お の うえ あきら。 植西聰の名言

植西聰の名言

お の うえ あきら

概要 [ ] 本作は、からの約3年かけて『』に連載された。 約30年という年月を丹念に語るスタイルが、池井戸潤としては新鮮であり、二人の主人公を対等に描く点というそれまでの作品と比べて革新的な要素が含まれている。 同時期に書かれた作品しては、他では『シャイロックの子供たち』『』『』がある。 しかし、本作の連載終了後、約8年間も単行本として出版されないままであったが、2017年にテレビドラマ化されたことがきっかけで、同年5月に書籍化された。 文庫オリジナルとして刊行された作品としては、『かばん屋の相続』『』に続いて第3作目となる。 物語の舞台は、1970年代前半から2000年代前半の約30年間、つまり、から、を背景としている。 あらすじ [ ] この節のが望まれています。 ( 2019年7月) 階堂 彬(かいどう あきら) 約束された次期社長という宿命に抗う、大企業・東海郵船の御曹司。 山崎 瑛(やまざき あきら) 過酷な運命に翻弄されながらも、理想を育んだ零細工場の息子。 階堂 雅恒 彬の祖父 階堂 一磨 彬の父親 階堂 晋 彬の叔父 階堂 崇 彬の叔父 階堂 龍馬 彬の弟 山崎 孝造 瑛の父 保原茂久 瑛の父の工場の従業員 三原比呂志 瑛の小学生時代の同級生 書誌情報 [ ]• アキラとあきら(2017年5月17日、、) テレビドラマ [ ] アキラとあきら ジャンル 原作 脚本 監督 出演者 音楽 製作 プロデューサー (WOWOW) 内丸摂子(東阪企画) 編集 高橋信之 製作 放送 放送チャンネル プライム 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 日曜 22:00 - 23:00 放送枠 放送分 60分 回数 9 の「」枠にて化され、からに放送された。 全9回。 池井戸潤原作小説をベースにしたテレビシリーズ。 第34回受賞作。 キャスト [ ] 主要人物 [ ] 階堂 彬 演 - 、(少年期)、(幼少期) 山崎 瑛 演 - 、(少年期)、(幼少期) 階堂家 [ ] 階堂 龍馬 演 - 、(幼少期) 彬の弟。 階堂 一磨 演 - 彬の父。 東海郵船社長。 階堂 晋 演 - 一磨の弟。 東海旭商会社長。 階堂 崇 演 - 一磨の弟。 東海旭観光社長。 階堂 幸子 演 - 彬の母。 階堂 雅伸 演 - 彬の祖父。 東海郵船前社長。 山崎家 [ ] 山崎 孝造 演 - 瑛の父。 山崎 淑子 演 - 瑛の母。 山崎 千春 演 - 妹。 松原 利治 演 - 祖父。 産業中央銀行 [ ] 安堂 章二 演 - 人事部。 彬の家庭教師。 水島 カンナ 演 - 羽根田 一雄 演 - 融資部長。 小島 直巳 演 - 本店営業四課。 伴埜 弘道 演 - 本店営業四課。 野崎 演 - 本店営業四課。 不動 公康 演 - 日本橋支店副支店長。 北村 和夫 演 - ケーズフーズ副社長。 難波 演 - 東海郵船経理部長。 日高 演 - 紀田 演 - 東海商会の経営コンサルタント。 宮本 演 - 東海リゾート。 演 - その他 [ ] 沢渡 裕行 演 - (友情出演) 大日ビール企画戦略担当。 井口 正信 演 - 井口製作所社長。 徳田 演 - 角田製薬経理部長。 滝沢 比呂志 演 - 、(少年期) 通称ガシャポン。 工藤 武志 演 - 銀行員。 長島 隆三 演 - 江幡 演 - 三友銀行。 島村 演 - 部長。 上畑 演 - デイリーキッチン社長。 スタッフ [ ]• 脚本:• 監督:、• 音楽:• 撮影:石井浩一• 編集:高橋信之• 会計監修:恩田勲(GTM総研)、朝日良平(GTM総研)• 法律監修:藤松文• 銀行員所作:袴田利• 医療指導:中澤暁雄、山本昌督• プロデューサー:()、内丸摂子()• 製作:WOWOW、東阪企画 放送日程 [ ] 各話 放送日 監督 第1話 7月 09日 水谷俊之 第2話 7月16日 第3話 7月23日 第4話 7月30日 鈴木浩介 第5話 8月 06日 第6話 8月13日 水谷俊之 第7話 8月20日 第8話 8月27日 鈴木浩介 最終話 9月 03日 受賞 [ ]• 第34回• グランプリ•

