お 体 ご 自愛 ください と は。 【季節別】「くれぐれもご自愛ください」の意味と使い方|目上

「どうぞご自愛ください」の使い方・例文・「どうか」との違い

お 体 ご 自愛 ください と は

「お体に気をつけて」の意味 「お体に気をつけて」は他人の健康を気遣う言葉 「お体に気をつけて」は、 相手の健康を気遣う言葉です。 「気をつける」は「ある物事を心にかけること」を意味します。 「お体に気をつけて」は「体に注意を払ってほしい」「健康でいてほしい」という意味になります。 相手の体調を気遣ったり、健康を祈っている気持ちが込められています。 「お体」と「お身体」の違い 「お体」も「お身体」もどちらも「 おからだ」と読みます。 「体」は「頭から足まで、肉体全体」、「身体」は「肉体だけではなく、心も含めたもの」を意味します。 「体」は「肉体全般」を表していますが、「身体」は「 肉体だけではなく心」を表します。 「お身体」とすると、「心も体も」という意味になります。 細かい違いはありますが、ほとんど意味は同じです。 「体」でも「身体」でも大きな違いはありません。 どちらを使っても特に問題はありませんが、一般的には「お体」を使います。 「体調に気をつけて」との違い 「体」は「肉体」を意味しているのに対して、「体調」は「からだの具合、状態」を表します。 「お体に気をつけて」は相手を気遣ったり、健康を祈るために使う表現なのに対して、 「体調に気をつけて」は実際に体調を崩していたり、怪我をしている人を心配する場合に使う表現です。 「お体に気をつけて」は必ずしも相手が病気だったり怪我をしているという訳ではありませんが、「体調に気をつけて」は本当に体調を崩している人に使います。 ただ「お体に気をつけて」も「体調に気をつけて」も、相手の体を気遣う表現なので、同じように使われています。 「お体に気をつけて」の使い方と敬語 「お体に気をつけて」は上司などには使えるが丁寧さに欠ける 「お体に気をつけて」には丁寧を意味する接頭語「お」が就いているので、正しい敬語表現となります。 よって、「お体に気をつけて」は目上の人に対し使える表現です。 しかし、「お体に気をつけて」だけでは少しフランクな印象になってしまいます。 親しい上司などに対してはよいでしょうが、お客様や取引先に対しては、 ・お体に気をつけてください ・どうかお体に気をつけてください ・くれぐれもお体に気をつけてくださいませ などとより丁寧な表現を使いましょう。 「お体にお気をつけて」は二重敬語ではなく正しい敬語 「お体にお気をつけて」という表現は「お」が2回使われているので二重敬語ではないか?と思う方もいるかもしれませんが、正しい敬語になります。 二重敬語とは1つの動詞に対して同じ種類の敬語が複数かかってる状態を言います。 「お体」の「お」は丁寧語、「お気をつけて」の「お」は尊敬語です。 敬語の種類も違いますし、敬語がかかってる語も異なりますので、明らかに二重敬語にはあたりません。 「お体にお気をつけて」も正しい敬語表現となります。 「お体に気をつけて」は年賀状や手紙、メールの結びの言葉 「お体に気をつけて」は年賀状や手紙、メールにおいて結びの言葉として用います。 例えば、「お忙しいとは存じますが、お体に気をつけてください」などと、文末の締めの挨拶で使うことができます。 手紙だけではなく年賀状においても「お体に気をつけて、素晴らしい一年をお過ごしください」と使えます。 最後に 「お体に気をつけて」と入れることで、相手の体への配慮を示すことができます。 「お体に気をつけて」は春であっても冬であってもいつでも使うことができます。 「お体に気をつけて」の前後には、その季節に合った言葉や相手を気遣う表現を述べます。 例文 ・まだまだ寒い日が続きますので、お体に気をつけてお過ごしください。 ・今年もどうかお体に気をつけて、充実した一年をお過ごしください。 ・寒暖の差が激しいですが、くれぐれもお体に気をつけてくださいませ。 「お体に気をつけて」は退職や転職、異動する人に対しても使う 「お体に気をつけて」は退職や転職、異動する人に対して使うこともできます。 例えば、退職する人に「これからもお体に気をつけてください。 新天地でのご活躍をお祈り申し上げます」などと使います。 「お体に気をつけて」を使う場合は、体に気をつけなくてはいけない理由や、体に気をつけてどうしてほしいかなどを述べます。 そうすることで、相手の体調を気遣ったり、健康を祈ります。 体調を気遣うだけではなく、「これからも頑張ってください」と相手のことを応援している気持ちも込められます。 退職する人や、異動する人に対してのお別れの挨拶として「お体に気をつけて」を使う場合は、話し言葉として用いることができます。 手紙やメールにおいても使えます。 例文 ・これまで大変お世話になりました。 今後もお体に気を付けて頑張ってください。 ・これまでご指導いただき本当にありがとうございました。 くれぐれもお体に気をつけてお過ごしください。 お体に気をつけて、新天地でご活躍されますようお祈り申し上げます。 「お体に気をつけて」はお見舞いでは使わない 入院している方のお見舞いなど、すでに体調が悪い人・怪我をしている人に対して「お体に気をつけて」は使いません。 