レボリューション アンリミテッド プロ コントローラー。 SOCCERTH อัพเดทข่าวสารวงการกีฬาฟุตบอล

【PS4】背面ボタン付きPS4コントローラー&背面ボタン追加アタッチメントまとめ

レボリューション アンリミテッド プロ コントローラー

今回は本商品のプレイレビューもお届けしますので、ぜひ参考にしてください。 また、BIGBEN INTERACTIVEの「ステレオゲーミングヘッドセット」を希望小売価格2,680円+税で、同じく9月6日 金 に発売します。 さらに、「モノヘッドセットコミュニケーター」を希望小売価格1,780円+税で、10月3日 木 に発売します。 9月6日 金 より、eスポーツ仕様のコントローラー「Nacon プロコントローラー」シリーズ最新モデルが発売! 「レボリューションアンリミテッドプロコントローラー」 「Nacon プロコントローラー」は、ヨーロッパのゲーム周辺機器メーカーであるBIGBEN INTERACTIVEがプロのeスポーツプレイヤーと共同で開発した、eスポーツ仕様のゲームコントローラーシリーズです。 さまざまなジャンルのゲームユーザーのポテンシャルを、最大限に引き出すことが可能な商品です。 本商品「レボリューションアンリミテッドプロコントローラー」は、2018年7月に発売し好評を博した「Nacon プロコントローラー」の「レボリューション プロ コントローラー2」をベースに、さらなる機能追加、グレードアップを図った最新モデルです。 ヨーロッパでは今年3月の発売以降、好評を博しており、ついに日本でも9月6日 金 に発売が決定しました。 『レボリューションアンリミテッドプロコントローラー』ロンチトレーラー 操作性をアップグレード! 左右のスティックはヘッド部・シャフト部が交換可能となり、より一層、プレイスタイルに合わせたセッティングができるようになりました。 さらに、「レボリューションアンリミテッドプロコントローラー」では、設定の幅をさらに広げると共に、設定内容をリアルタイムで確認できるテストエリアをアプリ内に実装しました。 ソフトウェアのダウンロードにはで「マイアカウント」への登録が必要です。 PC拡張モードは、ソニー・インタラクティブエンタテインメントによりテスト、保証されていません。 カスタムプロファイルでのプレイを、ワイヤレス接続でも楽しむことができます。 マイク付きヘッドセットを接続すれば、音声チャットもワイヤレスで楽しめるほか、コントローラーで音量調整やマイクのミュート操作も可能です。 便利な専用ハードケースが付属! コントローラーと内容品一式をまとめて持ち運び、保管することができる便利な専用ハードケースが付属します。 「レボリューションアンリミテッドプロコントローラー」で『モンスターハンター:ワールド』をプレイしてみた! ここからは、「レボリューションアンリミテッドプロコントローラー」のプレイレビュー。 Blogスタッフが独自にプレイしたもので、株式会社カプコンが『モンスターハンター:ワールド』での動作や使用感などを保証したものではありません。 ボタンの配置やアナログスティック&トリガー L2&R2ボタン の感度などをカスタマイズします。 「Nacon プロコントローラー」シリーズの大きな特徴は、背面に配置された4つの追加ボタンです。 「レボリューションアンリミテッドプロコントローラー」では、4つの独立したS1~S4ボタンという名称でグリップの下部に配置されています。 『モンスターハンター:ワールド』のプレイ中は、左アナログスティックでハンターの移動操作をしていることが多いので、左手の親指で操作するボタンを背面に割り振ります。 方向キーの左右のボタンをS1ボタンとS3ボタンに設定し、アイテム選択を背面のボタンでできるように。 また、遠距離武器の弾やビン選択で使う方向キーの上ボタンをS2ボタンに配置。 アナログスティックの感度やシャフト部を、自分好みにカスタマイズ! 続いて、アナログスティックの感度を設定。 本コントローラーではアプリ内の「テストエリア」で、実際にアナログスティックを操作しながら設定内容をチェックすることができます。 コントローラーをPS4に接続しなくても確認できるのは、本当に便利! また、左アナログスティックのシャフト部を、一番太いサイズに交換してみました。 こうすると、アナログスティックを倒し込む最大角度が浅くなり、より小回りの効いた左アナログスティック操作ができます。 カメラ操作やエイムなど、微妙な操作が必要になる右スティックはデフォルトのままに。 カスタマイズが終了したらアプリ内右下のアイコンを選択し、プロファイルをコントローラーに登録します。 これで設定したプロファイルがコントローラーに登録され、PS4で実際に使うことが可能に! 設定を終えて、いよいよ狩猟へ! 快適な操作でハンターライフが充実!! カスタマイズしたコントローラーを使って、さっそく『モンスターハンター:ワールド』をプレイしてみました。 やはり方向キーの役割を割り振った、背面にあるS1~S4ボタンの存在が大きいです。 モンスターの予期せぬ攻撃を、そのわずかなボタン操作の差で避けられることがあるかも……? 今までの操作とは異なるので、最初は戸惑うかもしれませんが、プレイ中にコントローラーの持ち方を変える必要がないため、慣れてくると快適な狩猟を楽しめるようになるはずです。 また、感度やシャフト部をカスタマイズした左アナログスティックの操作も、かなり良好! あまり力を入れずに操作できるので、左手の親指にかかる負担が小さく、長時間の狩猟でも疲れにくそうです。 これは、ハンターライフがますます充実しそうな予感!? コントローラー自体の操作性も大幅にアップ! 先に紹介したように、本コントローラーは方向パッドや各ボタンのパーツと設計が一新され、従来の「Nacon プロコントローラー」シリーズよりも操作性が向上しています。 滑り止め加工を採用したグリップ部が思いのほかよく、とても安定した状態で遊ぶことができました。 今回のプレイで試してみたシャフト部の交換を始め、ヘッド部の凹型と凸型の選択、そしてワイヤレス対応も、「レボリューションアンリミテッドプロコントローラー」ならではの進化ポイントです。 シビアな操作が要求される場面だけでなく、快適な操作の追求によってさまざまなゲームがより遊びやすくなりそうな本コントローラー。 プロファイルの設定や、ヘッド部&シャフト部のカスタマイズ、ウェイトの追加などにより、自分だけのコントローラーをつくりだせることにもワクワクしました。 『モンスターハンター:ワールド』の超大型拡張コンテンツ『モンスターハンターワールド:アイスボーン』の発売日は、本コントローラーと同じ9月6日 金。 希望小売価格2,680円+税で、9月6日 金 より発売します。 <「ステレオゲーミングヘッドセット」商品概要> 商品名 ステレオゲーミングヘッドセット 型番 BB-4480 対応機種 PlayStation 4、PlayStation 4 Pro 発売日 2019年9月6日 金 予定 希望小売価格 2,680円+税 製造・発売元 BIGBEN INTERACTIVE 販売元 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント 「モノヘッドセットコミュニケーター」 「モノヘッドセットコミュニケーター」は、長時間のプレイでも快適なイヤーカップとインラインリモコンを装備し、左右どちらでもマイクをセット可能なフレキシビリティも備えたモノラルヘッドセットです。 希望小売価格1,780円+税で、10月3日 木 より発売します。 , LTD. 2018 ALL RIGHTS RESERVED.

