看護師 悩み。 看護師がクリニックを辞めたいのは、院長が解決できない7つの悩みが原因

看護師の悩みランキングワースト15!ケース別の悩みと解決法を紹介

看護師 悩み

新人看護師がどんな悩みを抱えて退職をしてしまうのか知っていますか? 多くの新人看護師が毎年1年以内に退職していっています。 病院では、新人看護師の離職を防ぐために激しい雇い止めをするケースも増えていますが、あなたの職場ではどうでしょうか? 看護学校を卒業して希望を持って働き始めたはずなのに、現場で働き始めてから様々な悩みを抱えてしまう新人看護師も少なくありません。 新人看護師であっても 早期に退職に至ってしまう人も毎年かなりの割合に上っています。 あなたも何かしら新人看護師として働きながら、悩みや苦悩を抱えていてこのサイトにたどり着いたのかもしれませんね。 では、一体新人看護師の多くがどんな悩みから退職をしているのでしょうか? 新人看護師が辞めてしまうのはなぜ? 新人看護師が実際に悩みを抱え込んで辞めてしまう理由には、次のような理由からが多くなっています。 新人看護師は、時間外での研修や勉強会が多すぎて、そのレポートに追われることでプライベートの時間なんてなかなか持つことはできません。 病院によっては、週に何度も研修や勉強会があるようなことも少なくはなく、研修手当が出ればまだ気休めにはなるものの、そういった手当もないところもたくさんあります。 また、時間外や休日を返上して開かれることも多いため、休みの日にも休めていない・・・という人も多いのではないでしょうか。 本当はもっと自分の時間を作って体を休めたり、振り返りのための勉強時間にも充てたいという思いがあるのになかなかそれさえも叶わないのです。 ただでさえ忙しい通常業務に加えて、研修や勉強会が多すぎて耐えられないと疲弊してしまう新人看護師は多くなっています。 あなたにも当てはまるような悩みはありましたか? もしかすると、ここには出てこなかったような悩みも抱えているという方もいるかもしれませんね。 看護師としてデビューしたものの、新人看護師の多くが実は様々な深い悩みや苦しみから辞めたいと考えてしまう人が大勢います。 看護学校の時から、 「看護師は3年同じ病院で働いてやっと一人前」と言われてきている看護師も多いでしょう。 新人看護師の1年目で基礎を身に付け、2年目で実践と応用を学んでいき、3年目で病棟をまとめられるようなリーダーシップを発揮してリーダーとしての基本を学ぶとされているからです。 新人看護師の中には、本当は辞めたいほど辛いのに この言葉に縛られて辞めれなくて悩んでいる人も多いのではないでしょうか? もちろん、3年間、今の職場でどんなにつらい環境の中でも耐え続けることができるならそれはとても立派なことです。 新人時代は何もかも分からないこと、初めてのことだらけで辛いのを耐えるのは当たり前とも言われることもあるでしょう。 でも、働いている職場の環境があまりにも悪いことは明白なのに、果たして本当に続けることが正しい選択と言えるでしょうか? そのまま我慢し続けて今の職場の状況は何か変わるでしょうか?このままで我慢を続けて3年間働き続けることは可能でしょうか? 私はこれまで転職カウンセラーとして、新人看護師さんが抱えている悩みをたくさん聞いてきました。 働く病院や部署によっては、職場環境があまりに悪く悩んでいる新人看護師さんが大勢います。 そんな劣悪な職場環境からもっと自分に合った職場に勇気をもって転職したことによって、次の職場で長く続けているという新人看護師もたくさん見てきています。 だからこそ、 無理をして身体を壊してまで今の職場で働き続ける必要はないと思っています。 新人看護師を病棟全体で育てていこうとしている病院もある一方で、入職した病院によっては、イジメや長時間労働といった労働環境が良くないところも多々あるのが現実です。 看護師として初めて入職した病院があなたに必ず合うとは限りません。 新人看護師の中には、辛い環境で我慢し続けて身体を壊してしまったり、精神的に悩みすぎたために「うつ」になって休職をする看護師さんが後を絶ちません。 転職カウンセラーとして仕事を続けてきた中で、こうした心や身体を壊してしまった看護師さんにもたくさんお会いしてきました。 