リクナビ 転職。 リクナビNEXTは転職相談や面談ができるのか

リクナビNEXTは転職相談や面談ができるのか

リクナビ 転職

転職エージェントである「リクルートエージェント」と転職サイトの「リクナビNEXT」。 この2つにはどのような違いがあるのでしょうか? それぞれのサービス内容の違いや特徴、活用方法についてご紹介いたします。 転職エージェントと転職サイトの違い 「非公開求人」と「公開求人」の違い 転職エージェントは、企業と求職者の間に立って転職活動をサポートする役割を担っています。 保有している求人の多くは一般に公開していない非公開求人のため、 転職エージェントに紹介してもらわないと応募することはできません。 逆に、転職サイトの場合は企業から申し込まれた求人をサイト上に公開しているため、掲載期間中であれば誰でも応募することが可能です。 「転職エージェントが伴走」と「自分で活動」の違い 転職エージェントでは、まず仕事選びの段階から情報提供が始まり、応募書類の添削や面接のアドバイス、面接の日程調整や企業との条件交渉など、求職者に伴走してアドバイスを行い、転職に必要な手続きを代行します。 一方、転職サイトの場合は、仕事選びから応募書類の作成、日程調整などはすべて自分で行うため、マイペースに転職活動を進めることができます。 リクルートエージェントとリクナビNEXTの違い リクルートエージェント リクナビNEXT サービス 業界の採用事情に詳しいキャリアアドバイザーが応募書類の書き方や面接対策などのアドバイスを行います。 キャリアアドバイザーが伴走する代わりに、Web上で気軽に読める便利な転職支援コンテンツや機能が充実しています。 ご支援方法 お申し込み後にキャリアアドバイザーとの面談を経てから、求人の紹介や転職支援サービスが開始されます。 リクナビNEXTはWeb上で経歴などを登録すれば、どなたでも、どの求人にも応募することが可能です。 サービス内容 求人のご紹介と転職サポートがリクルートエージェントの主なサービスとなります。 求人検索や企業への応募だけでなく、経歴を登録しておくと、興味を持った企業や400社を超える提携転職エージェントからオファーが届くこともあります。 ただし、基本的に人力によるサービスのため、転職エージェントに足を運べるエリアにお住まいでない場合は、対面でのサービスを受けることができません。 また、「いい企業が見つかれば転職したい」といった求人を限定しての長期的な転職活動を検討している場合も、転職サイトでお目当ての求人が出るまで探したり、企業からのオファーを待ったりする方がマイペースに活動することができるでしょう。 このように、転職エージェントと転職サイトはサービスの特性が違うため、どちらのサービスがより「転職活動に有効である」ということはありません。 ご自身の条件や希望に合わせて、「向いている」と感じたサービスを利用するのがベストです。 もちろん、それぞれのサービスの強みを活かして、併用するという方法もあります。 ぜひ、それぞれの特徴を踏まえて、転職活動に活用してみてください。

次の

大手転職サイト(リクナビ・マイナビ・エン)特徴比較!

