香港 人権 法案。 香港問題は延焼中、米「香港人権法案」で中国は苦境に陥る WEDGE Infinity(ウェッジ)

「香港人権法案」米上院が可決 中国をけん制 (写真=AP) :日本経済新聞

香港 人権 法案

【関連記事】 ・ 成立には、10月に可決されていた下院での同様の法案と中身を調整したうえで、トランプ大統領の署名が必要になる。 成立すれば中国政府が反発するのは確実だ。 トランプ氏は2020年大統領選に向けた成果として中国との貿易交渉で中国による農産品購入の拡大などを盛った「第1段階の合意」の早期決着をめざしている。 法案に署名すれば、中国側が態度を硬化させて交渉が漂流するリスクもある。 次の焦点はトランプ氏の対応だ。 ロイター通信がホワイトハウス高官の話として伝えたところによると、トランプ氏は法案に署名するか拒否権を行使するか、最終決定していないという。 中国外務省は20日、「中国への内政干渉で、強烈な非難と断固とした反対を表明する」との談話を出した。 「米国が独断専行するなら有力な措置をとる」とも強調し、報復措置も辞さない構えをみせた。 香港政府の報道官も20日、「外国の議会はいかなる形でも香港の内政に干渉すべきではない」とコメントした。 今回の法案を主導した対中強硬派のマルコ・ルビオ上院議員(共和党)は可決後に「私たちはあなたたち香港市民とともにある」とツイッターで表明。 野党・民主党の上院トップ、シューマー院内総務も声明で「習近平(シー・ジンピン)国家主席よ、自由への弾圧がいつも失敗するのは歴史が証明している」と強調した。 上院本会議では、香港に催涙ガスやスタンガンなどの武器輸出を禁じる法案も可決した。 【関連記事】 ・ ・ ペンス副大統領は19日の米メディアとのインタビューで「もし香港で暴力が用いられたり、問題が適切かつ人道的に対処されなかったりすれば中国との貿易合意はとても難しくなる。 その点はトランプ大統領も明確にしている」と語り、中国側を強くけん制した。 トランプ氏は「(中国が)天安門(事件)のように武力を使えば、取引が困難になる」と述べたことがあり、中国政府が武力介入すれば米中貿易交渉の継続が難しくなるとの認識を示していた。 香港には、英国から中国へ返還された1997年以降も50年間は高度な自治が認められる「一国二制度」が適用されている。 米国はこれを前提に関税やビザ発給で香港への優遇措置を講じてきた経緯がある。

次の

「香港人権・民主主義法」とは?

香港 人権 法案

iFOREX(レバレッジトレード)は、国際法人iFOREXが提供するサービスです。 投資にあたっての意思決定・最終判断はお客様ご自身の裁量でお願いいたします。 本取引は、その取引についてお客様が預託すべき証拠金に比べて大きな額になるため、通貨等の価格または金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあります。 なお、当該損失の額が有効証拠金の残高を下回った際には、自動反対売買により決済されます。 レバレッジトレードは、インターネットを利用する取引であるため、お客様のパソコン・ネットワーク環境に不具合が生じた場合や、当社システムに障害が発生した場合などには、取引ができなくなる可能性があります。 当社ホームページで公開しているデータに関しては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。 これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、弊社は一切責任を負いかねます。 また、弊社が提供するすべての情報について、弊社の許可なく転用・販売することを禁じます。 iFOREXは日本金融庁に登録のない、海外ブローカーで、本サイト・サービスは主に日本国在住者を対象としておりません。 支払い決済サービスは、F. Formula Investment House Clearing Ltd により提供されます。 iFOREXは、iFOREXグループ内の組織が所有する商標です。 このウェブサイト上に表示されているその他の商標はすべて、それぞれの所有者に帰属します。 このサイトは Formula Investment House Ltd. が運営しています。

次の

可決された香港人権法案とは?わかりやすく解説。アメリカの内政干渉?

香港 人権 法案

香港人権法とは|法律の目的と制定経緯 香港人権法とは、米国が香港の逃亡犯条例改正案によるデモ騒動に対し、中国大陸への容疑者引渡しに関する香港政府の主要官員を牽制するため 、米国上下院で可決された法案で、2019年11月27日にトランプ大統領が署名して成立した法律を指します。 香港人権法の柱は、香港に高度な自治を認める中国の「一国二制度」がしっかりと機能しているかどうかを、米国政府が毎年検証することを義務付けていることです。 この香港人権法に対して中国は「著しい内政干渉」と強く非難しており、米国に対して報復措置を行う考えを示しています。 香港人権法の具体的内容 では、この香港人権法とは、具体的にどのような内容・対応を行う法律なのでしょうか? 先ほどご紹介した「一国二制度」がしっかりと機能しているかどうかを米国政府が毎年検証することを義務付けることを含み、下記のような内容がポイントとしてあげられます。 その結果、対象人物の米国への入国を禁止するなどの制裁を科す。 このような内容・対応を通じて、米国は香港のデモ隊への強硬姿勢を強めている中国政府と香港政府を牽制したいと考えています。 香港人権法の為替や株、世界経済への影響 冒頭にご紹介しましたが、中国は米国内で香港人権法が成立すれば、「著しい内政干渉」として、米国に対して報復措置を行うと宣言しています。 そうなると、現在、世界経済の成長において最も足かせとなっている「米中の貿易戦争」が激化することは避けられません。 香港人権法が成立する前の市場では、年内の米中通商交渉の「一部合意」に対する期待から世界的に株高が進んでいました。 しかし、その「一部合意」が絶望的となれば、投資家の期待は失望に変わり、株価は下落することが予想されます。 さらに、この合意が得られないのであれば、12月中旬に予定されている米国による中国に対する第4弾の関税制裁も撤回されず、発動されることとなります。 このような流れになると、米国と中国との関係悪化が、世界経済に一段と悪影響を及ぼすことになります。 一方為替については、香港人権法による米中通商交渉への悪影響を懸念したリスク回避の動きから、円の「強含み」が続くと予想されています。 また、米中の貿易戦争は円を押し上げる要因であると同時にドルの買い材料ともなると考えられています。 そのためドル・円については、ある程度下値も堅いというのが専門家の見解です。 米中の貿易戦争自体に市場が既に慣れてしまってきている感もあり、今回の香港人権法を受けても、為替においてはそこまで大きな影響は与えないと考えられます。 今回の米国での香港人権法の成立を受けて、米中の貿易戦争の悪化は不可避です。 またこの法律は、香港の逃亡犯条例改正案によるデモ騒動に対しても影響を与えるでしょう。 香港人権法を巡る今後の動向に注目したいところです。

次の