ユニバーサル デザイン 例。 ユニバーサルデザインは高齢者にも社会も優しい!7つの原則とは?

どう違う!? 「バリアフリー」と「ユニバーサルデザイン」の異なる思想

ユニバーサル デザイン 例

スポンサーリンク CUD化するための3っのポイント カラーユニバーサルデザイン CUD 化するためには、ポイントが3っあります。 色名を使ったコミュニケーションを可能にする。 色を見分けにくい人にも情報が伝わるようにする。 できるだけ多くの人に見分けやすい配色を選ぶ。 それぞれ身近な物から具体的に紹介します。 色名を使ったコミュニケーションを可能にする。 「 色名を使ったコミュニケーションを可能にする」というほんの1例ですが・・・ あるテレビ番組で、視聴者とのこんなやりとりがあります。 「この意見が正しい」と思う人は、 青のボタン• 「いや、まちがっている」と思う人は、 赤のボタン• 「どちらでもない」と言う人は、 緑のボタン• 「そんな話はどうでもええワ!」という人は、 黄色のボタン ハイ!スタート! 本格的にテレビが地デジ対応してから盛んになった視聴者参加型のテレビ番組です。 こちらはアンケート調査ですね!もう全国の視聴者が 色名がわかっていて当然って感じのやりとりです。 しかしリモコンのボタンは、微妙に色の違うボタンが4っ並んでいるだけ・・・ 色名を言われてもボタンがわからない!って人は大勢いました。 そこで即対応したのが家電メーカー ボタンの上に色名を書くことで、色弱者にも 色名を使ったコミュニケーションが可能になりました。 この対応は早かったです。 いっきに普及しました。 デザイン的にダサ~い!と感じた人がいれば、これはCUDなんだとご理解ください。 次に、わたしが使っているWordPressのカラーパレットもCUDです。 マウスポインタを色の上に重ねると 色名が表示されます。 カラーパレットというのは、リモコンのボタンと同じで、ただ微妙に違う色が並んでいるだけ・・・何色なのかわかりません。 色名が表示されないカラーパレットは、ほとんど使い物になりません。 なのでこれも 色名を使ったコミュニケーションを可能にしてくれるCUDです。 他にも・・・ 今では、ほとんどの通販サイトに導入されているCUDです。 商品の横に色名と 購入手続きにも色名が表示されていますね。 「何色が欲しいのか?」一目でわかります。 これ以前は、なかったんですよ!・・・でどうしてたかと思います? 当然、欲しいけど買いませんでした。 てか買えませんでした。 これも通販サイトと消費者との間で 色名を使ったコミュニケーションが可能になった例です。 色を見分けにくい人にも情報が伝わるようにする。 2つ目のポイントは「 色を見分けにくい人にも情報が伝わるようにする」です。 先ほどは、色名を表示することで色弱者にもわかるデザインでした。 色と色名が表示されているので、一目でわかります。 ですが、何でもかんでも色名を表示するわけにはいきません。 そもそもデザインが崩れて逆に一般色覚の人にわかりにくいデザインになってしまいます。 そこで色名以外の• 形を変える• 模様をつける• 塗り分けパターンを変える• 文字情報を加える・・・など これらを併用することでわかりやすいデザインにする表現方法です。 素晴らしい 笑 これは 色以外の文字情報を加えたCUDです。 次のGoogle Analyticsは、色以外の 文字情報と形や模様を変えたデザインです。 非常に目立ってわかりやすい。 一般色覚の人にも見やすく、 デザインが崩れていません。 まさに「 すべての人にわかりやすく整理されたデザイン」ですね。 Googleサイトは完璧なカラーユニバーサルデザイン CUD だ! できるだけ多くの人に見分けやすい配色を選ぶ。 最後のポイント3っ目は、「 できるだけ多くの人に見分けやすい配色を選ぶ」です。 色弱者には 配色 というのがあって、それを改善してくれるのが、次にあげる配色セットです。 普段使っている色をこちらに変えてもらうことで、わたし達にわかりやすい配色となるわけです。 カラーユニバーサルデザイン推奨配色セット 20色 色名 R G B アクセントカラー 赤色 ff2800 255 40 0 黄色 faf500 250 245 0 緑 35a16b 53 161 107 青 0041ff 0 65 255 空色 66ccff 102 204 255 ピンク ff99a0 255 153 160 オレンジ ff9900 255 153 0 紫 9a0079 154 0 121 茶 663300 102 51 0 ベースカラー 明るいピンク ffd1d1 255 209 209 クリーム ffff99 255 255 153 明るい黄緑 cbf266 203 242 102 明るい空色 b4ebfa 180 235 250 ベージュ edc58f 237 197 143 明るい緑 87e7b0 135 231 176 明るい紫 c7b2de 199 178 222 無彩色 白 ffffff 255 255 255 明るいグレー c8c8cb 200 200 203 グレー 7f878f 127 135 143 黒 000000 0 0 0 カラーユニバーサルデザイン推奨配色セットを使った例はこちら・・・ 複雑な大阪地下鉄の路線図も一目でわかります。 次はこちらのCUD 見分けやすい配色に加え、2ポイント目の「形・模様を変える」「文字情報を加える」がすべて揃ったCUDです。 まとめ CUDとは、少数の色弱者だけではなく、 一般にもわかりやすい色デザインのこと。 つまり「 すべての人にわかりやすく整理されたデザイン」のことです。 公共施設などで「あれ!看板が新しくなってるぞ!」って気づいたら、上にあげた3っのポイント確認してみてください。 きっとCUDになっているはず・・・!?

