データ 移行 android。 AndroidスマホのBluetoothを使ってデータ移行する方法

機種変更後のAndroidへLineデータの移行方法|AQUOS:シャープ

データ 移行 android

AndroidからAndroidへデータを移行する方法 AndroidのスマートフォンはiPhoneと違い沢山の会社が開発しています。 そのため、複数のAndroidのスマートフォンを所持している方もいます。 そんな方の中にはそんな沢山もってるAndroidのスマートフォンを買い替え、機種変更して使用している人も中にはいると思います。 例えば今月はギャラクシーで来月はエクスペリアというふうに使い分けしているという事もあると思います。 そんな中、求められるのがAndroid同士の機種変更のデータ移行です。 Android同士の場合、Googleアカウントで連絡先やブックマークなどのデータを管理していれば移行が簡単だが、端末に保存している場合やまたは写真・音楽といったデータの移行はちょっと面倒だ。 これが出来なければ携帯の使い分けはスムーズに行かないのです。 そんな方にお勧めのAndroidデータ移行ソフトがあります。 それはWondershareのAndroidデータ移行ソフト です。 このAndroidデータ移行ソフトがあるとアンドロイドスマートフォンに記録されている連絡先、SMS、通話履歴、アプリ、写真、音楽やビデオを全て移行や転送できるのです。 『Mobileデータ移行 Win版 』は開発終了とアップデート終了になっておるから、代替ソフトをすすめです。 スマホのデータを他のスマホに移行できます。 使用方法がとても簡単です。 アンドロイド(Android)同士のデータ移行の操作方法はとても簡単! しかも高品質なので、データを完全な状態で移行する事が出来るのです。 そしてこれが一番の特徴になるのですが、Android機同士でアプリの転送も可能なのです。 つまりアプリケーションの移行も可能なのです。 そのため、Android携帯の状態を丸ごと移行する事が出来るのです。 Android携帯を機種変更としても全くそのような感じがしないのです。 これだけ便利なので、Android機種変更も楽しくなります。 操作方法ですが、Android携帯をパソコンに接続して、移行するデータを選択して、移行するだけの1クリックで対応ができるのです。 本当に簡単です。 初心者でも使用できるように親切なインターフェイスがサポートしてくれるのです。 のマニュアル等を読まなくてもすぐに作業を行える環境になっているので、時間の短縮にも繋げることが出来ます。 この様にAndroid同士の機種変のデータ移行をサポートしてくれる万能ソフトなのです。 私も使用していますが、Android同士の機種変更を専門店に頼まなくても完璧に出来るので凄く便利さを感じています。 何より社会生活で忙しい私にとっては作業時間が短く、高品質なシステムは凄くありがたく、頻繁に利用させて頂いています。 ここまで、元の状態を保ったままデータの移行が出来るソフトは少なく、このAndroidデータ移行ソフトの特徴を言ってもいいくらい素晴らしいです。 対応機種はAndroidを含め2000種類超の機種に対応しているので、どの機種からの変更でも安心して機種変更が出来ます。 是非Android同士の機種変を行っている人を初め、これ方Androidに乗り換えようとしている方は体感して見て見る事をお勧めします。

次の

【Android】バックアップをPCでとる方法!スマホのデータ移行する方法は?

