芸能事務所 オーディション 未経験。 【2019年最新版】オーディションで受かる人と落ちる人の決定的な違い

【レッスン料無料あり】おすすめ有名芸能事務所オーディション募集情報一覧2019【俳優・モデル・タレント・女優・アイドル・歌手・子供・子役】|

芸能事務所 オーディション 未経験

「彼はあの番組で活躍できそう」「彼女をCMでデビューさせたい」「彼をこんな舞台で活躍させたい」お任せするのは、こんな風に人をプロデュース・キャスティングする仕事のサポートです。 テレビ局や広告代理店からたくさん来る案件の依頼に対して、自社に所属しているタレントの選定や、営業・制作チームの事務アシスタントなどが主な仕事。 業界に精通した大手芸能プロ出身のベテランがあなたをサポートするので、「あの子をこんな路線でブレイクさせたい」というアイデアを実現に近づけられます。 入社後は業界知識やマナー、TV局ごとのカラー、制作チームの特徴などから細かく教えます。 まずは簡単なキャスティング業務やスケジュール管理を経験しながら、少しずつ業務をお任せ。 独り立ち後も、先輩が提案の仕方やコツなどのノウハウを伝授するのでご安心ください。 より管理業務に特化したマネージャーや、キャスティングを専門で行なうディレクターへのキャリアアップも可能!担当タレントを自分の思い描いたようにブレイクさせる喜びを一緒に味わいましょう。 【当社のプロダクションの特徴】 俳優、ナレーター、クリエーターなど、ジャンルはさまざま。 10代の若手から40代までの年齢層が在籍しています。 所属タレントとしては、テニスの王子様、黒執事、逆転裁判など、漫画・アニメ原作の2. 5次元舞台で活躍している寺山武志のほか、人気舞台の作・演出家、大手企業のCM等に出演中の役者・タレントが多数所属しています。 毎日送られてくるキャスティング依頼を確認し、所属タレントやクリエイターのスケジュールを調整、オーダーに対応していきます。 この仕事の魅力は、「タレントをどのような路線でブレイクさせるか」から考えられること。 「この番組にこんな人が欲しいんだよね」というお客様からの依頼に、それぞれのタレントの特性を見極めながら提案します。 だから、日頃からTV番組やCMをチェックすることも大切です。 タレントの出演が決定したら、取引先との調整や折衝などを行ないます。 その他にも宣材資料の作成や、伝票整理といった一般事務なども行ないます。 これまでに呼んだ講師は、有名作家、俳優、監督など。 「この人を呼んでみたい」とアイデアを出して、決めています。 創業当初は、芸能プロダクションはあくまでサブ的な位置づけでしたが、今や毎日多くの依頼が舞い込むほどに成長しました。 今後は、お客様からの多くのニーズに対応するべく、プロダクション部門の組織を強化し、所属タレントの更なるブレイクをサポートしていけるスタッフを集めたいと考えています。 なお、その間の雇用形態、給与、福利厚生に変わりはありません。 業界に精通した大手芸能プロ出身のベテランの先輩が多く、以前は 某有名女優のマネージャーをしていた人物も。 業界の人脈やノウハウは充分すぎるくらいあります。 入社後1年間は、週1回のペースで新入社員研修があります。 ベテランのプロデューサーやマネージャーを務めるチーフクラスのスタッフや役員を中心に、TV局や番組制作会社ごとのカラー、さらにその中の制作チームやプロデューサーごとのカラーまで教えます。 「こんな風に提案するといいよ」といったキャスティングのコツだけでなく、業界での付き合い方なども伝授していきます。 まずは先輩のサポートから始め、一人前になれるよう徐々にステップアップしてきましょう。 会社名 設立 2011年5月20日 代表者 代表取締役社長 須田 敬介 資本金 2000万円 従業員数 35名(2020年6月現在) 事業内容 プロデュースセクション TV番組・広告宣伝・プロモーション・各種コンテンツのプロデュース・コンサルティング ライブイベント・舞台公演・関連商品の企画・制作・運営 プランニングセクション TV番組・各種コンテンツのプランニング・コンサルティング プロダクション・エージェントセクション アーティスト・モデル・タレント・クリエイターのマネジメント スクールの運営 スタジオセクション レンタルスタジオ「LIBRA SQUARE」の管理運営 事業所 東京都千代田区岩本町3-7-2 スヂノビル4F-402 関連会社 カーディナル エル・エー サードルーム ソリッドスター エフェクト/シープラス リブラスクエア オルタナ 企業ホームページ.

