更年期 エクオール 効果。 更年期障害を緩和するエクオールは美容にも効果的だった。

大塚製薬エクエル【口コミ・効果は?】更年期女性におすすめ!

更年期 エクオール 効果

更年期障害の対策にサプリがオススメな理由 「更年期障害の改善ってサプリでできるの?」 「睡眠や運動で何とかしようと思っても、気分がへこんでなかなかできない…」 サプリで更年期障害の緩和ができればラクなんだけど、と思っても、何故サプリが効くのかわからなかったし、どれを選んでいいかもわかりませんでした。 でも、 適切なサプリを選べば、更年期障害の症状を改善したり緩和したりできるんです。 更年期障害の原因は、ホルモンの減少です。 女性は閉経前10年ほど、男性はもっと長い期間にわたって、性ホルモンが減ってしまいます。 性ホルモンが減ると、自律神経も乱れてしまいます。 そのために、 自律神経が司っている血圧や睡眠なども安定しなくなり、のぼせたり、憂鬱になったり、めまいや筋肉の痛み、抜け毛など、さまざまな症状が出てきます。 更年期障害の対策にサプリを使うなら、 一つ一つの症状に対処した成分だけでなく、原因である性ホルモンや自律神経をサポートする成分が必要です。 [効果で比較]更年期サプリの主成分はどれがいい?サポニン?エクオール? [更年期サプリ]サポニンの効果 サポニンは、ホルモンの調整を行っている「副腎皮質」という部分に働きかけて、更年期で不足した 「エストロゲン」という女性ホルモンを調整してくれます。 また、ホルモンが減ったことで乱れた自律神経を整えてくれるので、 自律神経からくる症状にもよい影響があります。 [更年期サプリ]大豆イソフラボンとエクオールの効果 「エクオール」は、「大豆イソフラボン」を吸収されやすい形にしたもの。 もともと体の中で「大豆イソフラボン」を分解して「エクオール」にしているのですが、日本人女性にはこの分解ができない体質の人も多く、 大豆イソフラボンを摂っても意味のないことがあります。 「エクオール」はサポニンと同じく、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌を整えてくれます。 [更年期サプリ]マカは更年期に効果あるの? マカは、男性の精力剤や、女性の妊活・更年期にと売られています。 男性の精力剤としては科学的によいという研究結果があります。 が、実は 女性の更年期には、「データがない」という見解しか現在出ていません。 男性更年期には使ってもよいマカですが、 女性の更年期には別の成分のサプリの方がオススメです。 [更年期サプリ]ローヤルゼリーは更年期に効果あるの? ローヤルゼリーは現在のところ、「有効ではないか」という推測だけの段階。 ただ、ローヤルゼリーはハチが集めてる関係で アレルギー被害が起きる人もいます。 皮膚炎や関節痛など、更年期症状と似たような症状だと、 更年期症状が出ているだけなのかアレルギーなのかわからなくなる可能性があります。 有効性も推測だけなのにリスクがあるので、他の成分のサプリの方がオススメです。 [更年期サプリ]コラーゲンは更年期に効果あるの? コラーゲンは、皮膚のハリを保ったり、関節の潤滑油になったりする、更年期に不足しがちな成分。 ですが、 「コラーゲンは口から食べても意味がない」と、国立健康・栄養研究所が結論を出しています。 コラーゲンはコラーゲンのままサプリとして摂るのではなく、コラーゲンの材料になるような栄養素や、分泌をサポートするような栄養素を摂る必要があります。 だから、 他の成分のサプリの方がオススメです。 [更年期サプリ]プラセンタは更年期に効果あるの? プラセンタは胎盤から摂れるもので、アミノ酸やビタミン・ミネラルが豊富です。 しかし、 効果が確認されているのは人の胎盤から取れるものだけ。 それはサプリにできないので、馬や豚の胎盤から取ったものがサプリになっています。 が、 馬や豚由来のプラセンタは、効果が確認されていません。 効果が確認されていないのに、アレルギーを起こす危険はあるので、他の成分のサプリをオススメします。 [更年期サプリ]プエラリアは更年期に効果あるの? プエラリアは女性ホルモンのような作用があり、主にバストアップサプリに使われていますが、更年期サプリにも使われています。 