次の

「みんなのためのデザイン」 ユニバーサルデザインとは?

ユニバーサル デザイン 例

3未満で、主に視覚による学習や、日常生活の諸々行動ができる状態、というのが現在の一般的な定義です。 しかし、弱視は単に視力が悪いというだけではなく、その種類や見えにくさは多岐にわたります。 ある特定の環境下やある特定の行為においてならばさほど不自由することはない、という弱視者もいます。 身体障害者福祉法における視覚障がい 視覚障がいの等級は、「身体障害者福祉法」で視力や視野の度合いにより1級から6級に区分されています。 また、視覚障がい者は身体障害者手帳をもつことができ、地方自治体の福祉事務所に医師の診断書とともに申請すると交付されます。 色覚障がいと光覚障がい 視覚障がいは、大きく「盲」と「弱視」に分けられ、視力や視野の度合いにより等級が分けれていると説明しましたが、その他の視覚障がいとして「色覚障がい」と「光覚障がい」というものがあります。 色覚障がい 色の区別が難しい、特定の色が別の色に見える状態 光覚障がい 暗い所になると見えなくなる(夜盲)、明るいと見えにくくなる状態 法律上における視覚障がいは、視力と視野の観点から定義されています。 そのため「色覚障がい」と「光覚障がい」は、身体障害者手帳が交付される視覚障がい者には該当しません。 色覚障がい(色弱)とは? ものを見るためには、視力・視野・色覚の3つの機能が必要となります。 色覚障がいとはこの3つの機能のうち、色覚に異常があることにより、色の区別が普通の人より困難になる状態を指します。 色覚障がいは「色覚異常」「色盲」「色弱」など様々な呼称があり、誤解や差別的な要素を含むととらえる人が多いという課題があります。 そのため、NPO法人カラーユニバーサル機構(CUDO)では、「色弱」という呼称を使っています。 Q-001: 色弱者とはどのような人を指すのでしょうか? A-001:色使い(配色)の配慮がなされてない社会において情報が伝達されにくい人を総称してCUDOでは 「色弱者(しき・じゃくしゃ)」としています。 NPO法人カラーユニバーサル機構(CUDO)のwebサイトによると、 色弱者は日本男性の約20人に1人、女性の約500人に1人、日本全体で約300万人以上いると考えられています。 これは、静岡県の人口、AB型の血液の男性の割合に匹敵するそうです。 色覚障がい(色弱)の種類と見え方 人間の目の網膜には3種類の錐体細胞があり、それぞれ赤、緑、青を感じる視物質を持っています。 このうちどれかの機能が損なわると、正常に色を捉えることができなくなってしまいます。 3種類の錐体細胞が正常に機能している状態をC型(一般色覚者)と呼び、錐体細胞の状態によって4つの種類に分けられます。 02% 青い光を主に感じる錐体が無いため、青色付近の識別が困難な人 A型色覚 3種類の錐体のうち1種類しか持たない、または全てが無いため、色を明暗でしか感じることができない人 P型とD型は見え方が似ており、赤近辺の色と緑近辺の色の識別が困難になります。 色覚障がいのほとんどがこれらのどちらかのタイプであり、かつては「赤緑色覚異常」と呼ばれていました。 また、T型とA型は、極めて該当者が少ないとされています。 実際にどのように見えるのか? 色弱者のほとんどを占めるP型・D型の見え方について、一般色覚者と比較をしてみます。 P型(1型)色覚 Protanopia D型(2型)色覚 Deuteranopia T型(3型)色覚 Tritanopia A型色覚 Achromatopsia Photoshop「色の校正」 デザイナーの方であれば、Photoshop上でデザインしながらシミュレートできます。 シミュレートしたい画像やデータを開いた状態で、ヘッダーメニューにある 「表示>校正設定」にマウスを合わせます。 その後、 表示されるリストの中にある 「P型(1型)色覚」または 「D型(2型)色覚」をクリックするとシミュレート結果が反映されます。 元に戻したい場合には、 「表示>色の校正」をクリックしてチェックを外します。 さいごに 不特定多数が利用するwebサイトにおいては、誰もが公平に見えるデザインが必要とされます。 そのためには、私たちweb制作者が視覚障がいや色覚障がい(色弱)に対する理解を深め、アクセシビリティに配慮したwebサイトを作ることが求められます。 年齢や能力にかかわらず、どのユーザーにも情報がきちんと伝わるよう、色使いに配慮したユニバーサルデザインに取り組んでいきましょう。

