キムチエンジョイまとめ。 2ch

韓国あんてな

キムチエンジョイまとめ

ドイツ、「韓国などG7首脳会談参加」に反対 2020年07月27日 08時31分 WoW! Korea G7会議に、非加盟国である韓国、ロシアなどが参加することに対して、ドイツが反対の意を明らかにした ドナルド・トランプ米国大統領が主要7か国(G7)会議に非加盟国である韓国とオーストラリア、インド、ロシアを招請したいという意を伝えていたことに対して、G7加盟国のドイツが反対の意を明らかにした。 今日(27日)ドイツのハイコ・マース外相は、メディアとのインタビューで「G7と主要20か国(G20)は賢明に編成された2つのフォーマットだ」とし「我々はG11やG12を必要としない」と語った。 」 アラブ首長国連邦国営通信社であるWAMが最近、報道した記事のタイトルです。 UAEが20日、火星探査船「アマル」の発射に成功するとすぐに韓国航空宇宙研究院 KARI が祝意を伝え、関連経験の共有を希望してきた、という内容を含みます。 韓国とUAEは特別戦略的パートナーの関係で、今年は修交40周年の上、原子力発電と軍事分野、農業技術部門などでも協力しており、我が国がUAEの火星探査船の発射を祝って協力を提案するのはあまりにも当然です。 しかし、この記事を読みながら頭の1ヶ所では一つの質問がずっとぐるぐる回ります。 「ところで、なぜUAEは火星探査船発射体として日本のロケットを選択したのだろうか?」 略 その上、日本種子島宇宙センターは赤道に近くて技術的側面でも有利な側面があります。 考えてみればUAEは2009年と2013年、韓国衛星業者に小型科学衛星を注文製作して発射し、2018年には韓国業者から技術移転を受けて共同開発した偵察衛星カリファサットを発射しましたが、この衛星もやはり日本種子島宇宙センターから三菱H-IIAにのせられて発射されました。 そのためUAE火星探査船に日本発射体を使ったのは技術的経済的側面を考慮した選択にすぎません。 パク・ソクホ記者 ソース:KBSニュース(韓国語)[特派員レポート] UAE火星探査船はなぜ日本発射体を選択したのだろうか?

