山下 達郎 硝子 の 少年。 硝子の少年 X 山下達郎

Tatsuro Yamashita

山下 達郎 硝子 の 少年

解説 [ ] から活動していたKinKi Kidsのデビューシングル作品であり 、1997年に設立されたレコード会社「」から初めて発売された作品である。 また、本作はアルバム『』と同時発売された。 製作 [ ] 「硝子の少年」を制作する際、作詞者のと作曲者のには、らからでの初登場1位とが必要最低条件として課されていたため、山下は「この楽曲を製作する時は、かなりのプレッシャーだった」と語っている。 作曲にはかなりの困難を極めたが、今までのジャニーズの楽曲の流れを踏まえて「今、だったら、どういう曲を書くのか?」という視点で製作。 完成後、関係者に聞かせた際、「古臭い」、「踊れない」等の批判を浴びる中、「ジャニーズの歴史を踏まえてイメージした楽曲でもあり、二人に合った曲はこれしかない! 」と断言。 デビュー・シングルの楽曲として選ばれた。 販促用のパンフレットには「を生きたママたちと、今まさにKinKiを生きる娘たちとが、時を越えてつながる何かを表現できたらと思い、この曲を作りました」とのコメントを寄せている。 松本隆は、この曲のタイトルがなかなか決まらず、一晩悩んでいた時にふとテレビをつけた際、偶然KinKi Kidsの2人がテレビに映り、その姿を見て「壊れやすそうだけど、したたかそうだな」とひらめき、それから2 - 3時間で書き上げたという。 チャート成績 [ ] で、初週31. 5万枚を売り上げ、初登場1位を獲得した。 CD累計売上は179. 2万枚(オリコン調べ)を記録しており、シングルの中では 自身最大ヒット作品である。 またジャニーズ事務所としては、の『』以来、2作目のミリオンセールスとなった。 ジャニーズ事務所は、再度ミリオンセールスを達成する事は悲願であったと同時に、平成時代最初のミリオンセールスとなった。 また当時のCDシングル市場では低価格の500円で販売され、初回プレス分は「硝子の少年」と『』が卓上カレンダーと一緒にセット販売された。 初回プレス数は100万枚製作され完売した。 その結果『A album』もおよそ100万枚を売り上げ、オリコンチャートで同一週のシングル・アルバムどちらも全く同じ売り上げ枚数となった。 収録曲 [ ]• 発売19年の後、に初出場し歌唱した。 演奏の編曲はが担当した。 Arrange, Background Vocal, Keyboards, Electric Guitar: 山下達郎• Programmer: 橋本茂昭• Electric Guitar:• Keyboards,Acoustic Piano: カバー [ ] に発売された山下達郎のベストアルバム『』の初回限定ボーナスディスクには、山下が歌うバージョンが収録されている。 これは、デモ・ボーカルにKinKi Kidsのカラオケを重ねたテイクで、過去に数回ラジオで放送されていたものである。 収録アルバム [ ]• 硝子の少年• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 1997年9月度認定作品の閲覧。 2017年12月11日閲覧• 2006年4月10日. 2015年11月29日閲覧。 『Get the KinKi』 、1995年5月。 1997年5月30日. の2004年2月18日時点におけるアーカイブ。 2013年8月18日閲覧。 音楽のチカラ 2010年5月27日放送分• オリコン 2015年12月25日閲覧• オリコン 2018年5月27日閲覧。 スポニチ 2016年12月25日記事• 2017年1月14日放送 NHK「 KinKi Kids Spin off ~いつも 変わらず 2人で~」より。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• KiNKi KiDS with 35万人ファン 世紀のLIVE - 2. KinKi Kids'96 1996. 13 yoyogi white theater - 3. KinKi Kids'97 LAWSON PRESENTS - 4. us - 5. KinKi Kids 3 days Panic! at TOKYO DOME '98-'99 - 6. KinKi KISS Single Selection - 7. 風雲再起近畿小子2001台北演唱會 〜KinKi Kids Returns! 2001 Concert Tour in Taipei〜 - 8. -ISM - 9. KinKi Kids Dome F Concert 〜Fun Fan Forever〜 - 10. KinKi KISS 2 Single Selection - 11. KinKi Kids Dome Tour 2004-2005 -Font De Anniversary. - - 12. - 13. - 14. KinKi Kids concert tour J - 15. KinKi Kids 2010-2011 〜君も堂本FAMILY〜 - 16. King・KinKi Kids 2011-2012 - 17. KinKi Kids Concert -Thank you for 15years- 2012-2013 - 18. KinKi Kids Concert 2013-2014「L」 - 19. 2015-2016 Concert KinKi Kids - 21. MTV Unplugged: KinKi Kids - 23. KinKi Kids CONCERT 20. 21 -Everything happens for a reason- 楽曲.