一度、心や身体を壊してしまって休職をしてしまうと、次の転職時にはどしても不利になってしまって、なかなか良い条件の求人をもらうことも難しくなってしまうことがあります。 身体に不調が現れているほどに辛いなら、 身体と心を壊してまで続ける必要はありません。 看護師の代わりになる人は他にいても、あなた自身はたった一人しかいませんよ。 あなた自身が身体的にも精神的にも悩んで壊れてしまう前に、よほど辛いなら我慢せずに辞めればいいのです。 辞めるという選択を取ったことで、そのこと自体が他の誰かから非難されるべきことではありません。 自分で自分の人生を選択して進んでいくためには、時には軌道修正することが必要なことも出てきます。 我慢してしんどい思いをしながら続けるよりも、 少し休んでからでも3年間続けることができる職場へと転職することの方が結果的にいいということもあるのです。 新人看護師の悩みは転職サイトで相談できる! 看護師専門の転職サービスをご存知でしょうか? 新人看護師さんならまだ聞いたことも利用したこともないという方がほとんどだと思います。 看護師専門の転職サービスのことですが、「転職サイト」「転職エージェント」、「看護師の人材紹介会社」とも呼ばれています。 このサービスは、 看護師であればどなたでも無料で利用することができるものです。 今の職場を辞めようか迷っていたり、転職を決めたけれど自分一人ではどうやって転職活動を進めていけばいいのかわからないという方も多いですよね。 そんなときに、看護師の転職サイトに登録すれば、コンサルタントが様々な悩みを聞いてくれ客観的なアドバイスをしてくれたり、悩みを解決できるような転職先の求人を紹介してくれます。 転職をするときにどんな職場なのか分からないといった不安があっても、職場の内部情報もしっかり教えてもらえるので、ハローワークやナースバンクなどで求人だけを見て、自分で転職活動を進めていくものとは違って安心です。 コンサルタントというプロが担当としてあなたについてくれるからこそ、希望通りに配属先を調整してもらえたり、給与の交渉などもあなたに代わってしてもらえるのです。 新卒で入職した病院が合わない・・・、悩んでいることがある・・・、転職しようと思っているけどどうしようか迷っているなら、一度、転職コンサルタントに相談してみましょう! 新卒看護師が3年以内で退職すると、次の転職時には「第二新卒」と呼ばれ方をしますが、まだ経験が浅い「第二新卒の看護師」でもサポートを受けられます。 今では ほぼ7割以上に上る看護師がこの転職サービスを利用して転職を決めています。 同じ職場で働く同期で既に退職したあなたのご友人も、もしかするとこっそり利用しているかもしれませんね! 新人看護師が入職してから1年以内に退職を考えていたり、退職をすることが決まっているという方なら特に転職サイトを利用されることをオススメします。 なぜなら、転職活動において 短期間で辞めたことがネックになってしまうこともあるからです。 次の転職の時に以前の退職理由を聞かれて困らないためにも、しっかりと転職サービスの転職コンサルタントにアドバイスしてもらいましょう。 短期間で辞めたことがネックにならないような転職サポートしてくれ、履歴書や面接の指導をしてくれるのも転職サービス利用のメリットの一つなので活用する手はありません。 新人看護師の悩みは果てしない・・・ 私が転職カウンセラー(コンサルタント)として働いていたころ、毎日、新人看護師さんのお悩みを聞いてきました。 本当にいろんな職場環境で悩み苦しんでいる新人看護師の方々がたくさんいるのを知っています。 でも、一方で、サラリと転職をしたことによって、晴れ晴れとして看護師の仕事を続けることができるようになった看護師も大勢見てきました。 環境が変われば気持ちも変わるし、何より人間関係が新しく生まれ変わります! 新しい転職先で気持ちを新たに頑張ると決めた看護師はとても強いのです。 このサイトでは、私が過去7年間の転職サイトでのカウンセラー(=コンサルタント)をしてきた経験を活かして、新人看護師さんのさまざまな悩みに答えています。 今も毎日悩みながら頑張っている一人でも多くの悩める新人看護師さんが、心穏やかに看護師としての仕事ができますように…。

