優待利回りとは。 株主優待おすすめ人気ランキング2020年度版!配当利回りを合わせた総合利回りも紹介 │ サラリーマン研究者クロノの投資ブログ

本当に得する株主優待はどれ?優待利回りの高さで選ぶなら自社製品

優待利回りとは

個人投資家に人気のある株主優待。 配当金とは違った形で、味のある株主還元手法として注目され、これが株価上昇の原動力になることも少なくない。 配当金とは別に企業から贈り物が定期的に届き、お得感が大きいことが人気の理由に挙げられる。 また、優待品には自社商品の詰め合わせや割引券、金券、優待ポイントなど魅力的なものが多く、投資家にとっては選ぶことも楽しみの一つとなっている。 今回は食事券、クオカード、カタログギフト、優待ポイントといった利便性の高い優待品がもらえ、なおかつ株主優待と配当金を合計した利回りが4%を超える高利回り銘柄を探った。 株主優待は企業側としても安定株主や自社商品のファンを増やすことにつながるなど、そのメリットは大きく、送ってよし、もらってうれしいギフト制度となっている。 東京証券取引所の制度変更に伴い、7月16日約定分から決済期間が1日短くなるためだ。 これまでは権利が確定する日の3営業日前に株式を保有することが権利を取る条件だったが、これが「2営業日前」になる。 具体的には権利確定日が今月末の場合、権利付き最終日は7月29日、8月末は28日、9月末は26日となる。 しばらくは注意が必要だ。 例えば、優待品が5000円分のクオカード、優待取得に必要な株数が100株、株価が1000円の場合、優待利回りは5%となる。 以下では、8月と9月に株主優待、配当の権利確定月を迎える企業の中から、株主優待と配当を合算した利回り(トータル利回り)が4%を超え、かつ業績が堅調で株主優待と配当の減額リスクが少ないとみられる銘柄をリストアップした。 2% 最低投資金額:13万8200円 クリエイト・レストランツ・ホールディングス は毎年8月末と2月末に100株以上を保有する株主を対象に、自社グループ店舗(一部を除く)で利用可能な食事券を、保有株数に応じて半年ごとに3000円から最大3万円相当分贈呈する。 更に18年8月からは長期保有株主優遇制度を導入しており、200株以上を1年以上継続保有すると1500円相当の食事券が追加でもらえる。 なお、20年2月期決算は前期に計上した会計基準のIFRS移行に伴う減損損失の解消などで、最終利益は前期比2. 3倍の31億円に回復する見通しだ。 【明光ネット】 トータル利回り:4. 1% 最低投資金額:9万6400円 「明光義塾」を運営する明光ネットワークジャパン の優待制度は、毎年8月末の100株以上保有株主を対象に、保有株数に応じて1000円から3000円分のクオカードを贈呈するというもの。 クリレスHDと同じく長期保有特典があり、3年以上継続保有すると2000円分が増額される。 100株を3年以上継続保有した場合、株主優待と配当を合算したトータル利回りは6. 2%(1日現在)となる。 なお、配当の権利確定月は中間期(8月末)と期末(2月末)の年2回だ。 【セントケア】 トータル利回り:5. 2% 最低投資金額:4万7900円 介護事業を展開するセントケア・ホールディング の優待品もクオカードで、毎年9月末に100株以上を保有する株主に対し、一律で1000円分のクオカードを贈呈する。 株価は400円台で株主優待と配当獲得に必要な最低金額が5万円以内と手軽に購入できることも注目ポイントだ。 なお、配当の権利確定月は3月の期末一括で、20年3月期は前期比1円増の15円と12期連続となる増配を計画している。 【ミュチュアル】 トータル利回り:4. 5% 最低投資金額:8万9400円 続いて紹介するのは包装関連機械の製造を手掛けるミューチュアル [JQ]。 同社も株主優待の権利確定月が9月、配当は3月の期末一括だ。 株主優待は毎年9月末時点で100株以上を保有する株主を対象に、保有株数に応じて1500円から5000円相当のオリジナルカタログギフトを贈呈する。 足もとの業績は拡大基調にあり、19年3月期は化粧品メーカーの積極的な設備投資を背景に、最終利益は前期比2. 6倍の5億8900万円と業績高変化を遂げた。 20年3月期も増収増益が続く計画を立てている。 【日本管財】 トータル利回り:4. 8% 最低投資金額:18万5900円 総合ビルメンテナンス大手の日本管財 は毎年9月末と3月末の100株以上保有株主に対し、保有期間3年未満で2000円相当、3年以上継続保有で3000円相当のカタログギフト掲載商品をそれぞれ贈呈する。 20年3月期の年間配当は前期と同額の50円を計画するが、同社は配当を期初予想から増やすことが多く、業績次第では今期も増額が期待できそうだ。 今期業績は売上高が初の1000億円大台乗せ、最終利益は前期比6. 7%増の46億円と2期ぶりの最高益更新を狙う。 【夢真HD】 トータル利回り:5. 7% 最低投資金額:23万6400円 夢真ホールディングス [JQ]は建設現場向けを主力とする会社。 旺盛な建設需要を追い風に、19年9月期の最終利益は2期連続の最高益更新を見込む。 株主優待は毎年9月末時点で300株以上を保有する株主を対象に、保有株数と保有期間に応じて3000ポイントから2万2000ポイントの株主優待ポイントを付与する。 ポイントは食品や電化製品、ギフトなどに交換でき、有効期限は2年間。 同社のポイント制度はウィルズ社が提供する「プレミアム優待倶楽部」を採用しており、ウィルズコインとの交換により異なる銘柄で得たポイントと合算しての利用が可能だ。 【アトム】 トータル利回り:4. 4% 最低投資金額:9万6400円 アトム [東証2]はステーキ店や居酒屋などを運営するコロワイド グループの外食企業。 毎年9月末と3月末に100株以上保有する株主に対し、かっぱ寿司や牛角など親会社コロワイドのグループ店舗(一部を除く)で利用できる優待ポイントを、保有株数に応じて半年ごとに2000ポイントから2万ポイント付与する。 ポイントは株主専用サイトで各地特産品と交換することもできる。 近くに店舗がない場合などは便利な制度である。 株探ニュース.

