洒落にならないほど怖い話。 【心霊・キャンプの怖い話】「平家の隠れ洞窟」……これは心霊写真か?【洒落にならないほど怖い話】

【心霊・キャンプの怖い話】「平家の隠れ洞窟」……これは心霊写真か?【洒落にならないほど怖い話】

洒落にならないほど怖い話

小学生一年生の時の体験を書きます。 私の家は学校から1. 5キロほど離れていました。 横浜に住んでいまして、 家の近所に別の学校があったのですが、 決められていた区分の境目に家があり、 その学校より遠くにある学校に通っていました。 5キロは、 小学校低学年にとってはなかなか遠かった記憶があります。 不思議な事が起きたのは、 夏休みに入る最後の登校日の事です。 もともと上記にあるよう家が遠くて帰るのが大変だったのですが、 更に休み前はお道具箱を持って帰宅しなくてはなりませんでした。 なので、 文具が入ったお道具箱を持ちながらですと かなり負担になりました。 まず不思議だったのが、 誰とも帰らなかったことです。 そこまで不思議に思われないかも知れませんが、 低学年では近所の子たちと帰るように言われていました。 朧気な記憶ですが、 いつも一緒だった子たちが 学校の裏にあるヘチマの水を上げるとかの理由で行ってしまい、 私はついて行かずに門のあたりで待っていました。 いくら待っても友人は来ませんし、 夏休みに入って早く帰りたかったので、 私は一人で帰ることにしました。 次に不思議だったのが、 車はおろか誰とも人に会わなかったのです。 基本的に、 安全のために人通りが多い道が登下校のルートになっていましたので、 この日以外に誰にも会わないことはありませんでした。 強い日差しの中、 お道具箱の入った手提げを持って帰るのが本当につらく、 お道具箱を道に置いてバス停のベンチで休憩したのです。 すると、 少し目を離した隙に お道具箱が消えて無くなったのです。 私はラッキーと思ったくらいであまり不思議に思わず、 軽い足取りで家に帰りました。 家に着くと、 泣いている親に叱られました。 親の泣いている姿を初めて見て動揺しました。 そして、 消えたはずのお道具箱が リビングに置いてあったのです。 聞くところによると、 あまりに帰りが遅い私を心配し、 学校に電話したがもう帰ったことを聞かされて、 またいつも一緒に帰っている友達の親に電話をしたら、 その子たちはもう帰宅していた言われ、私を探したそうです。 そして、 学校の途中のバス停で私の手提げのみを見つけ、 家に持ち帰ったとのこと。 もちろん私は帰宅途中に親には会いませんでした。 警察に捜索を依頼し少し経った頃に、 私が平然と帰宅したようです。 時計を見ると、 学校が12時頃に終わったにも関わらず 16時になっていました。 感覚的に4時間も帰宅にかかったとは思えませんでしたし、 待っても来ない友達、誰にも人に会わなかった事、 手提げの件を考えても、 もしかしたら別の空間にいたように感じます。

次の

【洒落怖】おじゃま道草 [※閲覧注意]

