退職 届 の 書き方。 【見本つき】退職届・退職願の書き方まとめ|退職理由の書き方も|転職Hacks

退職届の書き方は手書きで縦書きじゃないとダメ?見本付きで解説|ドドヨの腹ぺこ自由帳

退職 届 の 書き方

また、会社によっては決まった書式がある場合もあるため、その場合はその書式にて書きましょう。 書き方としては、シンプルなものですが シンプルなぶん必要な項目の漏れがないように書きましょう。 特に、 日付の部分などは後々の 退職手続きにも関わってくるところになるので、十分確認しながら書くようにしましょう。 退職願の書き方• 「私事」「私儀」は、 「わたくしごとではありますが」という意味合いがあり、一番下に書くのは謙虚さを表す意味合いがあります。 また、退職日は、事前に上司と相談し、合意を得ている日付を書きましょう。 」と、お伺いを立てる形で終わります。 また、 印影がはっきりと確認できるよう押印します。 退職届の書き方 「退職届」も基本的には 「退職願」の書き方と同じです。 違う点として、下記の2点がありますので注意しましょう。 退職願や退職届は手書きじゃないとダメ? 退職願や退職届は基本的には、 「手書き」が一般的です。 退職願や退職届は、 会社と個人との雇用契約を解消するための重要な書類ですので、 「本人が書いたことに間違いがない」といった意味合いも含めて手書きが一般的とされています。 ですが、現在では履歴書等もパソコンでの作成が多くなり、退職願や退職届もパソコンで作成したものでも、 本人が作成したものと確認できる(本人との直接のやり取り等)場合には、手書きに拘らず パソコンで作成したものでも受け付ける場合がほとんどです。 会社によっては、会社指定の書式が用意されている場合もありますので、その場合には会社指定の書式での提出を行うようにしましょう。

次の

【テンプレ付き】退職願・退職届の書き方、退職までの流れ!