次の

知る人ぞ知る「ユニバーサルデザイン」の7原則とは?

ユニバーサル デザイン 例

ではユニバーサルデザインとバリアフリーの違いを見ていきましょう。 結論から言ってしまうとユニバーサルデザインとバリアフリーの大きな違いは、 誰が使いやすいように設計されたものなのかです。 どちらも使いやすいように設計されているという点では同じですが、 上記のように誰を対象として設計されているかが違います。 なのでバリアフリーよりもユニバーサルデザインの方が、 誰を対象としているものなのか、その範囲が広いということですね。 さてユニバーサルデザインとバリアフリーそれぞれについて解説していきます。 ユニバーサルデザインとは? ユニバーサルデザインとは、すべての人に使いやすいように設計されたものを言います。 すべての人に使いやすいように共通して設計されているから、ユニバーサルデザインと言うんですね。 ただすべての人といっても意味合い的には、 ほとんどの人と言った方が合っているかもしれません。 ユニバーサルデザインとして設計されているものでも、 特定の障害を持った人には役に立たないデザインのものも存在します。 ですのでユニバーサルデザインが対象としているのはすべての人ではなく、 ほとんどの人・多くの人という意味合いで認識していてください。 またユニバーサルデザインには7つの原則が存在していて、それは下記の通りです。 バリアフリーとは? バリアフリーとは、高齢者・障害者に使いやすいように設計されたものやその考え方を言います。 つまり障壁を取り除いて自由に生活するという意味から、 バリアフリーという言葉が使用されているんですね。 ちなみにバリアフリーは先に障害となるものがすでに存在していて、 その障害を取り除いて生活を良くするために様々なものが設計されています。 なので ユニバーサルデザインは最初からすべての人に使いやすいように設計されていますが、 バリアフリーは後から高齢者・障害者に使いやすいように設計されているという違いもあります。 さて次の章では実際に身近な例としてどのようなものが ユニバーサルデザインやバリアフリーとされているのか解説していきます。 スポンサーリンク ではユニバーサルデザインとバリアフリーの身近な例ではどんなものがあるのか見ていきましょう。 ユニバーサルデザインの例 バリアフリーの例 自動ドア 点字ブロック センサー式の蛇口 駐車場のスペース シャンプー容器の凸凹 ノンステップバス 様々なマーク スロープ 段差を設けない まずそれぞれの身近な例を挙げると上記のようなものがありますが、 聞いただけでは分からないという人もいると思うので簡単に見ていきましょう。 ユニバーサルデザインの例 自動ドア 自動ドアは人の出入りを感知して、自動で開閉する扉のことです。 普通の扉であれば両手に荷物を持っている状態で開けるのは大変ですが、 自動ドアの場合は荷物を持っていようと自動で開閉してくれます。 このように誰にでも使用しやすいように設計されているので、 自動ドアはユニバーサルデザインの例として分かりやすいでしょう。 センサー式の蛇口 センサー式の蛇口もユニバーサルデザインの良い例です。 センサー式の蛇口でなければハンドルをひねったりすると水が出てきますが、 ときには固く閉められているときもあります。 これによって手の力が弱い人や手に障害を持っている人は、 固く閉められた蛇口のハンドルをひねることができません。 ですが センサー式の蛇口であれば誰でも簡単に水を出すことが可能です。 さらにセンサー式の蛇口はどこにも汚れた手で触れることなく、 自動で水が出て手を洗うことができるのでとても衛生的です。 シャンプー容器のギザギザ シャンプーの容器にギザギザが付けられているのはご存知でしょうか。 髪を洗っているときはシャンプーなどが目に入って来るかもしれないので、 目を閉じたままシャンプーやリンスのボトルのポンプを押すことも多いですよね。 目が見えていない状態だと「どっちがシャンプー?どっちがリンス?」と、 分からなくなってしまうことも多いと思います。 ですが シャンプーの容器にギザギザが付いていることで、 「ボトルにギザギザが付いている方がシャンプー!」