洒落にならないほど怖い話

私自身では、妙に肩が重い、指先が痺れる、などの症状がでました。 もちろん、透き通った「お客さん」がその原因です。 普段なら、弾き飛ばすし、乗ってきても振り落してしまうのですが、仕事帰りに電車で居眠をしていたり、疲れてうとうとしている時を狙ってくるので、つい背負ってしまいました。 このタイプは浮遊霊ばかりなので、落とすのは簡単、、、とは言っても、落とすまでは、吐き気を伴った肩こりに悩まされます。 この肩こりがもとで、体調を崩してしまうと、ヤツらの思う壷ですから、健康管理には妙に神経質になってしまいました。 また、めったに遭わない金縛りにも、その当時だけは続けて2、3度見舞われました。 弟の大輔には、昔痛めた腰の傷みが復活しました。 10年以上前の症状の再発です。 彼には元々ある因縁があり、その影響で腰痛を患ったのですが、ヤツらはそこにつけこんできました。 弱点をつつき回すのは、ヤツらの常套手段です。 腰が痛いと言う大輔をうつ伏せに寝かせ、腰を診ると、そこだけが吸熱されていました。 「お客さん」を祓い落とし、気の通りを促すと、傷みが消える。 数日するとまた痛みだすので、自宅へ戻って、私に気の流通を修復させる。 つまり、しばらくは痛んだり直ったりの繰り返しでした。 これは、皆があの土地と縁を切るまで続きました。 しかしながら彼は、そのことをきっかけにして、自分の弱点と因縁をはっきり認識したようです。 それ以来、彼はたいへん謙虚なものの考え方をするようになりました。 怖い思いをしたわりには、影響が最も軽かったようです。 軽い肩こりと鼻づまりで済みました。 彼には強い守護の力が働いているためです。 で、、最後のお呼出、、、。 馬場君宅へ2回目に行った1週間後のことです。 私の自宅へ茅野君が寄っている時に、大輔が榎本君を連れて帰宅しました。 当然、榎本君を囲んだ、「お化け屋敷からの撤退」という臨時作戦会議になりました。 結論は、 「影響下から離脱したら、綺麗さっぱり縁を祓い落とす」ということです。 そして、もう関わらないぞ、、、と決心した時、、、電話が、、、鳴りました、、。 馬場君からの連絡でした。 「状況が悪化したのですぐに来てくれないか。 家の中の様子も不穏だし、バンドが分裂の危機にあるんだ。 」 とのこと。 もちろん、断るつもりでしたが、、、馬場君の頼みは強く、、つまり、断り切れず、、、茅野君と私の二人で出かけることになりました。 大輔と榎本君は「何かの時」に備えて待機です。 「あるものが見えてて、それはとても危険なものです。 しかし、見間違い、勘違いをしやすいものなので、何であるかを言う訳にはいきません。 言うとかえって危険です。 知らないで行けば、おそらく見た瞬間にそれだと気付きます。 それは、動かない物体です。 気をつけてください。 そうだ、よく効くお守りがあるから、貸してあげましょう。 」 彼がいう物体が何であるかは、私にはわかりませんでした。 借りたお守りは茅野君が身につけ、私は水でシャワーを浴びて気を引き締め、夜9時ごろ、車で出発しました。 おいで~~、おいで~~って、手で招いてるみたいだな。 たぶん馬場君も魅いられていて、俺たちを引き摺り込む手先になってるんだよ。 何が危ないかって、、、そりゃぁ最も用心が必要なのは、行き帰りの車の運転だな。 簡単に体を切り刻むとしたら、交通事故がいちばん手っ取り早い、、、、。 」 そう話しながら、私は安全運転に集中しました。 助手席の茅野君も真顔です。 ときどき助言をしたりして、彼自身もハンドルを握っているつもりで注意を払ってくれました。 馬場君宅に近付くにつれ、緊張感が高まりました。 茅野君も同感のようです。 彼の言葉を借りると、 「敵陣深く乗込んで行く、、てぇのは、映画だとわくわくするんだが、、。 違うんだよなぁ。 