吉川 晃司 ドラマ。 吉川晃司主演ドラマ『探偵・由利麟太郎』追加キャスト発表! 由利麟太郎の旧友の京都府警・等々力警部役に田辺誠一。木本武宏、どんぐりがレギュラー出演する他、毎話豪華ゲストが登場!

吉川晃司、主演ドラマのテーマ2曲担当 歌詞は2行「ほとんどいらないなと思って」(2020年6月8日)|BIGLOBEニュース

吉川 晃司 ドラマ

吉川晃司が地上波連ドラ初主演を務める6月16日スタートの『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジテレビ系 火曜夜9時・5週連続特別ドラマ)。 この度、新レギュラーキャストに、田辺誠一、木本武宏、どんぐりが、また、各話を彩るゲストとして、新川優愛、水上京香、村川絵梨、浅利陽介、高岡早紀、大鶴義丹、鈴木一真、吉谷彩子、佐野岳、板尾創路の出演が解禁となった。 『探偵・由利麟太郎』は、昭和を代表するミステリー作家・横溝正史が「金田一耕助」よりも前に生み出していた伝説の名探偵・由利麟太郎を初めて連続ドラマ化。 京都を舞台に、冷静沈着な白髪の紳士・由利麟太郎(吉川晃司)が、ミステリー作家志望の青年・三津木俊助(志尊淳)とともに、数々の奇怪な難事件に挑むホラーミステリー。 吉川演じる由利の旧友であり、京都府警の等々力警部を演じるのは、田辺誠一。 由利とは、大学時代をともに京都で過ごし、同じ弓道部の仲間でもあった昔なじみ。 由利の鋭い洞察力と並外れた事件解決能力に一目置き、事件の捜査を依頼する。 そんな等々力警部を演じる田辺は、数多くのドラマや映画、舞台で活躍を続ける実力派俳優。 映画監督としての顔も持ち、1999年に初監督作品『DOG-FOOD』、2003年に監督作『ライフ・イズ・ジャーニー』が公開された。 また、田辺が描く、独特なイラストが人気を博すなど、多彩な才能を併せ持つ人気俳優だ。 すでに全撮影を終えているこのドラマ。 田辺は、「僕たちの永遠のアニキ・吉川さんの華麗なる由利麟太郎、かわいくクレバーな志尊くん、3人で毎日濃密な芝居ができた日々は、とても貴重で幸せな時間でした」と振り返り、「見たことのないドラマになっているかと思います」とメッセージを寄せた。 吉川晃司、志尊淳、田辺誠一を取り巻く個性的なキャラクターを演じるレギュラー出演者には、どんぐりと木本武宏が決定。 どんぐり演じる波田聡美は、吉川演じる由利に一方的に好意を持つ、愛嬌(あいきょう)たっぷりのかわいらしい骨董(こっとう)品屋のおばちゃん。 骨董品屋を営む一軒家の一部屋を由利に貸しており、顔を合わせることも多い。 一方、木本演じる出版社の編集者・山岸克平は、ミステリー作家志望の三津木の編集担当をしており、三津木を叱咤(しった)激励する存在。 小説を書く参考になればと、三津木に由利を紹介した人物でもある。 横溝正史のおどろおどろしい、奇怪な名作探偵を現代風に新解釈した同ドラマ。 次々と殺人事件が起こるシリアスな場面が多い中で、どんぐりと木本の安心感のある、ほっこりした登場シーンは、ちょっとしたブレイクとしてお楽しみいただきたい。 このほか、各話を彩るゲストとして、新川優愛、水上京香、村川絵梨、浅利陽介、高岡早紀、大鶴義丹、鈴木一真、吉谷彩子、佐野岳、板尾創路といった俳優陣が参加し、豪華な演技合戦が繰り広げられる。 