リクナビ 薬剤師。 【就活ならリクナビ2021】新卒・既卒の就職活動・採用情報サイト

リクナビ薬剤師の評判は!?【薬剤師口コミ比較】

リクナビ 薬剤師

"自分ではできない年収交渉をしていただけてよかった" 病院勤務をしていたのですが、息子の就学のタイミングで勤務形態を見直したいと思い、転職活動をする際、リクナビ薬剤師を使ってみました。 登録したらすぐに電話があって、面談の日程を決めました。 基本的には電話での面談のようでした。 希望すれば会って面談をしてくれるようでしたが、忙しかったですし面倒なので電話で済ませることにしました。 面談では「なぜ転職しようと思ったのか」「いつ頃転職したいのか」「これまで経験してきた仕事」「どんな条件で転職したいのか」などを聞かれました。 希望を出すと条件に近そうな求人をいくつか出してもらいました。 ここでは ドンピシャなものはありません... 年収はいいけど、遠いとか、近いけどシフト勤務で時間が合わないとかですね。 今回は時間を重視していたので、他の条件で妥協できる求人を2つほど選んでエントリーし、後日面接を設定してもらいました。 病院から門前薬局への転職だったのですが、私は 調剤経験もあったので年収交渉もしてもらえました。 転職は2回目だったので特に困ることはありませんでしたが、 年収交渉については自分ではできなかったのでリクナビ薬剤師さんにお願いしてよかったです。 さすがの大手だけあって 紹介してもらえる求人の量は多かった印象です。 ところが、 ほとんどが希望条件にあっていない求人で、がっかりしました。 また、サイトを見てよさそうかなと思っていくつかピックアップしていたものは 「ついさっき決まってしまった」とか「この募集はもう終わっている」とかでほぼ、ありませんでした。 結局、リクナビ薬剤師さんから紹介してもらった求人に応募することなく、別で決まったので転職活動は終わってしまったのですが、自分には合わなかったかな。 という印象です... そのうちのひとつがリクナビ薬剤師でした。 スピード重視で活動を進めたためすぐに別の紹介会社で話が進み、最後に登録したリクナビ薬剤師の担当者と面談をするときには いくつかの薬局での面接も済んでいるところでした。 しかし、別の紹介会社からの押しがあまりにも強すぎて、ちょっと悩んでいたんです...。 よくある、「今決めないともうなくなります」といって必要以上に焦らされている感じがして。 ちょうど面談で話をしたリクナビ薬剤師の担当キャリアアドバイザーに相談したところ、 「せっかくの転職なんだから、後ろ向きな理由じゃなく前向きに考えましょう」 と、仕切り直しをしてくれたんです。 頭がリセットされる気がしました。 高条件を狙うわけではなくとも、良い転職にしたい。 という気持ちになりました。 結局、いったん別の紹介会社経由で決まりかけていたところはお断りをし、リクナビ薬剤師さんで改めて探してもらい、転職できました。 あのタイミングで話を聞いてもらい良いアドバイスをもらえてよかったです。 感謝しています。 良い点としては、 「求人数の多さ」と「キャリアアドバイザーの対応」ですね。 一方で、「紹介求人の質」については少し残念な評価もあるようです。 求人との出会いはタイミングもありますので、ぜひご自身で判断をお願いしたいところではありますが、 質をカバーするだけの量があるところは非常に魅力的ですね。 では次にリクナビ薬剤師の企業の概要やサービスについて詳しく見ていくことにしましょう。 「リクナビ」ってどんな会社? では次に「 リクナビ薬剤師」の運営会社である株式会社リクルートメディカルキャリアについてみてみましょう。 リクナビってこんな会社 【会社名】 株式会社リクルートメディカルキャリア 【本社所在地】東京都港区新橋2-6-2 新橋アイマークビル 【設立】1979年9月 【HP】 【資本金】4,500万円(株式会社リクルート100%出資) リクナビ薬剤師の運営会社である株式会社リクルートメディカルキャリアは、リクルートグループの中でも医療系人材サービスの専門機能を持った会社です。 もともとは医師の人材サービスを主軸としていたところから、2011年にリクナビ薬剤師を立ち上げ、薬剤師の転職支援サービスを始めました。 「リクナビ薬剤師」のサービス特徴について [膨大な求人数] さすがのリクルートグループといえるだけのネットワークを生かして全国の求人を集約しています。 ですのでまず、登録して感じてもらえるのがその求人提案数の多さです。 この点においては利用者からの評価も非常に高いポイントです。 また、鮮度が高く条件の良い求人はサイトにはあまり掲載されておらず、非公開求人の中にあるため、ぜひ登録して非公開求人の紹介を受けてみましょう。 [スピード] リクナビ薬剤師では、基本的には電話面談を実施しており、その分対面式の面談を行っている紹介会社よりテンポよく転職活動を進めることができます。 この点においては好みや、相性もありますが、スピードを重視する人には大変おススメです。 [転職初心者も安心のサポート] リクナビ薬剤師では転職が初めての方も不安を感じないよう、履歴書や職務経歴書の作成方法から、面接での答え方等、転職活動を進めていく上で必要な サポートを細かく行っています。 これらの中から希望条件に近い求人があれば、求人情報右肩の「JOBナンバー」を控え、登録後にキャリアアドバイザーにその旨を伝えてみましょう。 「リクナビ薬剤師」のキャリアアドバイザー リクナビ薬剤師はキャリアアドバイザーの質にも定評があります。 顔の見えない電話面談で不安を感じている方はぜひどんなキャリアアドバイザーが在籍しているのか、エピソードを交えこちらで紹介されていますので雰囲気をつかむためにも事前に確認してみる とよいかもしれません。