背筋がぞくぞくするのは同じなんだが、緊張感がすごいね。 神経がバリバリに張りつめてる。 ずっと、鳥肌が立ちっぱなしだよ。 」 といった感じでした。 そして、もう2・3分で到着、、、というところで、、、、通行止。 工事中につき迂回せよ、、とのこと。 「ありゃぁ。 よりにもよって、こういう時に工事しなくても、、、。 」 茅野君は不平をいいましたが、こういう時にこそ、こういった障害が出てくるものなのです。 「コの字型の迂回路が書いてあるよ。 注意して行こう。 」 私は矢印のとおり、ハンドルを右に切りました。 順路に従って進むと、前方に交差点。 迂回路を示した地図にあったとおり、左折。 その先をもう一度左折すれば、いずれ、もとの道と交差するはずです。 300mほど進むと、舗装が跡切れ、砂利道になりました。 「あれぇーー。 やばいかな。 」 私は警戒しました。 しかし、少し行くと、また舗装路に戻りました。 で、、、ほっとして前方を見ると、、、、、路肩に白い車が止っています。 嫌な感じはさらに増しました。 「何か違うな、戻ろうか、、、。 」 私がそう言うと、茅野君も同意しました。 道幅が狭いので、Uターン出来る場所を探すと、、、、。 前方のその白い車の先は、少し広くなっているようです。 私はそのまま車をすすめ、白い車に4・5mの所まで近付きました。 そして、ライトを上向きにして、、、車を照しだしました。 廃車のようです。 フロントグラスが割れ、車体には蔦が絡んでいます。 そのとき、、、、背筋をぞーーっと冷たいものが走りました。 「これは!」 近付かない方が良いようです。 私がブレーキを踏もうと思った瞬間、茅野君が、 「うわっ、ダメ! 止って! 戻ろっ!」 と叫びました。 茅野君も同じものを感じたようです。 「バックで戻るぞ! そっちの路肩、見てて!」 私は、車を後退させ、そのまま砂利道を抜けました。 そして舗装路にもどると道幅も少し広がり、なんとかUターンすることが出来ました。 来た道を逆に戻ると、途中で別の迂回路を見つけました。 未舗装なので、路地と勘違いし、さきほどは見逃していたようです。 道を確かめていると、通行止の方から、地元のものと思われる軽トラックがやってきました。 そして、その道へ入って行きました。 「それ、ついて行くぞ。 」 1分ほど、ついて走ると、元の道へぶつかり、まもなく馬場君宅が見えました。 着くと、まず、先ほどの道について、馬場君に尋ねました。 図を書いて、例の廃車の位置を示すと、、 「あれ? その道、高速道路にブチ当たって行き止まり、のはずだよ。 高速の壁とか、見えなかった? おれは、行ったことないけど、、、 でもさぁ、その辺の道って、両脇が畑だったりするからな。 路肩が崩れたりすると、、ハマルかもなぁ、、」 馬場君にはわからないようです。 するとバンドのメンバーの後藤君が口をはさみました。 「その廃車の先、、道、、ありました?俺、バイクでそこの道に入り込んだことがあるけど、、、廃車で行き止まり、、その先は薮になってたはずですよ。 昼間だったから辺りもよく見えたし、、、、。 でも、へんだなぁ、その廃車のところのおよそ10mだけが舗装、、 いや、アスファルトでなくコンクリート敷きだったな、、、 あ、そうそう、、、近くに廃屋がありませんでした? 見るからに、お化け屋敷ってやつ、、、そうか、夜だと判らないか、、。 でも、確かに、嫌な感じの場所ですね。 「あ、大輔? 榎本君と代って、、、 あ、榎本君? もしかして、例の物体って、車?」 「ええ、ありました? 僕に見えたのは、白い車が止ってる所です。 物凄い霊気があるから、近付くと捕まるかも、、、 でも、すぐわかったでしょ。 え? そんなに近くまで行ったのですか? わぁ、、、危なかったですね。 そっちにいると、見る力が弱まるか曇るかするんで、気をつけて下さい。 あえて言わなかったのはね。 