昨年、9歳年上のロケバスドライバーとの結婚を発表し、公私ともに多忙を極める女優の新川優愛、数々のドラマで活躍する注目の若手女優・水上京香、朝ドラのヒロインなどを経て、ドラマ・映画と活躍を続ける村川絵梨、癒し系から悪役まで幅広く演じ分ける個性派俳優の浅利陽介、他にはない圧倒的な存在感を放つベテラン女優の高岡早紀、俳優、作家、映画監督とマルチに活躍する大鶴義丹、ロサンゼルスを拠点に国際的に活躍する鈴木一真、話題作に次々と出演し、確かな演技力で印象を残す吉谷彩子、数々の作品でみせる力強いまなざしが印象深い佐野岳、今や俳優としても確固たる地位を築く演技派・板尾創路という、若手からベテランまで、個性豊かな面々がそろった。 登場人物すべてが、あたかも全員犯人かのようで、誰もがワナを仕掛けているのではと勘ぐってしまうこのドラマ。 演技派たちの競演が、横溝ミステリーのミステリアスで怪奇な謎をさらに深めていく。 5月26日(火)夜9時からの『素敵な選TAXI 特別編』(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)放送内で、『探偵・由利麟太郎』のスペシャル映像が初解禁となるので、ぜひチェックしてみよう。 <田辺誠一 コメント> 僕たちの永遠のアニキ・吉川さんの華麗なる由利麟太郎、かわいくクレバーな志尊くん、3人で毎日濃密な芝居ができた日々は、とても貴重で幸せな時間でした。 心に残る数々のドラマを生み出してきた監督とカンテレのスタッフ、歴史ある東映太秦撮影所の技術、それらが京都の風景の中、横溝正史の独特な世界観を作り出します。 見たことのないドラマになっているかと思います。 全5話、多くの方に見ていただけるとうれしいです。 <どんぐり コメント> オファーを頂いた時は、本当にうれしくてすぐにお返事させていただきました。 主演が、吉川晃司さんと聞いて、「えっ!!」という感じで。 私がOLの時からすごく人気の方で…。 自分の人生の中で吉川晃司さんとご一緒させて頂けることがあるとは、夢にも思ってなかったです。 私が演じる波田さんは、吉川さん演じる由利先生に恋心を持っている役です。 見て頂いている方が、「ミステリーなのに…アレ?なんか変なんがいるぞ?」と思って頂けるような、ドラマの中に、ほっとする感じが出るといいなと思います。 あとは、今回初めての京都弁の役なので、京都のはんなり感というのが、求められている…のだと思うので…がんばります! <木本武宏 コメント> 吉川晃司さん主演のドラマに末席ながらも出演できることが恐縮すぎます。 世代としてはまさしく青春の象徴。 実際にこの世にいないのではないかと思えるスターですから。 あ、共演したかのように語っていますが共演シーンはありません。 なので、放送されたら改めて感動すると思います。 実際に撮影して感動したのは、志尊淳君が本当にきれいな男だったこと。 煩悩のかけらさえも見当たらない凛とした佇まい。 そんな本質を持つ、三津木俊助は必見だと思います。 そして、自由にやらせて頂いた木村監督に感謝です。 が…「お好きにどうぞ」。

