爆笑 問題 の 日曜 サンデー。 爆笑問題の日曜サンデー

爆笑問題

爆笑 問題 の 日曜 サンデー

爆笑問題の太田光さんがインフルエンザのためを欠席。 安住紳一郎が冒頭の1時間、代打として登場し、太田さんの穴を埋めていました。 (田中裕二)どうもこんにちは、爆笑問題の田中裕二です。 (江藤愛)TBSアナウンサーの江藤愛です。 (田中裕二)ゴマちゃん! (江藤愛)キューッ! ありがとうございます。 (田中裕二)まあ、ニュースなどでね、ご存知の方もいらっしゃると思いますけども。 太田光がインフルエンザになってしまいまして。 (江藤愛)びっくりしました。 (田中裕二)今日はサンジャポも欠席でして。 ちょっと何日かはお仕事もお休みすることでご了承いただければと思うんですけども。 今日は特別にこの時間は……。 (江藤愛)この方に来ていただきました! (安住紳一郎)私です! 安住紳一郎です!(笑)。 お邪魔いたします。 (江藤愛)アハハハハハハッ! (田中裕二)はい。 ということで安住さん、すいません。 (安住紳一郎)よろしくお願いします。 (田中裕二)日曜天国が終わってね、ちょっとお休みして。 (安住紳一郎)誰が手伝いに来るんだといろいろと噂をされていましたけども。 神田松之丞さんか、ジェーン・スーか……いろいろと言われた中で、意外なところで。 中穴の私がやってまいりました。 (田中裕二)いやいや、中穴じゃない。 (江藤愛)やったー! ありがとうございます。 (田中裕二)嬉しいですよ。 安住さんに来てもらってね。 (安住紳一郎)働き方改革、どこに行ったんだ?っていうね、そんな声もある中で(笑)。 (田中裕二)たしかに。 それを言われちゃうとね。 (江藤愛)貴重な時間をね。 (安住紳一郎)いえいえいえ。 (田中裕二)まあしょうがないんですよ。 ちょっと急で。 やっぱりね、当然インフルエンザっていうのは急にかかるんで。 バタバタですよ、だから。 サンジャポも橋下徹さんとやるって。 だって普段、全然会わないですからね。 (江藤愛)で、急に隣にドーンって。 (安住紳一郎)橋下さん、だってね、あの番組はモメながら降板された経緯、ありましたよね? (田中裕二)ちょっとどころじゃないですよ(笑)。 生放送中にね、突然「辞める!」って言って。 それはまた政治とかに関係する全然前なんですけどもね。 で、辞めて。 その後はパネラーとしてちょこちょこ出ていたんですけども、ほら。 立候補するみたいなことがあったからね。 その時は大阪の府知事選に出るみたいな。 そんな「2万%、ない」って言っていたにもかかわらず、そういうのがあって……とか。 いろいろと振り回されたんですけども(笑)。 (安住紳一郎)あとはなによりも怖いのはこちらの所属事務所のタイタンですよね。 (田中裕二)なんですか? (安住紳一郎)だからピンチヒッターで他の事務所の人を入れさせないっていうね。 (江藤愛)アハハハハハハッ! (田中裕二)いやいや、まあ一応ね、そういうもんなんですよ。 たぶん。 大きな事務所だったら特に代わりがいっぱいいらっしゃるんでしょうけど。 うちはほら、脳みそ夫にするか、橋下徹か、ぐらいしかいないですから。 (安住紳一郎)フフフ(笑)。 (江藤愛)ねえ。 脳さんだったら面白かったなー(笑)。 (田中裕二)ねえ。 そうなっちゃう。 本当にだから今日は安住さん、すいませんね。 お帰りになれるところをちょっとだけ。 (安住紳一郎)いつもはね、隣のスタジオでやって。 たまーに、その1時間間隔があるんで、太田さんが暇つぶしにスタジオに来て好きなだけしゃべって。 それで帰っていくっていうので。 (江藤愛)そう。 ギリギリまでね。 (田中裕二)で、冒頭でね、巨峰をね、食べたの食べないのって。 それでたまにちょっと乱入をしてもらったり。 そういうのもありましたけども。 (江藤愛)今日は1時間、お付き合いを。 (安住紳一郎)いや、本当に隣人の一大事だということで。 大至急駆けつけました。 (田中裕二)本当にありがたい。 これほど心強い方はいないですから。 (安住紳一郎)いやいや、お恥ずかしい。 よろしくお願いします。 (江藤愛)あれですか? ここでやっぱり太田さんに貸しを作るみたいな? (安住紳一郎)やっぱり太田光さんにここで貸しを作っておくっていうのは、ひとつの生き方としてありますよね。 (田中裕二)ええ。 それはもうなにかでまたね、安住さんがピンチの時にはもう。 (江藤愛)太田さんが間違いなく助けたり。 (安住紳一郎)ただ、ちょっと逡巡したのは太田光さんとここで貸し借りを作って絆を太くしておくことが自分にとって得か損かっていうのはちょっと考えて。 (田中裕二)フフフ、それはわかんない。 (安住紳一郎)ですよね。 それでRCCの横山(雄二)さんなんかと一緒に福袋に入れられちゃって、なんかもう……・ (江藤愛)アハハハハハハッ! いろんな感じで……(笑)。 (安住紳一郎)いろんな感じで使われるのもそれはそれでシャクだな、みたいな。 (田中裕二)話が変わってきますからね。 (安住紳一郎)話が変わりますよね。 (田中裕二)ただまあ、レコ大の司会とかだったらいつでも代わりに。 あの時期、ほら。 年末で立て込んで忙しいし。 もしインフルエンザになっちゃったら……。 (江藤愛)この表情を見せたい!(笑)。 (田中裕二)それはもう、太田が代わりにレコ大の司会をやりますから。 ただ『情報7days』で生放送でビートたけしさんと太田を考えてくださいよ。 地獄ですからね。 (安住紳一郎)いやいや、地獄ですよねー。 あと、なにより怖いのは実は太田さんより田中さんの方が怖い。 (田中裕二)なにが怖い? (安住紳一郎)田中さんはもともとアナウンサーっていう職業にとても興味があって。 あわよくばTBSの男子アナウンサーになりたかったっていう。 (田中裕二)いちばんなりたかったですよ。 (安住紳一郎)なので私たちの仕事ぶりを本当に……決して好意だけではなく温かく見守ってくれている方なんですよ。 (田中裕二)フハハハハハハッ! (江藤愛)ええ、ええ。 採点してますよね。 間違いなく。 (田中裕二)そうそう。 結構男子アナにも注目するタイプですからね。 でもTBSテレビとラジオ、両方あるから。 TBSの男子アナは本当に僕はいちばんレベルが高いと勝手に思っているんですよ。 (安住紳一郎)いやいやいや。 (田中裕二)その中でもずっとトップにいるんですから。 (安住紳一郎)いやいや、お恥ずかしい。 もう本当に……私以外は大したことがないもんですからね。 (田中裕二)フフフ、松之丞か!(笑)。 (安住紳一郎)すみません、本当に(笑)。 (田中裕二)さあ、ということで……。 (江藤愛)この方はどう思っているのか? ちょっとお電話をつなぎたいと思います。 もはや元気だというお話もありますが、太田光さん。 携帯を持っていないのでご自宅とお電話がつながっています。 どこだ? 爆笑問題・太田光に電話 (太田光)……もしもし? (田中裕二)もしもし? 太田さん? 声、やっぱり出ない? (太田光)もしもし? 新井です。 (田中裕二)新井じゃねえんだよ。 いいんだよ。 (太田光)新井浩文ですけども……。 (田中裕二)新井浩文じゃなくていいんだよ! (太田光)すみませんでした。 (田中裕二)いやいや、いいから。 新井さんじゃないでしょう? あなたの映画にも出てましたよね? (太田光)あの頃からね、彼はやりそうだなと思っていて……。 (田中裕二)うるせー! すげー感謝してただろう? 「いい役者だ」って。 いま、状況はどんな感じなんですか? お家にいて? (太田光)いま、熱が56. (田中裕二)死んでますね。 (太田光)ちょっと動けない状態なんで。 (田中裕二)ああ、じゃあ下がったってこと? (江藤愛)ずいぶんと下がりましたね。 (太田光)そうですね。 昨日の時点でずいぶんと下がりました。 (田中裕二)下がったんだ。 (安住紳一郎)薬、飲んだんですか? (太田光)ええと薬はあの……覚醒剤を飲みまして……。 (田中裕二)やめろ! (安住紳一郎)やっぱり。 自分でいま聞いた段階で「言うな」って感じがあったんですけども。 (田中裕二)ねえ。 「言うな」って思ったでしょう? (江藤愛)アハハハハハハッ! (安住紳一郎)田中さんの気苦労がよくわかりました。 抗インフルエンザ薬は飲んだんですか? (太田光)はい、飲みました。 安住さん、どうもすいません。 なんか。 (安住紳一郎)本当に。 私に貸しを作ったことを後々どう効いてくるか、考えてくださいね。 (太田光)本当に申し訳ありません。 (田中裕二)フハハハハハハッ! 謝ってます(笑)。 (江藤愛)弱ってますね。 (太田光)日曜天国をやらせていただきたいと思ってます。 (安住紳一郎)ぜひぜひ、今度よろしくお願いします。 (太田光)よろしくお願いします。 (田中裕二)サンジャポは今日、太田さん見ました? (太田光)あ、僕はワイドナショーを見ていたんで。 (田中裕二)なんでだよ! 見ろよ! サンジャポ! (太田光)ああ、サンデー・ジャポン見ました。 あの、橋下さんが活躍されて。 あの人、僕の裁判があるはずなのに……。 (田中裕二)だからそうだよ! (太田光)バラエティーやっている場合じゃないんじゃないか?って思いながら見ていたんですけども。 (田中裕二)そうですね。 たしかにね。 だからいろいろと大変ですよ。 橋下さんも。 来てもらってね。 (太田光)本当にね、もう「火を付けてでも謝ってこい!」って言いますよ。 (田中裕二)やめなさい! だから明石市長はいいんだよ、別に! 火は付けちゃダメなの! (太田光)「なんなら俺が土下座するから」って。 そのぐらいの気持ちで……。 (田中裕二)もういいから! 結構ニュース見てんな!(笑)。 (安住紳一郎)結構、また今日は準備する時間があったから。 (田中裕二)あったから! ネタを仕込んじゃって。 (安住紳一郎)もしかしたら紙に書いているかもしれない(笑)。 (江藤愛)ネタがあふれている(笑)。 (田中裕二)でもちょっと本当にとりあえず、ねえ。 今週ライブもあるし。 お仕事もまだ……。 (太田光)田中さん、楽しそうですね。 (田中裕二)えっ、楽しいですよ。 楽しくやっていますよ、それは。 (太田光)やっぱり、もうじゃあ来週からは1人でやりたいって? (田中裕二)いやいや、そんなことはないですけども。 別にそんなことは思っていないですけど……。 (安住紳一郎)ひねくれちゃって……(笑)。 (太田光)そんな表情がいきいきと見て取れましたね。 (田中裕二)いきいきとはしてないですけど(笑)。 (太田光)さすが『感染列島』の主役だなって。 (田中裕二)うるせーよ! 『感染列島』ね。 やりましたね。

次の

爆笑問題

爆笑 問題 の 日曜 サンデー

後継番組のパーソナリティとして、伊集院と親交があり、午前中は『』で司会を務めるが起用され本番組が始まった。 初代アシスタントには爆笑問題との関係が深いが出演していた。 以降はTBSテレビアナウンサーが交替で担当している。 ゲストコーナーや一部特別企画などは『秘密基地』を踏襲しているが、TBSラジオとしては権利を保有していたものの長年放送していなかったを復活させるなど、独自企画を行っている。 また、番組開始時期にTBSグループの商業施設「」が開業しTBS主催のイベントが行われるようになったため、伊集院時代にはなかった公開放送を定期的に行っている。 番組開始当初はでの放送だったが、からは、TBSラジオが幹事を務めるの一部系列局でを実施している。 の4月改編からは、のでも同時ネットを開始している。 2019年10月13日放送分(TBS基準)で放送回数600回を迎えた。 、爆笑問題が第57回・DJパーソナリティ賞を受賞した(本番組およびTBSラジオ『』のパーソナリティとして)。 出演者 [ ] パーソナリティ [ ]• (2008年4月6日 - )• 代理パーソナリティ [ ]• (2008年) - 番組開始決定前から予定されていた、での巨人「Gfm」のゲスト解説とスケジュールが重なったため、田中が番組を休んだため(田中は「サンデー競馬小僧」に事前収録およびレース後電話出演)。 (2012年11月18日)- 田中が入院したため(を参照)。 (TBSテレビアナウンサー、2019年2月3日13時台)・ (同日14時台)・(同日15時台 ) - 太田がインフルエンザに罹患したため。 安住は『』に引き続いて出演(太田は番組冒頭に電話出演)。 (アナウンサー、2019年3月31日13時台・14時台「サンデー中継くん」まで) - 太田が前日の『』(系)生出演中に転倒して側頭部を打ち、検査では異常はなかったものの大事を取って欠席したため。 中国放送(RCC、)では本番組は放送していないが、横山と太田はラジオを通じて親交があり、横山は本番組にたびたび出演している(、を参照)。 なお、横山は、太田の転倒事故と関係なく前々日から自身の所用で上京していた。 アシスタント [ ] 現在 [ ]• (第1 - 4日曜日)• (第5日曜日 ) 過去・アシスタントの変遷 [ ] 期間 第1日曜日 第2日曜日 第3日曜日 第4日曜日 第5日曜日 2008. 6 - 2010. 4 2010. 10 - 2010. 26 外山惠理 2010. 3 - 2010. 31 江藤愛 竹内香苗 2010. 7 - 2012. 30 江藤愛 竹内香苗 外山惠理 2012. 7 - 2020. 29 江藤愛 外山惠理 2020. 5 - 現在 良原安美• アシスタント降板後もゲストとして出演することがある。 出演初回のみ第2日曜日を担当。 また、2010年・同年は、吉川の都合により吉川と外山の担当週が入れ替わった。 アシスタント降板後の2012年9月30日に「ここは赤坂応接間」(短縮版「ミニ応接間」)のゲストとして出演した。 なお、この出演が竹内はTBSアナウンサーとして最後の生出演となった。 当時第5日曜日のレギュラーアシスタントの設定はなく、代理アシスタントとしての扱いで2010年と同年の2回のみ担当。 現在第5日曜担当をしている外山とは異なり、「次の出演は未定」とされていた。 2010年9月にいったん降板し、2011年1月に再登板している。 代理アシスタント [ ]• (2008年・・)- いずれも番組出演決定前に予定されていたイベント出演のため欠席した友近の代理。 (2009年) - 14時台「ちょっと一服」から「サンデー競馬小僧」まで出演。 出場のため早退した友近の代理。 (2010年) - 14時台から出演。 R-1ぐらんぷりサバイバルステージ出場のため早退した友近の代理。 (当時rfcアナウンサー、2011年8月28日) - を参照• (TBSテレビアナウンサー、2018年10月7日) - 夏季休暇中の江藤の代理。 (当時アナウンサー、2019年4月28日13時台・14時台) - 江藤が春休みを取ったため、外山とともに「Wアナウンサー体制」として出演。 「サンデー中継くん」では中継リポーターを務めた。 良原安美(TBSテレビアナウンサー、2019年7月28日) - 夏季休暇中の江藤の代理。 2017年10月以降は「TBSニュース」のキャスターも担当している。 (TBSラジオニュースデスク、2008年4月13日 - )• (TBSラジオニュースデスク、2008年 - ) 過去の出演者• (当時TBSラジオニュースデスク、2008年以降、2008年のみ出演 )• (当時TBSラジオ国会担当記者、2009年 - 2017年、2011年のみ単独出演)• 武田はや(支局特派員を務めていた経歴から中国事情にも精通していたため)のニュースで大きな動きがあると中村または柴田とともに出演していた。 2010年は、柴田とともに「超豪華」(を参照)なコメンテーターとしてが出演した。 2011年8月28日は、当時rfcアナウンサー・が出演した(を参照)。 「週末版TBSラジオショッピング」キャスター [ ]• (、2017年7月2日 - ) 過去のキャスター レギュラーのキャスターはすべて出演当時TBS954情報キャスター(2015年12月13日以降は「TBSラジオキャスター」)。 (レギュラーとしては2010年 - 同年12月26日)• (レギュラーとしては2011年 - 2013年)• (2013年 - 同年、阿部と週替わりで出演)• (2013年 - 2017年、2013年9月までは小西と週替わりで出演)• 2009年から同年までは「オーディション」の扱いで、中村・・・が週替わりで出演した。 2010年から同年12月26日までは中村のアシスタントとして、当時TBS954情報キャスターの川村・・が週替わりで出演した。 プレゼンター [ ] 「27人の証言」の「調査員」、「サンデーマナブくん」の「担当芸人」、「サンデー芸人ランキング」の「ナビ芸ター」として出演。 出演が多いプレゼンター• 気象予報士 [ ] レギュラー・ピンチヒッターともに所属。 (2008年4月6日 - 2010年)• (2010年4月4日 - 2014年)• (2014年 - ) 2008年11月23日は江花が休暇中だったため、が担当、2009年の放送は江花が病欠のため、ピンチヒッターとして大野が担当した。 また2010年8月8日は大野が休暇中だったため、がピンチヒッターを務めた。 2017年1月29日は佐々木の結婚式だったため、日曜午前中の番組を担当しているがピンチヒッターを務めた。 ナレーター [ ]• (TBSアナウンサー) - 「27人の証言」「ここは赤坂応接間」冒頭部分。 吉川美代子(当時TBSアナウンサー) - 「今カレー」冒頭部分(のエッセイ「昔カレー」の朗読)。 (TBSアナウンサー) - 「ラジオサンデージャポン」のみ( - 2010年4月4日 )。 「」のブロック別放送局簡潔紹介も担当していた。 - 「ラジオサンデージャポン」のみ。 () - 特別企画「サンデー・カラオケベスト100」「」など。 ほか ニュースキャスター [ ] 14時台と16時台の「TBSニュース」を担当。 (2017年9月まで、同年10月からは中村尚登または柴田秀一が担当) 過去の出演者• (TBSラジオ情報キャスター)• (TBSラジオ情報キャスター)• (TBSラジオ情報キャスター)• (TBS954情報キャスター)• (TBS954情報キャスター)• (TBSラジオ情報キャスター)• (キャスター) ほか コーナー [ ] 通常時のコーナー。 ラジオショッピングとTBSニュースはネット局にもそのまま流れる。 13時台 [ ] オープニング(13時〜13時25分頃) オープニングでは、フリートーク、放送内容を説明する「メニュー紹介」(ネット局には放送されない15時以降の内容も紹介される)、プレゼントの紹介がある。 プレゼント紹介では、提供する会社の担当者、プレゼントの名産品があるJRN系列局のアナウンサーや業務担当者が出演することがある。 300回記念(を参照)の翌週2014年からは、「 ふつおた なー!! 」(「なー」は がフジテレビ系『』で流行させたフレーズ。 長江が演じたフツオと「」をかけている)と題して、リスナーの感想や日常に関するメール・手紙を紹介している。 番組開始から2014年3月30日までは、本番組の前に爆笑問題が生出演している『』で取り上げられたニュースを中心に、コーナー前半は過去1週間の主なニュース、後半は「日曜サンデー的今週のワイドショー講習」(『サンデージャポン』の「今週のサンジャポ的ワイドショー講習」に当たる)として芸能・スポーツなどのニュースを取り上げていた。 2014年4月6日に「-NEXT」に改題。 次の1週間で予定されている出来事を中心に解説・コメントするコーナーになっていた。 2017年4月2日に「-PLUS」に改題してからは、過去1週間のニュースについての解説・コメント中心に戻り、次の1週間についてはコーナー終了間際にヘッドライン形式で取り上げるのみになっている。 「TBSラジオ環境キャンペーン」や「TBSラジオヘルスケアキャンペーン」の週に当たる場合は、後半はや関連のニュースを取り上げることがある。 なお、コーナーのオープニングの音楽は本家『サンデージャポン』の開始当初(2011年4月のリニューアル以前)のオープニング曲を使用している。 週末版TBSラジオショッピング(13時45分頃~13時53分頃) 2009年10月11日開始。 ショッピングキャスターが出演し、爆笑問題とアシスタントに商品を紹介する形で進められるコーナー。 『』 と同じ商品を取り扱い、受付も他番組の「TBSラジオショッピング」と共同である。 開始から同年12月27日まで、として中村愛美を含む4人が週替わりで出演。 商品の売上やからの評判が良かったキャスターを2010年1月以降のレギュラーにするとした。 2010年1月3日の放送で優勝者が発表され、中村がレギュラーとなった。 2010年11月7日に中村がのため同年で降板することを発表。 当日から同年12月26日まで、中村の「」(アシスタント)として川村美保を含む3人が週替わりで出演した。 14時台 [ ] ここは赤坂応接間(14時~14時45分頃) 毎回ゲストを招いてさまざまな事柄について聞くトークコーナー。 「赤坂」はTBS放送センターの所在地・赤坂のこと。 