次の

2ch

キムチエンジョイまとめ

金杉審議官の後輩で、国際協力局長に昨年任命された鈴木秀生・前駐韓日本大使館総括公使も待機発令を受けた。 昨年の谷内正太郎国家安全保障局(NSS)局長に続き、日本の「コリア・スクール」の座長格である金杉氏まで退き、安倍首相に対して韓日関係について助言できる人物が消えたとの声も上がっている。 日本でコリア・スクールとは韓日関係を専門とする外交官の通称だ。 東京の高位外交筋は26日、「金杉外務審議官が1年足らずで退き、外務省やその周辺に大きな衝撃を与えた。 これで、安倍首相の周囲で韓国のことに神経を使う人は1人もなくなった」と語った。 日本のメディア界のある幹部も「次官候補にまで名前が挙げられていた人物が短期間で退くのは前例がない」と言った。 金杉氏は外務省の要職である北東アジア課長、アジア大洋州局長を経て長年、韓日関係に関与してきた。 2011年3月11日に東日本大震災が発生した時、韓国の救助隊を最初に受け入れようと言ったのも金杉氏だった。 2010年代半ばには在韓国日本大使館総括公使を務めた。 昨年9月に経済担当外務審議官に昇進した後も、安倍首相と頻繁に会って韓日関係について助言してきた。 金杉氏の後任には、安倍首相の秘書官を8年間務めた鈴木浩氏が任命された。 鈴木新外務審議官は在韓日本大使館公報文化院長を約3年間務めたが局長の経験はなく、韓国関連業務に深く関与していないため、コリア・スクールに分類されていない。 金杉氏より前の2014年から15年まで李丙ギ(イ・ビョンギ)駐日韓国大使=当時=と韓日慰安婦合意交渉をした谷内正太郎氏も国家安全保障局局長を昨年9月に退いた。 このような流れは、差し押さえされている韓国国内の日本企業の資産が来月以降現金化される場合の強硬対応を予告しているとの見方もある。 今回の人事で、昨年の対韓国輸出規制を主導した今井尚哉・首相補佐官兼秘書官の独走を阻むことができる人がいなくなったとの声も出ている。 naver. net 2020年7月21日、韓国のインターネット上で日本のシルバー川柳が紹介され、反響を呼んでいる。 韓国の複数のインターネット掲示板で紹介されているのは、公益社団法人全国有料老人ホーム協会の川柳大会で入選した作品。 「突然に 医者が優しく なる不安」「どこで見る 東京五輪 天か地か」「未練ない 言うが地震で 先に逃げ」「紙とペン 探している間に 句を忘れ」「恋かなと 思っていたら 不整脈」「年上が タイプだけれど もういない」「万歩計 半分以上 探し物」など、切なくも笑ってしまう作品が並んでいる。 これを見た韓国のネットユーザーからは「センスあるね」「こういうの大好き」「日本のお年寄りは愉快で面白い」「ウィットに富んだものばかり」「不整脈で爆笑した」「全て名作。 想像力がすごい」「日本の全盛期を支えた人たちだからか、ユーモアも素晴らしい」など絶賛の声が上がっている。 また、「川柳の魅力…」「これが川柳か。 おしゃれだね。 日本のこういう文化は面白い」など川柳の魅力にハマる人も。 その他、「私ももっと心に余裕を持って生きようと思った(笑)」「なぜだろう?面白いのに心が痛む」「母親が頭に浮かんでジーンときた」「さすがノーベル文学賞を受賞した国だ」「五輪は延期になって天でも地でも見られないかも(泣)」などさまざまな声が寄せられている。 net もう日本へ助けを求め仏像を返すしかない。 「韓国提訴」発言でイラン大使呼び抗議 原油代金巡り 聯合ニュース 2020. yna. jpg イラン外務省のムサビ報道官=(EPA=聯合ニュース) 【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は21日、イラン外務省のムサビ報道官が現地メディアとのインタビューで、 凍結されている原油輸出代金を支払わない場合、 韓国を提訴すると発言したことについて、シャベスタリ駐韓イラン大使を呼んで抗議した。 同部の金仁チョル(キム・インチョル)報道官は定例会見で、「極めて遺憾な報道」として、 「当局者が(シャベスタリ)大使を呼び、不適切な発言に対し遺憾を表明した」と述べた。 