リクナビ 転職

転職エージェントである「リクルートエージェント」と転職サイトの「リクナビNEXT」。 この2つにはどのような違いがあるのでしょうか? それぞれのサービス内容の違いや特徴、活用方法についてご紹介いたします。 転職エージェントと転職サイトの違い 「非公開求人」と「公開求人」の違い 転職エージェントは、企業と求職者の間に立って転職活動をサポートする役割を担っています。 保有している求人の多くは一般に公開していない非公開求人のため、 転職エージェントに紹介してもらわないと応募することはできません。 逆に、転職サイトの場合は企業から申し込まれた求人をサイト上に公開しているため、掲載期間中であれば誰でも応募することが可能です。 「転職エージェントが伴走」と「自分で活動」の違い 転職エージェントでは、まず仕事選びの段階から情報提供が始まり、応募書類の添削や面接のアドバイス、面接の日程調整や企業との条件交渉など、求職者に伴走してアドバイスを行い、転職に必要な手続きを代行します。 一方、転職サイトの場合は、仕事選びから応募書類の作成、日程調整などはすべて自分で行うため、マイペースに転職活動を進めることができます。 リクルートエージェントとリクナビNEXTの違い リクルートエージェント リクナビNEXT サービス 業界の採用事情に詳しいキャリアアドバイザーが応募書類の書き方や面接対策などのアドバイスを行います。 キャリアアドバイザーが伴走する代わりに、Web上で気軽に読める便利な転職支援コンテンツや機能が充実しています。 ご支援方法 お申し込み後にキャリアアドバイザーとの面談を経てから、求人の紹介や転職支援サービスが開始されます。 リクナビNEXTはWeb上で経歴などを登録すれば、どなたでも、どの求人にも応募することが可能です。 サービス内容 求人のご紹介と転職サポートがリクルートエージェントの主なサービスとなります。 求人検索や企業への応募だけでなく、経歴を登録しておくと、興味を持った企業や400社を超える提携転職エージェントからオファーが届くこともあります。 ただし、基本的に人力によるサービスのため、転職エージェントに足を運べるエリアにお住まいでない場合は、対面でのサービスを受けることができません。 また、「いい企業が見つかれば転職したい」といった求人を限定しての長期的な転職活動を検討している場合も、転職サイトでお目当ての求人が出るまで探したり、企業からのオファーを待ったりする方がマイペースに活動することができるでしょう。 このように、転職エージェントと転職サイトはサービスの特性が違うため、どちらのサービスがより「転職活動に有効である」ということはありません。 ご自身の条件や希望に合わせて、「向いている」と感じたサービスを利用するのがベストです。 もちろん、それぞれのサービスの強みを活かして、併用するという方法もあります。 ぜひ、それぞれの特徴を踏まえて、転職活動に活用してみてください。

次の

リクナビNEXTとマイナビ転職どっちがいいの?違いを比較!