「お体に気をつけて」は、今後体調を崩さないように気遣う言葉です。 お見舞いの言葉には下記のような表現があります。 お見舞いの言葉の例 ・一日でも早いご回復をお祈りいたします ・ご無理をなさらず、くれぐれもご静養なさますようお願い申し上げます ・一日でも早く快方に向かわれますようお祈りいたします ・お体の回復を第一に、ご無理をなさらずご養生ください ・焦らず、この機会にゆっくりとご静養ください 「お体に気をつけて」に対する返信・返事 まずお礼を述べる 「お体に気をつけて」に対する返信・返事は、お礼を言ってから相手の健康を気遣う言葉を述べます。 「お体に気をつけて」を言われた場合、まず「 お気遣いありがとうございます」とお礼を述べます。 相手は自分のことを思って「お体に気をつけて」と言っているので、そのことに対して感謝の気持ちを述べるのが適します。 単に「ありがとうございます」と述べるよりも、「お気遣いありがとうございます」と言った方が、相手に対して感謝の気持ちが伝わりやすくなります。 その後に相手の健康を気遣う お礼を述べた後は、相手の健康を気遣う言葉を述べます。 「お体に気をつけて」の類語 ご自愛ください 「ご自愛ください」は「 ごじあいください」と読みます。 「ご自愛ください」は「 あなた自身の体を大事にしてください」という意味です。 「あまり無理しないでください」「健康でお元気にいてください」という意味合いが含まれている、相手の健康を気遣う表現です。 「〜なのでご自愛ください」「〜の折りご自愛ください」といった形で、手紙やメールの末尾で、相手の健康を気遣う結びの言葉として使われます。 「ご自愛ください」はいつでも使うことができる表現ですが、前後にその季節にあった言葉を入れる必要があります。 「ご慈愛ください」と表すのは間違いなので注意してください。 また「お体に気をつけて」と同様、すでに体調を崩している人には使えません。 例文 ・風邪が流行っているようですので、くれぐれもご自愛ください。 ・これからも暑い日が続きますので、体調を崩されませんようご自愛ください。 お体お大事になさってください 「お体大事になさってください」は「 体を大切にしてください」という意味です。 「お体お大事になさってください」は、体調を崩している相手を気遣う表現になります。 「怪我や病気が早く治るように祈っています」と健康を祈る気持ちが含まれています。 「お体お大事になさってください」は健康な人ではなく、病気の人や怪我をしている人など体調が悪い人に対してのみ使います。 病院などでも診察が終わった後、お医者さんが「お大事に」と声をかけてくれますよね。 「お大事に」だけでは丁寧さに欠けるので、「お大事になさってください」と省略せずに使います。 例文 ・入院されたと聞いて大変驚いております。 ご無理なさらず、お身体お大事になさってください。 ・ご病状はいかがでしょうか。 まだまだ寒い日が続きますが、お体お大事になさってください。 お体にはご留意ください 「ご留意ください」は「気に留めて欲しい、気にして欲しい」という意味です。 「留意」は「ある物事を気にかけて気を配ること」を意味します。 「ご留意ください」とすると「心にととどめて、気にかけてください」と相手にお願いする表現となります。 「お体にはご留意ください」は 健康を気に留めて欲しい、体調を気にして欲しい」という意味になります。 「お体にはご留意ください」は相手の健康を気遣います。 非常に丁寧な表現のため、目上の相手に対して使うことができます。 例文 ・季節の変わり目で暑い日が続いておりますので、くれぐれもお体にはご留意ください。 ・お忙しいとは存じますが、どうかお体にはご留意ください。 ご健勝をお祈り申し上げます 「ご健勝」は「 ごけんしょう」と読みます。 「ご健勝をお祈り申し上げます」は「 健康であることをお祈りします」という意味です。 「ご健勝」は「体調が優れていて、健やかであること」という意味で、相手の健康を気遣ったり願う言葉です。 「ご健勝お祈り申し上げます」は、手紙やメールの結びの言葉として用います。 個人の健康を気遣う言葉なので、企業や団体に対しては使うことができません。 例えば、「御社におかれましてはご健勝のこととお祈り申し上げます」と使うのは間違いです。 例文 ・皆様のますますのご活躍とご健勝をお祈り申し上げます。 今後とも何卒よろしくお願いいたします。 Please look after yourself. (イギリス英語) 「 Please look after yourself. 」という表現もあります。 これは主にイギリス英語で使われる表現で、米国ではあまり使われません。 Stay safe! 「Stay safe! 」という表現もあります。 この「stay」は「滞在する」という意味ではなく、形容詞と一緒に使い「 〜のままでいる」という意味です。 有名なフレーズに、スティーブ・ジョブズ氏の「Stay hungry. Stay foolish. (貪欲であれ。 馬鹿であれ)」がありますよね。 この「stay」も同じ用法です。 「hungry」「foolish」はともに形容詞です。 「Stay safe」の直訳は「安全であれ」で、「安静にしてください」というニュアンスになります。