次の

PS4対応「レボリューション アンリミテッド プロコントローラー」実機の使い心地をチェック!

レボリューション アンリミテッド プロ コントローラー

発送目安表示について 「在庫有り」表記以外の商品は、基本的にメーカーからのお取り寄せとなります。 同一カートで複数商品をご注文の場合、全ての商品が入荷次第まとめて発送致します。 発送目安表示について、納期をお約束するものではございません。 納期については、ご注文後、「」の注文状況確認WEBにてご確認下さい。 発送目安表示 説明 在庫有り 当店に在庫がございます。 13時30分までのご注文は1-2日以内に出荷いたします。 確認等で遅くなる場合もございます。 数字 数字の台数分だけ、当店に在庫がございます。 例)10営業日・・・土日祝日、お盆・正月等の長期休暇を抜いた10日間が発送の目安。 例)2週間・・・2週間前後での発送予定。 例)1ヶ月・・1ヶ月~1ヶ月半前後での発送予定。 入荷次第お届け 当店に在庫が無く、お取り寄せとなります。 また、仕入先にも在庫が無いため、メーカーの生産待ちとなります。 そのため、通常よりも納期に時間がかかる場合があります。 発送目安につきましては、納入の目処がついた段階でご連絡いたします。 ご連絡時期が遅くなる可能性がある旨、予めご了承の上ご注文ください 完売 販売終了 在庫が完売しました。 再販は商品によってことなります。 予約受付中 発売前、生産待ちなどの場合になります。 発売日:が「~発売予定 予約」の表記の場合、基本的には発売日前日出荷ですが、全ての地域への発売日お届けをお約束はしておりません。 特典表記があれば特典が付きます(抽選の物を除く) 発売日:が「~発売日以降お渡し分」の表記の場合は 発売日から3~5営業日での出荷となります。 特典表記があっても特典は付きません。 受注生産 受注後生産しておりますので、キャンセルは一切お受けできません。 お問い合わせ 各ショップにお問い合わせ下さい。 販売終了 既に販売を終了した商品です。

