ウーバーイーツ 原付 レンタル。 Uber Eats(ウーバーイーツ)配達バッグの返却方法!デポジットは返金される?

副業に最適!Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の登録方法

ウーバーイーツ 原付 レンタル

Contents• 自転車で始めることも可能ですが、免許を持っている人だと手持ちのバイクやレンタルバイクの利用を検討したことがある人もいるかもしれません。 Uber Eatsでは自転車はもちろん、お手持ちの125cc以下の原付バイクを利用して配達することが可能となっています。 Uber Eatsのシステムが自転車配送に最適化されているためだと思われます。 加えて、料理が冷めたりクレームの元となるので、わざわざ自転車パートナーにエリアの端から端までのオーダーを発信することは考えにくいのです。 とはいえ、原付バイクによる時短の有効性や、稼働範囲が広ければ広いほどオーダーが入りやすいのは間違いないハズ。 しかし報酬はあまり変わらないとの報告も・・・ その原因は自転車と原付で異なる配達マッチング 配達や新聞、多くのデリバリーサービスが自転車ではなくバイク(原付)を採用していることから、Uber Eatsの配達においてもバイクが最強なのでは?という声も出てきそうなところではありますが、 自転車と原付・バイクの稼げる額の違い ぼくは自転車 ドコモバイクシェア の経験しかないですが、 ほかの配達員の方々のレポートをみる限り稼げる額に違いはあまりないようです。 自転車登録の配達員と原付登録の配達員ではシステムから振られる注文が異なり、 原付は長距離のピック お店に料理を取りに行く ・ドロップ お客さんに届けに行く が多いようです。 引用: 自転車ユーザーは近距離、バイク(原付)所持者は遠距離に割り振られやすいといった、いわゆるマッチングシステムの調整によって• 自転車ユーザーは近距離オーダーを多く受けれる• バイク(原付)ユーザーは配達距離が長くなるぶん報酬単価が高くなる という風に、そこまで大きな差が生まれないような仕組みとなっているようです。 ただし原付バイクの配達が快適であることには変わりない 自転車、原付の報酬差が少ないとはいっても、エンジンを搭載した原付バイクはやはり快適。 夏場に坂道でペダルをこぐ必要もなく、保険や税金、燃費やメンテナンス費用といった各種ランニングコストも、自動車や中型バイクほど高いものではありません。 グリップヒーターを装着したり、電源を引っ張ってきたり、やろうと思えばいくらでも快適化できるのも原付バイクの強みでしょう。 ルーフキットを装着すれば雨天でも活動しやすく、まさに鬼に金棒。 50ccであれば自転車なみに取り回しも容易です。 バイク 原付 の排気量・車両タイプについて 配達ではどのような車両が使えますか? 「自転車」もしくは「125CC 以下の原付バイク」を、Uber Eats の配達パートナーアカウントにご登録いただけます。 尚、アカウントに登録されていない車両にて配達を行った場合は、アカウントへのアクセスが制限される場合があります。 引用: Uber Eatsで利用できるバイクは排気量125cc以下であれば、どのようなモデルでも問題ないようですが、操作の簡潔さや装備の利便性からスクータータイプの利用率が高いようですね。 以下では原付・原二の免許や車両タイプについて見てみましょう。 スクーター スクーターはUber Eatsでもっとも活用されているタイプではないでしょうか。 その理由はいくつか考えられますが、変速操作が不要、パワーがある、そして何よりシート下に大容量のメットインスペースが存在する点で支持されているものと思われます。 ルーフ(屋根)キットがオプションに用意されている車種もジャイロキャノピーやギア、トリシティといった多くはスクーターモデルであり、PCXのような人気車種であれば社外ルーフキットを見つけることも簡単です。 カブ(ビジネスバイク) カブはHONDAの商標であり、厳密にはビジネスバイクと呼ばれるタイプです。 出力は50ccで3馬力程度と抑えられていますが、エンジンがとにかく頑強でメンテナンスしやすく、燃費もカテゴリトップの数値をたたき出します。 