と判断することができます。 (ボトルにギザギザがないものはリンスかコンディショナーになります) これも数多くあるユニバーサルデザインのひとつで、 簡単にシャンプーかどうかを判断できるようにするために考えられたものです。 また容器によってはボトルの側面以外に付いている場合も多いので、 自分が使用しているシャンプーはどこにギザギザが付いているのか確認してみてくださいね。 様々なマーク よく街中や施設の中で上のようなマークを見ることってありますよね。 この様々なマークもユニバーサルデザインのひとつです。 例えば外国人が日本に遊びに来ているときに、 トイレに行きたくなったら周囲にトイレがないか探しますよね。 ですが 上のようなマークではなく日本語で「トイレはあっち!」と示されていても、 その外国人が日本語を読めなければ意味がありません。 なので誰にでも簡単に伝わるように上のようなマークにして知らせているんですね。 このように一目見て簡単に意味が分かるようなマークが、 ユニバーサルデザインとして使用されています。 段差を設けない 段差を設けないのもユニバーサルデザインによるものです。 車いすの人にとって段差はとても嫌なもので、 その段差が大きければ一人で行きたい場所に行くことができません。 車いす以外の人にとっても急に段差があるような場所では、 歩いている途中でその段差につまづいて転倒する原因にもなります。 ですがはじめから段差を設けなければこんなことは起こりません。 なので段差がないというのもユニバーサルデザインに当てはまるんですね。 バリアフリーの例 点字ブロック 点字ブロックというのは歩道や公共の建物や、 駅のホームなどに敷設されている視覚障害者誘導用のブロックです。 上の写真のように黄色いブロックに突起が付いているもので、 足裏の感覚で突起の種類を認識することで視覚障害者を誘導します。 線状になっているブロックは進行方向を表していて、 点状になっているブロックは危険位置などを表しているものになります。 点状ブロックは、階段の前・横断歩道の前・線状ブロックが交差する分岐点などに敷設されます。 視覚障害者にとっては歩行する際になくてはならない設備です。 駐車場のスペース 駐車場に車を止めておくときに、車いすマークのスペースを見たことがあると思います。 これは車いすの人が乗っている車だけ止めて良いというマークではなく、 障害者が乗っている車であればどんな障害を持っているかに関係なく止めても良いことを意味します。 その障害がたとえ体を動かすことに不自由がない人でも、 障害を持っていればこのマークの場所に駐車することは問題ないんですね。 他にも妊婦・高齢者・ケガ人は車いすマークの駐車場を使用して良い場合がありますが、 これはその駐車場を管理している側の決め方によって違います。 なので車いすマークであれば絶対にどの駐車場でも、 妊婦・高齢者・ケガ人が使用しても良いというわけではありません。 関連: ノンステップバス ノンステップバスというのは、出入口の段差を無くしたバスのことです。 (低床バスとも呼ばれています) 出入り口の段差を無くして乗降性を高めることで、 お客さんへの負担を少なからず軽減することができます。 若い人にとってはこのぐらいの段差は大したことないですが、 高齢者にとって段差を上がるのはなかなか苦労しますよね。 中には車いすの人用にドアの前にスロープが設置されるバスもあります。 スロープ スロープは斜面や勾配を意味している言葉です。 車いすの人は大きな段差があると車いすでは移動できないので、 車いすで移動するための道として上の写真のようなスロープが設けられます。 またスロープと言っても上の写真のような大きなものではなく、 施設の中のちょっとした段差をなくすために小さなスロープを設けることもあります。 その際は車いすだけでなく高齢者のつまづき防止としての役割も含んでいます。 他にもユニバーサルデザインとバリアフリーの考え方で設計されたものは多いので、 時間があるときにどのようなものがあるのか探してみてはいかがでしょうか。 以上が「ユニバーサルデザインとバリアフリーの違いとは?身近な例について」でした。 スポンサーリンク.

次の