ヤりたい事が見つからない診断。 ヤりたい仕事がない人の仕事の見つけ方7選

やりたいことが見つからない人がまずやるべき3つのこと

ヤりたい事が見つからない診断

コンテンツ目次• やりたいことが見つからないとお悩みの方は、まずは職業という観点に縛られず「自分の好きなこと」を思い出してみてください。 スポーツ、料理、ゲーム、絵を描くこと… 自分の才能のレベルや仕事に結びつくかという視点はひとまず置いて、子供の頃の夢や趣味を何でも書き出していきましょう。 好きなこと以外にも、 今までの人生で満足度や達成感が高かった経験を思い出すのも適職を探すヒントになります。 「小学校での学級委員が楽しかった」という人は、ひょっとしたら人をまとめる仕事に向いているかもしれません。 ある程度好きなことがリスト化できたら、そこから連想できる仕事を考えていきます。 ここでもあまり難しくは考えず、連想ゲームのように思い浮かぶ仕事や職場を書き出してみてください。 やり方がわからない人は以下の例を参考にしたり、インターネットでどんな仕事があるのか調べても良いでしょう。 興味を惹かれる職種があれば詳しく調べ、 向いている人の特徴や業界の様子、どんな活躍の場があるのかを知っていきましょう。 憧れやイメージで就職すると、働き始めてから「この業務は自分に向いていなかった」と挫折してしまうことがあります。 働き始めてからのミスマッチを防ぐためには、就こうとしている仕事について調べると同時に、自分の興味や向き不向きの方向性を知ることが大切。 自分について深く知るためには、好きな事柄だけではなく「 これだけは避けたい」「 これは自分には向いていない」といった要素を明らかにすることがポイントです。 ただ、注意したいのは、「やりたくないこと」ばかりでは仕事は見つかりません。 自分の好きな業務だけできて残業がゼロで、給与が高い… そんな100%理想の仕事を見つけるのは現実的ではないので、「ここは嫌だけどその他は頑張れる」という 妥協点を見つける必要はあるでしょう。 親しい人はあなたのことを自分が思った以上によく見ているものですし、自分では思いもよらなかったアドバイスをくれるかもしれません。 また、周りの人たちが就いている仕事について聞くと、働くイメージが掴みやすくなります。 仕事を探す際は視野を狭めず、自分の知らない業界や職業を知ることが大切なので、話を聞くチャンスがあるなら積極的に情報収集してみましょう。 周囲にアドバイスをくれる人がいない、なかなか相談しづらいという場合は、若年層の就職支援に特化したハタラクティブにご相談ください。 ハタラクティブでは就職を目的としたカウンセリングを実施し、求職者の方の適性や強み、向いている仕事を見極めていきます。 就職活動のやり方がわからないという方にも初歩から指導いたしますので、ぜひ安心してご登録ください!.