次の

アキラとあきら

お の うえ あきら

来歴 [ ]• 、を経て、音楽学部作曲科でに師事。 在学中からCM音楽を初めとする作編曲、キーボード演奏の活動を始める。 1970年代後半からグループ(パラシュート)やのユニットに参加。 また、のヒット曲にキーボード奏者として参加。 1981年、の『』、同アルバム『REFLECTIONS』で編曲賞受賞。 同年、『GRAVITATIONS』(ASPEC TV-CM)でソロアーティストとしてデビュー。 1982年にデビューアルバム『予言者の夢(PROPHETIC DREAM)』を発表し、以降、13枚のオリジナルアルバムを発表。 1980年代、在籍していたの「ニューウェーブ4人衆」(、、、井上鑑)の一角として注目を浴びた。 1985年頃からは、海外アーティストとも頻繁に交流し、1989年からにも拠点を置いて活動する。 1988年には『SARDANA 〜に捧ぐ』として、自作曲および『』などの民謡を主題にした数曲を、チェリストである父親らとのユニットにて演奏発表する(1988年9月6日 御茶ノ水)。 1990年代後半には、5人の、、、キーボードのユニット「THE VOICE PROJECT」、( 、()との「R. M」、川村昌子(琴)とのプロジェクト、吉川忠英とのアコースティックDUOなどをプロデュース、CD制作、ライヴ活動を展開。 1996年より音楽デザイン科講師。 、の『葉っぱのフレディ』にサウンドプロデュース及び編曲家として参加。 中村明一()とのプロジェクト「遊牧座」コンサート、とのポエトリーリーディングコラボレーションなどを行う。 またギタリストの紹介で、のレコーディングにキーボーディストとして初参加。 以降彼のほとんどの作品にアレンジャーとして携わる。 2001年、日中友好使節としてで2回のコンサートに音楽監督として参加、出演し、北京音楽院の教授、学生らと共演。 2003年、番組『あなたが選ぶ時代の歌』に音楽監督として出演。 2011年、山木秀夫(ドラム 、(ベース)、()と組んだインストゥルメンタルバンド・井山大今(いのやまだいこん)のアルバム「井山大今」を発表。 バンド名は各メンバーの名前(または愛称)から1字ずつを取ったもの。 活動 [ ]• (アレンジで関わっている作品もある)、プロデューサー・として、、、、、、、、、、らのアルバムやコンサートに参加している。 2006年11月6日放送の『』に本人がゲスト出演した際に、「『ペッパー警部』以外のの曲にキーボーディストとして参加している」と言っている。 また放映当時、アレンジャーとして関わっていた所ジョージがキャラになったCGアニメ『』の番組前期の音楽も担当する。 アルバムプロデュース、或いはサウンドプロデュースしたアーティストは、、、、、、我如古より子、川村昌子()、THE VOICE PROJECT、、、、(チェロ)、()、(胡)、()、、()など多数。 特にとは「自称・師弟関係」というほどの繋がりがあり、70年代から80年代の参加を通して様々なことを学んだと語っている。 90年代に入って大瀧が活動再開した際も、ほぼ全てのレコーディングに参加している。 「世田谷・九条の会」呼びかけ人を務めている。 「と首脳との直接対話を求める声明文」に賛同者として名を連ねている。 ディスコグラフィ [ ] シングル [ ]• GRAVITATIONS/CALAIDOSCOPIO(1981年10月1日、) 「ASPEC」CMソング• レティシア/ロプ・ノール(1982年1月21日、東芝EMI/Express) 横浜タイヤ「ASPEC」CMソング• SUBWAY-HERO/アポカリプス戦線(1982年4月1日、東芝EMI/Express)• KICK-IT-OUT!! /夏の夜の夢:オースゴールストランの海辺(1982年12月1日、東芝EMI/Express)• アドリアン・ブルー/Karsavins-ニジンスキーの翼(1983年、東芝EMI/Express)• PROPHETIC