デメリットを挙げるなら変速操作(チェンジペダル)の煩雑さ、若干のパワー不足といったところでしょうか。 スポーツタイプ・その他 レーシーなものからストリートスポーツ(ネイキッドやクラシック)、オフロード系など、手持ちのバイク(原付)をUber Eatsで利用する、という選択ももちろんOKです。 多くはチェンジペダルに加えてクラッチ操作も必要となりますが、十分に活用できるハズ。 ただしレプリカモデルのようなあまり前傾姿勢の強いモデルだとUber Eatsバッグ(中の商品)が傾いてしまうこともあるため、その点には注意が必要です。 バイク(原付)免許について 排気量50cc以下の免許 いわゆる原動機付き自転車、原付や原チャリと呼ばれる排気量区分です。 排気量50cc以下の原付については普通自動車の免許か原動機付き自転車免許(いわゆる原付免許)以上の二輪免許があれば運転可能です。 普通自動車免許の取得時に付与されるため多くの人が運転可能であったり、 未取得でも20,000円ほどあれば即日入手可能なため、Uber Eatsでのバイク(原付)利用であればこれだけで十分事足ります。 原二に対しては車両価格が安い、軽量コンパクトで取り回しやすい、通行区分で優遇されていたり細い路地でも乗り入れやUターンが容易といったメリットがあります。 自宅マンションで保管の際も、50cc以下であれば自転車置き場に駐輪可能、といったところも多いですね。 排気量51~125cc以下の免許 こちらは原付二種、いわゆる原二と呼ばれるカテゴリで、51~90ccまでが黄色ナンバー、91~125ccまでがピンク色のナンバーを装着します。 維持費・出費について バイク(原付)は自転車と異なり、所持するたけで多少なりとも費用が掛かるものです。 具体的には車両購入代金のほか、 ・保険(強制保険、任意保険) ・自動車税 ・燃料代、メンテナンス(タイヤやオイル)費用 このあたりも支出として念頭に置いておきましょう。 保険について 強制保険(自賠責保険)• 125cc以下で年間7,500円(2018年)と原付、原二ともに共通価格 強制保険、いわゆる自賠責保険は車両を運行する上で必ず加入しなければいけない保険です。 任意保険• 自動車を持っておらず、原付原二がはじめての車両だという方は、最低でも対人・対物無制限の任意保険に加入すべきです。 任意保険では年齢や免許種類によって金額が大きく変わりますが、高くて(18歳以上、免許色ブルー)年間20,000~40,000円程度、ファミリーバイク特約であれば年間10,000円程度で済みます。 自動車税について• 燃料代、メンテナンス費用• オイル交換やプラグ清掃といった簡単なメンテナンス術は習得しておきたいところです。 費用に見合う稼ぎがあれば選択肢としても十分アリでしょう。 帝都産業 画像引用: 関東近郊限定ですがこちらの帝都産業では月額16,000円から原付がリース可能であり、Uber Eats利用者であれば2,000円引きで対応してくださるようです。 bestbike 画像引用: こちらも1ヶ月単位でのバイクリースが可能です。 価格は16,200円(50cc)から。 まとめ 結論としては、現行のマッチングシステムだと自転車とバイク(原付)の稼ぎの違いをあまり気にする必要は無さそうで、体力に自信が無かったり、快適性を重視する点で導入を検討されている方が多いようですね。 Uber Eats配達パートナーで稼ぐために新車でバイクを購入するというのも考えものですが、私自身がバイクファンということもあって、通勤や通学、趣味での利用を見越して購入するぶんには全然アリなのかなと思うところです。 あるいは中古車の価格もだいぶ落ち着いているようなので、駐車場所さえ確保できれば、しっかり稼ぐ心意気で中古車を選択する、というのも悪くなさそうです。 実家や親戚の家に使われていないバイク(原付)があれば儲けもの。 ぜひお手入れをして、Uber Eatsで活用されてみてください。 また、 Uber Eats配達パートナーをはじめてみよう!と思った方は、下記の公式募集ページへ進んでみましょう。