退職 届 の 書き方

つい最近、会社に40年近く勤めた役員の方が定年を迎えられ、退職されました。 私も入社当初から大変お世話になった方で、送別会では思わず涙ぐんでしまいました。 もう何か月も前から退職日が決まっていて、そのための引継ぎや挨拶回り等に忙しく走り回られていたのを覚えています。 そんな様子を眺めては「 役員の退職って、一般の社員が会社を辞めるよりも、なんだか大変なんだなぁ」などと呑気に考えていました。 私自身、過去に8回も転職している身です。 「社員」の退職方法については、退職の意思を伝えるタイミングや退職届の書き方、提出日、退職の流れなど、一通りは心得ているつもりです。 しかし「役員」の退職となると、まるで経験がないため「??? 」です。 ベンチャー企業などでは、私と同年代の若い役員の人もいると聞きます。 そういった人たちが、何かの拍子に退職しなければならなくなったとき、もしかしたら、私と同じように、退職の手続きで困ってしまうかもしれません。 そこで、私個人の好奇心と、同年代の役員のために、老婆心ながら「 役員の退職の方法」について調べてみました。 Contents• 役員が会社を辞めるには? まずはじめに、役員が会社を辞める流れを解説します。 役員の退職方法はそれほど複雑ではありませんが、場合によってはすぐに辞められないケースもでてきます。 退職時の流れや注意点を確認しましょう。 役員の範囲 もうすでに役員になっている人は、役員という役職がどういうものかよくご存じだと思います。 でも、これから役員を目指す人、役員になりたい人にとって、役員は「なんとなく会社のエライ人」くらいのぼんやりとした認識しかないのではないでしょうか。 そこで、 まずは今回お話する役員がどういった役職の人かを明らかにしておきます。 役員とは、簡単に説明すると「会社の重要な意思決定や業務の運営、社員の管理監督の仕事に携わる役職」全般を指します。 一般的な会社の役職でいうと、社長、副社長、専務、常務が役員を指し、それ以下の部長、課長は管理職である一般社員、ということになります。 一般社員と管理職は同じ「社員」としてひとくくりにできますが、「社員」と「役員」は法的に立場が明らかに違います。 社員と役員の違い 社員・・・会社とは「雇用契約」を結んでいる。 契約によって、会社に雇われいている。 いわゆる「労働者」 役員・・・会社とは「委任契約」を結んでいる。 会社の経営を任されているのであり、雇われているのではない。 いわゆる「使用者」 経営者といえば「社長」だけをイメージしがちですが、じつは「専務」や「常務」といった肩書も経営者の一員ということが多いのです。 とはいえ、「社長」や「専務」などの肩書は「会社法」で定められた名称ではないため、必ずしも役員を表す言葉ではありません。 「社長」であっても「役員ではなく雇われの一社員」ということがあります。 法律で定められた正式な意味での役員=経営者には、次のような種類があります。 役員の種類 会社法による• 取締役・・・取締役会 会社法で定められた、会社の業務執行を意思決定する機関 の一員として、会社経営の意思決定に関わる。 小さな会社では、取締役1名のみ =会社代表 の場合も。 会計参与・・・会計処理のスペシャリスト。 取締役と共同して、書類作成などを担当する。 税理士、税理士法人、公認会計士、監査法人しかなれない。 監査役・・・会計書類の不正の有無や取締役の会社運営に問題がないかをチェックする。 執行役・・・委員会が設置されるような規模の大きな企業に設置。 取締役に代わって、会社の業務を執行し、取締役と兼任できる。 役員ではないので注意。 このうち、取締役の中でも代表権を持つ真の意味での会社トップを「代表取締役」といいます。 今回、テーマとして取り扱うのは「代表取締役」以外の一般役員です。 代表取締役と一般の役員では、辞めるときの手続きが大きく異なるため 社長であっても「代表取締役」などの役職がない場合は、雇われ社員なんですね。 社長なのに僕らと同じ雇われサラリーマンだなんて、なんだか不思議な感覚です。 参考: 役員が「会社を辞める」ことを表すコトバ もう一点、役員経験のない人が混乱しやすいポイントがあるので、本題に入る前に解説します。 それは「役員が会社を辞めるときには、そのことをなんと表現するのか」ということです。 一般の雇われ社員が会社を辞めることを「退職」といいます。 上司に提出する「退職願」や「退職届」にも「退職」の二文字が使われているのでわかりやすいですね。 一方、役員級のエライ人が会社を辞めるときは「退職」ではなく「 辞職」といいます。 似た言葉に「 辞任」という言葉もありますが、こちらは「就いていた任を辞める」という意味で、必ずしも「職場を去る」意味を含みません。 役員の任期 取締役・・・原則2年。 つまり、 上場企業では、取締役で2年、監査役で4年の任期があるのです。 株式非公開の中小企業であれば、任期はさらに長く、最大10年にも及びます。 それでも、役員は任期を残して途中で辞められるというのでしょうか。 その答えは「YES」です。 冒頭でもお伝えしたように、 役員はたとえ任期途中であっても、いつでも辞められます。 しかも、会社代表者や株主総会の承諾は必要ありません。 「 辞めると言ったら辞めるんだい!! 」それで、なんの問題もなく辞められるのです。 役員が会社を辞める流れ 役員が会社を辞める流れは、基本的には社員が辞める流れとほとんど同じです。 ケース3:会計参与、もしくは監査役がいなくなる場合 会社の規模や形態によっては、会計参与もしくは監査役の役員は、すぐには辞められない可能性があります。 会計参与が辞められない場合・・・取締役会がある会社で、監査役がいない場合、会計参与の設置は義務です。 そのため、後任の会計参与が選任されるまで辞められません。 監査役が辞められない場合・・・取締役会を設置する会社には監査役の設置が義務付けられています。 