般若 心 経 現代 語 訳。 般若心経の意味!現代語でわかりやすく解説♪

阿含経

般若 心 経 現代 語 訳

般若心経の現代語訳 觀自在菩薩が、奥深い般若波羅蜜多、つまり悟りに至るために必要な智慧を得るためにすべきことを実践なさっている時、あることを自覚されました。 それは、人の心身を形作る全ての要素には実体がなく、またそれはひと所に留まらず移りゆくということでした。 そして觀自在菩薩は、それを自覚されると、一切の苦しみや厄災が消え、仏様によって悟りの境地に導かれました。 シャーリプトラさん(呼びかけ)。 人の身体を含めた全ての物質は、常に実体なく絶え間なく変化しています。 つまり実体がなく変化するからこそ、物質なのだということです。 したがって、全ての物質は実体がなく変化が絶えないものなのであり、同時に、実体がなく変化が絶えないからこそ物質なのです。 物質とモノではない頭や心の働きも、同じように実体がなく変化の絶えないものです。 物事を受け止める感覚、物事についての具体的なイメージ、物事に対する意志や欲求、そしてそれらの頭や心の働きを取りまとめて理解することも、全てが実体なく変化の絶えないものなのです。 シャーリプトラさん。 このように、万物の有り様は、実体なく移りゆくものなのですよ。 また物事は、何も無いところから生まれることはありません。 そして滅してしまい何も無くなってしまうということもないのです。 汚いものとか清らかなものなど、人の価値観も存在しません。 また、この世のどこかで増えれば、どこかで減るものです(不足することもなく、満たされることもないのです)。 よって、物事は、実体がなく、留まらず、絶えず移りゆくもので、しかもどんな極端な立場にも立たないものなのです。 同じように、感覚も、イメージも、意志や欲求も、それらをまとめて理解することも存在しません。 人の心を動かすために必要な感覚器官とそれに対応する対象物も存在しないのです。 視覚という感覚器官も、その対象物である物質も存在しません。 聴覚もそれが聴き取る声や音も、嗅覚もそれが嗅ぎ取る香りも、味覚もそれが感じ取る味も、触覚もそれが察するモノの触り心地や重さや温度も存在しません。 そして感覚器官を取りまとめる思考や人の認識する全ての物事が、存在しないのです。 したがって、眼で物質を見て心が動くという働きもない。 人が認識する全ての物事を思考することで心が動くということは、全くないのです。 このように、人の感覚器官も、その対象物も、そしてそれらが引き起こす心の働きも存在しないならば、そもそも悟りについて無知であるということすらなくなります。 ということは、悟りについて無知である状態から脱しようと頑張ることもないのです。 老いや死のように、この世の全ての苦しみは悟りについて無知であるところから始まっていると説かれていますが、そもそも悟りについて無知であるということすらないのであれば、そこから発生している老いや死のような苦しみも存在しないし、苦しみから逃れようと頑張ることもまたないのです。 つまり、この世の苦しみも、苦の原因も、苦しみが滅することも、そのために修行することも存在しないのです。 そして、悟りに至るための具体的な智慧も存在しません。 その智慧を得ることもないのです。 このようなことですから、悟りに至るために必要な智慧を得ようと拠り所にするが故に、悟りを求めて修行をしている者の心には、こだわりや固定観念がないのです。 このような修行者には、こだわりや固定観念がないので、恐怖もありません。 気持ちや思いがひっくり返ってしまうような不安定な心からは遠く離れているし、その結果、悟りの智慧が完成し、極まった境地に達するのです。 過去にも現在にも未来にも、いつの世も、悟りを得た者たちは、悟りに至るために必要な智慧を得るためにすべきことを拠り所にしているので、一切の真理を隅々まで正しく知ることのできる最高の悟りを得るのです。 これが、般若波羅蜜多、つまり悟りに至るために必要な智慧を得るためにすべきことを学ぶということなのです。 この偉大な真言。 この偉大な悟りの真言。 この上ない真言。 この上なく肩を並べるものの無い真言。 一切の苦しみを除く働きは、真実であり、虚妄ではないのです。 ですから、般若波羅蜜多の真言を説きましょう。 それは次の真言です。 「 道のりよ。 道のりよ。 悟りの世界への道のりよ。 悟りの世界への完全な道のりよ。 悟りに達したぞ!めでたし!」 以上、悟りに至るために必要な智慧を得るための核心となる真言でした。 無理やり現代語訳してしまっている部分もあるので、ちょっと怒られてしまう部分があるかもしれませんが、ざっくりと般若心経の世界観を理解してもらえたらうれしいです。

