イタズラなkiss あらすじ。 イタズラなKiss(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

韓国ドラマ|イタズラなキスのネタバレや最終回の結末!あらすじや感想も!|韓流マイスター

イタズラなkiss あらすじ

前回までのあらすじ ハニとスンジョは、ボートに乗りましたが池に落ちてしまいました。 スンジョが、着替えの服や食べ物を買って来てくれて、ふたりはデートを楽しみました。 ウンジョが病気で入院し、ハニとスンジョはよくお見舞いに行きました。 ウンジョの同室のノリと仲良しになり、楽しく過ごしました。 しかし、ウンジョが先に退院することになったので別れがとても悲しかったです。 ハニは、再びスンジョの家に戻ることになりました。 しかし、スンジョは、家を出て暮らしたいと言い出しました。 イタズラなKiss 第10話のあらすじ スンジョは家を出て一人暮らしをすることになりました。 家を出るときスンジョはハニに、「じゃーな」と一言だけしか言わずに家を出ていきました。 ハニは、もしかしてスンジョがテニスクラブの練習に来るかもしれないと思い、クラグに出ましたが、やはり来ませんでした。 ハニが、ぼうっとしながら球拾いをしていると、ギョンスに、スンジョの情報を教えてあげるから食事をおごってほしいと言われたので、喜んで返事をしました。 ギョンスについて行ったハニですが、そこはファミリーレストランでした。 スンジョがハニの注文を聞きに来てくれましたが、家にはバイトのことは言うなと釘を刺しました。 ハニは店内にアルバイト募集の紙が貼られていることを発見しました。 ハニはアルバイトをしようと思い店の奥に行きましたが、既に決まってしまってダメだと言われました。 なんと、ヘラがバイトすることになったのです。 ハニは、スンジョンにバイトしていることを口止めされていましたが、家に帰ると嬉しくてスンジョの母のグムヒに喋ってしまいました。 ウンジョも、スンジョのウェイター姿を見たいと言い、グムヒ達は変装してスンジョのアルバイト先に食事に行きました。 スンジョは、たくさんのお客さんの注文を丸暗記してみんなを驚かせていました。 しかし、グムヒは、スンジョのことを「にこりともしないで可愛げがない」と言いました。 スンジョは、すぐにグムヒたちの変装に気づきました。 そして、グムヒはスンジョにたまには家に帰ってきてヘラにはなびかないようにと言うとスンジョはわかったと返事をしました。 そしてグムヒはハニに毎日ここに通ってヘラには負けないようにと言いました。 スンジョのアルバイト先で勉強をしていると、代わりにヘラがやってきて注文を聞こうとしました。 ハニは、注文は何でいいと言ってしまったので、ヘラの選んだナンバーワンスペシャルセットがやってきました。 そして、ヘラはハニが毎日通っているので嫌味を言いました。 それを聞いたハニはもっと気になって居座りました。 ハニがスンジョのバイトが終わるのを待っていると、スンジョとヘラが同じ方向に向かって一緒に歩いて行くのが見えました。 その後をつけましたがマンションに入り何時間も出てきませんでした。 ハニは、ショックで座り込んでしまいました。 ハニはあまりのショックに夜も眠れず目を腫らしたまま学校に行きました。 ハニはスンジョとヘラが同棲していると思い落ち込んでいました。 しかし、スンジョが家庭教師をしている生徒の話で、ハニの悩んでいることは解決されました。 スンジョはヘラと同棲はしていなかったのです。 ハニは元気を取り戻し、バレンタインのためにチョコレートを作りました。 そしてハニはまた妄想の世界でスンジョにチョコレートをあげると指輪をプレゼントされました ハニは、タクシーでスンジョのところへチョコレートを渡しに行こうとしました。 しかし、車が途中で故障してしまいました。 外はどしゃぶりでしたが、ハニは、傘を持っていなかったので、そのまま歩いてスンジョのところにいきます。 ハニはびしょ濡れになってしまいました。 ハニが、席に着くとヘラが接客に来て、今日は家庭教師のバイトがあるから待っても無駄だと言いました。 ハニはコーヒーを飲んでいると、突然、具合が悪くなって倒れてしまいました。 バイト先の店長がスンジョにバイトはいいから、ハニを送って行くようにと言いました。 スンジョは、ハニの帰りのタクシーが拾えなかったので、仕方なくハニを自分の部屋に連れて行きました。 スンジョは、部屋に着いてからグムヒに電話をして迎えに来て欲しいと言いましたが、土砂降りなので迎えに行くのは嫌だと電話を切られてしまいます。 ハニとスンジョの二人は、一晩一緒に過ごすことになりました。 しかし、ベッドが一つしかないので、最初はスンジョが使って寝ていました。 ハニが色々文句を言ってきて、寝むれなかったので一緒にベッドで寝ることにしました。 そして、スンジョは母の思いのままにされるのが嫌だったので、ハニに何もしないと言いました。 イタズラなKiss 第10話の感想 スンジョは、何かをするときいつもハニに相談はなく自分で全て決めています。 ハニが安心できるように一言声をかけてあげるべきだと思います。 ハニの友達は、スンジョが同棲しているということでハニが落ち込んでいる時に本人に代わってスンジョに聞きに行きました。 本当はハニが直接スンジョに聞いた方が良かったのでしょうが、少し臆病になってずっと悩んでいたのがとても可哀想でした。 でもハニは良い友達を持っていたのでうらやましいです。