シャベスタリ大使は理解を求め、イラン政府の正式な立場ではないことを強調したという。 ムサビ報道官は韓国が米国の対イラン制裁に参加し、 イランの原油輸出代金を法的根拠なく凍結したとして、 「外交的に解決しなければ国際裁判所に提訴し、債務を返済するよう求める」と主張した。 イラン側が支払いを求めているのは 韓国のウリィ銀行とIBK企業銀行に預けられているイランの原油輸出代金で、 約70億ドル(約7500億円)とされる。 韓国は米国の承認を得て、 2010年からイランの原油輸入代金を2銀行に開設されたイラン中央銀行の口座にウォン建てで入金し、 イランに制裁対象外の物資を輸出する韓国企業は代金をこの口座から受け取る方法でイランと取引した。 だが、米政府が昨年9月、イランの中央銀行を制裁対象に指定し、イランとの貿易は事実上中断している。 ---------------- 韓国企業がイラン、シリアへ不正輸出 大量破壊兵器関連物資 国際管理に抵触 産経 2019. 11 05:00国際朝鮮半島 生物・化学兵器を含む大量破壊兵器製造に転用可能な物資をシリアやイランなど北朝鮮の友好国に不正輸出したとして、 韓国政府が複数の韓国企業を行政処分していたことが10日、日本政府関係者への取材で分かった。 日本側は韓国向けの輸出規制強化の背景として、「輸出管理上の不適切な事案」を指摘。 韓国側は世界貿易機関(WTO)の物品貿易理事会で「貿易をゆがめる措置だ」などと撤回を求めているが、 多数の企業が不正輸出を企図し、摘発されている事実は、 韓国における戦略物資の不正な国際流通に対する甘い認識を浮き彫りにした格好だ。 st-hatena. kbs. jpg 「韓国が月と火星に関する探査のためにアラブ首長国連邦 UAE と協力することを希望している。 」 アラブ首長国連邦国営通信社であるWAMが最近、報道した記事のタイトルです。 UAEが20日、火星探査船「アマル」の発射に成功するとすぐに韓国航空宇宙研究院 KARI が祝意を伝え、関連経験の共有を希望してきた、という内容を含みます。 韓国とUAEは特別戦略的パートナーの関係で、今年は修交40周年の上、原子力発電と軍事分野、農業技術部門などでも協力しており、我が国がUAEの火星探査船の発射を祝って協力を提案するのはあまりにも当然です。 しかし、この記事を読みながら頭の1ヶ所では一つの質問がずっとぐるぐる回ります。 kbs. 「アマル」は「希望」という意味です(記者注:日本ではHOPEと報じられた)。 この探査船は日本種子島宇宙センターから発射されましたが、発射体は三菱重工業のロケットH-IIAが使われました。 UAEは火星探査船の設計と製作過程では米国研究陣と協力したので発射体も米国を選ぶのが自然ですが、なぜ日本のロケットに決めたのでしょうか? 衛星を発射するロケットと火星探査機を発射するロケットは基本原理は同じですが性能面では大きな違いがあります。 イ・チュングン科学技術政策研究院名誉研究委員は「発射体が地球を脱出するには第1宇宙速度の飛行で可能だが、火星に探査船を送るには第2宇宙速度が必要だ。 現在、この第2宇宙速度を実現する発射体を保有しているのは米国とヨーロッパ連合、ロシアとインド、日本などに過ぎない」と説明します。 ところで「より安定的に火星探査船を送るには、できるだけ地球と火星が接近する時期を狙うべきで、このサイクルが2年に一回程度の周期でまわってくる」とされます。 このため、各国はこの時期に合わせて火星探査船を打ち上げるため競争するほかありません。 今回もUAEに続き中国が23日、火星探査船「天問1号」を発射し、米航空宇宙局NASAも近い将来、パーセヴェランス火星探査船を発射するのはこのような理由からです。 このような状況で火星探査船は開発したものの発射体を保有していないUAEは、反対に発射体はあるが火星探査船はない日本をパートナーに選択することになるのです。 日本としては宇宙競争に自国のロケットが使われる点で広報効果を狙えるだけに安い値段で入札に参加した可能性が高いのです。 