スノー ホワイト 映画。 スノーホワイト

スノーホワイトのレビュー・感想・評価

スノー ホワイト 映画

監督は ()、主演はが務めた。 に公開された映画『』をリメイクした作品で、オリジナル版と同じハンス・ペテル・モランドが監督を務めている。 ストーリー [ ] ネルソン・コックスマン(ネルズ)は近くのリゾート地で除雪業を営んでおり、町から表彰されるほどの働きぶりを見せていた。 ネルズは幸福な生活を送っていたが、息子が何者かに殺されたことをきっかけに、その生活は一変することとなった。 ネルズは独自に捜査を行い、息子を殺したのが悪名高いギャングの親玉(バイキング)であることを知った。 ネルズには戦闘経験はなかったが、趣味の狩猟で培った射撃スキルが備わっていた。 ネルズは息子の敵を取るべく、バイキングたちを皆殺しにする決意を固めた。 バイキングは復讐の鬼と化したネルズの襲撃を他のギャングの攻撃と勘違いしてしまった。 その結果、二つのギャングの間で闘争が発生することとなった。 ところが、ネルズはそれを意に介そうとはしなかった。 彼を止められるものはもうどこにも存在しなかったのである。 ネルソン・コックスマン(ネルズ): ()• バイキング: ()()• ホワイトブル: ()()• キム・ダッシュ: ()• グレース・コックスマン: ()• マスタング:• アヤ: ()• ギップ:• オスガルド刑事: ()• ブロック・コックスマン(ウィングマン): ()• ソープ: ()• デクスター:• シヴ: クリストファー・ローガン• スモーク: ()• ウィンデックス: () 製作 [ ] 1月31日、ハンス・ペテル・モランド監督の新作映画『 Hard Powder』にリーアム・ニーソンが出演するとの報道があった。 3月14日、ドメニク・ランバルドッツィの出演が決まったと報じられた。 15日、エミー・ロッサムがキャスト入りした。 16日、ベンジャミン・ホリングスワースが起用されたと報じられた。 24日、ローラ・ダーンが本作に出演するとの報道があった。 28日、ジュリア・ジョーンズが本作の出演交渉に臨んでいると報じられた。 29日、ジョン・ドーマンの出演が決まった。 4月5日、アレクス・ポーノヴィッチがキャスト入りした。 撮影 [ ] 2017年3月、本作のがので始まった。 公開・マーケティング [ ] 2017年11月2日、サミット・エンターテインメントが本作の全米配給権を獲得したと報じられた。 2018年10月25日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された。 その際、本作のタイトルは『 Hard Powder』から『 Cold Pursuit』に変更された。 2019年2月4日、リーアム・ニーソンがインタビューで「昔、友人が黒人にレイプされたと聞いたとき、私は町に出て黒人を殺そうとしてしまった。 これは恐ろしいことである。 」という主旨の告白をしたところ 、それがだと糾弾され炎上した。 その後、本人が釈明コメントを出したが 、事態は一向に沈静化しなかった。 その結果、本作のレッドカーペットが中止になったり、ニーソンの『 』出演が取りやめになったりするなどした。 興行収入 [ ] 本作は『』、『』、『』と同じ週に封切られ、公開初週末に950万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが 、実際の数字はそれを若干上回るものとなった。 2019年2月8日、本作は全米2630館で公開され、公開初週末に1103万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場3位となった。 評価 [ ] 本作は批評家から好意的に評価されている。 22点となっている。 サイト側による批評家の見解の要約は「『スノー・ロワイヤル』は観客がリーアム・ニーソン主演の映画に期待するアクションを届けている。 同作にはユーモアや洗練されたストーリーラインもあり、そのお陰で滅多にない上質のリメイク作品となっている。 」となっている。 なお、本作の ()はB-となっている。 出典 [ ]• com. 2019年2月14日閲覧。 Hollywood Reporter 2019年2月10日. 2019年2月14日閲覧。 Box Office Mojo. 2019年8月16日閲覧。 2019年8月14日. 2019年8月16日閲覧。 Hollywood Reporter 2017年1月31日. 2019年2月2日閲覧。 Deadline. com 2017年3月14日. 2019年2月2日閲覧。 Deadline. com 2017年3月15日. 2019年2月2日閲覧。 Deadline. com 2017年3月16日. 2019年2月2日閲覧。 Deadline. com 2017年3月24日. 2019年2月2日閲覧。 Deadline. com 2017年3月28日. 2019年2月2日閲覧。 Deadline. com 2017年3月29日. 2019年2月2日閲覧。 Deadline. com 2017年4月5日. 2019年2月2日閲覧。 Whats Filming 2017年4月10日. 2019年2月2日閲覧。 Variety 2017年11月2日. 2019年2月2日閲覧。 2019年2月2日閲覧。 Independent 2019年2月4日. 2019年2月8日閲覧。 CNN 2019年2月5日. 2019年2月8日閲覧。 Independent 2019年2月8日. 2019年2月8日閲覧。 USA Today 2019年2月5日. 2019年2月8日閲覧。 Box Office Mojo 2019年2月7日. 2019年2月14日閲覧。 Box Office Mojo. 2019年2月14日閲覧。 Rotten Tomatoes. 2019年3月7日閲覧。 Metacritic. 2019年3月7日閲覧。 Twitter. 2019年3月7日閲覧。 外部リンク [ ]• (英語)• (日本語)• - (英語) この項目は、に関連した です。

