サカイ引越センター 粗大ゴミ回収。 引越し業者に粗大ゴミ処分を頼む場合 アリさんかサカイなどの引業者に粗大ゴミ処分を依頼する場合、どれくらい料金がかかるか知ってる方がいたら教えて下さい!

引っ越しで出た粗大ゴミの処分はどうするの?業者が回収してくれるの?

サカイ引越センター 粗大ゴミ回収

ベッドを無料で処分する方法は、リサイクルショップに持ち込みをして引き取ってもらうか、買い替えの際にベッドの購入店に引き取ってもらうかになります。 リサイクルショップに持ち込みをして無料で引き取ってもらうか、もしくは買い取ってもらえる場合があります。 しかし、この場合は使用していたベッドが再利用できる物、利用価値のある物でなければいけません。 ノーブランドのベッドや使用感があるベッドなどは引き取りの対象外となってしまうので注意してください。 ベッドの買い替えの際に購入店でベッドを引き取ってもらうサービスを利用する場合は、購入店によって無料で引き取ってもらえる条件が変わってきます。 引き取りの対象商品を購入しなければいけませんし、いくら以上の物を購入しなければいけないなど条件が厳しい物もあるので購入する前に一度確認する必要があります。 無料での処分ではないですが、格安で処分する方法としては市(区)役所や自治体などに粗大ごみとして出す方法があります。 処分したいベッドの大きさで処分金額は変わってきますのが、だいたい1,000円から2,000円で処分してもらえることが多いです。 地域に持ち込み施設があり、自分で持ち込みができる場合などはさらに料金が半額になったりします。 ただ集積所や持ち込み可能施設までは自分で運ばなければいけないので手間がかかってしまいます。 ベッド本体(枠・フレーム) 大きさ 不用品回収業者 引越し業者 ベッド販売店 シングルベッド 6,000円~10,000円 4,000円~6,000円 無料~6,000円 セミダブルベッド 8,000円~12,000円 6,000円~8,000円 無料~6,000円 ダブルベッド 8,000円~12,000円 6,000円~8,000円 無料~6,000円 クイーンベッド 10,000円~14,000円 8,000円~10,000円 無料~6,000円 キングベッド 10,000円~14,000円 8,000円~10,000円 無料~6,000円 マットレス・ベッドマット(スプリング有) 大きさ 不用品回収業者 引越し業者 ベッド販売店 シングルベッド 6,000円~10,000円 4,000円~6,000円 無料~6,000円 セミダブルベッド 8,000円~12,000円 6,000円~8,000円 無料~6,000円 ダブルベッド 8,000円~12,000円 6,000円~8,000円 無料~6,000円 クイーンベッド 10,000円~14,000円 8,000円~10,000円 無料~6,000円 キングベッド 10,000円~14,000円 8,000円~10,000円 無料~6,000円 マットレス・ベッドマット(スプリング無) 大きさ 不用品回収業者 引越し業者 ベッド販売店 シングルベッド 3,000円~5,000円 4,000円~6,000円 無料~6,000円 セミダブルベッド 4,000円~6,000円 6,000円~8,000円 無料~6,000円 ダブルベッド 4,000円~6,000円 6,000円~8,000円 無料~6,000円 クイーンベッド 5,000円~8,000円 8,000円~10,000円 無料~6,000円 キングベッド 