がございます。 発送準備ができたものから 順次発送をご希望の場合は、 購入画面「配送設定の入力」にある備考欄に「順次発送希望」とご記入ください。 順次発送の場合、配送料はそれぞれにかかりますのでご注意ください。 ロックバンド、Mrs. GREEN APPLEが2019年1月にリリースしたシングルで、第97回全国高校サッカー選手権大会 応援歌です。 報われた努力、叶った夢だけでなく、青春を懸けて頑張った努力や過ごした時間すべてを称えるような温かい歌詞が、若者はもちろん、大人になった全ての人たちの気持ちに寄り添いそっと背中を押してくれる応援ソング。 この合唱楽譜は、2019年10月リリースのアルバム「Attitude」のDVDに収録されている、合唱Versionの公式アレンジとなっています。 心に沁みるこの一曲を合唱で歌ってみませんか。 出版日: 2019年10月4日 アーティスト: Mrs.

次の

Mrs. GREEN APPLE 僕のこと 歌詞&動画視聴

僕 の こと 合唱

GREEN APPLE 歌うときにどんなポイントに気をつければいいのかが一目瞭然です。 曲ごとの難易度も大公開! 自分にぴったりの曲も見つかりますよー。 僕のこと Mrs. GREEN APPLE YouTube解説版 音源リンク カテゴリ: ロック 難易度分析 今まで紹介した男性曲の中では一番高い音域が必要です。 地声でもC5が必要なので、その時点でかなり難易度は高いです。 キーを下げたとしてもあまりキツさは変わらないので、原曲キーで挑戦。 そして、原曲アーティストが地声で歌っている箇所も裏声で代用してみましょう。 まとめ 2オクターブ半が必要となる難曲です。 ただ、Aメロは比較的歌いやすい上に、歌が上手に聞こえるためのテクニックが山盛りなので、ぜひAメロだけでもチャレンジしてみてほしいです。 最後まで読んでくれてありがとうございます。 記事を読んで何か感じたことがあればぜひコメントください。 分からないことやリクエストでも構いません。 みなさんの声をお待ちしています。 もしこの記事が役に立ったらぜひシェアもお願いします。 レッスンをご希望の方はこちら.