次の

硝子の少年|KinKi Kids|Johnny's Entertainment Record

山下 達郎 硝子 の 少年

ちょっと前のCDだけど、これいいんです。 さんてキャリア長くて、同年代のリアルタイムな人ならずっと聴いてこれたと思うんですけど、世代じゃない人には、作品がたくさんありすぎて全部聴けないと思います。 なのでまずこれ聴いてみたっていう感じです。 さんて、「クリスマス・イブ」が有名すぎて、そのイメージだと、冬、って思ってる人多いかもしれないです。 でも達郎さん夏っぽい歌が多いので、どっちかというと夏に聴くのに良いアルバム。 曲も時系列で並んでいるので、時代の変化と達郎さんの変化がわかります。 (Knki Kidsの「硝子の少年」の原型かなって曲もあります) わたしが好きで良く聴くのはとんがってる1枚目と、ちょっとポップになってくる2枚目です。 声や歌い方もその頃のが好きみたいですね。 で、はだんだんポップスから歌よりになってくる感じがするのですが、3枚目の良さがわたしにはまだよくわからないです。 (笑) あ、ドーナッツソングは好き。 2枚目までは色々実験的なこと(といってもポピュラーミュージックの範疇で)をやってみてるのですが、それが全部、時代より早すぎるんです。 3枚目になると、そういうのがなくなってきちゃうので、わたしとしてはちょっと残念。 で、普通に聴くなら通常盤でいいかなって思うんですが、初回版にはボーナス盤の中にさんがKinkiKidsに書いた「硝子の少年」をが歌ったデモ版、っていうレア音源が入っています。 「硝子の少年」をが作った、っていうことも、最近まで知らなかったんですが、これが面白いんです。 に書いた「硝子の少年」をが歌ってる、これが何とも言えないメロウな感じ。 それでこれの何が好きかって、バックトラックをイヤホンで良く聴くと、ダブテクノみたいなことやってるんですよね。 アイドルに書いた曲なのにダブテクノってマニアックなことやってる(笑) の「硝子の少年」はもちろん聴いたことあります。 でも、テレビでが歌ってるのを見たりしてただけで、CDとかイヤホンで聴いたことはなかったんです。 がこの曲を歌ってる、っていうのも面白いんだけど、イヤホンで聴くとバックトラックから聴こえる「チキチッ」っていうサンプリング音が気になって気になって。 ジャニーズとダブテクノっていう組み合わせが衝撃的。 ただ、わたしが聴いたことがあるダブテクノの中ではちょっと音が雑っていうかちょっとチープなのかなって感じはあるんですが、 達郎さんもこの曲の仕上がりが不満、って言ってるらしくて、それはもしかしたらこのサンプリング音のことなのかもかなって気もしています。 で、これ聴き終わるともう一回リピートしたくなるんです、なぜか。 それは多分「チキチッ」のせいなんです。 ダブテクノ、って、なんかもうちょっと聴いてたい、って気にさせる音楽なんです。 中毒性が高いというか。 そういえば、ダブテクノに歌が乗ってるっていうのもあんまり聞いたことないし (ah とかuh みたいな声が入ってるのは聴いたことあります) が歌うと、kinkikidsが歌ってる時聴こえて来なかった歌詞が響いてきたりします。 この「チキチッ」のせいで終わった時に「え、もう一回聴きたい」ってなるから、歌ものにダブテクノを取り入れてみる、っていうのも面白いんじゃないでしょうか。 ただ、達郎さんでさえ満足いくものが出来なかったらしいので、付け焼き刃でできるものでもないかもしれないですが・・・。 ちょっとダブテクノと近いことしてるかなって人をあげるとしたらD. Nかな。 エレクトロニック• provided courtesy of こんな感じ。 一曲が長いのも似てる。 ダブテクノはドラムの音はしなくて、打楽器の音がもうちょっとシルキーな感じだったり、ぼかした音になってるので、ムがシルキーだったらダブテクノに近い。 そういえば、D. のMVにの息子の小山田米呂がキャストで出演しています。 このMVも映画みたいで。 髪型がセンターパートの(ショートボブみたいな髪型)の子が小山田米呂だと思います。 かわいい。 小山田にはあまり似てなくて母親似みたいね。 (小山田も若いときはかわいかったんだよおおお) あと、達郎さんにはちょっと面白いアルバムが出ます。 これの2は聴いたことあるんですけど、の夏の名曲を、のDJで繋ぐ、っていう企画盤みたいなものです。 DJっていうのはクラブじゃなくてラジオの方の。 ただ、2は非公認だったのですが(大人の事情ってやつで元いたレコード会社が遺産を利用して勝手に作ってしまったらしい。 版権を持ってるから合法ではあるんだと思いますが、コアなファンの皆様からは敵視されているアルバム。 でも選曲のセンスはいい) それが晴れて公認でされるみたいです。 選曲は夏のベストアルバム、っていう感じなのですが、ベスト盤とどう違うか、っていうと、ベストアルバムって、名曲が、これでもか、って詰まってるわけですよね。 だからベストアルバムには「間」がないし、聴いてて疲れることも多いです。 (わたしの場合) アルバムだと「捨て曲」って呼ばれる曲も、息抜きの役割もあったりするかな、と思っています。 (捨て曲があるより、入れる方が好きですが) で、これは選曲がベストアルバム的ではあるんだけど、曲と曲のあいだに「間」がある。 のDJが英語なので何言ってるのかはわからないけど(曲紹介してるんだな、っていうくらい) 曲と曲の間をで絶妙につないでくれるので、名曲がこれでもかとぎゅうぎゅうに詰まったベストアルバムよりこっちの方がさらさらと聴きやすい、という違いがあります。 CMなしのハイテンションな英語のラジオからの曲が流れて来る感じ、って言ったらいいかな。 piria.