DREAM(1982年3月1日、東芝EMI/Express)• CRYPTOGRAM(1982年12月1日、東芝EMI/Express)• SPLASH(1983年10月1日、東芝EMI/Express)• 架空庭園論(1985年3月1日、東芝EMI/Express)• SYSTEM OVERLOAD(1988年5月21日、SWITCH)• SHO-NEN• アルバム ほぼアレンジ参加• TROUBLE IN PARADISE• ミス・ファイン• 涙のクレッシェンド• 雨のリグレット• ジンで朝まで• エスケイプ• 男と女• シーサイド・ショット• 夏の行方• 誰がために…• 優しさが瞳にしみる• バチェラー・ガール• Bad Dream• プリテンダー• ソロサピエンス• Be Love• アルバム『』(Niagara Fall of Sound Orchestral名義、演奏)• 『NIAGARA SONG BOOK 2』(同上)• か行 [ ]• (甲斐バンドと共作)• 危険な予感• 共にとの共同アレンジ• (12インチ)• 涙のつづれ糸• さ行 [ ]• ラブジャックサマー• 夢見るマイ・ボーイ• 悲しみよりもそばにいる• サヨナラ City Light• 輝きは君の中に• た行 [ ]• 同じ時代に生まれて• Tears Macerate Reason(dedicated to SPIDERMAN2)• 白い闇• 夢の雫バージョン• Twinkle Million RendezvousUNDER:COVERバージョン• リトル・ダーリン• 愛のナイチンゲール• 青春のEVERGREEN• 永遠がいい• Long Distance Call. 飛行少年• 回転扉• ラクダの商人• 僕の犬• (『』エンディングテーマ)• ご心配なく• DOKIDOKIパニック• 痛快 な行 [ ]• 不思議• との共同アレンジ• は行 [ ]• 素直になりたい• 星化粧ハレー• ひときれの恋• 愛のチャンピオン• アルバム「」のプロデュース• 君のために雪を降らそう• 愛情レストラン• (2000年以降の主な楽曲のほとんど)• 福山雅治との共同アレンジ• サルウェージュ• ひとひらの夢• SHINE• レッツ オンド アゲイン ま行 [ ]• や行以降 [ ]• 僕の宝物• ブルーナイト・ブルー• 夏の恋・ジェラシー• 冷たく優しく• ロンリー・トゥナイト• SHINING ROOM• RETURN TO 1974• LOVE LETTER ON THE SIDE SEAT• 恋のマッド・ゲーム• SUNRISE HIGHWAY• FLY TO ME• LAST GOOD-BYE• 夜へHURRY UP• MAY STORM• IN SUMMER DAY• CATHERINE• 愛して• (1984年)• (1984年)• (1985年)• (1987年)• (1994年)• (1997年)• (2000年)• (2004年)• (2011年)• (2013年)• 劇中歌「私の世界」、「初恋は片思い」、「地獄の使者」の作曲・編曲も担当。 (2014年)• (2015年) 著書 [ ]• 『カルサヴィーナ カセットブックシリーズ〈seed 4〉 』 1984年11月• DU BOOKS『ニッポンの編曲家 歌謡曲/ニューミュージック時代を支えたアレンジャーたち』(川瀬泰雄・吉田格・梶田昌史・田渕浩久 著)2016年 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• 井上鑑 公式サイト. 2020年2月5日閲覧。 外部リンク [ ]• この項目は、(・・・・など)に関連した です。

次の

“あきら”という名前の女の子…“あきら ”という名前の女性は実際にはいま...

