タイ 料理 調味 料。 あのタイ料理に使う調味料や食材、お勧め商品はこれ☆彡

【楽天市場】エスニック調味料:タイの台所オンラインショップ

タイ 料理 調味 料

タイで用いられる魚醤油でタイ料理には必須の調味料です。 同様のものとして、日本のしょっつる(秋田)、いしる(金沢)、いなかごしょうゆ(香川)、ベトナムのニョクナムなどが挙げられます。 質の良いものほど、色が薄く透明度が高くなります。 大豆を主原料としていますが、シーユー・カオに比べ、どろっとして香りがあり、かつ甘味が強い調味料です。 甘口の「ワーン」と薄甘口の「ケム」の2種類あり、料理の味つけや付けダレに利用されます。 「 オイスターソース」とも呼ばれます。 生ガキを塩漬けにして発酵させ、その上澄みを取った、醤油のような色をしたペースト状のソースです。 タイではもっぱら、隠し味の材料として利用されます。 原料はチリソースと同じですが、チリソースに比べ砂糖と酢の割合が高く、酸味と甘味が強くなっています。 「 スウィートチリソース」と呼ばれることもあり、春巻きやタイ式さつまあげなどの揚げ物や肉料理、焼き物のタレとして用いられます。 大豆から作るタイの醤油で、薄口醤油に相当します。 炒めものや煮物などの味つけに使用します。 味覚は醤油とほとんど変わりません。 醤油で代用可能です。 赤唐辛子、砂糖、食酢、塩、にんにくを原料としたタイのソースです。 辛味と、にんにくの香りが強いのが特徴で、揚げ物のタレとして用いられたり、その他、炒めものや麪料理、御飯物の調味料としても使用されます。 このペーストにはハーブ類が混ぜてあるので、具とナンプラーがあれば簡単にトムヤムクンが作れるようになっています。 タイでも人気のある製品です。 大豆を原料とした調味料です。 中に大豆の粒がたくさん入っているのが特徴で、味噌を薄めたような感じがします。 炒めものや御飯もののタレなどに使用します。 タイの蝦醤。 英語ではシュリンプペーストといいます。 小海老を塩漬けにして作るペースト状の調味料で、タイでは多くの料理のダシとして用いられます。 唐辛子やにんにく、シャロットなどをクロックでつきあわせて作る辛味噌です。 材料によって、 いろいろなものがありますが、そのままご飯にのせて食べるものと、汁物の調味料として使用するものの2種類に大分されます。 大豆から作られる調味料。 料理に旨みやコクを出す材料として、とりわけ、炒めものによく使われます。 フレーバー・ソース、マギーソースとも呼ばれます。 チリ・イン・オイルとも呼ばれます。 干しエビ・玉ねぎ・ニンニク・唐辛子などを油で炒め、砂糖・塩を混ぜて作ります。 トムヤムスープの味付けによく使われます。 また、エビやカニなどをこれで炒めれば、簡単にチリソース炒めを作ることができます。 ー 「ネズミの糞のような」という意味の、長さが2〜3cmの唐辛子です。 タイでは唐辛子のことをプリックと言い多くの種類がありますが、なかでもプリッキーヌーは辛さが特に強烈で、食べると灼熱地獄が待っています。 「空を指さす」と言う意味の長さが6〜7cmの唐辛子です。 プリックチーファーには赤、黄色、緑などの色がありますが、総じて辛味は弱く、料理に色取りを添えるために使われたりします。 名前の由来は空に向かって実がなる事です。 ー ヤシ科のさとうやし(シュガーパーム)の樹液を煮つめて作る砂糖(椰子糖)です。 渦巻状のものと容器入のものがあります。 普通の砂糖に比べ風味があり、料理や御菓子作りに用いられます。 タイ料理では唐辛子を生で使うことが多いですが、乾燥品も販売されており、いろいろな種類があります。 乾燥品は水でもどして、普通の唐辛子と同じように使うことができます。 ココナッツの胚乳を細かくしたものに熱湯を加えて搾った汁です。 タイでは「 マプラーオ」と言います。 カレーの煮込みに使ったり、料理の仕上げやお菓子作りなどに使用します。 だし汁の素です。 実際に、鶏からだしを取るよりも手間が掛からないので、タイ料理を含め色々な料理に使われます。 粒上のものやキューブ状のものなど色々な種類があり、お湯に溶かして使用します。 タイで販売されている、タイスキ用のたれです。 やや、甘口の味わいです。 タイスキの具を、このタレにつけて食べたりしますが、その他の料理の調味料として使用することもあります。 中国語で五香粉といいます。 もともとは中華料理の香辛料ですが、タイ料理でもよく使われるようになりました。 ひめういきょう、八角、シナモン、甘草、陳皮などをブレンドしています。 薄くスライスしたホムデンを油で揚げたものです。 タイでは以前、自分で作って保存しておきましたが、現在ではこのように出来上がったものが市販されるようになりました。 クスノキ科の常緑樹の樹皮を乾燥させたもの。 英語では「 カシア」、中国語では「 桂皮」、日本では「 ニッキ」と呼ばれています。 シナモンとよく似ていますが、オプチャーイのほうが色が濃く、形もぶこつで香り・味も強いです。 シナモンで代用できます。 中国料理でよく使用される香辛料で「 八角」とも呼ばれます。 直径約2cmの6〜8片に分かれたさやの中に種子が1個ずつあり、さやごと乾燥して用います。 原産地は中国南部からインドシナ。 甘い香りがし、煮込み料理や内蔵肉の臭み消し、またお菓子に使用されます。 ミックススパイスのポンピロー(五香粉)にも調合されています。 においが強いので、家庭では、星の小さい一片を使えば十分。 密閉しておけば、2〜3年は保存がききます。 洋名は「 スターアニス」です。 魚に塩を加えて醗酵させたもの。 塩の他に、煎った米粉やぬかを加えたもの、また、素材に魚卵や魚の内臓を使用したものもあります。 写真は、東南アジア産の淡水魚・グーラミと、塩と水、米粉を原材料としたもので、英語表記は" PICKLED GOURAMY FISH"となっています。 尚、このプラーラーから分離した、べっこう色の透明な液体が、ナムプラーとなります。 日本の塩辛のような食べ物で、癖のあるくさみを放ちます。 また、プラーラーを最も良く使用するのは、ラオスだと言われています。 香り付け用の液体。 タプティム・クロープ (ココナッツミルクとくわいのデザート)や、ロ・チョン・シンガポール(タイ風フラッペ)などのデザートに数滴たらします。 日本でいうと、バニラエッセンスと同じような使われ方をします。 日本人が発見した「味の素」です。 タイでも「アジノモト」で通用します。 現在ではタイ料理に、なくてはならない調味料となっています。