その上、日本種子島宇宙センターは赤道に近くて技術的側面でも有利な側面があります。 考えてみればUAEは2009年と2013年、韓国衛星業者に小型科学衛星を注文製作して発射し、2018年には韓国業者から技術移転を受けて共同開発した偵察衛星カリファサットを発射しましたが、この衛星もやはり日本種子島宇宙センターから三菱H-IIAにのせられて発射されました。 そのためUAE火星探査船に日本発射体を使ったのは技術的経済的側面を考慮した選択にすぎません。 UAE火星探査船は日本のロケットで発射されましたが、その後、我が国がUAEに宇宙探査協力を希望する意思を伝えたという記事を見て、これをどのように受け入れるべきか、しばらく首をかしげたのは事実です。 もしかしたら単純なお祝いを伝える外交的表現ということもありえます。 しかし、現実的に最大限の実利を得るのが外交なら、探査協力提案はもしかしたら当然のことでしょう。 我が国とUAEが協力を通じて技術を発展させ、自国発射体に自国探査船をのせてあげることができる日を迎えることを希望します。 パク・ソクホ記者 ソース:KBSニュース(韓国語)[特派員レポート] UAE火星探査船はなぜ日本発射体を選択したのだろうか? 00 ID:ckpDwbWs9. メッキなど金属の表面加工業を営む経営者は「数十年間受け継いできた取引を突然打ち切った事からすると、単純に新型コロナウイルスの影響だけではなく、韓国最高裁の徴用賠償判決にともなう両国間貿易紛争のためだと思う」と話しているという。 韓国政府の外郭団体である国家根幹産業振興センターは私たちの取材に対して、複数の日本の部品企業が韓国企業との契約を止め、台湾やベトナムの企業に切り替えたことは事実だと認めた。 金型や溶接、メッキなどの部品加工関連産業は韓国では「根幹産業」と呼ばれている。 国家根幹産業振興センターによると、こうした根幹産業の年間売り上げは165兆ウォン、日本円で約15兆円(2018年実績)にのぼり、韓国の製造業の約10%を占めている。 条約に反する判決で突然資産を差し押さえられ、激しい日本製品不買運動が繰り広げられるような国は「カントリーリスク」が高いと判断される。 しかも今後の両政府の動き次第では状況がさらに悪化する可能性もある。 韓国に進出している企業関係者に話を聞いても、積極的に韓国に投資しようという話は、いわゆる徴用工を巡る韓国最高裁判決以降、ほぼ耳にすることは無い。 逆に予定されていた投資を控える、韓国駐在員を減らす、韓国でのビジネスを止めるという動きは増えているように感じる。 今回の取引停止は日本国内にある企業と韓国企業との取引にも影響が及びつつある証拠だ。 一方、韓国側はどうか?韓国与党では4月の総選挙に大勝して以降、差し押さえられた日本企業の現金化をどうするのか、日本と関係改善するにはどうすれば良いかという視点ではなく、「現金化後の日本からの報復に耐えられるのか」という議論が進んでいる。 もはや問題解決の意志はないかのようだ。 もし差し押さえられた日本企業の資産が現金化されれば、日本政府は何らかの「対抗措置」を取ると宣言している。 だがその規模は国際社会で認められた「相応のもの」になるだろう。 つまり、今日までに現金化申請された日本企業の差し押さえ資産は52億7000万ウォン、日本円で約4億7000万円であり、それ以上のダメージを韓国に与える措置は取れない。 「日本の報復」に耐えられるのかどうかは、実は重要な議論ではないのだ。 徴用工を巡る問題は日韓関係の根幹を毀損するものであり、国家間の関係が根本から覆されるものだ。 そのような問題を抱えた相手国とビジネスを続けるのは難しい。 だから取引しないという動きが出てくる。 それが「日韓関係崩壊」の本当の意味だ。 ある日本政府関係者は「日韓関係が根本から崩れる意味を韓国政府は理解していないのではないか」と嘆く。 「日本とは違う道を行く」のは韓国政府の自由だが、そのリスクを正しく測って判断しているのかは、少々疑問が残るのだ。 