チック タック スケボー。 スケートボードのプッシュやチックタックが上手くいくようになったら、次はターンに挑戦です。

スケボーの乗り方は意外と簡単?初心者向けの基礎知識をご紹介!

チック タック スケボー

今日は天気が悪い (追記:悪くなかったわ)のと 足が痛いので昨日書き切れなかったことの補足をしていきます。 トンシュットン理論 ここ数日で色んなハウツー動画を見たけどこの「シュッ」の概念は意外と見落とされがちだと思う。 昨日の説明はかなり駄文になってしまったので図で説明します。 まずこれが ターン!ターン!のイメージ。 多分これでも振るスピードが速ければ全然進むと思う。 でも いらんところに力を入れてるのでちょっと勿体ない。 具体的にはターン!のところですね。 音が鳴るということはそれなりの力が加わってるということだが、このターン!は加速に寄与しないので この分の力はロスってると考えられる。 もちろんターン!に至るまでの振る動作 (赤矢印の部分)では加速してるので動きとしては合ってるのですが、それがターン!で強制終了されるので勿体ないんですね。 一方こちらが トンシュットンのイメージです。 謎の直角が目を引きますが、実際にこういう 弾いてる感覚がぼくの場合はあった。 上手い人のチックタックを見ると前輪が路面に着いた後に グイッと前に行くような動きがある。 あれについては前足で板を押してるという説明もあるがぼくは少し違うと思っていて、 テールを踏んでるけど前足は押さえたままの状態なのではないかと。 つまりこれは「シュッ」に入る前の力を溜めてる状態、いわば デコピンを打つ前の状態だと思うのです。 (このブログではやたらこのデコピンの例えを使いますがマジでこれは万能だと思う) この状態から前足をリリースすることでノーズが動き出し「シュッ」となるのです。 このデコピンを打つ前の間に重心をずらして テールに斜めに力が入るようにしておくのが推進力のキモだと思う。 そして、素早く連続でデコピンを打つならこの時間は極力短い方がいい。 そう考えるとこのおっさんの 上半身と下半身を逆に回すという説明も合点がいく。 要は前輪が路面に着いた時点で既に 次のデコピンが装填された状態にしているのだ。 こうすると一発一発の威力はあまり出ないがすごいスピードで連射できるので結果的にはかなりのスピードが出る。 しかしこんな動きは常人にはできないので真似しない方がいいだろうw そしてもう一つ重要なポイントがある。 「シュッ」の鋭角っぽさに対して 反対側がフワッとしている点だ。 要するにここは 慣性運動なのです。 「シュッ」の時点で加速は完了していてあとはノーズを下ろすだけなのでそれ以上の力を加える必要がない。 加えてもどうせターン!で打ち消されるのであまり意味がないのです。 よって前輪の置き方もさっきより大分ソフトになる。 だって必要ないんだもん。 サーフスケートの動画を見るとなのか路面スレスレのターンなのかわからん時があるがまさしくそんな感じです。 …って感じで考察しましたがまあどうなんでしょうね?(日和った いうて別に自分もマスターしたわけじゃないしもっと効率良いやり方もあるかも。 次はどうでもいい話です。 チックタック練習開始後初の転倒 と言ってもチックタックではなくポンピングでの転倒です。 チク練しててちょっと疲れてきたので水分でも取ろうと自販機に向かって進み出したところ、踵側に踏み込んだ瞬間に後輪がスリップ!板が真横に! つまりこれ状態ですね。 で、当然ぼくはパワスラなどできないので吹っ飛ぶw グローブを着けてたので出血こそなかったものの、 右足の人差し指を突き指してしまう。 なんでそこ?w というわけで今日は静養することにしました。 もしかしてシャークウィールってグリップ力はあんまないのかな? 接地面積がアレなのでお察しな気もするが… sattin0107.