リクナビ 転職

在宅においても転職活動は可能ですので、「なるべく早く転職活動を進めたい」という方は、以下転職エージェントサービスへの電話相談をされることをおすすめします。 <電話相談が可能な、全国対応のおすすめ転職エージェントサービス> ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 登録後、それぞれの転職サービスから連絡が来ますので、電話で状況を伝えアドバイスをもらいます。 また、登録の際はなるべく複数のサービスに登録をして、あなたにとって一番「相性が良さそう」と感じた転職サービスを見極めて利用されることをおすすめします。 リクナビNEXTはリクルート社が運営する転職サービスです。 就職活動で「リクナビ」を利用したことがある人も多いはずですので、 リクナビの転職版という知名度とブランド力は圧倒的なものがあります。 就活で築いた多くの企業とのパイプは堅固で、その信頼度の高さはリクナビNEXTに掲載されている求人の 85%はリクナビNEXT限定の独占求人という結果となって表れています。 リクナビNEXTは職種や業界を限定しない、いわゆる総合型転職エージェントですので、 圧倒的な求人数に加えて職種や業種の選択肢が多く、転職希望者の多彩なニーズに応えられる十分な情報量があります。 使い方としては、求人を検索できるのはもちろんのこと、登録した職歴や保有スキルなどの情報をもとに企業からオファーを受け取ることもできます。 オファーには オープンオファーとプライベートオファー、興味通知オファーがあり、企業側の関心の度合いを確認しながら応募を検討することができる仕組みになっています。 dodaの概要 転職を初めて検討する人にとってはリクナビNEXTほどピンとこないかもしれませんが、dodaも転職希望者が登録を検討する際に必ずと言っていいほど挙がる代表的な転職サービスです。 常時10万件を保有するとされる圧倒的な求人数は、まさしく国内最大級という表現がふさわしいでしょう。 もちろん総合型転職エージェントですので、幅広い職種や業種に対応可能です。 使い方としては、求人検索だけでなく、企業からオファーが届く機能も備えています。 必ず一次面接を受けられる面接確約オファーや、非公開求人のオファーを優先的に受け取ることができる登録者限定オファーなど、dodaならではのユニークなオファー形式も用意されています。 他の転職サービスにはないdodaの特徴として、 転職サイトと転職エージェントが一体型になっていることが挙げられます。 つまり、dodaの登録者は求人を検索できるだけでなく、希望すればそのまま転職エージェントを利用してキャリアアドバイザーに求人を紹介してもらうこともできるのです。 リクナビNEXTとdodaの特徴比較 転職サービス各社には、得意とする業種や転職希望者の年齢層など、強みがそれぞれあります。 リクナビNEXTとdodaはいずれも 「大手」「有名どころ」とカテゴライズされることが多いのですが、もちろんこの2社にも特徴があります。 どのような点に強みがあるのか、得意とするのはどういった業界なのか、表にまとめてみました。 自分が描くキャリアプランや転職活動の目標に合わせて、より希望条件をかなえやすそうなほうを活用するといいでしょう。 比較項目 リクナビNEXT doda 主な特徴 リクルート社が運営する国内最大級の転職サービス。 全体の85%がリクナビNEXT限定の求人と、圧倒的な求人掲載量を誇る。 パーソナルキャリア社が運営する国内最大級の転職サービス。 常時およそ13万件の求人を扱っている。 うち80~90%が非公開求人。 会員向け特典 ・履歴書、職務経歴書の書き方マニュアル ・面接ノウハウ ・適性診断 ・プライベートオファー ・興味通知オファー ・オープンオファー ・履歴書、職務経歴書の書き方マニュアル ・面接ノウハウ ・適性診断 ・面接確約オファー ・登録者限定オファー 対象年齢層 全年齢(30・40代のミドル層にも強い) 全年齢(若手の転職にも強い) 直近の新着求人 1,774件 3,600件 特に求人の多い業界 IT業界・メーカー系 IT業界 求人に多い雇用形態 正社員・派遣社員 正社員 スマホアプリ あり なし• 求人情報は良かったけれど、担当の転職エージェントとの方相性が合わなかった(結局自分で活動を進めた)。 スカウトメールはとても多かったが、勤務地が自宅から遠かったりと、マッチするものが少なかった。 dodaは利用者が多いせいか、エントリーしてからの倍率が高いように感じた。 回数多く対応する必要があった。 掲載求人の豊富さやオファー数の多さといった点では、どちらの転職サービスも満足度の高い感想が見られます。 リクナビNEXTについては、 サイトの利用しやすさ、使い勝手のよさを挙げる人が多い傾向があります。 見やすく、求人を探しやすい機能性が支持されていることが分かります。 スマホアプリとWeb版の両方がある点も大きなポイントで、スマホをメインに活用して転職活動を進めたい人にとっては大変便利です。 また、オファーが良かったと感じている人の多くが「 求人を比較検討する」という視点で届くオファーを見ているようです。 まずは自分の人材価値はどういった企業から関心を持たれるのか、確認する意味でも活用することができるでしょう。 dodaは求人の量もさることながら、求人の「質」に対する満足度が高い傾向があります。 転職エージェントを利用した人からは、キャリアアドバイザーのサポートが手厚かったという感想も聞かれます。 転職イベントや個別相談会といった転職希望者向けのイベントを定期的に開催するなど、転職希望者に寄り添ったサービスという点では、dodaを高く評価する人が多いようです。 