次の

リクナビ薬剤師の評判から分かる特徴【本当のメリット&デメリット】

リクナビ 薬剤師

薬剤師の求人数• 業種別求人数• 雇用形態別求人数• 高年収の求人数• 細かな検索項目数• 新卒向け求人• 提案スピード・提案数• 面談拠点数(カウンセリング)• コンサルタントのサポート内容• コンサルタントの人数• 口コミ・評判• 薬剤師の中でも特に人気の高い調剤薬局の求人はリクナビ薬剤師のほうが数多く取り扱っています。 ただし細かい職種・業種まで探せるのはです。 マイナビ薬剤師であれば調剤薬局や病院以外の選択肢から希望の職種へのキャリアチェンジも可能です。 3.雇用形態別求人数(正社員・契約社員・パート) 正社員 43,511件 30,000件以上 契約社員 2,921件 - パート 27,778件 10,000件以上 業務委託 193件 - 雇用形態別に見るとマイナビ薬剤師は4つの雇用形態に対応しており、リクナビ薬剤師は正社員・パートの2種類にしか対応していません。 契約社員や業務委託の薬剤師求人を選ぶのであればをおすすめします。 マイナビ薬剤師・リクナビ薬剤師は主に正社員求人を取り扱っている転職エージェントのため派遣求人はありません。 4.高年収の求人数(500万・600万円以上) 500万円以上の求人 21,458件 28,294件 600万円以上の求人 9,841件 転職をするにあたり年収(給与)は非常に重要です。 マイナビ薬剤師では【500万円以上の求人】【600万円以上の求人】と分かれて検索することができます。 リクナビ薬剤師は【高額給与】という項目で500万円以上の求人を探すことができます。 マイナビ薬剤師・リクナビ薬剤師ともに 500万円以上の求人が20,000件以上ありますが、500万円・600万円の求人を合わせた求人数はややマイナビ薬剤師に軍配があがります。 探しやすさもがおすすめです。 5.細かな検索項目数(こだわり条件検索) こだわり検索項目数 19項目 10項目 細かな検索条件があることで自分にあった求人を絞り込みやすくなります。 例えば家庭のある女性であれば休みも多く、産休や育児休暇が取得できるとところがいいでしょうし、人によっては土日休みでなければ嫌だという方もいると思います。 マイナビ薬剤師では19項目の詳細検索が可能なため、より自分にマッチした求人を探すことが可能です。 リクナビ薬剤師も10項目の検索ができますがほどではありません。 【参考】マイナビ薬剤師の検索項目(こだわり検索) 希望の科が決まっている人はリクナビ薬剤師もいいですね! 6.新卒向け求人(検索項目の有無) 新卒向け検索項目 あり なし 新卒向け求人数 23,000件以上 不明 薬剤師の求人は中途採用に限りません。 薬学部を卒業予定の新卒向けの求人の有無も非常に大切です。 残念ながらリクナビ薬剤師では新卒向けの検索項目はなく、求人数を確認できませんでした。 はこだわり検索に【新卒応募可能求人】があり、簡単に新卒向け求人を検索することができます。 求人数も23,000件以上あるため、就職活動をしている薬学部の方は登録必須と言えるでしょう。 7.提案スピード・提案数 提案スピード 公式サイト記載なし 最短翌日に5件 提案数 18件 公式サイト記載なし 転職に重要なのは情報です。 いかに早くどれだけの情報を提供してくれるかは 転職のキーポイントとなります。 提案スピードではが登録した翌日には自分にあった求人を5件紹介してくれ、非常にスピーディーな転職活動が可能です。 求人の提案数はマイナビ薬剤師に軍配があがります。 平均提案数18. 5社と数多くの選択肢から自分にあった求人を探すことができます。 