お の うえ あきら

来歴 [ ]• 、を経て、音楽学部作曲科でに師事。 在学中からCM音楽を初めとする作編曲、キーボード演奏の活動を始める。 1970年代後半からグループ(パラシュート)やのユニットに参加。 また、のヒット曲にキーボード奏者として参加。 1981年、の『』、同アルバム『REFLECTIONS』で編曲賞受賞。 同年、『GRAVITATIONS』(ASPEC TV-CM)でソロアーティストとしてデビュー。 1982年にデビューアルバム『予言者の夢(PROPHETIC DREAM)』を発表し、以降、13枚のオリジナルアルバムを発表。 1980年代、在籍していたの「ニューウェーブ4人衆」(、、、井上鑑)の一角として注目を浴びた。 1985年頃からは、海外アーティストとも頻繁に交流し、1989年からにも拠点を置いて活動する。 1988年には『SARDANA 〜に捧ぐ』として、自作曲および『』などの民謡を主題にした数曲を、チェリストである父親らとのユニットにて演奏発表する(1988年9月6日 御茶ノ水)。 1990年代後半には、5人の、、、キーボードのユニット「THE VOICE PROJECT」、( 、()との「R. M」、川村昌子(琴)とのプロジェクト、吉川忠英とのアコースティックDUOなどをプロデュース、CD制作、ライヴ活動を展開。 1996年より音楽デザイン科講師。 、の『葉っぱのフレディ』にサウンドプロデュース及び編曲家として参加。 中村明一()とのプロジェクト「遊牧座」コンサート、とのポエトリーリーディングコラボレーションなどを行う。 またギタリストの紹介で、のレコーディングにキーボーディストとして初参加。 以降彼のほとんどの作品にアレンジャーとして携わる。 2001年、日中友好使節としてで2回のコンサートに音楽監督として参加、出演し、北京音楽院の教授、学生らと共演。 2003年、番組『あなたが選ぶ時代の歌』に音楽監督として出演。 2011年、山木秀夫(ドラム 、(ベース)、()と組んだインストゥルメンタルバンド・井山大今(いのやまだいこん)のアルバム「井山大今」を発表。 バンド名は各メンバーの名前(または愛称)から1字ずつを取ったもの。 活動 [ ]• (アレンジで関わっている作品もある)、プロデューサー・として、、、、、、、、、、らのアルバムやコンサートに参加している。 2006年11月6日放送の『』に本人がゲスト出演した際に、「『ペッパー警部』以外のの曲にキーボーディストとして参加している」と言っている。 また放映当時、アレンジャーとして関わっていた所ジョージがキャラになったCGアニメ『』の番組前期の音楽も担当する。 アルバムプロデュース、或いはサウンドプロデュースしたアーティストは、、、、、、我如古より子、川村昌子()、THE VOICE PROJECT、、、、(チェロ)、()、(胡)、()、、()など多数。 特にとは「自称・師弟関係」というほどの繋がりがあり、70年代から80年代の参加を通して様々なことを学んだと語っている。 90年代に入って大瀧が活動再開した際も、ほぼ全てのレコーディングに参加している。 「世田谷・九条の会」呼びかけ人を務めている。 「と首脳との直接対話を求める声明文」に賛同者として名を連ねている。 ディスコグラフィ [ ] シングル [ ]• GRAVITATIONS/CALAIDOSCOPIO(1981年10月1日、) 「ASPEC」CMソング• レティシア/ロプ・ノール(1982年1月21日、東芝EMI/Express) 横浜タイヤ「ASPEC」CMソング• SUBWAY-HERO/アポカリプス戦線(1982年4月1日、東芝EMI/Express)• KICK-IT-OUT!! /夏の夜の夢:オースゴールストランの海辺(1982年12月1日、東芝EMI/Express)• アドリアン・ブルー/Karsavins-ニジンスキーの翼(1983年、東芝EMI/Express)• PROPHETIC