次の

Bigben Interactive Limited BB

レボリューション アンリミテッド プロ コントローラー

価格とか 2019年9月6日に国内販売が始まった ナコンレボリューションアンリミテッドプロコントローラー。 これまでは輸入品が大体25,000円くらいしてて、安く輸入しても21,000円くらい。 現在は国内での販売が始まり定価で買うと19,000円くらい。 amazonでは 17,822円で売られてます。 旧型のNACON Revolution Pro Controller2は大体10,500円くらいで買えるようになってきてるので 差額は7,000円程。 17,800円するので決して安い訳では無いが、毎日ゲームをやる方なら選択肢には入れても良い値段かなと思います。 同梱内容 箱の中身はこんな感じ。 マニュアルは公式サイトからダウンロードするので詳しい説明書とかは付属してない。 コントローラーのケース、重りとかスティックのヘッドやシャフト等の部品とケーブル、あとは無線接続用のBluetoothレシーバー。 コントローラーの形状について まずは肝心な コントローラーの形状について、旧型であるレボリューションプロコントローラー2との比較など。 コチラはオモテ面。 基本的な配置はXBOXタイプで、アンリミテッドになって 十字キーの形が変わっている。 旧型はチープな感じの十字キーだったので今回のこの十字キーの方が 質感は上。 ただ、なぜか少し押しにくい印象。 押したつもりで押せてないことがたまにある。 反応が悪いわけではないけど押しにくい感じがする。 旧型と並べてみた。 左側が Unlimited。 大きさはほぼ変わってないですね。 ボタンや十字キー、スティックの変更点はあるものの、オモテに関しては配置はほとんど変わってないと思います。 コチラは Unlimitedの ウラ側のアップ。 今回は 背面ボタンが大幅に改善されていて、1つずつが 独立したボタンになっている。 あとは、事前に設定していたPROFILEの切り替えボタン、有線・無線の切り替えボタン、PCモード・PS4モードなどの切り替えボタンなど。 あと新機能としてマイクMUTEボタンやVolのボタンも追加されている。 ウラ側を並べた画像。 左側が Unlimitedで右側が Revolution Pro Controller2。 Unlimitedは持ち手の部分がシリコンっぽい材質に変わっていて、グリップ感は良くなったかなという印象。 この部分をスライドさせて ウェイトを入れることも出来る。 背面ボタンに関しては画像のようにかなり変更されている。 これまではグリップを握り込んだ指で押し込む感じというか、慣れないと変な使用感だったのと、内側の方の背面ボタンが非常に使いづらいという欠点があったが、 Unlimitedではグリップ部分を握った時に 自然と中指と薬指の場所にボタンがある感じ。 慣れれば新型の方が操作しやすいのではないかと思う。 逆にいえば必ず指がある場所にボタンがあるので慣れるまでは誤操作も起こりやすそう。 側面の比較。 R1・R2などのボタンも形状が変更された。 新型の Unlimitedの方が トリガー部分が大きい。 プレイしてみるとトリガーからL1・R1に指を動かすときに少し離れているなという印象。 ただトリガー自体の出来は Revolution Pro Controller2よりも新型 Unlimitedの方が良いような気がする。 旧型にあったような固すぎるトリガーでもなく、程よい固さ。 L1・R1のカチカチというクリック感もなんか良い感じ。 グリップの形状や太さもほぼ同じで、どの面から見てもサイズ感はほぼ同じなのだが、トリガーが大きいからなのか新しい背面ボタンに気を使っているからか、握っていると少し手が疲れる。 おそらく慣れれば問題ないとは思う。 スティックやウェイトなどのカスタマイズが出来る 今回 ナコンレボリューションアンリミテッドプロコントローラーには、替えの スティックシャフトと スティックヘッドが同梱している。 基本的には倒せる角度が大きい方がスティックを倒す幅がたくさんあって精密なエイムが出来るので初期状態で良いかなとは思いますが、愛用しているフリークがある方なんかはそちらを装着すると若干調整したい時が出てくると思うので、そういった場合に便利。 スティックヘッドについては凸型の方が個人的には好きだけど完全に好み。 ウェイト調整は持ち手の部分をスライドさせて中に重りを入れて調整する事が出来る。 まあ そのままでも軽い訳ではないので特にいじってない。 