急ぎで転職したい方は• じっくりと転職活動を行い方は といった使い分けもおすすめです! リクナビ薬剤師でも満足いくまで求人を紹介してくれます。 8.面談拠点数(カウンセリング) 拠点数 13拠点件 4拠点 拠点場所 ・東京 ・神奈川 ・千葉 ・埼玉 ・北海道 ・宮城 ・名古屋 ・石川 ・大阪 ・京都 ・神戸 ・岡山 ・広島 ・福岡 ・東京 ・名古屋 ・大阪 ・福岡 転職エージェント利用するためには「面談(カウンセリング)」をする必要があります。 面談しなくても電話・メールでサポートしてくれますが、やはりしっかりとサポートしてもらうためには直接面談する必要があるでしょう。 拠点数はが圧倒的で 全国に13拠点設けています。 リクルート薬剤師はリクルートグループで全国各地に拠点を設けているイメージもありますが運営会社は「リクルートメディカル」ですので拠点が4箇所とやや少なめです。 (他のエージェントの拠点数と比較すると多いですが・・) いずれも電話・メールでのサポート可 マイナビ薬剤師・リクナビ薬剤師いずれも電話やメールでサポートが可能です。 ただし面談したほうが自分の希望を誤解なく伝えることができますし、コンサルタントも積極的にサポートしてくれます。 面談できる距離の方はしっかりと面談し、遠方で通えないという方は電話・メールでのサポートを希望しましょう。 マイナビ薬剤師に関しては休日の転職相談会を設けている点が他のエージェントと比較しても優れています。 保有している情報の豊富さ 転職エージェントは保有している求人は一緒でも保有している情報は異なります。 どういうことですか? 保有している情報とは「人間関係、残業やキャリアアップ」などの 求人情報には掲載されていない情報です。 これらの情報は求人掲載する企業とエージェントとの繋がりがなければ保有できない情報となります。 それぞれが保有している情報を公式サイトから見てみましょう 求人票以外の情報こそ転職の成功要因です。 採用担当者だけでなく現場の薬剤師さんからもしっかり現場の状況をお聞きしています。 条件面はもちろん、人間関係、残業やキャリアアップも丁寧にご説明します。 「どのような人がいるのか?」「スキルアップできる環境なのか?」「話の合う同世代がいるのか?」など、働く上で気になる情報を徹底的に事前調査することで、就業後に予想外の問題が起こらないよう最善を尽くします。 マイナビ薬剤師もリクナビ薬剤師も「知りたいことを知れる」環境が整っています。 求人情報で知りたいことがあったら遠慮なく聞いてみましょう! 10.コンサルタントの人数 コンサルタントの人数 32人 14人 拠点数 13拠点 4拠点 拠点に対する人数の割合 2. 4人 3. 5人 コンサルタントはたくさんいれば一人の求職者に対して割く時間が多くなりますので、できればたくさんいてもらえると安心です。 マイナビ薬剤師は32名。 リクナビ薬剤師は14名と他の薬剤師エージェントと比較するとどちらも非常にたくさんのコンサルタントが在籍しています。 ただしマイナビ薬剤師は13拠点に対して32名ですので、各拠点に2~3人程度といった割合になります。 リクナビ薬剤師は4拠点に対して14名ですので、拠点ごとに3~4名のコンサルタントとなります。 どちらが良いとはいいがたいですが、コンサルタントの人数が気になる方は上記を参考にしてください。 11.口コミ・評判 口コミ・評判 エリアごとにあり 項目ごとにあり ・北海道・東北(59件) ・信越・北陸(24件) ・首都圏(542件) ・東海(90件) ・関西(265件) ・中国・四国(38件) ・九州沖縄(59件) ・キャリアアップ(10件) ・家庭との両立(11件) ・お給料アップ(7件) ・復職・その他(8件) 転職エージェント選びに参考になる口コミや評判もそれぞれの公式サイトにしっかりと掲載されています。 