次の

看護師に多い悩みランキング!辛い職場は転職も検討しよう

看護師 悩み

このページの目次• 主任の悩み 看護主任になる要件は、病棟によって主任が数名いるところもありますし、経験年数もとくに決まっていません。 看護主任になると、管理業務と通常の看護師業務の両方をこなしますので、時には相当忙しくなることも見込まれます。 また、看護師長が不在の時は師長業務の代行も担います。 そんな主任の姿を見て、自分は主任にはなりたくない…と感じる看護師もいるようです。 そんな主任には次のような悩みがつきまとうでしょう。 〇 忙しいのに給料が減る 一般の看護師業務に加え、看護主任としての管理業務や責任が加わります。 主任の役職手当はつきますが、残業手当はつかないが多いようです。 夜勤などの回数も減るので、結果的に給料が減額になる…という現象が起こります。 〇 板挟みになる 病棟の看護師スタッフと師長との間で板挟みになるシーンがよくあります。 師長の問題点を切々と訴える看護師もいますから、そのような不満や悩みも聞かなくてはなりません。 〇 年上スタッフからの視線が厳しい 年齢が若いうちに主任になると、自分より歳も経験もスキルも上、というスタッフが部署内にいる場合があります。 その人たちに上司として認めてもらわなければなりませんが、厳しい目で見られることになります。 経験のない業務に遭遇しても「知らない」とは言えませんし、できて当たり前と思われています。 病棟師長の悩み 看護主任の上の役職は看護師長です。 一般的に看護師として15年以上のキャリアを持つ人の起用が多いようです。 看護師長はどのような悩みを抱えているのでしょうか。 〇 患者と接する機会が減る 患者と接するために看護師の仕事に就いたのに、管理職になったら会議や書類の作成ばかりで患者と関われない…という悩みを持つようです。 「デスクワークをしたくて看護師になったのではない」という思いから、管理職昇進の打診を断る人や、なかには退職の途を選ぶ人さえいます。 〇 クレームに対応する 患者やその家族から呼び出しを受けることがあります。 内容は看護師へのクレームです。 その際は該当する看護師からヒアリングをして対処しなくてはなりません。 起こった状況を把握して双方の思いに耳を傾け、両方の立場に配慮して改善策を見出していきます。 また、シフトを組む業務では、看護師間の人間関係が関わってきます。 馬が合わない人と一緒に組みたくない…といった要望が出ることもあります。 ほかにも、公平に接していてもえこひいきと批判されたり、退職をにおわされたり、人間関係にまつわるさまざまな悩みは尽きません。 〇 できて当たり前と見られる 比較的若くして師長に抜擢されると、部署内に自分よりも歳上のスタッフがたくさんいる場合があります。 つまり、年上の部下ということです。 新人のように「わからなくても仕方がない」などという目で見てはくれませんし、新しい病棟に師長として赴任したケースではなおさらです。 すべてわかっていて当たり前だと思われます。 そんな周囲からの視線や期待を受けつつ、一方で自分自身が発展途上だというスキルとのギャップに戸惑い、複雑な悩みを抱えてしまうことが少なくないようです。 〇 看護部と看護師との板挟みになる 看護師長になると全体の会議に参加する機会が増え、決定した内容を病棟の看護師に伝えるということがよくあります。 その決議が臨床の看護師の意に沿わない場合、の看護部側と病棟の看護師の間に立って板挟みになってしまいます。 このような事態が一番ストレスだと思われます。 看護部長の悩み 看護部長は誰もがなれるポジションではありません。 看護師長を経験したうえで、卓越した管理能力を持つ人が抜擢される、看護師のトップです。 管理職の立場を十分に理解し、重責を担う覚悟で看護部長の職位に就くはずです。 しかしながら、看護部長とてやはり悩みはつきものです。 患者と接する看護業務からはまったく離れ、看護師全体の管理が仕事です。 〇 と看護師との板挟みになる と看護師との調整などを行う看護部長も、前述の看護師長同様板挟みになる事態がしばしば起こります。 