次の

【現代語訳】摩訶般若波羅蜜多心経

般若 心 経 現代 語 訳

般若心経とは 般若心経とはざっくり言うと、超長い般若経の内容を短くまとめたもの。 三蔵法師がインドから持ち帰ったものを訳した「大般若波羅密多経」は600巻にもなるんだとか。 で、意味やらを調べてたら、般若心経現代語訳が出てきました! Twitterやニコ動などでも話題になっていて、作者は不明みたいです。 初めて読んだ時は「 うおぉ~!」って感じでした。 もう、心にぐっと来ちゃって!目が輝いちゃって! その頃、携帯に入れて持ち歩いてましよ! それがこちら 「般若心経現代語訳」 超スゲェ楽になれる方法を知りたいか? 誰でも幸せに生きる方法のヒントだ。 もっと力を抜いて楽になるんだ。 苦しみも辛さも全てはいい加減な幻さ。 安心しろよ。 この世は空しいモンだ。 痛みも悲しみも最初から空っぽなのさ。 この世は変わりいくモンだ。 苦を楽に変える事だって出来る。 汚れることもありゃ、背負い込む事だってある。 だから抱え込んだモンを捨てちまう事も出来るはずだ。 この世がどれだけいい加減か分ったか? 苦しみとか病とか。 そんなモンにこだわるなよ。 見えてるものにこだわるな。 聞こえるものにしがみつくな。 味や香りなんて人それぞれだろ? 何のアテにもなりゃしない。 揺らぐ心にこだわっちゃダメさ。 それが『無』ってやつさ。 生きてりゃ色々あるさ。 辛いモノを見ないようにするのは難しい。 でも、そんなもんその場に置いていけよ。 先の事は誰にも見えねぇ。 無理して照らそうとしなくていいのさ。 見えない事を愉しめばいいだろ。 それが生きてる実感ってヤツなんだよ。 正しく生きるのは確かに難しいかもな。 でも、明るく生きるのは誰にだって出来るんだよ。 菩薩として生きるコツがあるんだ。 苦しんで生きる必要なんてねえよ。 愉しんで生きる菩薩になれよ。 全く恐れを知らなくなったら、ロクな事にならねえけどな 適度な恐怖だって生きていくのに役立つモンさ。 勘違いするなよ。 非情になれって、言ってるんじゃねえ。 夢や空想や慈悲の心を忘れるな。 それができりゃ涅槃(ねはん)はどこにだってある。 生き方は何も変わらねえ。 ただ受け止め方が変わるのさ。 心の余裕を持てば誰でもブッダになれるんだぜ。 この般若を覚えとけ。 短い言葉だ。 意味なんて知らなくていい。 細けぇことはいいんだよ。 苦しみが小さくなったらそれで上等だろ。 嘘もデタラメも全て認めちまえば苦しみはなくなる。 そういうモンなのさ。 今までの前置きは全部忘れても良いぜ。 でも、これだけは覚えとけ。 気が向いたら呟いてみろ。 心の中で唱えるだけでもいいんだぜ。 いいか、耳かっぽじってよく聞けよ!? 『唱えよ、心は消え、魂は静まり、全ては此処にあり、全てを越えたものなり』 『悟りはその時叶うだろう。 全てはこの真言に成就する』 心配すんな。 大丈夫だ。 難しい言葉よりすんなり入ってくる!守られてる感じがします。 「心配すんな。 大丈夫だ」って。 