ソイル。 ソイルは水草水槽の底床に最適!その特徴やおすすめソイル。

初心者にソイルをオススメしない3つの理由

ソイル

青木あすなろ建設などゼネコン9社は23日、ソイルセメント改良体内に鉄骨を挿入して構造体を構築する「ソイルセメント改良体(PSP)工法」の性能を高め、建築技術性能証明を改定したと発表した。 常時または地震時に押し込み荷重が作用する場合とともに、地震時に引き抜き荷重が作用する建物に対しても適用できるように設計・施工法を確立。 適用範囲を拡大するとともに、工期短縮やコスト削減を可能にした。 開発した「PSPII工法」は、3月25日付で日本建築総合試験所の建築技術性能証明を改定した。 ソイルセメント壁の性能を向上させて厳密な施工・品質管理を行うことで、本設の構造体として利用する。 建物の押し込み荷重は鉄骨に伝わった後、ソイルセメントと鉄骨の付着力と先端部の抵抗力でソイルセメントや周面、先端の地盤に伝達される。 建物の引き抜き荷重の場合は鉄骨に伝わった後、ソイルセメントと鉄骨の付着力でソイルセメントと周辺地盤に伝達される仕組み。 径650ミリの実大PSP体に対して引き抜き試験を行い、地震時の引き抜き荷重に対する構造性能を確認した。 ソイルセメント改良体の施工試験も実施し、品質が確保できることを確認した。 地震時の引き抜き荷重が作用する地下1階地上9階建ての建物に適用した場合、地盤アンカーを設置して地震時の引き抜き荷重に抵抗させる方法に比べ、工期が10%程度短縮できる。 コストも10%程度の削減になるという。 9社は実物件に適用し、基礎工事の合理化などにつなげる予定だ。

次の

ソイル:底床・底砂 ~神畑養魚株式会社~

ソイル

・団粒構造がしっかりした潰れにくい粒。 ・粒がくづれにくいので立ち上げ後の白濁が少ない。 ・適度な栄養と水質調整能力。 ・バクテリアの活着が良い多孔質な表面。 ・弱酸性を好む南米系水草に最適な栄養成分 ・シュリンプや魚の飼育と水草の栽培の両立が可能。 ・水景を引き締める黒、明るく演出するこげ茶の2色。 ・細粒とノーマル粒があり、用途に合わせて選べる。 No.1の実績を誇る、プロも納得のソイル! 当店で南米系水草・シュリンプの育成に長年愛用している実績のあるソイルです。 弱酸性を好む南米系水草や生体には、栄養豊富な「水草とシュリンプの土」がおすすめ!多孔質な粒にたくさんのバクテリアが活着して生物ろ過を効果的に水質を安定と調整。 弱酸性を好む生体のどちらにも高い効果を得ることができるバランスの良いソイルです。 粒がしっかりして潰れにくく、またセット初期にありがちな水の白濁も抑えられた扱いやすさも特長です。 こげ茶 ノーマルタイプ こげ茶 細粒タイプ 黒 ノーマルタイプ 黒 細粒タイプ.

次の

ソイルは水草水槽の底床に最適!その特徴やおすすめソイル。

ソイル

コケまみれになりやすい ソイルは水草に必要な栄養がたっぷり添加されていますが、微量ながら水中にも染み出しています。 水草が繁茂していれば栄養を使い切ることができるのですが、使い切れない栄養は美観を損ねるコケにいくことになります。 つまり コケだらけの水槽になってしまう可能性が高いということです。 コケまみれになってしまうことは水草水槽が失敗する一番の理由であり、多くの初心者はここで失敗するのです。 熟練者はソイルを使ってもコケまみれにならないように手を尽くしており、主に以下のような対策は必要になります。 CO2の添加• 最初からたっぷりと水草を植える• しばらく魚を入れない• 毎日の換水 いきなり高っ! 最初からたっぷりと水草を植える必要性 水草に栄養を使い切ってもらうためには多く水草を植えることが不可欠。 少しずつ増やしていくのではなく最初から一面に植える必要があります。 となると当然 初期コストは高くなり、少しずつ増やしていこうとする初心者にマッチしていません。 毎日の換水が必要 最初からたっぷり水草を植えていて、二酸化炭素を添加していてもしばらくは栄養を使い切らせることはできません。 というのも売られている水草を水槽に入れた場合、水草はまず水中環境に適応しようとし成長自体はあまりしないのです。 しかしながらソイルからは栄養が出続けます。 これを対処するために 水草が環境に適応するまでの間、高頻度の換水を行って多すぎる栄養を薄める必要があります。 植えた水草の種類にもよりますが、 セット後1ヶ月~2ヶ月ぐらいは数日に一度の換水が必要であり、非常に手間がかかるのです。 えぇー・・・面白くないー セット直後の不安定さ ソイルは添加されている栄養により、 セット直後は魚に有害なアンモニアや亜硝酸が染み出すことがあります。 しばらく経てば成分の放出が落ち着き、またアンモニア・亜硝酸を処理するバクテリアが繁茂するので害は無くなりますがその間は 魚を飼育することができません。 どれぐらい出るかはソイルによって異なり、全く有害物質を出さないのもあれば2ヶ月は落ち着かないのもあり様々です。 これをチェックするためには アンモニア・亜硝酸それぞれの測定キットを行って害があるかどうかをチェックする必要があります。 測定キットはそこまで高くないとは言え出費がかさみ、初心者には痛い出品です。

次の