ジメチルイソプロピルアズレン 市販薬。 アズノール軟膏は市販で買える?市販で購入したい方におすすめの通販はここ!

【夏の皮膚疾患】あせもにはどんな薬が効く?おすすめの市販薬や予防法についても解説

ジメチルイソプロピルアズレン 市販薬

部位はケツで、症状は痔と同様と 思って頂いて良いと思うんですか 以前に家族が皮膚科に行った時 アズノールを処方して貰いました ただ…現在家族は高齢で 更に違う症状を患ってる為に一時的にですが 施設に居る為 医者に連れて行くのも大変なのと 2017年5月6日現在は 連休の為に処方して貰った医者も休みで 具体的な内容も聞けなかった為 薬局でアズノールと同成分の薬を買おうかと思いました しかし自身で調べても中々ヒットしないのと 一部でグレカA軟膏と言う薬もヒットしたんですが それが痔にも有効かと言う質問だと 特定のHPでも質問はヒットしましたが 登録しないと回答が見れない為に分かりませんでした アズノールに代用出来る市販の薬 又はグレカA軟膏が代用出来るかを御存知の方 宜しく御願いします ちなみに…痔の薬と言う意味では ボラギノールが有るのは知ってます Q オムツかぶれの出来ない方法は教えていただいたのですが。 今日見るとものすごい真っ赤でもう100匹ぐらいの 蚊に刺されたようになっています。 それに紫っぽくなってきて もう限界です。 私が使っていました、金属性アレルギーで あちらこちらにかゆみが出たときにいただいたお薬 「マイザー軟膏」っていう副腎皮質ホルモンが入っているのですが 短期間なら使っても大丈夫でしょうか。 紙おむつが合わないということもあるのでしょうか。 付きっ切りで。 お湯で洗って、乾かして、体を動かして、 エアークッションで頑張っているのですが。 今日みまして 思わず、一晩でこんなになるものかと思うほど、思わず 叫んでしまいました「キャーどうしましょう」って 都会で往診の先生はみつかりません。 又連れて行くにも 車に乗せられる状態ではありません。 寝たきりなので。 薬にお詳しいお医者様はおられませんでしょうか。 どうか。 どうかよろしくお願いします。 今夜は眠れそうにありません。 A ベストアンサー オムツかぶれは長時間の湿潤や便の付着が原因となりやすいです。 塗用すれば歴然と改善されると思いますが安易にステロイドを試すのは勧められません。 最近のオムツは性能も良く、蒸れや漏れが少ない構造に進化して来ています。 介護者にとっても使用者にとっても喜ばしい事かと思いますが、漏れないが故に「オムツかぶれが重症化してしまう」のも事実です。 介護保険を取得されているのであれば担当ケアマネージャーさんに相談してみるのも良いかと思います。 3市販製品であれば「サニーナ」などを活用してみる 最近は「楽天さん」などでオムツの無料サンプルを展開しているショップも多いです。 活用してみて下さい。 もし処方薬がお望みでしたら「亜鉛化軟膏」や「白色ワセリン」など油分を含んだものを処方してもらっても良いかと思います。 オムツかぶれは長時間の湿潤や便の付着が原因となりやすいです。 塗用すれば歴然と改善されると思いますが安易にステロイドを試すのは勧められません。 最近のオムツは性能も良く、蒸れや漏れが少ない構造に進化して来ています。 介護者にとっても使用者にとっても喜ばしい... Q お恥ずかしい話ですが、ご回答いただけたら大変助かります。 2~3週間前から肛門の周り 正確に言えば左半分 の箇所がかぶれてしまいました。 かゆくて、かいてしまうと水?のようなものが出てきたり、かぶれているところだけ皮膚の質感が違うといいますか、薄い感じになっています。 なぜこうなってしまったのかと思い当たるところといえば、私は常日頃からお尻を拭くとき、拭きすぎてしまうクセがあって皮膚が傷ついてしまったことが原因かもしれません・・・。 今までこんなことになったことがないので、とても不安です・・・。 ちなみに私は21歳の男です。 どうすべきなのか、分かる方いらっしゃいましたらご回答お願いいたします。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 私が、約7年間の父親(半植物状態)の介護生活の際。 病院の看護師から、指導された内容なのですが。 なるべく、通気性の良い紙オムツを使用する事。 オムツをそのまま当てがうと、オムツかぶれが起きやすいので。 ドラッグストア等で販売している、「薄手」の「尿とりパット」を。 男性の場合は、性器を包む様なコルネ型にして当てがう。 または、「尿とりパット」の真ん中を指で割いて。 そこから、男性器を入れて先端部分を折り畳む様にすると良いと。 失禁用パットでは無く、介護用の大きな尿とりパットを使用) 女性の場合は、後ろに伝え漏れをするので。 後ろのお尻部分を長目にして、当てがう様に言われました。 その上から、紙オムツをすると・・。 尿だけの場合は、紙オムツが汚れないので節約になると言われました。 「尿とりパット」は、2時間程度毎に指を入れて。 塗れ具合を確認して、ある程度まで吸水していたら交換してました。 また、紙オムツ代の節約の為に・・。 紙オムツの上に、「尿とりパット」を半分に切って。 肛門周辺部分だけに敷いて、排便時にも対応してました。 夏場は、ベットのシーツの上に大判バスタオルを敷き。 その上に、「尿とりパット」を広げてお尻の下に敷いて。 「おむつカバー」は、夏場だけは外して。 緩くした紙おむつと「尿とりパット」だけで、使っていませんでした。 オムツ交換の際は、蒸しタオルを冷まして丁寧に局部を拭き。 ドライヤーの「冷風」で、よく乾かしてから。 その後、赤ちゃんと同じ様に、ベビーパウダーをたっぷり叩いていました。 後、介護の為に使う紙オムツ代と尿とりパットは。 もう、ご存知だとは想うのですが。 主治医の「オムツ使用証明書」が有れば、「医療費控除」の対象になります。 「寝たきり状態」を前提での、ご説明となってしまいました。 ご参考になればよいのですが・・。 私が、約7年間の父親(半植物状態)の介護生活の際。 病院の看護師から、指導された内容なのですが。 なるべく、通気性の良い紙オムツを使用する事。 オムツをそのまま当てがうと、オムツかぶれが起きやすいので。 ドラッグストア等で販売している、「薄手」の「尿とりパット」を。 男性の場合は、性器を包む様なコルネ型にして当てがう。 または、「尿とりパット」の真ん中を指で割いて。 そこから、男性器を入れて先端部分を折り畳む様にすると良いと。 失禁用パットでは無く、介護用の大きな尿とりパットを... Q 3日ほど前から排尿時に痛みがあり、念のため…と、 鏡で性器を見てみたところ、小陰唇から 膣の入り口に掛けてのピンク色の部分に 引っかき傷のようなものが数箇所あったのです…。 痛みが出る数日前に、日中、汗をかき、 デリケートゾーンの蒸れも感じていましたが 家に帰ってお風呂に入るまで、 どうすることも出来ずにいたので、それでかぶれて、 無意識に掻き毟ってしまったのかな…と、思ったのです。 肌が弱いので蒸れて痒くなることは多々あります 今日は重要な授業が夕方まであったため 病院に行けなかったのですが、排尿時の痛みが辛く、 薬局に飛び込みました。 薬剤師さんに相談したところ、 最初はフェミニーナ軟膏を薦められ、 それは納得しました。 二次感染の防止にはなっても、治りが遅いのでは 逆にトイレを我慢してしまって 膀胱炎になってしまうと心配になってきました…。 更に、もしかしたら明日頃から生理が来てしまうので 月経血にしみるのでは…と心配です。 