次の

イタズラなKiss

イタズラなkiss あらすじ

前回までのあらすじ ハニとスンジョは、ボートに乗りましたが池に落ちてしまいました。 スンジョが、着替えの服や食べ物を買って来てくれて、ふたりはデートを楽しみました。 ウンジョが病気で入院し、ハニとスンジョはよくお見舞いに行きました。 ウンジョの同室のノリと仲良しになり、楽しく過ごしました。 しかし、ウンジョが先に退院することになったので別れがとても悲しかったです。 ハニは、再びスンジョの家に戻ることになりました。 しかし、スンジョは、家を出て暮らしたいと言い出しました。 イタズラなKiss 第10話のあらすじ スンジョは家を出て一人暮らしをすることになりました。 家を出るときスンジョはハニに、「じゃーな」と一言だけしか言わずに家を出ていきました。 ハニは、もしかしてスンジョがテニスクラブの練習に来るかもしれないと思い、クラグに出ましたが、やはり来ませんでした。 ハニが、ぼうっとしながら球拾いをしていると、ギョンスに、スンジョの情報を教えてあげるから食事をおごってほしいと言われたので、喜んで返事をしました。 ギョンスについて行ったハニですが、そこはファミリーレストランでした。 スンジョがハニの注文を聞きに来てくれましたが、家にはバイトのことは言うなと釘を刺しました。 ハニは店内にアルバイト募集の紙が貼られていることを発見しました。 ハニはアルバイトをしようと思い店の奥に行きましたが、既に決まってしまってダメだと言われました。 なんと、ヘラがバイトすることになったのです。 ハニは、スンジョンにバイトしていることを口止めされていましたが、家に帰ると嬉しくてスンジョの母のグムヒに喋ってしまいました。 ウンジョも、スンジョのウェイター姿を見たいと言い、グムヒ達は変装してスンジョのアルバイト先に食事に行きました。 スンジョは、たくさんのお客さんの注文を丸暗記してみんなを驚かせていました。 しかし、グムヒは、スンジョのことを「にこりともしないで可愛げがない」と言いました。 スンジョは、すぐにグムヒたちの変装に気づきました。 そして、グムヒはスンジョにたまには家に帰ってきてヘラにはなびかないようにと言うとスンジョはわかったと返事をしました。 そしてグムヒはハニに毎日ここに通ってヘラには負けないようにと言いました。 スンジョのアルバイト先で勉強をしていると、代わりにヘラがやってきて注文を聞こうとしました。 ハニは、注文は何でいいと言ってしまったので、ヘラの選んだナンバーワンスペシャルセットがやってきました。 そして、ヘラはハニが毎日通っているので嫌味を言いました。 それを聞いたハニはもっと気になって居座りました。 ハニがスンジョのバイトが終わるのを待っていると、スンジョとヘラが同じ方向に向かって一緒に歩いて行くのが見えました。 その後をつけましたがマンションに入り何時間も出てきませんでした。 ハニは、ショックで座り込んでしまいました。 ハニはあまりのショックに夜も眠れず目を腫らしたまま学校に行きました。 ハニはスンジョとヘラが同棲していると思い落ち込んでいました。 しかし、スンジョが家庭教師をしている生徒の話で、ハニの悩んでいることは解決されました。 スンジョはヘラと同棲はしていなかったのです。 ハニは元気を取り戻し、バレンタインのためにチョコレートを作りました。 そしてハニはまた妄想の世界でスンジョにチョコレートをあげると指輪をプレゼントされました ハニは、タクシーでスンジョのところへチョコレートを渡しに行こうとしました。 しかし、車が途中で故障してしまいました。 外はどしゃぶりでしたが、ハニは、傘を持っていなかったので、そのまま歩いてスンジョのところにいきます。 ハニはびしょ濡れになってしまいました。 ハニが、席に着くとヘラが接客に来て、今日は家庭教師のバイトがあるから待っても無駄だと言いました。 ハニはコーヒーを飲んでいると、突然、具合が悪くなって倒れてしまいました。 バイト先の店長がスンジョにバイトはいいから、ハニを送って行くようにと言いました。 スンジョは、ハニの帰りのタクシーが拾えなかったので、仕方なくハニを自分の部屋に連れて行きました。 スンジョは、部屋に着いてからグムヒに電話をして迎えに来て欲しいと言いましたが、土砂降りなので迎えに行くのは嫌だと電話を切られてしまいます。 ハニとスンジョの二人は、一晩一緒に過ごすことになりました。 しかし、ベッドが一つしかないので、最初はスンジョが使って寝ていました。 ハニが色々文句を言ってきて、寝むれなかったので一緒にベッドで寝ることにしました。 そして、スンジョは母の思いのままにされるのが嫌だったので、ハニに何もしないと言いました。 イタズラなKiss 第10話の感想 スンジョは、何かをするときいつもハニに相談はなく自分で全て決めています。 ハニが安心できるように一言声をかけてあげるべきだと思います。 ハニの友達は、スンジョが同棲しているということでハニが落ち込んでいる時に本人に代わってスンジョに聞きに行きました。 本当はハニが直接スンジョに聞いた方が良かったのでしょうが、少し臆病になってずっと悩んでいたのがとても可哀想でした。 でもハニは良い友達を持っていたのでうらやましいです。