私はこんな男についていきたい!! そんな現代語訳です。 私はこの現代語訳を読んだ時、けっこう病んでたと思う。 仕事のこととか、将来のこととか、普通の悩みではありましたが、自分の中で消化できずにかなり悩んでました。 本当に気持ちが軽くなって、友達に教えたらその子も携帯にメモって持ち歩いてました。 般若心経は覚えやすいように色んなバージョンが出てて、ゴスペル風だったり、POP風だったり。 でも、現代語訳はわかりやすいのはこれが有名ですね。 ちなみに、それを関西弁に直したものもあるんです。 上の現代語訳をさらに関西弁訳にしたものです。 「般若心経現代語関西弁訳」 ごっつ楽なりたないか? ジブンも幸せなれんで そない気張らんでもエエて。 しんどいんもぜーんぶ、ホンマやないって、な? この世っちゅうんはな、空しいねん、 痛いんも涙ちょちょ切れるんも、のっけからスカみたいなもんやて。 結局はみな変わんねん。 しんどい事かて楽に変わんねん。 汚れなることもあるわな、 せやから、なんやかんや捨ててもかまへんって。 まわりかてええ加減やで?気ぃついとったか? ねちっこいのはあかんねんて。 目ぇや耳にごまかされとったらあかん。 たこ焼き好き嫌いなんてわからんって。 キタやミナミやなんかええねん。 どっちかて大阪やねん。 住めば都やって。 せやかて、選ぶんは難儀やろ? ほな、選ばんでかまへんて。 阪神の優勝なんてわからんって。 いっつも勝ったら勝ったでオモロないねん 負けても笑かしてくれたらかまん。 それが阪神ちゃうか? ツッコミなしで生きるんはそら大変や思う せやかて、ボケなオモロないやん。 笑ろたら負けやで、大阪人として生きるんやったら笑かさな。 そら、たまにはスベるわ。 スベるんも笑いにはいるやろ。 間違うたらあかん エエとこの子になれいうてるんやないで。 オモロイことは忘れたあかんで、 ボケな、それが涅槃やで。 生き方はそないに変わらへんて、気持ちの問題やて。 間を大事にしとったら誰かてブッダになれるんちゃう? 今からええこと言うで、よう聞いときや。 それでみな納得してくれはんねん。 「ブウブウ」って乗っかるけどブタちゃうねん、せなあかんねん。 なんやかんや言うたけど、一旦置いとこ。 ほんま、これだけ覚えとき。 気向いたら言うてみ? 声張らんでもかめへんから。 ええか?よう聞けや? 『唱えよ、心は消え、魂は静まり、全ては此処にあり、全てを越えたものなり。 』 『悟りはその時叶うだろう。 全てはこの真言に成就する。 』 ボケろ、笑ろたる。 笑えます!たこ焼きとか出てきちゃうし!くち悪いし! 基本「ボケろ!」っていうテイストなのが関西っぽくて最高です! 阪神の優勝って。 それが阪神って。 電車の中で読んでたら顔がにやけてたみたいで、目の前に座ってる人と目が合った。 見られてたと思うと恥ずかしいけど、そんなことはきっと笑いにしたら良いんでしょうね。 こちらもどうやら作者は不明みたい。 本当に、悩んでるなんてバカみたい。 そんな風に思えてきます。