次の

【バイク】Uber Eats配達パートナー/副業のバイク・原付配達まとめ。稼げるか・やり方・排気量やタイプなどまとめ|副業手帳

ウーバーイーツ 原付 レンタル

登録可能なバイク 排気量125cc以下の原付バイク(白、黄、ピンク、青ナンバーで登録可能)、 及び、排気量125cc以上のバイク(事業用緑ナンバーで登録可能)。 原付バイクは最大2台まで登録可能。 バイクの種類は問われないが、派手に改造されたバイクや、音のうるさいバイクは避けるべき。 250ccなど、排気量が125ccを超えるバイクは注意 日本の法律では「 運賃をもらって他人の依頼でモノを運ぶ」場合、排気量125ccを超える二輪車は 貨物軽自動車運送事業という区分になり住所を管轄する運輸支局輸送窓口に届け出を出さなければなりません(個人、法人問わず)。 貨物自動車運送事業法より抜粋 第2条第4号 「貨物軽自動車運送事業」とは、他人の需要に応じ、有償で、自動車(三輪以上の軽自動車及び二輪の自動車に限る。 )を使用して貨物を運送する事業をいう。 第36条 貨物軽自動車運送事業を経営しようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、営業所の名称及び位置、事業用自動車の概要その他の事項を国土交通大臣に届け出なければならない。 当該届出をした者(以下「貨物軽自動車運送事業者」という。 )が届出をした事項を変更しようとするときも、同様とする。 自家用ナンバーのまま配達を行うことは違法行為となりますので注意してください。 125cc以下の原付バイクには規制がありませんので、届け出の必要はありません。 登録後の車両変更 自転車登録を行い後からバイク登録に変更することも、またその逆も可能。 から登録車両の変更を行うことができます。 自転車とバイクどっちがおすすめ? 自転車とバイクのメリットとデメリット、またそれぞれの維持費を比較し、あなたにあった車両を選びましょう。 それぞれのメリットとデメリット 自転車のメリット• 短距離配達の配達依頼を受けやすく、配達数を稼ぎやすい• ダイエット効果• 原付が進入できない小道や補助標識付の一方通行道路が走行可能で近道が容易• 道を間違っても小回りが利くので、Uターン、方向転換が容易で時間ロスが少ない• 歩行者天国でも車両を押して歩くのが容易• 車両のメンテナンス費用が原付に比べ安価• 急なパンクなども自転車屋で、その日のうちに修理が容易• ガソリン代がかからない 自転車のデメリット• 体力が必要、体力に自信のない人には結構きつい• 風の影響を強く受けるため、風が強い日は注意と体力が必要 バイクのメリット• 長距離配達の配達依頼を受けやすいため、1配達当たりの単価が高くなりやすい• 体力に自信のない人でも長時間続けられる• 2km以上の配達であれば、原付バイクのほうが配達スピードが速い• 屋根付きの車両であれば、多少雨が降っても濡れずらい• 風の影響を受けにくく、強い逆風でもアクセルを回せば進む バイクのデメリット• 道を間違うと、修正がむずかしく時間ロスが多い• 渋滞時の時間ロスが多い• 歩行者天国で車両を押して歩くのが大変• 車両のメンテナンス費用が高価• うっかりで交通違反を犯してしまうリスクが高い• ガソリン代がかかる• 急なパンクなどバイク屋で、その日のうちに修理がむずかしい 自転車とバイクの維持費を比較 2年間で20,000km走行した場合の維持費の比較ですが、おおよその維持費ですので使用する車両により変わります。 配達エリアによりますが、東京エリアで6,000回の配達だとおおよそ400~450万円位の配達報酬になることが予想されます。 自転車とバイクおすすめの結論• 自転車よりもバイクのほうがデメリットが多いため自転車がオススメ• バイクの維持費は自転車の4倍以上、費用面からみても自転車が有利• 体力に自信が無い、バイク好きなどは費用面に問題が無ければバイクがオススメ 自転車とバイクの稼げる金額の違いは? 自転車とバイクは一概にどちらの方が稼げるというのは稼働するエリアによると思います。 なんでかというと、自転車のほうが有利なエリアとバイクのほうが有利なエリアがあるからです。 バイクのほうが稼げると思われがちですが、エリアによってはそうでないこともあります。 例えば川崎エリア配達パートナーの例 下記の表をご覧ください。 この表は自転車配達とバイク配達の時給を比較したのもです。 これは、配達パートナーがメインで待機している川崎・元住吉エリアの特徴が原因と言えます。 川崎・元住吉エリアの特徴• 駅から100m以内に加盟店が密集し、線路をまたいで東西に分布している(赤い点が加盟店)ため行き来するには踏切を渡る必要がある• 線路を渡る道路は一方通行(青い矢印)のため、東側から西側に行くにはバイクだとぐるっと回らなければならない• 一方通行部分は線路をまたぐ大きな商店街になっており、通勤&帰宅時間帯と土日祝日は歩行者で混雑するためバイクで進むのは困難 東京で世帯数が最も多い世田谷区の桜新町駅で、片側一車線の道路沿いにマクドナルドやケンタッキーフライドチキン、松屋などの大手チェーン店がひしめいています。 