次の

どんな食材でも激ウマなタイ料理風にしてしまう“魔法の調味料”の作り方【料理解析】

タイ 料理 調味 料

代金のお支払方法は、以下の4種類からお選びいただけます。 カード番号は暗号化されて送信されますので、安心してご利用ください。 ・代金引換(全国一律料金: 324円) ・楽天Edy決済 あす楽対応商品については、対象エリアへのお届けの場合に限り、平日12:00までのご注文で翌日お届けいたします。 ・「あす楽」を利用されない場合は、配達日・配達希望時間をご指定いただけます。 ・ご指定のない場合は、ご注文確認(前払いの場合はご入金確認)の5営業日以内の発送を心がけておりますが、万が一出荷が遅れる場合はメールでご連絡致します。 ・ネットでのご注文は、24時間受け付けております。 ご注文後、楽天より自動配信メールが届きますのでご確認下さい。 ・ご注文確認後、当ショップより改めてご注文の確認メールを送付いたします。 3営業日以内に返信が来ない場合は、お手数ですが以下の問合せ先までご連絡をいただきますよう、お願いいたします。 ・出荷準備後のキャンセルや内容変更は一切お受けしておりません。 あらかじめご了承ください。

次の

食卓がちょっと高貴になっちゃう「トリュフ調味料」を比べてみた

タイ 料理 調味 料

トリュフと言えば、世界三大珍味のひとつ。 高級食材としても知られており、なかなか本物を味わうのは難しいイメージがありますよね。 しかし、最近では「トリュフ風味」の調味料がたくさん売られており、トリュフ味を手軽に楽しむことができます。 そこで今回は、そんなトリュフ調味料を6種類そろえ、どのくらい高級感を味わえるのか試してみました! スーパーで数百円で手に入るものから、高級感あふれる瓶入りまで……! トリュフとは? そもそも「世界三大珍味」のひとつである、ということくらいは知っていても、トリュフ自体がどんなものか実はよく知らないという方も多いかもしれません。 トリュフはキノコの一種。 しかし人工的に栽培することはできず、自然に発生したものを見つけて採ることしかできないのだそうです。 しかも土の中に埋まっているので、メス豚に見つけてもらう方法が一般的です。 トリュフをなぜメス豚が見つけられるかというと、トリュフの香りは「発情したオス豚の香りと似ているから」なんだとか……! 黒トリュフと白トリュフの違いは? トリュフには大きく分けて「黒トリュフ」と「白トリュフ」があります。 この2つは色が異なるだけではなく、実は希少性にも大きな差があります。 黒トリュフはその多くがフランス産で12月下旬〜2月下旬にかけて収穫されます。 加熱してソースにしたり、スライスして料理のトッピングに使われたりすることが多いようですね。 黒トリュフ いっぽうの白トリュフはほとんどがイタリア産です。 10月下旬〜11月下旬にかけての短い間にしか収穫されません。 基本的には生で食べることが多く、ゆえに長期保存もできず、黒トリュフと比べて価格が高騰しやすいのが特徴です。 白トリュフを使ったパスタ料理 黒トリュフの価格の相場としては100gで約35,000円前後、白トリュフは100gで 50,000円前後とも言われています。 さすが高級食材ですね! それでは以下で6つの商品を比較していきましょう。 今回はクラッカー&クリームチーズにのせて比較してみました 【1】永谷園 おとなのふりかけ 薫るトリュフ風味 永谷園 おとなのふりかけ 薫るトリュフ風味 かなり大きな海苔と、トリュフスライスをイメージしたふりかけが入っています! お茶漬けやふりかけでおなじみの永谷園が販売する「おとなのふりかけ」シリーズ。 