5,000円~8,000円 8,000円~10,000円 無料~6,000円 その他 大きさ 不用品回収業者 引越し業者 ベッド販売店 ウォーターベッド 3,000円~5,000円 4,000円~6,000円 無料~6,000円 エアーベッド 3,000円~5,000円 6,000円~8,000円 無料~6,000円 二段ベッド 8,000円~12,000円 6,000円~8,000円 無料~6,000円 パイプベッド 8,000円~12,000円 6,000円~8,000円 無料~6,000円 ベビーベッド 3,000円~5,000円 4,000円~6,000円 無料~6,000円 ソファーベッド 8,000円~12,000円 6,000円~8,000円 無料~6,000円 3-1.市(区)役所・自治体に粗大ごみとしての出し方・捨て方 ベッドやベッドマット(マットレス)を市役所や区役所、地域の自治体に粗大ごみとして出す場合には事前に申し込みが必要となります。 地域によって申し込み方法は異なりますが、電話での申し込みか、インターネットでの申し込みになります。 申し込みの際には、粗大ごみを出す住所、ベッドの種類・大きさ、氏名、電話番号を伝える必要がありますので、申し込みをする前にベッドの種類と大きさは確認しておきましょう。 ベッドの種類と大きさを伝えると処分金額と収集日を教えてもらえます。 地域によっては処分の際に必要な物を伝えられる場合があります。 収集日までには準備しておきましょう。 地域によって準備する物は異なりますが、ごみ処理券やゴミシールと言った物が必要なることが多いです。 処分金額分のごみ処理券をコンビニや郵便局などで購入して、収集日までに回収してもらうベッドに貼っておきましょう。 収集日の朝8時までに集積所や家の前に出しおけば回収してもらえます。 部屋から運び出しが困難な場合でも、役所や自治体の人は部屋からの引き取りはしてくれないので注意してください。 解体が必要な場合などは自分で解体をしなければいけません。 地域に持ち込み可能がごみ処理施設がある場合は、自分で持ち込みをすれば通常の回収よりも安い金額で処分してもらえます。 地域によっては無料で処分してもらえるところもあるので確認してみましょう。 持ち込みの場合も事前に申し込みが必要な時がありますので、一度持ち込みをする前に確認しましょう。 3-2.不用品回収業者にベッドを処分してもらう方法 ベッドやベッドマット(マットレス)を不用品回収業者に引き取り・処分してもらい場合は、まず業者に連絡をして見積もりを取りましょう。 見積もりの際にはベッドの大きさや種類、建物(一戸建てかマンション・アパート)、ベッドが置いてある階などをしっかり伝えましょう。 業者によって回収金額がかなり異なってきますのでなるべく安く見積もりをしてくれる業者を選ぶことをオススメします。 不用品回収業者を利用するメリットとして、回収を依頼してから対応してくれるまでが速いということです。 業者によりますが、当日対応・即日対応など電話をしたその日のうちに回収に来てもらえます。 早く処分したい人にはとても便利だと思います。 後、業者に依頼をすれば部屋からの運び出しや、ベッドの解体なども行ってくれますので手間がかかりません。 解体は別料金としている業者もいますので、解体が必要な場合は見積もりの段階で伝えておくとトラブル防止になります。 3-3.リサイクルショップでベッドを買取処分してもらう方法 リサイクルショップでベッドを買取処分してもらうには査定をしてもらわなければいけないのですが、ほとんどの場合、店頭まで持っていかなければいけないケースが多いので手間はあるかと思います。 