無線接続に対応した 今回のNACON Revolution Unlimited Pro Controllerでは 有線接続と無線接続の切り替えが可能で、2通りの接続方法に対応している。 ウラ側のケーブルの絵が書いてある方が 有線接続で、電波の絵の方に切り替えると 無線接続でプレイ出来る。 無線接続する場合はPS4本体のUSB端子に付属の レシーバーを取り付けて同期させる。 充電は付属のケーブルと繋ぐ事で可能。 USB type Cなのでケーブルの交換は可能。 また、ウラ側にある マイクのMUTEボタンを1秒以上押し続けるとバッテリー残量がライトで表示されるので分かりやすい。 無線接続自体は非常に便利で、今までのように引っかかったりしてイライラしないのは良い。 ただまあバッテリーの寿命とか不具合とかが発売直後なのでコレについて深く言及できない。 まあ バッテリーの寿命が来ても有線で接続すれば良いので別に良いかなとは思う。 PS4の電源を入れる事は出来ない。 PCのソフトウェアでの設定 今回も PCでソフトウェアをダウンロードする事で細かい設定をする事が可能。 Unlimitedは旧型とは 別のソフトウェアになっているので、旧型を持ってる人もまた公式からダウンロードしなければならない。 まあマニュアル自体付属してないので購入した人はいずれにせよ公式に一度は行きましょう。 で、今回も Naconへの登録が必要。 以前登録してたのでログインするだけでOKでしたが、初めてNACONを買う人は登録が必要なので注意。 ただ、新型の Unlimitedでは 背面ボタンのマッピング自体はPCのソフトウェアを使わなくても出来るようになった。 やり方としてはウラ側のモード選択スイッチを1にしてPS4ノーマルモードにし、PROFILEボタンを3秒長押しして割り当てたい背面ボタンを押した後に、背面ボタンに割り当てたいボタンを押すだけ。 最後にもう一度PROFILEボタンを3秒長押しして確定したら終わり。 これによって、 「 PC持ってない(もしくはソフトウェア使いたくない、登録したくない等)けど背面ボタンだけ使いたい、他はデフォルトでいいぜ!」っていう人も背面ボタンのカスタマイズは出来るようになった。 これは選択肢の幅が広がったので良いなと思います。 まず ソフトウェアで設定する時にコントローラーをPCに接続する際の注意点として、 モード選択スイッチを1に合わせているとコントローラーが接続されていません!とエラー表示が出る事に注意。 ソフトウェアで設定を変更するときはモード選択スイッチを2とかのPS4拡張モードに合わせないといけないようです。 モード選択スイッチ1はソフトウェア無しで使う人用の設定な模様。 コチラがソフトウェアを立ち上げて設定を変更するプロフィールを選択したりする画面。 基本的にはプロフィールを編集という部分をクリックして進めていくのだが、ここでも注意点があり、「 デフォルトのプロフィールでは細かい設定が変更できない」事に注意。 「新しいプロフィール」を選択して適当に名前を付けて上書きして編集を開始すると設定変更出来るようになりました。 この辺は説明されないしちょっとよく分かりにくかった。 これが設定画面。 かなりソフトウェアの作りが変わってますが、基本的な設定項目は同じ。 左側に右スティックと書いている下にある 丸いアイコンで設定項目を切り替えて、スティックやトリガー、ボタンマッピングなどの設定を出来る。 重要なのはスティックのレスポンスカーブの設定とマッピング。 今回も今のところ旧型と同じように「 感度—」に設定して試してます。 NACON レスポンスカーブの設定 表だけ見ると分かりにくいのですが、簡単に言うと「 スティックを傾けた角度によって感度が変わる」という事。 レスポンスカーブに関しては以前旧型をレビューした記事に マウスとパッドの違いとかを書いているので同じ言葉を引用します。 [ マウスでのエイムは、 マウスを 早く動かせば照準のスピードも上がり、 ゆっくり動かせば正確に狙うこともできる、これを マウスパッドの上で行う事ができるので 精密なエイムが可能な訳です。 しかし、 コントローラーのスティックでは 1cmほど傾ける事でしかこの動作を行う事ができない。 要するにものすごく狭いマウスパッドを使ってるようなものです。 この「 幅の狭さ」が問題であり、 素早く照準を合わせたいからといって ゲーム内で高感度に設定すると精密なエイムがしたい場合にも 常にカクカクした高速エイムで合わせることになり、逆に 精密なエイムをしたくて低感度にするとスティックを倒しても 振り向きが遅すぎてしまう。 ] スティックに フリークを付ける理由もコレです。 スティックが高くなればそれだけ 傾けた時の幅が広がるので通常より細かいエイムが可能になる。 ただまあ、感度を高くしてるとカクカクのまま細かいエイムをする事になってしまうのには変わりないので、マウスみたいなエイムをする事はコントローラーでは不可能ですね。 これを補うために、 レスポンスカーブの設定によってスティックを少し傾ければ低感度、傾けきれば高感度になって振り向きが早くなる、 その加減の設定が出来る。 と、文章で書くとすごく良いように聞こえるけど実際使うと違和感半端ないので慣れが必要。 この画像の場合だと、デフォルトのPROFILE2番「FPS」というPROFILEの右スティックの設定。 66、といった具合に感度の設定を変更できる。 遠距離での戦闘が多いゲームだと結構 低感度の部分が長くても有効ですが、 近距離戦メインのゲームだと 青い低感度の部分は短い方がやりやすいかなとは思います。 特に 純正のコントローラーで高感度でプレイしてた人にはかなり違和感があると思うので慣れるまでに時間がかかる。 まあ好みですが。 このニュートラルの設定が、感覚的に段々と感度が上がっていくので1番分かりやすいはずだけど、コレでも慣れが必要。 純正コントローラーのレスポンスカーブは恐らくこの設定よりも少し低感度の部分が短いと思われる。 いくつか設定してみてしっくりくるもので慣れていく必要がある。 ちなみにRevolution Pro Controller2と同じ設定にしても少し感度の感覚が違うような気がした。 ボタンのマッピング画面はこんな感じ。 変更したいボタンをクリックして、 割り当てたいボタンをコントローラーで押す事で設定が可能。 新しいプロフィールを作ってないとデフォルトのPROFILEは設定変更できなかったので注意。 コチラはトリガーの設定画面。 どのくらい押し込んだら反応するかといった設定が出来る。 この辺は旧型とほぼ変わってない。 試しにトリガーのデッドゾーンを10にしてプレイしたところ、結構効いていて連打しづらかったので低めか0でいいと思います。 コレが一般設定という項目から変更できるもの。 バイブレーションの強さや、右スティックの周りのライティングを変更できる。 ライトの点滅の仕方や、色も変更出来てちょっと楽しい。 色は4分割で設定出来ます。 光自体は思ったより地味だけどなんとなく楽しい。 新機能でテストエリアという項目でテストが出来る。 入力したボタンやスティックが赤くなって視覚的にチェック出来る。 コレはデッドゾーンとかトリガーの設定に便利。 あとはPROFILEのダウンロード機能もあって、他人の作った設定を共有出来ます。 パッと見ただけですがFORTNITEの設定とかFIFAでの設定とか色々あったので他人の設定も参考にすると良いかも。 ただ、どんな設定でもスティックの設定に関しては必ず慣れる必要があるので「この設定が良い!」っていうのは人によってかなり変わるし参考にならない部分が多いかも。 参考にできるとすればマッピングですね。 旧型との大きな変更点としては無線に対応した事と背面ボタンが変わった事。 無線は楽で良いけど、個人的には有線接続のみのタイプを別で少し安く販売してくれたらそっちを買ったかなという感じ。 有線でも別に良かった。 ソファに座って大型テレビでゲームしてる人には無線は特に良いと思うけど、そこをターゲットにするのなら約2万円という価格設定はどうなのかなと思います。 2万円あったらゲーミングモニター買えますからね。 ウェイト調整とか無線もそうだけど、こういった「あっても無くても良い機能」はオプションとして欲しい人は付けられるようにして、基本の値段を安くした方がたくさんの人に選ばれると思うわけで。 ウェイトなんて別売り出来るわけで。 「ウェイト調整できるからNACON買ったろ!」とはならないわけで…。 近頃のゲーミングデバイスは非常に多岐に渡るけど、ゲーマーが求めてる機能とメーカーが売りたい機能や値段との差とかを感じます。 ちょうどいいものが少ない。 色々ぶち込むから値段が高くなる。 欲しい機能がある商品の選択肢が少ないから多少高くても仕方なく買ってしまう。 売れるからメーカーも高いものを作る。 こういった循環に少し疑問を感じる今日この頃。 正直RaijuとかスカフとかASTROのやつとか高いプロコンが色々あるせいで、Revolution Unlimitedの18,000円くらいという値段を見た時に「あっ、安い」と思ってしまったんですが冷静に考えると別に安くない。

次の