白い車って、どこにでもあるから、全部に気を取られると、見落す可能性があって、かえって危険だと思ったからなんですよ。 」 (残念ながら? この場所の真相はわかりません。 この後、確かめる機会がなかったからです。 また、そうしようとも思いませんでした。 馬場君宅と関係があるのは、間違いなさそうです、、、。 ) 霊障を受けないように、気持ちをしっかりさせていたつもりですが、土地の邪気は強く、捕まりかけたようです。 彼が訴えた、この1週間の間に起った現象は次のとおりでした。 1: 3日前の雨の時、近くに落雷があり、その影響で、シンセサイザーとシーケンサーのデータがとんでしまった。 特にシンセは完全に駄目になり、買い換えねばならない。 とりあえずはレンタルでしのぐが、余計な出費であり、引っ越し費の積み立てが滞る。 場合によっては、来月のライブを諦めねばならない。 2: ギタリスト兼アレンジャーの葉山君が、ある人妻(郁恵さん)とデキているが、その影響で、音楽への熱意が別の方向へ向いている。 どうも、他のバンドに声をかけられているようだ。 (注:郁恵さんの写真があったので見せて貰ったところ、すごいすごい、なかなかの因縁持ちでした。 その内の不要な1枚をもらい受け、持ち帰って、榎本君に見せたところ、、、、 「この人の目、、、人間ではない、、、操られてますね」 という感想が返ってきました。 あとで判ったことですが、馬場君宅を仲介したのは、郁恵さんに紹介された不動産屋でした。 それほどの重みではなく、目を開けると消える。 あの子供ではないか? (注:当たり!) 4: 蒲団を敷いた後、しばらく1階に行き、用を済ませてもどったところ、蒲団の中に誰かが居たように感じた。 シーツを触ってみると、寝汗をかいた後のように、ほのかな湿り気が残っていた。 5: 階段を上ったり下ったりする音が2度聞こえた。 2回とも深夜2時ごろだった。 6: 家の周囲を歩き回ると、足を掴まれるような感触がして、歩みが遅くなる。 ぼうっとしていると、いつの間にか足が釘付けなってしまい、はっと我に返るとその場に立ち尽くしていた、、ということが、バンドのメンバーのそれぞれに数度ずつあった。 死んでからでは、音楽活動もできないぞ。 ここにいる内は、全てが裏目裏目にまわるから何も成功しない。 おれも、もうここには来ないぞ。 来たら最後かもしれん。 今度会うのは、お祓いに行く時だからな。 」 と釘を刺しました。 そしてさらに30分ほど引っ越しの際の諸注意をし、帰途につきました。 立ち去る際、家から10mほど離れたところで、九字を切りました。 振返ると、例の立ち枯れの木が妙にゆらゆら揺れていました。 この後、2ヵ月を待たずに彼等は転居、つまり脱走に漕ぎ着けました。 幾らかは借金が残ったそうですが、大事に至らずに何よりでした。 しかし、バンドは解散しました。 葉山君は別のバンドへ参加し、馬場君とベーシストの後藤君は新たなバンド結成へと動きだしました。 ここで、気になることがあります、、、、。 葉山君と郁恵さんを除いた関係者全員が、わたしの目の前でお祓いを受けました。 しかしその2人だけは、別の所(神社らしい)に行って祓ったそうです。 その後、彼等とは縁がないので、きちっと切れたのかどうかはわかりません。 まあ、悪い噂も聞こえては来ないので、死んだりはしていないでしょう。 問題は、、葉山君がどれほど郁恵さんに食われるか、、、、です。 ナンマンダブ、、、。 ですが、それは大方この話とは関連がないものです。 意識を「相手」ではなく自分自身に向ければ、簡単に切れます。 言い方を変えれば「気にしなければ消える」ということです。 しかしながら、一応気の弱い方のために、、、オマジナイを、、。 自分の気力を強める効果があります。 次の言葉を3回唱えるか、心の中で強く念じてください。 2ch.