次の

おすすめのシニアモデル芸能事務所オーディション・募集求人情報一覧まとめ【ファッションモデル・撮影

芸能事務所 オーディション 未経験

声優になるためにはオーディションを勝ち抜く必要がある 未経験から声優になる方法はいくつかありますが、1つはオーディションを勝ち抜くことです。 声優のオーディションには、一般公募や未経験でも応募可能なケースもあるので、場数を踏むためにも参加していくことがおすすめです。 声優デビューした後も役はオーディションで勝ち取る 前述で声優の仕事へ応募する時は、オーディションに参加すると解説しました。 これは声優未経験の方だけでなく、声優デビューした後も基本的に同じです。 なぜなら声優としてデビューして事務所に所属しても、 仕事を依頼されたり固定の仕事を与えられたりする訳ではないからです。 会社員と異なり声優の場合は、声優デビュー後も自分で仕事を勝ち取るためにオーディションに参加しなければいけません。 そのため未経験など関係なく、声優とオーディションの関係はデビュー後も続くと考えておきましょう。 未経験で声優オーディションに参加する際のポイント 声優の仕事になくてはならないオーディションですが、そんな声優オーディションに未経験で挑戦することはできるのでしょうか。 ここでは、 未経験で声優オーディションに参加する際のポイントについて、詳しくチェックしていきましょう。 モデル適性チェックシートを確認しておく 声優は声のお仕事とはいえ、ライブや雑誌などで人前に出ることも多いものです。 そのため、見た目が重視される職業とも言えます。 モデル適性チェックシートでは、 人前に出る仕事で大切にしたいチェックポイントが確認できます。 たとえば、次のようなポイントに気をつけると良いでしょう。 見た目に関すること 人前に出る仕事だからこそ、どう見られるかは特に重視しましょう。 肌はきれいに保っているか、自分に似合ったメイクをできるかなどを、改めて振り返ってみてください。• モデル活動に欠かせないスキル たとえば朝から長時間の撮影にも耐えられる体力があるか、自分の売り方を分かっているかなど、モデル活動をする上で必要なスキルを確認しておくと良いでしょう。 オーディション写真の撮り方 オーディション写真は、なるべく本当の姿が分かるように撮影することを心がけましょう。 加工アプリを使った写真や、体型が隠れて分からない服で撮った写真、厚化粧の写真などでは、本来の姿が判断できず、審査の段階で弾かれてしまうので注意です。 また 自然光を使って、ナチュラルに明るい印象に見せることを意識しましょう。 レフ板を使う、白い服を着るなど、一工夫で顔色が明るく見えます。 履歴書の書き方について 外見のポイントについてご紹介してきましたが、 履歴書も同じくらい大切にしたいポイントです。 履歴書は、オーディションごとに決められたフォーマットがあることが多いです。 中でも志望動機と自己PRは、どのオーディションでも必ず聞かれるので、よく練っておく必要があります。 志望動機の書き方 志望動機は、自分のやる気をアピールするチャンスです。 なるべく 具体的なエピソードがあると、審査員の興味を引くことができるでしょう。 また、なぜこのオーディションを受けたのかを伝えることも重要です。 そのためには、オーディションの目的や、合格することでどんなことができるのかということをしっかり調べましょう。 自己PRの書き方 自己PRは、そのオーディションが求めているものを用意するよう意識してください。 ただし、嘘をつくのはNGです。 自分が持つ自己PRの中でどれが一番適しているかを見極めて、オーディションごとに使い分けるのがおすすめです。 演技に直結する自己PRが良いと思われるかもしれませんが、他の応募者も書く可能性が高く、審査員の記憶に残りにくいので注意が必要です。 ボイスサンプルの作り方について オーディションに応募する際は、ボイスサンプルの提出を求められることがあります。 オーディション用の台本がある場合はそれを読み上げれば良いですが、そうでない場合は自分で原稿をつくる必要があります。 特定の作品のオーディションであれば、その世界観に近いキャラクターのボイスサンプルを用意し、事務所のオーディションならキャラクターからナレーションまで、 幅広いボイスサンプルを用意すると良いでしょう。 自己プロデュース力の高め方 声優界で大切なのは 自己プロデュース力(セルフプロデュース力)と言われます。 ライバルの多い業界で生き残っていくためには、自分だけの強みを売り出すことが大切です。 自己プロデュース力を高めるためにはまず、自己分析をして自分が持っている強みをきちんと把握しましょう。 これは、自己PRを考えるときにも役立ちます。 また自分の特徴をいくつか掛け合わせて、オリジナルのキャラクターを生み出すのも良いでしょう。 