わざわざ持って行っても査定金額が付かなかった場合は持って行くだけ損してしまうので、持って行く前に買い取りをしてもらいたいベッドを自分自身で確認してみましょう。 買い取りの際の査定ポイントとして、まずベッド自体に価値や需要があるかどうかが重要になってきます。 ブランド物であれば価値は付くのですが、 ノーブランドだとほとんど価値は付きません。 次に使用年数や汚れや痛みなどがあるかどうかが重要になります。 ベッドマットであればスプリングが弱くなっていないか、ヘコみがないかなどチェックされます。 ベッド本体(枠・フレーム)だと傷が付いていないかを見られます。 このように査定ポイントは多くあるのですが、使用状況が良いベッドなどはしっかりと査定され買取されます。 3-4.引越し時にベッドを処分する方法 引越しの時にベッドなどの家具を買い替えた際に古くなったものを処分したい場合などは引越し業者に処分してもらうと手間がなくて良いでしょう。 引越し業者によってはベッドの処分をしてもらえない業者もあるので、引越しを申し込む前に確認をしておきましょう。 申し込みは引越しの申し込み時か見積もり時に伝えれば処分料金を教えてもらえます。 引越しの当日にベッドを処分してもらうことができるし、自分で処分する手間もないのでとても便利で楽だと思います。 引越し業者に依頼しない場合だと、市役所や区役所、地域の自治体などの行政機関に粗大ごみとして処分を依頼する方法になります。 この場合は、指定の集積所か持ち込み施設に自分で運ばなければいけません。 ベッドの解体が必要な場合も自分でしなければいけないので手間はあるかと思います。 逆に不用品回収業者に回収に依頼をすると手間は一切なく処分することができます。 ベッドが置いてある部屋から業者が運び出しをしてくれますし、解体が必要な場合は解体からしてもらうことができます。 即日対応をしてくれる業者もいますので、急ぎの方や手間なく処分したい方などにはとても便利だと思います。 3-5.ベッドの買い替え時に古いベッドを処分する方法 引越しの時にベッドなどの家具を買い替えたりした場合に、古くなったり、使わなくなったベッドの処分などでなるべくお金をかけたくないので無料で処分できたり、格安で処分したいと思いますよね。 買い替えであれば無料で処分する方法はあります。 ニトリや無印良品などのベッド販売店で引き取りや廃棄してくれる場合がございます。 まずはベッドを購入する前に、処分しようと考えているベッドをどこで購入したかを調べておきましょう。 そして、 ベッドの購入先でベッドの処分を無料で行ってくれるかを問い合わせしておきましょう。 お店によっては無料で処分してくれますが、処分のみは難しいので注意してください。 買い替えはしないけれどベッドを処分したい場合は、市(区)役所や自治体に粗大ごみとして出すのが処分費用を一番安く済む方法になります。 ただ粗大ごみとして出したり、持ち込みをする場合は自分で運ばなければいけないので少し手間は掛かってしまいます。 自分で運ぶ手間はなくしたい人には、不用品回収業者に依頼すると良いでしょう。 回収料金は粗大ごみとして出すよりは高くなってしまいますが、部屋からの運び出しや解体なども行ってくれるのでとても楽に処分できます。 引越しの日に処分したい場合は引っ越し業者に処分してもらうと良いでしょう。 これも粗大ごみとして処分するよりも処分金額は高くなってしまいますが、引っ越しの日にまとめて処分できるというメリットはあります。