しかし、 プエラリアによる健康被害が多いことから、国民生活センターから「安易に摂取しないように」と勧告が出ています。 公的機関から摂らないよう言われていますので、他の成分のサプリをオススメします。 [更年期サプリ]ザクロは更年期に効果あるの? ザクロは「女性ホルモンのような作用の物質を含む」と言われていたため、更年期にも効果があるのではと思われてきました。 が、 国民生活センターが、「ザクロに女性ホルモンのような物質は含まれていない」と明らかにしています。 公的機関から効かないという見解が出ていますので、他の成分のサプリをオススメします。 [更年期サプリ]にんにくは更年期に効果あるの? にんにくは高血圧や疲労回復にいいとされて、更年期サプリにも使われます。 が、 にんにくには女性ホルモンに働きかけたり、自律神経を整えたりするような、更年期への効果はありません。 単なる高血圧対策ならにんにくサプリでもいいのですが、 更年期症状があるなら、他の成分のサプリをオススメします。 [更年期サプリ]カルシウムは更年期に効果あるの? カルシウムは、骨粗鬆症の予防に効果的です。 更年期やPMSには、「おそらく有効」という研究結果はあるものの、「影響なかった」という研究結果もあり、 はっきり効果があると解明されてはいない状態です。 骨粗鬆症の予防やイライラの解消などにはいいですが、 更年期障害に働きかけたいのなら、他の成分メインの更年期サプリで、カルシウムも入っているものをオススメします。 [更年期サプリ]ハーブは更年期に効果あるの? 更年期サプリに使われるハーブは、主にレッドクローバー。 「特に更年期症状に影響なし」という研究結果しかありません。 他のハーブも、たとえば寝つきをよくするとうたったハーブなど、対処療法に使えそうなものはいくつかありますが、 更年期の根本的な改善にはなりません。 原因にも働きかけてくれる、他の成分のサプリがオススメです。 結局どの成分のサプリがいいの? 表にまとめてみました。 ホルモンへの働きかけ 対処療法 サポニン エクオール イソフラボン マカ 男性のみ〇 ローヤルゼリー エビデンスなし コラーゲン エビデンスなし プラセンタ エビデンスなし プエラリア あるが健康被害 禁止勧告 ザクロ 注意勧告 にんにく カルシウム エビデンスなし ハーブ 更年期サプリをうたっていても、 プエラリアのように国がやめておくよう言っているものや、ザクロのように効果がないと国から勧告が出ているものもあるので、そういうものを選ばないよう気を付けてくださいね。 表ですぐわかる通り、 サポニンがオススメです。 年代別!女性におすすめの更年期サプリ 30代の更年期とサプリの選び方 30代は女性ホルモンが減少し始める世代。 卵巣の機能が落ちてくることで、ホルモンの分泌も減少してきます。 この時期を「プレ更年期」といいます。 本格的な更年期ほど激しい症状ではない人が多いですが、ストレスや睡眠不足などで少しバランスを崩すと、そのバランスを若いころのように戻しにくくなっています。 それで自律神経が乱れて、それがさらにホルモンバランスを崩すという悪循環。 30代ではまだ、 ストレスや睡眠不足など、自律神経を乱されることがなければそれほど激しい症状にはならないことが多いもの。 30代の更年期サプリ選びは、 ストレスや睡眠不足などへの対策成分が必要になります。 働きかけ 自律神経 サポニン サポニン エクオール ストレス対抗 EPA、トリプトファン、フェニルアラニン、チロシン、メチオニン、亜鉛、カルシウム、ビタミンB群 トリプトファン、フェニルアラニン、メチオニン、カルシウム、ビタミンB1 30代には、 ストレス対抗成分の多い「高麗美人」がオススメです。 40代の更年期とサプリの選び方 40歳頃から、女性ホルモンが急激に減り始めます。 閉経年齢は45歳から50歳前後が多くなっています。 女性ホルモンのエストロゲンには、血管を拡げて血行をよくする働きもあります。 エストロゲンが減ってしまうので、40代女性はとても血行が悪くなっています。 卵巣の血行が悪くなると、卵巣から分泌されるエストロゲンがますます分泌されなくなり、さらに血行が悪くなるという悪循環。 血行が悪くて体の末端に行かなくなった血が、頭に集まってホットフラッシュも起きやすくなります。 