次の

映画『スノー・ロワイヤル』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ニーセン初の父子共演作!

スノー ホワイト 映画

全世界15ヵ国 初登場NO. しかし勘違いが勘違いを呼び、2つのマフィアと警察を巻き込みながら、もはや収拾のつかない四つ巴の戦いへと発展していく。 模範市民になった直後にキレてしまう主人公を始め、健康志向の麻薬王、年間100泊でモーテルの清掃員ナンパに命がけのギャング、すぐ謝るギャング、自ら受けた依頼をターゲットにすぐ密告する殺し屋、性格が乙女な組織の中年幹部、静かな田舎で起きた殺人事件に「事件キター!!」とテンションあがる警察など、登場人物が全てクセモノ。 海外ではタランティーノ作品、『ファーゴ』に言及するレビューも見られるなど、これまでのリーアム主演の復讐モノとは明らかに一線を画す作品となった。 しかし、米大手映画レビューサイトRotten Tomatesでは、これまでのリーアム主演のアクション・サスペンスの作品の中で最も高い評価を得ているなど、作品保証はバッチリ。 リーアム・ニーソン Liam Neeson 模範市民賞の除雪作業員 ネルズ・コックスマン 1952年生まれ。 舞台俳優としてキャリアをスタートさせた後、『エクスカリバー』(81)で映画デビュー。 近年は『96時間』シリーズ(08、12、14)や『アンノウン』(11)、『フライト・ゲーム』(14)、『ラン・オールナイト』(15)、『トレイン・ミッション』(18)などアクション映画への出演が多く、新たなファンを獲得している。 その他の作品に『マイケル・コリンズ』(96)、『愛についてのキンゼイ・レポート』(04)、『特攻野郎Aチーム』(10)、『バトルシップ』(12)、『沈黙-サイレンス-』(16)、『メン・イン・ブラック:インターナショナル』(19)などがある。 ハンス・ペテル モランド Hans Petter Moland 監督 1955年生まれ。 ノルウェーの鬼才と呼ばれ、『スノー・ロワイヤル』は、ステラン・スカルスガルドが主演しモランドが監督したノルウェー映画『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』(14)をセルフリメイクした作品である。 オリジナル作品は2014年ベルリン国際映画祭のコンペティション部門でワールド・プレミア上映された。 2016年に監督した『特捜部Q Pからのメッセージ』は高評を得、デンマークで2016年興行成績1位を達成するなど商業的にも成功を収めた。 最近作は批評家に称賛され、数々の賞を受賞したペール・ペッテルソンによる原作に基づく長編『Out Stealing Horses』で、2019年のベルリン国際映画祭コンペ部門に出品された。