リクナビNEXTとdodaはいずれも国内屈指の転職サービスですので、どちらに登録しても一定以上の満足度は得られるでしょう。 最終的にどちらに登録するか迷ってしまうようであれば、 どちらも登録して使ってみたほうがいい場合もあるはずです。 一方で、力を入れている分野や強みとなる点はそれぞれ微妙に異なりますので、利用するにあたって得意分野や強みを把握しておくことで、より効果的に活用しやすくなると考えられます。 ここからは、ケース別に見たときリクナビNEXTとdodaのどちらに軍配が上がるのか見ていきましょう。 「公開求人の多さ」はどっち? 公開求人とは、転職希望者が自由に閲覧でき、誰でも応募可能な求人のことを指します。 リクナビNEXTは毎週水曜と金曜の週2回、更新されています。 新着求人数は週によって変動しますが、1,500件ほどと考えていいでしょう。 dodaは毎週月曜と木曜の週2回の更新です。 新着求人数は3,000件を超えており、転職サイトの更新求人数としては国内最多レベルと言えます。 新着求人数で比較すると、dodaに軍配が上がることが分かります。 求人を自分でどんどん検索し、多くの企業を比較検討してみたい、と考えている人は、dodaを利用することをおすすめします。 ただし、リクナビNEXTの1,500件という新着求人数も相当な分量ではありますので、求人をより多く見ておきたいと思う場合は両方に登録しておくといいでしょう。 「非公開求人の多さ」はどっち? 非公開求人とは、転職エージェント経由でのみ応募できる、一般公開されていない求人のことを指します。 dodaの非公開求人は全体80〜90%とされています。 つまり、転職サイトとして利用した場合に閲覧できる求人は、全体のごく一部ということになります。 dodaを利用するなら転職エージェントとしても活用したほうがいいとされているのは、こうした理由からなのです。 dodaの求人数は非公開求人を含めて約13万件ですので、 非公開求人がそのうち10万件以上あることが分かります。 リクナビNEXTの掲載求人数は約6,000件、リクルートエージェントの非公開求人は約10万件に及ぶとされています。 非公開求人は転職エージェントの要ですので、両社とも力を入れていることが分かります。 求人数もほぼ互角ですので、非公開求人の多さについては引き分けと言えるでしょう。 若手向け転職に向いているのはどっち? リクナビNEXT、dodaともに幅広い年齢層を対象とした求人を扱っていますので、20代や第二新卒といった若手のニーズにはどちらも対応可能と言えるでしょう。 ただし、 ベンチャー企業への転職に強いと言われているのは、どちらかと言うとdodaです。 リクナビNEXTは大手企業を中心に知名度の高い企業が多いため、世の中にまだあまり知られていない企業が求人を掲載しても埋もれてしまうのかもしれません。 また、dodaの強みとして 転職サイトと転職エージェントが一体化していることが挙げられます。 まずは自分で求人を検索し、キャリアアドバイザーのサポートが必要になったときエージェントサービスもお願いすることできますので、転職そのものが初めてという人にとってdodaは頼りになるでしょう。 女性向け転職に向いているのはどっち? リクナビNEXTは求人検索のこだわり条件に「 女性が活躍中の求人」を設定できるようになっています。 女性がいきいきと働いている職場や、女性の力を必要としている企業の求人を優先的に探すことができる、とても優れた機能と言えます。 dodaも「 女性が活躍する求人特集」など、女性の転職に向けた特集を打っていることがあります。 また、女性の転職に特化した「」というページを用意しており、女性の転職に力を入れていることが分かります。 dodaと同様、転職サイトと転職エージェントを両方使うことができます。 以上のことから、 求人を自分で検索する場合、常に詳細条件を設定できるリクナビNEXTがおすすめです。 転職エージェントの利用まで含めて検討するのであれば、dodaのウーマン・キャリアも検討してみるといいでしょう。 ハイクラス向け転職に向いているのはどっち? 管理職採用や海外勤務、年収1,000万円以上といった、いわゆるハイクラス人材向けの転職に力を入れているのはdodaです。 「 エグゼクティブ転職」というページが用意されており、dodaと同様に求人の検索や転職エージェントの利用ができます。 管理職や海外勤務の経験を活かした転職をしたい人、高年収の求人を探したい人は、dodaを活用するといいでしょう。 リクナビNEXTは、どちらかと言えば幅広い層が検討可能な求人を掲載しています。 運営会社のリクルートは、別途というハイクラス人材に特化したスカウトサービスを展開していますので、リクナビNEXTはハイクラス向け求人を意図的に押し出していないとも考えられます。 ハイクラス向け転職サービスを探している人は、Career Carverの併用も視野に入れて検討するといいでしょう。 求人数ができるだけ多い転職サービスを利用したい人。 自分で求人を探すだけでなく、転職エージェントを活用して転職活動を進めたい人。 若手人材向けの求人を探したいと考えている人。 管理職採用やハイクラス人材を対象とした求人を探したい人。 リクナビNEXTとdodaは、どちらも優れた転職サービスと言えます。 どちらに登録すべきか迷ってしまう場合は両方の転職サービスに登録し、並行して利用していくのもひとつの手でしょう。 リクナビNEXTとdodaは、それぞれ新着求人の更新曜日が異なります。 リクナビNEXTは 水曜・金曜、dodaは 月曜・木曜です。 この点をうまく活用し、平日のうちに更新された求人を週末に一気に検索する、といった使い方をすると、転職活動を効率よく進められるでしょう。

次の