net 韓国政府は、国内における「新型コロナウイルス感染症」ワクチンの開発完了の目標時期を2021年の下半期に設定した。 年内や2021年初めに商用化を目指している「治療薬」より開発期間が長いが、まずは臨床開発を急ぐという計画である。 パク・ヌンフ中央災難安全対策本部第1次長 保健福祉部長官 は26日、午後の定例会見において「国内企業のジェネクシン社は、6月11日にDNAワクチンの臨床に着手し、SKバイオサイエンスとジンワン生命科学なども年内に臨床に入る計画をしている」と明らかにした。 続けて「これらの主要企業は、年内に臨床に入り、2021年下半期以降に完了することを目標に ワクチンを 開発している」と付け加えた。 Copyrights C News1 wowkorea. 25 ID:kPCCXxk79. 2019年7月、フッ化水素など3品目について日本政府が韓国向け輸出管理を強化して以降、韓国では官民挙げて「NO JAPAN 」「脱日本」が叫ばれ、 日本への敵対心・対抗意識が高まったままだ。 その間、日本製品の不買運動が巻き起こり、日本から輸入していた素材・部品の国産化や調達先の多様化が進められてきた。 規制強化からちょうど1年となる2020年7月、韓国政府やメディアからは 「日本の輸出規制に打ち勝った」「こんなにも国産化が進んだ」「苦しんでいるのは日本だ」との声が相次いだ。 冒頭の文大統領の演説もその文脈でなされた「日本との決別宣言」あり、韓国国内の素材・部品・装備産業の飛躍と国際社会との協力こそが「韓国の道」だと強調したのだ。 輸出の伸び悩み、若者の失業率の高止まり、天井知らずの不動産価格など、韓国政府の経済政策には国民の不満がたまっており、 日本への強気の姿勢は格好の「ガス抜き」だ。 また韓国の経済専門家らに話を聞いてみると、日本による輸出管理の強化後もきちんと申請すれば輸出許可は出ている事から、 「実際にはそれほど経済に影響は無い」ということは、早い段階から韓国側は理解していたようだ。 それでも強く反発したのは、「韓国を植民地化した『加害者』である日本が、『被害者』であり道徳的に上位な韓国を攻撃するような政策をとるのはけしからん」 という心情的な理由が大きい。 また韓国では、輸出管理強化は「輸出規制である」と断定され、いわゆる徴用工を巡る訴訟で2018年10月に韓国最高裁が 日本企業に賠償を支払うよう命じた事への報復であるというのが既成事実化されている。 報復なのだから、妥協したり折れたりしないという事だ。 日本製品不買運動を繰り広げ、いわゆる徴用工を巡る問題で有効な解決策を示さない韓国側の対応について、 「日本企業が韓国から手を引いたら大変な事になるが、そういう危機感はあるのか? 」と前出の専門家らに聞いてみたのだが、大半は楽観的な答えだった。 彼らが自信の根拠にしているのは、日本企業との数十年にわたる協業関係と、人と人とのつながりを重視する文化の相似性だ。 そう簡単に日本企業は長年付き合った韓国企業を切るような事はしないので、大丈夫という自信があるようだった。 だが、現実はそう甘くは無い。 メッキなど金属の表面加工業を営む経営者は 「数十年間受け継いできた取引を突然打ち切った事からすると、単純に新型コロナウイルスの影響だけではなく、韓国最高裁の徴用賠償判決にともなう 両国間貿易紛争のためだと思う」と話しているという。 韓国政府の外郭団体である国家根幹産業振興センターは私たちの取材に対して、複数の日本の部品企業が韓国企業との契約を止め、 台湾やベトナムの企業に切り替えたことは事実だと認めた。 金型や溶接、メッキなどの部品加工関連産業は韓国では「根幹産業」と呼ばれている。 国家根幹産業振興センターによると、こうした根幹産業の年間売り上げは165兆ウォン、日本円で約15兆円(2018年実績)にのぼり、韓国の製造業の約10%を占めている。 新型コロナによる需要減少や日本企業との取引停止により厳しい状況に追い込まれていて、前出の「韓国経済」は 「政府が対策をたてなければ、年末までに根幹企業の30%が廃業する」と危機感をあらわにしている。