40代では 全体に血行をよくすることで、卵巣周りの血行がよくなり女性ホルモンを分泌しやすくなります。 末端に血が行き渡ると ホットフラッシュも改善できます。 40代の更年期サプリ選びでは、 血行をよくする成分を取るのがオススメ。 働きかけ ホルモンバランス・性 サポニン、亜鉛、ビタミンB群 サポニン、ビタミンB6 エクオール 血行 サポニン、EPA、アルギニン、カリウム、ゼラチン サポニン、カリウム、ステロール りんごポリフェノール 40代には、 血行をよくする成分が豊富な高麗美人がオススメです。 50代の更年期とサプリの選び方 日本人女性の閉経の平均年齢は50歳前後。 閉経するとグッとホルモンの分泌が減ります。 これまで更年期症状が軽かった人でも、悩まされることが多い年代です。 女性ホルモン「エストロゲン」にはコラーゲンを作る働きもあります。 それが足りなくなるので、 関節の潤滑油をしているコラーゲンがなくなり、関節の痛みやこわばりに悩まされる年代です。 ホルモンが少なくなったことで粘膜が乾燥して、性交痛にも悩まされます。 コラーゲンは、 コラーゲンそのものを飲んでも体内で分解されてしまうので意味がない、という国立栄養研究所の見解が出ています。 50代で更年期サプリを選ぶなら、コラーゲンサプリではなく、 ホルモン分泌に関わる成分や、コラーゲンの材料になるアミノ酸の入ったサプリがおすすめ。 働きかけ ホルモンバランス・性 サポニン、亜鉛、ビタミンB群 サポニン、ビタミンB6 エクオール 関節痛対策 バリン、グリシン、プロリン、スレオニン、ゼラチン バリン、スレオニン 50代には成分が一番充実している、高麗美人がオススメです。 男性更年期にオススメのサプリは? 「男の更年期ってどうすればいいの?」 「旦那と同じサプリを使うことってできる?」 どうせなら、夫婦で同じサプリを使えば楽だけど、何を使えばいいかわかりませんでした。 でも、 高麗人参に多いサポニン入りサプリなら、男性更年期にも使えるんです。 女性更年期サプリに多いエクオールやイソフラボンは、女性ホルモンを補うものなので、男性更年期には意味がありません。 男性更年期に使えるのは、高麗人参に多いサポニン入りのサプリ。 マカも使えるのですが、上の方の「」で触れた通り、マカは男性更年期にはある程度効果があるものの、女性更年期への効果は「データがない」というデータしかないので、夫婦で共用はできません。 また、 男性更年期に関しても、マカはアミノ酸などの働きで精子は増えるのですが、男性ホルモンに直接働きかけるものではありません。 サポニンの入った高麗人参なら、男性ホルモンに働きかけることもできるので、ホルモンの減少という根本的な原因に働きかけられます。 マカに入っているようなアミノ酸類も豊富です。 男性更年期には、ほかに前立腺や男性ホルモンの分泌に必要な、亜鉛とビタミンEが入ったものを選ぶのがオススメ。

次の

腸内細菌が作るエクオールの効果※更年期障害、シミ・しわなど効く

更年期 エクオール 効果

ダイゼイン• グリシテイン• ゲニステイン の3種類の成分があります。 その中でもダイゼインという成分が、腸内細菌によって代謝されエクオールへと変化していきます。 このエクオールは、大豆イソフラボンよりも 『エストロゲン様作用』が強く、細胞のエストロゲン受容体に入り込んで、エストロゲンに似た働きをします。 また、閉経前でエストロゲンがたくさんある時は、 『抗エストロゲン作用』によってエストロゲンの働きを抑えてくれます。 一方、エストロゲンが足りない時は、エストロゲン受容体にエクオールが入り込み、肌や骨、血管や脳などを守る作用も発揮してくれるものなのです。 これによって、さまざまな症状の改善が期待されています。 このような研究結果から女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするのは、大豆イソフラボンそのものではなく「エクオール」だと考えられるようになりました。 だから最近ではエクオールは「 スーパーイソフラボン」などと呼ばれるようになっているわけです。 