混乱させてすみません ビジネスメール。 メールの内容に間違い!お詫びするにはこれが重要!

ビジネス文書の「〜くださいませ」

混乱させてすみません ビジネスメール

日常会話でよく見かける「度々すみません」という言葉。 ビジネスシーンでは頻繁に使われていますが、正しく意味を理解し、適切な使い方ができている人はあまり多くないでしょう。 言葉の意味を理解しないまま使い方を間違ってしまうと、ビジネスシーンでは相手に悪い印象を与えることになります。 「度々すみません」とは、同じ相手に重ねて何度も同じ手間を取らせてしまったときに使う謝罪の言葉です。 「度々すみません」とは少々砕けた表現で、自分とほぼ同じ立ち位置である知人など、主に一般人向けに使われます。 それに対し、職場の上司や目上の人に対しては、敬語表現として「度々申し訳ございません」といった少し固い言い回しに変換されるのが普通です。 以下では日常生活でよく使われる「度々すみません」の言葉の意味と正しい使い方、敬語表現やビジネスシーンにおいての使い方を詳しくご紹介します。 「度々すみません」の使い方と例文 冒頭にも述べたように「度々すみません」という言葉は、生活のあらゆる場面で使われます。 しかし多くのシーンで使われるメジャーな言葉だけあって、いざ使うとなると「この使い方はあっているのか?」と不安感じてしまうことが少なくないのではないでしょうか。 ここでは、どんな場所でも臨機応変に活用できるよう、あらゆる面で応用できる例文をいくつかご紹介します。 電話での「度々すみません」 電話での使い方は口頭とほとんど変わりなく使うことができます。 クッション言葉として使うことができますので、あまり難しく感じる必要はありません。 ちなみに、目上の方に対して使うのであれば、上記した通り「度々申し訳ありませんが~」といった表現に変えるだけで使うことができます。 【例文】 ・度々すみませんが、資料を添付しましたのでご確認お願いいたします。 「度々すみません」は初対面の人には使わない 前項でお伝えした通り、度々すみませんという言葉はビジネスシーンでも多用されることが多々あります。 口頭で伝える場合は、そのまま謝罪する言葉として使うことが適しています。 しかし、ビジネスメールや電話でも、口頭と同じような使い方をするのが正しいとは限りません。 口頭では誤解なく伝わっても、ビジネスメールや電話では使い方によっては無礼にあたり、相手に悪い印象を与えかねません。 ここでは、ビジネスメールや電話にて「度々すみません」の言葉の使い方についてご紹介します。 ビジネスメールで「度々すみません」と伝える場合 ビジネスメールの場合は、口頭と使い方はほぼ同じで特別大きな違いはありません。 普段の会話と同じ使い方をしても、相手に不愉快な気持ちを与えることは稀でしょう。 ビジネスメールで使う場合は、何度も同じやり取りが続いてしまったり、同じ案件について何度も確認メールを送ってしまったときに使用するのが一般的です。 使い方は、メール文の冒頭にワンクッション置くように入れると相手にうまく伝わります。 電話で「度々すみません」と伝える場合 口頭やビジネスメールと同じく、電話でも言葉の使い方に大きな違いはありません。 ただ、電話の場合は、少々変わった使い方をするケースもあるので注意が必要です。 口頭やメールと同様、同じ相手と似たやり取りが何度も続いた際に、ワンクッション置くつもりで「度々すみませんが~」と伝えると、丁寧かつ自然な雰囲気で会話を進めることができます。 丁寧に謝罪したい場合は向いていない 何度も迷惑をかけたことに対して詫びる言葉ですが、丁寧に謝罪したい場合は、この言葉はあまり適切ではありません。 目上の方や上司に対して使うには少し誠実さに欠けますし、丁寧に謝罪をするならば別の言葉に置き換える必要があるでしょう。 