ロケット マン 評判。 ネイサン・チェンの衣装が変でダサい?アレにそっくりと話題

映画『ロケットマン』あらすじネタバレと感想。エルトン・ジョンのただの伝記ではなくミュージカル映画だ!

ロケット マン 評判

ネタバレ! クリックして本文を読む エルトン・ジョンのことを、どこかバカっぽく思っていて、シリアスに捉えられずにいた自分がいた。 実際、エルトン自身が道化師的な持ち味を売りにしていて、ドナルドダックやワニの着ぐるみでライブをするような人なのだ。 しかし、道化になるまでには、その人なりの事情や嗜好や歩いてきた道があるというちゃんと考えたら当たり前のことを、エルトンの曲と詞を通じてとてもわかりやすく伝えてくれるミュージカル映画だった。 伝記映画、と呼ぶにはかなり脚色されていて、曲の時系列もかなり変更が加えられている。 でも、ミュージカル映画だからこその、単純明快な伝達力を最大限に利用して、ざっくりと人生のようなものを堪能できる。 このアレンジ力がみごとだと思う。 監督つながりで『ボヘミアン・ラプソディ』と比較されがちではあるが、まったくベクトルの異なる作品だし、ラストが『ボヘ』のようなカタルシス満載のライブではなく、おちゃらけたミュージックビデオであることも、なんともエルトン・ジョンらしくて好きです。 まったく、最高の条件で映画化が実現したという他ない。 タロン・エガートンのあまりのハマり役にも心底恐れ入った。 この感覚、歴史を懐かしむのではなく、我々もまた歴史が躍動するのを目撃していると言えばいいのだろうか。 そして脚本家リー・ホールの驚きの構成力にも感服しきり。 彼の筆致はまさに伝記映画の新たな地平を切り開いたと言っていい。 ありったけのリスペクトを捧げながらもエンタメ精神を片時も忘れない、そんな傑作の誕生だ。 タロン・エジャトンが見た目は少し異なるエルトン・ジョンを彼らしい愛らしさで巧く造形している。 両親の愛に恵まれなかった少年時代の記憶は成長したエルトンを苦しませるし、愛に恵まれないのはロックスターとなってからも同じ。 でも、この世の誰かに理解され、人生を賭けるに値するビジネスと、それを全うするに足る才能に恵まれたことの至福が、エジャトンの熱唱を介して客席にまで伝播していく。 それを支えるのは、近頃珍しいほどショーアップされたミュージカル・シーケンスだ。 時々スキャンダラスに傾きすぎるエルトンの生き様が、音とサウンドとダンスによってショーアップされる、これぞまさしくミュージカル・ファンタジー。 見終わっても、しばらく興奮が冷めやらないこのジャンルの楽しさを、本当に久々に味わった。 「ボヘミアン・ラプソディ」のメガホンをブライアン・シンガーから引き継いだデクスター・フレッチャーが、またも音楽アーティストの伝記映画の快作を送り出した。 主演タロン・エガートンが何よりすごいのは、劇中曲を吹き替えなしで歌い、それらが本当に素晴らしいこと。 「ボヘミアン~」のラミ・マレックも好演だったが、ボーカルのトラックはフレディ・マーキュリー本人の音源が主。 その点でエガートンはマレックを超えたと言っていい。 多くがミュージカル仕立てのサウンドトラックは、当然エルトンのヒット曲を網羅しているが、たとえば「キャンドル・イン・ザ・ウインド」やディズニーアニメ「ライオン・キング」の主題歌「愛を感じて」、ジョン・レノンのソロ曲に参加した「真夜中を突っ走れ」など、ぜひとも聴きたかった超有名曲がいくつか欠けている。 権利関係の事情があったのかもしれないが、いちファンとして少々残念。 キングスマンの時と全然イメージ変わったタロン。 演技はもちろん歌も吹き替えなしでこんなに胸に迫るなんて! 全然予備知識なく見たけど、ボヘミアン・ラプソディーの監督だったんですね。 観てみて、そのフレディを思い出してしまったのもちょっと納得。 素晴らしい才能があって、ちゃんと分かって側にいてくれる人も本当にいるのに、自分が求めている愛情しか計れない、見えないから愛されないって思って苦しんでいく辛さ。 成功しているからこそ、普通の人以上に孤独が強く感じられるのかな。 あのエキセントリックな風貌が、ただのエンターテイメント的意味を持つだけじゃなかったのが初めて分かった。 今のとても幸せそうなエルトンを知って終われたのがとても良かった。 派手なぽっちゃりおじさん、としか思ってなかった自分に。 一言「特大級の、喝!」。 