そのため、株式公開会社 =取締役会設置は義務 は必ず監査役が必要であり、監査役の役員は後任が決まるまで辞められません。 一方、株式非公開会社で取締役会を設置している会社の場合は、監査役の代わりに「会計参与」を置くことができます。 会計参与がいる場合は辞められます。 いずれのケースでも、会社に設置が決められている役員の定員を下回ってしまう場合は、後任を選任するまで会社を辞められないことになります。 しかし、上記の問題を解決するため、 裁判所に申し立てて「仮取締役」を選任してもらい定員を充足させる方法 もあります。 ただし、 申し立てには手間がかかるので、会社に早急に後任を選任してもらうことがベストです。 役員の人が会社を辞めるときは、役員の定員について自社にどんなルールが当てはまるか確認することが必要です。 合同会社の場合 今まで説明してきたのは「株式会社」の役員が辞めるときの流れです。 しかし、会社には株式会社以外の形態もあります。 なかでも多いのが、 合同会社と呼ばれる形態の会社です。 合同会社とは、 会社の運営に必要な資金を社員が出し合って設立する会社です。 そのため、 会社の運営者と持ち主が同じという特徴があります。 それに対して、株式会社は株式という形で株主から資金を集めるので、会社の運営者と持ち主が異なります。 さて、合同会社は会社の持ち主が個々の「社員」のため、この 「社員 」が株式会社の「役員」にあたります。 社員が会社を辞める場合は、とくに定款で定めのない場合、 事業年度終了時点で辞められます。 その際、 退社の6ヶ月前までにはその旨を会社に通知するのがルールです。 ただし、 特例もあります。 役員の退任登記を完了させる2つの方法• 会社に対して、登記申請をするよう交渉する・・・退任登記は会社法に定められた義務です。 役員退職後、2週間以内に手続きをしないと、代表者に過料が課せられるリスクも。 会社としてはそのようなリスクは是非とも避けたいはず。 罰則について会社側が知らない可能性もあるので、登記申請するよう交渉してみましょう。 訴訟を起こす・・・辞任した役員が自分自身では登記変更は行えません。 しかし、裁判所に対して「取締役退任登記手続請求訴訟」を起こし、勝訴することで、自分で登記変更できるようになります。 ただし、訴訟は費用や手間がかかりすぎるので、できれば会社と交渉して登記変更してもらいましょう。 このように、退任登記が完了して、晴れて役員の責務から解放されるのです。 ただし、重大な怪我や疾病など、業務の遂行ができないような「やむを得ない場合」は辞めても損害賠償を請求されないようです。 ケースバイケースなので、どうしても辞めざるを得ない事情がある人は、会社に相談してみましょう。 参考: 会社役員が辞める時に書く書類は「退職届」ではなく「辞表」 一般の社員と同じく、役員が退職するときにも「辞めることを意思表示する」書類を届け出なければなりません。 退職のときに出す書類ですから、役員も「退職届け」を出す必要がある・・・と思われがちですが、実は違います。 『役員はいつでも辞められる? 』の章でも少し触れましたが、役員が辞めるときに会社に提出する届け出は「 辞表」といいます。 役員は会社と「 委任契約」を結んでいるため、この契約を解除するには「与えられた職務を辞める」ことを意味する「辞表」が必要なんですね。 役員が辞めるときは、いかに役員としての権利義務により発生する問題を回避するかが大事なのね。 退職の書類ひとつとっても、一般社員より重みがあるのがわかるわ。 参考: 辞表(辞任届)は手書きがベター 上記注意点でもお伝えしている通り、取締役などの役員が辞める際は一般社員よりも重たい責任や内部の機密を知っていたりすることから慎重に扱われます。 ですので、必要な書類は用意した上で手書きで書類作成することで、確実に本人が書いたという証明をすることが可能です。 パソコンで書類を作っただけであれば誰にでも偽造可能です。 間違って役員が辞めさせられるといったことがあればそれこそ大問題に発展してしまいます。 なので複製が難しく、本人である確証を取りやすい「手書き」にすることで、大きなトラブルを回避することができます。 一般社員より重たい責任を負う役員だからこそ立つ鳥跡を濁さずで、スムーズな手続きを心がけることです。 取締役などの役員も退職金をもらえる? さて、退職の流れがわかって、辞表の書き方もマスターしたところで、最後は誰もが気になる「退職金」について少し触れておきます。 大前提として、 一般社員・役員問わず退職金の支払いは法律で決められた義務ではありません。 したがって、退職金の支払いがない会社もたくさんあります。 まとめ 役員は基本的にいつでも辞められる 後任が決まっていないなど、場合によってはすぐに辞められないこともある 役員が引継ぎや後任の選出を待たずに無理矢理辞めた場合、損害賠償を請求される可能性がある 役員が辞めることを「辞職」といい、辞めるために提出する書類を「辞表」という 役員も退職金をもらえるが、金額は同業他社と比べて大きくしすぎてはいけない 役員が退職するときには守らなければならないルールや注意点が多くあります。 社員と同じような感覚で会社を辞めようとすると、思わぬトラブルに巻き込まれてしまう場合も。 役員が辞めるときは、期間に余裕を持って会社と相談しながら退職計画を立てましょう。 また、気になる退職金についても、知らなければ損をする大きな落とし穴が。 役員は社員と同じように、辞めたいときにいつでも辞められる権利を持っています。 しかし、後々のトラブルや損をするリスクを回避するために、今回ご紹介した「辞めるべき時期」や「辞めるときのルール」を把握しておくことが大切です。 長く勤めた愛着ある会社。 わだかまりや後悔が残る辞め方をするのは、誰もが避けたいはずです。 お別れのときこそ、納得のいく退職を実現してください。