本番で気をつけておきたいこと 未経験なら、オーディション本番はなおさら緊張するものです。 本番では次のことに特に気をつけましょう。 本番に強くなる方法を知っておく 「自分は本番に弱いタイプだ」と思う人は、 なぜ本番に弱いのか原因を探って対策することが大切です。 完璧主義なのが原因であれば、「失敗しても大丈夫」と暗示をかける方法がありますし、不安が強くて緊張してしまう人は、納得するまで練習すると良いでしょう。 一度でも成功体験をつくれば自信につながり、自然と本番に強くなりますよ。 緊張を解く一言を知っておく とはいえ、本番で緊張してしまうこともあるかもしれません。 そんな時のために、 緊張を解くための一言を覚えておくのがおすすめです。 緊張しているなと思ったときに、いつでも思い出せるようにしましょう。 そもそも緊張は、失敗したくないという気持ちや、自分に自信がないという気持ちから生まれるものです。 そうした気持ちを吹き飛ばすためには、「失敗してもいいや」「あんなに練習したんだから大丈夫」といった言葉を言い聞かせてみましょう。 オーディションのしくじり話を知っておく 失敗は成功のもとという言葉どおり、事前にしくじり話を知っておくのも大切です。 よくあるのが、主催者の趣旨を理解していないという失敗です。 シリアスな役柄のオーディションで明るさをアピールしてしまうなど、「どんな演技や人柄が求められているか」を意識しないと、不合格になってしまいます。 また、準備不足による失敗も多いです。 当日になって即興の演技審査があることを知り、思うような演技ができなかったなどのエピソードがあります。 これらの失敗を踏まえ、 オーディションの趣旨を理解し、事前準備をしっかりすることを意識してみてください。 芸能界を目指す人におすすめの仕事やバイトをする 声優をめざすため、養成所に通ったりオーディションを受けたりしている期間も、お金を稼ぐ必要がありますよね。 そんな時におすすめな仕事やアルバイトをご紹介します。 声優におすすめな仕事は、接客業と時間の融通が利く仕事です。 接客業は発声練習やコミュニケーション能力を身につけられるだけでなく、 さまざまなお客様と接する中で、演技の引き出しが増えます。 またオーディションを優先させるためにも、急なシフト変更に対応できたりオーディションの時間と被らない時間帯に勤務できたりといった、時間の融通が利く仕事を選ぶと良いでしょう。 オーディションを勝ち抜くためのスマホ選びをする スマホで何でもできる時代になりましたが、オーディション対策としても使えます。 たとえばSNSを使ってファンを獲得すると、オーディションを有利に進められる可能性があります。 SNSでファンを増やすには、自撮りやライブ配信、声の演技を積極的にアップするようにしましょう。 スマホのカメラ画質、通信速度、マイク感度などは、これらのPR活動に大きく影響するので、スマホの性能にはぜひこだわってください。 声優オーディションが未経験では厳しい理由 これまで未経験で声優オーディションに参加する方法について解説しましたが、やはり未経験から合格するのは非常に難しいです。 以下で、未経験者にとって声優オーディションが厳しい理由を見ていきましょう。 養成所やスクールに通っている人がライバルになる 声優オーディションは、声優のスキルを学んでいない未経験だけでなく、声優養成所やスクールなどに通っている一定のスキルを保有した方もライバルになります。 声優養成所やスクールは、プロの声優や業界関係者などが講師となって、基礎からしっかり教わることができるのが大きな特徴です。 もちろん授業以外でもスキルや表現力を学ぶ必要があるものの、講師から基礎を教わっているため全くの未経験者よりも高いスキルを持っています。 未経験の方は、 声優のオーディションを受ける方のレベルも理解した上で挑みましょう。 未経験だと対策が立てにくい また、声優の仕事の未経験者であると対策を立てにくいところもあります。 これまで声優の仕事や関係する仕事をしたことが無い場合、声優オーディションで何をすべきか分からないからです。 何をすべきか分からない分、 他のライバルと比較して、スキル面やタレント性で不利になりやすくなります。 声優オーディションへ応募する前に、専門学校やスクールで学ぶ機会を作ってスキル面を磨いたり、オーディション経験者のブログなどを探してみたりしましょう。 オーディションの開催動機が広報活動の場合もある 声優オーディションは、一般公募や未経験可といった条件で開催していることもありますが、新人発掘以外の目的があります。 それはオーディションの開催動機が、主催元の広報活動を目的としている可能性です。 たとえば開催元が大手企業や何らかの大きなイベントも兼ねている場合、そして有名な声優が審査員として参加している場合などは宣伝も含めていることもあります。 