例えば「度々すみません」の「すみません」を「申し訳ありません」、「申し訳ございません」といった言葉に変えることで、真摯に謝罪している気持ちが相手に伝わります。 繰り返しになりますが、誠意を持って相手に謝罪する場合は「度々申し訳ございません」といった丁寧語を併せて覚えておくと、いざというときに失礼な対応をしなくてすむでしょう。 度々すみませんとは、同じ人に重ねて迷惑をかけている場合に用いる言葉の表現です。 漢字を見ても「度々」と書かれるため、比較的わかりやすい言葉の成り立ちをしていますね。 私たちをとりまく環境では、同じ相手に立て続きに迷惑をかけてしまうことが多々あります。 この言葉は、人に何度も心理的負担を与えてしまった場合に、相手を思いやる気持ちをこめて社会の様々な場面で使われます。 目上の人には敬語表現にする 「度々すみません」という言葉を目上の人に使う場合は、敬語表現に変える必要があります。 ビジネスシーンでは、目上である取引先や上司に対して誠心誠意を持って謝罪することも少なくありません。 いざというときに困らないためにも、今から言葉の意味を正しく理解し、適切な敬語表現ができるよう訓練しておきましょう。 「度々申し訳ございません」と丁寧語に変える 度々すみませんを丁寧な敬語表現に変えるには「すみません」の部分を「申し訳ございません」置き変える必要があります。 ビジネスシーンでもよく使われるフレーズですが、この「すみません」という言葉は丁寧な表現ではありません。 特に目上の人に誠心誠意を持って謝罪する場合は、相手の気持ちに十分配慮しながら言葉を選んでいく必要があります。 意外にも言葉の選択を間違えやすいのが謝罪をするときです。 間違った敬語表現をすることで、余計火に油を注ぐような事態を招くことも予想されます。 特に自分たちがマイナスの状況に陥っているときは、適切な意思表示ができるよう気持ちを引き締めていきましょう。 謝罪には類語を使うこともできる 社会経験が浅く、敬語表現を使い慣れていないうちは、目上の人に対しても「度々すみません」と言ってしまいがちです。 うっかり言葉の選択を謝ると、相手に悪い印象を与えてしまい謝罪の意味も薄くなってしまいます。 失礼な言動をしてしまわないか、言葉の使い方に自信がない場合は、類義語を使った表現に置き変えるとよいでしょう。 間違った言葉で事態を重くするのであれば、使いやすい類語を使った方が無難です。 謝罪の類義語の例として、「重ね重ね申し訳ありません(ございません)」という表現が挙げられます。 こちらの表現もビジネスシーンではよく使われる言葉ですし、目上の人に対しても失礼になりません。 「度々申し訳ございません」という表現が使いづらい場合はこちらを使うのも良いでしょう。 多用できる言葉であるが、相手によって微妙な表現の変化を。 今回は「度々すみません」という言葉の意味と使い方についてご紹介しました。 このフレーズは様々なシーンで使われる表現ですが、多用できる言葉だからこそ、使うシーンや相手によって適切な表現を選ぶ必要があります。 些細な言葉の違いでも、適切な使い分けができるかで、相手に与える印象が大きく違ってきます。 社会で大切な人たちと良好なコミュニケーションをとっていくためにも、普段から言葉の使いわけは細かく行っていきましょう。 あなたの年収、適切ですか? 「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。 」 そんなことを考えてしまう方もいらっしゃると思います。 実はその悩み、転職すれば解決できる可能性があります。 転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができるかもしれません。 転職エージェントの比較記事もあるので、合わせて読んで見てください。