次の

【パクリ疑惑】恋つづとイタズラなKiss(イタキス)が似すぎ?共通点5つを解説

イタズラなkiss あらすじ

「恋つづ」と「イタズラなKiss(イタキス)」は似すぎ? 「恋はつづくよどこまでも」のあらすじ、主人公 漫画 ドラマ あらすじ 偶然起きた出来事で運命の男性となる 医師・天堂と出会い、恋をした 七瀬は、彼に会いたい一心で猛勉強をし、晴れてナースになる。 5年越しに再会すると、医師・天堂はドSな魔王になっていた。 それでも七瀬は天堂に対して、素直な思いを伝え続ける。 「イタズラなKiss(イタキス)」のあらすじ、主人公 漫画 ドラマ あらすじ IQ200の天才・ 入江直樹と、その入江に2年間片想いしていたドジな 相原琴子がひょんなことから一緒に住む事になるラブコメディ。 6年間の恋が実り、ついに直樹と結婚した琴子が、編入した看護学科で奮闘する日々を描く。 スポンサーリンク パクリ疑惑と言われる5つの共通点を解説! 「イタズラなKiss」は1990年の6月号から1999年の3月号まで、集英社の別冊マーガレットで連載された大人気コミックです。 1996年に女優の佐藤藍子さんが主演でドラマ化され、2013年に続編も登場しました。 日本だけではなく、台湾や韓国でもドラマ化されました。 「恋つづ」と「イタズラなKiss」の設定がとても似ています。 では、パクリ疑惑と言われる5つの共通点を解説していきます。 ドSで優秀な天堂先生に恋をします。 「 イタズラなKiss」は、ヒロイン琴子はドジばかりだけどいつも一生懸命です。 容姿端麗でIQ200の超天才だけど、ドSクールな入江直樹に恋します。 対照的な2人を主人公にしているところが似ている点です。 「 イタズラなKiss」では、ヒロインの琴子は高校の入学式で入江直樹に出会い、一目惚れして、約6年間思い続けて結婚します。 この2人のヒロインはどっちも一途な恋をしています。 2人ともドジですが、一生懸命で憎めないキャラです。 新人ナースになった時は、天堂は既に職場から信頼されるベテラン医師になっていました。 「 イタズラなKiss」では、琴子は入江直樹が医者を目指していることを知り、急に看護学校へ行きました。 ドジで成績がわるかったのですが、入江直樹と働くため、必死に看護師になりました。 優秀な医師とドジな看護師の設定がよく似ています。 「 イタズラなKiss」では、琴子の家が震度2! の地震で倒壊し、父親同士が親友だった入江家に居候することになります。 「恋つづ」は完全に同じ屋根の下ではないのですが、設定が近いです。 しかし、七瀬と一緒に過ごせば過ごすほど、七瀬を好きになっていきました。 「 イタズラなKiss」では、琴子は入江直樹に告白するも、「頭の悪い女は嫌いだ」とフラれてしまいます。 しかし、一緒に暮らしていくうちに、入江直樹は振り回されながらも琴子を好きになっていきました。 次第に両思いになる設定も似ています。 スポンサーリンク 「恋つづ」と「イタズラなKiss」に対する声 恋つづが好きな人は間違いなくイタキス好きだと思うからまじで見てほしい。 見事に天堂担に。 でもね、シーンや台詞が似てると頭の中にイタキス流れてた。 最終回。 雨のシーンは脳内がイタキスが完全に支配してた。 あのシーンに勝つ雨シーンは無いと思う。 それだ!!! 同じ事思ってる人いるか調べたらいてたし、私の大好きなのだめのパクリやって言ってる人いてめちゃくちゃ同意した。。。。 — しわピカ子。 多田かおる先生が作品を完結させる前に亡くなってしまったので、先生を惜しみながら、イタキス的なラブコメを作られたのかなって勝手に想像してた。 だから、安易なパクリとか、そう言う印象は受けてない。 2つの作品を比べてどうの、とか、 — t. mio micomicoblan.

次の