冒頭のコーナー説明のBGMはの第3楽章。 開始当初は普通に質問を受け付けていたが、2008年秋からゲストの名前の文字 を取ったによる「あいうえお質問」が始まる。 同コーナーも通常は生放送であるが、(2010年1月24日)や(2011年4月3日)、(2016年8月28日)が出演した回はゲストの都合により当コーナーのみ事前収録したものを放送した。 ゲストプロフィールについて、2010年4月4日までは友近がのをしながら紹介していた。 翌週4月11日以降、ゲストの好きな曲(ゲストがミュージシャンの場合は当人が制作に関わっていない曲に限る )をBGMとして流しながらその週のアシスタントが紹介する形式に変更になった。 2020年3月29日まで16時台の放送だったが、翌週4月5日から「サンデーマナブくん」と入れ替えて14時台に移行している。 ヤクルトpresents 1日1本 ちょースッキリ評議会(14時45分頃~14時50分頃) 2015年4月5日開始。 提供のコーナー。 「腸内をスッキリ」改善するの「Newヤクルト」にちなんで、リスナーから募集した「スッキリした話」もしくは「スッキリさせたい話」を紹介し、「スッキリ評議会会長」の田中がどのくらい「スッキリ」した話であったかの「スッキリ度」を10点満点で評価する。 採用されたリスナーには評価に関係なくヤクルト製品の詰め合わせが贈られ、「スッキリ度」8点以上の場合は出演者が「Newヤクルト」を飲めることになっている。 15時台 [ ] あなたとやりとり ドミンゴ・ドミンゴ(15時〜) 2016年4月3日に開始。 「」を引き継いで始まったネタ投稿企画。 2016年10月以降、都々逸 を行っている。 開始時の2016年4 - 9月は「」を行っていた。 「ごちそうサンデー」はの一社提供コーナーで、江崎グリコがスポンサーを降りたことにより始まったコーナーであったが、2016年8月から2017年1月までなど、期間限定で江崎グリコ提供のコーナー(CMは「プレミアム熟カレー」のみ)となることがあり、その間は「江崎グリコpresents」を冠している。 2018年3月から同年5月までは、同じ食品メーカーのがスポンサーについていた。 江崎グリコ提供の期間中はテーマを限定することがある。 2016年度は投稿は必ず出題時に設定される「必須ワード」を織り込むとともに、「を意識した」(「カレー」を織り込むか、直接的な単語がなくてもカレーを連想させる)内容にすることが条件になっていた。 2017年度以降は都々逸の「お題」を「カレー」やカレーに関連するもの(「」「」など)に設定している。 なお、エースコックの提供時はテーマの限定はしていなかった。 番組が特別企画を放送している場合でも原則として通常のコーナー企画を行うが、「」の放送当日は対決中継、前週は事前企画を行っている。 サンデー芸人ランキング(15時10分頃~15時30分頃・15時50分頃~15時55分頃) 2014年開始。 や商品の売れ筋、あるいは独自に作成したオリジナルランキングなど、いろいろなジャンルのテーマによるランキングを芸人のプレゼンター(「ナビ芸ター」)が紹介する。 期間限定企画「19初4」(を参照)や特別企画「ザ・トップ4」(を参照)の好評を受けて始めたとしている。 2016年から2019年まで、『』の中継で15:15-17:00の短縮放送となった際に16時台の「ここは赤坂応接間」を休止し、拡大版として「期待の芸人! これかランキング」と題した複数組の若手芸人によるランキングのプレゼン企画を行っていた。 田中裕二のサンデー競馬小僧(15時30分頃~15時50分頃) バラエティーコーナー。 爆笑問題とアシスタントがその日ののを一点買いで予想する。 その後、予想したメインレースの実況中継を放送。 レース結果とを伝える。 3人の予想馬券を実際に番組プロデューサーが電話投票で1,000円ずつ買い、予想が的中するかを見る。 2008年7月27日からは、事前に応募したリスナーの挑戦者が電話参加で誰の予想に乗るかを選び、配当分がプレゼントされる企画(2014年3月30日までは「 サンデー競馬小僧 うまのり 」と題していた)が始まる。 挑戦者に賞金が発生しない場合は馬券にサインをしてプレゼントする。 は、挑戦者が条件(初回の「今年を迎える人もしくは身の回りに成人式を迎える人がいる」のように多くの人に当てはまるようなこと)に合っている場合に賞金が2倍になる「ラッキー企画」を月1回程度行っていたが、2014年は条件に関係なくスペシャルウィークなどで2倍にすることがあった。 予想が的中しても挑戦者が当てられなかった場合はキャリーオーバーとなり、次の挑戦者の賞金に予想者ごとに加算している。 2014年3月までは当たるまで加算していたが、同年4月以降、キャリーオーバー分を特別企画のプレゼントの賞品費用として使用するようになった。 「田中の予想」は、「太田の予想」は、アシスタントの予想はで予想する。 代理パーソナリティ・アシスタントも予想に参加する。 また、「ここは赤坂応接間」のゲストが や萩本欽一のように競馬に詳しい人物の場合は当人が予想に参加することがある。 2014年4月からは、「サンデー芸人ランキング」の「ナビ芸ター」が出演している(「サンデー芸人ランキング」が特別企画で休止の場合は、特別企画のプレゼンターやリポーターが出演する)。 当初は「芸人ヒント制度」として3人の予想についてコメントするのみであったが、同年からは「ナビ芸ター」も予想を行っている。 投票法は「ナビ芸ター」自身が決める。 実況や中継レポートはTBSアナウンサーの・・・と元TBSアナウンサーのが週替わりで担当。 ファンファーレまでと試合終了後はスタジオとやり取りしながらレポートする。 2008年4月13日のはのをネットしたが、それ以外のレースはすべて自社制作で行なっている。 また、2013年2月までは関東地区のGIレースの実況はABCラジオにネットされていた。 16時台 [ ] サンデーマナブくん(16時〜16時45分頃) 2013年10月6日開始。 「27人の証言」(を参照)の後継コーナー。 現在話題になっている、ある事象・モノ・人をテーマに、あらゆる情報を調べて紹介する。 2013年12月までは「27人の証言」同様、芸人が「担当芸人」(プレゼンター)として出演していた(出演しない回もあった。 2014年1月以降は「担当芸人」としては出演していない )。 また、専門家のゲストが出演している。 2014年4月6日以降、新たにネット局()が加わる際には、中継を結んでネット局のアナウンサーやパーソナリティが出演し、その局の放送エリアである県の特集をすることが恒例になっている。 前述のとおり、2020年4月5日から「ここは赤坂応接間」との入れ替えで16時台に移行している。 サンデー中継くん(16時〜16時45分頃) 2018年4月8日開始。 「サンデーマナブくんの新展開」として始まった。 街角やイベント会場で生中継のインタビューを行い、悩みを聞いて答えるコーナー。 同年3月4日に放送した太田がリスナーの悩みに答える特別企画「お嬢さん、どうしました? 太田が悩みを聞きますスペシャル! 」の反響を受けて始めたとしている。 リポーターの発掘を兼ねるとして、芸人(複数回出演の、ら)以外に、タレント(初回の、複数回出演の、ら)、グラビアアイドル(同年10月14日の)、TBSの新人アナウンサー(2019年1月6日の、同年3月31日のと良原安美、2020年1月5日の)などが出演する。 中継の合間には「」のメッセージ紹介を行う。 また、太田と田中が交替で選曲した曲をかけている。 「サンデーマナブくんの新展開」の扱いのため、本コーナーもしくは「-マナブくん」のどちらかの放送になる。 なお、前述のとおり「-マナブくん」は2020年4月から時間帯を移行しているが、対策で街頭インタビューなどの中継が取りやめになっているため、本コーナーは同年3月1日を最後に放送がなく、コーナーの継続については発表されていない。 都民ニュース 東京都提供の広報番組で、アシスタントのみ出演。 2017年4月2日より日曜分の放送が『』から本番組内に移動している。 詳細はを参照。 各時報前 [ ] ちょっと一服 「休憩」と称して、リスナーからテーマを決めて募集した・を紹介する「おたよりコーナー」。 太田が提案したコーナーで、「ちょっと一服させてくれ」という理由から始まった。 なお、初回のみ「コーヒーブレイク」と言うコーナー名でやを紹介。 試食しながらリスナーからのメール・FAXを紹介していた。 14時台の当該コーナー終了時にネットを飛び降りる地域の放送局を読み上げている。 和歌山のwbsが読み上げられた瞬間、太田が「あでー! 」 と叫ぶのが恒例化している。 なお、特別番組やデーゲーム中継などで13時台のみで臨時飛び降りとなる局が発生した場合、13時台でも当該局を読み上げることがある。 過去のコーナー [ ] 27人の証言 (14時台) 番組開始から2013年9月29日まで。 毎回ある有名人 や場所・モノ・出来事にまつわるエピソードを週替わりの「調査員」のプレゼンによる証言やリスナーからの情報などから紹介した。 「27人」は、太田の好きなの小説『』のストーリーになぞらえたもので、実際に27人分の証言を紹介するわけではない。 ただし、2008年の拡大版「」特集では、リスナーの投稿を含めて実際に27人分の証言を紹介した。 2009年4月5日の「高村光太郎」以降、コーナー後半に証言者がスタジオ出演することがあった。 コーナー冒頭では、内容にちなんだ田中をいじる冒頭文を太田が生朗読していた。 また、長峰の事前収録によるナレーションでは、取り上げる人物などの紹介とともに、調査員をいじっていた。 2012年6月25日 には、番組初の書籍『爆笑問題の日曜サンデー 27人の証言』(TBSラジオ編、、)が発売された。 今カレー(15時〜) 2010年4月11日から2013年3月31日まで。 江崎グリコ提供(CMは「2段熟カレー」のみ)のコーナー。 当初はカレーをはじめとする食に関する思い出や情報を募集する企画だったが、のちにカレーをテーマにしたネタ投稿企画になっていた。 特別企画が放送されている場合は、通常の内容を変更して特別企画に合わせた内容になることがあった。 タイトルや当初の食べ物の思い出を振り返るという内容は、のエッセイ「昔カレー」(『』収録)になぞらえていた。 「カレー川柳」以降、「川柳師匠」「大喜利教授」「・カレ十郎」「自称演出家・ダレ十郎」(の)といった専門家を自称するキャラクターに太田が思いつきで扮するようになった。 今カレー(2010年4月11日 - 同年9月5日) リスナーから寄せられた食べ物(カレーに限らない)に関する思い出を紹介し、現在のその食べ物の状況を追跡していた。 読書の秋限定企画 秋の朗読シリーズ(2010年 - 2011年) リスナーから寄せられた情報を基に、や漫画の作中でカレーが登場する場面を朗読した。 江藤が漫画担当、竹内・外山が文学担当という設定だった。 実際には冬をまたいで春まで続いたが、企画終了まで「読書の秋限定」を通していた。 究極の2段熟カレーを作ろう! 2011年夏(2011年5月1日 - 同年7月31日) 「2段熟カレー」を使い、リスナーからの情報を基に材料を選んで、末を目標にカレーを作る企画を行った。 最終回には、リスナー1組を抽選で招待して、実際に作ったカレーの試食を行った。 (2011年 - 2012年) カレーをテーマにしたを募集していた。 同年に実施した「」の際に「ちょっと一服」で募集したメール・FAXテーマ「カレー川柳」をレギュラー化した。 当初は寄せられた川柳を紹介するのみだったが、同年9月4日からは優秀作を「ベストカレー川柳」として選出していた。 なお、タイトルの「勝ち抜き」は、TBSラジオ『』のコーナー「デイキャッチ・勝ち抜き時事川柳」のパロディ。 ただし、本家と違い、回ごとの優秀作を決めるものの次回には持ち越さなかった。 日曜サンデー 大喜利カレー(2012年 - 同年) カレーをはじめ食べ物をテーマにした大喜利。 「お題」に対して寄せられた答えを翌週に紹介し、優秀作を選出していた。 グリコ日曜劇場 1分間のカレー物語(2012年9月30日 - 2013年) 月替わりでタイトル(「」「」のような実在するドラマなどのパロディ)と「最後の言葉」を設定し、それに沿った約1分で読めるを募集。 太田とアシスタントが演じるにした。 ごちそうサンデー(15時〜) 2013年4月7日から2016年3月27日まで。 江崎グリコ提供で、「今カレー」を改題し内容を引き継いだコーナー。 にまつわるネタ投稿企画を行っていた。 開始から2015年3月まで、はカレールー「2段熟カレー」と「カロリーコントロールアイス」の週替わりで、投稿テーマもCMに合わせ「」と「アイス」の週替わりだった。 同年4月5日以降、CMはカレールーのみ(当初は「2段熟カレー」、2015年から期間限定で「カレーZEPPIN」、同年以降は「プレミアム熟カレー」)のみになり、投稿テーマも「カレー」のみになっていた。 現在の「あなたとやりとり ドミンゴ・ドミンゴ」同様、特別企画を放送している場合でも原則として通常のコーナー企画を行い、「グリコ プレミアム熟カレー販売対決! 」の放送当日は対決中継、前週は事前企画を行っていた。 「今カレー」同様、太田は専門家を自称するキャラクター「大喜利教授」または「ドドくん」に扮していた。 江崎グリコが番組提供から外れることになり終了。 「あなたとやりとり ドミンゴ・ドミンゴ」が始まることになった。 ごちそう大喜利(2013年4月7日以降、毎年4月 - 9月) 「今カレー」の「日曜サンデー 大喜利カレー」同様、食べ物をテーマにした。 「お題」に対して寄せられた答えを翌週に紹介し、優秀作を選出する。 開始時のタイトルは「大喜利 season2」(「日曜サンデー 大喜利カレー」を「season1」としている)。 2014年から「ごちそう大喜利 season n」になっていた。 ごちそう都々逸(2013年10月6日以降、毎年10月 - 翌年3月) 週替りの決められた言葉を織り込み、食べ物をテーマにした、7・7・7・5のリズムのを募集。 優秀作を「ドドくん」が歌った。 第2期(2014年度)以降、「ごちそう都々逸 season乙」「-season丙」とシーズンをで表していた。 サンデー・カラオケベスト10(15時10分頃~) の協力で、毎回様々なテーマによりで歌われた曲の集計 をトップテン形式で発表した。 「ここは赤坂応接間」のゲストやなどの場合は、同コーナーと時間を入れ替えてそのゲストにまつわる曲をテーマにすることがあった。 また、テーマによっては当コーナー限定でゲストが出演することもあった。 2009年に採用されたリスナーの投稿をきっかけに、リスナーによる「8位予想」が恒例となっていた。 2010年3月28日まではコーナー冒頭にその回のテーマに則った(友近が、太田が客を演じた)があった。 ゲストが参加することもあった。 通常はタイトルどおり10位から1位までのランキングだが、「の曲」(2011年10月16日・同年10月23日)、「の曲」(2012年2月19日・同年)、「の曲」(2012年)などでは、20位から1位のランキングを発表した。 レギュラーコーナーとしては2014年に終了したが、「サンデー芸人ランキング」や「グリコ プレミアム熟カレー販売対決! 」の中継の合間の企画で同様のカラオケランキングを取り上げることがある。 番組初の のみとなった2017年には、事前収録した「ニューイヤーカラオケ駅伝! アーティスト別カラオケベスト5」(TBSラジオで同時間帯に放送された『』のパロディ)を放送した。 太田図書館! ブックリレー(15時10分頃~、不定期) リスナーに贈った太田のお気に入りの小説が、現在どのように読み継がれているかを追跡するコーナー。 2010年開始。 作品は『』『』『』の3作。 それぞれ5冊ずつ、計15冊の本が志願リスナー15人のもとに贈られ、本を受け取り読み終えたリスナーは、その本に記載されている当コーナー専用のメールアドレスに、作品の感想などを添えて番組あてにメールを送り、その本を友人や知人に渡していく。 受け取った友人や知人も同様にメールを送り、さらにその友人や知人にその本を渡していく。 本コーナーが行われる場合は、「サンデー・カラオケベスト10」は休止になった。 同年9月5日を最後に放送されていない。 19初4(15時10分頃〜、2014年 - ) タイトルはの小説『』のパロディで、風に「いぢきゅうはづよん」と読む。 太田と田中がの入学試験で初めて会ったから30年経ったのを記念して行われた期間限定企画。 1984年のヒット曲やなどのランキングから当時を振り返った。 調査員としてインスタントジョンソン・デンジャラス・BOOMERが出演した。 冒頭では、太田と田中役の江藤による、当時の爆笑問題を振り返る再現コントがあった。 「サンデー・カラオケベスト10」に代わって放送されていた企画であった。 と同月16日はにより競馬が中止となったため、「サンデー競馬小僧」の時間まで拡大された。 主な特別企画 [ ] 本番組では主に、、期間中に特別企画を実施している。 2018年10月までは隔月偶数月の調査週間(全番組体制で特別企画を行う「スペシャルウィーク」)にも行っていたが、同年12月以降はTBSラジオが「スペシャルウィーク」を取りやめているため、該当する週でも定例の「全日本ラジオ新番組選手権」「TBSラジオ珍プレー好プレー大賞」以外の特別企画は行われていない。 全日本ラジオ新番組選手権 [ ] 毎年4月のスペシャルウィークに開催。 の新番組を初回放送の音源とともに紹介し、リスナー投票により優勝を決定する。 優勝決定後に優勝番組のパーソナリティが電話出演することが恒例になっている。 TBSラジオの番組はパーソナリティのコメント紹介のみでノミネートはないが、2011年から2016年までは新番組のパーソナリティが16時台(2015年は前週の事前企画、2016年は「ここは赤坂応接間」)のゲストとして出演していた。 エントリー順はあらかじめ設定されているが、ブロック別ではなくなった2011年以降、電子風のを流しランダムに当っているように装っており、その設定に乗る田中以外の出演者に田中がツッコむことが恒例になっている。 優勝番組に賞品や賞金などの特典はないが、本番組から表彰状が贈られ、優勝しなかったその他の参加番組にも感謝状が贈呈される。 2008年実施。 地域ブロック毎に地場芸人(その地方出身の芸人)プレゼンターが紹介した。 知ったか() 北関東&甲信越ブロック• しあわせの五・七・五()• 熱き戦いの記録 増刊号()• のナイトフライト! 2 しあわせの五・七・五 毎日放送 298票 異色の川柳専門番組がランクイン。 票を中心に多くの票を獲得した。 3 おとなりラジオ あらら 信越放送 268票 太田とU字工事が電話出演したを「母乳アナ」といじり倒し、圧倒的な主婦票(女性票、人妻票)で票を伸ばした。 4 保岡栄二のナイトフライト! 四国放送 得票数非公表 友近が、『ナイトフライト! 』アシスタントのを中心にいじった。 2009年実施。 自称ラジオ批評家の()をコメンテーターに迎え、エントリーパーソナリティ本人と生電話で魅力を語ってもらった。 エントリー順• (北海道放送)北日本ブロック〔東北以北〕• のさたばな(新潟放送)関東甲信越ブロック• のハマグリ王( 『』)東海ブロック• 夜久まさみの2次元ラジオ~LEVEL1~(中部日本放送)東海ブロック• ・瞳の日曜キター! ジン(毎日放送)近畿ブロック• (毎日放送)近畿ブロック• ()西日本ブロック〔山陽、山陰、四国〕• ()南日本ブロック〔九州、沖縄〕• Fighting 闘牛! ()南日本ブロック 投票結果 - リスナー投票順位 順位 エントリー番組名 放送局名 得票数 備考 1 気ままにラジオ 雨の日晴れの日曇りの日 西日本放送 387票 該当番組で2009年に当企画の模様を放送。 (当時アナウンサー)が前年の「」ノミネート以来の生電話で再登場。 磯部は「リベンジ達成」と話していた。 2 伊藤沙菜の『ココロは童顔です。 』 北海道放送 354票 該当番組で2009年5月2日に当企画の模様を放送。 3 板東英二のおばあちゃんと話そう 毎日放送 336票 は電話越しに「」出演を熱望していた。 2010年4月25日実施。 この回からタイトルを「JRN全日本ラジオ新番組選手権」から「全日本-」に変更している。 同年春の新番組『』に竹内と共演していたカンニング竹山をプレゼンターに迎えた。 エントリー順• のフェミニンスタイル(北海道放送)〔北海道・東北〕• のケータイ川柳道場()〔北海道・東北〕• (東北放送)〔北海道・東北〕• ()〔甲信越・東海・北陸〕• ()〔甲信越・東海・北陸〕• ()〔甲信越・東海・北陸〕• (福井放送)〔甲信越・東海・北陸〕• 因幡スピリット()〔近畿・中国・四国〕• (RKB毎日放送)〔九州・沖縄〕• MBCラジオ こどもステージ()〔九州・沖縄〕 投票結果 - リスナー投票順位 この回では得票数は発表されなかった。 