次の

二転三転の意味とは?使い方やビジネスの例文も解説

混乱させてすみません ビジネスメール

謝罪メールへの返信は、どんな内容にすればいいのかな… こんな状況で悩んだことはありませんか? というのも、私は過去に、納品ミスをした取引先から謝罪メールを受けた経験があります。 すぐに対応してくれていたので、私自身が特に気に留めておらず、返信はしなかったんですね。 すると、先方の担当者から電話があり、 「本当に申し訳ありませんでした。 大問題になっているのではないか• まだ怒っているのではないか• 今後の関係に影響してしまうのではないか と不安になっていたようでした・・ この件を通して思ったのは、 「お気になさらずに」という内容のメールを返信してあげていれば良かったということ。 では ビジネスメール で 謝罪 への 返信 をする際は、どんな内容にすればよいのでしょうか? そこで今回お伝えするのが・・・ 謝罪メールに対する返信例文 謝罪メールに対しては、相手の気持ちを考えた上で、返信することが非常に大切です。 社内・社外別の返信例文と、 意識すべき3つのポイントをお伝えしていきますね! まずは社内の相手に送る場合の、謝罪メール返信例文を見ていきましょう。 件名:Re:スケジュール調整のお詫び 〇〇 様 お疲れ様です。 山田です。 お気遣いいただき、大変恐縮です。 こちらこそスケジュールの確認が不足しており、申し訳ありませんでした。 どうかお気になさらないでください。 今後ともよろしくお願いいたします。 山田 一郎 件名は謝罪メールに対する返信であることがわかるよう、「 Re:」のままにしておきましょう。 相手が分かりやすいように配慮することが大事。 本文では、「 メールを確認しましたよ」という旨を伝えてくださいね。 ミスをした本人は、非常に気にして落ち込んでいる可能性が高いです・・。 そんな状態の相手に 優しい言葉をかけてあげることが大切! では次に、取引先など社外の方の場合はどうなのでしょうか? 社外の相手から謝罪メールをもらった場合の、返信例文を見てみましょう。 件名:Re:スケジュール調整のお詫び 〇〇株式会社 営業部 〇〇 〇〇 様 いつもお世話になっております。 株式会社ビジマナねっとの山田です。 このたびは丁寧にご対応いただきありがとうございます。 こちらこそスケジュールの確認が不足しており、申し訳ございませんでした。 どうぞお気遣いなさらないよう、お願い申し上げます。 今後とも変わらぬお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。 jp 社内向けのメールよりも、 言葉遣いを丁寧にすることを意識しましょう。 件名は社内と同様に、返信であることを明確にするため、「Re:」の状態で送ります。 ただし、気を付けたいのが、「山田様へのお詫び」などこちらの名前を記載している場合。 そんな時は、 名前の部分は削除しておきましょう。 例文のように、あなたにも多少の非がある場合には、その旨を入れると親切です。 また、「気にしないでほしい」ということを盛り込む際に、くれぐれも「許す」「目をつぶる」というような表現はNG。 先方に全面的な非がある場合でも、 上から目線となるので、避けるようにしましょう。 最後には、下記のような文言を書いておきましょう。 これからも変わらぬお付き合いをしたい• スポンサーリンク 謝罪への返信で意識すべき3つのポイント 謝罪に対する返信のメールで、どのようなことを意識すればよいのでしょうか? それが・・• 謝罪をしてくれたことへの配慮の気持ちを書く• 相手を安心させる• 今後も関係を築いていきたい旨を盛り込む それぞれの項目についてお伝えしていきますね! 