エクオールに期待できる5つの効果 では、そんな大豆イソフラボンより強いエストロゲン様作用があるエクオールですが、実際にはどんな効果が期待できるのかというと、• 更年期症状の緩和や改善• 生活習慣病の予防• 骨粗しょう症の予防• 乳がん、前立腺がんなどの予防• 美肌やダイエット効果 このように、女性にとって嬉しい効果を期待することができます。 更年期症状の緩和や改善 年齢とともにエストロゲンが減少することで、更年期の症状が現れてきますが、実はその症状の重さは エクオールの量にも関係しているのです。 例えば、 エクオールが多い人は症状が軽く、少ない人は重くなる傾向があるという調査結果も報告されています。 こちらの研究では、40代以上の女性に長期間の間エクオールを摂取したもらったところ、12ヶ月後では約8割人が効果を実感したという結果もあります。 つまり足りなくなったエストロゲンの代わりに、エクオールを補うことで、更年期や40代以上で起こる症状を軽減できるということです。 生活習慣病の予防 更年期に関わらず年齢を重ねていくとどうしても気になってくるのが生活習慣病です。 動脈硬化• 体脂肪の増加• 高血圧• 糖尿病• 心臓病• 脳卒中 などの病気は生活習慣病が原因で起こることが多いです。 エクオールにはこれらの引き金となる生活習慣病の予防にも期待することができます。 実際にエクオールを産生できる方はエクオールを産生できる方よりも体脂肪面積が少ないという研究結果もあります。 50代における体脂肪の数値はエクオール産生者で 25. 7%、 非産生者で27. 8%とその差は約2%、 内臓脂肪面積においても 41. 8㎠に対し54. 0㎠とエク オール産生者が約12㎠少ない結果でした。 引用: また動脈硬化や骨吸収抑制においてもエクオールを産生できる方の方が優位性があったということなので、エクオールが生活習慣病のリスク防止に関与していることは間違いないといっていいでしょう。 骨粗しょう症の予防 エストロゲンは、骨からカルシウムが溶け出すのを抑える効果がありますが、閉経以降の女性は、エストロゲンの減少に伴い骨密度も減少し、骨粗しょう症になりやすくなります。 しかし、エクオールにはエストロゲン様作用によって、 骨からカルシウムが溶け出すことを抑える働きがあるため、骨粗しょう症の予防に期待ができるというわけです。 参照: という研究結果もあります。 乳がん、前立腺がんなどの予防 乳房にある乳管は、エストロゲンの影響を受けやすいため、エストロゲンが過剰になることで乳がんのリスクを高める危険性があります。 エクオールにある『抗エストロゲン作用』によって、 過剰なエストロゲンの働きを抑えることでき、乳がんのリスクを下げる効果も期待されています。 また、エクオールには、男性ホルモン 『アンドロゲン』の働きを抑える作用があり、前立腺がんなどの男性の病気予防や脱毛改善効果も期待できます。 美肌効果 年齢とともに肌の水分量が減り、肌が乾燥することでシワやたるみなどが出やすくなりますが年齢のせいと諦めていませんか? 実は、エストロゲンには 肌のコラーゲンを作り、肌の潤いを保ってくれる働きがあります。 なので、エクオールを摂ることでシワの面積が少なくなった人やシワの深さが浅くなった人などのデータもあります。 また、抗酸化作用によって体の酸化を防ぐ働きもあり シミの改善や美白効果も期待できます。 このほかに動脈硬化や糖尿病、更年期以降のメタボリックシンドローム予防などにも期待されているのです。 このようにエクオールは、このような効果が期待できるので、新たな可能性を秘めた素晴らしい成分なのです。 エクオールは作れる人と作れない人がいる エクオールを作る元となっているのが、『』という腸内細菌です。 エクオールが作れるか作れないかは、このエクオール産生菌が腸内にあるかないかで分かれてしまいます。 エクオールを作れる人は、大豆を摂取するとダイゼインが腸内にあるエクオール産生菌によってエクオールが作られ体内に吸収されます。 一方、エクオールが作れない人は、大豆を摂取するとエクオールが作られずダイゼインはそのまま体内に吸収されます。 このエクオール産生菌を持つ割合は、 日本人ではなんと2人に1人しか作れないという調査結果があります。 出典: また、住んでいる地域や年齢によっても作れる人の割合が異なり、年齢が若くなるにつれエクオール産生量が低下している現状があるようです。 