順位 エントリー番組名 放送局名 備考 1 満開ラジオ 樹根爛漫 2010年4月10日分のオープニングとリスナー参加のコーナー「妄想クイズ! これな~に? 」を紹介。 パーソナリティのとが生電話で出演し、翌週の5月2日には本番組のスタジオに「乱入」した。 なお、『樹根爛漫』の優勝やスタジオ乱入の様子がに取り上げられた。 2 お笑い地産地消バラエティ ゲラゲラ45 東北放送 2010年4月5日のオープニングとネタ投稿コーナーを紹介。 パーソナリティのとワッキーのイベントに参加していたが生電話で出演した。 3 MBCラジオ こどもステージ 2010年4月18日放送分。 チームに所属する小学生へのインタビューなどを紹介。 2011年4月24日実施。 プレゼンターとして山里亮太を迎えた。 この回からは地域・放送局に関係なくノミネートするようになった。 ゲストとして『きゃりーぱみゅぱみゅのウェイウェイレディオ』(『』内)のが出演した。 エントリー順• フリーステーション Hi-ho! (静岡放送)• (毎日放送)• 土曜 ミミマンボ! (毎日放送)• あらたとの夜をぶっとばせ! 友近ママの、魔法の引き出し()• キャンパスラジオ()• (北陸放送)• フラっとフライデー(新潟放送)• 人生探求ラジオ BUG(北海道放送)• (福井放送)• どきゅ〜ん! (南日本放送)• 還暦刑事(中部日本放送) 投票結果 - リスナー投票順位 順位 エントリー番組名 放送局名 得票数 備考 1 友近ママの、魔法の引き出し 南海放送 403票 2011年4月4日のダイジェストを紹介。 「友近ママ」ことは前アシスタント・友近の母。 優勝決定後「友近ママ」が電話で出演したが、優勝したことを最後まで気づいていなかった。 また、娘の友近が事前収録で出演し、この番組を聞いて「(次の改編期で)別の人にすぐ代えてください。 (このまま番組を続けても)彼女のためにもなりませんし、局のためにもなりませんし」とコメントした。 2 人生探求ラジオ BUG 北海道放送 268票 2011年放送を紹介。 パーソナリティのは、2008年に優勝した『スリーキャッツナイト2008』に出演していた。 竹内が当時パーソナリティを務めていた『ニュース探究ラジオ Dig』にタイトルが似ていることについて問いただすため、MAYUが電話で出演。 MAYUによると『BUG』のプロデューサーとディレクターは「『Dig』にたいそうされた」「だから大丈夫だろう(と思っていた)」としながらも「こんな大きなことになるとは思っていなかった」ということである。 3 キャンパスラジオ 山陽放送 237票 2011年4月9日放送。 オープニングトークと大学コーラス部を紹介するコーナー(混声合唱団が校歌を合唱)を紹介した。 2012年実施。 プレゼンターとして同年春の新番組『』のパーソナリティであった柴田英嗣を迎えた。 ゲストとして『』のが出演した。 エントリー順• 宮崎ユウのユウコミサンデー(南海放送)• 新感覚お仕事バラエティ よいしょ! (山陽放送)• WES-LEEのタッチ! (北海道放送)• ・第2部「BOYS AND MEN 栄第七学園 男組! 」(中部日本放送)• じげらナイト キャンラジ()• (南日本放送)• (RKB毎日放送)• (新潟放送)• モリラジ! (北陸放送)• SATO研()• ラジオナマステ~ときどき()• 土曜ミミマンボ! 2(毎日放送)• () 投票結果 - リスナー投票順位 順位 エントリー番組名 放送局名 得票数 備考 1 ラジオナマステ〜 ときどき古家学 和歌山放送 1142票 日本との文化の違いをテーマにトークを展開する「超お気楽異文化激突番組」。 パーソナリティは「おしゃべりサラリーマン」こと(当初はササモトとのみ公表)とインド人の。 古家学は出身の。 やスポンサーのを歌っており、古家の活動を紹介するコーナーもあるが、にもかかわらず初回にゲスト出演したのみだった。 2012年と翌週(第2回)放送を紹介。 初回はギリが里帰りをして欠席となっていた。 優勝決定後、ギリが電話出演し、初回放送を欠席した理由を「(インドの)最新状況を(勉強して)、自分を磨かなきゃならないから」と話しており、「次回から絶好調で頑張っていきますんで」と抱負をコメントした。 なお、『ラジオナマステ』はギリがインドに帰国したため同年9月で終了。 笹本と古家は2013年春から1年間放送された『ラジオかくし玉』にレギュラー出演していた。 2 大人のラジオバラエティ ご昭和ください 山口放送 761票 「」をテーマにしたトーク番組。 2012年に放送された、パーソナリティの「かぐせん」こととアナウンサー・が少年時代のの思い出を語る様子を紹介した。 3 宮崎ユウのユウコミサンデー 南海放送 416票 2012年に放送された、本職がである宮崎が質問に答えるコーナー「ちょいアゲ!? 「女子がうまく低音を出すには」という質問に宮崎がその方法を説明していたが、『日曜サンデー』のスタジオでは「テンションが高くて楽しそうだけど、たとえが全然わからない」という評価だった。 2013年実施。 プレゼンターとして同年春から『』の「月曜パートナー」であるカンニング竹山を迎えた。 ゲストとして『』のが出演した。 開催の前週4月14日には、「27人の証言」を休止し、過去の優秀作を振り返る「江藤愛のラジオ新番組選手権ナビ」(で放送されていた『』のパロディ)を放送。 樹根と友近千鶴が電話で出演した。 エントリー順• (信越放送)• アクティブ・ボイス・イブニング aveな週末(ラジオ福島)• ラジオかくし玉(和歌山放送)• RNB Radio Show What's Up? (南海放送)• 新里カオリのうららか日曜日〜スローライフしませんか〜(中国放送)• アップステージ(北海道放送)• (RKB毎日放送)• (IBC岩手放送)• (山梨放送) 投票結果 - リスナー投票順位 順位 エントリー番組名 放送局名 得票数 備考 1 冨田奈央子のアフタースクールらじお! IBC岩手放送 811票 『』の「花金アフタースクールラジオ! 」を発展させた、「」の自由な時間をテーマに「頑張る学生を応援する」番組。 パーソナリティの当時アナウンサー・が「」という設定。 2013年放送の、リスナーが書いた脚本を元に冨田1人で演劇を行う「アフラジ演劇部」のコーナーを紹介した。 選手権当日は、冨田は『感激そのまま! IBCラジオ・岩手競馬かちそー実況中継』に生出演していたため、代わりにディレクターが電話出演。 翌週のオープニングに冨田が電話出演し、『日曜サンデー』リスナーからも『アフタースクールらじお! 』にお祝いのメールが寄せられたことなどについて話した。 なお、冨田は2016年3月にIBCを退社したため(2017年1月からのアナウンサー)、同年4月以降はIBCアナウンサーのがパーソナリティを務める『松原友希のアフタースクールらじお! 』として継続している。 2 はみだし しゃべくりラジオ キックス 山梨放送 786票 とアナウンサー・が担当する木曜日の初回(2013年)を紹介。 番組の打ち合わせを兼ねた食事会で、三浦が勝手にトマトに塩をかけたことについて山田が文句を言うフリートークと、山田の娘「54世」の「髭婿とお友達」を探す「髭なずけちゃん、いらしゃ〜い!! 」のコーナーを取り上げた。 3 マチケンマリコのハミングバーズ! RKB毎日放送 509票 2013年放送を紹介。 パーソナリティの山本真理子がで演奏した曲をリスナーが当てる「マリコーダークイズ」を取り上げた。 2014年実施。 プレゼンターとして前年に引き続きカンニング竹山を迎えた(ただし、竹山のスケジュールの都合でまで出演。 なお、「サンデー競馬小僧」にも出演した)。 ゲストとして『』のうしろシティとハライチが出演した。 パーソナリティの(RCCラジオカーレポーター)ら(伊藤以外は後述)が番組紹介の際に電話出演した。 エントリー順• 集まれ! 飛び出せ! フレンズ(長崎放送)• 学園放送部(和歌山放送)• (中国放送)• (北海道放送)• のドゥーワップ・ステーション(南日本放送)• (静岡放送)• 江刺伯洋のおかげサンデー(南海放送)• のLINK(新潟放送)• ・ バウンド・トゥ・トーク(東北放送) 投票結果 - リスナー投票順位 順位 エントリー番組名 放送局名 得票数 備考 1 北乃カムイのもにょもにょラジオ! (適当) 北海道放送 903票 北乃カムイは「北海道育成アイドル」と称する。 2014年放送の、北乃が出演するの時報(番組直前の2時のもの)と、オープニングを続けて紹介。 オープニングでは、北海道出身またはゆかりのあるアーティストの歌を1曲目にかけるとしながら、2014年放送のオープニングでは、の「」を北乃が歌っていた。 優勝決定後、北乃が電話出演し、「北海道を有名にしていく活動をしていくのにゃ」などと抱負を語った。 しかし北乃と生電話中に、北乃を推した江藤が北乃の「」をしきりに気にした。 HBCは、の『スリーキャッツナイト2008』以来、選手権初の2冠となった。 同年の『もにょもにょラジオ』で当企画の様子を放送。 2 江刺伯洋のおかげサンデー 南海放送 791票 はRNBアナウンサー。 2014年4月6日放送のオープニングトークと江刺が内を取材するコーナー「江刺の行ってきたんでー」を取り上げた。 「デンスケ江刺の行ってきたんでー」では、のにいた外国人に江刺が適当な英語でインタビューした様子を紹介した。 江刺のしゃべりに対し、爆笑問題は「やる気出せ」(太田)、「アナウンサーなのにブツブツしゃべる感じが新しい」(田中)という評価だった。 江刺が電話出演したが、その際に江刺の独断で事前に録音した江刺の母親のコメントを流していた。 3 ジミー入枝のドゥーワップ・ステーション 南日本放送 703票 ジミー入枝は出身・在住のシンガー。 番組は土曜夕方の。 2014年4月5日放送のオープニングでの、自己紹介と入枝が弟子入りしていたの「」をかけた部分を取り上げた。 入枝はの朴訥としたしゃべり方をしている。 入枝によると、ゆっくりしゃべったため、自己紹介と曲のみで「終わっちゃったんですよ」と話している。 2015年実施。 プレゼンターとしてカンニング竹山を迎えた。 この日は「ここは赤坂応接間」(ゲストは当日に放送を開始したTBSテレビのドラマ『』に出演していた)を通常どおり放送したため、TBSラジオの新番組紹介は前週に「サンデーマナブくん」を休止し、事前企画「新番組選手権ナビ TBSラジオ編」として放送。 ゲストとして『』の海保知里とが出演。 プレゼンターとして島田秀平が出演した。 エントリー順• (北海道放送)• 正岡省吾のRADIO monster! (南海放送)• (熊本放送)• 午後も一番 すっきりワイド(新潟放送)• X-GUNのぐんぐんサタデー(山梨放送)• リンだとの土曜番長(山陽放送)• アニマジン()• ・のトリセツ! (CBCラジオ) 投票結果 - リスナー投票順位 順位 エントリー番組名 放送局名 得票数 備考 1 よるめぐ 熊本放送 640票 で有名なベテランDJ・とアナウンサー・がパーソナリティを務めるトーク番組。 通常は「その道のスペシャリスト」をゲストに迎えるが、取り上げた初回の4月4日放送はMEGが田名網にプライベートについて質問攻めにしており、その様子は太田に「と客の会話」と評された。 優勝決定後に田名網が電話出演し、「MEGさんというキャラは強烈過ぎて、どう対処していいかさぐりさぐり」と話していた。 なお、2017年4月からタイトルを『昼でも よるめぐ』とし、放送時間を『日曜サンデー』と同じ日曜13:00開始に変更して継続していたが、2018年秋で終了した。 2 午後も一番 すっきりワイド 新潟放送 633票 3月30日の初回放送を紹介。 パーソナリティのが話しだしたのにもかかわらずBGMのボリュームを下げなかったオープニングと、新人リポーターの久能木百香がで飼育されているについて、当日退任する飼育員に緊張しながらインタビューする様子を取り上げた。 4月3日の初回放送の、昔の流行について話す「JK・JC今昔物語」のコーナーを取り上げたが、JK3人が話している最中に「先生」役でレギュラー出演しているが唐突に割り込んでおり、その様子を「衝撃」の場面として紹介した。 2016年実施。 プレゼンターとしてハライチの澤部佑が紹介。 この日は「ここは赤坂応接間」(ゲストは)を通常どおり放送したため、TBSラジオの新番組紹介は前週に「サンデーマナブくん」を休止し、島田秀平がプレゼンターの事前企画「新番組選手権ナビ TBSラジオ編」として放送。 事前企画にはゲストは出演しなかったが、「ここは赤坂応接間」に新番組『松尾雄治 明日へのトライ! 』のパーソナリティ・が出演した。 エントリー順• (大分放送)• ERA〔ワエラ〕(和歌山放送)• ラジオ大福 四国放送• 青森放送• (北陸放送)• モテイン・アライブ(中国放送)• オタク捜査 2次元ポリス()• との今どぅばんじ島ラジオ() 投票結果 - リスナー投票順位 順位 エントリー番組名 放送局名 得票数 備考 1 森谷佳奈のはきださNIGHT! 山陰放送 717票 放送当時入社2年目の山陰放送アナウンサー・森谷が「日常の喜怒哀楽」をぶつける。 4月11日放送の番組2回目を紹介。 リスナーからの悩み相談に適した「オリジナル薬」を処方する隔週のコーナー「教えて、保健室の先生」では森谷はいちいち白衣に着替えるという。 優勝決定後の電話で話した際、森谷も、森谷の「薬」を処方された側の澤部も興奮していた。 該当番組で翌日2016年4月25日に当企画の模様を放送。 2 川満聡と堀内加奈子の今どぅばんじ島ラジオ 琉球放送 516票 沖縄のローカルタレントで「川満しぇんせぇー」として知られていると、沖縄民謡歌手で奏者の堀内加奈子が出演し、沖縄の情報とを紹介する番組。 番組初回4月2日の「あった果報」では、沖縄髭のウタイチャーンが「コーラス」し、作詞作曲を担当した「ウタイチャーン南部保存会」副会長でウタイチャーンの飼い主である徳山が自ら歌う沖縄民謡の「ナークニー」を紹介した。 3 ラジオ大福 四国放送 381票 31年半続いた同局の『えんやこらワイド』を改題リニューアルする形で開始。 取り上げた3月29日放送の番組2回目では、ラジオ大福のテーマソングやジングルすべてを全作曲したシンガーソングライターのが遅刻し泥酔状態で、四国放送アナウンサー・が困惑する様子を紹介した。 翌週5月2日に本番組のの投書で、皆谷が「半泥酔は地元用キャラ」だと説明していた。 2017年実施。 プレゼンターとして『』のパーソナリティで同月18日の『・』にもゲスト出演したを迎えた。 オープニングには前年のグランプリ『森谷佳奈のはきださNIGHT! 』のパーソナリティ・森谷佳奈が出演した。 「ここは赤坂応接間」には『』『』などTBSラジオで長年パーソナリティを務めるが出演した。 TBSラジオの新番組紹介は前週に「サンデー芸人ランキング」を休止し「新番組選手権ナビ TBSラジオ編」として放送。 ゲストやナビゲーターは出演しなかった。 エントリー順• ラジオで(山形放送)• (RKB毎日放送)• プロデュース 護得久栄昇アワー 琉球放送• うしみつドキドキ! ・の今夜もけったこぐ! CBCラジオ• (中国放送)• アンチモンの それ、歌ってみよう! (南海放送)• ng(山梨放送)• のWASABI(静岡放送)• ケーマさんぽ(秋田放送) 投票結果 - リスナー投票順位 順位 エントリー番組名 放送局名 得票数 備考 1 DressingのNICE FANTASY!! 中国放送 692票 初回4月3日のオープニングと翌週10日の悩み相談を紹介した。 は「DREAM LAND(ハツカレーシア)」()出身で「ファンタジー系シンガーソングライター」を自称している。 人物設定の多さやテンションの高さに爆笑問題は「リスナーに勉強させすぎ」「コミュニケーション不能」「結局変な奴にはかなわない」などと評していた。 エンディングでDressingが電話出演し、太田のボケとしてふざけているのかという質問に対し、「私はふざけてない、真面目なの」と答えた後、「ドリームランド」などの設定の主張を続けていた。 2 ラジオで詰将棋 山形放送 573票 日曜朝に放送されている5分間の番組。 山形県支部連合会の協力で作成した、詰将棋のから次の手を考える問題を出題しリスナーから解答を募集するのみの内容。 問題は山形放送アナウンサー・が読む。 初回4月2日の出題と翌週9日の解答を紹介した。 番組のディレクターによると、県内外から10通程度の解答が送られてきたとしており、「将棋ファンは結構いるんですね」とのコメントを寄せていた。 3 アンチモンの それ、歌ってみよう! リスナーから寄せられた日常の出来事などのテーマを元にアンチモンが歌を作り歌う。 初回4月1日は「のこと」を歌っていた。 2018年4月22日に実施。 プレゼンターはハライチ・澤部佑。 オープニングには前年優勝者のDressingがスタジオ生出演。 前週4月15日14時台には「新番組選手権ナビ! 」として過去10年の1位作品を振り返った。 ゲストとして、広島県ローカルのRCCラジオ『平成ラヂオバラエティごぜん様さま』のパーソナリティを務めるRCCアナウンサー・横山雄二が出演した。 エントリー順• 唯衣麻衣の タイムライン(大分放送)• サブカルキック(HBCラジオ)• いい曲プレゼンターズ(熊本放送)• ・のふくふくサタデー(中国放送)• (RKBラジオ)• (長崎放送)• 偉人探訪者トキタビ!! (宮崎放送)• (MBSラジオ)• (CBCラジオ) 投票結果 - リスナー投票順位 順位 エントリー番組名 放送局名 得票数 備考 1 ラジオ スローリー 西日本放送 663票 放送初回(2018年4月7日)を紹介。 現役女子大生の赤松汐音がパーソナリティを務めている。 初回のオープニングと、「今日のランチ」のコーナーを紹介した。 同番組の2018年4月24日放送で受賞の様子が放送され、四国新聞にも後日掲載された。 2 アリスのMBSヤングタウン MBSラジオ 489票 初回(2018年4月6日)オープニングのの懐かしい話や、「チンペイの今だから言える暗い過去のコーナー」の例題を紹介した。 2018年4月27日放送分でラジオ新番組選手権企画の反響メールを紹介。 3 偉人探訪社 トキタビ!! 宮崎放送 375票 パーソナリティ兼ディレクターのMRTアナウンサー・が「ただ今着きました」の決めゼリフで目的地へタイムスリップ。 2018年4月7日の初回は西郷隆盛特集で、旧暦明治元年3月13日(1868年4月5日)にタイムスリップし江戸城前で勝海舟に「インタビュー」。 2018年4月28日放送の第4回で外種田による番組説明の部分で口頭で『日曜サンデー』の名がタイムスリップして確認したところに触れられた。 2019年4月21日実施。 オープニングでは前年の優勝者・赤松汐音が生電話出演した。 エントリー番組• (RKB毎日放送)• (秋田放送)• マグ万平ののちほどサウナで(北陸放送)• の夜はフツーでいいじゃない。 (新潟放送)• (静岡放送)• 驚異の顔面偏差値の「顔だけじゃないもん」(南海放送『痛快! 杉作J太郎のどっきりナイト7』内)• 浩子クレメニアの聞いてクレメニア!! (長崎放送)• と平川美香のパイパイパイナップル(琉球放送)• RADIO de BINGO(南日本放送) 投票結果 - リスナー投票順位 順位 エントリー番組名 放送局名 得票数 備考 1 三石佳那の夜はフツーでいいじゃない。 新潟放送 495票 2019年4月2日の初回オープニングと同年4月16日のBSNアナウンサー・三石佳那がプライベートでの独り言を録音して放送する「三石佳那の本音」を紹介した。 エンディングで三石が電話出演。 三石は憧れのアナウンサーを聞かれを挙げたため、翌々日23日の『赤江珠緒 たまむすび』で本番組の一部音源を放送した。 2 まだ帰りたくない大人たちへ チョコレートナナナナイト! 静岡放送 472票 初回2019年4月2日のオープニングなどでの、漢字が読めないSBSアナウンサー・のいじりを紹介した。 放送後に、酒井が月間のアシスタントとして出演していた当日夜の『』()や同年4月23日の『-ナナナナイト! GARAGE』で「反省会」を行った。 なお、本選手権でプレゼンターが出演する番組がノミネートされたのは初めてとなった。 3 ポニーテールリボンズと平川美香のパイパイパイナップル 琉球放送 399票 異色一人バンドのポニーテールリボンズと、シンガーソングライターの「平川のおじさん」こと平川美香がおくる。 初回2019年4月2日のオープニングとオリジナル曲セッションの様子を放送。 翌々日23日に本番組の感想メールを読んだ。 同年5月19日には、平川が「サンデー中継くん」のリポーターとして、自身も演者として参加したで行われたイベント「OKINAWAまつり2019」の会場から中継で出演した。 2020年4月26日実施。 プレゼンターとして『』に出演するを迎えた。 前週の「全日本ラジオ新番組選手権2020ナビ」には過去の優勝者である三石佳那、赤松汐音、森谷佳奈が生電話出演した。 この回ではJRN系列局以外で初となるラジオ関西の番組がノミネートされた。 