謝罪をしてくれたことへの配慮の気持ちを書く 相手が非を認め、しっかりと謝罪をしてくれたということへの、配慮を伝えることが大切。 ビジネス上のミスは、どちらか一方が全面的に悪いということは少ないはずです。 こちらにも、確認ミスなどの非がある場合も想定されるので、一方的に相手を責めるような内容は慎むべき。 謝罪をしてくれたことに対する配慮の気持ちは、必ず盛り込みましょう。 丁寧にご対応いただきありがとうございます• お気遣いいただき大変恐縮です のような文言がオススメです。 相手を安心させる ミスをした張本人は、今回の失敗に対して責任を痛感しているはずです。 例えば・・• このミスで取引がなくなったらどうしよう…• 先方を怒らせてしまったらどうしよう…• 担当から外されてしまうかもしれない… このような心配をしていることが非常に多いです。 ミスは誰にでも起こり得ること。 「 お気遣いなさらずに」のような文言によって、相手を安心させてあげましょう! 今後も関係を築いていきたい旨を盛り込む 社内の場合には、こちらが相手を許せば、今後の関係作りはそれほど難しいことではありません。 「 今後ともよろしくお願いいたします」のような文言を添えるようにしましょう。 社外の場合は、会社という看板があるため、少し難易度が上がります。 取引のある会社であれば、今までの経緯やお付き合いの歴史がありますからね。 それでも、謝罪メールを受け取ったということは、 相手が継続して関係を築いていきたいと思っていることを頭に入れておきましょう。 社内・社外問わず、今後も良好な関係を築いていきたいという気持ちを、しっかりと盛り込んでいきましょうね! また、相手の立場になって考えてみることも大切です。 その理由について、次の見出しで解説しますね。 相手の立場でも考えてみよう もしも、あなたが謝罪メールを送った立場だとすれば、返信がないと不安な気持ちが続きますよね。 大きな問題になっているのではないか…• 怒らせているのではないか…• そうなると、あなたに対しての印象がアップしやすいです。 確認漏れ・勘違い・連絡不足など 多少なりともあなたにも原因があれば、その旨を記載することをオススメします。 例文にも記載したように、「こちらこそ、申し訳ございませんでした」というような文面です。 このような文面を入れることによって、相手の安心感がより高まるでしょう。 そのため、相手は結構精神的な負担を感じているもの。 丁寧な対応をしてくれている以上、責め立てたりするのはよくありません。 相手をただ許すだけではなく、 安心させる配慮をするのがデキる社会人! 私は冒頭でお話した過去の経験を踏まえて、謝罪メールへの返信は確実に行うようにしています。 「 相手は今どんな心境だろう」ということをしっかりと考えて、返信を行うようにしていきましょうね! 30歳代の現役会社員。 本業と副業の 二刀流スタイルを確立しています。 二刀流スタイルを確立することで、• 金銭的なゆとり• 精神的なゆとり を手に入れることができました! 例えば、 ・毎日4桁円のランチを余裕で食べられる ・会社の人との付き合いの飲み会をキッパリ断れる ・大切な人に多くのお金を使える などです。 現在の社会情勢を考えると、いきなり独立・起業はリスクが大きいです… リスクを極力抑えてメリットを最大限享受するためにも、まずは会社員をしながら副業をすべきと強く感じています。 現役会社員である強みを活かし、会社員目線で悩み解消やスキル構築のお手伝いをしていきますね!.