次の

引っ越しで不用品を処分する方法・6選~大手引越会社・7社の費用相場も解説~

サカイ引越センター 粗大ゴミ回収

粗大ゴミなどの不用品を回収してくれない! アート引越センターは、粗大ゴミなどの不用品を回収してくれるサービスはあるのでしょうか? 結論からいうと、アート引越センターで粗大ゴミなどの不用品の回収は行ってくれません。 ホームページで、不用品の処分について言及してます。 事前に地方自治体などの大型ゴミ回収や、廃品回収業者などに早めに連絡し、もっとも費用がかからない方法で廃棄を依頼してください。 お引越し先まで費用をかけて不用物を運び、使わないで破棄することは無駄な出費となります。 引用元: また、不要な家電製品の処分についての記述もあります。 冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコンなど一部の家電製品については、家電リサイクル法の対象となり役所では扱ってもらえないことがあります。 家電リサイクル法対象製品については、当社にて有料でリサイクルを承っております。 それ以外の家電については、粗大ごみの扱いになりますので、お住まいの自治体の処分方法に従って処分してください。 当社以外の引越し業者でも、扱える業者とそうでない業者がありますので確認が必要です。 ただし、不要パソコンはPCリサイクル法で、ご自身が直接メーカーへ依頼することが必要となりましたのでお取り扱いできません。 引用元: アート引越センターで引越しをする場合には、前もって自分で粗大ゴミを処分する必要があります。 粗大ゴミや不用品の処分方法 アート引越センターで引越しをお願いする時には、粗大ゴミや不用品などは回収してもらえないので、自分で処分する必要があります。 粗大ゴミや不用品を引越し先まで持っていくと、荷物の量が増えてしまい、引越し料金が高くなってしまいます。 そこで自分で処分する方法を調査しました。 自治体の粗大ゴミ回収サービスで処分する 自治体によってゴミ回収のルールはさまざまです。 料金はもちろんですが回収できる品物まで違ってきます。 そこで、一般的な自治体の基準を紹介しておきます。 対象品目 次の2点にあてはまるものを「粗大ゴミ」と定義しているケースが多いようです。 ・一番長い部分が30センチを超える大型ゴミ ・プラスチック、木、金属でできているもの 例えば、タンスやガスコンロは粗大ゴミですが、ドライヤーや小さな炊飯器などは不燃ゴミ扱いです。 申込みできない品目とサイズ リサイクル品目であるテレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、パソコンは自治体が回収することはできません。 また、自動車、オートバイ、タイヤ、石油、ピアノなども引き取ってもらうことができません。 これらは、不用品回収業者に依頼するか、自治体に相談して処分先を紹介してもらうといいでしょう 安く処分する方法 インターネットで自治体の粗大ゴミ受付センターに申し込みをし、決められた日に粗大ゴミを直接持っていけば、処分にかかる手数料が免除または減額されるケースが少なくありません。 粗大ゴミをかなり安く処分することができるので、自分で粗大ゴミを持ち込めるなら、検討した方がいいですよ リサイクルショップで売る 次にリサイクルショップに売る方法です。 査定してもらう時は、拭き取れる程度の汚れは落としておきましょう 買取の依頼をする時には、事前に品目を伝えておき、買取できない場合でもそのまま引き取てもらえるか確認した方がいいです。 引取り可能なら、処分する手間が省けるので、引越しもスムーズに進めることができます。 テレビなど、リサイクル品目を無料で引き取てもらえればすごくラッキーですね 友人にゆずる 家まで直接来て、そのまま持って帰ってもらえるのが一番いい方法ですが、大きなタンスやテレビの場合は気軽にはできません。 ただ、運ぶだけでも大変な仕事になってしまいます。 宅配業者などで運んでもらってもいいですが、お金が掛かりますね 友人が負担してくれるならいいのですが、そうでなければ処分した方が安いかもしれません。 不用品回収業者に依頼する 一番スピーディーに仕事をしてくれます。 自治体で処分する場合には、自分で不用品を運んで所定の場所に置いたり、処理場まで運搬したり手間がかかります。 一方、回収業者に依頼すれば、養生をおこなって品物を搬出してくれるので、建物に傷がつく心配もなく、重たい荷物でも安心です。 ただ、便利な分だけ、お金がかかります。 不用品回収業者にも一括見積もりがあるので、試してみるといいですよ 粗大ゴミや不用品を処分してくれる引越し業者 最近では、引越し業者で、引越しと同時に粗大ゴミや不用品も処分してくれるというイメージがあったのですが、 調べてみると、そうでもありません。 代表的な引越し業者は以下の通りです。 ・サカイ引越センター ・日通 ・ハート引越センター サカイ引越センター サカイ引越センターは、家電リサイクル品は有料で処分してくれます。 見積もり時に申し出をするば、不用品も処分してくれそうですが、有料かもしれません。 ブランド品とは、サカイ引越センターのリサイクルショップで査定してくれるようです。 日通 日通は、粗大ゴミ(不用品)の回収と家電リサイクル品の引取りはオプションプランとなります。 粗大ゴミの処分は、委任状が必要みたいです。 家電リサイクル品は、引取り先を手配してくれます。 いずれにせよ、有料となります。 ハート引越センター ハート引越センターは、粗大ゴミや不用品などを無料で回収してくれます。 ただし、コンディションの悪いものは有料になることもあります。 また、リサイクル家電の場合には、回収運送料やリサイクル料がかかってしまいます。 まとめ アート引越センターでは、粗大ゴミや不用品の回収は行ってくれません。 自分で処分する必要があります。 もちろん、リサイクル家電も同様です。 処分する方法は、リサイクルショップで買取ってもらえれば、御の字です。 無料で引き取ってくれただけでも、処分する手間が省けるのでラッキーです。 自治体で粗大ゴミを回収してもらうのが一般的な方法ですね。 家電リサイクル品は自治体では回収してくれないので、家電量販店などで引き取ってもらう必要があります。 詳細はこちらを参照してください。