実は発売30周年を記念した、期間限定の商品なのだそう。 価格は今回試した中では最もお手頃ですが、なんと3パックしか入っていないので、ふりかけとしてはかなり高級な部類に入ります。 パッケージには「卵かけごはんにかけて「おとなのTKG」にする食べ方が推奨されています。 トリュフは入っているのか成分をチェックしてみると、 ん?トリュフは入っていない様子……! 「調味顆粒」として、すき焼きシーズニングやビーフエキス、粉末しょう油や粉わさびなどで「トリュフ風味」を再現しているようです。 トリュフは入っていないのに不思議……! しかし、がっつり舌を通過するのは海苔の味とふりかけ特融のうましょっぱさ。 ごはんとの相性は抜群だろうなと思いました! マッシュルーム、ブラックトリュフ、ブラックオリーブなどを組み合わせてオリーブオイルに漬け込んだ、ぎっしりと身のつまったトリュフソースです。 肉にかけてもよし、ドレッシング代わりにかけてもよしと汎用性が高いのが特徴。 黒トリュフの香りを存分に堪能できる濃さが魅力です。 濃厚な「トリュフ!!!」という風味とキノコの食感が最も本物に近いだろうなという感じがしました! フランス産の天日塩に白トリュフを混ぜこんだ商品。 塩としては25gで800円前後と高価ですが、かなり香りが強いので何にかけても手軽に高級な味に変えることができるのが人気です。 特に人気の食べ方は、ファストフードのフライドポテトにかけて高級感を味わうというもの。 塩なのでトリュフとのバランス的に一番トリュフ味を感じなさそうな気がしますが、やはり白トリュフだからか口の中に香りがぶわっと広がる感覚は強烈にありました。 肉料理やサラダ、さらには白身魚、オムレツなどとも相性がよい万能ソースです。 さらさらと液体状なので何にでもかけやすいのが特徴です。 「あんまりトリュフ感が強すぎるのはちょっとね」という方には隠し味としてトリュフが効いているくらいがちょうどいいと感じるかもしれません。 【5】盛田 トリュフソース 盛田 トリュフソース とろ〜りとした見た目です。 みたらしに近い感じ? しょう油ベースのすっきりした甘さのソースに黒トリュフのチップが入っています。 ステーキやローストビーフ、パスタや卵かけごはんなどさまざまなものにかけることで、料理の味を格段に高級感の増した風味にすることができます。 トリュフは入っているのか成分をチェックしてみると、 黒トリュフが入っています こちらも中央にへこみ。 黒トリュフチップが入っているため、より濃厚な味わいです。 ステーキやローストビーフにかけることが推奨されていましたが、確かに肉に合いそうな感じでした! 40mlで2,000円以上とかなり高価! 白トリュフの天然エキスをオリーブオイルに封じ込めたうえに、白トリュフ片も入っているオイルです。 ただでさえ高級な白トリュフの中でも、世界最高級のピエモンテ州アルバ産の白トリュフを使用しているということで、期待できそうです。 かなり濃いので、食べる直前に1滴程度を料理に加えるだけでOK。 トリュフは入っているのか成分をチェックしてみると、 白トリュフと白トリュフエキスが入っています! だから高価! よく見ると白トリュフ片が中に入っています……! こちらも中央にへこみ。 味の比較のためかなり多めにかけたのですが、強すぎず、ほんのりと口におしつけがましくなく広がりつつも、トリュフとしての存在感はしっかり残していってくれます。

次の