エルトンの音楽のルーツや、芸名の由来。 作詞は別に書く人がいたなど。 知らなかったことだらけ。 ふむふむ。 ・成功を手にすればするほど、精神的な悩みを抱え。 薬物・酒に落ちていくのは、この頃のアーティストあるある。 演奏シーンは時に本人かと思わせる、タロン・エガートの熱演ぶり。 始まりはミュージカル風だったので、一瞬引いたけど。 本編はさほどじゃなかったのが、観やすかった。 ・作詞担当のバーニー。 目がどこかで見たことある・・・。 「リトル・ダンサー」の主役の子!。 ジェレミー・ベル、大きくなったなあ。 ・そんな紆余曲折のラスト。 苦悩に満ちたストーリーだったからこそ。 エルトンの現在のショットに、目頭が熱くなりました。 エンドロールも良かったな。 映画のショットとリアルなショットの対比が👍。 ダークサイドって感じで。 ボヘミアンラプソディを見て、アーティストの音楽と半生を描いた映画がいかに面白いかを知った。 そして、今作。 展開は似ていた。 存命中かどうかは異なるけど…。 QUEENもエルトン・ジョンも、映画をみるまでは名前が聞いたことがあるまでだった。 しかし、なぜイギリス出身のアーティストが取り上げられているのか…?ともに伝説であることに違いはないのだろうけど。 洋楽は、メロディーは好きなんだけど、歌詞の意味が分からないため、楽しめなかったのだけれど。 各曲とその歌詞、その半生の各局面とを重ね合わせてくれることで、「あー、こんな気持ちを歌った曲だったんだ…」ととてもよくわかり、好きになった。 EDで流れる俳優の演技や衣装の、そっくりさとかも見どころだった。 日本の歌手についても、同じような映画が作れないものかな…。 エルトン・ジョンは好きじゃなかった。 ただ、YOUR SONGだけは好きだった。 親に愛されずに育ったミュージシャン。 クラプトンもレノンもそうだ。 孤独は創作意欲を駆り立てる原動力。 確かにそうなのだ。 うつうつと降り積もってくる寂しさは吐き出さずにはいられない。 音楽ばかりではない小説もそうだし心の底にこびり付いた寂しさはやがて怒りとなって身体の外に吐き出してしまわなければ窒息してしまう。 しかし、吐き出すにはたった一人のパワーじゃダメで、優秀な理解者が必要。 しかし友達はいない。 というよりは、排除してしまう。 それは、愛されていないのだと思う被害者意識が生み出す邪悪な意識なのだろう。 あの、糞みたいな映画「ボヘミアンラプソディ」で幻滅してしまったおかげでこの映画を危うく見逃すところであった。 比較するのはどうかと思うが、音楽ビジネスで稼ぐミュージシャンはタフでないと生き残れない。 若くしてスターになんかなってしまうと気が付けば敗残者か廃人になるのが世の常。 天才には寛大で優れたマネージャーが必要不可欠なのだ。 いや、この業界だけでなく、すべてのビジネスには心広き寛大なパートナーが必要なのだ。 それにしても、エルトン・ジョンはパートナーに恵まれたわけだ。 しかし、あのド派手なステージ衣装の意味がいまだに分からない。 年代的に彼の歌を聞いた世代ではないけど、 クィーンのボヘミアンラプソディーを手がけた監督デクスター・フレッチャーが 同作品もメガホンを取るというので興味本位で見に行った。 エルトンジョンのスター街道へ上がる課程。 成功してからも光と影の人生が有ったことがわかりました。 彼はまだ健在で自分自身の人生を美化して伝えたく無かったんだろうと思う。 多分影の部分があるから、光の部分が輝いて見えるし、 大切にいなければという教訓もあると思う。 MTVで彼の映画の特集があったので見てみたが、 彼のコンサートシーンをみて、あのド派手の衣装を着る感覚が分かった感じがした。 それにしても、ピアノを弾きながら歌い、観客を魅了するというのは凄いの一言。 主演のタロンとのインタビューも見たが、 口パクでなく、彼自身が歌をカバーして歌っている。 演技も凄いが歌唱力もあるので驚いた。 そして今年、エルトンジョンとタロンがコラボして歌ったコンサートシーンが流れたが エルトンジョンの声が若い頃と変わりなく迫力があるもので、 年齢を重ねても同じパフォーマンスを披露できる能力に本当に驚いた。 C 2018 Paramount Pictures. All rights reserved. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