リクナビ薬剤師は属性ごとに口コミを掲載しており、マイナビ薬剤師はエリアごとに口コミを掲載しています。 口コミ・評判の掲載数はマイナビ薬剤師が圧倒的です。 では 毎月新着の口コミが100件以上更新されるのでエリアごとにたくさんの口コミ・評判を見ることができます。 口コミ情報の鮮度と信憑性に関してはマイナビ薬剤師のほうが優れているといえるでしょう。 マイナビ薬剤師が毎月多くの人に利用されている証拠ですね! 12.運営会社(ブランド力) 企業名 株式会社 マイナビ 株式会社 リクルートメディカルキャリア 代表取締役社長 中川信行 長尾 吉祐 設立 昭和48年(1973年)8月15日 1979年9月 資本金 21億210万円 4,500万円 所在地 東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 〒105-0004 東京都港区新橋2-6-2 新橋アイマークビル4F それぞれの運営会社であるリクルートメディカルとマイナビはいずれも国内トップクラスのリーディングカンパニーです。 運営会社のブランド力に関しては大きな違いはないので安心して利用できるでしょう。 リクナビ薬剤師も優れたエージェントだがマイナビ薬剤師はさらに圧倒的! 転職検討中の方も早めの登録をおすすめします。 マイナビ薬剤師の登録方法 より公式サイトに移動します。 (ほとんど第一希望の場所の求人を紹介してくれます。 間違えのないように記入しましょう。 その他の希望条件があれば記入してください。 その他の希望条件には何を書けばいいの? 例えば• 就業希望時期について(急ぎ・情報収集)• 電話・メールでのサポートを希望• 特筆すべき点(身体障害など) 求人の条件などは登録後にコンサルタントに伝えればOKですが、面談前に伝えて起きたいことを記入しましょう! メールマガジンは転職ノウハウの詰まった情報が送られてきます。 損はありませんのでチェックすることをおすすめします。 マイナビ薬剤師は今なら登録でW特典! マイナビ薬剤師に登録すると今なら• 薬剤師転職サポートブック• 転職検討中の方でも必ず役に立つ情報ですので、マイナビ薬剤師への事前の登録をおすすめします。 マイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師の違いの比較を見たけどまだ決めきれない・・ という方は両方登録するという方法もあります。 リクナビNEXTの調べによると 転職成功者の転職エージェント利用者社数は1人4. 1社となっており、多くの方が複数の転職エージェントを活用していることがわかります。 これは薬剤師も例外ではありません。 総合力の・スピード内定が可能な。 どちらも活用することで転職成功確率が大きくあがるでしょう。 【まとめ】マイナビ薬剤師・リクナビ薬剤師の違い12項目徹底比較 薬剤師の転職には欠かせないマイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師の比較いかがだったでしょうか。 マイナビ薬剤師が優秀過ぎて驚いた方もいるのではないでしょうか。 マイナビ薬剤師・リクナビ薬剤師どちらも非常に優秀な転職エージェントですが、迷ったらから登録することをおすすめします。 利用者満足5年連続No. 1はのマイナビ薬剤師はサービス内容が突出しています。 是非・を活用して転職活動を成功させてください!.