データ 移行 android

Androidスマホのデータ移行方法には、赤外線通信、micro SDカードによる移行、パソコンを経由した方法、クラウドサービス、バックアップアプリを使った方法などさまざまな方法があります。 この記事では、簡単で便利に使える「Bluetooth(ブルートゥース)」を使ったデータ移行方法を解説していきます。 Bluetoothは、どちらかと言うとイヤホンやスピーカー、カーナビなどBluetooth機器と接続して利用できることで知られていますが、意外とデータの送受信ができることは知られていません。 一度覚えてしまえば簡単にデータを移せて、非常に便利な機能です。 是非この機会に使い方を覚えておきましょう! 目次• Bluetoothによるデータ移行について Bluetoothを使ったデータ転送は、ケーブルやmicro SDカードなどのような特別な機器は必要とせず、ワイヤレスで連絡先や写真、動画などのデータを簡単に送ることができます。 インターネットに繋がっていなくてもデータの送受信ができるので、機種変更後に旧機種から新しい機種に必要なデータを移したい時などにも活躍します。 操作方法はとても簡単。 赤外線を利用するように、スマホの赤外線ポートと赤外線ポートをデータ移行が完了するまで合わせておく必要もありません。 近くに置いておくだけでOK! Bluetoothの規格にもよりますが、多くは10m以内であればデータの移行可能。 データ移行中は認識できる範囲内にいればデータの送受信が行われます。 データ移行をするための条件 当然ながら、2台の端末がBluetoothに対応していることが前提条件です。 とはいえ、赤外線と違ってAndroidスマホであれば、ほとんどの機種で対応しています。 送受信できるデータファイル 送受信できるデータは、利用している端末などで対応しているかどうかではありますが、多くは、連絡先、写真、動画、音声データ、WEBサイト、Playストアのアプリの詳細画面(ダウンロードページ)などさまざなデータの送受信に対応しています。 連絡先の一括送信や写真や動画などのメディアデータの複数送信にも対応している機種も多く、連絡先や写真をまとめて送信するときにも便利です。 ただし、データが多い場合は、micro SDカードやパソコン経由での移行がおすすめ。 ガラケーとBluetoothでデータ転送できるのか? Android間のデータ移行と同じように両方の端末で対応していれば、データを移行させることができます。 例えば、ガラケーからAndroidスマホに電話帳を移したいとき、スマホが赤外線が対応していないという時は、Bluetoothを使うというのもひとつの手です。 iPhoneとBluetoothでデータ転送はできるのか? iPhoneやiPadは、Bluetoothには対応していますが、他のデバイス間とのデータ送受信については、サポートされていません。 iPhoneのデータを受け取りたい時や送りたい時は、クラウドサービスやメールでの送受信など別の方法を利用してください。 iOSデバイスには「Air Drop」というWi-FiとBluetooth機能を使ってデータのやり取りを行う機能が用意されています。 これは、Androidとは使えません。 Bluetoothを使ったデータ送受信のやり方 データの送信、受信を行う2台を準備してください。 下記の要領に沿って、データを受け取る側、データを送る側でそれぞれの操作を行ってください。 どのAndroidも似た操作でできますが、利用する機種やOSバージョンによって、操作方法や画面表示が異なる場合があります。 データの受け取り方 データを受信する側の端末の操作です。 データの送信を「承諾(許可)」するとダウンロードが開始します。 (通知は、ステータスバーを下ろし通知領域を見て確認できます。 と通知されたら完了です。 受信したデータを確認してください。 デバイスが検出されない場合は更新して再検索してください。 (注:受信する側のBluetooth設定が周囲に表示しないような設定になっていると、送信する側の端末上に受信する側の端末名が表示しません。 Wi-FiとBluetoothが電波干渉することもあります。 もう一度やり直してみてください。 ・受信の端末でサポートされていないデータの場合は受信できません。 どうしても、データを送受信できないという場合は、Bluetoothによるデータ移行にこだわる必要はありません。 別の方法を試してみましょう。