次の

「…なんだそうだ、般若心経」般若心経 現代語超訳

般若 心 経 現代 語 訳

雑学 作成日:2014年11月21日 更新日:2020年02月20日 般若心経にはどんな意味があるの?現代語訳で流れと構成を理解しよう• この記事は小さなお葬式が書いています 般若心経は世界的にも有名なお経です。 日本だけではなく、世界各地で大乗仏教の経典としてたくさんの方に唱えられています。 般若心経は聞いたことがあっても、どのような意味があるのかは知らないという方もいるのではないでしょうか。 般若心経の意味を知ることで、これまで以上に気持ちを込めてお経を唱えられるでしょう。 そこでこの記事では般若心経を深く知りたい方に向けて、般若心経にはどのような意味があるのか、教えや歴史を踏まえながら解説します。 【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ 般若心経とはどのようなお経? 300文字ほどしかない般若心経には、 仏教の教えの中でも大切な部分がまとめられています。 しかし般若心境は漢文で書かれているため、見ただけで意味を理解するのは難しいかもしれません。 ここからは、般若心経を唱えるにあたり知っておくとよい意味や教えだけではなく、般若心境にはどのような歴史があるのかもご紹介します。 般若心経を唱える意味 般若心経を含め、お経を唱えることは先祖供養につながります。 般若心経を葬儀や法要の際に聞いたことがある方もいるでしょう。 仏教では、 亡くなった方は輪廻転生すると考えられており、輪廻転生をした亡くなった方は幼い子供と同じ存在です。 そのため、亡くなった方にお経を唱え栄養を与えるという考え方をします。 また、僧侶がお釈迦様の説いた教えを葬儀の場で伝えるということも意味のひとつです。 ほかにも、生きている方を力づけるという意味もあります。 般若心経の教え 般若心経の教えは、自分だけではなくすべての生き物を救いたいという考えの大乗仏教に影響を受けています。 般若波羅蜜多経から大乗仏教の神髄をピックアップしているのが般若心経です。 この経典は2つの思想について説かれています。 存在には実体がないという 「空」、悟りとしての 「般若」の思想です。 般若心経は300文字ほどと短いため、お経に普段から触れていない方でも読みやすいといえます。 人々がさまざまなものにとらわれて苦しまないようにという内容です。 1,500年以上前から今もなお、般若心経はたくさんの方に親しまれています。 般若心経の歴史 般若心経は中国の唐の時代までさかのぼります。 玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)という僧侶がインドへ行き、さまざまな教えが記されている経典を仏像などと一緒に中国へ持ち帰りました。 持ち帰った経典は彼の手によって生涯をかけて翻訳されることになります。 翻訳した経典の数は600巻にも及びました。 その中のひとつに般若心経が記されている経典の 「般若波羅蜜多心経」があります。 般若波羅蜜多心経は、古代インドのサンスクリット語から漢文へ翻訳されたものです。 般若心経の全文と書き出し文 般若心経は300文字程度の短いお経です。 しかし、「漢字ばかりの漢文を読む自信がない」という方もいるでしょう。 書き出し文(訓読文)を読めば、初めて般若心経の全文を見る方でも理解がしやすくなります。 般若心経の意味を知るために、全文とあわせて読んでおきましょう。 般若心経の書き出し文 観自在菩薩、深般若波羅蜜多を行じし時、五蘊皆空なりと照見して、一切の苦厄を度したまえり。 舎利子、色は空に異ならず、空は色に異ならず。 色はすなわちこれ空なり、空はこれすなわち色なり。 受想行識もまたまたかくのごとし。 舎利子、この諸法の空相は、不生にして不滅、不垢にして不浄、不増にして不減なり。 この故に、空の中には、色もなく、受想行識もなし。 眼耳鼻舌身意もなく、色声香味触法もなし。 眼界もなく、乃至、意識界もなし。 無明もなく、また無明の尽くることもなし。 乃至、老死もなく、また老死の尽くることもなし。 苦集滅道もなし。 智もなく、また得もなし。 無所得を以ての故に。 菩提薩埵の、般若波羅蜜多に依るが故に、心に罣礙なし。 罣礙なきが故に、恐怖あることなし。 一切の顚倒夢想を遠離し究竟涅槃す。 三世諸佛も般若波羅蜜多に依るが故に、阿耨多羅三藐三菩提を得たまえり。 故に知るべし、般若波羅蜜多のこの大神呪、この大明呪、この無上呪、この無等等呪を。 よく一切の苦を除き、真実にして虚しからず。 故に般若波羅蜜多の呪を説く。 