次の

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?トップページ

洒落にならないほど怖い話

これは私の友人の体験談で、友人本人から聞いた話です。 私の友人(以降A)がアパートに部屋を借りたんです。 古い建物を改装したアパートなんだけど、リフォームがしっかりしてて結構綺麗、借りたのは最上階の部屋で、部屋も広くて天井も高く開放感のある部屋。 主要線の駅からも歩いて行ける位近くて、商店なんかも整ってて凄く条件が良い物件だったそうです。 それなのに、家賃もそれほど高くない・・・と云うより安い程。 (この時点で普通はおかしいと思いません?) でも、そこに入居して暫く経って、一つ嫌な事を発見したんです。 和室の押入れの上部に小さな棚があって、そこの奥天井に一枚の御札が貼られてるのに気付いたそうです。 Aは心霊だとかその手の事には鈍感な性質で、気味が悪いとは思いつつもお札を剥がして捨てたんです。 それから、部屋に変な電話が掛かってくるようになったんです。 しわがれた年配の女性の声で、呟くように繰り返すのだそうです。 「こちらはあたしの家じゃないかねぇ」、って。 Aはいたずら電話か痴呆老人の仕業かと思って、対応もおざなりに電話を切ったそうです。 けど、その電話は時折掛かってきたんです。 日をおいて幾度も、同じ老女から同じ内容で。 終いには辛抱しきれなくなったAは、この部屋は俺のモンだ、と怒鳴りつけたんだそうです。 そうしたら、震える声で「・・・ここはあたしの家だよぅ」と返ってきたきり、電話は切れてしまったそうです。 その夜、Aは息苦しさに目を覚ましたそうです。 身体が動かない。 すぐに金縛り状態である事に気付きます。 動けないまま目を凝らしていると、直に目が暗闇に慣れてきました。 その時、顔にポタリと何か雫のような物が降りかかったんです。 すぐ頭上の天井に目を向けると、真っ白な筈の天井に黒いシミが出来ていて、そこから雫が垂れているようでした。 みるみるシミは広がって、垂れてくる雫の量が増えてきました。 生臭い、金臭い臭いに、その雫が血であると思った瞬間、天井のシミの中から何かがA目掛けて降ってきたんです。 ドサドサ、バラバラと重みのある物体が、Aの顔といわず身体といわず降り掛かったんです。 Aが恐怖に身を強張らせていると、顔の真横に生臭い空気を感じました。 視線を向けると、真っ黒な塊・・・人の首がAの顔の横にあり、それが耳元で口を開いたんです。 電話のしわがれた声で。 「ここはあたしの家だよぅ」 翌日、Aはすぐその部屋から引き払いました。 不動産屋は、もうあんな所には住めないと訴えるAを問い質す事も無く即時引き払いに応じたそうです。 後日、Aはその部屋の(建物の)来歴を調べました。 十数年前、その建物はある資産家の老女の持ち物でした。 しかしその老女は欲に目の眩んだ身内によって殺されたんだそうです。 ただ・・・何故Aの借りた部屋に老婆は現れたのか。 明確な理由は今でも解りません。 あれは大晦日のことでした。 深夜、煙草を買いに行こうと少し離れた場所にあるコンビニへ出向きました。 私の住んでいる所ははっきり言って田舎なのですが、昔は街道筋だ... 俺が大学三年の三月だった頃。 ある日、バイトが終わり、帰り際に携帯を見ると、着信が一件あることに気付いた。 発信者は、中学時代クラスメイトだった女の子。 折り返... 洒落にならんっつーかなんというか。 自分は彼女居ない歴=年齢の典型的なもてない男なんだけど、女友達は結構いる。 その女友達とかに「あんたは狙ってないから彼女でき... オカルトじみてはいないんだけど、バイトで経験した自分とは縁遠い人たちの話をひとつ・・・ オレは知人の紹介で、裁判所がらみのバイトをしていたんだけど、この仕事って... 次の日、昼過ぎに目覚めた俺は師匠の家に電話をした。 十回ほどコール音を聞いたあと、受話器を置く。 続けて携帯に掛けるが、電源が切れているか、電波が届かない場所に... 呪い真書を手に入れた。 冒頭にこう書いてある。 「これに書かれてある手順を実行すると呪いが成就するが、手順を間違えるとその呪いは自分に返ってきます。 あなたはそれ... これまで零シリーズは、絶対お祓いをしないというディレクターの柴田の信念がありました。 本当に恐いことが起こるゲームとしては、逆にお払いをしては恐怖を逃すことにな... 以前仕事で聞いたことを書いてみる。 あまり詳しく書くと職責に触れるので、結構改変するからフィクションとして見て欲しい。 郵便配達の仕事をしていた頃のある日、誰も... カテゴリ• 103• 435• 153• 110• 236• 272• 4 オススメニュース記事.

次の