次の

スノーホワイトのレビュー・感想・評価

スノー ホワイト 映画

ー公開当時、劇場で鑑賞したが、余りピンと来なかった作品。 -当時、全く無名の子役さんで印象が無いが、今や立派な前途有望な若手女優さんである。 ー ・スノー・ホワイトの少女時代を演じている。 当たり前だが、可愛い。 2.クリステン・スチュワートさんが観たかった。 -今作以降、作品に恵まれていない感があったが、近年良作に出演されるようになり、良かった良かった。 個人的な理由でファンでもある。 ー ・いやあ、甲冑姿も美しき、闘うお姫様。 似合っています。 3.シャーリーズ姉さんが観たかった。 【8年振りに再見して一番ビックリした人。 】 当時は気にもかけなかったが、2019年公開作、「ロング・ショット」「スキャンダル」で演じた姿と何ら変わりなし! 若い娘の精気を栄養にしているんですか?シャーリーズ姉さん・・(すいません・・) 体重も自由自在。 年齢も自由自在・・。 魔法使いの怖ろしき女王ラヴェンナと被って見えてしまいましたよ・・。 4.オマケ クリス・ヘムズワースさんも少し観たかった。 ・変わらないなあ・・。 貴方も実は魔物かな? <7人の小人が名優揃いな事にも驚いた。 エディ・マーサン、トビー・ジョーンズ、ニック・フロスト・・。 「アリス・イン・ワンダーランド」のスタッフの方々、「もののけ姫」大好きなんだなあ、と思った作品でもある。 > <2012年7月 シネプレックス〇〇劇場にて鑑賞。 今は名前が変わってます。 > <2020年6月 別媒体にて再鑑賞> ネタバレ! クリックして本文を読む dTVで配信期間が終わりになるので観てみました。 有名な童話の白雪姫。 そこから話を膨らませアクション巨編にした発想はスゴいと思います。 闇の軍勢?トロール?七人の小人は小人症?そして、小人が戦って死んだ!!白雪姫自ら甲冑着て戦いに赴きます。 うーん、これが現代の白雪姫かぁ。 全くハイホーハイホーしてない! 根本的にキャスティングに・・・クリスティン・スチュワートが世界一の美女って所に?マーク。 どう見てもゴッツいんだよなぁ、クリスティン。 たくましくって余りお姫様感がありません。 最近すっかり強いイメージのシャーリーズ・セロン。 主人公補正がなければクリスティンには負けんだろ?っと思ってしまいます。 あ、クリス・ヘムズワースはカッコ良かったですね! 女王が自分より美しい存在が現れたら魔法が使えなくなるって設定は、女王が白雪姫を追いかける動機に説得力を生ませてていいアイデアでした。 でも、その魔法のしばりはハードル高過ぎやしないかい?こんなGPSもない時代に的確にスノーホワイトを追いかけてくる女王の手下って優秀ですよね?いつも惜しい所で逃げられるのが残念! しかし、どこ向けなのでしょうね、本作は。 大人向けにしては物足りないし、子供向けにしては画面も暗いしダーク過ぎるような・・・ターゲットを絞れなかった気もしますが、続編作られてるぐらいにはヒットしたんですね!?やるなぁ。 ネタバレ! クリックして本文を読む 原作やアニメと違ってやはりディズニーが実写化するときはいつもいい意味で裏切ってくれます クリスティンスチュワートが演じるというのが、姫というイメージとあまり繋がらなかったけれど、観てみると、とても映えてました。 プリンセスの物語はいつも、姫を際立たせるために王子様や小人や様々なキャラクターを作るのが大体そうでしたが、 これは、姫自ら甲冑を着て戦うというとても勇ましい姫を見れます。 美しい幻想的な世界ではなく、暗くてリアルな感じでした。 クリスティンスチュワートがとても綺麗で、観ていて飽きませんでした。 お姫様物語にあるキスシーンやうっとりするシーンはなく、とにかく戦うというキーワードがハマりそうです。 白雪姫と言えば、似たような時期に公開された「白雪姫と鏡の女王」もまた白雪姫を独自の解釈でアレンジした作品になっていましたが、ファンタジーコメディ調だったあちらとは違ってこちらはファンタジーアクション調と、同じ白雪姫を扱った作品でもまた全然違うイメージの作品に仕上がっていましたね。 まあどっちみち元々の白雪姫とは全く異なる、自分の道は自分で切り開く強い女性像が反映された白雪姫となっているのが、今の時代を象徴していると言えましょうか。 ただこちらの場合少々残念なのが、女王の美貌が際立ちすぎて、完全に美と言う観点では白雪姫が負けていたところでしょうか。 