エントリー番組• 目指せトータル100万フォロワー! 4KアイドルRADIO(大分放送)• ハワイの風(熊本放送)• 高橋真也の令和水戸黄門ラジオ漫遊記(ラジオ関西)• あゆみの歩み(四国放送)• (中国放送)• マチコでNightね! (長崎放送)• After Beat~アフタービート~(北海道放送)• の煩悩の塊(ABCラジオ)• のちょいバズ(CBCラジオ) 投票結果 - リスナー投票順位 順位 エントリー番組名 放送局名 得票数 備考 1 マチコでNightね! 長崎放送 525票 2020年4月2日の初回放送を紹介。 パーソナリティは「アラセブ」(アラウンド70、放送時67歳であることから)を自称するベテランの。 現在活躍する若手の歌手について、吉田の世代で同じような位置に相当する歌手を取り上げる(同番組では=、=としていた)。 エンディングで吉田が電話出演。 吉田は同番組を「いい企画です」と自画自賛しながら「明日から長崎の街を45度ぐらい胸を張って歩いていると思う」とのコメントを寄せた。 2 ハワイの風 熊本放送 481票 2020年4月3日の初回放送を紹介。 に乗せての情報を取り上げる番組。 パーソナリティは自身もハワイ好きであるで、ハワイは熊本県からのが多く関わりが深いことから始まった番組としている。 翌週5月3日には特別企画「まんぷくミュージックリクエスト」に奥田が電話出演し「」をリクエストした。 なお、選手権当日は反響の大きさから熊本放送の公式サイトがダウンしたとしている。 3 あゆみの歩み 四国放送 355票 2020年4月7日の初回放送を紹介。 四国放送アナウンサー・が1人でしゃべる番組で、企画・構成など制作も戸田1人で担当している。 戸田が選曲した曲(「」「」)をかけるたび、自らその歌の一節をアカペラで歌う場面が紹介された。 なお、同番組は戸田と同期のアナウンサーが担当する『の脳内アドベンチャー』と隔週で放送されている。 TBSラジオ珍プレー好プレー大賞 [ ] 前番組『』で、毎年12月に放送されていた企画「TBSラジオ珍プレー好プレー大賞」をの承諾を得て、本番組が引継ぎ放送することになり、2008年以降は本番組内で、同企画を毎年12月の聴取率調査週間に放送している。 詳細は「」を参照 グリコ プレミアム熟カレー販売対決! [ ] 2組の芸能人が出演し、14時頃からの約1時間、それぞれ別店舗のの特設売場で江崎グリコのカレールーを販売し、その個数を競う企画。 各売場ではリポーター(第1回から第8回まではTBS954情報キャスター、第9回からはTBSアナウンサー)が応援を兼ねながら随時リポートする。 第1回から第8回までは「2段熟カレー」を販売していたため「 グリコ 2段熟カレー販売対決! 」としていたが、「2段熟カレー」が後継商品「プレミアム熟カレー」に切り替わったため、第9回から改題している。 元々は本番組を放送していないABCラジオが、江崎グリコ提供のコーナーを持つ『』の出演者と他番組の代表者(または・所属のお笑い芸人)によるチーム対決企画として2005年から年に1回開催()。 かつては、『』(CBCラジオ)や『』()でも、同じフォーマットで対決を実施していた。 2010年実施。 この回から番組対抗形式では行われず、前回勝者のはなわに原口あきまさが挑むという構図で行われた。 結果 - 販売個数勝敗 勝敗 販売者名 リポーター名 販売店名 販売個数 勝 はなわ 一場麻美 店 1478個 敗 原口あきまさ 白井京子 ベイシア 店 1007個 この対決に敗れた原口は、太田に迫られ掲げた公約の通り、芸人引退を対決終了直後に放送で宣言(すぐさま撤回)。 一方勝利したはなわをリポートした一場は、前回感涙にむせび達成できなかった「勝ったらになる」という公約を、翌週の放送終了後に撮影した自身の水着姿の画像を本番組のホームページに掲載するという形で達成した。 また、その日(7月25日)の放送では対決の総括として「ドキュメント 7. 18カレー販売対決」と題した企画が白井・一場と当日現場にいた江崎グリコ社員をスタジオに迎えて「今カレー」内で行われた。 2019年に実施。 この回では「応援芸人」として、販売者をサポートする芸人2人がそれぞれについた。 結果 - 販売個数勝敗 勝敗 販売者名 応援芸人 リポーター名 販売店名 販売個数 勝 、 ヤオコー ワカバウォーク店 1919個 敗 、 ヤオコー 牧の原モア店 535個 「カレー販売対決」に類似する企画として、2018年4月1日には「 エースコックプレゼンツ サラダフォー アレンジバトル」と題して、エースコックのインスタント「Pho・ccori気分」の「鶏だしフォー」「海鮮フォー」それぞれのアレンジレシピを太田と田中が考案。 ステージでのプレゼンや試食会を行い、どちらのアレンジが良いかを販売数で対決する企画をで実施。 ハマカーン、、、、(当時はハッポゥくん)、TBSアナウンサー・が出演した。 この対戦では304対349で田中の「海鮮フォー」が勝利した。 どこよりも早く今年の出来事を斬る! [ ] 2009年は「 ラジオサンデージャポン2009秋」、2010年は「 爆笑問題と伊集院光がどこよりも早く今年の出来事を斬る! 」と題して年内のニュースを振り返る企画を放送。 両回ともゲストとして伊集院(2009年は前半のみ、2010年は全編)、解説者として柴田秀一が出演した。 また、2009年は当時の・も16時台のゲストとして出演した。 2011年は特別企画としては行わなかったが、同年に伊集院がゲスト出演した際(を参照)、コーナー後半に年内のニュースを振り返った。 年末企画 [ ] 2012年以降、1年の最終回は特別企画を行っている。 ネットしている系列局のアナウンサー・リポーター・パーソナリティによるリポートと、インスタントジョンソンがリスナーにの「」を届ける企画「おつかれちゃ~んデリバリー」(「おつかれちゃ~ん」はインスタントジョンソンのギャグ)が恒例になっている。 2012年12月30日は「 2012年もおつかれちゃ~んSP」を実施。 「サンデー・カラオケベスト10」は拡大版として「受賞曲」をテーマにした「サンデーカラオケベスト20」を行った。 2013年12月29日は「 ニッポン全国 おつかれちゃ〜んスペシャル」を実施。 「カラオケベスト10」の拡大版「サンデーカラオケベスト50」では事前に募集した「歌自慢リスナー」による生カラオケも行い、ランキング1位で話題になり番組に出演したことのある 演歌歌手・がゲストとして出演した。 2014年は、系列局中継は「列島! 美味しいモノ中継」と題して地元名物をテーマにしたグルメリポートを行った。 ゲストに石塚英彦を迎えた。 また、オープニングには、2014年に所属となり、爆笑問題の「後輩」となったが出演した。 2015年12月27日と2016年12月25日は恒例の企画のほか、16時台に翌年のニュースを占う「ラジオサンデージャポンNEXT201x」を実施。 解説に柴田秀一と武田一顯が出演した。 2018年からは12月第4週に「号外からマナブ201x」と題して、その年に発行された「」(新聞社が発行した号外のほか、「号外級」のニュースを含む)を振り返る企画を実施している。 ゲストとして2018年には情報編成総センター記者と、2019年にはTBSラジオ『』のコメンテーターを務める解説委員・山田恵資と(「ここは赤坂応接間」のゲストとして。 同コーナーでも「号外」を取り上げた)、プロ野球・の選手で爆笑問題・太田との(参照)が出演した。 トーク企画 [ ] ここでは専門家や論客を招いたトーク企画について記述する。 2009年8月23日には、「 ニッポンの赤坂の教養」(『』のパロディ)と題して、武田一顯、ドラマ演出家・、作曲家・が出演した。 2010年2月21日には、「業界の鬼」と呼ばれる論客を招いた「 鬼スペシャル」と題して、映画プロデューサー・、・、芸能評論家・が出演した。 2010年8月29日には、「 あれはボクでーす、ワタシでーすSP」と題して、歴史的な出来事に遭遇したり「みんなが知っているあれをやった」人物を取り上げる企画を実施。 「」を回収した准教授・山田哲哉、が釣り上げた特大を競り落としたの、爆笑問題が司会を務めていたNHK総合の番組『』第1回放送の観覧者、・作間敏夫、TBSラジオ交通情報キャスター・、の乗組員・八杉康夫、のライバルだったインストラクターが出演した。 2013年2月24日には、「 爆問トークスタジアム! あれってどうなってるの? 」と題して、の研究で話題になった・、のスナック菓子「ベジップス」の開発者、評論家・ 、音楽プロデューサー・が出演した。 2013年には、「 イケイケドンドン! 景気のいい話SP」と題して、をまとめる「株式会社ゆるキャラ」の取締役、の開発担当者と広報担当者、の開発担当者、『』の脚本などで知られる・がスタジオ生出演。 また、同年に最高齢登頂で話題になった・が電話出演した。 各パートの冒頭では、ウエストランドがゲストにちなんだ漫才を披露した。 2014年6月15日には、「 ふしぎ現象 ワンダー・カップ(W杯)」(「ワンダー・カップ(W杯)」は、のパロディ。 日本時間の同日午前に・戦が開催された)と題し、やなどの「ふしぎ現象」を特集。 「ふしぎコンシェルジュ」(プレゼンター)として島田秀平、ゲストとしてに詳しい・、の雑誌『』の編集長・、を的に研究する理学部准教授・武村政春が出演した。 2015年にも同様の「ふしぎ現象 ワンダー・カップ(W杯)」(の開催期間中)を放送。 島田、三上のほか、、、の末裔をゲストに迎えた。 また、オープニングには当日の『サンデージャポン』のゲストであったが出演した。 2016年には、「 ふしぎ現象ワンダーカップ! 7つくらいのふしぎ最前線」と題して、ゲストとして、前年同様の島田、三上、田原のほか、他人の脳に入り込むとする「ブレインダイブ」を行う・新子景視、のオカルト担当記者、オカルトを取り上げるニュースサイト『』の編集長、「ハンター」として知られるライター・平坂寛、オカルトを語る芸人として・ぁみと・片岡正徳が出演した。 2016年2月21日には、「 音声の世紀! 音で振り返る2000年代」(『』のパロディ)と題して、音声素材から以降のニュースを振り返る企画を実施。 武田一顯、・、元の野球解説者・、・が出演した。 2016年10月23日には、「 趣味の名は。 」(アニメ映画『』のパロディ)と題して、著名人を招いて自身の趣味を語らせる企画を実施。 の、の、の海保知里、のカンニング竹山、多趣味で知られるが出演した。 2018年10月21日には、「 聴けば社長が見えてくる! 秋の社長まつり!! 」と題して、社長が出演する企画を実施。 オープニングではTBSラジオの社長が「開会宣言」。 ゲストとして、精密機器のネジを開発・製造する町工場を経営する社長、の社長、の社長でタレントのが出演。 「ここは赤坂応接間」には、の経営者としても知られるを迎えた。 ランキング企画 [ ]• 2010年には、「 ゴールデンウィーク特別企画! なんでもベスト3」と題して、リスナーから独断で決めた自由なテーマによるランキングを募集した。 ゲストとして(当時は世界のナベアツ)が出演した。 2012年12月23日には、に田中が除去、太田が除去の手術をしたため、大事を取って前週16日の生放送直後に収録したものを録音放送。 「週末版TBSラジオショッピング」「今カレー」「ここは赤坂応接間」以外のコーナーを休止し、「 お願い! 田中ランキング」(爆笑問題が出演するテレビ朝日系『』のパロディ)と題して、田中やリスナーが独断で決めた音楽や食べ物などあらゆる事柄についてのランキング紹介を放送。 14時台のゲストに小島瑠璃子が出演した。 2014年には、TBSラジオ『』のパロディ企画「 休日支援系ランキングトークバラエティ ザ・トップ4」を放送。 『ザ・トップ5』同様の商品の売れ筋や出演者持ち込みなどのランキング「トップ4」のほか、リスナー投票の企画を行った。 ゲストとして『ザ・トップ5』コメンテーターのとが出演。 『ザ・トップ5』シーズン2(2012年度)のパーソナリティとして高橋と共演していたが「乱入」した。 また、「爆笑問題VS久米宏2days」 と題して、「ここは赤坂応接間」にはが出演。 前日には『』に田中がゲスト出演した。 2017年2月26日には、「 世代別 お願い! ランク共和国」(『お願い! ランキング』とTBSテレビ『』のパロディ)と題して、番組サイトやに開催された「」会場でのアンケートに基づく、食べ物や有名人、などについての各世代別の人気ランキング企画を放送。 ゲストして・、元・、当時・、ランキングで取り上げた「」についての解説役としてTBSアナウンサー・が出演した。 音楽企画 [ ] TBSラジオオールスターズによるサザンオールスターズスペシャル 2008年に4時間通し開催。 TBSラジオ主要パーソナリティの「自分との名曲」についての事前に収録したオールリクエストコメントを放送した。 も16時台後半に登場(同年午前収録)し、「」を紹介。 エンディングのBGMは13時台冒頭に開会宣言をした当時のTBSラジオ社長・とその娘のリクエスト「」だった。 おらの音楽 2009年放送。 タイトルは『』(フジテレビ系)のパロディ。 リスナー・スタッフ・JRN系列ラジオ局からの情報を元に、や名産ののために作られたローカルソングをノミネートし、リスナー投票により優勝曲を決定した。 ゲストとしてローカルソングを多く作曲したが電話で出演した。 なお、この時優勝した、にあるのPRソング「」は、のちにTBSテレビ『』などでも紹介された。 4時間丸々ビートルズ 2009年放送。 同年9月に発売されたのリマスターアルバム『』がヒットしたことを受け、通信カラオケDAMで歌われたビートルズの曲トップ30、ビートルズにゆかりがある・らの証言や、リスナーから募集した「ビートルズ川柳」を放送した。 お正月だよ女子アナ祭り! サンデー・カラオケベスト10 年代別スペシャル 2010年1月3日放送。 「サンデー・カラオケベスト10」の拡大版で、年代別のランキングを発表。 ・・・のプレゼンターとして吉川美代子・・竹内香苗・田中みな実が出演した。 秋の3連休特別企画 じゃんけん選抜リクエスト 2010年9月19日放送。 リスナー同士(初回は太田と田中、2回目は田中とリスナー)が電話を通して「口」をして、勝ち抜くたびに好きな曲をリクエストできるというルールで行われた。 リスナー以外にも、過去に番組出演したことのある石破茂とが電話で参加した。 また、・会場の来場者も中継で参加。 X-GUNがリポーターとして出演した。 なお、「じゃんけん選抜」は、同年9月に開催された「」のパロディである。 ベスト・ヒット・あの日 2011年1月2日放送。 リスナーからリクエストがあった記念日を含む週のを紹介。 オープニングで『』のであるがナレーションで出演した。 あなたの好きな曲Gメン 2011年放送。 リスナーから寄せられたに関する疑問について、歌手・・などから証言を集めて紹介。 事前収録での証言者として桑田佳祐やらが、生ゲストとしてとが出演した。 選曲ダービー 2011年に発生した()後の初の放送となった(前週13日は報道特別番組のため休止)に、14時台・15時台の「ちょっと一服」と「今カレー」以外のコーナーを休止して、「元気が出る曲・誰かをはげましたい曲」をテーマに太田・田中・竹内が音楽を選曲して放送した。 その後、江藤が加わって、同年5月1日に「 第2回選曲ダービー」と題して「にピッタリの曲」をテーマに、「第3回-」(同年9月4日)は「の終わりに聴きたい曲」をテーマに選曲して放送した。 「選曲ダービー」のタイトルになったのは、初回に太田が誰の選曲が良いかの競争を勝手に言い出したことによる。 太田が一方的な順位付け(3回とも太田が1位で田中が最下位)をするが、正式な採点や競争はしていない。 リクエスト企画• 2009年に「 音楽ミュージック電リクスペシャル」と題して、リスナーからの曲のリクエストをメール・FAXに加え、タイトルどおり(ただし、ではなく、スタッフら少人数で対応した)。 また、X-GUNが中継リポーターとしてとに出向いて本番組を聞いている住民のリクエストも受け付けた。 ゲストとしてとが出演してリクエストのあった曲を生で歌った。 2012年1月8日に「 新春特別企画 カラオケつかみの1曲・リクエストSP」と題して、で最初に歌う「つかみの1曲」をテーマにリクエストを募集した。 2012年5月6日は「 GW特別企画 私のカラオケ勝負曲」と題して、「ここぞで歌う勝負曲」をテーマにリクエストを募集。 16時台のゲストに友近扮する・水谷千重子が出演した。 2012年は「 もし、高校野球の女子マネージャーではないあなたが、ドラッカーのマネジメントを読まずに、カラオケでシメの1曲を歌ったら」(小説・映画『』のパロディ)と題して、カラオケで最後に歌う「シメの1曲」をテーマに、リスナーに「突撃生電話」でリクエストを聞いた。 また、電話でのゲストとして、2011年8月のでの公開生放送()でアシスタントを務めた当時rfcアナウンサー・佐々木瞳、当時HKT48・ 、はなわ、加山雄三、が出演した。 2013年は「 こどもの日だよ! テレビ主題歌リクエストスペシャル」と題して、テレビ番組のになった曲のリクエストを募集した。 ゲストとして友近が出演。 曲紹介は、「田中チーム」対「太田チーム」(田中・太田以外のメンバーはいない)の対戦と称してそれぞれが無作為にリクエストを選び、友近が勝者を決めるという形式で行われた。 2017年5月7日は「 青春18チューン・リクエスト! 」(のパロディ)と題して、リスナー自身が18歳頃に聞いていた曲のリクエストと当時の思い出を募集する企画と、田中の「青春18チューン」の曲を当てるクイズ(正解はの「ロイヤル・ストレート・フラッシュ」)を行った。 2017年10月22日には、19歳をテーマにした同様の企画「 青春19チューン・リクエスト! 」を実施。 リスナーのリクエストを募集し後述の「世リク」と同様のバトンを選ぶ方式で紹介する企画と、田中の「青春19チューン」の曲を当てるクイズ(正解はの「」)を行った。 がゲストとして生出演。 依頼したものの出演できなかった人物の代わりの関連ある人物という設定で、(・の相方)、(の姉)、(と誤ったとして)が事前収録で出演。 X-GUN・さがね正裕(・に実際に依頼したものの手術直後として断念。 大谷が「」の選手であることに対し、芸人の本業と飲食店の副業の「二刀流」であるとして)が電話出演した。 また、放送中にウエストランドがリポーターとして、が「19」になる、(・JB 19)、(・JY 19)、(・JS 19)の前で中継を行った。 2019年5月5日には、15歳をテーマとした同様の企画「 青春15チューン・リクエスト」を実施。 作家でTBSラジオ『』木曜パーソナリティのとシンガーソングライターのがスタジオゲストとして出演。 がで行われていたグルメイベントの会場から中継リポーターとして出演した。 2017年8月13日は「 地球に生まれてよかった〜! 世リク・世界リクエスト」(TBSテレビで中継され、当日最終日を迎えていた『』のパロディ)と題して、「世界中のみなさん」からリクエストを受け付けると称して「夏っぽい曲」をテーマに募集。 リクエスト内容が書かれた紙をに詰めて田中と太田が順番にくじ引きするという方式で曲を紹介。 ゲストとしてが出演。 開催中だった「」の来場者からもリクエストを受け付け、リポーターとしてウエストランドが出演した。 2018年8月14日には「 夏歌・ジャカルタ リクエスト」(TBSテレビで中継していた『』のパロディ)と題し、「団体戦」と称して、太田チーム(太田・江藤)と田中チーム(田中・ゲストの篠原ともえ)のそれぞれの選んだ曲のどちらがいいか「対戦」(太田が審判する)。 「大会アンバサダー」と称したゲストとしてアジア大会の解説者を務めていたを迎えた。 2017年は番組初のの放送にちなんで「 聖なる昼の冬うたリクエスト! 」と題して「冬っぽい歌」をテーマにリクエストを募集。 前述のリクエストの紙が詰められたバトンをに入れてくじ引きする方式で曲を紹介。 ウエストランドのリポートで赤坂サカスの冬イベント「White Sacas」の来場者からリクエストを受け付けた。 2019年には「 夏の終わりのラブソング101(ワンオーワン)」と題して、「夏の終わりのラブソング」をテーマに、太田・田中(各30曲)、江藤・良原安美(各10曲)がランキング形式で選曲した曲、およびリスナーのリクエストを合わせた計101曲を目標にかける企画(実際にかけたのは93曲)を行った。 2020年には「 まんぷくミュージックリクエスト」と題して、「お腹いっぱいになるまで聴いた。 でも、まだ聴ける」をテーマに募集。 前週の「ラジオ新番組選手権2020」で準優勝を獲得したRKKラジオ『ハワイの風』パーソナリティの奥田圭、爆笑問題とデビュー当時から関わりが深いとTBSテレビ局次長(元TBSアナウンサー)・が電話出演した。 DJもずシリーズ 「DJもず」こと田中がアドリブでDJ風に曲の中に曲紹介をするリクエスト企画。 