実際に上記の図を見てもらってもわかるように、 欧米の地域では約3割の人しか作り出すことができません。 大豆製品は、古くから日本人の食事に欠かせないものでしたが、食事の欧米化で大豆製品摂取の減少が影響しているのではないかとも言われています。 さらに腸内細菌のバランスは、普段の食生活や体調にも影響され、同じ人でも作れたり作れなくなったりすることもあります。 では、どうすればエクオールを増やすことができるのか。 次で詳しく解説します。 エクオールを増やす3つの方法 エクオールを増やすには、 エクオール産生菌という腸内細菌を増やすことが必要です。 これまで大豆イソフラボンには、エストロゲンと似た働きをすると言われてきましたが、 最近の研究では大豆イソフラボンを摂取後、エクオールに変換されたものがエストロゲンと似た効果を示すということが分かっています。 なので、腸内にエクオール産生菌がない人や少ない人は、大豆イソフラボンをいくら摂取してもエストロゲンと似た働きをしないという結果になります。 意識的に大豆製品を摂取しても、更年期症状に変化を感じられないというのはエクオール産生菌がないというのが原因だったわけです。 では、どうすればエクオール産生菌を増やすことができるのかというと• 納豆1パック• みそ汁1杯• 豆乳200mL• 豆腐1丁 これがおおよその目安になります。 効率よく摂れるようにいろいろ工夫して、毎日大豆製品を摂るように心がけましょう。 腸内フローラを整える 大豆製品を毎日摂っても、エクオール産生菌がいなければエクオールは作られません。 そこで 腸内フローラを整える必要があります。 腸内細菌を活性化させるには、栄養源を与えないといけません。 その栄養源となるのが、 食物繊維です。 葉物野菜や根菜、海藻、きのこなど、食物繊維が豊富な食品をたくさん摂るように心がけましょう。 寒天は特におすすめ 腸内フローラを整え、エクオール産生菌を増やしてくれると注目されているのが『 寒天』です。 寒天はほぼノンカロリーで、血糖値の上昇やコレステロールの増加を抑制してくれるので、メタボ対策としても効果が期待できます。 エクオールサプリを活用する 自分の腸内にエクオール産生菌があるのかないのかも気になりますよね。 もし、あるかどうか悩むなら直接サプリでエクオールを摂取することも一つの方法です。 普段の食生活を見直して、大豆製品や食物繊維を意識して摂っていても、あまり変化が見られない場合は、サプリをプラスしてみましょう! サプリメントで摂取すれば作れない人も直接エクオールを摂取することができるので、問題なくエクオールの効果を得ることができます。 それにサプリメントであれば、どのくらいの量を摂取したのかがわかるので、1日の目安量を摂取することが可能になります。 大豆製品を食べても、実際には体の中でどれくらい代謝されてエクオールになっているのかなんてわからないので、効率よく摂取するならサプリメントがおすすめですよ。 エクオールサプリの副作用はある?ない? エクオールという成分は、• 腸内細菌であるエクオール産生菌• 大豆などから摂取できる大豆イソフラボンのダイゼインなど が合わさって体内で作られる物質です。 体内で作られるということは、 エクオールという成分自体には副作用はないと考えて問題ないでしょう。 ただ、エクオール自体には副作用はないかもしれませんが、大豆イソフラボンなどを過剰摂取した場合は副作用がでる可能性あります。 上記でも触れたように、大豆イソフラボンの 1日の摂取上限量は70~75mgなのでこれ以上摂取してしまうのは辞めましょう。 また、もしサプリメントで摂取する場合は、必ずメーカーの摂取量を守るようにしてください。 サプリメントは多く摂取したからといって、効能などが倍になるということはありませんので。 更に詳しくはこちらの記事も参考にしてみてください。 まとめ エクオールは更年期を迎えている方にはもちろん、40代以降で女性の方にもおすすめの成分です。 恐らくまだまだ、これからエクオールに関しては様々な研究が行われて検証されいくと思います。 ちょっと、40代になって体調が悪くなってきたと感じたら、エクオールを摂取してみてください。 もしかすると、今までの体調が嘘のようによくなるかもしれませんよ!.