ラヴェンナ女王は、あのレベルの白雪姫ならそこまで恐れなくても大丈夫なのでは?と、思ってしまうぐらい、ラヴェンナ女王を演じたシャーリーズ・セロンの悪魔的美しさが際立っていました。 このキャスティングは、クリステン・スチュワートにとってある種拷問レベルでしょう! 相手が「白雪姫と鏡の女王」のジュリア・ロバーツぐらいなら、ここまでボロクソ言われずに済んだのに(笑) まあでも、泥だらけになりながらも立ち向かっていく白雪姫の姿には、何だかんだで最終的には感情移入させられましたけどね。 民を鼓舞する白雪姫がカッコ良かった~! しかし中盤までの詰め込み過ぎなストーリー展開のせいで、盛り上がるまでに相当時間が掛かったのはちょっと勿体無かったかな。 もう少しシンプルな構成にして、白雪姫が自然な流れで強くなっていく描写にした方が、入り易かったような・・・いきなり強くなっていた白雪姫には、苦笑いでしたから・・・。 それにしても、男性陣は空気だったなぁ。 特にウィリアム王子は、いなくても良かった感が半端無い。 中途半端なイケメンのサム・クラフリンが演じていただけに、まあこんな扱いになったのもある意味納得なんですけど。 一方、飲んだくれハンターのエリックはクリス・ヘムズワースが演じただけあって、存在感は抜群、しかし話の盛り上げ方が下手過ぎて、終わってみればどこかもどかしいようなエリックの扱いが、ちょっと悔やまれますね。 近々続編が公開されるようなので、そちらでのエリックの巻き返し的活躍に期待しつつ、悪魔的美女姉妹の美貌にも期待したいです! 見終わった後何なんだろうという気分になってしまいました。 キャスティングうんぬんはありますが、それは仕方ないので置いておいて、気になってしまったことが2点あります。 白雪姫ってこんなに勇敢な戦士なの?恋の進展はないの?ということです。 白雪姫って清らかで美しくて自然と踊り出してしまうくらい人を元気にさせるプリンセスですよね?映画でもそれをイメージして生命の源とか言われてましたが、そのような印象は全く受けられず、どちらかというと勇敢なジャンヌダルクのような男勝りな感じを受けました。 そこは人選の問題かもしれません… でも妖精の世界はナルニアのような感じでとても好きでした。 最後のシカはどこかで見たような…笑 あとは恋愛!これはとても不服です。 幼いころに別れてしまったウィリアムではなく、苦楽を共にした狩人と真実の絆で結ばれていたことは見ていて理解できるのですが、女王になったあと進展がないなんて信じられません…自由気ままな人生がいいと遠くから見守ることにしたんですかね?にしてもとりあえず描写がほしいとこです。 もやもや感が残りました… 戦争シーンも思ってたより激しかったので少し疲れてしまったかもです。 世界観はよかったので見ててそれなりに楽しかったのですが、評価はそこそこですね. ネタバレ! クリックして本文を読む プリンセス・ストーリーが好きなので、公開時に見ましたが、戦う白雪姫のところはあまり面白くなかった。 ベタだけど白雪姫が自分で戦ったらダメ、戦うのは王子様で、ピンチを助けるくらいがいい。 映画の最初の方はかなりつまらなかったけど、七人の小人が出てきて、毒りんごを食べ、王子様のキスで呪いがとけるというお決まりのところが一番面白かった。 その後、すぐまたバトルなのだけれど、型どおりの西洋の攻城戦で、なんの変哲のない予想どおりのラスト、映像はよかったけど、盛り上がりに欠けた。 運命の王子様と結ばれるわけでもなく終わるのも変、あるのかどうかわからないけど、続きは続編でということか? それにシャーリーズ・セロンとクリステン・スチュワートでは、若さは別として、キレイさのレベルがまったく違うので、よくない。 せめて白雪姫のところをせめてスカーレット・ヨハンソン、若手でいえば、クロエ・モレッツくらいのレベルの人にしてほしかった。 あと、吹替え版で見たのだけれど、シャーリーズ・セロンの吹替えの小雪さんが全然ダメ。 口の動きとセリフがまったく合ってないし、感情がこもっていない棒読み。 字幕版を見ればよかったと後悔した。 C 2011 Universal Studios. All Rights Reserved. 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の