「DJもず」は、2013年7月14日放送で、田中が中学生頃に将来DJになった時のを「田中もず」にしようと考えていた、と発言したことに由来する。 2013年は「 DJもずの真夏のリクエストgood! 」(タイトルはAKB48の曲「」のパロディ)と題して、「真夏に聴きたい曲」をテーマにリクエストを募集。 リスナーからのリクエストのほか、赤坂サカスで開催された「夏サカス2013 笑顔の扉 デリシャカス~番組グルメでおもてなし~」の来場者からもリクエストを聞いた。 中継リポーターとしてハライチが出演した。 2014年には「 復活 DJもず 真冬のフォーチュンクッキー」(「」のパロディ)と題して「冬に聞きたい曲」をテーマにリクエストを募集。 「White Sacas」の来場者からもリクエストを聞いた。 この回から、赤坂サカスからの中継にはTBSアナウンサー・小林由未子がリポーターとして出演していた。 同年にも同様の企画を行ったが、前2回で、田中が自身の好きな曲に対する思い入れやDJに関する持論を熱心に語る一方、知らない曲が選ばれたり、うまく曲紹介ができなかったりすると、選曲に不満があるような発言を繰り返したことから、「 DJもず 上からMOZUリクエスト」(「」と、タイトルが重なったTBSテレビのドラマ『』のパロディ)と題して、「連休のドライブで聞きたい曲・GWにふさわしいあの名曲」をテーマに、「 DJもず様が好きそうな、(しゃべりやすい) イントロがありそうな曲」に限定して、リクエスト企画にもかかわらず「DJもず様に配慮する」という設定で行った。 同年は「 DJもずのモズラドールレトリバーリクエスト」(「」のパロディ)を実施。 「夏サカス2014 デリシャカス 〜番組グルメでおもてなし〜」からの中継を行った。 2015年は「 DJもずのお年玉的リフレイン」(「」のパロディ)を実施。 「White Sacas」からの中継を行った。 この回では、リクエストしたリスナーが、DJもずの曲紹介、もしくはのやのチケットなどが当たる「お年玉チャンスゴールデン」(途中から太田の思いつきで、太田こと「DJピカ」の曲紹介つき)に参加するかを選ぶ方式になった。 2016年8月14日は「 DJもずの365日のもず飛行機」(「」のパロディ)を実施。 タイトルはである『』()のパロディ。 田中と太田が独自に選んだ好きな曲それぞれ50曲をランキング形式で紹介。 ゲストとして「ここは赤坂応接間」(2014年4月6日)に出演したことのある篠原ともえを迎えた。 音楽の日 にち 音楽をテーマにした特集企画。 タイトルはTBSテレビ『』のパロディ。 2015年8月30日には「音楽の日~皆のプレイリスト約100曲」(「約100曲」は「アバウトひゃくソング」と読む)を放送。 出演者やリスナーが選曲して作った「」を100曲を目標に紹介。 スタジオゲストとして友近、、、が出演。 事前収録で小島瑠璃子が出演した。 同年には、「サンデーマナブくん」と「サンデー芸人ランキング」を休止し、「音楽の日」で紹介できなかったアシスタント・外山のプレイリストを紹介するとして、「外山歌謡祭」(フジテレビ系『』のパロディ)と題して続編を放送した。 2016年8月28日には、「音楽の日~ポップス51年史! 〜」を放送。 前週の「サンデーマナブくん」から2週にわたって東京大学が開発したによる自動作曲システムを特集し、生放送中に実際に曲を作成する企画と、TBSラジオが独自に作成したヒットチャート「TBSラジオオフィシャルランキング」の過去を振り返るクイズ企画を行った。 「ここは赤坂応接間」には、作詞家・が出演した。 リクエストバトル! 2016年5月1日の「男うた」にはと辻仁成が、翌週5月8日の「女うた」には篠原ともえが出演した。 カレンダーリクエスト 2018年放送。 で日付を決め、その日付に合う曲のリクエストを募集。 ゲストとしてと、前週にあらかじめ抽選した日付()が誕生日のを迎えた。 「夏サカス」会場のリポーターとして脳みそ夫が出演した。 なお、「カレンダー」は、本番組がオリジナルで作成した出演者やスタッフの女性が掲載されている「日曜サンデー女子カレンダー」にちなんでおり、この企画のプレゼント用に50部限定で製作された。 2019年8月11日にも同様の企画を実施。 とをゲストに迎えた。 からの中継リポーターとしてAマッソが出演した。 公開放送 [ ]• 2008年には、「夏Sacas'08」会場から「ここは赤坂応接間」(ゲストは)のみを番組初の公開生放送。 2009年には、14時台に「White Sacas」会場から特別企画「 日曜サンデーちゃん ネタ祭り」(『』の企画「芸人ちゃんネタ祭り」のパロディ)を公開生放送。 髭男爵・・BOOMERがゲスト出演し、持ちネタを披露した。 2009年11月29日には、特別企画「 天高く馬肥ゆる秋! ジャパンカップスペシャル」として、「27人の証言」(ディープインパクト)と「サンデー競馬小僧」をから中継で放送。 WINSの会場では放送と別にBOOMER・髭男爵・X-GUN・島田秀平らによるトークショーやコントライブが行われた。 2010年8月1日には、「 千葉スペシャル」と題し、14時台を「ここは赤坂応接間」として・を招き、「赤坂ビッグバン〜夏サカス2010〜」会場のステージ「サカスウイング」から公開生放送。 なお、16時台にも「ここは赤坂応接間」をスタジオから放送。 ゲストに(当時はJJサニー千葉)を迎えた。 2011年8月28日には、「 日曜サンデー出張SP! 福島のみなさん、こんにちは! 」と題して、東日本大震災の被災者を対象とした公開生放送を福島県・中央台東小学校から実施した。 会場では爆笑問題のほか、山里亮太・・U字工事・BOOMER・X-GUNが出演。 アシスタント として佐々木瞳、「ラジオサンデージャポン」の解説と「サンデー競馬小僧」の「うまのり」予想に大和田新が出演した。 当日は『』の中継にともない『サンデージャポン』が休止となっていたため、爆笑問題の「出張」が可能であった。 なお、rfcの震災報道を記したドキュメント本にこの公開放送の舞台裏が書かれている。 2011年には、TBSラジオ開局60周年記念イベント「感謝deサカス! 」の一環で、「 JUNK大集合! 」と題して赤坂サカスから公開生放送。 ゲストとして『JUNK』の現役パーソナリティである伊集院光・山里亮太・・(はスケジュールの都合で事前収録のコメントのみ)が出演した。 2013年には、『JUNK』の放送開始10周年記念イベントとして、「 10周年突破記念! JUNK大集合!! 」を赤坂サカスから公開生放送。 『JUNK』の現役パーソナリティ全員が出演した。 前回は自由観覧であったが、観覧客が多く集まったため、この回では抽選による約700人限定(応募総数約7,000人)での公開となった。 2013年には、「夏サカス2013」会場のステージから「ここは赤坂応接間」(ゲストは)を公開生放送。 また、この公開生放送直後に『』の公開収録も行われ、それに先立ち、エンディングにおぎやはぎが生出演した。 2014年には、「サンデー芸人ランキング」と「サンデー競馬小僧」を休止し、TBSラジオのイベント「サカス春祭り」の一環として「 春爛漫サンデー寄席」(『』のパロディ)と題し、爆笑問題を「席亭」(の主)としたコントライブを公開生放送。 ウエストランド・日本エレキテル連合・ハマカーン・BOOMERが出演した。 2014年には、「サンデーマナブくん」を休止し、「夏サカス2014」会場から「 夏SUNSUNサンデー寄席」を公開生放送。 ウエストランド、うしろシティ、ハライチ、、BOOMERが出演した。 また、「サンデー芸人ランキング」を休止し、「サンデー芸人反省会」と題して、出演した芸人が公開生放送を振り返るトークコーナーをスタジオで行った。 なお、この公開生放送の直前には、うしろシティとハライチが出演する『デブッタンテ』の公開収録が行われた。 2015年8月2日にも「TBSデリシャカス2015」会場から同様の「夏SUNSUNサンデー寄席」を公開生放送。 ウエストランド、三四郎、スピードワゴン、BOOMERが出演。 「サンデー芸人反省会」も同様に行った。 この回はで前半部分(14:00-14:30)を『爆笑! サンデー寄席2015 デリシャカスSP』として。 TBSアナウンサー・が進行役として出演した。 2016年7月24日には「デリシャカス2016」会場から「夏SUNSUN!! サンデー寄席2016」を公開生放送。 14時台の「ちょースッキリ評議会」を13時台に移動させ前回より拡大した。 「サンデー芸人反省会」も「サンデー競馬小僧」を休止し拡大した。 、、、、BOOMERが出演した。 BS-TBSでは『夏SUNSUN!! サンデー寄席2016 デリシャカスSP』として全編を同時生放送。 杉山も前回同様出演した。 2017年には、2016年のの被害に対する復興支援に感謝するとして熊本県主催で赤坂サカスで開催された「がんばるけん熊本! くまもと復興応援感謝フェア」の一環で、15時台にネタ中に「」を織り込むことを条件とした「 サンデーくまモン寄席」を公開生放送。 、尼神インター、、、BOOMERと、イベントの進行役を務めていたRKKアナウンサー・、熊本県のキャラクター・くまモンが出演した。 この回はRKKラジオでも『』を中断して臨時ネットを行った。 2017年7月23日には「デリシャカス2017」会場から「夏SUNSUNサンデー寄席2017」を公開生放送。 Aマッソ、脳みそ夫、、、BOOMERが出演した。 BS-TBSでも全編を同時生放送。 進行役に当時TBSアナウンサー・安東弘樹が出演した。 ウエストランド、、、、BOOMERが出演。 BS-TBSでも全編を同時生放送。 進行役にTBSアナウンサー・が出演した。 2019年には、赤坂商店街協議会が主催した「赤坂秋まつり2019」の一環で、「サンデー寄席」をの広場から公開生放送。 、、、と、同年9月1日の「夏の終わりのラブソング101」で太田が「ラブソングBEST30」の1位として選出した曲「夏よさよなら」を歌うシンガーソングライターのが出演した。 2014年には、「ラジオサンデージャポンNEXT」と「サンデーマナブくん」を休止し、赤坂サカスで開催されたイベント「TBSラジオ大感謝祭 ラジフェス2014」の一環として、「 TBSラジオクイズ この人どちらサンデー? 」と題してTBSラジオに関係する人物をクイズ形式で紹介する企画を公開生放送。 外山が進行役を務め、爆笑問題と江藤が解答した。 ゲストとして阿南京子、吉川美代子、武田一顯、『荒川強啓デイ・キャッチ! 』のアシスタント・が出演した。 また、オープニングでは「ラジフェス2014」の進行を務めていたTBSアナウンサー・が出演した。 2015年には、「サンデー芸人ランキング」と「サンデー競馬小僧」を休止し、「TBSラジオ大感謝祭 ラジフェス2015 うまいもん祭り」の一環として、「 クイズ! TBSラジオのパーソナリティに聞きました」(TBSテレビ『』のパロディ)と題してTBSラジオのパーソナリティへのアンケートをクイズ形式で紹介する企画の公開生放送を行った。 2016年11月6日の「ラジフェス2016~食べて、笑って、赤坂で! 」でも同様の企画を行った。 2018年には、「ラジフェス2018~いくつハシゴできるかな? 」の一環で、「ここは赤坂応接間」を公開生放送。 ゲストとして『』のパーソナリティを務めるを迎えた。 その他 [ ]• 2010年2月14日・2月21日・2月28日 - 15:27頃から数分間、情報を現地リポーターのが報告する特別企画「バンクーバーオリンピック リポート」を放送。 近藤は当初「美人すぎる記者」と称されていたが、爆笑問題とのトークの際に笑いが止まらなくなることから、最終的に「笑いすぎるK記者」と呼称が変えられていた。 近藤はその後、同年3月7日の「ラジオサンデージャポン」にスタジオ出演している。 2010年6月27日 - すべてのコーナーを通常とは異なる「超豪華」な演出とする「 どこから聴いても超豪華スペシャル!! 」を放送。 交通情報のキャスター()への、田中の呼び掛けと太田の合いの手 の部分を、TBSラジオの各番組のパーソナリティ(13時台前半のみ巨人の)が呼び掛けたものを事前に録音した音源で行った。 また、通常はのキャスター(2012年10月以降はTBS954情報キャスターも)が担当している「TBSニュース」をナレーターでのみ出演している長峰が担当、16時台の天気予報の原稿を「赤坂応接間」ゲストの・が読み上げた。 そのほか、やくみつる、がコーナーゲストで生出演したり、「週末版TBSラジオショッピング」のBGMをが歌ったオリジナルバージョンにするなどした。 2011年12月25日 - 「 TBSラジオ開局60周年記念特別企画・日曜の午後にやってた人だらけの応接間SP」を放送。 本番組と同じ日曜午後のTBSラジオの番組でパーソナリティを務めた(『』)、(『』)、(『』)、伊集院光(『』『伊集院光 日曜日の秘密基地』)が出演した。 2013年4月14日 - 「サンデー・カラオケベスト10」を休止し、映画『』のプロモーションで来日していたと太田の対談を放送した。 2013年9月1日 - 「 じぇじぇじぇ! 街ゆくおじちゃんに徹底インタビューしましたSP」(「じぇじぇじぇ」は『』で話題になった驚きを表す感動詞で、太田が多用していた)と題して、30~50歳代の男性に公式サイトと街頭インタビューで合計714人にアンケートを実施し、「現代のおじちゃん像」を探る企画を行った。 ゲストにを迎えた。 また、「ここは赤坂応接間」には「おじちゃん世代」であるを迎えた。 2013年 - 通常のコーナー(「サンデー・カラオケベスト10」のみ休止)を「スペシャル」にする「 スペシャルウィークってことでスペシャル」を放送。 ゲストとして、「ごちそうサンデー」に都々逸の歌い手としても知られる、「サンデー競馬小僧」に競馬に詳しい、「ここは赤坂応接間」にを迎えた。 また、「サンデーマナブくん」は前週と2週にわたって「」を特集。 江藤の右手の原寸大模型と江藤およびディレクター2人のを3Dプリンターで製作し、リスナーにプレゼントした。 2014年 - 「 祝! 300回記念スペシャル」として、「サンデーマナブくん」と「ここは赤坂応接間」を拡大。 「サンデーマナブくん」は番組自体を特集し過去の放送を振り返った。 前アシスタントの竹内が移住先のから電話出演した。 「ここは赤坂応接間」にはが出演した。 また、ハライチがTBS放送センターの会場で特製のを300枚限定で配布した。 ゲストとして、のとして話題になった・、芸能人に似た顔になるをする「ものまねメイクファンタジスタ」、・が生出演。 に代表として出場した当時の選手で、爆笑問題・太田と同姓同名の太田光(おおた ひかる)の父親 が電話出演した。 また、当日は第5日曜日で外山がアシスタントだったが、江藤も出演し、を放送時間内に練習してエンディングで演奏する企画「江藤愛は地球を救う」(『24時間テレビ』の「」のパロディ)を行った。 ざわちんが阿部文音にメイクを施す様子と、江藤の練習の様子をで映像のみ生配信した。 タイトルの「」は、同年7月6日に「ちょっと一服」で「にまつわる話」を募集した際、田中がチコリの話をしていじられたことによるもの。 これにちなんで、のチコリ生産者のミニとインタビュー「チコリのバトンがつなぐ夢」を放送した。 なお、この企画の際に新垣が爆笑問題をイメージして作曲したとする曲を持ち込み、後日「ここは赤坂応接間」(2012年4月8日)に出演したことのあるが編曲し歌詞をつけて歌ったものを、同年から一部のCM明けのとして使用している。 2015年8月23日(『24時間テレビ38「つなぐ〜時を超えて笑顔を〜」』の放送日)には「サンデーマナブくん」を休止し、「 24時間分の1時間ラジオ つなぐう~あなたも奇跡の目撃者? 」と題して、高校野球の助っ人に「」の生徒が出場して話題になった野球部、・佐々木聡美、TBSラジオなど民放ラジオ局が当時準備を進めていたのミニドキュメントを放送。 ゲストとしてカンニング竹山が出演した。 また、2015年8月30日の「音楽の日 にち 」で「江藤愛は地球を救う」を行い、江藤がを演奏した。 SBSラジオ『樹根爛漫』のパーソナリティ・樹根、千葉県を中心に活動する、の観光PR部隊・(、、陣笠隊・亀吉)が生出演。 ABCラジオ『』のパーソナリティ・、でパーソナリティを務めるDJシローと木村つづく、で活動する、北海道で活動する祭太郎が電話出演した。 のローカルタレントとしても活動する、で活動する、で活動するが電話出演した。 また、これに合わせと連動企画でアンケートを行った。 2015年2月22日 - 同年1月に50歳になった田中を祝うとして、「 青春50年 裕二と、ゆかいな仲間たち」と題して、爆笑問題と同世代のゲストを迎えた企画を放送。 ・、元プロ野球選手・、で田中と同級生だった・、「」こと、日本大学藝術学部で爆笑問題の1期後輩に当たる・、BOOMER(伊勢浩二が田中と対談)がゲスト出演。 オープニングには辻仁成が出演した。 2017年 - 「 ラジオ界に貢献した人、大集合! やすラジの郷」と題し、パロディ元のテレビドラマ『』(テレビ朝日系)にちなんで「ラジオのレジェンド」をゲストに迎え、当時の放送を振り返る企画を実施。 『』()などでパーソナリティを務めた、『』(TBSラジオ)などの、『』()などの、ラジオドラマ『』(TBSラジオ、)の脚本を担当したと、ラジオ好きとして知られるが出演した。 なお、前週の「ここは赤坂応接間」には「前哨戦」として『』(TBSラジオ)などの、翌週には「やすラジの郷 別館」と称して『』(文化放送)などのが出演した。 2017年 - 「 500回の記念放送」。 「サンデーマナブくん」はゲストにを迎え、が販売する「500色の」、、など「いろんな500」を特集。 15時台には「サンデー芸人ランキング」を休止し、「日曜サンデーを通り過ぎていった女たち」と題して、竹内香苗が生出演、竹内以外の歴代アシスタントが事前収録で出演した。 「ここは赤坂応接間」には、名前に「五」がつく・を迎えた。 また、太田が描いた「番組特製500回記念ステッカー」をTBS放送センターの会場でウエストランドが配布した。 なお、ステッカーは、局名のみを差し替えた同じデザインのものが各ネット局の本社受付やイベントで配布された。 2018年6月17日 - 「 結成30周年記念! 爆笑問題成分(コンポーネント)30 略して 爆コン30」と題して、爆笑問題に影響を与えたとする30の事柄を振り返る企画を実施。 14時台には『』(フジテレビ系)で爆笑問題と共演していたを迎えた。 また、日本大学芸術学部や周辺から大学時代の後輩に当たるがリポート。 「ここは赤坂応接間」には『』(フジテレビ系)で共演していたが出演した。 タイムテーブル [ ] 通常放送時のタイムテーブル。 各コーナーの詳細についてはを参照。 13:00 - オープニング(フリートーク、メール・FAXテーマ発表、プレゼント紹介、今日のメニュー紹介)• 13:25頃 - (TBS以外のネット局はBGMのみ放送 )• 13:27頃 - ラジオサンデージャポンPLUS• 13:45頃 - 週末版TBSラジオショッピング• 13:53頃 - 交通情報(TBS以外のネット局はBGMのみ放送)• 13:55頃 - ちょっと一服• 13:59 - CM• 一部ネット局、番組編成上飛び降りの場合あり。 14:00 - ここは赤坂応接間• 14:30頃 - 交通情報(TBS以外のネット局はBGMのみ放送)• 14:45頃 - ヤクルトpresents 1日1本 ちょースッキリ評議会 TBS以外のネット局では提供クレジット・CM放送なし• 14:50頃 - 、• 14:53頃 - 交通情報(SBCは長野県内の交通情報 、その他のネット局はBGMのみ放送)• 14:55頃 - ちょっと一服• 14:59 - CM• TBSラジオ以外、ネット局は飛び降り。 ブックリレー、19初4)• 15:30頃 - 交通情報• 15:32頃 - 田中裕二のサンデー競馬小僧• 15:55頃 - 交通情報• 15:57頃 - 競馬の結果と払戻金発表、ちょっと一服• 15:59. 40 - 時報CM• 16:25頃 - 交通情報• 16:45頃 -• 16:50頃 - TBSニュース、天気予報• 16:53頃 - 交通情報• 16:55頃 - エンディング(プレゼント当選者発表、次週予告)• 16:59. 40 - 番組終了• 「週末版TBSラジオショッピング」は「ラジオサンデージャポン」を短縮、「今カレー」は「サンデー・カラオケベスト10」を短縮して開始した。 特別企画放送時でも「週末版TBSラジオショッピング」「ヤクルトpresents 1日1本 ちょースッキリ評議会」は休止しない。 短縮放送時はコーナーを入れ替えて通常とは違う時間帯に放送されることがある。 ネット局 [ ] 番組自体の放送が日曜日にあたることから、局主催のイベントやスポーツ中継(野球・サッカー・マラソンなど)、特別番組放送につき、本番組の前半または後半を、ないしは全編を休止することがある。 2016年以降は、毎年1月の第3日曜に(RCC) が制作する『』の中継を放送する関係でTBSラジオ以外は全局休止となる(ネット局によっては同大会を中継する局もある)。 この日は、TBSラジオローカルとして中継終了後の15:15開始に繰り下げた短縮放送となる。 17:00終了は通常通り。 全て毎週日曜の放送で、放送時間の早い順から記載。 現在 [ ] 放送対象地域 放送局名 放送期間 放送時間 備考 2008年4月6日 - 13:00 - 17:00 制作局 (rfc) 2011年4月10日 - 13:00 - 15:00 途中飛び降り (BSN) (MRO) (RSK) (SBC) 2013年4月7日 - ・ (NBC) 2014年4月6日 - (SBS) 2015年4月5日 - (TBC) 2015年10月4日 - (RNB) 2016年10月2日 - (FBC) 2017年4月2日 - (YBS) (wbs) 2017年4月9日 - (OBS) 2017年4月23日 - (YBC) 2018年10月7日 - (CRK) 2019年4月7日 - (MRT) 2019年10月6日 - (MBC) 2020年4月5日 - 過去 [ ] 放送対象地域 放送局 放送期間 放送時間 (HBC) 2012年10月7日 - 2013年3月17日 13:00 - 15:00 (RKB) 2015年8月2日 - 2017年 単発 [ ] 放送対象地域 放送局 放送期間 放送時間 備考 中国放送(RCC) 2017年2月19日 13:00 - 15:00 (RKK) 2017年3月5日 15:00 - 16:00 を参照 脚注 [ ] []• TBSラジオ 2019年10月13日. 2019年10月14日閲覧。 2020年6月1日. 2020年6月3日閲覧。 公式サイトの「放送ログ」では「3組目のピンチヒッター」とされている。 「ドドくんもインフルエンザのため」「あなたとやりとりドミンゴドミンゴ」を休止して行われた「サンデー芸人ランキング」拡大版の「ナビ芸ター」としてのみ出演した。

