お送り し ます 敬語。 「失念」の意味とビジネスでの正しい使い方

ビジネスにおける「送る」の敬語表現|メールや手紙での例文

お送り し ます 敬語

「送らせていただきます」と「送らさせていただきます」の違い 「送らさせていただきます」とは 「送らせていただきます」の文章に、「さ」が入っています。 これは、最近よくある「さ入れ言葉」です。 先に述べたように、五段活用の動詞には、助動詞の「させる」ではなく「せる」を使うのが正しい用法です。 しかし、敬語表現にしようと思うあまりに、「さ」が入った方が、敬意が増すような印象になり、「さ入れ言葉」が広がっているのではといわれています。 間違った用法では相手が違和感を抱き、敬意を表したいという気持ちはしっかり伝わりません。 2つの表現の違い 送らせていただきますが正しい表現 「送らせていただきます」は、正しい使い方です。 「送らさせていただきます」は、「ら入れ言葉」で間違った使い方です。 ビジネスで使える「送らせていただきます」の例文 本日は雨がひどいので、駅まで送らせていただきます。 送らせていただきますの別な表現 ビジネスシーンで使う「送る」の意味は、荷物などを送付する、メールを送る、見送りをする場面などが多いはずです。 「送付する」の意味合いで言い換えるなら、「送付させていただきます。 」はもちろん、「発送させていただきます。 」や「郵送させていただきます。 」でもいいでしょう。 「メールを送る」の意味合いなら、「お送りします。 」「送信させていただきます。 」などともいえます。 「見送る」意味合いなら、これも「お送りいたします。 」また一緒にいきつつお見送りするならば「~までご一緒させていただきます。 」という表現もあります。 送付の意味• 送付させていただきます• 発送させていただきます• 郵送させていただきます メールを送る• お送りします• 送信させていただきます 見送る意味• お送りいたします• ~までご一緒させていただきます.

次の

ビジネスで「断る」敬語は?丁寧な断り方を例文とともに解説!

お送り し ます 敬語

スポンサードリンク その他には「メールを送らせていただきます」という 表現もあったりします。 この言葉を聞くと 二重敬語なのではないかと また感じてしまう方も多いかもしれませんが これは 二重敬語ではなく、正しい敬語として使うことができます。 ただし、違和感が強い場合は 「メールをお送りいたします」でも大丈夫です。 書類など、目に見える物を送る際は 「資料を送付させていただきます」などという表現もあります。 同じ一言でもこのように敬語が存在するなんて 面白いですね! 送って欲しい事を敬語で表現するには? では、変わって 「送って欲しい」とお願いする際には どのような敬語を使うのが一般的なのでしょうか。 メールなどの場合 「メールを送っていただけますでしょうか?」と 表現するのが一般的です。 しかし、申し訳ないという気持ちがそんざいする「送る」では 「恐れ入りますが、送って頂けますでしょうか。 」 「申し訳ございませんが、送っていただけると助かります。 」など そのようなパターンも敬語には存在します。 メールを送る相手がどのような方なのか また、 自分の立ち位置や、内容を踏まえて 使い分けるのが一番いい方法です。 そして、資料などの場合は 「ご送付くださいますようお願いいたします。 」と言えば 概ね失礼なく敬語として通用するかと思います。 いかがでしたでしょうか。 相手が目上の方や、取引先、先輩などとなると 敬語で悩んでしまう事は多いでしょう。 日頃から正しい敬語や、シーンを意識して 身につけて行きたいものですね。 正しい敬語で気持ちの良い生活を手に入れましょう。

次の

ビジネスにおける「送る」の敬語表現|メールや手紙での例文

お送り し ます 敬語

スポンサードリンク その他には「メールを送らせていただきます」という 表現もあったりします。 この言葉を聞くと 二重敬語なのではないかと また感じてしまう方も多いかもしれませんが これは 二重敬語ではなく、正しい敬語として使うことができます。 ただし、違和感が強い場合は 「メールをお送りいたします」でも大丈夫です。 書類など、目に見える物を送る際は 「資料を送付させていただきます」などという表現もあります。 同じ一言でもこのように敬語が存在するなんて 面白いですね! 送って欲しい事を敬語で表現するには? では、変わって 「送って欲しい」とお願いする際には どのような敬語を使うのが一般的なのでしょうか。 メールなどの場合 「メールを送っていただけますでしょうか?」と 表現するのが一般的です。 しかし、申し訳ないという気持ちがそんざいする「送る」では 「恐れ入りますが、送って頂けますでしょうか。 」 「申し訳ございませんが、送っていただけると助かります。 」など そのようなパターンも敬語には存在します。 メールを送る相手がどのような方なのか また、 自分の立ち位置や、内容を踏まえて 使い分けるのが一番いい方法です。 そして、資料などの場合は 「ご送付くださいますようお願いいたします。 」と言えば 概ね失礼なく敬語として通用するかと思います。 いかがでしたでしょうか。 相手が目上の方や、取引先、先輩などとなると 敬語で悩んでしまう事は多いでしょう。 日頃から正しい敬語や、シーンを意識して 身につけて行きたいものですね。 正しい敬語で気持ちの良い生活を手に入れましょう。

次の