映画「ロケットマン」感想 「ボヘミアン・ラプソディより良い」という噂は本当か?|THE MAINSTREAM(沢田太陽)|note

ロケット マン 評判

もくじ• ロケットマンとボヘミアン・ラプソディが似ている点を解説 エルトン・ジョンとフレディー・マーキュリーが、生きてきた時代を、 わかりやすく表でみてみましょう。 エルトン・ジョン フレディー・マーキュリー 1946年 1946年9月5日 1947年 1947年3月25日 1969年 ソロデビュー 1970年 「僕の歌は君の歌」大ヒット 1971年 『クイーン』結成 1975年 「ボヘミアン・ラプソディ」大ヒット 1990年 薬物依存症などの治療のため入院 1991年 11月24日 45歳で亡くなる 生まれたのが半年違いでイギリス育ち フレディー・マーキュリーが生まれてから半年後の翌年、エルトン・ジョンが生まれています。 だから、『ロケットマン』と『ボヘミアン・ラプソディ』で描かれる、フレディとエルトンの幼少期のイギリスは同じ時代です。 エルトンもフレディも、厳格な父のもとで育ち、家族とのわだかまりを抱えて大人になっています。 デビューした時代が1970年代前半 エルトンもクイーンも、大ヒット曲を世に送り出し、世界的に知られるスーパースターとなったのも1970年代前半です。 1970年にビートルズのレット・イット・ビーがヒット。 その後の1970年代前半といえば、• カーペンターズ• イージーズ• サーモン&ガーファンクル• ディープ・パープル• イーグルス• ビリー・ジョエル• アバ といった、今も活躍しているアーティストや、歌い継がれている名曲が多く誕生した時代です。 エルトン・ジョンもクイーンも、その後、多くのヒット曲を送り出しました。 愛されたくて孤独に苦しむ姿 エルトン・ジョンもフレディー・マーキュリーも、子供の頃から愛に飢え、同性愛者であることに気づき、そんな自分に苦悩します。 そして、耐えきれずにアルコールに溺れ、薬物に依存します。 孤独を抱え、本当に自分を思ってくれる大切な人を遠ざけてしまします。 エルトンジョンのフレディー・マーキュリーのメアリー。 の苦悩が描かれている エルトンが薬物依存症などと治療のため入院した翌年、フレディは天国へ旅立ちました。 映画で描かれているこの点は、スーパースターゆえの宿命なのか。 なりたい自分になる 「なりたい自分になる」 ボヘミアン・ラプソディでフレディーが言ったこの言葉を、ロケットマンでは、黒人歌手ロドニージョーンズが、エルトンに言います。 「今の自分を消してなりたい自分になれ」と。 ジョン・リードが出てくる ボヘミアン・ラプソディで、フレディー・マーキュリーに独立の話を持ちかけてくるあのジョン・リードが出てきます! ジョン・リードは、クイーンの音楽マネージャーでもあり、エルトン・ジョンのマネージメントもしていたのです。 ロケットマンに登場するジョン・リードは、悪意をもってエルトンに近づき、エルトンの心をボロボロにする悪い男です。 実在の人物をここまで描いていいの? というくらい クズな男として描かれています。 実際に2人の間にあったことは本人にしかわかりませんが。 