次の

Tatsuro Yamashita

山下 達郎 硝子 の 少年

解説 [ ] から活動していたKinKi Kidsのデビューシングル作品であり 、1997年に設立されたレコード会社「」から初めて発売された作品である。 また、本作はアルバム『』と同時発売された。 製作 [ ] 「硝子の少年」を制作する際、作詞者のと作曲者のには、らからでの初登場1位とが必要最低条件として課されていたため、山下は「この楽曲を製作する時は、かなりのプレッシャーだった」と語っている。 作曲にはかなりの困難を極めたが、今までのジャニーズの楽曲の流れを踏まえて「今、だったら、どういう曲を書くのか?」という視点で製作。 完成後、関係者に聞かせた際、「古臭い」、「踊れない」等の批判を浴びる中、「ジャニーズの歴史を踏まえてイメージした楽曲でもあり、二人に合った曲はこれしかない! 」と断言。 デビュー・シングルの楽曲として選ばれた。 販促用のパンフレットには「を生きたママたちと、今まさにKinKiを生きる娘たちとが、時を越えてつながる何かを表現できたらと思い、この曲を作りました」とのコメントを寄せている。 松本隆は、この曲のタイトルがなかなか決まらず、一晩悩んでいた時にふとテレビをつけた際、偶然KinKi Kidsの2人がテレビに映り、その姿を見て「壊れやすそうだけど、したたかそうだな」とひらめき、それから2 - 3時間で書き上げたという。 チャート成績 [ ] で、初週31. 5万枚を売り上げ、初登場1位を獲得した。 CD累計売上は179. 2万枚(オリコン調べ)を記録しており、シングルの中では 自身最大ヒット作品である。 またジャニーズ事務所としては、の『』以来、2作目のミリオンセールスとなった。 ジャニーズ事務所は、再度ミリオンセールスを達成する事は悲願であったと同時に、平成時代最初のミリオンセールスとなった。 また当時のCDシングル市場では低価格の500円で販売され、初回プレス分は「硝子の少年」と『』が卓上カレンダーと一緒にセット販売された。 初回プレス数は100万枚製作され完売した。 その結果『A album』もおよそ100万枚を売り上げ、オリコンチャートで同一週のシングル・アルバムどちらも全く同じ売り上げ枚数となった。 収録曲 [ ]• 発売19年の後、に初出場し歌唱した。 演奏の編曲はが担当した。 Arrange, Background Vocal, Keyboards, Electric Guitar: 山下達郎• Programmer: 橋本茂昭• Electric Guitar:• Keyboards,Acoustic Piano: カバー [ ] に発売された山下達郎のベストアルバム『』の初回限定ボーナスディスクには、山下が歌うバージョンが収録されている。 これは、デモ・ボーカルにKinKi Kidsのカラオケを重ねたテイクで、過去に数回ラジオで放送されていたものである。 収録アルバム [ ]• 硝子の少年• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 1997年9月度認定作品の閲覧。 2017年12月11日閲覧• 2006年4月10日. 2015年11月29日閲覧。 『Get the KinKi』 、1995年5月。 1997年5月30日. の2004年2月18日時点におけるアーカイブ。 2013年8月18日閲覧。 音楽のチカラ 2010年5月27日放送分• オリコン 2015年12月25日閲覧• オリコン 2018年5月27日閲覧。 スポニチ 2016年12月25日記事• 2017年1月14日放送 NHK「 KinKi Kids Spin off ~いつも 変わらず 2人で~」より。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• KiNKi KiDS with 35万人ファン 世紀のLIVE - 2. KinKi Kids'96 1996. 13 yoyogi white theater - 3. KinKi Kids'97 LAWSON PRESENTS - 4. us - 5. KinKi Kids 3 days Panic! at TOKYO DOME '98-'99 - 6. KinKi KISS Single Selection - 7. 風雲再起近畿小子2001台北演唱會 〜KinKi Kids Returns! 2001 Concert Tour in Taipei〜 - 8. -ISM - 9. KinKi Kids Dome F Concert 〜Fun Fan Forever〜 - 10. KinKi KISS 2 Single Selection - 11. KinKi Kids Dome Tour 2004-2005 -Font De Anniversary. - - 12. - 13. - 14. KinKi Kids concert tour J - 15. KinKi Kids 2010-2011 〜君も堂本FAMILY〜 - 16. King・KinKi Kids 2011-2012 - 17. KinKi Kids Concert -Thank you for 15years- 2012-2013 - 18. KinKi Kids Concert 2013-2014「L」 - 19. 2015-2016 Concert KinKi Kids - 21. MTV Unplugged: KinKi Kids - 23. KinKi Kids CONCERT 20. 21 -Everything happens for a reason- 楽曲.

次の