具体的には、企業PRの場として活用していることもあるのです。 全ての声優オーディションがそうだとは限りませんが、 場合によっては未経験者が声優として起用されにくいケースも頭の片隅に入れておきましょう。 声優オーディションで合格するには 声優は仕事をオーディションで獲得していく必要があり厳しい世界です。 それでも合格するために出来ることがあります。 以下で詳しく解説していきます。 スクールや専門学校でスキルを磨く 声優オーディションで合格するために、 何をすべきか分からない時はスクールや専門学校でスキルを磨く方法もあります。 声優としての基礎技術はもちろん、表現力や演技に関する技術をプロの現役声優や講師から学べます。 また、専門学校やスクールは授業として様々な技術を教わることができるので、独学よりも発声練習など基礎的な部分を身に付けやすいでしょう。 養成所に所属する 声優養成所に所属してスキルを磨くという方法もあります。 声優養成所の中には、声優プロダクションも運営しているケースがあるのが特徴です。 ただし、声優養成所の場合は入学からオーディションがあるため、ある程度のスキルが求められることは覚悟しておく必要があります。 しかしその代わりに声優プロダクションと提携していることから、オーディションを受けられる機会が多かったり、 スキルによっては早期の声優デビューが可能なので、メリットも大きいです。 習慣を身につける スキル以外にも次のような習慣を身につけることで、オーディションの合格に近づくことができます。 演技の引き出しを増やす たとえば今まで関わらなかったタイプの友人を増やす、世代の違う知人をつくるなど、いろいろなタイプの人と関わることで、演技の引き出しは増えます。 また、本やドラマ、映画の登場人物をよく観察してみましょう。 感情やセリフ、演技などに注目すると、自分が演技するときのヒントになります。• 何か1つを極める 声や演技以外にも、何か1つを極めて自分の特技にしましょう。 オーディションでの自己PRになりますし、声優になった後も仕事につながる可能性があります。 ご興味がある方は声優適性オーディションへご参加ください! アミューズメントメディア総合学院の声優学科では、定期的に声優適性オーディションを開催しています。 今まで1,000人以上の方が参加してくれたこの一大イベントは、プロ声優として業界の第一線で活躍されている方が講師として審査を行います。 今の自分の実力がどの程度か分かるだけでなく、講師の方がその場で一人ひとりに合ったアドバイスをしてくれます。 プロ声優と出会えるこのオーディションは、参加費が無料です。 初心者・未経験者大歓迎のオーディションなので、声優を目指している方やご興味がある方、自分に適性があるのかどうかを知りたい方は、以下のリンクをご覧ください。 オーディション情報の探し方 声優になるためにも、また声優として仕事を継続するためにも、オーディションを受けることは非常に重要です。 そのため、オーディション情報の探し方もしっかりマスターしましょう。 声優オーディションの探し方は、大きく分けて3つあります。 インターネットで探す 声優オーディション情報は、オーディション情報をまとめたサイトに掲載されていることが多いです。 また入りたい事務所や養成所がある場合、ホームページに直接アクセスすることで、入所オーディションの情報を手に入れることができます。 雑誌から探す アニメや声優雑誌の広告にも、オーディション情報が掲載されていることがあります。 雑誌に掲載されているオーディション情報は、大手事務所や大手企業が主催するものも多いので、ぜひチェックしたい情報です。 学校から紹介してもらう 声優をめざす学校では、学校や講師からオーディション情報を提供してもらえます。 また学生の希望に沿ってオーディション情報を紹介することもできるので、自分に合ったオーディションをプロから教えてもらえるというメリットがあります。 まとめ ここでは、未経験の方が声優デビューするための方法と、オーディションの厳しさやスキルを積む方法についてもご紹介してきました。 声優学校やスクール、声優養成所であれば、少なくともオーディションに参加できる機会は増えます。 また、基礎的なスキルも教わるので、独学よりも学びやすい環境です。 しかし、声優として基礎的なスキルが備わっているだけでは、オーディションを勝ち取ることや声優の仕事を続けることも難しい可能性があります。 専門学校やスクールで学びつつ、自分でも努力を重ねていきましょう。 たとえば声に幅や個性を持たせたり、セルフマネジメントを突き詰めたりすることが次の仕事へ繋げる上で大切な要素です。 声優に必要な技術だけでなく、業界のことについても調べてみるのもおすすめです。 夢を夢で終わらせないために、出来ることから始めていきましょう。