ロケットマンでは、 ・ジョン・リードとエルトン・ジョンのマネージメント契約は、契約が終わった後でも、永遠にジョン・リードにお金が入ってくるような内容だった。 ・ジョン・リードは、エルトン・ジョンが成功したから近寄ってきた。 というクズっぷりです。 お金がらみでの問題は、実際に、 2000年に、ジョン・リードの横領が発覚しました。 エルトン・ジョンは訴訟を起こし、ジョン・リードから340万ポンドを返済することになったようです。 エルトン・ジョンのマネージメントで莫大な報酬を得ていても横領するものなのですね。 ロケットマンはボヘミアン・ラプソディとは違う点を解説 ミュージカル映画として鑑賞したい ボヘミアン・ラプソディでは、フレディー・マーキュリーの幼少期からスターとなって成功し、苦悩し、堕落し、そして再起するといった半生が描かれていました。 ロケットマンでも、エルトン・ジョンの幼少期からスターとなって成功し、苦悩し、堕落し、施設に入って再起する兆しが見えるところまでの半生が描かれています。 どちらも、ほぼ同じ時代が描かれています。 しかし、ロケットマンは、ミュージカル映画なのです。 ボヘミアン・ラプソディのような涙が止まらないといった感動ではなく、エルトン・ジョンの曲を、ミュージカルで楽しむ! といった鑑賞方法で、ファンタジーに観て楽しむ映画だと思います。 ラストがハッピーな気持ちに 映画のラストは、少し希望が出るくらいの終わり方でしたが、その後のエルトン・ジョンや今現在の様子がエンドロールに出てきます。 今のエルトン・ジョンの様子を知らない人でも、そこで胸を撫で下ろすことでしょう。 そしてなによりも、エルトンは生きています。 『ロケットマン』と『ボヘミアン・ラプソディ』を比べた感想 映画『ロケットマン』と『ボヘミアン・ラプソディ』を見て、ストーリーからの違いを、 エルトン・ジョンとフレディー・マーキュリーの生きてきた時代の比較と合わせてご紹介しました。 映画の内容は、史実と違うという点が多々あるようです。 しかし、私は映画なので、それで良いと思います。 むしろ美化してもらいたい。 ロケットマンの制作総指揮はエルトン・ジョン自身なので、自身の伝えたいことが詰まったストーリーになっているのだと思います。 そして2つの映画を比較して。 映画という観点から見て似ている点や違う点を比べてみると、個人的には、 音楽に心揺さぶられたのはボヘミアン・ラプソディです。 クイーンの歌は、英語が離せない日本人でも歌えるフレーズが多くあり、ドラマやCMでも多く耳にして、個人の思い出と重なる部分もあります。 しかし、 エルトン・ジョンの歌は、美しい音楽で大好きだけど知っていても歌えないんですよね。 ロケットマンは、ミュージカル映画として、じっくり鑑賞して、観客側として楽しめるように作られています。 なによりタロン・エガートンの歌が素晴らしい! ロケットマンは、応援上映よりも歌に聞き入って見たい映画です。 エンドロールで、今のエルトン・ジョンの様子が描かれます。 その後の彼の人生の心の部分に、穏やかな実りあって、幸せになっている様子にホッとして。 映画が幕を閉じます。