次の

おーるじゃんる

キムチエンジョイまとめ

2018年4月にオープンした同店は、低価格で焼き肉を楽しめる「一人焼き肉専門店」として各メディアに取り上げられ、今も大きな話題を呼んでいます。 注目したいのはトノサマカルビが自らを「焼肉定食」の専門店としていること。 その背景には「焼き肉を、気軽に一人で食べてほしい」という思いがあります。 例えば、牛丼のようにサッと食べられ、サッと出て行く。 そういう風に焼き肉を食べてもらうためには、安さと手軽さが重要。 自問自答を繰り返し、たどり着いた答えが「焼肉定食」だったとのこと。 「定食なら身構えることなく食べられ、価格も安くて当然」そんなイメージできちんと焼き肉として楽しんでもらうため、1席に1台のロースターを用意。 このスタイルも「肉は自分で焼いて食べるのが、一番美味しくて楽しい」というこだわりから考案されたそう。 「一人で焼き肉を楽しめること」がコンセプトのため、席はカウンターのみ。 気軽さを重視していますが、決して店内は雑多でなく落ち着いた雰囲気です。 一人で焼き肉を楽しむための工夫は、ロースターだけではありません。 食事に集中できるよう席間隔のゆとりを少し広めに設計。 さらに席ごとに引き出しがあったり、椅子の下に荷物を入れられたりと、自分だけの空間が持てるように調整されています。 ちょっとした心遣いがうれしいですね。 その居心地の良さを生み出しているのは、スタッフの接客も一因でしょう。 「リピーターが多い」というのも納得です。 とにかくご飯がすすむ濃厚な旨味!ずばり秘訣はタレにあり 注文は、店頭にある券売機で食券を購入します。 今回は、一番人気の「極味 秘伝たれ 熟成カルビ定食」(690円)をオーダーしました。 料理はスピーディーに提供され、あまり待ち時間はありませんでした。 これも気軽さを追求した結果。 サクッと食べられるのが、トノサマカルビの魅力なのです。 さて、定食はカルビとライス(大盛可)、韓国のりのスープがセット。 ミントガムが付いてくるのが、焼き肉店っぽくてユニークです。 カルビの揉みダレは、にんにく醤油をベースに、肉に絡むようにすりおろし野菜を使用。 しっかり味付けされ、「ご飯に合う濃厚な味わいを目指した」そうです。 面白いのは、タレに食物繊維が豊富なカカオマスを配合していること。 日常的に焼き肉を食べてもらうために、栄養面にも配慮しているんだとか。 いわゆる使い捨て網ではなく、ロストル(焼き網)を使用。 だから強い火力で、手早く簡単に美味しく焼けるんです。 一人で焼きあがりを待つ時間を短縮できるのはありがたいですね。 焼けたカルビは、とっても美味~!肉厚で噛み応えがあり、甘みと旨味がガツンと押し寄せてきます。 そのままでも味がしっかりついていて、ライスとの相性バツグン。 そして、あっさりめのつけだれと合わされば肉の味が際立ち、これまた箸がすすみます。 これで690円とか信じられない!と思い、安さの秘密を聞いてみると、メニューをシンプルにして、オペレーションを簡素化することで、価格をグッと抑えられるのだとか。 そんな自慢のカルビは3種類。 秘伝だれ以外にも、レモンの風味がアクセントの「塩ネギだれ」と、ヤンニョム(薬膳辛味噌)を使ったスパイシーな「辛味薬膳だれ」があります。 価格はそれぞれ単品だと各390円で、定食は690円。 また、定食で2種類のカルビが付いた「2種盛り」は1,050円で、3種類全て食べられる「3種盛り」は1,400円です。 とはいっても、カルビが苦手な人のニーズに合わせるため、メニューには塩ネギの牛タン(単品780円)と牛シマチョウ(単品390円)、秘伝たれのハラミ(単品580円)もラインナップ。 この3部位もすべて定食としてオーダーできます。 いずれのメニューも卓上に置いてあるキムチやナムルは食べ放題。 こちらもご飯のおともにピッタリな味付けです。 まとめ 殿様のように焼き肉を一人で堪能できる「トノサマカルビ」。 人気の理由は、一人でも訪れやすい気軽さと、圧倒的なコスパの高さにありました。 お肉好きなら、ヘビロテ間違いなし。 ふとした瞬間に、ふらっと焼き肉を味わえる贅沢をぜひお楽しみください。 住所:東京都新宿区高田馬場1-17-15 電話番号:03-6265-9041 営業時間:11:00〜23:00(L. 価格、内容等は変更になる場合があります。

次の