次の

ダンス未経験者でも合格できる!アイドル事務所のオーディションで、ダンス審査を通過する方法とは|オーディションサイトnarrow(ナロー)

芸能事務所 オーディション 未経験

未経験でもオーディションに合格することは可能? 今までに特別なレッスンを受けていない未経験者の場合、「いきなりオーディションを受けて合格できるのか」という疑問を持つ人もいます。 結論からいうと、 まったくの未経験者が簡単に合格できるほど、オーディションは甘くないというのが現状です。 なぜなら、誰もが名前を知っているような大手が募集しているオーディションには、場数を踏んできた経験者たちが参加していることが多いためです。 そこに、まったく知識・経験・実力が備わっていない未経験者が応募しても、よほど将来性を見出された逸材でない限り、合格するのは困難なことといえます。 とはいえ、未経験者がオーディションに合格する可能性は、必ずしもゼロとは言い切れません。 たとえば、 「経験不問のオーディション」であれば、未経験でも合格できる可能性があります。 なかには多少の経験がある人材よりも、何色にも染まっていない、まっさらな未経験者が好まれるケースもあるのです。 大手の事務所や劇団が募集しているオーディションは、それなりの知識・経験・実力の備わっている人材が求められることが多いため、まずは養成所やスクールが募集しているオーディションを受けてみるのも良い手です。 そこが知りたい!未経験でも受かる人の特徴とは オーディションを受ける際は、 「どのような人が受かりやすいのか」を知っておくのが重要です。 まず、未経験でも受かる人の特徴には、「人を惹きつける声質を持っている」ことが挙げられます。 声質は生まれ持った個性・才能であり、あとから変えようと思っても、なかなか難しいものです。 そのため、人を惹きつけるような声質の人は、それだけで個性を主張でき、受かりやすい傾向にあります。 また、 「成長力や将来性がある」のもポイントです。 養成所やスクールなどでは、これから技術を磨いていくことになります。 そのため、これまでの知識や経験だけではなく、その人が「これからどう成長するか」というポイントを、オーディションで見極めているケースが多いのです。 オーディションで成長力や将来性があると審査員に思わせることができれば、合格に大きく近付けます。 さらに、受かる人は「やる気や熱意が並外れている」という特徴がみられます。 オーディションは、いわばビジネスの一環です。 チャレンジ精神が旺盛でやる気や熱意のある人は、審査員の心を動かし、「一緒に仕事をしてみたい」と気持ちをつかみやすい傾向にあります。 それに加えて 「礼儀やマナーが徹底している」のも特徴です。 オーディションでは見た目だけではなく、人間性まで厳しくチェックされています。 いい加減な気持ちでオーディションを受けると、審査員に見破られてしまうおそれがあります。 オーディションでは礼儀やマナーを徹底するように心がけるのが肝心です。 未経験でも受かるためにできること1. 応募書類編 応募書類は、 「志望動機」がポイントとして挙げられます。 志望動機はだらだらと長く書くのではなく、簡潔かつ具体的にまとめるのが大切です。 なぜそのオーディションを受けようと思ったのか、またオーディションに合格したらどのようなことをしたいかなど、具体的なプランを盛り込んでおくと、深みのある志望動機を作れます。 また、 「写真」も重要です。 添付する写真は背景に余計なものや人が写り込んでいない、すっきりとしたものを選びましょう。 暗い場所ではなく、明るい場所で撮ったものを選ぶのもポイントです。 添付する写真の服装は、スタイルがはっきりとわかって清潔感がある、審査員に好印象を与えるものにするのが基本です。 硬い表情のものは避けて、自然な笑顔のものを選びましょう。 さらに、 「必要書類に漏れや誤字脱字はないか」という点にも注目です。 どんなに気合を入れて作成した応募書類でも、漏れや誤字脱字があると、残念な印象になってしまいます。 審査員によっては、「注意力が足りない人物」だと思われてしまうおそれがあるため、注意が必要です。 未経験でも受かるためにできること2. 