次の

誰にでもできる!AndroidからAndroidへのデータ移行方法

データ 移行 android

筆者の機種変更を例に挙げると、写真データはクラウド保管、電話番号はGoogleアカウントに紐づけ、アプリは新しいスマホでGoogleアカウントにログインして必要なアプリだけ再インストールするというスタイルで機種変更を行っています。 (有料アプリも同じGoogleアカウントでログインすれば無料で再インストール可能)そのため、スマホを機種変更するときは、LINEアカウントの引き継ぎのみ行っています。 LINEはプライベートだけでなく、ビジネスでも使われるので、機種変更に伴いアカウントやトーク履歴のデータが消えてしまうと困ります。 LINEの引き継ぎ設定で引き継げるのは、アカウント情報とトーク履歴です。 スタンプや着せ替えなどは再度ダウンロードすれば使えるようになるので安心してくださいね。 写真データの移行 Androidスマホに保存してある写真は、 Android OSのバックアップ機能ではバックアップできません。 そのため、機種変更後も写真を引き継ぎたい場合は、写真のデータを移行しておく必要があります。 写真のデータを移行する方法として、 Googleフォトライブラリーを利用する方法。 Google Driveを使用する方法の2つがあります。 どちらもGoogleアカウントと連携しているため、スマホ端末に関係なくずっと保存できますよ。 Googleのサービスを上手に活用して、写真のデータ移行も済ましておきましょう。 アプリ内の機能で移行する方法• 専用のバックアップアプリで移行する方法 人気が高いバックアップアプリの 「JSバックアップ」で簡単に以降できます。 JSバックアップを使用すればAndroidスマホの中身を丸ごとバックアップすることが可能です。 利用者数が多いドコモとの連携も行っている大人気アプリです。 JSバックアップをインストールして簡単にデータを移行しましょう。 スマホゲームは、アプリ内の機能を使って移行しないとデータが消えてしまう可能性があります。 これまでの功績が一気に水の泡となってしまっては元も子もありません。 そのため、データの移行を忘れずにしておきましょう。 特にセーブデータが残るゲームアプリは、機種変更前にアプリ内で引き継ぎ設定をする必要がある場合が多いです! 一般的な方法を紹介すると下記ステップでデータを引き継げます。 機種変更前の端末でアプリの引き継ぎコードを発行• 機種変更後にアプリをインストール• アプリ起動後、引き継ぎコードを入力して引き継ぎ アプリの引き継ぎを忘れることなく、機種変更後もこれまでのプレイデータを引き継いでアプリを楽しみましょう。 アプリの引き継ぎ方法は運営元によって異なります。 アプリ公式サイトもしくは、アプリ内の引き継ぎ手順で確認してください。 電話帳に登録されている電話番号の移行 電話帳に登録されている電話番号も移行の準備をしておかないと、電話帳も全て消えてしまいます。 電話帳の電話番号を移行する方法は、 Googleアカウント、SDカード、専用のアプリで移行する3つの方法があります。 Googleアカウントで電話帳を管理するのは非常におすすめです。 筆者も8年以上、Googleアカウントに電話番号を紐づけています。 続いて、LINEの引き継ぎ方法を紹介していきます。 おサイフケータイのデータ移行 おサイフケータイを使っているスマホ端末で機種変更する場合は、下記3パターンの方法でおサイフケータイを引き継ぎすることができます。 旧機種で各社電子マネーの事業者のサーバに利用データを預ける• 旧機種の電子マネーなどの利用履歴を削除、新機種で再度新規設定• 新機種でおサイフケータイのデータを再設定する 利用履歴データのみ端末に紐付いているので、過去の利用履歴を新しいスマホ端末にデータ移行する場合は、公式サイトでの手続きが必要となります。 各社、手続き方法が異なるのでデータ移行したいおサイフケータイの公式サイトを確認してください。 メールアドレスとパスワードの準備だけをしておけば、あとは簡単に引き継ぎができますよ。 下記2種類のLINE引き継ぎ方法を紹介します。 それぞれ順に説明していきます。 iPhoneからAndroidスマホにLINEを引き継ぐ方法は、AndroidスマホからiPhoneにLINEを引き継ぐ方法と一緒です。 なぜなら、 OSが変わる場合はアカウントの引継ぎのみ可能だからです。 iPhoneからAndroidへの機種変更、AndroidからiPhoneへの機種変更の場合、 トーク履歴を新しいスマホに引き継ぐことができません。 なぜなら、スマホのOSが変わってしまうからです。 異なるOS間でトーク履歴を引き継ぐなら LINE Keepでトーク履歴をバックアップしてください。 AndroidアプリのLINEは全てのトークルームを一括バックアップできますが、 iPhoneアプリのLINEは、全部のトークを一括バックアップすることはできません。 メールアドレスとパスワードがLINEアカウントを引き継ぐ際に必要になります。 メールアドレスとパスワードを忘れてしまったら、LINEのバックアップを取っていたとしても引き継ぎができないので、絶対に忘れてはいけません! 特にパスワードは忘れてしまうケースがあるので、どこかにメモするなど忘れないように対策を取っておきましょう。 また、登録するアドレスは何でも大丈夫ですが、GoogleDriveを利用してLINEのバックアップを行うので、 バックアップを取るGoogleDriveのGmailのメールアドレスにしておくのがおすすめです。 トーク履歴のバックアップ LINEを引き継ぐ前に、LINEのトーク履歴のバックアップをしましょう。 LINEのトーク履歴のバックアップは、以下の手順で行えます。 トーク履歴をバックアップするアカウントを選択 LINEに登録しているGmailがおすすめ• 「Googleドライブにバックアップする」をタップ 上記の手順でLINEのトーク履歴をGoogle Drive上にバックアップすることができます。 ただし、 LINEのトーク履歴はデータ容量が多いので、Wi-Fiに接続している時にバックアップをするようにしましょう! 旧スマホでアカウントの引き継ぎを行う トーク履歴のバックアップが取れたら、機種変更前のスマホでLINEの引き継ぎ設定を行いましょう。 