宇陀市議会議員選挙速報。 宇陀市長選挙2020開票結果速報 立候補者の公約・経歴・情勢予想

宇陀市長選挙2020の結果速報と当確立候補者一覧、公約と日程|投開票6月28日|選挙ネット

宇陀市議会議員選挙速報

宇陀市長選挙2020日程・期日前投票 ー 選挙日程 告示日 2020年6月21日 投票日 2020年6月28日 投票率 ー 前回投票率 72. 変更の場合は更新していきます。 新人の金剛氏は、宇陀市長選挙に初出馬となります。 金剛かずとし氏経歴 名前 こんごうかずとし 性別 男 生年月日 1957年4月6日 年齢 63歳 出身地 奈良市 職業 元県議 党派 無所属 出身校 京都大学 金剛かずとし氏は現在63歳、1957年4月6日生まれの奈良市出身で元奈良県議の方です。 学歴は、京都大学を卒業しています。 卒業後、奈良県に入庁し、土木事務所長、まちづくり推進局長、奈良県特命参与などをされています。 今回の宇陀市長選挙は、初出馬となります。 6月27日 土 沢山の皆さんに支え、 励まされながら最終日を迎えました。 今日、一日。 魂のお願いを 生命の底から声を出して 市内を廻らせて頂きます。 更なる支援の輪の拡大と期日前投票にて棄権防止に努めてくださいます様、お願いいたします。 『こんごう』です。 『こんごう かずとし』です。 学歴は、灘高校、東京大学法学部を卒業しています。 卒業後は、富士通、国際協力推進協会などに勤務しています。 2010年に宇陀市議会議員選挙に、初出馬し初当選、市議を1期務めています。 2014年の宇陀市長選挙に初出馬するも次点で落選。 2018年宇陀市長選挙に再挑戦し、8515票を獲得し、初当選するも今回の不信任案再可決で失職しています。 高見市政の断続か転換かをとわれる選挙となりそうですね。 新人の金剛氏は、自民党推薦などを受けて出馬されています。 宇陀市の市民の投票はどういった選挙結果となるのでしょうか。 宇陀市の市民の投票に注目が集まります。

次の

奈良)高見市長失職、市長選へ 宇陀市議会2度目不信任:朝日新聞デジタル

宇陀市議会議員選挙速報

奈良県宇陀市の高見省次市長(60)が15日の臨時市議会で2度目の不信任を議決され、失職した。 50日以内に市長選が実施される。 立候補について高見市長は「これから考える」と述べた。 元県まちづくり推進局長の金剛一智(かずとし)氏(63)が立候補の準備を始めている。 高見市長は3月定例市議会で不信任を議決され、議会を解散。 出直し市議選が行われた後、この日が初めての臨時議会となった。 正副議長選出などの後、多田与四朗議員が高見市長の不信任を求める動議を出した。 1度目の不信任に賛成・賛同した8人が賛成者に名前を連ねた。 賛成多数で議題とすることに決まった後、多田議員が提案理由を説明した。 出直し市議選に出て再度の不信任議決を目指した11人のうち10人が当選したことに触れ、「確かな民意と受け止めさせていただきました」と述べた。 県との包括協定に基づくにぎわ….

次の

奈良県議会議員選挙【宇陀市・宇陀郡】開票結果速報2019|当選者と立候補者の情勢

宇陀市議会議員選挙速報

81% 宇陀市長選は、新人の金剛一智氏が現職の高見省次氏を破り、初当選を果たした。 5 =合計8. 6月20日現在の選挙人名簿登録者 有権者)数は2万6138人(男1万2376人、女1万3762人)。 日本国籍を有している人• 2002年6月29日以前に生まれた人• 大宇陀期日前投票所• 大宇陀地域事務所(1階会議室)• 菟田野期日前投票所• 菟田野地域事務所(2階会議室)• 榛原期日前投票所• 宇陀市役所(1階ふるさとテラス)• 室生期日前投票所• 1994年から2年間、新党さきがけ政策調査会に所属、NPO法の立法に向けて下地をつくった。 2010年に宇陀市議選に初当選。 14年の宇陀市長選に初出馬したが、現職に敗れた。 18年に再挑戦した市長選では新人3氏による戦いを制し、初当選を果たした。 1983年に奈良県に採用され、技術者として都市計画や基盤施設の各種事業に関わった。 吉野土木事務所長、河川課長、まちづくり推進局長、知事特命参与などを歴任した。 土木学会関西支部副支部長、アジアで水を確保して貧困をなくすNPOの会員も務めている。 新型コロナウイルス対策など市長不在の危機管理体制を揺るがしかねない」 【 政策・公約】• 昭和時代から続く土木、建築が政治経済を牛耳るハコモノ行政の撤廃• 新型コロナウイルス感染症で政治力、先見性とリーダーシップをとる• 新型コロナウイルスの第2波、第3波に備えた対策の強化• 従来の土木、建設の費用対効果のない事業を見直した• 内部統制を図り、重要政策を実行できる体制をつくった• 奈良県立医大から市民病院への医師の派遣を実現• ICTを活用した医療を実現• 先頭に立って引き続き、市の再生に取り組む• 古い体質からの脱却を図り、市民のための市政改革に着手• 県東部の中心都市としての機能を取り戻し、希望を持てる明るいまちづくりを目指す」 【 政策・公約】• 新型コロナウイルス、災害被害に対応できる行政基盤の強化• 奈良県庁で生かした行政経験を宇陀の政策に反映させる• 宇陀市が県東部の中心としての誇りを醸成• 美しい高原都市としてのブランド力を生かす• 農林畜産業などの1次産業の活性化• オール宇陀で一つになったまちづくりの実践• 若者、女性、高齢者の働く場の創出• トップセールスで宇陀市を活性化• 誇りある歴史と文化を基に、周遊型の観光でにぎわいの創出• 宇陀市民病院が奈良県東部の中核病院としての役割を果たす 宇陀市長選2020の争点や情勢、予想を解説 宇陀市長選の争点は、前市長の高見省次氏の約2年間の市政運営の評価。 市議会との対立が続き、市政が混乱している。 市民がこれをどのように捉え、今回の宇陀市長選に影響するのかに注目が集まっている。 高見氏が市議会を解散し、出直し宇陀市議選が5月3日に投開票が行われた。 定数14に22人が立候補する混戦となった。 当選した14人のうち、反高見省次氏の勢力は10議席を確保。 市議選後の同15日に行った臨時会では、高見氏の不信任決議に必要な出席議員数の3分の2を満たし、高見氏が失職した。 出直し宇陀市長選では、高見氏が当選すると、再び市議会との対立が激化することが予想される。 新型コロナウイルス感染拡大の防止策など、市政を取り巻く問題が山積している。 スムーズな市政の執行には、市議会との関係が大きく左右される。 情勢を予想すると、政党支援で組織票を固めている金剛一智氏が優勢との見方が大勢を占める。 長年にわたって奈良県職員として従事した行政マンの経歴もあり、バランスの良い市政運営をするとの期待がもたれている。 宇陀市長選以外の2020年6月28日執行の注目選挙 当サイトでは宇陀市長選以外にも、6月28日執行のその他の注目選挙も掲載している。

次の