月曜には病院に行こうと思うのですが、 とりあえず、薬剤師さんが進めた理由、 皆さんの意見等を詳しく説明していただけないでしょうか…?? よろしくお願いいたします。 3日ほど前から排尿時に痛みがあり、念のため…と、 鏡で性器を見てみたところ、小陰唇から 膣の入り口に掛けてのピンク色の部分に 引っかき傷のようなものが数箇所あったのです…。 痛みが出る数日前に、日中、汗をかき、 デリケートゾーンの蒸れも感じていましたが 家に帰ってお風呂に入るまで、 どうすることも出来ずにいたので、それでかぶれて、 無意識に掻き毟ってしまったのかな…と、思ったのです。 肌が弱いので蒸れて痒くなることは多々あります 今日は重要な授業が夕方まであったため 病... A ベストアンサー こんにちは。 薬剤師さんがそう考えた理由はおそらくこうだと思います。 フェミニーナ軟膏は、早い話が痒み止めです。 抗ヒスタミン剤と麻酔薬成分で刺激を食い止める物です。 クロマイ軟膏は、抗生物質ですので細菌を殺す薬です。 炎症を抑える為には抗ヒスタミン剤ではなく、ステロイドが使われています。 「傷がある」と言われたので、傷を直すには、細菌感染を防ぐ事が重要と考えたのでしょう。 しかも抗ヒスタミン剤とステロイドでは炎症を抑えるにはステロイドの方が効果が大きいのが普通です。 以上より、その薬剤師さんの考えには私も同意できます。 気をつけるのは、抗生物質もステロイドも乱用してはいけない代物なので、直ったらすぐやめる事です。 Q 今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。 今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。 それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。 しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。 ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。 この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか? 自分の本籍地で戸籍謄本 全部証明 を取れば両親のこともわかるのですか? 母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう? ちなみに私は両親の戸籍から分籍 転籍 しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。 また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、 まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。 日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、 日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87. 今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。 今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。 それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。 しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。 ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。 この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか? 自分の本籍地で戸籍謄本 全部証... A ベストアンサー ・コリア系の帰化人には 『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。 『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。 朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。 明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。 昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。 明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。 そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。 古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。 在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。 簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。 新字体ならば、 「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。 戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。 戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。 戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。 ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。 …私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。 以上、参考程度に ・コリア系の帰化人には 『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。 『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。 朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。 明治43年から太平洋戦争が終わるまで... Q 皆様、こんにちは。 最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。 他にも『解任』などもあったりして どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。 gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。 『更迭』は他の人に変える事とでてきます。 これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか? なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。 よろしくお願い致します。