次の

吉川晃司、主演ドラマ『探偵・由利麟太郎』テーマ曲を書き下ろし

吉川 晃司 ドラマ

吉川晃司が地上波連ドラ初主演を務める6月16日スタートの『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジテレビ系 火曜夜9時・5週連続特別ドラマ)。 この度、新レギュラーキャストに、田辺誠一、木本武宏、どんぐりが、また、各話を彩るゲストとして、新川優愛、水上京香、村川絵梨、浅利陽介、高岡早紀、大鶴義丹、鈴木一真、吉谷彩子、佐野岳、板尾創路の出演が解禁となった。 『探偵・由利麟太郎』は、昭和を代表するミステリー作家・横溝正史が「金田一耕助」よりも前に生み出していた伝説の名探偵・由利麟太郎を初めて連続ドラマ化。 京都を舞台に、冷静沈着な白髪の紳士・由利麟太郎(吉川晃司)が、ミステリー作家志望の青年・三津木俊助(志尊淳)とともに、数々の奇怪な難事件に挑むホラーミステリー。 吉川演じる由利の旧友であり、京都府警の等々力警部を演じるのは、田辺誠一。 由利とは、大学時代をともに京都で過ごし、同じ弓道部の仲間でもあった昔なじみ。 由利の鋭い洞察力と並外れた事件解決能力に一目置き、事件の捜査を依頼する。 そんな等々力警部を演じる田辺は、数多くのドラマや映画、舞台で活躍を続ける実力派俳優。 映画監督としての顔も持ち、1999年に初監督作品『DOG-FOOD』、2003年に監督作『ライフ・イズ・ジャーニー』が公開された。 また、田辺が描く、独特なイラストが人気を博すなど、多彩な才能を併せ持つ人気俳優だ。 すでに全撮影を終えているこのドラマ。 田辺は、「僕たちの永遠のアニキ・吉川さんの華麗なる由利麟太郎、かわいくクレバーな志尊くん、3人で毎日濃密な芝居ができた日々は、とても貴重で幸せな時間でした」と振り返り、「見たことのないドラマになっているかと思います」とメッセージを寄せた。 吉川晃司、志尊淳、田辺誠一を取り巻く個性的なキャラクターを演じるレギュラー出演者には、どんぐりと木本武宏が決定。 どんぐり演じる波田聡美は、吉川演じる由利に一方的に好意を持つ、愛嬌(あいきょう)たっぷりのかわいらしい骨董(こっとう)品屋のおばちゃん。 骨董品屋を営む一軒家の一部屋を由利に貸しており、顔を合わせることも多い。 一方、木本演じる出版社の編集者・山岸克平は、ミステリー作家志望の三津木の編集担当をしており、三津木を叱咤(しった)激励する存在。 小説を書く参考になればと、三津木に由利を紹介した人物でもある。 横溝正史のおどろおどろしい、奇怪な名作探偵を現代風に新解釈した同ドラマ。 次々と殺人事件が起こるシリアスな場面が多い中で、どんぐりと木本の安心感のある、ほっこりした登場シーンは、ちょっとしたブレイクとしてお楽しみいただきたい。 このほか、各話を彩るゲストとして、新川優愛、水上京香、村川絵梨、浅利陽介、高岡早紀、大鶴義丹、鈴木一真、吉谷彩子、佐野岳、板尾創路といった俳優陣が参加し、豪華な演技合戦が繰り広げられる。 昨年、9歳年上のロケバスドライバーとの結婚を発表し、公私ともに多忙を極める女優の新川優愛、数々のドラマで活躍する注目の若手女優・水上京香、朝ドラのヒロインなどを経て、ドラマ・映画と活躍を続ける村川絵梨、癒し系から悪役まで幅広く演じ分ける個性派俳優の浅利陽介、他にはない圧倒的な存在感を放つベテラン女優の高岡早紀、俳優、作家、映画監督とマルチに活躍する大鶴義丹、ロサンゼルスを拠点に国際的に活躍する鈴木一真、話題作に次々と出演し、確かな演技力で印象を残す吉谷彩子、数々の作品でみせる力強いまなざしが印象深い佐野岳、今や俳優としても確固たる地位を築く演技派・板尾創路という、若手からベテランまで、個性豊かな面々がそろった。 登場人物すべてが、あたかも全員犯人かのようで、誰もがワナを仕掛けているのではと勘ぐってしまうこのドラマ。 演技派たちの競演が、横溝ミステリーのミステリアスで怪奇な謎をさらに深めていく。 5月26日(火)夜9時からの『素敵な選TAXI 特別編』(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)放送内で、『探偵・由利麟太郎』のスペシャル映像が初解禁となるので、ぜひチェックしてみよう。 <田辺誠一 コメント> 僕たちの永遠のアニキ・吉川さんの華麗なる由利麟太郎、かわいくクレバーな志尊くん、3人で毎日濃密な芝居ができた日々は、とても貴重で幸せな時間でした。 心に残る数々のドラマを生み出してきた監督とカンテレのスタッフ、歴史ある東映太秦撮影所の技術、それらが京都の風景の中、横溝正史の独特な世界観を作り出します。 見たことのないドラマになっているかと思います。 全5話、多くの方に見ていただけるとうれしいです。 <どんぐり コメント> オファーを頂いた時は、本当にうれしくてすぐにお返事させていただきました。 主演が、吉川晃司さんと聞いて、「えっ!!」という感じで。 私がOLの時からすごく人気の方で…。 自分の人生の中で吉川晃司さんとご一緒させて頂けることがあるとは、夢にも思ってなかったです。 私が演じる波田さんは、吉川さん演じる由利先生に恋心を持っている役です。 見て頂いている方が、「ミステリーなのに…アレ?なんか変なんがいるぞ?」と思って頂けるような、ドラマの中に、ほっとする感じが出るといいなと思います。 あとは、今回初めての京都弁の役なので、京都のはんなり感というのが、求められている…のだと思うので…がんばります! <木本武宏 コメント> 吉川晃司さん主演のドラマに末席ながらも出演できることが恐縮すぎます。 世代としてはまさしく青春の象徴。 実際にこの世にいないのではないかと思えるスターですから。 あ、共演したかのように語っていますが共演シーンはありません。 なので、放送されたら改めて感動すると思います。 実際に撮影して感動したのは、志尊淳君が本当にきれいな男だったこと。 煩悩のかけらさえも見当たらない凛とした佇まい。 そんな本質を持つ、三津木俊助は必見だと思います。 そして、自由にやらせて頂いた木村監督に感謝です。 が…「お好きにどうぞ」。