昇格を拒否した場合 昇格は、現在自分が勤務している部署に限らず、他部署に異動して管理職に就くことを命じられるケースも考えられます。 病院が決定する事項ですから、通常個人の希望で拒否できる類のものではありません。 看護部長やそれに準ずる上司から「病院全体の運営を考えるように」「誰かがやらなくてはいけない仕事」「管理職があってこそ看護師は仕事ができる」などの切り口で説得されます。 それでも拒否を貫き通すならば退職の途しかないでしょう。 しかしながら、せっかく実力が認められて声がかかったのです。 退職はチャレンジしてみてから考えても遅くはありません。 スタッフの立場で管理職を見ていた時とは違い、実際にその役職に就いて初めてわかること、新たな発見を得られることは確かです。 管理職としてのやりがいも見いだせると思います。 管理職の役割 それでは、看護師が管理職になると、具体的にどのような役割を担うのでしょうか。 代表して看護師長の役割を見ていきましょう。 〇 業務目標の達成 病院で掲げている目標を、病棟での業務目標としてスタッフに明示し、しっかりと理解させます。 スタッフはその目標達成に向かって業務を行います。 〇 チームワークの強化 看護はチームで行います。 スタッフは気持ちをひとつにして目標に向かって協力しあう必要があります。 そのため絆の強いチームづくりが欠かせません。 〇 スタッフ教育 新人を含むすべてのスタッフが、レベルアップしようという意識を持ち勉強を継続することで、組織全体もレベルが上がっていきます。 スタッフのスキルが上がり一人で判断できるようになると、権限移譲の範囲が広がり師長も本来の仕事に取り組めます。 管理職のやりがい 管理職は悩みが多く、時にはつらいことも起こります。 しかしながら、管理職だからこそ得られる、次のようなやりがいもあります。 〇 主任のやりがい アンテナを張っていると、さまざまな情報が入ってきて、細かい病棟の様子を把握することができます。 主任のあなたに相談したい、という患者や家族もいます。 また、スタッフからも業務上の相談はもとより、プライベートまで及んで頼りにされることがあります。 スタッフをより身近に感じ、一緒に考えたりアドバイスをしたりしているなかで、主任の自覚が生まれやりがいを感じられるでしょう。 〇 師長のやりがい スタッフから要望などが挙がり改革の必要ありと判断した場合、自分の病棟については師長権限で変更可能です。 たとえば、早番や遅番の勤務も病棟の状況に応じてアレンジできるのです。 また、病院自体の改革についても、院長や看護部長を含めた会議で提案することによって参画できます。 〇 看護部長のやりがい 病院という場所は、看護師たちが持つ雰囲気で印象が変わるものです。 看護師が活き活きと働いている病院は患者も気持ちがいいものです。 看護師にとってより良い職場環境を看護部長が整備することで、看護師も良い雰囲気に変わっていきます。 看護師として患者と密接に関わりたい…という理由で、多くの看護師が管理職を拒否します。 しかし、患者のことを真剣に考えるならば、組織として様々な改革に取り組まなければならない状況は明白です。 患者を思いやれる看護師だからこそ管理職のポジションに立ち、これまでの経験に基づいた看護の技術やノウハウを後輩に教える…これもまた、立派な看護たりうると言えるのではないでしょうか。 看護師の管理職が持つ悩み:まとめ <看護主任>• 管理業務と看護業務の両方をこなすため忙しい• 主任手当はつくが残業手当は出ないことが多く、給料が減る可能性もある• 師長とスタッフとの板挟みになることがよくある• 年上の部下ができることがある• 患者や家族の相談を受けたり、スタッフからプライベートを含め頼りにされたりすることでやりがいを感じる <看護師長>• 患者と接する機会が減る• 看護師に対する、患者や家族からのクレーム処理をする立場になる• シフトの組み方で看護師からクレームがでることがある• 病院側と看護師の間で板挟みになることがある• 目標の達成、チームワークの強化、スタッフ教育という役割を担う• 病棟の改革や、病院自体の改革の提案もできる点にやりがいがある <看護部長>• 患者と接する看護業務はなくなる• 看護師全体を管理する立場から、病院と看護部の間で板挟みになる• 管理職の打診を断ろうとしても説得されるが、それでも拒否した場合は退職することになる• 看護師全体の雰囲気を良くして、病院の印象を変えられるような立場である点にやりがいがある <執筆者プロフィール> 南部 洋子(なんぶ・ようこ) 助産師・看護師・タッチケア公認講師・株式会社 とらうべ 社長。 