また、桜新町駅は東急田園都市線の地下区間のため踏切が無く通行が非常にスムーズな為、バイク配達パートナーに人気のエリアで、通りかかると路肩で待機している配達パートナーの姿をよく目にします。 配達車両による金額の違いの結論• どっちのほうが稼げるかはエリア次第• 自転車登録の配達パートナーはバイクで不利なエリアを探すこと• バイク登録の配達パートナー条件の良いエリアを探すこと 自転車とバイクのおすすめ車種 クロスバイク クロスバイクはロードバイクとマウンテンバイクの中間的な存在で、スポーツタイプの車体の中でも初心者が乗りやすいのが特徴です。 ロードバイクほど前傾姿勢にならないので、 背負った配達バックが斜めになりずらいのでおすすめです。 クロスバイクのおすすめ車種 CHRYS クライス 価格 26,800円~ おすすめポイント ・ブレーキの効きが良く、安心して走行することができるVブレーキ ・突然の雨でも配達バッグを守ってくれる泥除け ・配達バッグを積載可能なフロントキャリア(別途パーツが必要) ロードバイク とにかく 圧倒的なスピードが特徴です。 スポーツタイプの車体の中では間違いなくトップのロードバイクは自転車とは違った乗り物に乗っているかのような感覚が魅力です。 車体の軽さと、タイヤと道路の接地面積の狭さ(タイヤ幅が細いため)で、さほど 脚力の無い人でもペダルを踏めばすいすい進みます。 3時間以上配達を行うなら断然ロードバイクが疲れないのでおすすめです。 ロードバイクのおすすめ車種 ブリヂストン(BRIDGESTONE) CYLVA D16 価格 84,821円~ おすすめポイント ・ハンドルバー部分を握った状態でもブレーキがかけられる、配達バッグに商品が入っているときはバー部分を握って垂直姿勢を保ち、入っていないときはドロップ部分を握って前傾姿勢に出来るなどの使い分けができる ・11. 5kgと軽量 ・上り坂も楽々な16段変速 原付バイク Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを本業として始めるなら、断然原付バイクがおすすめです。 ロードバイクでも5時間以上乗ると、股が痛くなったり、前傾姿勢で手に体重がかかるため手が痛くなります。 また、自転車はサスペンションが無いため振動が直で体に響き、これが蓄積されると疲れにつながります。 原付バイクはショックの吸収に優れているので疲れにくいです。 毎日5時間以上配達を行う場合は原付バイクがおすすめです。 原付バイクのおすすめ車種 HONDA ジャイロキャノピー 価格 新車価格560,520円~ 中古相場150,000~500,000円 おすすめポイント ・しっかりメンテナンスを行えば5万キロくらいは平気で走れるほどエンジンが丈夫 ・後ろタイヤが2輪なので横滑りや転倒しずらい ・屋根付きで多少の雨なら濡れずらい ・リアボックスを付ければ原付トップクラスの積載量 レンタル車両で配達 自転車とバイクともに車両のレンタルサービスを提供している会社からレンタルし、配達を行うことも可能。 レンタルの際にウーバーイーツの ページから申し込みを行えば配達パートナー価格でレンタルすることができます。 車両を持っていない、遠方で勤務可能エリアまで乗って移動することが出来ないなどの事情がある場合は、自分に合った車両のレンタルを検討することをお勧めします。 主な自転車レンタルサービス ドコモ・バイクシェア 月額 4,000円 都内約350ポート、約4,500台の電動アシスト自転車が使いたい放題で利用可能な 、自転車の色から「通称=赤チャリ」と呼ばれています。 アシスト付き電動自転車がレンタル可能で、多くのUber Eats配達パートナーが利用するサービス。 COGICOGI リース 月額 4,000円 電動アシスト自転車を1台まるごと所有でき使いたい放題の 、空き状況の心配が無く、駐輪場に折りたたみのものであれば、配達用バックを置いたままにすることも出来るのがうれしいですね。 うばいつレンタサイクル 月額 無料(レンタル期間3週間のみ) これからUber Eatsを始められる方限定の当ブログ独自プラン。 電動アシスト付き自転車を期間限定でまるごと1台所有でき、納車&引取りも無料で当ブログが代行するプランです。 詳しくは「 」をご確認ください。 主な原付バイクレンタルサービス 帝都産業 月額 16,000円~ こちらもUber Eats配達パートナー御用達の レンタルサービス。 自転車レンタルも行っているのでこちらも検討する価値あり。 本編に戻る この記事は「Uber Eats配達パートナーの教科書」の別紙(別記事)です。 本編をご覧になりたい方は下記からご覧ください。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)自転車とバイクのおすすめと稼げる金額の違いを解説│うばいつ