次の

映画「ロケットマン」感想・評価 :ロック界のスーパースター、エルトン・ジョンの伝記ミュージカル

ロケット マン 評判

さて今作品も人気ミュージシャンが主役という ことで気になるところ満載です。 ということでまずは、簡単なあらすじから。 エルトン・ジョンは、まだ幼少時代から、音楽への才能の片りんを見せていました。 その頃からピアノも弾きこなしていたのです。 エルトン・ジョンの母親は、 そんな息子の才能に早くから気づいていました。 そしてエルトン・ジョンは、王立音楽アカデミーへと進むことに。 これによりエルトン・ジョンは、ますます音楽への才能を開花させていったのです。 エルトン・ジョンは、デビュー前から天才として扱われ、プロデビューを実現 させますがその後はあらゆる問題に苛まされることに。 リスナーから大きな反応を得られないことを問題視したエルトン・ジョンは、 音楽パートナーのバーニー・トーピンと共に派手な演出へ傾倒していきます。 その会もあって天性の実力も加わりメジャーなミュージシャンとしての確固たる 地位を築きました。 しかし大スターになっても、エルトン・ジョンの悩みは 尽きませんでした。 うつ病のほか、アルコール依存症にも苦しめられる日々が続いたのです。 さらに仲間たちとだらしない生活を送り、ミュージシャンとしての成功とは裏腹に プライベートは荒んでいきました。 しかもエルトン・ジョンには、まだ大きな問題がありました。 それは、ゲイであり、そのことに世間が好奇の目を向けるというものだったのです。 このように、映画『ロケットマン』は、エルトン・ジョンのプライベートに かなり踏み込んだ作品となっていました。 しかしあまりにも堅苦しい作品というわけではありません。 ミュージカル映画ということで、エルトン・ジョンの名曲をたっぷり堪能することが できますし期待したいですね^^ 【映画】ロケットマンのタイトルの意味とは? さて映画『ロケットマン』は、エルトン・ジョンの人生がテーマの作品だった わけですが、このタイトルの意味とは、いったい何だったのでしょうか? タイトルだけを見ると、宇宙飛行士を描くSF映画のようですが、どうしてこういう タイトルなのか気になりますよね。 実は『ロケットマン』というのは、エルトン・ジョンの楽曲です。 数々の名曲の一つで 『ロケットマン』は、彼の初期の作品です。 アルバム『ホンキー・シャトー』からの シングルカットとなっています。 スポンサードリンク 【映画】ロケットマンのタイトルに込めたエルトン・ジョンや脚本家の意図とメッセージとは? 映画『ロケットマン』のタイトルはエルトン・ジョンの楽曲でしたが、 タイトルに込めたエルトン・ジョンや脚本家の意図は、何だったのでしょう。 脚本家の意図は分かりませんでしたが、エルトン・ジョンの意図は意外なものでした。 実は「ロケットマン」というのは、エルトン・ジョンのオリジナルではなく、 レイ・ブラッドベリの同名短編小説に着想を得たものだったのです。 小説『ロケットマン』は、レイ・ブラッドベリさんの短編集『刺青の男』の一編。 内容は、宇宙飛行士の父親を持った少年の複雑な胸中を描いたものでした。 一方、エルトン・ジョンの「ロケットマン」は、宇宙飛行士の主人公の複雑な胸中を 描いたもの。 いずれも世界観が似通っていますので、エルトン・ジョンは、人間の孤独を 描きたかったのでしょう。 ひょっとしたら脚本家も、エルトン・ジョンのスターゆえの 孤独を描きたかったのかもしれません。 このことから外から見れば満たされた人生のように見えても本人(エルトン・ジョン) は常に孤独で満たされない人生でその満たされない人生を埋めるために人前で 歌い歓声を浴び自分を鼓舞していたのかもしれません。 ロケットマンの歌詞を見たとき そんな心情が伺えました。 またその寂しさを埋めるために誰でも良かったと思います、人とつながっていたかった そして薬などに手を出したのかもしれません。 『人は一人では生きて行けない。 だれか助けて!』とメッセージを送っているように 感じます。 あくまでも私個人の見解ですので悪しからず。 こちらも合わせてご覧ください。

次の