国立大学病院での経験後、とらうべ社を設立。 タッチケアシニアトレーナー <監修者プロフィール> 株式会社 とらうべ 医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供• 組織の名称又は氏名 株式会社メディパス• 個人情報保護管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名、所属及び連絡先 武田 英之 法務部 03-6417-4066• 個人情報の利用目的• 当転職支援サービスのご提供のため - 人材派遣・紹介予定派遣・有料職業紹介等でのお仕事紹介• お問い合わせ対応、サポート対応のため• サービスに関する重要なお知らせのため• キャンペーン告知のため• 当社取り扱いサービス等の情報提供のため• 業務委託先への情報提供 当社は、提供するサービスの提供のために、必要な範囲内において個人情報の取り扱いを全部または一部を委託する場合があります。 なお、個人情報の取り扱いを委託する場合は適切な委託先を選定し、当該委託先と守秘義務契約を締結し、委託した個人情報の安全管理が図られるよう適切な管理・監督を行います。 個人情報の提供 人材紹介ならびに紹介予定派遣の場合には、求職者の紹介のために、氏名、職務経歴書情報を、書面または持参する等の方法により、弊社取引先企業・病院・高齢者施設等に提供する場合があります。 人材派遣の場合には、法令に基づく範囲で派遣先へ個人情報の提供を行います。 個人情報の開示等の請求 お客様は、弊社に対してご自身の個人情報の開示等(利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止または消去、第三者への提供の停止)に関して、当社問合わせ窓口に申し出ることができます。 その際、弊社はお客様ご本人を確認させていただいたうえで、合理的な期間内に対応いたします。 なお、個人情報に関する弊社問合わせ先は、次の通りです。 株式会社メディパス 個人情報問合せ窓口 〒141-0031 東京都品川区西五反田2-29-5 日幸五反田ビル7F メールアドレス:medipass-info medicalplatform. 個人情報を提供されることの任意性について お客様がご自身の個人情報を弊社に提供されるか否かは、お客様のご判断によりますが、もしご提供されない場合には、適切なサービスが提供できない場合がありますので予めご了承ください。 カンゴワークスの 転職コンサルタントにご相談ください 看護師求人の特徴• 看護師を必要としている施設は日本全国で38万以上あります。 求人に関わる情報の多くは非公開です。 看護師転職のポイント あなた一人の力で数多くの病院・施設を調べ、非公開情報を入手し、自分にあった職場を見つけるということは難しいと思いませんか?さらに、希望する病院・施設と給与や勤務条件などまで交渉するとなると…。 そこで、多数の病院・施設の情報を持ち、看護師紹介経験が豊富なカンゴワークスの転職コンサルタントを上手に活用することをオススメします。 カンゴワークス転職コンサルタントがお役に立つ理由• 各コンサルタントは 1,000人以上のコンサル経験をもっており、多様な転職ニーズに対応可能。 12年以上の運営を通し、施設情報は豊富に蓄積• 調査力、交渉力が高いから、転職条件が高い• 転職理由解決割合 93. 希望給与額に対する転職後給与 110. 希望通勤時間に対する転職後通勤時間 12.