次の

何がしたいかわからない人生、好きなことがわからない心理や仕事に効く誕生日診断とは|ソウルフル数秘術

ヤりたい事が見つからない診断

今の生活のままでは不満もあれば不安もある。 だけどやりたいことが見つからない・・・ 30代になれば、20代のようにはいかないこともありますね。 ですが、 30代は 人生に迷う年代でもあります。 それは、 これまで20代の頃は、我武者羅にやってきたことも、 30代では、落ち着き始めたり将来のことを考えるようになったりと、 今の 自分自身を見つめるようになってくるからです。 今までは、目の前の現実ばかりに目がいっていたのが、 友人が起業した、凄い先生に出会った、身近な人の生死に直面したなど、 身の回りの変化によって、自分自身を見つめはじめていきます。 そのときに気づくのです。 「自分は、 本当はなにがしたいのだろう?」 やっと気づきはじめたのですが、なにをどうしていいのか分からない。 まるでサバンナのど真ん中に、丸腰で立たされているかのような、 そんな無防備で生きていた自分に気づかれます。 今回は、やりたいことが見つからない30代の自分の見つけ方をお伝えいます。 (前回は、 にて、 やりたいことがないと嘆く人へ、やりたい仕事を見つけるヒントを紹介しました。 ) [ad co-1] 記事の目次• 人生は有限 20代の頃と、30代の頃との時間の流れは違います。 20代では無条件に自分の可能性を信じて行動ができました。 それは、 やはり「20代はやり直しがきく」と世の中で言われているからです。 事実、仕事を辞めるにしても30代ほど悩みません。 ある程度は、好奇心で臨んでいけることも許されるところも多いです。 転職という、仕事の業種そのものを変えることさえ、 30代のように深刻には、さほどならないものだったと思います。 ところが、 30代では、抱く夢や希望も現実てきになります。 30代は人生の中盤になっていくので、ある程度の時間が見えてくるのです。 「俺はこのままサラリーマンを続けるのか・・・」 ふとこのような思いになってしまうのは、 人生が有限であることを、リアルに感じはじめたからこそです。 それもはっきりとではなく、何となく感じはじめた感じではないでしょうか。 人生は有限だと気づくこと。 それは自分の本当の生き方を見つけるためのスタートとも言えます。 それが「自分探しの旅」のはじまりです。 どんな40代になりたいですか? 僕も20代はサラリーマンをしていました。 スポンサーリンク そして30代になった今は、脱サラしてフリーランスになりました。 この2つを経験して明らかに違う点があることに気づきました。 それは、 どんな40代に なりたいかです。 40代をどんな風に過ごしたいのか、 いえ、40代をはじめとした今後の 人生の設計図です。 「俺はこのままサラリーマンを続けるのか・・・」 という状態では、未来など描けていないのは明らかです。 決してサラリーマンに将来がないと言っている訳ではありませんし、 独立しても将来に不安を抱えて生きることに変わりはありません。 ただ、僕個人としてはこの2つの違いを経験しました。 今、やりたいことが見つからないと感じているなら、 40代ではどんな風に過ごしてみたいのかをイメージしてみてはいかがでしょうか。 今ある現実は一切無視して、自由に思い描いてみるのです。 大自然の美しい風景を見たときに、 「自分の悩みなんて、ホントちっぽけなもんなんだな・・・」 と思えるくらい、 心に何かを感じるものを見つけることです。 自分探しの旅とは、そのような 情熱に出会うことなのです。 頑張りすぎて自分を犠牲にしない 精神的に辛いとか、心が苦しくなってうつ病になってしまうとか、 仕事ばかりに集中することは人生のムダ遣いと同じです。 それが自分の人生を心から充実させてくれるのなら構いません。 もし30代を充実して過ごしているなら、あなたはとても素晴らしいと思います。 もしそうでないとするならば、以下のことを意識しましょう。 他人の目を気にし過ぎない• やりたいことを見つけたら1年以上は継続する• 30代だからと安全な道ばかりを選ばない• 仕事ばかりに時間を費やさない• 自己投資をして違う生き方を模索する• チャンスを掴むため受け身の姿勢にならない• 理屈だけじゃなく経験にお金を掛けて腑に落とす そして、• 年齢を言い訳にしないこと この中からピンときたものだけで構いません。 今から、生き方を変えるために意識してみてください。 やりたいことが見つけるために やりたいことを見つけるために僕が言えることは、 今までの生活とは、 まったく異なる経験をすることです。 僕は27歳になってNLP実践心理学を学びました。 その後はコーチングを学び延べ300人とセッションをしました。 まったく異なる経験をし続けることは、 もの事の見方や考え方が自然と変化していきます。 つまり、 同じ経験でも感じ方が変わってくるので、 結果として自分の生き方にピンときやすいのです。 行動しているので、それだけアンテナを貼るようになるからです。 やりたいことが見つからない30代は多いです。 人生に迷いを感じはじめたときが自分を変えるチャンスだと思います。 そこででは、 やりたいことを見つけるための知られざる 視点についてお伝えしています。 35歳を区切りに自分の生き方を変えたい人にぜひお勧めです。 30代で自分をみつけられることを祈っています。 スポンサーリンク.