次の

【サカイ引越センター】オプションサービスについて|種類・内容・料金など

サカイ引越センター 粗大ゴミ回収

引越しのタイミングで、家具や家電を買い替える人もいるかと思います。 そこで、必要となるのが「不用品の処分」です。 不用品は事前に処分し、物を少しでも減らしてから引っ越したいものです。 不用品を処分する方法はいくつかありますが、引越し業者が引き取ってくれるのであれば越したことはありません。 そのほうが手間もかかりませんし、引越しもスムーズです。 ただ、アート引越センターの場合、不用品を引き取ってくれるのでしょうか。 アート引越センターが回収してくれるのは、家電リサイクル法の対象品であるエアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機の4品目のみです。 それ以外の家電や家具などの粗大ゴミは引き取ってもらえません。 ここでは、アート引越センターを含め、不用品を処分するベストな方法について検討したいと思います。 家電リサイクル法の対象品である エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機・衣類乾燥機の5品目のみは、アート引越センターでも引き取ってもらうことができます。 しかし、アート引越センターのなかでも、不用品の回収における対応の仕方は営業所によって異なるようです。 ですから、アート引越しセンターに不用品を引き取ってもらいたい場合は、直接問い合わせて確認しておくと良いです。 アート引越センターの不用品回収費用 それでは、アート引越センターにリサイクル家電を回収してもらう場合、費用はいくらかかるのでしょうか。 家電リサイクル法の対象品を処分する場合、主に以下の費用がかかります。 リサイクル料金• 収集・運搬料金• 取り外し工賃(エアコンのみ) それぞれ家電の種類によって、金額は異なります。 家電ごとに処分費用の目安を詳しく見てみましょう。 エアコンの料金目安 費用項目 費用目安 取り外し工賃 4,000~6,000円程度 リサイクル料金 900円+税~ 収集・運搬料金 500~3,000円程度 エアコンは取り外しの工事が必要になるため、費用は少し高めになります。 アートの手数料を含めると、エアコン回収にかかる費用は「 5,000~12,000円程度」が目安になります。 テレビの料金目安 テレビの場合、画面サイズによってリサイクル料金が異なります。 費用項目 費用目安 リサイクル料金• 【15型以下】1,700円+税• 【16型以上】2,700円+税 収集・運搬料金 500~3,000円程度 アートの手数料を含めると、テレビの回収にかかる費用は「 4,000~8,000円程度」が目安になります。 冷蔵庫の料金目安 冷蔵庫の場合も、容量によってリサイクル料金が異なります。 費用項目 費用目安 リサイクル料金• 【170L以下】3,400円+税• 【171L以上】4,300円+税 収集・運搬料金 500~3,000円程度 冷蔵庫はリサイクル料金が少し高いです。 アートの手数料を含めると、冷蔵庫の回収にかかる費用は「 5,000~10,000円程度」が目安になります。 洗濯機の料金目安 洗濯機の場合、メーカーによってリサイクル料金が異なります。 費用項目 費用目安 リサイクル料金• 【国内主要メーカー】2,300円+税• 【海外メーカー】 2,900円程度 収集・運搬料金 1,000~3,000円程度 アートの手数料を含めると、洗濯機の回収にかかる費用は「 5,000~8,000円程度」が目安になります。 このように、家電1つを引き取ってもらうにも、数千円の費用がかかります。 ただ、手間を考えると、引越し業者にお願いするのが一番ラクです。 それに、家電リサイクル法の対象品は「粗大ゴミ」として捨てることができませんし、リサイクル料金がかかるので、処分費用が高くなるのは仕方のないことです。 しかし、リサイクル家電を処分するには他にも方法があります。 引越し業者に処分をお願いすると、費用はやや高くなってしまいます。 少しでも費用の節約をしたい人は、以下の記事で処分方法を検討してみましょう。 アート引越センターに不用品回収を依頼する前にリサイクルショップでの買取を検討しよう ただ、大前提として、「使えるものは売る」ことを考えるべきです。 アートでは引き取ってもらえない家具などでも、まだ使えるものであれば売れるかもしれません。 そうすれば、 数千円の処分費用を負担せずに、少しでも現金に換えることができます。 家具や家電の買取を行っているのは、主にリサイクルショップなどです。 