次の

「看護師3年目の悩み」を解決するの3つの知恵

看護師 悩み

入社してすぐから今まで 半年以上勤務しています 、三人の看護師さん 全員年下 に明らかに険悪にされています。 挨拶を返してもらえないのはもちろん、仕事上伝えるべきことも伝えてもらえなかったり。。。 他にも細かな事ですが、私がやり終えた業務をすぐにやり直されたり、患者さんと話しているとその会話に割って入ったり、忙しい時に手伝ってもらえないのはもちろん、皆のいる前でも、私がいるだけでを露骨にイライラした態度を出されたり、近寄るなオーラを出されたり、、、。 キリがありません。 それでも、お金の為と我慢していましたが、あまりにも酷かったので、そのことを看護師長に相談したら、今度はその看護師長にまで冷たくされるようになってしまいました その年下の看護師のリーダーは看護師長のお気に入りでした。 今、精神的にもとてもつらくて辞めたほうが良いとは思うですが、再就職が不安です。 どうすればよいのでしょうか? 解決方法 看護師とはとてもやりがいのある仕事ではありますが、反面、とても辛い仕事でもあります。 上記の体験談はあまりにも酷い環境ですが、たとえばこのような「挨拶を返してもらえない」「全員にすべき連絡を自分にだけ回してもらえていない」など、明らかな嫌がらせを受けている場合、まずは 先輩や経営者など、イジメの首謀者より上の立場の人間に相談することがベスト です。 しかし、そういった頼りにできる人間が現状一人もいないのなら 経営者が無能、頼るべき立場の先輩看護師がイジメの首謀者など 、その境遇にしがみつくのではなく、すぐにでも、新たに自分に最適な病院を探す行動に移りましょう。 というのも、現在どこの病院においても深刻な看護師不足に陥っているため、 看護師の転職は他業種と比べても圧倒的に成功率が高く、再就職が驚くほど簡単に出来る状況 だからです。 つい、その劣悪な状況にストレスを感じながらもそれでも頑張らなくては、などと思いがちですが、そこは自分の為にも、今後あなたが担当するであろう患者さんの為にも、勇気を持って行動を起こすことがとても大事です。 そして、そこで一番重要となるのが、自分に最適な働きやすい病院の探し方です。 そのコツも、実際にあった体験談を元に解説していまので、そちらを参考にして慎重に新たな病院を探しましょう。 けして給与や勤務地だけで決めて、同じ失敗を繰り返さないようにしましょう。 第1位と同様、こちらも人間関係が原因となる退職理由です。 しかし、同僚や先輩ナースに対する不満より、こちらの方が根が深い問題だと言わざるをえません。 もし同僚や先輩ナースとの人間関係に問題が生じた場合でも、さらに上の上司に相談できる環境が用意されているなら、その問題を解決できる可能性はゼロではありませんが、 上司そのものに問題がある場合それを本人に訴えたところで、さらに問題を大きくしてしまう可能性が高い です。 実際にあった具体的な事例として、社会人として信じられないパワハラやセクハラなど、耳を疑うような問題がありました。 なかでもここでは、あきらかなえこひいきや、責任転嫁、シフト作成の問題など、典型的な例を見ていきましょう。 上司からのえこひいきによるイジメ 看護師長の事で悩んでいます。 最近異動があり、心機一転がんばるつもりでいましたが、師長に問題が多すぎてやっていく自信がありません。 一目見て、いかにもヒステリックで 漫画の教育ママ的な、いかにもな感じです 、まともな会話が出来ない人と感じたので、あまり距離はつめずに必要最低限の会話だけで済ませていたのですが、どうやらそれが気に入らなかったらしく、私にだけ風当たりがとても強い状況です。 例えば私がミスをすると、みんなに聞こえるようにヒステリックに怒鳴り散らすのはもちろん、自分のミスも私の知らないところで私のせいにされている状況です。 さらに、シフト作成の時間も大変遅く。 一度決定したシフトも後で変更しまくりで、それに答えられないと、「責任持って仕事してください!」などと、見当違いに怒鳴り散らす始末。 挨拶を返してもらえない、他の同僚に聞こえるように嫌味を言われるなど、細かいことを上げればキリがない状況です。 職場の問題を解決する能力が無い 上記のように、直接上司に問題があると感じた場合でも、まず最初にすべきことは「怒りを抑えて自分を省みる」ことが重要です。 ノートなどに「自分がしたこと、されたこと」を記述していき、客観的に見て自分にも問題がなかったのかをまずは冷静に判断してみてください。 それを経て、あきらかに不遇な状況だと判断したら、次は実際に行動に移しましょう。 例えば、主任に問題がある場合は看護師長に、看護師長なら総看護師長にと、その上の人間に事の全てを話して相談してみるのがベストです。 それでも問題が収まる気配がないのなら、その病院の管理体制能力は皆無だといえます。 特にクリニック勤務など、少人数で動いている場合などは解決が難しく、相談したことで更に問題が悪化する可能性があることも否めません。 そうなった場合、その病院は自分に向いていないと早々に見切りをつけて、新たな環境を探すことも重要です。 やりがいのある看護師の仕事ですが、例えば雑用の様なルーチンワークを日々繰り返えさせられていては、看護師としてのレベルアップが望めないのはもちろん、仕事そのものに対する熱意も冷めてきてしまいます。 これを自分のやる気の無さだと責めるべきではありません。 環境の整った病院では、看護師の業務レベルをしっかりと査定して、結果、それが給与に反映されるシステムをとっています。 これにより、日々の業務にも熱意を持って取り組むことができるのはもちろんの事、利用する患者さんにとっても良い結果が生まれ、良い病院作りに繋げることができます。 このようなシステムをしっかりと構築している病院を見つけることで、日々の業務にもハリが出て、看護師としての自分に誇りを持つことにつながります。 上記の5つが、現役の方々が実際に退職を決意するにまで至るほど問題となる主な悩みです。 いかがでしたでしょうか? もし、あなたが今抱えている問題と同じものがあるなら、そこを離れて新たな環境を切り開くのも、十分に現実的な選択肢と言えます。 逆に、これらに該当しない問題であれば、その環境でもう少しだけ踏ん張ってみる事も考えてください。 退職して別の環境に再就職するというのはとてもエネルギーが必要な事です。 そこにとどまることで時間が解決してくれる問題が多いことがある事を考えるのも大切 なことです。 冷静に、かつ客観的に考慮して決意が固まったなら、次はいよいよ、その環境からの自分を解放すること つまり退職 、そして自分にピッタリと合った新たな環境での再チャレンジ! となります。 次ページからはスムーズに進める退職方法を解説していきます。

次の