面接編 面接時のポイントや注意点をあらかじめ頭に入れておくと、自分を効果的にアピールしやすくなります。 まず、ポイントとなるのは 「リラックスする」ことです。 面接はどうしても緊張してしまいがちです。 しかし、緊張するといつもの実力が出せない原因につながります。 面接では緊張せず、なるべくリラックスして素直に質問に応じるのが大事です。 また、オーディションでは言葉遣いに注意し、敬語で話すようにしましょう。 さらに、 「大きな声で話す」のも大切です。 ぼそぼそと小さな声で話すと、覇気のない印象を与えてしまうおそれがあります。 話すときは大きな声を心がけ、審査員に良い印象を残しましょう。 また、 「ポジティブ発言をする」のも、合格への近道です。 ポジティブな発言や笑顔が多いと、エネルギッシュではつらつとした印象を与えられます。 笑顔ではきはきと明るい受け答えをすることで、審査員の心をつかみやすくなるのです。 未経験でも受かるためにできること3. 実技編 実技審査では、参加者のやる気をチェックしているケースが多くみられます。 そのため、合格するには 「与えられた課題に全力で取り組む」のが大事です。 最初から最後まで手を抜かず、課題に真剣に取り組み、最高のパフォーマンスを行いましょう。 また、 「自分なりのオリジナリティーを盛り込む」のもポイントです。 台本を渡される場合は、ただ台本通りに演技をするのではなく、そこに自分なりのオリジナリティーを入れると個性をアピールできます。 また、ダンス審査の場合は 「表情」を意識するのが重要です。 ダンスに夢中になりすぎると、無表情になってしまう人も少なくありません。 ダンス審査では表情も見られているため、笑顔を忘れないようにしましょう。 未経験でも受かるためにできること4. 自己PR編 自己PRは、 「趣味・特技のなかから1つに絞る」のがポイントです。 自己PRの時間は限られているため、いくつもの趣味や特技を並べてしまうと、どれも中途半端な印象になってしまうおそれがあります。 自分が最も夢中になっている趣味や一番自信のある特技のなかから、1つに絞ってアピールをすると、自分らしさを伝えやすくなります。 自分のアピールポイントを見つけるには、普段から 「自己分析」をするのが大切です。 しっかり自分自身と向き合い、どのようなアピールポイントがあるのか考えておきましょう。 また、自己PRは 「堂々とした態度で行う」のが大事です。 人前で堂々と特技をPRしたり、人には負けない何かをきちんとアピールしたりできなければ、合格が遠のいてしまいます。 堂々と自分を売り込む姿勢を見せることで、自信に満ち溢れた魅力的な人物という印象を与えられます。 未経験でも受かるためにできること5. その他 未経験でオーディションに受かるためには、以下の点に注意する必要があります。 まずは 「遅刻しない」ことです。 オーディション会場に遅刻してしまうと、真面目さや誠実さに欠けている印象につながります。 印象を損ねて不合格にならないためにも、オーディション会場には30分~1時間前には到着しておくのが無難です。 さらに、 「待ち時間は私語を慎む」のもポイントです。 オーディションが始まるまでは私語を慎み、静かに出番を待ちましょう。 また、 「スタッフにも丁寧に対応する」のも欠かせません。 オーディション会場では常に誰かに見られているという意識を持ち、審査員だけではなく、スタッフにも丁寧な対応を心がけましょう。 なお、オーディションが親同伴の場合は、 「親も審査員からチェックされている」場合があります。 子供・スタッフへの対応などに、充分な注意を払うのが肝心です。 また、オーディションでどうしても緊張したり、実力が発揮できなかったりする場合は、 「いろいろなオーディションを受けてみる」のも一案です。 さまざまなパターンのオーディションを受けて場に慣れておくと、合格するためにはどうすべきか、徐々にコツをつかめます。 未経験でもチャンスはある!積極的に応募してみよう 未経験でも、取り上げたポイントを押さえて真剣にオーディションに臨めば、合格のチャンスがあります。 勇気を出し、積極的にオーディションにチャレンジして、夢をつかみましょう。

次の