すなわち呪を説いて曰く、 羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶 般若心経 般若心経の全文を順に解説 般若心経は300字程度で構成されているため、それほど長いものではありません。 そのため、僧侶などでなくとも比較的覚えるのは簡単なものです。 しかし、ただ唱えるだけでなく、その意味を理解しなければ経典を唱える意味は薄れてしまいます。 それぞれの文節毎に意味を確認してみましょう。 (1)誰がどのように般若を得たか 第1のブロックでは、誰がどのようにしてこの思想を得たのか、ということが説明されています。 観音菩薩が悟りを得る修行の中で、この世の 五蘊(ごうん)には実体がないことを明らかにし、苦しみから解き放たれる方法を見つけたことが書かれています。 五蘊とは、人間の意識を構成する5つの要素のことです。 ・色蘊(しきうん):肉体などの物質 ・受蘊(じゅうん):人間が感じるもの ・想蘊(そううん):人間が想うもの ・行蘊(ぎょううん):人間が行うこと ・識蘊(しきうん):人間が認識するもの (2)弟子への呼びかけ 第2ブロックでは、古い弟子である舎利子(シャーリプトラ)に呼びかけています。 1行目には、「この世の形あるもの全てに実体がなく、実体がないからこそあらゆる形を得ることができる。 これは人間の感覚についても同じである」と書かれています。 2行目には、「実体がないのであれば、生まれることもなく、消えることもなく、汚れることもなく、清らかでもなく、増えもせず、減りもしない」と書かれています。 (3)空の思想の説明 第3ブロックでは、第2ブロックでの呼びかけに続く形で、空の思想についての解説がされています。 真実の世界では、目に見えるもの、それによって感じたこと、思ったことなどは全て存在せず、それらの無知からくる悩みもありません。 しかし、その悩み自体は尽きることがありません。 苦しみはなく、それを解決する方法も、それを知る方法もありません。 だからこそ、苦しみを知る観音菩薩はこだわりを持たず、全ての夢想・欲から離れることで涅槃(ニルヴァーナ)へと至ることができたのです。 (4)般若心経の真言について 第4ブロックでは、その悟りの境地に至るための真言について説明しています。 この真言は並ぶことのない言葉であり、これにより苦しみは解き放たれるとされていて、それこそが般若心経なのです。 真言は「 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶」の部分で、これには「 往ける者よ、往ける者よ、彼岸に往ける者よ、彼岸に全く往ける者よ、さとりよ、幸あれ」という意味があります。 現代語によって内容が変わる場合がある 般若心経には、サンスクリット語から漢文に訳された背景があります。 現代語訳する場合、翻訳する人によって内容が多少変わる場合もあることを知っておきましょう。 さまざまな言葉や表現方法がある中から、現代語に訳す人の解釈によって表現するためです。 人によっては読み終えた後の感覚に違和感がある場合もありますが、それも現代語訳のよさとしてとらえるのがよいでしょう。 いくつもある般若心経の 現代語訳の違いを楽しむ姿勢が求められます。 般若心経をよく知るために 般若心経はよく耳にしますが、その内容を知るのは難しいと思っている人もいるでしょう。 しかし、現在は書籍やインターネットなどでわかりやすい現代語訳を確認することもできますし、読経の動画などもあります。 こういったものを活用すれば、般若心経を理解しやすくなるでしょう。 掲載サイト: ここで紹介されている現代語訳はある動画に寄せられたコメントで、般若心経の現代語訳をロック調にアレンジしたものです。 動画自体は2010年のものですが、この現代語訳は今でもさまざまなサイトで紹介されています。 掲載サイト: 真言宗のお寺である密蔵院のサイトで公開されている現代語訳です。 柔らかい言葉で書かれているので、比較的わかりやすいと思います。 まとめ 般若心経は、唱えることで先祖を供養したり周りの方に教えを示したりする意味があります。 短いお経ではありますが、その中には大乗仏教の神髄が含まれていることも理解しておきましょう。 お経を見ても何が書いてあるか分かりづらいかもしれませんが、書き下し文を読むことで、意味を理解しやすくなります。 物事にとらわれて人々が苦しまないようにという般若心経の教えを心に留めておくと、救われることもあるでしょう。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の