次の

[更年期サプリ効果]どんな効果のサプリを選べばいい?成分で比較

更年期 エクオール 効果

エクオールとは エクオールとイソフラボンの関係 多くの方が知っている通り、「大豆」には「イソフラボン」が含まれていますよね。 この「イソフラボン」は、「女性化」を進める「女性ホルモン」である「エストロゲン」の構造に類似していることから、適量の「イソフラボン成分摂取量」を維持しているほど、「骨粗しょう症予防」「脳梗塞・心筋梗塞予防」「更年期障害・症状改善」「乳癌・乳がん予防」への効果があるとの研究報告が「厚生労働省」によって発表されています。 この上記2つのパターンに分類されるのは、「腸内フローラ」が大きく関係してきます。 私たちの身体における「大腸」には、数多くの「腸内細菌」が存在していますが、そのうちのひとつとして「イソフラボン」を「エクオール」へと変換させる「エクオール産生菌」というものが発見され、この「エクオール産生菌」がいかにして働きかけるかが「エクオール」を「増量」するには、重要だということなのです。 その詳細については明らかになっていないのですが、「食生活の変化」にカギがあり、「10~20代」の方は、「大豆イソフラボン」の「摂取量」が少ないことがひとつの要因として考えられています。 「エクオール」の「産生率」が高ければ、多くの若い女性の方が気にしている「育乳・バストアップ」の効果へもつながりますので、美容健康両面において「エクオール」を摂取することがおすすめです。 画像出典:40代以上の女性と健康を支える「エクオール特集」 エクオールを増やすためには 日本で「エクオール」の「産生率」の高い「60代」の方は、「腸内細菌」を増やす力となる「食物繊維」を確実に摂取しています。 つまり、以下のような「食物繊維」を含む食品を日々の食事に取り入れることで「エクオール」の「産生率」を向上させ、「腸内環境」をしっかりと整えてくれるということなのです。 ただし、一時的ではなく、毎日続けていけるかどうかが重要になってきますから、そのことを念頭に置きながら「栄養バランス」のとれた「食生活」を送るのはもちろんのこと、適度の「睡眠時間」「運動量」の確保にも努めていきましょう。 【食物繊維が豊富な食品】• 大豆製品 納豆・豆乳・豆腐など• きのこ• 根菜 にんじん・玉ねぎ・大根・じゃがいもなど• ヨーグルト• 画像出典: つまり、「エクオール」の「産生率」が低いほど、以下のような症状が重く、「体内」に「エクオール」を蓄えることが「更年期障害・症状」の改善には重要となってくるということです。 【エクオール産生率の低い場合に見られる更年期障害・症状】• 不眠症• 顔がほてる• 冷え性 手足などの冷えが気になる• のぼせる• 首・肩凝り• 倦怠感• 脂質異常症• 骨密度の低下 骨粗しょう症の恐れ• 糖尿病リスクがある また、以下のような自覚症状がある場合は、「更年期障害・症状」の恐れが考えられますので、「エクオール」をしっかりと摂取して、改善させていきましょう。 めまい・耳鳴り・ふらつきが起こる• 顔がほてる・のぼせる ホットフラッシュ• 大量に汗をかく• 動悸・乳房の痛みがある• 頭痛がある• 不正出血がある• 過剰な生理痛・生理不順 月経不順 がある• 手足が冷える・しびれる• 手足などがむくむ• 不眠症である• 疲労を感じやすい• 妙に喉・口内が渇く• 倦怠感がある• 食欲不振気味• 薄毛・抜け毛に悩んでいる• 吐き気がある• 情緒不安定になりやすい イライラ・落ち込みなど• 物忘れの悪化• 血圧が高め• 若いうちでも「血液中」の「エストロゲン」「プロゲステロン」の量が減少すれば、「卵胞数」も不安定になり、「生理不順」が起こることが考えられますが、「エクオール」を取り入れることで「エストロゲン」の代役を果たしてくれるため、「生理不順改善」「生理正常再開」への効果効能が得られるようになるのです。 画像出典: シミシワ改善・美白効果 「エクオール」には、強い「抗酸化作用」や「コラーゲン生成・エラスチン結合作用」があるため、「皮膚・肌」への「保湿」がしっかりとなされることから、「シミ」「シワ」を改善させる他、「美白」への効果効能が期待できます。 「骨粗しょう症」を患う危険性が高くなります。 「エストロゲン」には、「血管壁」の「柔軟性」を保持する性質があることから、「骨密度」を「UP」させることができ、「骨粗しょう症予防・改善」を可能にしてくれるのですが、臨床試験結果によると、「エクオール」の「産生率」が高い方においては、より良好な効果効能が得られるということが明らかになりました。 