次の

「ご自愛ください」の意味と使い方|ビジネスにて目上の人への使い方

お 体 ご 自愛 ください と は

たとえ形式的なこととは分かっていても 「寒さ厳しき折、ご自愛ください。 」 このような言葉が文末にあると、相手の気遣いがほんのり感じ取れます。 でも、こういう形式的な言葉ほど、バリエーションがほしいときはありませんか? 今日は、そんな時に便利な「ご自愛ください」文の作り方を伝授します。 そもそも「ご自愛ください」の意味は 「自愛」とは読んで字のごとし「自分を愛する」ことです。 つまり「ご自愛ください」とは「自分を愛してください」という意味です。 普段は仕事のことで頭がいっぱいの相手。 しかも私もこうして何かをお願いするようなメールや、何かを伝えるような手紙を送りつけている状態。 そういう相手に「お仕事や雑事に一生懸命でしょうが、自分のことも大事になさってください」という意味をこめて使います。 具体的には「ご自分の健康に留意してくださいね」「ご自分の体に気をつけてくださいね」ということです。 このように、相手を思う気持ちにあふれた言葉ですので、メールや手紙の結び部分で使用されるというわけです。 大前提1・病気の人に使うのはNG 「ご自愛ください」は、相手を思いやる言葉ですから、立場に関係なく使うことができます。 老若男女分け隔てなく使えますし、会社宛など、相手が複数いる場合にも使える便利な言葉です。 特に、相手をいたわる意味が強いので、同年代、同じ立場の人というより、年上の人、目上の人に積極的に使う傾向が見られます。 ところが、いくら「いたわる」と言っても、病気の人には使えません。 どちらかというと、もともと元気なことはお互い周知の上で、でも「その健康を崩さないよう、気をつけてくださいね」というような状態の時に使うものです。 ですから、病気の人、体調が良くない人に向けてはタブーな言葉です。 このような人たちには使わないように気をつけましょう。 大前提2・「お体ご自愛ください」は二重表現なのでNG もともと「自愛」には「自分の体を大切に」という意味がありますから、「お体にご自愛ください」は「お体に気をつけて自分のお体を大切に」のように二重の意味になってしまいます。 これは「頭痛が痛い」と同じです。 言葉に気をつけている方や、年配の方の中には、とても気になるという人もいるので注意しましょう。 大前提3・よくある誤変換「慈愛」にも注意 パソコンなどで入力する場合、文字の自動変換にも注意です。 さすがに「ごじあいください」で「慈愛」は出ませんが、何かのきっかけで「じあい」だけを打ち直す場合、「慈愛」が出てくる時もあるので注意しましょう。 「慈愛」は「慈 いつく しみを注 そそ いでかわいがる愛」です。 それを「ください」ですから「あなたの愛をください」という意味になり、「ご自愛ください」とは全く逆の意味になります。 注意しましょう。 正解!「ご自愛ください」の使い方のコツ さて、本題です、この「ご自愛ください」はワンパターンになりがちです。 それを打破する為には、次の方法が便利です。 