次の

アズノール軟膏と同じ市販薬はないの?

ジメチルイソプロピルアズレン 市販薬

アズレン:アズノール スポンサード リンク 成分(一般名) : ジメチルイソプロピル アズレン 製品例 : アズノール軟膏0. 湿疹、やけど、皮膚潰瘍などに用います。 作用 植物に由来する非ステロイド性の軟膏です。 患部を保護し、炎症をやわらげる効果があります。 また、皮膚のアレルギーをおさえる働きもします。 これらの作用により、皮膚の再生を助け傷の治りをよくします。 消炎作用はおだやかで、比較的軽い症状に適します。 具体的には、湿疹、ジュクジュクしたびらん、やけどや日焼けなどに用いるほか、皮膚の保護・保湿薬としても有用です。 ステロイド外用薬のような劇的な効果は期待できませんが、皮膚保護薬として長期に使っても安心です。 注意 【診察で】 アレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。 【使用にあたり】• 指示どおりに使用してください。• 目には使用しないでください。 熱傷・その他の疾患によるびらん及び潰瘍 用法 通常、症状により適量を1日数回塗布する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 副作用はまずありません。 かえって、赤みやカユミがひどくなるようでしたら、早めに受診してください。 いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

アズレン:アズノール

ジメチルイソプロピルアズレン 市販薬

アズノール軟膏(一般名:アズレン)は、1958年から発売されている皮膚潰瘍治療薬です。 安全性に非常に優れる外用剤で皮膚への刺激も少ないため、主に軽症の皮膚疾患を中心に広く処方されています。 眼以外の身体のどこにでも塗る事ができますし、肌が敏感な赤ちゃんにも安心して用いる事が出来ます。 幅広く使われているお薬ですので、 「薬局やドラッグストアで同じようなものを購入できないのか」 「市販薬に同じようなものはないのか」 と患者さんから相談される事もあります。 ではアズノール、あるいはアズノールと似た成分を持つ外用剤は市販薬として購入できるのでしょうか。 ここではアズノールは市販薬として売っているのかをお答えしたいと思います。 1.アズノールの市販薬はあるのか アズノールは市販薬として販売されているのでしょうか。 結論から言ってしまうと、アズノール軟膏と同じものは市販されておらず、薬局やドラッグストアで購入する事は出来ません。 そのため、もしアズノール軟膏が必要な場合は、病院を受診して診察医に「この患者さんの治療にはアズノール塗布が必要である」と判断してもらわないと入手する事は出来ません。 アズノールは「アズレン」という植物由来の成分から作られています。 より具体的に言うと、カミツレ(カモミール)というヨーロッパ原産のキク科の植物に含まれるアズレンをもとに作られた「グアイアズレン(ジメチルイソプロピルアズレン)」が原料となっています。 この「グアイアズレン」が配合されている市販の軟膏・クリームはあります。 しかし含有されているグアイアズレンの濃度もはっきり分からず、またその他の成分も多く配合されているため、アズノールと同じ効果が得られるかというと疑問が残ります。 例えば市販のクリームでアズレン(グアイアズレン)を含んでいるものは次のようなものがあります。 グアイアズレンを含んではいますがその濃度は不明で、またその他の成分も多く含んでいますので、アズノール軟膏と同じ効果を期待するのは難しいかもしれません。 このように、アズノール軟膏と全く同じ成分からなる外用市販薬はないのが現状です。 