次の

吉川晃司×志尊淳、新ドラマ『探偵・由利麟太郎』でバディーに 撮影済みで6月16日より全5話で放送|Real Sound|リアルサウンド 映画部

吉川 晃司 ドラマ

吉川晃司主演ドラマ「探偵・由利麟太郎」の放送日時 ドラマ:「探偵・由利麟太郎」 放送日:2020年6月16日(火)21時よりスタート 放送回数:全5話 放送局:カンテレ・フジテレビ系 原作:「蝶々殺人事件」の由利麟太郎 吉川晃司の役どころ:由利麟太郎:元警視庁捜査一課長および犯罪心理学者 放送日 1話:6月16日 2話:6月23日 3話:6月30日 4話:7月7日 5話:7月14日 吉川晃司さんのコメント 「お話をいただいたとき、面白い挑戦だなと思いました。 そもそも、普通のドラマをやるのなら、僕には声を掛けないでしょう(笑)。 変わったこと、攻めたことをやりたいというプロデューサーや監督の想いを感じました」 木村弥寿彦さん(演出・プロデューサー) コメント 原作を読んですぐに由利麟太郎は、吉川晃司さんだとイメージしました。 白髪の紳士という設定もありますが、由利の冷静沈着でクールに事件を解決する姿は、吉川晃司さんという唯一無二の存在でしか表現できないものがあると感じお願いしました。 吉川晃司が主演の「探偵・由利麟太郎」とは 「探偵・由利麟太郎」の原作は、横溝正史さんのホラーミステリー小説「蝶々殺人事件」。 吉川晃司さん演じる由利麟太郎は、 元警視庁捜査一課長で犯罪心理学者の白髪の紳士です。 口数は少なく、天才的な洞察力で事件を解明する切れ者です。 原作の舞台は、昭和12年です。 「探偵・由利麟太郎」は1998年にテレビで映像化されたことがあります。 その時の由利麟太郎役は石坂浩二さんでした。 白髪で物静かで天才的な雰囲気は吉川晃司さんの方がぴったり!?な感じがしますが、石坂浩二さんとはまったく違った由利麟太郎になりそうで楽しみです。 著者の横溝正史さんといえば、金田一耕助で有名な作家さんです。 石坂浩二さんは、金田一耕助も演じていて金田一のイメージの方が強いですね。 金田一耕助シリーズは、日本独特のおどろおどろしいホラーミステリーですが、同じホラーミステリーでも「蝶々殺人事件」には、そのおどろおどろしさがないのと、クールでカッコいい吉川晃司さんが主演ということで、あまり恐怖心を感じることなく楽しめるかな、と思います。 「蝶々殺人事件」の原作もぜひ読んでみてください! スポンサーリンク 吉川晃司のドラマ主演2020年|ツイッターの評判 吉川晃司さんが地上波ドラマで初主演するとニュースで流れた時、吉川さんの名前がトレンド上位に上がりました。 ツイッターの評判を紹介します。 Yahoo! ニュースで、吉川晃司がドラマの主役になる、って聞いて朝からテンション高めです。 若い頃も良いですが、今のダンディーな銀髪姿も格好良いです。 未だに憧れますね。 ・真夜中は別の顔(2002年) ・天地人(2009年) U-NEXTで動画配信中 ・素直になれなくて(2010年) ・八重の桜(2013年) U-NEXTで動画配信中 ・下町ロケット(2015年、2018年) U-NEXTで動画配信中 ・精霊の守り人(2016年) U-NEXTで動画配信中 ・都庁爆破(2018年) Huluで動画配信中 ・黒書院の六兵衛(2018年) 吉川晃司さんの出演されているドラマが動画で見られないか調べてみました。 天地他人、八重の桜、下町ロケット、精霊の守り人はU-NEXTで、都庁爆発はHuluで動画配信中です。 U-NEXTは登録すると600ポイントもらて無料お試し期間は31日間。 Huluは2週間無料で視聴できます。 U-NEXTの公式サイトは以下をクリックしてください。 Huluの公式サイトは以下をクリックしてください。 吉川晃司さんドラマ地上波初主演2020年のまとめ 吉川晃司さんが地上波のドラマで初主演される「探偵・由利麟太郎」についてのまとめでした。 上位のトレンド入りもしたので、注目度大のドラマです。 由利麟太郎の白髪で無口でクールなイメージは吉川晃司さんにぴったりなので、とても楽しみですね。 6月16日(火)21時よりスタートです。 お見逃しなく! 吉川晃司さんの過去のドラマは、U-NEXT、Huluで見ることができます。 どちらも無料お試し期間がありますので、ぜひ登録してクールでカッコいい吉川晃司さんを見てください。

次の