ライン グループ 電話。 LINEでグループを作成する1

ライングループ通話とは?人数制限・招待・音が聞こえない・できない原因など複数で音声・ビデオ通話のやり方【LINE】

ライン グループ 電話

そもそもグループ通話って何? グループ通話とは多人数で通話ができる仕組みです。 通常の通話の場合は発信者と受信者のみが通話をすることができますが、グループ通話を使えば3人以上で通話をすることができます。 グループ通話自体は主にSkypeなどのインターネットを介して通話で利用されており、個人間通話と違った使い方をすることが可能です。 グループ通話はこんな時に便利! グループ通話は会議などや複数間での話し合いなどを行う際に非常に便利なサービスです。 グループ通話をうまく利用すればわざわざ別の方法で伝える必要がなくなるので仕事などがはかどります。 また、グループ通話では面倒な設定が必要ないので普段通話する感覚でグループ通話を楽しむことができます。 ぜひ、本記事でグループ通話をする方法を知ってみてください! iPhoneでグループ通話する方法3選! グループ通話する方法 オプションに加入する Skypeを利用する LINEを利用する iPhoneでグループ通話する方法を3つピックアップしました。 1つ目の方法ではキャリアの場合の方法。 2,3つ目はサービスを利用した方法です。 さっそく、紹介していきます! オプションに加入する 出典: au 三者通話サービス:月額200円 ボイスパーティー:月額300円 2017年4月30日、新規申込終了。 2018年3月31日にサービス終了予定 Softbank ソフトバンク グループ通話:月額200円 3大キャリアの中ではauとSoftbank ソフトバンク のみがグループ通話のオプションを提供しており、docomo ドコモ では提供されていないので注意してください。 2017年6月現在は新規申し込み受付は終了していますが、auでは三者通話サービスとボイスパーティーというオプションが用意されています。 三者通話サービスは月額200円で3人で同時に通話できるサービスです。 通話料は人数分かかるので注意してください。 そして、 ボイスパーティーは月額300円で発信者含めて30人まで通話可能ですが、こちらも通話料が人数分かかるので注意しましょう。 プランによっては通話料がかさむので要確認です。 Softbank ソフトバンク では グループ通話というオプションを用意しています。 グループ通話は月額200円で利用することができ、最大6人まで通話ができるサービスです。 Skypeを利用する 出典: iPhoneにSkypeをインストールすることでグループ通話を行うことが可能です。 Skypeでは最大25人まで通話することができる上に、無料でインストールすることができます。 Skypeのコンタクトを持っている同士なら通話料がかからずにパケット料のみで通話することができるので非常に経済的です。 もちろん、使い放題プランに入っていることが前提になります。 LINEを利用する 出典: チャットツールとして普段利用しているLINEでグループ通話が可能です。 LINEのグループ通話では最大200人で通話をすることが可能です。 こちらは友達になっていれば通話ができるので非常に便利です。 こちらもSkypeと同様にパケット料のみなので気楽に通話することができます。 ぜひ、LINEでグループ通話を楽しんでみてはいかがでしょうか?.

次の

LINEグループビデオ通話の使い方!全機能を完全解説

ライン グループ 電話

LINEグループで無料通話する方法 発信する まずは無料通話をしたいグループのトーク画面へ。 画面右上にある電話マークをタップしましょう。 音声通話をタップで無料通話の発信になります。 通話の開始・通話中 これはグループ通話を開始した画面です。 まだ誰も通話に参加していないので、自分だけが表示されている状態です。 グループのメンバーが通話に参加すると表示が増えました。 このようにグループ通話に参加したメンバーがどんどんと増えていきます。 招待する グループ通話が開始しただけでもグループに通知がいきますが、通知をオフにしているメンバーには届きません。 そんなときはプッシュ通知で招待することができます。 最小化する グループ通話中は、最小化することで、通話しながら別の作業をすることができます。 他の人とLINEするなり、スマホゲームをするなり自由に操作できます。 グループ通話を受信した場合 着信・受電する グループの誰かがグループ通話を開始した場合、このような通知がきます。 無料通話のように着信音は鳴りません。 【参加】をタップすれば、グループ通話に参加することができます。 先程のように、グループに参加しているメンバーが表示されていますね。 複数人トークでもグループ通話できる ちなみに、グループ通話は複数人トークでも可能です。 操作方法も同じです。 まとめ グループメンバー誰からでも無料で手軽にグループ通話が行えるので、友達同士の会話はもちろんのこと、部活やサークルの作戦会議、仕事の打ち合わせなど、いろんなシーンで利用できますね! 一緒に読みたい記事• LINEアプリの使い方 完全マニュアル•

次の

LINEのグループで複数人同時に通話・ビデオ電話する方法!

ライン グループ 電話

グループ通話の人数制限グループ通話への参加に人数制限はなし。 ただし、グループビデオ通話の画面表示は5人まで。 (切替可能) 音声通話・ビデオ通話ともに グループのメンバーなら何人でも参加okです。 (ライブ配信は200人まで) 最大50人のと違って参加人数には制限がありませんよ。 でも、グループビデオ通話の画面については表示できるのは4人までとなっています。 分割表示・全体画面どちらの場合でも画面内の参加者一覧から友だちを選び、タップやスワイプで切り替えできます。 途中で招待もok!ライングループで複数で通話するやり方【かけ方・受け方】 がわかったところで、実際にやってみましょう。 LINEグループでの音声通話・ビデオ通話のかけ方・受け方を紹介していきますね。 まずかけ方については、3人以上の複数でも1対1のトークのときとまったく同じです。 グループのトークルームを開いたら「電話のマーク」をタップすれば音声通話・ビデオ通話・Liveが選択できますよ。 ここは1対1のときと違って電話が鳴るのではなく、スマホのポップ通知・LINEのトークに通知がぴょこんと表示されますよ。 音声通話・ビデオ通話を受ける、つまりグループ通話に参加するには「参加」をタップすればokです。 (ふつうにトークから「参加」をまた押せばok) また、通話に参加していないメンバーを招待することもできます。 画面右上の人型アイコンをタップし、招待したいメンバーを選んで「招待」をタップすれば送れますよ! もちろんグループ通話はしていないと使えません。 複数の友だちで話したいならまずはグループを作りましょうね。 通話できない・音が聞こえない原因• メンバーが自分しかいない• スピーカー・マイクの設定 それぞれもう少し説明しますね。 まず、グループ通話が始まらないときは「メンバーが自分だけ」という場合です。 音声通話・ビデオ通話どちらもスピーカーとマイクのオン・オフを切り替えできます。 これ、間違えがちなので気をつけてくださいね! ちなみには関係ありません。 たとえメンバー内の誰かとブロック関係にあっても グループ通話ではブロック相手とも通話可能なんですよ。 まとめ さいごに、今回の「LINEグループ通話」のポイントをまとめて並べておきますね。

次の