しかし一方でアズノールと同じ成分を含む、• うがい液• 口内軟膏• 坐薬 は市販薬がありますので、このような用途でアズノールを用いたいのであればこれは市販のものを買う事が出来ます。 アズノール(アズレン)には、• 抗炎症作用(炎症を抑える作用)• 創傷保護作用(傷を保護する作用)• 抗アレルギー作用(アレルギーを抑える作用) といった作用があります。 そのため、皮膚の潰瘍を治療するという用途以外にも、うがい液や口内軟膏として用いて口腔内の炎症を抑えたり、胃薬として用いて胃炎を抑えたりする作用も期待できるのです。 例えば、一例として次のような市販薬があります。 2.アズノール軟膏と似た作用を持つ市販薬はないの? ではアズノールと全く同じではなくても、アズノールに比較的近い作用を持つ外用剤は市販されていないのでしょうか。 アズノールは主に、• 抗炎症作用(炎症を抑える作用)• 創傷保護作用(傷を保護する作用)• 抗アレルギー作用(アレルギーを抑える作用) といった作用を持ちます。 そして臨床でアズノール軟膏が処方されるのは、特に1番目の炎症を抑える作用を期待したものになります。 更に2番目の創傷保護作用は、基剤がワセリンなど保湿力の高いものであればある程度補えます。 アズノールは安全性の高さも利点ですので、以上から考えると「安全性が高く、穏やかに炎症を抑えてくれる市販の外用剤」という視点でアズノール軟膏と似たようなものはないのか考えてみましょう。 実は、同じくキク科の植物であるキンセンカ(カレンドラ)にも、抗炎症作用がある事が知られています。 カミツレもキンセンカも、昔から民間療法として火傷や擦り傷といった皮膚トラブルの治療に使われていたそうです。 カミツレとキンセンカに含まれる抗炎症作用を持つ成分は、全く同じ作用機序で効くわけではありませんが、• 植物由来の成分であり安全性が高い• 穏やかな抗炎症作用を持つ という点では共通しています。 カミツレとキンセンカを含む市販の外用剤として、例えばこのようなものもあります。 アロベビークリームは保湿作用に優れる成分を多く含んでおり、バリアのように覆って皮膚を守る事で皮膚状態を整えます。 また配合されている「セイヨウニワトコ」のエキスは、穏やかながら炎症を抑える作用も多少有しているため、穏やかな抗炎症作用を持ち、保湿作用に優れ、かつ安全性が高い、という点ではアズノールとある程度共通しているでしょう。 3.皮膚トラブルは医師に相談しましょう 残念ながらアズノール軟膏と全く同じ主成分からなる市販薬はありません。 似たようなものとして前項でいくつか紹介しましたが、これらもアズノールと全く同じようなはたらきをするわけではありません。 全く同じような効き方ではない以上、そのクリームが本当に自分の皮膚状態にあっているのかは分かりませんし、更にアズノールと比べてかなり高価です。 一方で保険診療で処方してもらうアズノールは、専門家である皮膚科医が皮膚状態を見て処方するわけですから、高い精度で皮膚状態に適したものと言えますし、1本(20g)で50円程度ととても安価です。 実際はその1~3割負担ですので、1本5~15円程度で処方してもらう事が出来ます。 こう考えると診察料などを含めても、受診した方が金銭的にも優れている事が分かります。 市販薬ではなく処方薬のため、欲しいと言えば処方してもらえるものではなく、医師が治療に必要と判断しなければ処方してもらえませんが、本当にアズノールが必要な状態なのであれば、病院を受診して医師に処方してもらった方が安価ですし、何よりも正しい診断に基づいた正しい治療を行えます。 お忙しい方は、なかなか受診する時間が取れない事もあり、つい「市販薬で何とかならないかな」と考えてしまうと思います。 しかし皮膚のトラブルで悩んでいるのであれば自分の不正確な診断で市販薬を塗るのではなく、出来るだけ時間を作って皮膚科を受診するようにしましょう。 カテゴリー• 247•

次の