次の

TBS RADIO 爆笑問題の日曜サンデー

爆笑 問題 の 日曜 サンデー

後継番組のパーソナリティとして、伊集院と親交があり、午前中は『』で司会を務めるが起用され本番組が始まった。 初代アシスタントには爆笑問題との関係が深いが出演していた。 以降はTBSテレビアナウンサーが交替で担当している。 ゲストコーナーや一部特別企画などは『秘密基地』を踏襲しているが、TBSラジオとしては権利を保有していたものの長年放送していなかったを復活させるなど、独自企画を行っている。 また、番組開始時期にTBSグループの商業施設「」が開業しTBS主催のイベントが行われるようになったため、伊集院時代にはなかった公開放送を定期的に行っている。 番組開始当初はでの放送だったが、からは、TBSラジオが幹事を務めるの一部系列局でを実施している。 の4月改編からは、のでも同時ネットを開始している。 2019年10月13日放送分(TBS基準)で放送回数600回を迎えた。 、爆笑問題が第57回・DJパーソナリティ賞を受賞した(本番組およびTBSラジオ『』のパーソナリティとして)。 出演者 [ ] パーソナリティ [ ]• (2008年4月6日 - )• 代理パーソナリティ [ ]• (2008年) - 番組開始決定前から予定されていた、での巨人「Gfm」のゲスト解説とスケジュールが重なったため、田中が番組を休んだため(田中は「サンデー競馬小僧」に事前収録およびレース後電話出演)。 (2012年11月18日)- 田中が入院したため(を参照)。 (TBSテレビアナウンサー、2019年2月3日13時台)・ (同日14時台)・(同日15時台 ) - 太田がインフルエンザに罹患したため。 安住は『』に引き続いて出演(太田は番組冒頭に電話出演)。 (アナウンサー、2019年3月31日13時台・14時台「サンデー中継くん」まで) - 太田が前日の『』(系)生出演中に転倒して側頭部を打ち、検査では異常はなかったものの大事を取って欠席したため。 中国放送(RCC、)では本番組は放送していないが、横山と太田はラジオを通じて親交があり、横山は本番組にたびたび出演している(、を参照)。 なお、横山は、太田の転倒事故と関係なく前々日から自身の所用で上京していた。 アシスタント [ ] 現在 [ ]• (第1 - 4日曜日)• (第5日曜日 ) 過去・アシスタントの変遷 [ ] 期間 第1日曜日 第2日曜日 第3日曜日 第4日曜日 第5日曜日 2008. 6 - 2010. 4 2010. 10 - 2010. 26 外山惠理 2010. 3 - 2010. 31 江藤愛 竹内香苗 2010. 7 - 2012. 30 江藤愛 竹内香苗 外山惠理 2012. 7 - 2020. 29 江藤愛 外山惠理 2020. 5 - 現在 良原安美• アシスタント降板後もゲストとして出演することがある。 出演初回のみ第2日曜日を担当。 また、2010年・同年は、吉川の都合により吉川と外山の担当週が入れ替わった。 アシスタント降板後の2012年9月30日に「ここは赤坂応接間」(短縮版「ミニ応接間」)のゲストとして出演した。 なお、この出演が竹内はTBSアナウンサーとして最後の生出演となった。 当時第5日曜日のレギュラーアシスタントの設定はなく、代理アシスタントとしての扱いで2010年と同年の2回のみ担当。 現在第5日曜担当をしている外山とは異なり、「次の出演は未定」とされていた。 2010年9月にいったん降板し、2011年1月に再登板している。 代理アシスタント [ ]• (2008年・・)- いずれも番組出演決定前に予定されていたイベント出演のため欠席した友近の代理。 (2009年) - 14時台「ちょっと一服」から「サンデー競馬小僧」まで出演。 出場のため早退した友近の代理。 (2010年) - 14時台から出演。 R-1ぐらんぷりサバイバルステージ出場のため早退した友近の代理。 (当時rfcアナウンサー、2011年8月28日) - を参照• (TBSテレビアナウンサー、2018年10月7日) - 夏季休暇中の江藤の代理。 (当時アナウンサー、2019年4月28日13時台・14時台) - 江藤が春休みを取ったため、外山とともに「Wアナウンサー体制」として出演。 「サンデー中継くん」では中継リポーターを務めた。 良原安美(TBSテレビアナウンサー、2019年7月28日) - 夏季休暇中の江藤の代理。 2017年10月以降は「TBSニュース」のキャスターも担当している。 (TBSラジオニュースデスク、2008年4月13日 - )• (TBSラジオニュースデスク、2008年 - ) 過去の出演者• (当時TBSラジオニュースデスク、2008年以降、2008年のみ出演 )• (当時TBSラジオ国会担当記者、2009年 - 2017年、2011年のみ単独出演)• 武田はや(支局特派員を務めていた経歴から中国事情にも精通していたため)のニュースで大きな動きがあると中村または柴田とともに出演していた。 2010年は、柴田とともに「超豪華」(を参照)なコメンテーターとしてが出演した。 2011年8月28日は、当時rfcアナウンサー・が出演した(を参照)。 「週末版TBSラジオショッピング」キャスター [ ]• (、2017年7月2日 - ) 過去のキャスター レギュラーのキャスターはすべて出演当時TBS954情報キャスター(2015年12月13日以降は「TBSラジオキャスター」)。 (レギュラーとしては2010年 - 同年12月26日)• (レギュラーとしては2011年 - 2013年)• (2013年 - 同年、阿部と週替わりで出演)• (2013年 - 2017年、2013年9月までは小西と週替わりで出演)• 2009年から同年までは「オーディション」の扱いで、中村・・・が週替わりで出演した。 2010年から同年12月26日までは中村のアシスタントとして、当時TBS954情報キャスターの川村・・が週替わりで出演した。 プレゼンター [ ] 「27人の証言」の「調査員」、「サンデーマナブくん」の「担当芸人」、「サンデー芸人ランキング」の「ナビ芸ター」として出演。 出演が多いプレゼンター• 気象予報士 [ ] レギュラー・ピンチヒッターともに所属。 (2008年4月6日 - 2010年)• (2010年4月4日 - 2014年)• (2014年 - ) 2008年11月23日は江花が休暇中だったため、が担当、2009年の放送は江花が病欠のため、ピンチヒッターとして大野が担当した。 また2010年8月8日は大野が休暇中だったため、がピンチヒッターを務めた。 2017年1月29日は佐々木の結婚式だったため、日曜午前中の番組を担当しているがピンチヒッターを務めた。 ナレーター [ ]• (TBSアナウンサー) - 「27人の証言」「ここは赤坂応接間」冒頭部分。 吉川美代子(当時TBSアナウンサー) - 「今カレー」冒頭部分(のエッセイ「昔カレー」の朗読)。 (TBSアナウンサー) - 「ラジオサンデージャポン」のみ( - 2010年4月4日 )。 「」のブロック別放送局簡潔紹介も担当していた。 - 「ラジオサンデージャポン」のみ。 () - 特別企画「サンデー・カラオケベスト100」「」など。 ほか ニュースキャスター [ ] 14時台と16時台の「TBSニュース」を担当。 (2017年9月まで、同年10月からは中村尚登または柴田秀一が担当) 過去の出演者• (TBSラジオ情報キャスター)• (TBSラジオ情報キャスター)• (TBSラジオ情報キャスター)• (TBS954情報キャスター)• (TBS954情報キャスター)• (TBSラジオ情報キャスター)• (キャスター) ほか コーナー [ ] 通常時のコーナー。 ラジオショッピングとTBSニュースはネット局にもそのまま流れる。 13時台 [ ] オープニング(13時〜13時25分頃) オープニングでは、フリートーク、放送内容を説明する「メニュー紹介」(ネット局には放送されない15時以降の内容も紹介される)、プレゼントの紹介がある。 プレゼント紹介では、提供する会社の担当者、プレゼントの名産品があるJRN系列局のアナウンサーや業務担当者が出演することがある。 300回記念(を参照)の翌週2014年からは、「 ふつおた なー!! 」(「なー」は がフジテレビ系『』で流行させたフレーズ。 長江が演じたフツオと「」をかけている)と題して、リスナーの感想や日常に関するメール・手紙を紹介している。 番組開始から2014年3月30日までは、本番組の前に爆笑問題が生出演している『』で取り上げられたニュースを中心に、コーナー前半は過去1週間の主なニュース、後半は「日曜サンデー的今週のワイドショー講習」(『サンデージャポン』の「今週のサンジャポ的ワイドショー講習」に当たる)として芸能・スポーツなどのニュースを取り上げていた。 2014年4月6日に「-NEXT」に改題。 次の1週間で予定されている出来事を中心に解説・コメントするコーナーになっていた。 2017年4月2日に「-PLUS」に改題してからは、過去1週間のニュースについての解説・コメント中心に戻り、次の1週間についてはコーナー終了間際にヘッドライン形式で取り上げるのみになっている。 「TBSラジオ環境キャンペーン」や「TBSラジオヘルスケアキャンペーン」の週に当たる場合は、後半はや関連のニュースを取り上げることがある。 なお、コーナーのオープニングの音楽は本家『サンデージャポン』の開始当初(2011年4月のリニューアル以前)のオープニング曲を使用している。 週末版TBSラジオショッピング(13時45分頃~13時53分頃) 2009年10月11日開始。 ショッピングキャスターが出演し、爆笑問題とアシスタントに商品を紹介する形で進められるコーナー。 『』 と同じ商品を取り扱い、受付も他番組の「TBSラジオショッピング」と共同である。 開始から同年12月27日まで、として中村愛美を含む4人が週替わりで出演。 商品の売上やからの評判が良かったキャスターを2010年1月以降のレギュラーにするとした。 2010年1月3日の放送で優勝者が発表され、中村がレギュラーとなった。 2010年11月7日に中村がのため同年で降板することを発表。 当日から同年12月26日まで、中村の「」(アシスタント)として川村美保を含む3人が週替わりで出演した。 14時台 [ ] ここは赤坂応接間(14時~14時45分頃) 毎回ゲストを招いてさまざまな事柄について聞くトークコーナー。 「赤坂」はTBS放送センターの所在地・赤坂のこと。 冒頭のコーナー説明のBGMはの第3楽章。 開始当初は普通に質問を受け付けていたが、2008年秋からゲストの名前の文字 を取ったによる「あいうえお質問」が始まる。 同コーナーも通常は生放送であるが、(2010年1月24日)や(2011年4月3日)、(2016年8月28日)が出演した回はゲストの都合により当コーナーのみ事前収録したものを放送した。 ゲストプロフィールについて、2010年4月4日までは友近がのをしながら紹介していた。 翌週4月11日以降、ゲストの好きな曲(ゲストがミュージシャンの場合は当人が制作に関わっていない曲に限る )をBGMとして流しながらその週のアシスタントが紹介する形式に変更になった。 2020年3月29日まで16時台の放送だったが、翌週4月5日から「サンデーマナブくん」と入れ替えて14時台に移行している。 ヤクルトpresents 1日1本 ちょースッキリ評議会(14時45分頃~14時50分頃) 2015年4月5日開始。 提供のコーナー。 「腸内をスッキリ」改善するの「Newヤクルト」にちなんで、リスナーから募集した「スッキリした話」もしくは「スッキリさせたい話」を紹介し、「スッキリ評議会会長」の田中がどのくらい「スッキリ」した話であったかの「スッキリ度」を10点満点で評価する。 採用されたリスナーには評価に関係なくヤクルト製品の詰め合わせが贈られ、「スッキリ度」8点以上の場合は出演者が「Newヤクルト」を飲めることになっている。 15時台 [ ] あなたとやりとり ドミンゴ・ドミンゴ(15時〜) 2016年4月3日に開始。 「」を引き継いで始まったネタ投稿企画。 2016年10月以降、都々逸 を行っている。 開始時の2016年4 - 9月は「」を行っていた。 「ごちそうサンデー」はの一社提供コーナーで、江崎グリコがスポンサーを降りたことにより始まったコーナーであったが、2016年8月から2017年1月までなど、期間限定で江崎グリコ提供のコーナー(CMは「プレミアム熟カレー」のみ)となることがあり、その間は「江崎グリコpresents」を冠している。 2018年3月から同年5月までは、同じ食品メーカーのがスポンサーについていた。 江崎グリコ提供の期間中はテーマを限定することがある。 2016年度は投稿は必ず出題時に設定される「必須ワード」を織り込むとともに、「を意識した」(「カレー」を織り込むか、直接的な単語がなくてもカレーを連想させる)内容にすることが条件になっていた。 2017年度以降は都々逸の「お題」を「カレー」やカレーに関連するもの(「」「」など)に設定している。 なお、エースコックの提供時はテーマの限定はしていなかった。 番組が特別企画を放送している場合でも原則として通常のコーナー企画を行うが、「」の放送当日は対決中継、前週は事前企画を行っている。 サンデー芸人ランキング(15時10分頃~15時30分頃・15時50分頃~15時55分頃) 2014年開始。 や商品の売れ筋、あるいは独自に作成したオリジナルランキングなど、いろいろなジャンルのテーマによるランキングを芸人のプレゼンター(「ナビ芸ター」)が紹介する。 期間限定企画「19初4」(を参照)や特別企画「ザ・トップ4」(を参照)の好評を受けて始めたとしている。 2016年から2019年まで、『』の中継で15:15-17:00の短縮放送となった際に16時台の「ここは赤坂応接間」を休止し、拡大版として「期待の芸人! これかランキング」と題した複数組の若手芸人によるランキングのプレゼン企画を行っていた。 田中裕二のサンデー競馬小僧(15時30分頃~15時50分頃) バラエティーコーナー。 爆笑問題とアシスタントがその日ののを一点買いで予想する。 その後、予想したメインレースの実況中継を放送。 レース結果とを伝える。 3人の予想馬券を実際に番組プロデューサーが電話投票で1,000円ずつ買い、予想が的中するかを見る。 2008年7月27日からは、事前に応募したリスナーの挑戦者が電話参加で誰の予想に乗るかを選び、配当分がプレゼントされる企画(2014年3月30日までは「 サンデー競馬小僧 うまのり 」と題していた)が始まる。 挑戦者に賞金が発生しない場合は馬券にサインをしてプレゼントする。 は、挑戦者が条件(初回の「今年を迎える人もしくは身の回りに成人式を迎える人がいる」のように多くの人に当てはまるようなこと)に合っている場合に賞金が2倍になる「ラッキー企画」を月1回程度行っていたが、2014年は条件に関係なくスペシャルウィークなどで2倍にすることがあった。 予想が的中しても挑戦者が当てられなかった場合はキャリーオーバーとなり、次の挑戦者の賞金に予想者ごとに加算している。 2014年3月までは当たるまで加算していたが、同年4月以降、キャリーオーバー分を特別企画のプレゼントの賞品費用として使用するようになった。 「田中の予想」は、「太田の予想」は、アシスタントの予想はで予想する。 代理パーソナリティ・アシスタントも予想に参加する。 また、「ここは赤坂応接間」のゲストが や萩本欽一のように競馬に詳しい人物の場合は当人が予想に参加することがある。 2014年4月からは、「サンデー芸人ランキング」の「ナビ芸ター」が出演している(「サンデー芸人ランキング」が特別企画で休止の場合は、特別企画のプレゼンターやリポーターが出演する)。 当初は「芸人ヒント制度」として3人の予想についてコメントするのみであったが、同年からは「ナビ芸ター」も予想を行っている。 投票法は「ナビ芸ター」自身が決める。 実況や中継レポートはTBSアナウンサーの・・・と元TBSアナウンサーのが週替わりで担当。 ファンファーレまでと試合終了後はスタジオとやり取りしながらレポートする。 2008年4月13日のはのをネットしたが、それ以外のレースはすべて自社制作で行なっている。 また、2013年2月までは関東地区のGIレースの実況はABCラジオにネットされていた。 16時台 [ ] サンデーマナブくん(16時〜16時45分頃) 2013年10月6日開始。 「27人の証言」(を参照)の後継コーナー。 現在話題になっている、ある事象・モノ・人をテーマに、あらゆる情報を調べて紹介する。 2013年12月までは「27人の証言」同様、芸人が「担当芸人」(プレゼンター)として出演していた(出演しない回もあった。 2014年1月以降は「担当芸人」としては出演していない )。 また、専門家のゲストが出演している。 2014年4月6日以降、新たにネット局()が加わる際には、中継を結んでネット局のアナウンサーやパーソナリティが出演し、その局の放送エリアである県の特集をすることが恒例になっている。 前述のとおり、2020年4月5日から「ここは赤坂応接間」との入れ替えで16時台に移行している。 サンデー中継くん(16時〜16時45分頃) 2018年4月8日開始。 「サンデーマナブくんの新展開」として始まった。 街角やイベント会場で生中継のインタビューを行い、悩みを聞いて答えるコーナー。 同年3月4日に放送した太田がリスナーの悩みに答える特別企画「お嬢さん、どうしました? 太田が悩みを聞きますスペシャル! 」の反響を受けて始めたとしている。 リポーターの発掘を兼ねるとして、芸人(複数回出演の、ら)以外に、タレント(初回の、複数回出演の、ら)、グラビアアイドル(同年10月14日の)、TBSの新人アナウンサー(2019年1月6日の、同年3月31日のと良原安美、2020年1月5日の)などが出演する。 中継の合間には「」のメッセージ紹介を行う。 また、太田と田中が交替で選曲した曲をかけている。 「サンデーマナブくんの新展開」の扱いのため、本コーナーもしくは「-マナブくん」のどちらかの放送になる。 なお、前述のとおり「-マナブくん」は2020年4月から時間帯を移行しているが、対策で街頭インタビューなどの中継が取りやめになっているため、本コーナーは同年3月1日を最後に放送がなく、コーナーの継続については発表されていない。 都民ニュース 東京都提供の広報番組で、アシスタントのみ出演。 2017年4月2日より日曜分の放送が『』から本番組内に移動している。 詳細はを参照。 各時報前 [ ] ちょっと一服 「休憩」と称して、リスナーからテーマを決めて募集した・を紹介する「おたよりコーナー」。 太田が提案したコーナーで、「ちょっと一服させてくれ」という理由から始まった。 なお、初回のみ「コーヒーブレイク」と言うコーナー名でやを紹介。 試食しながらリスナーからのメール・FAXを紹介していた。 