次の

ビジネス文書の「〜くださいませ」

混乱させてすみません ビジネスメール

政治家の 二転三転するような言い訳に、国民はあきれているね。 よくテレビの会見などで、 「政治家の発言がコロコロ変わる」なんてシーンを見るかと思います。 さっきは「A」と言っていたのに急に「B」と言い出した。 今度は「B」だと思ったら、やっぱり「C」と言い出した。 このように、 「状況がコロコロ変わり、物事が定まっていない状態」 を表す言葉が「二転三転」だと考えてください。 念のため、語源を確認しておくと、 「 二転三転」は、 「 一回だけでなく、二回も三回も変わる」ということです。 「二」と「三」は、文字通り回数を示し、 「転」には「転ぶ」・「転がる」の他に 「 変わる」・「 移る」という意味があります。 このことから、 「物事の状態や成り行きが何度も変わる」 という意味になるわけですね。 ビジネスでの使い方 次に、 「二転三転」のビジネスでの使い方を確認しておきましょう。 ビジネスでは、「二転三転」は 相手への謝罪の場面でよく使われます。 【例】• 「 二転三転してすみません」• 「 二転三転してしまい申し訳ありません」• 「 二転三転したことをお詫び申し上げます」 ビジネスにおいて大切な要素である「信頼関係」を築くには、 二転三転することは禁物です。 例えば、 取引先の会社と契約を結ぶと想像してください。 契約内容や段取りなど相手からの話が何度も変わったら、 あなたはどう感じますか? 当然、状況が定まらないので、 今後も一緒に仕事を続けることに不安を感じるでしょう。 一度決まったことを変更するとなれば、 時間や労力もかかりますからね。 しまいには、相手への不信感から 契約自体を取りやめるかもしれません。 したがって、「二転三転すること」は、 相手からの信頼を最も失う行為だと言えます。 ゆえに、ビジネスでは、 迷惑をかけたことを謝罪し信頼を取り戻すために 「二転三転してすみません」などと言うのです。 文字通り、「再び転がること」から来た言葉。 他にも、「 一貫性(いっかんせい)がない」という言い方があります。 「一貫性」の意味は、 「 始めから終わりまで、方針や考えが同じこと」です。 「二転三転」とは反対の意味ですが、 否定の「 ない」を付けることで類語として使えますね。 発言がコロコロ変わることに対して、 「言うことに一貫性がない」といった使い方をします。 四字熟語には、 完全な同義語だと言える言葉はなかなかありません。 例えば、 「二転三転」と「紆余曲折」にも微妙な違いがあります。 「紆余曲折」は、 最終的な目的は変わらず「経過」が複雑に込み入っていること、 対して、「二転三転」は「経過」だけでなく、 最終地点も変わる可能性があります。 似た意味を持つ言葉ですが、 ニュアンスの違いによって使い分けるようにしてください。 二転三転の英語 次に、「二転三転」の英語訳です。 「二転三転」は、 例文だと以下のような言い方になります。 The situation changed repeatedly. (状況が二転三転した。 ) 「change」は、「変化する」 「repeatedly」は、「何度も・たびたび」という意味です。 「何度も変化する」ということから、「二転三転」を表します。 他にも2つ紹介しておきましょう。 「 change again and again(二転三転)」 「 seesaw back and forth(二転三転)」 「again and again」は、「何度も何度も」という意味です。 また、「seesaw」は、遊具のシーソーのことですが、 「変動する」という意味も持ちます。 「back and forth」は、「前後に・あちこちに」という意味です。 合わせると、 「あちこちに変化する」という意味になり、 「二転三転」として使えますね。 スポンサーリンク 二転三転の使い方・例文 最後に、「二転三転」の使い方を例文で確認しておきましょう。 彼の証言は、 二転三転していて信用できない。 会議の日程が 二転三転して決まらないので、他の予定が立てづらいです。 私の確認不足で、食事会の場所が 二転三転してしまい、申し訳ありません。 イベントの内容が 二転三転し、スタッフは混乱していた。 二転三転の末に、ようやく配属先が決まった。 今回の事故に対する校長の説明が 二転三転したことで、保護者からの批判が殺到した。 例文を見て分かるように、「二転三転」を相手に使う時は、 物事が突然変わったことへの不満・不信感などを込めて使うことが多いですね。 信頼していた相手であれば、特にそうです。 一方で、自らが「二転三転」させてしまった時は、 「謝罪」や「罪悪感」の気持ちを表して使うことが多いです。 これはすでに説明した通り、ビジネスでの使い方がほとんどですね。 いずれにせよ、二転三転する状況というのは 好ましい状況ではありません。 なので、「二転三転」が 良い意味で使われることは基本ないと覚えておきましょう。 まとめ いかがでしたか? 内容をまとめると、 「 二転三転」= 物事の状態などが何度も変わること。 「 語源」=二回も三回も変わることから。 「 類語」=「朝令暮改・千変万化・紆余曲折・再転」など。 「 英語」=「change again and again」「seesaw back and forth」 ということでした。 失った信用を取り戻すのは簡単なことではありません。 できるだけ「二転三転」しないよう、 慎重な発言や行動を心がけたいものですね。 では、今回は以上です。

次の