次の

スケボー初心者必見!乗り方と基礎トリック

チック タック スケボー

チックタックが全然うまくできません テールをふみこんでノーズを移動させようとするとボードが立ってしまい後ろに転倒しそうになります ひざを曲げ 目線はなるべく正面 腕を広げて 体をひねってから踏み込む感じでやっているつもりです 前にも進まずボードが上手く動かせません 右足に力が入っているのでしょうか? でも後ろに転倒しそうにもなりますし… バランスがうまくとれません… スケボーは始めたばかりなのですぐ出来るとは思っていませんが… プッシュはできます 是非アドバイスをいただきたいです よろしくお願いします それと……道を走ってて曲がるときはチックタックのようにノーズを浮かせてボードの進路展開をするのでしょうか? 補足進路展開じゃなくて進路転換でした笑 すみません あとカテ違いですかね? スケートってあったからこっちにしちゃったんですけど… 回答お願いします 基本フィギュアスケート関連が多いみたいですがこちらのカテであっていると思いますよ ^-^ チックタックのやり方はこちらは参考になりませんか? ボードに乗った状態から左右にノーズを振って、遠心力で前進するチックタック。 スケートボードの基本であり、サーフィンでの厚いパワーのないセクションを 『パン、パン』しごいてつなぐ動作とほぼ同じ。 ここでのコツはテールを踏んでノーズを あげる際に、いかにノーズにもプレッシャーを与えて押さえ込むか? この押さえ込みが 足裏にボードがしっかりくっつくポイントです。 最初はデッキを左右に振る事で精一杯かもしれませんが、徐々に体全体で左右にふり、 腕も回す感じでスピートをつけましょう。 チックタックにはスピードの限界があります。 チックタックの延長がスラロームです。 体の動かし方、腕の動かし方は同じ。 動画もちょっぴりありますよ。

次の

スケボー初心者必見!乗り方と基礎トリック

チック タック スケボー

このようなスケートボードに乗り始めた時に起こりやすい事故を防ぐために最も有効なのはきちんとした乗り方、進み方、止まり方、降り方を知っておくことで、全部合わせても乗り始めて2時間ほどで習得出来ることです。 以下に一つ一つを簡単に解説していくので、それぞれの動作を確実に行えるようにしその後のステップへと着実に進んでいきましょう。 練習する場所は車や人通りが無く小石など走行を邪魔する恐れのある物があまり落ちていない滑らかな路面で、スケートボードがひとりでに走り出さない平地を選びましょう。 人がたくさんいるスケートパークは、走行しているスケーターの邪魔になりますし、高速で走行しているスケーターとぶつかる恐れがあり危険なのでパークの隅などで練習しましょう。 次はいよいよ実際に滑ってみましょう。 スケートボードに乗るときと同じく、まずはつま先を進行方向に向けた状態で、前足をノーズ側のビスの上に置ます。 後ろ足は地面についた状態にします。 重心を前足に置いたまま、後ろ足を真後ろにまっすぐ押し出してみましょう。 勢いがつき、デッキが前に進むはずです。 まずは軽く地面を蹴り、ゆっくりと進みましょう。 慣れてきたら力と体重を入れて後ろ足を押し出すようにすると、よりスピードがつきます。 このとき最も注意するのは、重心が後方にずれるか、前方に傾きすぎてしまうことです。 重心がくずれると必ず変に転んで怪我をしてしまう可能性が高いので、かならず体重は前足の上に置くようにしてください。 地面を蹴った後の後ろ足は、乗るときと同じようにデッキの上に戻します。 このときも重心は前足の上です。 スケートボードに初めて乗る最初の2時間は、この動きを反復して練習し、慣れたらプッシュやチックタックにチャレンジしましょう。 この段階では、たとえ傾斜が緩くても坂道で滑るのは止めておきましょう。 プッシュである程度スピードをつけられるようになり、その状態からでも自由に減速したり、そのまま降りられるくらいスケボーに慣れていれば大丈夫でしょうが、はじめは平地(フラット)での練習をお勧めします。 怖いと思ったらヘルメットや肘、膝パッドなどを付けて練習しましょう。 お子さんをスケートボードに乗せる保護者の方も、最初は必ずプロテクターを付けさせ、以上のように安全な乗り方から教えてあげてください。 安全な初ライドをお楽しみください! スケボーを始めるのに必要なもの.

次の