14時台の当該コーナー終了時にネットを飛び降りる地域の放送局を読み上げている。 和歌山のwbsが読み上げられた瞬間、太田が「あでー! 」 と叫ぶのが恒例化している。 なお、特別番組やデーゲーム中継などで13時台のみで臨時飛び降りとなる局が発生した場合、13時台でも当該局を読み上げることがある。 過去のコーナー [ ] 27人の証言 (14時台) 番組開始から2013年9月29日まで。 毎回ある有名人 や場所・モノ・出来事にまつわるエピソードを週替わりの「調査員」のプレゼンによる証言やリスナーからの情報などから紹介した。 「27人」は、太田の好きなの小説『』のストーリーになぞらえたもので、実際に27人分の証言を紹介するわけではない。 ただし、2008年の拡大版「」特集では、リスナーの投稿を含めて実際に27人分の証言を紹介した。 2009年4月5日の「高村光太郎」以降、コーナー後半に証言者がスタジオ出演することがあった。 コーナー冒頭では、内容にちなんだ田中をいじる冒頭文を太田が生朗読していた。 また、長峰の事前収録によるナレーションでは、取り上げる人物などの紹介とともに、調査員をいじっていた。 2012年6月25日 には、番組初の書籍『爆笑問題の日曜サンデー 27人の証言』(TBSラジオ編、、)が発売された。 今カレー(15時〜) 2010年4月11日から2013年3月31日まで。 江崎グリコ提供(CMは「2段熟カレー」のみ)のコーナー。 当初はカレーをはじめとする食に関する思い出や情報を募集する企画だったが、のちにカレーをテーマにしたネタ投稿企画になっていた。 特別企画が放送されている場合は、通常の内容を変更して特別企画に合わせた内容になることがあった。 タイトルや当初の食べ物の思い出を振り返るという内容は、のエッセイ「昔カレー」(『』収録)になぞらえていた。 「カレー川柳」以降、「川柳師匠」「大喜利教授」「・カレ十郎」「自称演出家・ダレ十郎」(の)といった専門家を自称するキャラクターに太田が思いつきで扮するようになった。 今カレー(2010年4月11日 - 同年9月5日) リスナーから寄せられた食べ物(カレーに限らない)に関する思い出を紹介し、現在のその食べ物の状況を追跡していた。 読書の秋限定企画 秋の朗読シリーズ(2010年 - 2011年) リスナーから寄せられた情報を基に、や漫画の作中でカレーが登場する場面を朗読した。 江藤が漫画担当、竹内・外山が文学担当という設定だった。 実際には冬をまたいで春まで続いたが、企画終了まで「読書の秋限定」を通していた。 究極の2段熟カレーを作ろう! 2011年夏(2011年5月1日 - 同年7月31日) 「2段熟カレー」を使い、リスナーからの情報を基に材料を選んで、末を目標にカレーを作る企画を行った。 最終回には、リスナー1組を抽選で招待して、実際に作ったカレーの試食を行った。 (2011年 - 2012年) カレーをテーマにしたを募集していた。 同年に実施した「」の際に「ちょっと一服」で募集したメール・FAXテーマ「カレー川柳」をレギュラー化した。 当初は寄せられた川柳を紹介するのみだったが、同年9月4日からは優秀作を「ベストカレー川柳」として選出していた。 なお、タイトルの「勝ち抜き」は、TBSラジオ『』のコーナー「デイキャッチ・勝ち抜き時事川柳」のパロディ。 ただし、本家と違い、回ごとの優秀作を決めるものの次回には持ち越さなかった。 日曜サンデー 大喜利カレー(2012年 - 同年) カレーをはじめ食べ物をテーマにした大喜利。 「お題」に対して寄せられた答えを翌週に紹介し、優秀作を選出していた。 グリコ日曜劇場 1分間のカレー物語(2012年9月30日 - 2013年) 月替わりでタイトル(「」「」のような実在するドラマなどのパロディ)と「最後の言葉」を設定し、それに沿った約1分で読めるを募集。 太田とアシスタントが演じるにした。 ごちそうサンデー(15時〜) 2013年4月7日から2016年3月27日まで。 江崎グリコ提供で、「今カレー」を改題し内容を引き継いだコーナー。 にまつわるネタ投稿企画を行っていた。 開始から2015年3月まで、はカレールー「2段熟カレー」と「カロリーコントロールアイス」の週替わりで、投稿テーマもCMに合わせ「」と「アイス」の週替わりだった。 同年4月5日以降、CMはカレールーのみ(当初は「2段熟カレー」、2015年から期間限定で「カレーZEPPIN」、同年以降は「プレミアム熟カレー」)のみになり、投稿テーマも「カレー」のみになっていた。 現在の「あなたとやりとり ドミンゴ・ドミンゴ」同様、特別企画を放送している場合でも原則として通常のコーナー企画を行い、「グリコ プレミアム熟カレー販売対決! 」の放送当日は対決中継、前週は事前企画を行っていた。 「今カレー」同様、太田は専門家を自称するキャラクター「大喜利教授」または「ドドくん」に扮していた。 江崎グリコが番組提供から外れることになり終了。 「あなたとやりとり ドミンゴ・ドミンゴ」が始まることになった。 ごちそう大喜利(2013年4月7日以降、毎年4月 - 9月) 「今カレー」の「日曜サンデー 大喜利カレー」同様、食べ物をテーマにした。 「お題」に対して寄せられた答えを翌週に紹介し、優秀作を選出する。 開始時のタイトルは「大喜利 season2」(「日曜サンデー 大喜利カレー」を「season1」としている)。 2014年から「ごちそう大喜利 season n」になっていた。 ごちそう都々逸(2013年10月6日以降、毎年10月 - 翌年3月) 週替りの決められた言葉を織り込み、食べ物をテーマにした、7・7・7・5のリズムのを募集。 優秀作を「ドドくん」が歌った。 第2期(2014年度)以降、「ごちそう都々逸 season乙」「-season丙」とシーズンをで表していた。 サンデー・カラオケベスト10(15時10分頃~) の協力で、毎回様々なテーマによりで歌われた曲の集計 をトップテン形式で発表した。 「ここは赤坂応接間」のゲストやなどの場合は、同コーナーと時間を入れ替えてそのゲストにまつわる曲をテーマにすることがあった。 また、テーマによっては当コーナー限定でゲストが出演することもあった。 2009年に採用されたリスナーの投稿をきっかけに、リスナーによる「8位予想」が恒例となっていた。 2010年3月28日まではコーナー冒頭にその回のテーマに則った(友近が、太田が客を演じた)があった。 ゲストが参加することもあった。 通常はタイトルどおり10位から1位までのランキングだが、「の曲」(2011年10月16日・同年10月23日)、「の曲」(2012年2月19日・同年)、「の曲」(2012年)などでは、20位から1位のランキングを発表した。 レギュラーコーナーとしては2014年に終了したが、「サンデー芸人ランキング」や「グリコ プレミアム熟カレー販売対決! 」の中継の合間の企画で同様のカラオケランキングを取り上げることがある。 番組初の のみとなった2017年には、事前収録した「ニューイヤーカラオケ駅伝! アーティスト別カラオケベスト5」(TBSラジオで同時間帯に放送された『』のパロディ)を放送した。 太田図書館! ブックリレー(15時10分頃~、不定期) リスナーに贈った太田のお気に入りの小説が、現在どのように読み継がれているかを追跡するコーナー。 2010年開始。 作品は『』『』『』の3作。 それぞれ5冊ずつ、計15冊の本が志願リスナー15人のもとに贈られ、本を受け取り読み終えたリスナーは、その本に記載されている当コーナー専用のメールアドレスに、作品の感想などを添えて番組あてにメールを送り、その本を友人や知人に渡していく。 受け取った友人や知人も同様にメールを送り、さらにその友人や知人にその本を渡していく。 本コーナーが行われる場合は、「サンデー・カラオケベスト10」は休止になった。 同年9月5日を最後に放送されていない。 19初4(15時10分頃〜、2014年 - ) タイトルはの小説『』のパロディで、風に「いぢきゅうはづよん」と読む。 太田と田中がの入学試験で初めて会ったから30年経ったのを記念して行われた期間限定企画。 1984年のヒット曲やなどのランキングから当時を振り返った。 調査員としてインスタントジョンソン・デンジャラス・BOOMERが出演した。 冒頭では、太田と田中役の江藤による、当時の爆笑問題を振り返る再現コントがあった。 「サンデー・カラオケベスト10」に代わって放送されていた企画であった。 と同月16日はにより競馬が中止となったため、「サンデー競馬小僧」の時間まで拡大された。 主な特別企画 [ ] 本番組では主に、、期間中に特別企画を実施している。 2018年10月までは隔月偶数月の調査週間(全番組体制で特別企画を行う「スペシャルウィーク」)にも行っていたが、同年12月以降はTBSラジオが「スペシャルウィーク」を取りやめているため、該当する週でも定例の「全日本ラジオ新番組選手権」「TBSラジオ珍プレー好プレー大賞」以外の特別企画は行われていない。 全日本ラジオ新番組選手権 [ ] 毎年4月のスペシャルウィークに開催。 の新番組を初回放送の音源とともに紹介し、リスナー投票により優勝を決定する。 優勝決定後に優勝番組のパーソナリティが電話出演することが恒例になっている。 TBSラジオの番組はパーソナリティのコメント紹介のみでノミネートはないが、2011年から2016年までは新番組のパーソナリティが16時台(2015年は前週の事前企画、2016年は「ここは赤坂応接間」)のゲストとして出演していた。 エントリー順はあらかじめ設定されているが、ブロック別ではなくなった2011年以降、電子風のを流しランダムに当っているように装っており、その設定に乗る田中以外の出演者に田中がツッコむことが恒例になっている。 優勝番組に賞品や賞金などの特典はないが、本番組から表彰状が贈られ、優勝しなかったその他の参加番組にも感謝状が贈呈される。 2008年実施。 地域ブロック毎に地場芸人(その地方出身の芸人)プレゼンターが紹介した。 知ったか() 北関東&甲信越ブロック• しあわせの五・七・五()• 熱き戦いの記録 増刊号()• のナイトフライト! 2 しあわせの五・七・五 毎日放送 298票 異色の川柳専門番組がランクイン。 票を中心に多くの票を獲得した。 3 おとなりラジオ あらら 信越放送 268票 太田とU字工事が電話出演したを「母乳アナ」といじり倒し、圧倒的な主婦票(女性票、人妻票)で票を伸ばした。 4 保岡栄二のナイトフライト! 四国放送 得票数非公表 友近が、『ナイトフライト! 』アシスタントのを中心にいじった。 2009年実施。 自称ラジオ批評家の()をコメンテーターに迎え、エントリーパーソナリティ本人と生電話で魅力を語ってもらった。 エントリー順• (北海道放送)北日本ブロック〔東北以北〕• のさたばな(新潟放送)関東甲信越ブロック• のハマグリ王( 『』)東海ブロック• 夜久まさみの2次元ラジオ~LEVEL1~(中部日本放送)東海ブロック• ・瞳の日曜キター! ジン(毎日放送)近畿ブロック• (毎日放送)近畿ブロック• ()西日本ブロック〔山陽、山陰、四国〕• ()南日本ブロック〔九州、沖縄〕• Fighting 闘牛! ()南日本ブロック 投票結果 - リスナー投票順位 順位 エントリー番組名 放送局名 得票数 備考 1 気ままにラジオ 雨の日晴れの日曇りの日 西日本放送 387票 該当番組で2009年に当企画の模様を放送。 (当時アナウンサー)が前年の「」ノミネート以来の生電話で再登場。 磯部は「リベンジ達成」と話していた。 2 伊藤沙菜の『ココロは童顔です。 』 北海道放送 354票 該当番組で2009年5月2日に当企画の模様を放送。 3 板東英二のおばあちゃんと話そう 毎日放送 336票 は電話越しに「」出演を熱望していた。 2010年4月25日実施。 この回からタイトルを「JRN全日本ラジオ新番組選手権」から「全日本-」に変更している。 同年春の新番組『』に竹内と共演していたカンニング竹山をプレゼンターに迎えた。 エントリー順• のフェミニンスタイル(北海道放送)〔北海道・東北〕• のケータイ川柳道場()〔北海道・東北〕• (東北放送)〔北海道・東北〕• ()〔甲信越・東海・北陸〕• ()〔甲信越・東海・北陸〕• ()〔甲信越・東海・北陸〕• (福井放送)〔甲信越・東海・北陸〕• 因幡スピリット()〔近畿・中国・四国〕• (RKB毎日放送)〔九州・沖縄〕• MBCラジオ こどもステージ()〔九州・沖縄〕 投票結果 - リスナー投票順位 この回では得票数は発表されなかった。 順位 エントリー番組名 放送局名 備考 1 満開ラジオ 樹根爛漫 2010年4月10日分のオープニングとリスナー参加のコーナー「妄想クイズ! これな~に? 」を紹介。 パーソナリティのとが生電話で出演し、翌週の5月2日には本番組のスタジオに「乱入」した。 なお、『樹根爛漫』の優勝やスタジオ乱入の様子がに取り上げられた。 2 お笑い地産地消バラエティ ゲラゲラ45 東北放送 2010年4月5日のオープニングとネタ投稿コーナーを紹介。 パーソナリティのとワッキーのイベントに参加していたが生電話で出演した。 3 MBCラジオ こどもステージ 2010年4月18日放送分。 チームに所属する小学生へのインタビューなどを紹介。 2011年4月24日実施。 プレゼンターとして山里亮太を迎えた。 この回からは地域・放送局に関係なくノミネートするようになった。 ゲストとして『きゃりーぱみゅぱみゅのウェイウェイレディオ』(『』内)のが出演した。 エントリー順• フリーステーション Hi-ho! (静岡放送)• (毎日放送)• 土曜 ミミマンボ! (毎日放送)• あらたとの夜をぶっとばせ! 友近ママの、魔法の引き出し()• キャンパスラジオ()• (北陸放送)• フラっとフライデー(新潟放送)• 人生探求ラジオ BUG(北海道放送)• (福井放送)• どきゅ〜ん! (南日本放送)• 還暦刑事(中部日本放送) 投票結果 - リスナー投票順位 順位 エントリー番組名 放送局名 得票数 備考 1 友近ママの、魔法の引き出し 南海放送 403票 2011年4月4日のダイジェストを紹介。 「友近ママ」ことは前アシスタント・友近の母。 優勝決定後「友近ママ」が電話で出演したが、優勝したことを最後まで気づいていなかった。 また、娘の友近が事前収録で出演し、この番組を聞いて「(次の改編期で)別の人にすぐ代えてください。 (このまま番組を続けても)彼女のためにもなりませんし、局のためにもなりませんし」とコメントした。 2 人生探求ラジオ BUG 北海道放送 268票 2011年放送を紹介。 パーソナリティのは、2008年に優勝した『スリーキャッツナイト2008』に出演していた。 竹内が当時パーソナリティを務めていた『ニュース探究ラジオ Dig』にタイトルが似ていることについて問いただすため、MAYUが電話で出演。 MAYUによると『BUG』のプロデューサーとディレクターは「『Dig』にたいそうされた」「だから大丈夫だろう(と思っていた)」としながらも「こんな大きなことになるとは思っていなかった」ということである。 3 キャンパスラジオ 山陽放送 237票 2011年4月9日放送。 オープニングトークと大学コーラス部を紹介するコーナー(混声合唱団が校歌を合唱)を紹介した。 2012年実施。 プレゼンターとして同年春の新番組『』のパーソナリティであった柴田英嗣を迎えた。 ゲストとして『』のが出演した。 エントリー順• 宮崎ユウのユウコミサンデー(南海放送)• 新感覚お仕事バラエティ よいしょ! (山陽放送)• WES-LEEのタッチ! (北海道放送)• ・第2部「BOYS AND MEN 栄第七学園 男組! 」(中部日本放送)• じげらナイト キャンラジ()• (南日本放送)• (RKB毎日放送)• (新潟放送)• モリラジ! (北陸放送)• SATO研()• ラジオナマステ~ときどき()• 土曜ミミマンボ! 2(毎日放送)• () 投票結果 - リスナー投票順位 順位 エントリー番組名 放送局名 得票数 備考 1 ラジオナマステ〜 ときどき古家学 和歌山放送 1142票 日本との文化の違いをテーマにトークを展開する「超お気楽異文化激突番組」。 パーソナリティは「おしゃべりサラリーマン」こと(当初はササモトとのみ公表)とインド人の。 古家学は出身の。 やスポンサーのを歌っており、古家の活動を紹介するコーナーもあるが、にもかかわらず初回にゲスト出演したのみだった。 2012年と翌週(第2回)放送を紹介。 初回はギリが里帰りをして欠席となっていた。 優勝決定後、ギリが電話出演し、初回放送を欠席した理由を「(インドの)最新状況を(勉強して)、自分を磨かなきゃならないから」と話しており、「次回から絶好調で頑張っていきますんで」と抱負をコメントした。 なお、『ラジオナマステ』はギリがインドに帰国したため同年9月で終了。 笹本と古家は2013年春から1年間放送された『ラジオかくし玉』にレギュラー出演していた。 2 大人のラジオバラエティ ご昭和ください 山口放送 761票 「」をテーマにしたトーク番組。 2012年に放送された、パーソナリティの「かぐせん」こととアナウンサー・が少年時代のの思い出を語る様子を紹介した。 3 宮崎ユウのユウコミサンデー 南海放送 416票 2012年に放送された、本職がである宮崎が質問に答えるコーナー「ちょいアゲ!? 「女子がうまく低音を出すには」という質問に宮崎がその方法を説明していたが、『日曜サンデー』のスタジオでは「テンションが高くて楽しそうだけど、たとえが全然わからない」という評価だった。 2013年実施。 プレゼンターとして同年春から『』の「月曜パートナー」であるカンニング竹山を迎えた。 ゲストとして『』のが出演した。 開催の前週4月14日には、「27人の証言」を休止し、過去の優秀作を振り返る「江藤愛のラジオ新番組選手権ナビ」(で放送されていた『』のパロディ)を放送。 樹根と友近千鶴が電話で出演した。 エントリー順• (信越放送)• アクティブ・ボイス・イブニング aveな週末(ラジオ福島)• ラジオかくし玉(和歌山放送)• RNB Radio Show What's Up? (南海放送)• 新里カオリのうららか日曜日〜スローライフしませんか〜(中国放送)• アップステージ(北海道放送)• (RKB毎日放送)• (IBC岩手放送)• (山梨放送) 投票結果 - リスナー投票順位 順位 エントリー番組名 放送局名 得票数 備考 1 冨田奈央子のアフタースクールらじお! IBC岩手放送 811票 『』の「花金アフタースクールラジオ! 」を発展させた、「」の自由な時間をテーマに「頑張る学生を応援する」番組。 パーソナリティの当時アナウンサー・が「」という設定。 2013年放送の、リスナーが書いた脚本を元に冨田1人で演劇を行う「アフラジ演劇部」のコーナーを紹介した。 選手権当日は、冨田は『感激そのまま! IBCラジオ・岩手競馬かちそー実況中継』に生出演していたため、代わりにディレクターが電話出演。 翌週のオープニングに冨田が電話出演し、『日曜サンデー』リスナーからも『アフタースクールらじお! 』にお祝いのメールが寄せられたことなどについて話した。 なお、冨田は2016年3月にIBCを退社したため(2017年1月からのアナウンサー)、同年4月以降はIBCアナウンサーのがパーソナリティを務める『松原友希のアフタースクールらじお! 』として継続している。 2 はみだし しゃべくりラジオ キックス 山梨放送 786票 とアナウンサー・が担当する木曜日の初回(2013年)を紹介。 番組の打ち合わせを兼ねた食事会で、三浦が勝手にトマトに塩をかけたことについて山田が文句を言うフリートークと、山田の娘「54世」の「髭婿とお友達」を探す「髭なずけちゃん、いらしゃ〜い!! 」のコーナーを取り上げた。 3 マチケンマリコのハミングバーズ! RKB毎日放送 509票 2013年放送を紹介。 パーソナリティの山本真理子がで演奏した曲をリスナーが当てる「マリコーダークイズ」を取り上げた。 2014年実施。 プレゼンターとして前年に引き続きカンニング竹山を迎えた(ただし、竹山のスケジュールの都合でまで出演。 なお、「サンデー競馬小僧」にも出演した)。 ゲストとして『』のうしろシティとハライチが出演した。 パーソナリティの(RCCラジオカーレポーター)ら(伊藤以外は後述)が番組紹介の際に電話出演した。 エントリー順• 集まれ! 飛び出せ! フレンズ(長崎放送)• 学園放送部(和歌山放送)• (中国放送)• (北海道放送)• のドゥーワップ・ステーション(南日本放送)• (静岡放送)• 江刺伯洋のおかげサンデー(南海放送)• のLINK(新潟放送)• ・ バウンド・トゥ・トーク(東北放送) 投票結果 - リスナー投票順位 順位 エントリー番組名 放送局名 得票数 備考 1 北乃カムイのもにょもにょラジオ! (適当) 北海道放送 903票 北乃カムイは「北海道育成アイドル」と称する。 2014年放送の、北乃が出演するの時報(番組直前の2時のもの)と、オープニングを続けて紹介。 