画像出典: メタボリックシンドローム予防 「メタボリックシンドローム」は、「高血圧」「脂質異常症 高LDLコレステロール 」「高血圧」の他、「太った・太る」という「肥満」によって発症し、「動脈硬化」のリスクが生まれますが、「女性」の場合は、「更年期以降」の「女性ホルモン減少期」に起こりやすくなります。 「エクオール」は、「HbA1c 糖尿病・動脈硬化リスクの指針となる 」「LDLコレステロール減少」へと良好な効果をもたらすことから、「メタボリックシンドローム予防」の効果効能があるということになるのです。 つまり、適量の「エクオール」が体内で確保されていれば、「必要以上に太った・太る」ということも軽減され、結果として「痩せた」ということにつながっていくでしょう。 画像出典: 脱毛改善・発毛効果 比較的多くの「男性」が悩まれている「薄毛・脱毛」には、「男性ホルモン」である「アンドロゲン」が過剰に働きかけていることが大きく影響しているのですが、「エクオール」には「抗アンドロゲン・アンドロゲン抑制作用」が存在するため、「脱毛改善・発毛」への効果効能が発揮されます。 画像出典: 不妊・不妊治療効果 「女性」の体内では、「30代」を過ぎると徐々に「エストロゲン」の「分泌量」が減少していきますから、「不妊治療に取り組んでいる」「着床しづらい」「女性ホルモンバランスが乱れている」という方の中には、「エストロゲン」の問題が生じているのかもしれません。 「エクオール」には「エストロゲン」の代役を果たしてくれるという大きな働きがありますので、「エクオール」の「産生率」を上げることで、「妊娠・着床しやすい環境」をつくることへとつながり、「不妊・不妊治療」への効果効能が発揮されることが期待できます。 画像出典: 前立腺癌・前立腺がん予防 「前立腺癌・前立腺がん」には、「男性ホルモン」である「アンドロゲン」が過剰に働きかけていることが大きく影響しているのですが、「エクオール」には「抗アンドロゲン・アンドロゲン抑制作用」が存在するため、「前立腺癌・前立腺がん予防」への効果効能が発揮されます。 また、「乳腺症」「子宮内膜症」「子宮筋腫」などの、「女性ホルモン」が大きく関係してくる「疾患」に対しても、「エクオール」の「産生率」を上げ、しっかりと「腸内環境」や「ホルモンバランス」を整えてあげることで、そのリスクを軽減させることにもつながっていくでしょう。 エストロゲンには乳腺を刺激し、活性化してくれる役割があります。 乳腺が発達すれば乳が大きなリバストアップ・育乳効果が期待できるでしょう。 エクオールの安全性・副作用 前述してきたように、「エクオール」には「女性ホルモン」のバランスをしっかりと整えて身体への良好な効果効能をもたらしてくれるものの、「過剰摂取」を続けると、それは逆効果の「副作用」となって現れてしまいかねません。 現に、「過剰摂取」を続けた閉経後のイタリア人女性が、「5年間」に及んで「1日150mg」の「イソフラボン」を摂取した結果、「子宮内膜症」の危険性が高まってしまったという副作用の報告がなされています。 日本国内の「内閣府・食品安全委員会」では、「イソフラボン」における「食品としての1日における摂取量」は「~30mgまで」と「基準値」を設定していますので、これを目安にコツコツと摂取するとよいでしょう。 「サプリメント」から摂取する場合は、くれぐれも各社の「摂取量」を守り、「副作用」には気をつけるようにしてください。 参考: まとめ ここまで「エクオールの効果効能9選と副作用と乳がんとの関係」についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか? 体内における「エクオール」の「産生率」が上がることで、「骨粗しょう症予防」「脳梗塞・心筋梗塞予防」「更年期障害・症状改善」「前立腺癌・前立腺がん予防」「乳癌・乳がん予防」への効果効能が発揮されます。 ただし、現代の「10~20代女性」の場合は、この「産生率」が低い傾向にあるため、「腸内環境」や「女性ホルモン」のバランスを整えて美容健康づくりに備えるためにも、毎日「イソフラボン」を含む栄養バランスのとれた食事を摂り、「エクオール」の「産生率」を向上させていきましょう。 また、「過剰摂取」を控えていれば、大きな「副作用」の心配はありませんが、不安な場合は医療機関や薬局にて相談することをおすすめします。

次の