次の

ヤりたい仕事が見つからない診断|自分に合った仕事が見つかる!│ジョブシフト

ヤりたい事が見つからない診断

「やりたい仕事がない」と思っている人の特徴• それぞれの特徴について、見ていきましょう。 【やりたい仕事がない原因その1】自分自身を理解してない 自分自身のことは「理解しているつもりでも、本当はよく分かっていない」という人は多いです。 就職や転職活動で、もっとも大切なのは「自分を知る」ということ。 長所や短所、働くうえで大切に思っていることなど自分の性格や価値観を理解できていない人は、やりたい仕事も見つけにくくなります。 ノートやメモ帳に「自分の性格」「好きなこと」「昔憧れていた職業」など、自身について思い当たることをどんどん書き出してみてください。 「細かい作業が好き」「人の話を聞くのが好き」「動物が好き」など、自分の傾向を分析すれば、やりたい仕事や向いている仕事が自然と見えてくるはずです。 合わせて読みたい! 【やりたい仕事がない原因その2】将来が不安で決められない 結婚や出産、親の介護など、今後起こり得る環境の変化を気にしすぎると、自分のやりたい仕事が分からなくなってしまいます。 せっかく「やりがいのある仕事」を見つけても、その仕事に就けるチャンスを逃してしまう可能性も。 自分の将来ばかりに気を取られている人は、一旦将来のことは置いて「今自分が本当にやりたい」と思うことを考えてみましょう。 また「土日休み」「年収〇〇万」「実家から通いやすい場所」など、自分のなかで決めつけていた条件が本当に重要なのかどうか、見つめなおすことも大切です。 条件を1つ外すだけでも、業種・職種の選択肢が一気に広がりますよ。 【やりたい仕事がない原因その3】周りの目や意見がとても気になる 周りの人から「カッコイイ」「羨ましい」と思われる仕事がしたいなどと、他人の目ばかりを気にしている人は、自分のやりたい仕事がなかなか見つかりません。 また「この仕事向いてないんじゃないの?」と誰かに自分を否定されるのが怖くて、自分のやりたい仕事から遠ざかってしまうのも、非常にもったいないです。 他人の意見に耳を傾けることは大切ですが、人の意見にすべて流されてしまうと本当の自分が見えなくなってしまいます。 人にどう思われるかよりも、「自分はどうしたいのか?」を基準に考えることが大切です。 まずは自分の感情に対して、素直になってみましょう。 意外な特技や趣味が見つかって、自分のやりたい仕事につながっていくかもしれませんよ。 【やりたい仕事がない原因その4】とにかく今の仕事が嫌だ 「とにかく今の仕事が嫌だから」という理由で、やりたい仕事をやみくもに探している人は要注意。 たとえ次の仕事が見つかったとしても、また同じような問題に直面して無意味な転職を繰り返す恐れがあります。 やりたい仕事を探すよりも、まず「今の辛い状況を改善できないかどうか」を考えることが大切です。 「人間関係」「労働環境」「待遇」など仕事が嫌な理由を追求して、それぞれの問題を解決できるかどうか、じっくりと考えてみましょう。 「仕事を辞めたい」「仕事をしたくない」ときの解決策や対処法は、次の記事を参考にしてください。 ただし状況がよいとも言い切れません。 40代で転職する場合は、働く条件を絞り込み過ぎないようにしましょう。 40代になると働く環境や住居、生活習慣などがほぼ定まってくるので、そういった日常の変化を恐れる傾向があります。 そのため「やりたい仕事」や「転職」を考えるときに、「年収」「勤務地」「形態」などの条件を無意識に絞り込みすぎてしまうのです。 仕事の条件を細かく絞り込むと当然求人数は少なくなり、その結果「やりたい仕事が見つからない」という結論にいたってしまうことも。 本当に自分のやりたい仕事を見つけたいのであれば、お金や時間などの制限をなくしたうえで「自分のやりたいこと」「好きなこと」を追求していくことが大切です。 また「どのような人になりたいのか」理想の自分像を思い描くことで、やりたい仕事が見えてくることもありますよ。

次の