エロチカ。 エロチカ・バンブー

セクシー☆ジャケ展#12:ポルノとエロチカ (全文) [テクノポップ] All About

エロチカ

第三エロチカ(だいさん-)は、かつて存在したの。 11月、演劇研究会のメンバーを中心にを主宰者として結成。 出身者に、ら。 2010年解散 主な公演 [ ]• 『爆弾横町の人々』(1981年)• 『ラディカル パーティー』(1983年)• 『ニッポン・ウォーズ』(1984年)• 『ジェノサイド』(1984年)• 『新宿八犬伝』(1985年)• 『野外劇ニッポン・ウォーズ』(1986年)• 『ラスト・フランケンシュタイン』(1986年)• 『ボディ・ウォーズ』(1986年)• 『フリークス』(1986年)• 『コックサッカー・ブルース』(1988年)• 『ジョーの物語-BOXING・PLAY-』(1989年)• 『ボディ・ウォーズ2』(1989年)• 『』(1989年)• 『新宿八犬伝-第一巻犬の誕生-第二巻ベルリンの秋-』(1990年、受賞作)• 『』(1990年) 出典 [ ].

次の

エロチカ・バンブー

エロチカ

解説 女子大生が東京六大学の学生と次々と関係していくという宇能鴻一郎の同名小説の映画化。 脚本は出倉宏、監督は「夫婦秘戯くらべ」の武田一成、撮影は「淫絶未亡人」の安藤庄平がそれぞれ担当。 1976年製作/72分/日本 配給:日活 ストーリー 野村アツコは田舎から出てきて、女子大に通い、2年になるが、今だにバージン。 そんな彼女も、やっと早稲田の小説家志望の寺山と同棲することになった。 ところが、アツコがまだバージンだと知った寺山は処女は大切にしたい、と言って何もしてくれない。 次の日も、次の日も、寺山は小説を書いてばかりなので、アツコは寺山の許しを得て、友人の洋子や幸江と一緒に明治の森川の実家の寺に遊びに行った。 そして森川と二人でハイキングに。 そこで森川が積極的に求めてきたので、アツコもごく自然に結ばれた。 数日後、アツコは洋子に誘われて早慶戦に行き、その帰り、洋子の兄で慶応に通っている和彦と車でデート。 女の子の扱いに慣れた和彦の巧みなムード作りに酔ってアツコは体をあずけた。 寺山は相変ず小説を書き続け、アツコには手をつけない。 アツコは洋子や幸江に連れられて、女子美の美絵のマンションを訪ねた。 先客には先日の森川や、日大の大森、立教の菊地、東大の高橋がいた。 全員で酒を飲んでいるうちにそれぞれペアができてしまい、残ったのはアツコと高橋だけ。 最初は気どっていた高橋だが、我慢ができなくなり、アツコに抱かせて欲しいと言うので、アツコは彼の思うようにしてやろうと決心した。 ところが、高橋は包茎で使いものにならない。 そこに美絵がやって来たので、高橋はあわてて出て行き、変りに美絵が唇で巧みに愛撫したために、アツコは濡れてしまった。 寺山は相変らずアツコが求めても相手にしてくれないので、ついに部屋を出ることにした……。

次の

エロチカ・バンブー

エロチカ

あらすじ 時は戦争の足音が近づきつつあった昭和初期。 子爵夫人の絹子(宮井えりな)は画家で愛人の秋本と最後の時を過ごす。 絹子をあきらめきれない秋本は信州の山奥に絹子を訪ねる。 旦那に歓待され戸惑う秋本だが、絹子を下さいと直訴。 余裕の旦那は絹子を幸せにできるのはどちらかなとうそぶく。 そんな時、大陸浪人の妖しい娘(飛鳥裕子)らは来るわ、 憲兵隊は来るわで屋敷の中は異様なムードに。 感想 まあ昭和デカダンスというかミステリというか。 正直なんのこっちゃら内容が頭に入ってこない。 確実なのは飛鳥裕子の胸がデカいことと 麻吹淳子はなかなかエエなあということぐらいだ(笑) 宮井えりなの役は正直わけわからん。 あんた今までどうやって過ごしとったんだ。 てな感じでどんでん返しといえばそうなのだが これも決まってんのか決まってないのかわからん(笑) ま、そういう映画ですわ。 832• 720• 303• 690• 215• 473• 20 月別ブログ•

次の