リサイクルショップで買取りしてもらうときは、以下の手順で進めてください。 【不用品をリサイクルショップに売るときの手順】• 近くのリサイクルショップを検索する• 電話をして、買取可能か聞いてみる• 出張査定を依頼する• そのまま不用品を引き取ってもらう• 買取金額を受け取る 【不用品の買取り風景】 ただし、物によっては買値がつかないケースもあります。 ですから、あらかじめ電話で「買取可能か」を確認しておくと良いです。 また、お店によって査定基準も異なります。 ですから、候補となるお店をネットで何店舗かピックアップしておくことも重要です。 アートの場合、家具など粗大ゴミは引き取りしてもらえない ただし、リサイクルショップで売れるのは、「まだ使えるもの」「状態がある程度きれいなもの」が条件です。 ですから、必ずしも売れないことは理解しておきましょう。 また、アート引越センターに依頼するにしても、引き取ってもらえるのは「家電リサイクル法の対象品」のみです。 それでは、買値がつかない家具などは、どのように処分すれば良いのでしょうか。 家具などの粗大ゴミを処分するなら自治体に回収してもらうのが一番安上がり 最も確実なのは、粗大ゴミとして自治体に回収してもらう方法です。 この方法であれば、処分にかかる費用も一番安いです。 ただし、大きな家具などを収集してもらうには、事前に予約が必要になります。 収集日は月に1~2回程度しかないため、早めに申し込むことが肝心です。 依頼が遅れると、引越しまでに回収が間に合わないこともあるので注意してください。 粗大ゴミの処分方法については、以下の記事に詳しくまとめています。 リサイクルショップに売れず、処分に困っている場合は、ぜひ参考にしてください。 とくに サカイ引越センターは、他社に比べ、対応してくれる不用品の種類が多いです。 また、サカイ引越センターは、リサイクルショップも運営しています。 ですから、不用品の「買取り」と「処分」をいっしょに検討することができます。 引越しの準備は何かと忙しいですから、手間が省けるのは助かります。 詳しくは、以下の記事にまとめています。 ただ、不用品の回収においては、やや不便な面もあります。 ですから、引越しで不用品の処分をお願いした場合は、サカイ引越センターも候補に入れておいたほうが良いです。 不用品回収が安い引越し業者はどこ? ただし、不用品回収に対応してくれる引越し業者はあるものの、それにかかる費用はもちろん一律ではありません。 各社のホームページを見ても、処分費用については書かれていません。 つまり、処分費用がいくらか知るには、見積もりを取る必要があります。 しかし、当然ながら、「引越し費用」と「不用品の処分費用」は業者によって差が生じます。 ですから、 複数社から見積もりを取り、料金を比べることが非常に重要です。 ただ、すべての引越し業者が不用品の回収に対応してくれるわけではありません。 それでは、不用品回収に対応してくれる引越し業者をどのように見つければ良いでしょうか。 不用品回収の対応可能な引越し業者を簡単に見つける方法 その際に便利なのが「 引越し一括見積もり」です。 一括見積もりを申し込む際に、「不用品回収」を希望する条件に加えます。 そうすると、対応可能な業者がいくつか自動でピックアップされます。 ですから、わざわざ自分で探さなくても、 対応可能な業者がすぐに見つかります。 さらに、一括見積もりサービスは、各社の概算料金を一覧ですぐに確認することができます。 見積もりの予約もまとめてできるため、 比較して安い業者を探すのに便利です。 引越し一括見積もりは 無料のサービスです。 引越し業者を選ぶ際は、ぜひ活用してみてください。 アート引越センターの場合、基本的に不用品の引き取りは行っていませんが、家電リサイクル法の対象品であるエアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機であれば対応してもらえます。 ただし、その前に、リサイクルショップで売ることも検討してみてください。 買取ってもらえれば、処分費用を負担せずに現金化できます。 リサイクルショップでも売れず、アートでも引き取ってもらえないものは、粗大ゴミとして自治体に回収してもらうのもオススメです。 しかし、運搬や予約のことを考えると、必ずしも最適な方法とは言えません。 どうしても処分に困った場合は、やはり不用品回収に対応してくれる引越し業者にお願いするのが一番です。 ただし、業者によって料金に大きな差が生じるので、検討するときは必ず各社の見積もりを比較するようにしてください。

次の