それは 「マイナスイメージのある時候の言葉」を利用する方法。 時候の挨拶に付ける季語がそのまま使える方法です。 時候の言葉というのは、例えば1月なら「新春の候」「厳寒の候」「寒さ厳しき折」という言葉です。 そのうちマイナスイメージのある言葉、例えば「厳寒の候」や「寒さ厳しき折」などを「ご自愛ください」に付けます。 ただ付けるのではなく、理由も付けます。 先ほどの1月の例で言えば• 厳寒の候、お風邪など召されませんよう、ご自愛ください。 寒さ厳しき折、体調を崩されませぬよう、ご自愛ください。 こんな感じです。 また「理由」を付けずにシンプルにしたい場合は「どうぞ」という言葉が便利です。 厳寒の候、どうぞご自愛ください。 寒さ厳しき折、どうぞご自愛ください。 時候の言葉は、ネット検索でも出てきますし、Wordなどでは「挿入」「あいさつ文」で出てきます。 便利な世の中になりました。 その中から少しマイナスイメージのある言葉を選ぶと良いでしょう。 「気をつけて」という気持ちにつながるからです。 また、その季節独特の「本格的な冬がやってまいりました。 」「風邪が流行っております」などの言葉を入れるとぐっと良くなりますね。 季節ごとのポイント 春 3、4、5月 天気が変わりやすい時期、冬に逆戻りをする日もあります。 春とは言え、まだ寒い日もございます、どうぞご自愛ください。 冬の名残もまだ去りやらぬころ、どうぞご自愛ください。 軽暖の候、どうぞご自愛ください。 夏 6、7、8月 梅雨、蒸し暑さ、酷暑など、健康に気遣う要素が増える季節です。 向暑のみぎり、どうぞご自愛ください。 暑さが厳しくなってまいりました。 どうぞご自愛ください。 酷暑の候、どうぞご自愛ください。 残暑厳しき折、どうぞご自愛ください。 厳しい暑さが続きますが、どうぞご自愛ください。 秋 9、10、11月 残暑が残り、夏の疲れが出ます。 また、季節の変わり目でもありますし、寒くもなります。 季節の変わり目、どうぞご自愛ください。 だんだんと寒くなって参りました。 どうぞご自愛ください。 氷雨の候、どうぞご自愛ください。 冬 12、1、2月 本格的に寒くなってきます。 体調を崩しやすく、風邪が流行ります。 心せわしい年の暮れですが、どうぞご自愛ください。 寒さ厳しき折、どうぞご自愛ください。 余寒なお厳しき折、どうぞご自愛ください。 「ご自愛ください」の言い換え 何通も送っている場合、ワンパターンのように感じてしまう場合もあります。 ほとんどこちらの思い過ごしですが、それでもパターンを変えたい場合は、「ご自愛ください」の代わりに同じ意味の言葉を使ってみるのも良いでしょう。 お体お気を付けください。 お体を大事になさってください。 ご健康を心よりお祈り申し上げます。 お疲れが出ませんよう、お体をお労りください。 お体をおいといくださいませ。 「ご自愛ください」は相手をいたわる気持ちが伝わる言葉です。 そして「終わりよければすべてよし」の言葉にあるとおり、メールや手紙の結びの部分にある言葉は、強く印象に残ります。 こつをつかんで、是非、積極的に使ってくださいね。