DREAM(1982年3月1日、東芝EMI/Express)• CRYPTOGRAM(1982年12月1日、東芝EMI/Express)• SPLASH(1983年10月1日、東芝EMI/Express)• 架空庭園論(1985年3月1日、東芝EMI/Express)• SYSTEM OVERLOAD(1988年5月21日、SWITCH)• SHO-NEN• アルバム ほぼアレンジ参加• TROUBLE IN PARADISE• ミス・ファイン• 涙のクレッシェンド• 雨のリグレット• ジンで朝まで• エスケイプ• 男と女• シーサイド・ショット• 夏の行方• 誰がために…• 優しさが瞳にしみる• バチェラー・ガール• Bad Dream• プリテンダー• ソロサピエンス• Be Love• アルバム『』(Niagara Fall of Sound Orchestral名義、演奏)• 『NIAGARA SONG BOOK 2』(同上)• か行 [ ]• (甲斐バンドと共作)• 危険な予感• 共にとの共同アレンジ• (12インチ)• 涙のつづれ糸• さ行 [ ]• ラブジャックサマー• 夢見るマイ・ボーイ• 悲しみよりもそばにいる• サヨナラ City Light• 輝きは君の中に• た行 [ ]• 同じ時代に生まれて• Tears Macerate Reason(dedicated to SPIDERMAN2)• 白い闇• 夢の雫バージョン• Twinkle Million RendezvousUNDER:COVERバージョン• リトル・ダーリン• 愛のナイチンゲール• 青春のEVERGREEN• 永遠がいい• Long Distance Call. 飛行少年• 回転扉• ラクダの商人• 僕の犬• (『』エンディングテーマ)• ご心配なく• DOKIDOKIパニック• 痛快 な行 [ ]• 不思議• との共同アレンジ• は行 [ ]• 素直になりたい• 星化粧ハレー• ひときれの恋• 愛のチャンピオン• アルバム「」のプロデュース• 君のために雪を降らそう• 愛情レストラン• (2000年以降の主な楽曲のほとんど)• 福山雅治との共同アレンジ• サルウェージュ• ひとひらの夢• SHINE• レッツ オンド アゲイン ま行 [ ]• や行以降 [ ]• 僕の宝物• ブルーナイト・ブルー• 夏の恋・ジェラシー• 冷たく優しく• ロンリー・トゥナイト• SHINING ROOM• RETURN TO 1974• LOVE LETTER ON THE SIDE SEAT• 恋のマッド・ゲーム• SUNRISE HIGHWAY• FLY TO ME• LAST GOOD-BYE• 夜へHURRY UP• MAY STORM• IN SUMMER DAY• CATHERINE• 愛して• (1984年)• (1984年)• (1985年)• (1987年)• (1994年)• (1997年)• (2000年)• (2004年)• (2011年)• (2013年)• 劇中歌「私の世界」、「初恋は片思い」、「地獄の使者」の作曲・編曲も担当。 (2014年)• (2015年) 著書 [ ]• 『カルサヴィーナ カセットブックシリーズ〈seed 4〉 』 1984年11月• DU BOOKS『ニッポンの編曲家 歌謡曲/ニューミュージック時代を支えたアレンジャーたち』(川瀬泰雄・吉田格・梶田昌史・田渕浩久 著)2016年 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• 井上鑑 公式サイト. 2020年2月5日閲覧。 外部リンク [ ]• この項目は、(・・・・など)に関連した です。

次の