次の

本当に得する株主優待はどれ?優待利回りの高さで選ぶなら自社製品

優待利回りとは

株主優待制度でもらえるものは?食事券、割引券、クオカードなど 株主優待の内容は、会社によって実にさまざまです。 自社製品もあれば、事業内容とは関係ない優待もあります。 どんな株主優待があるかは、各証券会社のサイトなどで検索できます。 例えば、スーパーのイオン<8267>なら、100株以上の保有で、買い物金額に応じてキャッシュバックを受けられる「イオンオーナーズカード」がもらえます。 このカードがあれば、無料で飲み物が提供されるイオン内のラウンジ(イオンラウンジ)も使えます。 自社の事業とは関係ない図書カード、クオカード、お米券やお米、カタログギフトを贈る企業も多数あります。 クオカードやお米は、会社の事業と関係なくても、使いやすいので株主に喜んでもらえるというわけです。 株主優待をおこめ券にしている小林洋行<8742>は、先物取引や不動産賃貸の会社なので、米とは全く関係ない。 関係ないが、株主にとっては使い勝手がいいからおこめ券にしているんだ(2019年1月現在)。 優待利回りランキング上位銘柄は自社商品組が占める 現在では1000社以上もの企業が株主優待を実施しています。 1000以上もある優待株の中から、どれを購入するか決めるのは、楽しくもありますが大変です。 どんな基準で優待銘柄を選んだらいいのでしょうか。 優待選びの基準になるのは「優待利回り」という数字です。 ここでは、優待利回りの計算方法と、優待利回りが高い企業の特徴についてご説明します。 優待利回りは、銀行の利子や配当利回りとはケタ違い 株主優待銘柄を選ぶ時、参考にするのが「優待利回り」です。 これは、株を買った金額(株価)に対して、もらえる株主優待がどれくらい得かをはかる数字です。 この場合、「Aのほうが優待利回りが高い」といいます。 ただ、計算方法をみてもわかるように、その時の株価によっても優待利回りは変わります。 分母である株価が安くなれば利回りは高くなり、株価が高くなれば利回りは低くなります。 株価が継続的に下がってきている企業は、株価が下がるだけの理由があるはずですから、いくら優待利回りが高くても敬遠したほうが良いでしょう。 業績悪化中の優待銘柄を買わないための注意点はで紹介しています。 ではここで、優待利回りのランキングを会社四季報から見てみましょう(2016年12月現在)。 順位 コード 社名 株価 優待内容 優待利回り(%) 1 3318 メガネスーパー 57. 0 買物割引券 701. 75 2 8107 キムラタン 7. 0 買物券 71. 43 3 8175 ベスト電器 154. 0 買物割引券 32. 47 4 3726 フォーシーズHLD 341. 0 株主優待券 29. 33 5 3772 ウェルス・マネジメント 1,214. 0 サービス利用権 21. 75 6 2453 JBレスキシステム 258. 0 自社サービス割引券 19. 38 7 2666 オートウェーブ 112. 0 買物割引券 16. 07 8 9439 エムエイチグループ 260. 0 美容室優待券 12. 46 9 3205 ダイドーリミテッド 404. 0 自社取扱商品 11. 14 10 5343 ニッコー 106. 0 陶磁器商品 9. 43 優待利回りが10%を超える銘柄がいくつもランクインしています。 配当利回りなら2%を超えると高配当と言われますし、メガバンクで定期預金しても、利子は0. 025~0. 170%です。 それに比べると、株主優待の利回りは本当にお得だということがわかりますね。 株主優待利回りランキングからわかる自社商品銘柄のお得さ さきほどのランキングを見ると、自社商品や、自社商品のお買い物券・割引券、サービス利用券を配っている企業が上位に入っています。 自社商品の場合、企業が負担するのは商品の原価部分だけですみます。 すると、「優待で配布する製品の売価は5,000円でも、企業の負担(原価)は1,000円」ということが可能です。 一方、クオカードなど、事業内容に関係ない優待を配るときには、企業は外部から商品を購入しないといけませんから、5,000円のクオカードを配るときに企業が負担するのは5,000円です。 株主優待にそこまでコストをかけられないため、クオカードの額はせいぜい1,000~2,000円くらいの企業が多いです。 そうだ。 その会社の商品をよく購入するなら、グンゼ<3002>やケーヨー<8168>のように優待が割引券の場合もかなり得になる。 