次の

退職願や退職届の書き方は?封筒はどう書く?手書きじゃないとダメ?

退職 届 の 書き方

こんにちは じん兵衛です。 退職届に書く退職理由の書き方は、 具体的に詳しく書かないと損をする場合があるのをご存知ですか。 ふつうなら、退職届の書き方は退職理由を具体的に書かないで「一身上の都合」とするのが今の世の常識なんですよね。 たとえ会社への不満があり、それが退職の理由であってもです。 退職届には、その気持を抑えて、 一身上の都合という書き方で個人的な理由にしておくわけです。 いいたいことは、口頭で直接上司にいえばいいということです。 どうせ退職するんだから、いらぬ波風は立てることないだろうというわけです。 しかし、本当にそれでいいんですか? なにも考えないで、退職理由を 「一身上の都合」として退職届を提出すると、単なる自己都合の退職にされてしまいますよ。 スポンサーリンク 目次• 退職届に退職理由を具体的に書いたほうがよい場合とは ここから先は、退職してからハローワークに失業保険の給付を申請する予定の人に関係してくる話になります。 じつは、一身上の都合とだけ書いてしまうと、自己都合の退職とされ、 失業保険の給付に影響を及ぼすことがあるのです。 これって、まだ転職先が決まってなく、 これから次の職場を探すという人にとっては聞き捨てならない話ですよね。 自己都合の退職にも二通りあり 自分から「会社をやめます」、といえば 全てが同列の自己都合退職になるかといえば、そうでもないんです。 退職届を出すにしても、単純に「この会社にいたくない」という自分だけの都合でやめることのほかに、 たとえ自分から退職を申し入れたとしても、退職にいたるまでの経緯が、 会社からの働きかけにより、やむなく退職する道を選んだという場合だってあると思います。 たとえば、 通勤時間が片道2時間以上もかかる営業所への配属を打診された。 形の上では、相談だが 実質業務命令のようなもので、とても断れる雰囲気ではない。 かといって今の 家庭の事情では配属に同意するのはとても無理、とか、 毎月45時間以上もの残業が続き、改善を申し入れたが取り合ってもらえず、体がもたないとか、 事業の縮小で社員が余ることになり、それとなく肩たたきにあったとか、 自分の本意ではない退職にいたる理由は色々あると思います。 そんなときは、会社から退職届の提出を求められても、「一身上の都合により」なんてきれいごとですませることはないです。 「退職届」にはありのままの理由を具体的に書いて会社へ提出したほうがいいです。 スポンサーリンク 正当な理由があれば退職の理由は具体的に書いたほうがよい 退職すると、会社から雇用保険被保険者離職票(-1、2)という2通の離職票が送られてきます。 この離職票でハローワークに失業保険の給付を申請しますので、場合には早く対処しないといけません。 離職票に書かれた、離職理由が 離職区分4D以外(正当な理由のある自己都合退職)になっている、 離職区分4D(正当な理由のない自己都合退職)になっている、とでは、 失業保険の給付において、 3ヶ月の給付制限がつくか、つかないかの違いがでてきます。 離職区分が4D(正当な理由のない自己都合退職)になっていた場合は、3ヶ月の給付制限がつけられます。 実質、会社側の都合で退職に追い込まれたのに、3ヶ月も失業保険が受け取れないのは納得できないですよね。 雇用保険被保険者離職票-2の離職理由のページを確認してください。 異議があれば、ハローワークの担当者に申し入れればいいです。 担当者から、会社側に問い合わせをしてくれます。 会社が、 離職者の言い分を認めてくれればいいですが、認めない場合は、もめます。 ハローワークからも、 「正当な理由がある自己都合退職」である証拠はありますか、と聞いてきます。 残業時間の問題なら、タイムカードの控えなどがあれば証拠として提出できます。 しかし、配属の問題なんかだと、会社の答えは分かっています。 「別に本人が断ってくれればすむ問題でしたよ」 ハローワークの担当者も困ります。 「会社側とよく話し合われたらどうですか」でケリがつくと思います。 正当な理由による自己都合退職だと思うなら、退職届の理由の書き方はできるだけ具体的に詳しく書いておきましょう。 「一身上の都合により」とだけ書いておくと、 離職区分が4Dにされてしまうかもしれませんよ。 「退職届」は配達内容証明郵便で郵送しましょう 退職届を郵送するときは、郵便局へいき、 「配達内容証明郵便」で送ります。 普通郵便だと、 「こんな退職届受け取れるか」と、受け取りを拒否されるかもしれません。 拒否する権利なんてないのにです。 ですから、「内容証明郵便」で「こういう理由で退職届を提出した」という証拠を残しておくのです。 その際には、受け取ってないといわれないように、「配達証明」もつけてもらいます。 離職票の退職理由が、「離職区分4D」になっていたときの異議申し立てに十分役立つはずです。 まとめ 退職届の退職理由の書き方は、 退職後にハローワークのお世話になる予定がなければ、 「一身上の都合」にしておけばいいです。 ハローワークのお世話になるつもりなら、 「一身上の都合」ですませてよいのかどうか、よく考えてください。 3ヶ月の給付制限はキツイですよ。 逆に会社側から、詳しい退職理由を求められることもあるようですが、 おそらく、同業他社への転職を牽制しているのでしょう。 詳しく書かなければならない法的根拠はなく、拒否してもかまいませんが無駄に疲れるだけです。 「転職して、他の業種の仕事に挑戦してみたい」と書いておけばいいです。 ちなみに、転職先を聞かれたら「これから探します」と答えておきましょう。 スポンサーリンク.

次の