次の

【転職で使うべき?】リクナビ薬剤師の口コミと評価【かんたん登録】

リクナビ 薬剤師

ドラッグストア業界は過去17年連続で売上高・店舗数ともに上昇を続けており、総売上高は現在7兆円超、将来的には10兆円規模といわれる成長分野です。 その中にあってグループ店舗数2100店を突破し、No. 1のポジションにあるのが私たちツルハです。 内500店舗を超える調剤薬局はドラッグストア併設型が中心。 さらに新規開局、店舗網を最大限に活かした既存のドラッグ店への開局を推進しています。 一方、海外でも積極出店を続けており、現在はタイに22店舗を展開。 早期のアジア地区30店舗実現を目指しています。 当面の目標は、2024年国内3,000店舗・売上高1兆円の達成。 長期的には世界20,000店舗・売上高6兆円のビジョンを掲げ、歩みを続けています。 ドラッグストアの薬剤師というと店舗運営にかかわる諸業務を行うイメージがあるかもしれませんが、ツルハでは一般職と薬剤師職の分業制を採用しているため、薬剤師には品出しやレジなどの仕事はありません。 入社後はまず、調剤部門かOTC部門かを選択。 各店舗または調剤薬局に配属となり、薬局長または店長を目指してキャリアを積んでいくことになります。 その後もスーパーバイザー、部長というキャリアアップの道があります。 また本社スタッフとして、教育・商品開発・システム構築・広報など、さまざまな分野で能力を発揮していくことも可能です。 制度面では育児短時間勤務制度などを整え、女性が無理なく働き続けられる環境も用意しています。 ツルハでは薬剤師国家試験対策予備校の薬学ゼミナールとコラボし、定期的に薬剤師国家試験対策セミナーをすべて生講義で開催。 内定者にはオンライン教室フルパッケージを全員にプレゼントするなど、全面的なバックアップ体制を整えています。 そして入社後は、まず新人薬剤師研修において、調剤・OTC医薬品・コミュニケーションの3つを中心とした体験型の研修を実施。 その後も2年次薬剤師研修やさまざまな薬剤師セミナー、調査研究セミナーや学術発表大会など、広い視野を持ちながら専門性を深めていける環境を用意しています。 全国の薬剤師の仲間と互いに刺激し合いスキルを高め合いながら、着実に成長のステップを昇って行くことが可能です。 会社データ 長期ビジョン 目標は、日本一。 世界20,000店舗への挑戦。 事業内容 ドラッグストア・調剤薬局チェーンの経営および介護事業 設立 創業 1929年5月6日 設立 1975年5月 資本金 42億5,200万円(2018年5月) 89億6,000万円(2018年5月連結) 従業員数 正社員 4,451名(2019年5月) 8,730名(グループ全体:2019年5月 売上高 6732億3,800万円(2018年5月連結) 7824億4,700万円(2019年5月連結) 代表者 代表取締役社長 鶴羽 順 本社住所 北海道札幌市東区北24条東20丁目1-21 店舗所在地(2019年2月15日現在) 2019年5月 グループ合計:2,103店舗 (調剤薬局内数563店舗) ツルハ店舗数:1,210店舗(調剤薬局内数249店舗) 北海道:400店舗(87店舗) 東北:476店舗(89店舗)【青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島】 関東・甲信:227店舗(48店舗)【茨城、栃木、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨、長野】 中部・関西:70店舗(21店舗)【愛知、滋賀、京都、大阪、兵庫、和歌山】 四国:20店舗(4店舗)【高知】 海外:23店舗【タイ】 業績推移(連結) 決算期 売上高 経常利益 経常利益率 ------------------------------------------------------- (2014. 5) 3,884億円 253億円 6. 5% (2015. 5) 4,404億円 279億円 6. 3% (2016. 5) 5,275億円 326億円 6. 2% (2017. 5) 5,770億円 386億円 6. 5) 6,732億円 402億円 6. 5) 7,824億円 433億円 6. 000店舗達成 7月 タイ国に出店 2013年 8月 株)スパークを吸収合併 8月 株)ウエダ薬局(和歌山県)の株式を取得し子会社化 10月 株)かもめ(高知県)から15店舗の事業を譲受け 11月 株)ウエダ薬局を吸収合併 12月 株)ハーティウォンツ(広島県)の株式を取得し子会社化 2015年 5月 株 ツルハが 株 リバースを吸収合併 8月 株 ウェルネス湖北(島根県)と 株 ハーティウォンツ(広島県)が合併し 株 ツルハグループドラッグ&ファーマシー(広島県)を設立 10月 株 レデイ薬局(愛媛)の株式を取得し子会社化 2017年 3月 京都府第一号店となる阪急桂駅西口店開店 4月 新潟県第一号店となる長岡愛宕店開店 9月 (株)杏林堂グループ・ホールディングス(静岡)の株式を取得し、 同社および(株)杏林堂薬局(静岡)を子会社化 10月 (株)くすりの福太郎が(株)ドラッグ・アーバン(東京)から ドラッグストア・調剤薬局3店舗の事業を譲受け 2018年 5月 株 ビー・アンド・ディーホールディングス(愛知県)の株式を取得し、 同社および 株 ビー・アンド・ディー(愛知県)を子会社化.

次の