購入金額によって優待利回りが変わってしまうのでランキングには載ってこないが、要チェックだ。 長期保有で優待利回りが上昇する銘柄もある 株を長期間持つと、優待利回りがアップする株もあります。 持っている株数が増えると優待内容が上乗せされる株もありますが、少ない株数でも、持ち続けることで優待利回りが良くなっていくのは嬉しいポイントです。 具体的には、長期間株を持っていると、お買い物券の金額が増えたり、もらえる商品のランクが上がったりします。 どんな銘柄が長期保有の株主への優遇をしているのか、チェックしましょう。 1年以上保有でお買い物券上乗せのビックカメラ 家電量販店のビックカメラ<3048>は、1年以上株を持っていると、お買い物優待券の額が増える制度があります。 【2019年2月末時点の株主】• 100~500株未満:2,000円分• 500~1000株未満:3,000円分• 1,000株~10000株未満:5,000円分• 10,000株以上:25,000円分 【2019年8月末時点の株主】• 100~500株未満 :1,000円分• 500~1000株未満 :2,000円分• 1,000株~10000株未満:5,000円分• ヴィレッジヴァンガード<2769>:買い物券• 千趣会<8165>:買物券• グンゼ<3002>:割引優待、希望商品と交換できる優待額 そうだろうな。 もちろん図書カードやクオカードがグレードアップする銘柄もあるけどな。 利回りが高くても使えなきゃ意味がない!自分が使える優待に投資 ここまで、株主優待の利回りが高いこと、長期保有によってさらに利回りが高まる銘柄があることをお伝えしてきました。 しかし、いくら利回りが良くても、実際に使えないと意味がありません。 人気が高い外食サービスの株主優待お食事券も、近くに店舗がないと、優待を使うためにわざわざ遠くまで行くことになり、交通費がかかって全然得じゃありません。 優待名人・桐谷さんのように、どこまでも自転車で走る気力と体力があればいいですが、実際には難しいですよね。 居酒屋のワタミなど、店舗での利用だけではなく、商品との引き換えができる株主優待もあるので、使える範囲が広い優待を選ぶのもひとつの方法です。 利回りランキング、おすすめランキング、人気ランキングなど、優待株のランキングがたくさん作られていますが、上位に位置する優待でも、自分が使えないと意味がないということを肝に銘じましょう。 その優待、本当に欲しい?人気やランキングに流されず銘柄を選ぶ 優待利回りが上位の企業の株主優待は魅力的に見えますが、実際使えないと意味がないですよね。 子どものいない人が子ども服メーカーのお買い物券をもらってもほとんど使えません。 あえて言うなら、友達や親戚の出産祝いに子ども服を買うときくらいでしょうか。 メガネをしていない人がメガネ店のお買い物券をゲットしても、同じくほとんど使えないでしょう。 また、これらの会社の店舗が近所にあるかも要チェック。 遠すぎたら使いに行けません。 他にも、例えばヤーマンの2017年度株主優待は、20,000円相当以上の自社商品(女性向け化粧品や美顔器)なので、美容に関心が高い女性にとってはとてもお得ですが、男性には不要ですよね。

次の

本当に得する株主優待はどれ?優待利回りの高さで選ぶなら自社製品

優待利回りとは

東プレ(5975)の株主優待内容 東プレの株主優待権利確定日は3月末日の年1回です。 100株以上の保有で優待がもらえます。 株主優待の内容はオリジナルクオカードで、保有株数により優待額が決まります。 ・100株以上1,000株未満:1,000円分 ・1,000株以上10,000株未満:3,000円分 ・10,000株以上:5,000円分 3段階に分かれていますが、100株保有時が最も高い利回りとなります。 東プレの優待 利回りは? 現在の株価(1,142円)で優待利回りを計算してみると、 ・100株保有時:0. 87% ・1,000株保有時:0. 26% ・10,000株以上:0. 04% 一番利回りが高い100株保有時でも1%未満の0. 87%。 満足できると言える利回りではありません。 「未来を変えるモノづくり」。 頑張ってほしいです。 株主優待の到着日 2020年分:6月27日 東プレ(7212)についての総評• 株価(1,142円):右肩下がり• 配当金(2. 参考指標:PER 10. 9倍、PBR 0. 41倍• 配当利回りもすごく高いというわけではないので、優待や配当目当てであれば他にもっと良い銘柄があるように思います。 買値を越えたら売りたいです。

次の