次の

合唱でよく歌われるJ

僕 の こと 合唱

卒業まであと少しの3月。 それは突然やってきた。 「「「「「合唱コンクール???」」」」」 「はい。 3年生の受験も終わり、何か行事をしようということで合唱コンクールをやることになりました」 あとは卒業だけというこの時期に合唱コンクールが来るなんて、考えが全く読めない。 恐らくみんなが思っただろう。 それをみんなで見届けて、各々が話し出した。 「合唱コンクールか~…渚はどう思う?」 「うーん……流石にこの時期にやるとは思わなかったけど、個人的には嬉しいかも。 この学校、音楽系の行事とか無かったから」 「渚は元吹奏楽部だしね!私も、みんなとの思い出作りになるから嬉しいな~」 「まぁ、不安要素は寺坂だけどね~」 「あぁ!?んだとカルマ!!」 寺坂くんが不安要素というのは……あながち間違ってない。 この前みんなでカラオケに行った時は驚いた。 ……寺坂くんが歌い終わった時には、みんなが部屋から避難していたのだから。 無論、僕も例外ではなく耳を塞ぎながら早足で去っていった。 「でも、折角だから本校舎の奴らを驚かせてやろうぜ!」 「あぁ!とりあえず、曲ぎめをしよう!」 「「「「「おー!!」」」」」 [newpage] 「で、みんなのやりたい曲候補にあげたけど……」 その候補の曲は、一言で言うとかなりバラバラだ。 今流行りのロックの曲や、国歌なんかもあるし、だいぶ古い演歌に、某アニメのオープニング曲…… バラバラっていうか、そもそも合唱曲じゃない。 それには流石に苦笑いを浮かべるしか無かった。 「これどうするのよ……合唱曲1つもないじゃない」 片岡さんが言う。 ちなみに本人は合唱曲にどんなものがあるか全く分からないらしい。 まぁ、候補がこれの時点で合唱曲を詳しく知ってる人は居ないんだろう。 そんな中、倉橋さんが口を開いた。 「あっ!そうだ!大人だったら合唱曲の1つは知ってるんじゃない?」 「「「「「それだ!!!」」」」」 クラス全員の声が1つになって、烏間先生とビッチ先生に電話をかけた。 ……結果はまぁ、思ったようにはいかなくて 烏間先生は 『すまないが、音楽の趣味は無くてな…知っている歌といえば、軍で歌うものぐらいだ』 …という感じ。 ビッチ先生は 『合唱曲?知ってるには知ってるけど、外国の歌しか知らないわよ?中学校で歌うんだったら日本語の歌詞がいいんじゃない?』 ……という感じだ。 「ダメだ!あの人たちに聞くのは!」 そういう岡島くんの言葉に、みんなが納得をした。 そんな中、僕は動画サイトでとある合唱曲を聞いていた。 何かないかとたまたま見つけた曲だったけど、いつの間にか聞き入っていた。 それに中村さんが気づいたらしく、みんなに聞こえる声量で質問してきた。 「渚?何見てるの?」 「あ、動画サイト見てて……たまたま見つけた曲聞いてたんだ」 そう言いながら、つけていたイヤホンを取り外してみんなに聞こえるように音量を上げた。 曲を聞いている間はみんなが静かになっていた。 そして曲が終わると、みんなが目を合わせた。 「「「「「これだ!!」」」」」 こうして、僕らの合唱曲が決まった。 [newpage] その後、僕らはパート分けをした。 この曲は複雑ではなく、ソプラノとアルトの二重唱。 1オクターブ音が違うだけだ。 基本男女で別れたんだけど…… 「ぁーー………」 僕は変声期が来ていない。 悲しいことにアルトの音が出ないのだ。 「この曲複雑ではないけど、アルトの音は低い。 渚はソプラノの方がいいんじゃないか?」 そういったのは千葉くんだ。 それには周りのみんなも頷いてたし、僕も流石に声が出ないパートをやるつもりは無いので、渋々女子の中に紛れて行った。 「とりあえずパート分けはできたな!そしたら伴奏者と指揮者に関してなんだけど、伴奏できる人もうちのクラスには居ないからビッチ先生に頼むのが1番だと思う!みんなそれでもいいか?」 「「「「「異議なーし!」」」」」 満場一致でビッチ先生が伴奏に決まった。 まぁ伴奏がビッチ先生なら烏間先生が指揮者をやればいいということになって、その2つはすぐに決まった。 本人たちもやっていいということだった。 そして次の問題…… 「で、何かとこれがいちばん重要なんだけど、この曲ソロパートがあるんだ。 それを決めたいと思う」 「でもソロってソプラノだったよな?んじゃあ、ソプラノでオーディションしようぜ」 ソプラノの人達は前原くんの発言に全力で拒否していた。 僕もソロは流石に気が重い。 それならと男子がソプラノの高さで歌うと、綺麗に声が出る人はほとんど居なかった。 寺坂くんが歌おうとすると全員が全力で止めていたのは苦笑いを浮かべるしかなかった。 「まぁ、こんな感じだからソプラノでオーディションしよう。 時間も無いから、歌詞見ながらソロのサビ部分だけオーディションしよう!」 磯貝くんがまとめると、ソプラノパートは歌詞とにらめっこ状態になっていった。 僕も一応オーディション対象に入っているので歌詞を覗いた。 元吹奏楽部ということもあり、音をとるのもそんなに苦戦しなさそうだった。 あっという間に女子が歌い終わってたそうで、男子が候補を絞り始めていた。 「今のところ茅野が1番いいんじゃないか?」 「だね~。 まぁ、大トリの渚がいるけどね~」 「大トリって……僕はただ単に最後になっただけだよカルマ……」 とりあえずすぐに終わらそうと思い、サビ前のメロディを聞いてから息を吸う。 そしてサビを自由に歌った。 歌い終わってみんなの反応を見ると、多くの視線を感じた。 「え、えっと……どうだった?」 視線が来すぎてて思わず尋ねた。 すると、みんなから声ピッタリで返事が返って来た。 「「「「「渚にけってい!!」」」」」 ………え 「ぇぇえええええ!?!?!」 [newpage] 僕がソロパートに決まってから、みんな当日まで空き時間を使って一生懸命練習した。 僕のソロパートは結構長め。 それには思わず冷や汗をかいたけど、最後までやりきろうと思い何とか形にした。 本番前日にはかなりのクオリティまで上がり、心配することは特にないまま当日を迎えた。 僕らの発表順は、1年生、2年生、3年生と発表される中での1番最後だ。 外部から審査員の人が来て、公平な審査を行った後金賞を決めるらしい。 その人達がトリになる。 勿論、僕らが目指すのは金賞!なのだが、僕はもう1つの目標をみんなに提案した。 「僕らの暗殺教室は、暗殺成功しても失敗しても、もうすぐ終わる。 だから、歌に殺せんせーや烏間先生やビッチ先生。 他にも沢山の縁で知り合った人たちへの感謝を込めたい!ありがとうっていう気持ちを伝えるのも目標にしたいんだ、いいかな?」 僕の提案を聞くと、みんなもちろんOKと言ってくれた。 本番前に控え室的な所で円陣を組んだ。 磯貝くんの声に合わせてみんなが声を出す。 「よし!!いつもよりもっと、殺る気でいくぞ!!!!」 「「「「「おーー!!!!」」」」」 僕らはステージに足を運んだ。 [newpage] 簡単な曲紹介と意気込みを発表する。 それを僕が担当することになった。 みんながステージに並ぶと、僕はマイクを手に取り言葉を紡いで行った。 「僕達、3年E組が歌う曲は合唱コンクールの曲と言うより、卒業式とかに歌う曲です。 僕達3年生はもうすぐ椚ヶ丘中学校を。 僕らE組は、この教室を卒業します。 その前に、僕らの先生や、この教室で巡り出会った縁で知り合った人達に、感謝の気持ちを送りたい、その一心でこの曲を歌います。 『旅立ちのうた』」 僕は言い終わると、マイクを司会の人に渡して一礼をする。 天井に殺せんせーが張り付いてるのに気づくと、思わず笑みが零れる。 そして、指揮が振られて伴奏が始まる。 そして、色んな思い出が出来た。 嬉しかったこと。 辛かったこと。 悲しかったこと。 楽しかったこと。 楽しかったこと。 天井に目をやると、殺せんせーはボロ泣き。 みんなで目を合わせてから一礼をし、控え室に戻った。 すると、マッハで殺せんせーが飛んできた。 「みっみなさん!!想像を遥かに超える出来で、先生思わず泣いちゃいますぅグスングスン」 それを見て、みんなで喜んだ。 伝わった。 感謝の気持ち。 みんなで第1の目標達成を喜んで、席に戻る。 そして、いよいよ結果発表。 審査員の人達がステージ上に並んだ。 ボードにクラス名を書いて、多くの審査員に書かれたクラスが金賞。 どくどくと心臓が鳴りながら結果を見た。 結果は……A組に1票差で勝った! 「やっ……」 「「「「「やったーー!!!!」」」」」 みんなで喜んだ。 そして、みんなでステージに上がる。 最後のトリは僕達E組。 再び旅立ちのうたをみんなで歌った。 本当に最高の思い出ができた合唱コンクールは、幕を閉じた。 おわり.

次の