次の

「ご自愛くださいませ」の意味と使い方・目上の人に使って良いか

お 体 ご 自愛 ください と は

回復を願う• 一日も早いご回復を心よりお祈り致しております。 一日も早く怪我(病気)から回復されることをお祈り申し上げます。 一日も早く職場に復帰されることをお祈り申し上げます。 どうか焦らず、じっくりと治療に専念してください。 ゆっくりご静養ください。 この機会に体を休めてください。 仕事のことは忘れて、ご静養に専心されてください。 相手がちょっとした体調不良で休んだ場合は、「病気(怪我)の具合はいかがですか?」「その後の容態(具合)はいかがですか?」など状態をケースもあります。 しかし、 相手が重病・重症で休んでいる場合は具合を聞くことで辛く感じさせてしまう可能性があるので、避けたほうがいいでしょう。• 秋の長雨が続いております。 風邪など召されませぬよう、 何卒ご自愛のほどお願い申し上げます。 向寒の折柄、 何卒ご自愛のほどお願い申し上げます。 次は季節ごとに使える、「ご自愛ください」の例文を解説します。 4.「季節柄ご自愛ください」の季節別例文集 「ご自愛ください」は年賀状や暑中見舞い、残暑見舞いによく使われる表現ですが、 1年通して使うことができます。 「ご自愛ください」の前につける理由や時候の挨拶によって使い回しが可能です。 季節の暦は昔のものでも現代のものでも、どちらを使っても間違いではありません。 手紙で季節の話をする場合は暦の季節を使いますが、現代の暦(気象庁の定義)を使う人も増えているからです。 まずは春夏秋冬の暦の定義と、時候の挨拶を表で確認しておきましょう。 春もたけなわの頃となりました• 風薫る季節となりました• 暑中お見舞い申し上げます• 残暑お見舞い申し上げます• いよいよ秋も深まって• 朝晩はめっきり寒くなって参りました• 寒中お見舞い申し上げます• 立春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続いております• 寒さの中に春の気配を感じる頃となりました 立春、立夏、立秋、立冬は年によって日にちが1〜2日変わりますが、大体の目安は以下のようになっています。 年末に近づき仕事も一段と忙しくなる時期かと思いますが、くれぐれも ご自愛ください。 (11月)• あわただしい年の暮れ、くれぐれも ご自愛ください。 (12月)• 寒さひとしお厳しき折、何卒 ご自愛ください。 (1月)• 三寒四温の時節柄、どうか ご自愛ください。 「治療に専念して早く良くなってください」「病気が悪化しませんように」といった相手の健康状態を気遣い、体調の回復を願う言葉です。 親しい間柄なら「お大事に」だけでもいいですが、目上の人に対しては「お大事になさってください」と丁寧に言うようにしましょう。 時期柄、大変ご多忙と存じますので、どうぞお体を お労わりください。 残暑厳しい折、どうぞお体を お労わりください。 おいといください 「おいといください」は漢字で「お厭(いと)いください」と書きます。 「厭う」は「大事にする」「労わる」などの意味があるので、「おいといください」で 「体を大事にしてください、労ってください」というになります。 「厭う」には「嫌う」「避ける」という意味もあって紛らわしいので、相手の健康を気遣うときに使う場合は、「おいといください」とひらがな表記するのが一般的です。 相手の体を気遣う気持ちが強い表現ですが、 あまり使われない言葉なので使うなら「お労わりください」のほうが妥当でしょう。

次の