ミツバチ 八 の 字 ダンス。 ミツバチのダンスコミュニケーションの原理

コミュニケーション:ミツバチのダンス

ミツバチ 八 の 字 ダンス

生涯 [ ] 医師・大学教授のアントン・リッター・フォン・フリッシュとその妻で作家のマリーの子としてで生まれる。 幼い頃から動物の収集家であっただけでなく、熱心な観察者でもあった。 大学に入学するまでに興味はに集中していたが、父アントンはの方が現実的だと考えたため、それに従っての医学部に入学した。 大学での組織学、解剖学、人間生理学の知識は後の研究に大きな影響を与えた。 大学の講師には叔父のシグムント・エクスナーがおり、フリッシュによれば叔父は人間生理学に限定されていたはずの講義で他の動物の研究を行うことを認めていた。 最終的には医学の素質がないと考え、ウィーン大学を退学してミュンヘン大学の動物学科に移った。 そこでは魚類の感覚と体色の研究を続け、魚の頭部に感覚器が大量に存在することを突き止め、目がしている魚がどのように光に反応して体色を変化させているのかを説明した。 この研究で1910年にを取得した。 フリッシュは研究を続け、小魚が色を感知できることを示したが、この研究は好意的に受け取られなかった。 フリッシュはのを(当時はまだ論争の的であったにもかかわらず)信じ、魚の体色の変化は生存の成功に関わっているのだと予測した。 その後ミツバチの研究に取り組み、ミツバチの色覚と花びらの色のを明らかにした。 1914年にが始まると兵役は免れ病院で働いた。 1917年に病院の看護婦だったマルガレーテ・モーア Margarete Mohr と結婚し、後に3人の娘と1人の息子をもうけた。 1919年には講師として大学に戻り、ミツバチの「ダンス言語」のような複雑な行動の存在を明らかにした。 1921年にミュンヘン大学とで教授となると魚類の聴覚について研究を行った。 1923年にの教授を経て、1925年からミュンヘン大学の動物学研究所で働くが、中に大学が破壊されたこともあって、二度目の敗戦の後に移った。 1950年にグラーツ大学の後任教授にを推薦し、動物学科を再建するためにミュンヘン大学に戻った。 1958年にミュンヘン大学を退職後も一般向けに動物行動学、特にミツバチの生態に関して多くの本を書いた。 フリッシュの実験的で包括的な研究、ミツバチで発見された複雑な行動、魚類の鋭い知覚の解明、動物行動の理解への自然選択の導入は、その後の動物行動学者にとって非常に重要だった。 1973年にそれらの功績に対して、ティンバーゲン、ローレンツと共にノーベル生理学・医学賞が贈られた。

次の

人智を超えるミツバチの凄すぎる能力。8の字(尻振り)ダンスで位置も距離も伝達!?ジェット気流で復号化!?振動や光を言語化する未知の領域。

ミツバチ 八 の 字 ダンス

Photo by youtube ミツバチの動きを分析し「ハチ型ロボット」を開発する研究が進められている。 独・ベルリン自由大学(Free University of Berlin)の研究者は、ミツバチが餌を探す際に互いに情報を伝える動きを模倣した、ハチ型ロボット「RoboBee」を開発した。 なお、8の字型に歩き回る蜜蜂のダンスは、「waggle dance」とも呼ばれている。 研究チームは、ミツバチの行動プロセスをより深く理解するために、さまざまなコンポーネントで構成された蜂ロボットをつくった。 ハチ型ロボットは、実際のミツバチのサイズの柔らかいスポンジが付いた棒の形をしており、ダンスを模倣することで、他のバチに食品サンプルを提供することに成功したという。 Landgraf氏は、ロボットを活用してミツバチとコミュニケーションを取るアイデアが過去数十年間にわたり議論されてきたが、ミツバチがロボットのメッセージを正常に解読できるという事実を証明できた例は初めてと、その研究成果を強調している。 もちろん、研究はまだ完ぺきではない。 群れのなかのすべてのバチがロボットの動きに興味を示すわけではないという。 Landgraf氏は、「ロボットがダンスと関連する信号を再現する際にずれがあったり、ミツバチを妨害する不必要な刺激を引き起こすケースがある」と、課題について説明している。 言い換えれば、研究成果としてはまだ、少数のバチがロボットの動きを感知しているという実情があり、人間側のミツバチのダンスへの理解がいまだ不完全ということになりそうだ。 研究者チームは今後、蜜蜂全体のライフサイクルを追跡する「ビーズブック」(BeesBook)という別のプロジェクトで、今回の研究結果を活用していく計画だ。 生物の意思を理解したり、その健康状態を自動で評価することで、地球の環境をより豊かにする可能性が秘めているからだ。 関連研究の未来が楽しみだ。

次の

気になる科学コラムサイト「ハチの距離感覚と「8の字ダンス」」のページ

ミツバチ 八 の 字 ダンス

ミツバチの尻振りダンスに秘められた謎 自然は人智をはるかに超えています。 人間はもう地球を歩きつくしたと思っていますが、実は知らないこと、謎なことだらけです。 ミツバチにはとても不思議で、興味深い行動があります。 ミツバチと言えば、花畑で蜜を採ってきて、ハチの巣に戻って蓄えるという行動を繰り返すことはご存知だと思います。 この動作をする上でとても重要な要素があります。 ・ハチの巣から花畑までの距離が全てのハチが分かっていること ・飛んでいる位置の情報 ・蜜の採取が終わったら巣へ戻ること 最低でもこの3つの情報が分からなければ、蜂蜜をハチの巣に溜め込むことは不可能です。 いったいどのように実現しているかはいまだ研究段階のようですが、わかってきていることとして、「尻振りダンス」があります。 Advertisement この行動はFrischにより1948年に初めて紹介され、1973年にははノーベル生理学医学賞を受賞しています。 ミツバチは良好な花畑から蜜を持ち帰り、この尻振りダンスで花畑の位置を巣内の他の働きバチに伝えているとされています。 餌場がおよそ100m 程度までの近距離の場合は軌跡が円を描く円ダンス(round dance)を行い,それよりも遠い餌場の場合は軌跡が8の字を描く8の字ダンス(figure-of-eight dance)を行う。 尻振りダンスは後者を指し,翅を上下に震動させながらぶるぶると尻を振って直進する成分(尻振り走行,waggle run)とぐるりと円を描いて元の位置に戻ってくる成分からなる。 出典:岡田龍一 つまり、大まかな距離をダンスの種類で伝えているということです。 また、より具体的な距離は以下の情報で伝えられているそうです。

次の