ウーバーイーツ 原付 レンタル

レンタルもOKですがナンバープレートの登録は必要です。 大型バイクは事業用登録する必要があります 250ccなど125cc越の大型二輪の場合は事業用登録されている必要があります。 あらかじめ運輸支局輸送窓口で緑ナンバー取得するなどの諸手続きが必要です。 ウーバーイーツをバイクで行うメリット 長距離の配達が楽 バイクなら長距離の配達が多くても楽です。 報酬の一部は距離によって決まるので1件で稼ぐ額自体は増えると言えると思います。 報酬の数字ついてはこちらの記事に書いています。 疲れが残りにくい 疲れにくいので長時間・連日こなすのも自転車より苦じゃないです。 ただずっと座ってるので腰が痛くなったりはするのはあると思います。 乗った場所から始められる 都心まで電車で移動しなくても家から走り始めればいいという手軽さがあると思います。 電車の交通費や時間はかからないで済みます。 コンビニでも購入できますがネットでも購入可能です。 任意保険もあった方がベターです バイク保険(任意保険)もウーバーイーツをやる場合はあった方がベターだと思います。 年齢や補償内容や選んだ会社などにより金額が異なりますが、125cc以下だと年間2-3万円くらいが多いです。 統計的にバイクの事故件数は多いです 特に東京都内では二輪車の交通事故による死者数が多い(平成30年中)ので注意が必要です。 平成30年中の二輪車乗車中の死者のうち40. 9パーセントで事故時にヘルメットが脱落していたとのことです。 ヘルメットのあごひもをしっかり締めるなど気をつけたいポイントです。 ウーバーイーツのバイクの駐車する場所 レストランや注文者のコメントで駐車する場所について指定がある場合もたまにあります。 迷惑にならない場所に停めましょう。 ウーバーイーツのバイクの変更の手続きについて 車両を変更する際はパートナセンターで手続きします。 ウーバーイーツのバイクを理解したら次にすべきこと【便利グッズで工夫・始めるための行動】 ウーバーイーツのバイクでの経費 バイクの場合に別途かかる経費は次のものがあると思います。 バイクの場合は自転車よりも雨の当たる強さが強くなるので、レインスーツの中でも耐水圧性能が高いものがおすすめです。 雨の日の装備についてこちらの記事に書いています。 現金を扱う人は小銭を入れるグッズがあると便利です。 その他にも日焼け止めなどは自転車の場合と共通して準備するといいと思います。 ウーバーイーツでのバイクの荷台でのポイント 背負う場合も荷台にくくりつける場合も、自転車と同様にバッグの中で中身が揺れない工夫がまず大事になってくると思います。 ウーバーイーツにバイクで登録する手順はこちらです ウーバーイーツの配達を登録してやってみようかなと思った方はまずはこちら。 登録に必要な免許証やナンバープレートの写真・自賠責保険の証明書などの書類系についてはこちらの記事で解説しています。 というわけで今回は以上です。 自転車に比べて疲れにくいのでたくさん配達できそうです。 関連記事 関連記事 -,.

次の