アカウント引き継ぎを行ってから36時間以内にLINEアカウントを引き継がないと、再度やり直しになるので、36時間以内にLINEの引き継ぎを行うように心がけましょう。 万が一36時間を経過してしまっても、引き継ぎができなくなる訳ではないので心配をする必要は一切ありません。 新しいスマホでLINEをインストールしてアカウントの引き継ぎを行う 機種変更後の新しいスマホでLINEをインストールし、LINEを立ち上げたら「ログイン」ボタンをタップしましょう。 その後、 メールアドレスとパスワードの入力が要求されるので、機種変更前のスマホでLINEに登録しておいたメールアドレスとパスワードを入力すれば、LINEの引き継ぎが行えます! 新しいスマホでLINEにログインした時点で、自動的にトーク履歴などが復元されるので基本的に問題ありません。 トーク履歴の復元中にLINEを終了してしまったり、何かしらの手違いで自動復元を失敗してしまった場合は、手動で復元できるので心配しなくて大丈夫ですよ。 iPhoneからAndroidへのLINE引き継ぎ方法 iPhoneからAndroidへのLINE引き継ぎを紹介します。 iPhoneからAndroidへLINEを引き継ぐ場合の流れも、AndroidでLINEを引き継ぐ方法と基本的に同じです。 メールアドレスとパスワードを登録• トーク履歴のバックアップ LINE Keepもしくはトーク履歴をメールで送信してバックアップ• 旧スマホでアカウントの引き継ぎを行う• 新しいスマホでLINEをインストールしてアカウントの引き継ぎを行う iPhoneでLINEのトーク履歴をバックアップする場合は、LINE Keepもしくはトーク履歴をメール送信してください。 異なるOS間でのトーク履歴の引き継ぎはテキストデータで移行する必要があります。 iPhoneからAndroidにトーク履歴を移行するのは、手間がかかるので必要なトーク履歴を精査してバックアップを行うことを推奨します。 Googleアカウントでデータ移行 Androidスマホの場合、Googleアカウントを利用して、データ移行をすると簡単に移行ができます。 データの引き継ぎも簡単です。 Googleアカウントにデータを常に同期させておけば、機種変更をしても端末に影響されることがなく、データが急に飛んでしまうトラブルが起きても、すぐに復旧できます。 連絡先をGmailに同期する 電話帳の連絡先は、Gmailに同期させておきましょう。 連絡先をGmailに同期させる方法は下記の通りです。 アカウント欄の中からGoogleをタップし、同期させたいGoogleアカウント Gmailアドレス を選択する• 同期したい情報の中から連絡先をタップ スマホの機種によって多少異なりますが、基本的には上記の手順で連絡先をGoogleアカウントに同期させることができます。 Googleに同期しておくと、手間をかけずに電話帳データを機種変更した新しいスマホに引き継ぎできます。 Googleフォトで写真を同期する Androidスマホでは、Googleフォトで写真を同期させることができます。 Android OSのバックアップ機能では、写真のバックアップができません。 写真をGoogleフォトに同期させておいておくと安心です。 写真をGoogleフォトに同期させる方法は以下の通りです。 Googleフォトアプリを開く• 「バックアップと同期」をON Googleフォトの同期をONにしておくと、スマホで撮影した写真は自動的にGoogleフォト内にも保存されます。 ただし、Googleフォトにも容量があるので、容量に注意が必要です。 登録している電話番号やメールアドレスを変更したい場合も、SNSやGoogleなどのサービス内にある設定の項目から変更可能です。 Facebook・Twitter・Instagram・YouTube Facebook・Twitter・InstagramなどのSNSは引き継ぎの設定をする必要がありません。 新しいスマホに使いたいSNSアプリをインストールして、アカウントに紐づいているメールアドレスやパスワードを使ってログインするだけで、今まで通りにSNSを使えます! ただし、メールアドレスやパスワードを忘れてしまうと、ログインするのにパスワードの再発行や場合によっては問い合わせなどをしなくてはいけなくなるので、パスワードは忘れないでくださいね。 GoogleDrive・Gmail・Google Calendar Googleのサービスは、Googleのアカウントに紐づいているので、Googleのアカウントにログインができれば、どのスマホでも使うことができます。 そのため、 機種変更後の新しいスマホでもアプリのインストールをして、Googleアカウントにログインするだけで大丈夫です。 SNSと同様にパスワードを忘れてしまうと、パスワードの再発行になり、ログインに手間がかかってしまうので、注意しましょう。 まとめ Androidスマホの機種変更の際に必要となるデータ移行方法を紹介しました。 機種変更後のスマホでも、機種変更前のスマホと同様の環境で使うためには、適切なデータ移行が必要となります。 また、データ移行のためだけでなく、日頃からバックアップや同期をしておけば、急なスマホの故障や紛失時にもすぐにスマホを復旧できます。 一見データの引き継ぎは難しそうに見えますが、実はとても簡単にできます。 機種変更の際にデータが消えてしまうなどの心配をする必要は一切ありませんよ! 最後に本記事をおさらいしておきます。 Androidスマホを機種変更する際は、バックアップを取り適切な方法でデータを引き継げばデータが消える心配が一切無い• LINEのアカウントやトーク履歴はGoogle Drive上に引き継がれるが、異なるOS間の機種変更の場合、LINE Keepやメールを利用する必要がある。 電話帳の連絡先はGoogleアカウント Gmail に同期させておくと、簡単に引き継げる• 写真はGoogleフォトに同期させておけばスマホに保存してある写真が全て自動で同期される• SNSやGoogleサービスなどは引き継ぎをしなくても、メールアドレスやパスワードがあれば引き継ぎをしなくても使える 投稿者名: saitama スマホの使い方.

次の