オープニングでは、北海道出身またはゆかりのあるアーティストの歌を1曲目にかけるとしながら、2014年放送のオープニングでは、の「」を北乃が歌っていた。 優勝決定後、北乃が電話出演し、「北海道を有名にしていく活動をしていくのにゃ」などと抱負を語った。 しかし北乃と生電話中に、北乃を推した江藤が北乃の「」をしきりに気にした。 HBCは、の『スリーキャッツナイト2008』以来、選手権初の2冠となった。 同年の『もにょもにょラジオ』で当企画の様子を放送。 2 江刺伯洋のおかげサンデー 南海放送 791票 はRNBアナウンサー。 2014年4月6日放送のオープニングトークと江刺が内を取材するコーナー「江刺の行ってきたんでー」を取り上げた。 「デンスケ江刺の行ってきたんでー」では、のにいた外国人に江刺が適当な英語でインタビューした様子を紹介した。 江刺のしゃべりに対し、爆笑問題は「やる気出せ」(太田)、「アナウンサーなのにブツブツしゃべる感じが新しい」(田中)という評価だった。 江刺が電話出演したが、その際に江刺の独断で事前に録音した江刺の母親のコメントを流していた。 3 ジミー入枝のドゥーワップ・ステーション 南日本放送 703票 ジミー入枝は出身・在住のシンガー。 番組は土曜夕方の。 2014年4月5日放送のオープニングでの、自己紹介と入枝が弟子入りしていたの「」をかけた部分を取り上げた。 入枝はの朴訥としたしゃべり方をしている。 入枝によると、ゆっくりしゃべったため、自己紹介と曲のみで「終わっちゃったんですよ」と話している。 2015年実施。 プレゼンターとしてカンニング竹山を迎えた。 この日は「ここは赤坂応接間」(ゲストは当日に放送を開始したTBSテレビのドラマ『』に出演していた)を通常どおり放送したため、TBSラジオの新番組紹介は前週に「サンデーマナブくん」を休止し、事前企画「新番組選手権ナビ TBSラジオ編」として放送。 ゲストとして『』の海保知里とが出演。 プレゼンターとして島田秀平が出演した。 エントリー順• (北海道放送)• 正岡省吾のRADIO monster! (南海放送)• (熊本放送)• 午後も一番 すっきりワイド(新潟放送)• X-GUNのぐんぐんサタデー(山梨放送)• リンだとの土曜番長(山陽放送)• アニマジン()• ・のトリセツ! (CBCラジオ) 投票結果 - リスナー投票順位 順位 エントリー番組名 放送局名 得票数 備考 1 よるめぐ 熊本放送 640票 で有名なベテランDJ・とアナウンサー・がパーソナリティを務めるトーク番組。 通常は「その道のスペシャリスト」をゲストに迎えるが、取り上げた初回の4月4日放送はMEGが田名網にプライベートについて質問攻めにしており、その様子は太田に「と客の会話」と評された。 優勝決定後に田名網が電話出演し、「MEGさんというキャラは強烈過ぎて、どう対処していいかさぐりさぐり」と話していた。 なお、2017年4月からタイトルを『昼でも よるめぐ』とし、放送時間を『日曜サンデー』と同じ日曜13:00開始に変更して継続していたが、2018年秋で終了した。 2 午後も一番 すっきりワイド 新潟放送 633票 3月30日の初回放送を紹介。 パーソナリティのが話しだしたのにもかかわらずBGMのボリュームを下げなかったオープニングと、新人リポーターの久能木百香がで飼育されているについて、当日退任する飼育員に緊張しながらインタビューする様子を取り上げた。 4月3日の初回放送の、昔の流行について話す「JK・JC今昔物語」のコーナーを取り上げたが、JK3人が話している最中に「先生」役でレギュラー出演しているが唐突に割り込んでおり、その様子を「衝撃」の場面として紹介した。 2016年実施。 プレゼンターとしてハライチの澤部佑が紹介。 この日は「ここは赤坂応接間」(ゲストは)を通常どおり放送したため、TBSラジオの新番組紹介は前週に「サンデーマナブくん」を休止し、島田秀平がプレゼンターの事前企画「新番組選手権ナビ TBSラジオ編」として放送。 事前企画にはゲストは出演しなかったが、「ここは赤坂応接間」に新番組『松尾雄治 明日へのトライ! 』のパーソナリティ・が出演した。 エントリー順• (大分放送)• ERA〔ワエラ〕(和歌山放送)• ラジオ大福 四国放送• 青森放送• (北陸放送)• モテイン・アライブ(中国放送)• オタク捜査 2次元ポリス()• との今どぅばんじ島ラジオ() 投票結果 - リスナー投票順位 順位 エントリー番組名 放送局名 得票数 備考 1 森谷佳奈のはきださNIGHT! 山陰放送 717票 放送当時入社2年目の山陰放送アナウンサー・森谷が「日常の喜怒哀楽」をぶつける。 4月11日放送の番組2回目を紹介。 リスナーからの悩み相談に適した「オリジナル薬」を処方する隔週のコーナー「教えて、保健室の先生」では森谷はいちいち白衣に着替えるという。 優勝決定後の電話で話した際、森谷も、森谷の「薬」を処方された側の澤部も興奮していた。 該当番組で翌日2016年4月25日に当企画の模様を放送。 2 川満聡と堀内加奈子の今どぅばんじ島ラジオ 琉球放送 516票 沖縄のローカルタレントで「川満しぇんせぇー」として知られていると、沖縄民謡歌手で奏者の堀内加奈子が出演し、沖縄の情報とを紹介する番組。 番組初回4月2日の「あった果報」では、沖縄髭のウタイチャーンが「コーラス」し、作詞作曲を担当した「ウタイチャーン南部保存会」副会長でウタイチャーンの飼い主である徳山が自ら歌う沖縄民謡の「ナークニー」を紹介した。 3 ラジオ大福 四国放送 381票 31年半続いた同局の『えんやこらワイド』を改題リニューアルする形で開始。 取り上げた3月29日放送の番組2回目では、ラジオ大福のテーマソングやジングルすべてを全作曲したシンガーソングライターのが遅刻し泥酔状態で、四国放送アナウンサー・が困惑する様子を紹介した。 翌週5月2日に本番組のの投書で、皆谷が「半泥酔は地元用キャラ」だと説明していた。 2017年実施。 プレゼンターとして『』のパーソナリティで同月18日の『・』にもゲスト出演したを迎えた。 オープニングには前年のグランプリ『森谷佳奈のはきださNIGHT! 』のパーソナリティ・森谷佳奈が出演した。 「ここは赤坂応接間」には『』『』などTBSラジオで長年パーソナリティを務めるが出演した。 TBSラジオの新番組紹介は前週に「サンデー芸人ランキング」を休止し「新番組選手権ナビ TBSラジオ編」として放送。 ゲストやナビゲーターは出演しなかった。 エントリー順• ラジオで(山形放送)• (RKB毎日放送)• プロデュース 護得久栄昇アワー 琉球放送• うしみつドキドキ! ・の今夜もけったこぐ! CBCラジオ• (中国放送)• アンチモンの それ、歌ってみよう! (南海放送)• ng(山梨放送)• のWASABI(静岡放送)• ケーマさんぽ(秋田放送) 投票結果 - リスナー投票順位 順位 エントリー番組名 放送局名 得票数 備考 1 DressingのNICE FANTASY!! 中国放送 692票 初回4月3日のオープニングと翌週10日の悩み相談を紹介した。 は「DREAM LAND(ハツカレーシア)」()出身で「ファンタジー系シンガーソングライター」を自称している。 人物設定の多さやテンションの高さに爆笑問題は「リスナーに勉強させすぎ」「コミュニケーション不能」「結局変な奴にはかなわない」などと評していた。 エンディングでDressingが電話出演し、太田のボケとしてふざけているのかという質問に対し、「私はふざけてない、真面目なの」と答えた後、「ドリームランド」などの設定の主張を続けていた。 2 ラジオで詰将棋 山形放送 573票 日曜朝に放送されている5分間の番組。 山形県支部連合会の協力で作成した、詰将棋のから次の手を考える問題を出題しリスナーから解答を募集するのみの内容。 問題は山形放送アナウンサー・が読む。 初回4月2日の出題と翌週9日の解答を紹介した。 番組のディレクターによると、県内外から10通程度の解答が送られてきたとしており、「将棋ファンは結構いるんですね」とのコメントを寄せていた。 3 アンチモンの それ、歌ってみよう! リスナーから寄せられた日常の出来事などのテーマを元にアンチモンが歌を作り歌う。 初回4月1日は「のこと」を歌っていた。 2018年4月22日に実施。 プレゼンターはハライチ・澤部佑。 オープニングには前年優勝者のDressingがスタジオ生出演。 前週4月15日14時台には「新番組選手権ナビ! 」として過去10年の1位作品を振り返った。 ゲストとして、広島県ローカルのRCCラジオ『平成ラヂオバラエティごぜん様さま』のパーソナリティを務めるRCCアナウンサー・横山雄二が出演した。 エントリー順• 唯衣麻衣の タイムライン(大分放送)• サブカルキック(HBCラジオ)• いい曲プレゼンターズ(熊本放送)• ・のふくふくサタデー(中国放送)• (RKBラジオ)• (長崎放送)• 偉人探訪者トキタビ!! (宮崎放送)• (MBSラジオ)• (CBCラジオ) 投票結果 - リスナー投票順位 順位 エントリー番組名 放送局名 得票数 備考 1 ラジオ スローリー 西日本放送 663票 放送初回(2018年4月7日)を紹介。 現役女子大生の赤松汐音がパーソナリティを務めている。 初回のオープニングと、「今日のランチ」のコーナーを紹介した。 同番組の2018年4月24日放送で受賞の様子が放送され、四国新聞にも後日掲載された。 2 アリスのMBSヤングタウン MBSラジオ 489票 初回(2018年4月6日)オープニングのの懐かしい話や、「チンペイの今だから言える暗い過去のコーナー」の例題を紹介した。 2018年4月27日放送分でラジオ新番組選手権企画の反響メールを紹介。 3 偉人探訪社 トキタビ!! 宮崎放送 375票 パーソナリティ兼ディレクターのMRTアナウンサー・が「ただ今着きました」の決めゼリフで目的地へタイムスリップ。 2018年4月7日の初回は西郷隆盛特集で、旧暦明治元年3月13日(1868年4月5日)にタイムスリップし江戸城前で勝海舟に「インタビュー」。 2018年4月28日放送の第4回で外種田による番組説明の部分で口頭で『日曜サンデー』の名がタイムスリップして確認したところに触れられた。 2019年4月21日実施。 オープニングでは前年の優勝者・赤松汐音が生電話出演した。 エントリー番組• (RKB毎日放送)• (秋田放送)• マグ万平ののちほどサウナで(北陸放送)• の夜はフツーでいいじゃない。 (新潟放送)• (静岡放送)• 驚異の顔面偏差値の「顔だけじゃないもん」(南海放送『痛快! 杉作J太郎のどっきりナイト7』内)• 浩子クレメニアの聞いてクレメニア!! (長崎放送)• と平川美香のパイパイパイナップル(琉球放送)• RADIO de BINGO(南日本放送) 投票結果 - リスナー投票順位 順位 エントリー番組名 放送局名 得票数 備考 1 三石佳那の夜はフツーでいいじゃない。 新潟放送 495票 2019年4月2日の初回オープニングと同年4月16日のBSNアナウンサー・三石佳那がプライベートでの独り言を録音して放送する「三石佳那の本音」を紹介した。 エンディングで三石が電話出演。 三石は憧れのアナウンサーを聞かれを挙げたため、翌々日23日の『赤江珠緒 たまむすび』で本番組の一部音源を放送した。 2 まだ帰りたくない大人たちへ チョコレートナナナナイト! 静岡放送 472票 初回2019年4月2日のオープニングなどでの、漢字が読めないSBSアナウンサー・のいじりを紹介した。 放送後に、酒井が月間のアシスタントとして出演していた当日夜の『』()や同年4月23日の『-ナナナナイト! GARAGE』で「反省会」を行った。 なお、本選手権でプレゼンターが出演する番組がノミネートされたのは初めてとなった。 3 ポニーテールリボンズと平川美香のパイパイパイナップル 琉球放送 399票 異色一人バンドのポニーテールリボンズと、シンガーソングライターの「平川のおじさん」こと平川美香がおくる。 初回2019年4月2日のオープニングとオリジナル曲セッションの様子を放送。 翌々日23日に本番組の感想メールを読んだ。 同年5月19日には、平川が「サンデー中継くん」のリポーターとして、自身も演者として参加したで行われたイベント「OKINAWAまつり2019」の会場から中継で出演した。 2020年4月26日実施。 プレゼンターとして『』に出演するを迎えた。 前週の「全日本ラジオ新番組選手権2020ナビ」には過去の優勝者である三石佳那、赤松汐音、森谷佳奈が生電話出演した。 この回ではJRN系列局以外で初となるラジオ関西の番組がノミネートされた。 エントリー番組• 目指せトータル100万フォロワー! 4KアイドルRADIO(大分放送)• ハワイの風(熊本放送)• 高橋真也の令和水戸黄門ラジオ漫遊記(ラジオ関西)• あゆみの歩み(四国放送)• (中国放送)• マチコでNightね! (長崎放送)• After Beat~アフタービート~(北海道放送)• の煩悩の塊(ABCラジオ)• のちょいバズ(CBCラジオ) 投票結果 - リスナー投票順位 順位 エントリー番組名 放送局名 得票数 備考 1 マチコでNightね! 長崎放送 525票 2020年4月2日の初回放送を紹介。 パーソナリティは「アラセブ」(アラウンド70、放送時67歳であることから)を自称するベテランの。 現在活躍する若手の歌手について、吉田の世代で同じような位置に相当する歌手を取り上げる(同番組では=、=としていた)。 エンディングで吉田が電話出演。 吉田は同番組を「いい企画です」と自画自賛しながら「明日から長崎の街を45度ぐらい胸を張って歩いていると思う」とのコメントを寄せた。 2 ハワイの風 熊本放送 481票 2020年4月3日の初回放送を紹介。 に乗せての情報を取り上げる番組。 パーソナリティは自身もハワイ好きであるで、ハワイは熊本県からのが多く関わりが深いことから始まった番組としている。 翌週5月3日には特別企画「まんぷくミュージックリクエスト」に奥田が電話出演し「」をリクエストした。 なお、選手権当日は反響の大きさから熊本放送の公式サイトがダウンしたとしている。 3 あゆみの歩み 四国放送 355票 2020年4月7日の初回放送を紹介。 四国放送アナウンサー・が1人でしゃべる番組で、企画・構成など制作も戸田1人で担当している。 戸田が選曲した曲(「」「」)をかけるたび、自らその歌の一節をアカペラで歌う場面が紹介された。 なお、同番組は戸田と同期のアナウンサーが担当する『の脳内アドベンチャー』と隔週で放送されている。 TBSラジオ珍プレー好プレー大賞 [ ] 前番組『』で、毎年12月に放送されていた企画「TBSラジオ珍プレー好プレー大賞」をの承諾を得て、本番組が引継ぎ放送することになり、2008年以降は本番組内で、同企画を毎年12月の聴取率調査週間に放送している。 詳細は「」を参照 グリコ プレミアム熟カレー販売対決! [ ] 2組の芸能人が出演し、14時頃からの約1時間、それぞれ別店舗のの特設売場で江崎グリコのカレールーを販売し、その個数を競う企画。 各売場ではリポーター(第1回から第8回まではTBS954情報キャスター、第9回からはTBSアナウンサー)が応援を兼ねながら随時リポートする。 第1回から第8回までは「2段熟カレー」を販売していたため「 グリコ 2段熟カレー販売対決! 」としていたが、「2段熟カレー」が後継商品「プレミアム熟カレー」に切り替わったため、第9回から改題している。 元々は本番組を放送していないABCラジオが、江崎グリコ提供のコーナーを持つ『』の出演者と他番組の代表者(または・所属のお笑い芸人)によるチーム対決企画として2005年から年に1回開催()。 かつては、『』(CBCラジオ)や『』()でも、同じフォーマットで対決を実施していた。 2010年実施。 この回から番組対抗形式では行われず、前回勝者のはなわに原口あきまさが挑むという構図で行われた。 結果 - 販売個数勝敗 勝敗 販売者名 リポーター名 販売店名 販売個数 勝 はなわ 一場麻美 店 1478個 敗 原口あきまさ 白井京子 ベイシア 店 1007個 この対決に敗れた原口は、太田に迫られ掲げた公約の通り、芸人引退を対決終了直後に放送で宣言(すぐさま撤回)。 一方勝利したはなわをリポートした一場は、前回感涙にむせび達成できなかった「勝ったらになる」という公約を、翌週の放送終了後に撮影した自身の水着姿の画像を本番組のホームページに掲載するという形で達成した。 また、その日(7月25日)の放送では対決の総括として「ドキュメント 7. 18カレー販売対決」と題した企画が白井・一場と当日現場にいた江崎グリコ社員をスタジオに迎えて「今カレー」内で行われた。 2019年に実施。 この回では「応援芸人」として、販売者をサポートする芸人2人がそれぞれについた。 結果 - 販売個数勝敗 勝敗 販売者名 応援芸人 リポーター名 販売店名 販売個数 勝 、 ヤオコー ワカバウォーク店 1919個 敗 、 ヤオコー 牧の原モア店 535個 「カレー販売対決」に類似する企画として、2018年4月1日には「 エースコックプレゼンツ サラダフォー アレンジバトル」と題して、エースコックのインスタント「Pho・ccori気分」の「鶏だしフォー」「海鮮フォー」それぞれのアレンジレシピを太田と田中が考案。 ステージでのプレゼンや試食会を行い、どちらのアレンジが良いかを販売数で対決する企画をで実施。 ハマカーン、、、、(当時はハッポゥくん)、TBSアナウンサー・が出演した。 この対戦では304対349で田中の「海鮮フォー」が勝利した。 どこよりも早く今年の出来事を斬る! [ ] 2009年は「 ラジオサンデージャポン2009秋」、2010年は「 爆笑問題と伊集院光がどこよりも早く今年の出来事を斬る! 」と題して年内のニュースを振り返る企画を放送。 両回ともゲストとして伊集院(2009年は前半のみ、2010年は全編)、解説者として柴田秀一が出演した。 また、2009年は当時の・も16時台のゲストとして出演した。 2011年は特別企画としては行わなかったが、同年に伊集院がゲスト出演した際(を参照)、コーナー後半に年内のニュースを振り返った。 年末企画 [ ] 2012年以降、1年の最終回は特別企画を行っている。 ネットしている系列局のアナウンサー・リポーター・パーソナリティによるリポートと、インスタントジョンソンがリスナーにの「」を届ける企画「おつかれちゃ~んデリバリー」(「おつかれちゃ~ん」はインスタントジョンソンのギャグ)が恒例になっている。 2012年12月30日は「 2012年もおつかれちゃ~んSP」を実施。 「サンデー・カラオケベスト10」は拡大版として「受賞曲」をテーマにした「サンデーカラオケベスト20」を行った。 2013年12月29日は「 ニッポン全国 おつかれちゃ〜んスペシャル」を実施。 「カラオケベスト10」の拡大版「サンデーカラオケベスト50」では事前に募集した「歌自慢リスナー」による生カラオケも行い、ランキング1位で話題になり番組に出演したことのある 演歌歌手・がゲストとして出演した。 2014年は、系列局中継は「列島! 美味しいモノ中継」と題して地元名物をテーマにしたグルメリポートを行った。 ゲストに石塚英彦を迎えた。 また、オープニングには、2014年に所属となり、爆笑問題の「後輩」となったが出演した。 2015年12月27日と2016年12月25日は恒例の企画のほか、16時台に翌年のニュースを占う「ラジオサンデージャポンNEXT201x」を実施。 解説に柴田秀一と武田一顯が出演した。 2018年からは12月第4週に「号外からマナブ201x」と題して、その年に発行された「」(新聞社が発行した号外のほか、「号外級」のニュースを含む)を振り返る企画を実施している。 ゲストとして2018年には情報編成総センター記者と、2019年にはTBSラジオ『』のコメンテーターを務める解説委員・山田恵資と(「ここは赤坂応接間」のゲストとして。 同コーナーでも「号外」を取り上げた)、プロ野球・の選手で爆笑問題・太田との(参照)が出演した。 トーク企画 [ ] ここでは専門家や論客を招いたトーク企画について記述する。 2009年8月23日には、「 ニッポンの赤坂の教養」(『』のパロディ)と題して、武田一顯、ドラマ演出家・、作曲家・が出演した。 2010年2月21日には、「業界の鬼」と呼ばれる論客を招いた「 鬼スペシャル」と題して、映画プロデューサー・、・、芸能評論家・が出演した。 2010年8月29日には、「 あれはボクでーす、ワタシでーすSP」と題して、歴史的な出来事に遭遇したり「みんなが知っているあれをやった」人物を取り上げる企画を実施。 「」を回収した准教授・山田哲哉、が釣り上げた特大を競り落としたの、爆笑問題が司会を務めていたNHK総合の番組『』第1回放送の観覧者、・作間敏夫、TBSラジオ交通情報キャスター・、の乗組員・八杉康夫、のライバルだったインストラクターが出演した。 2013年2月24日には、「 爆問トークスタジアム! あれってどうなってるの? 」と題して、の研究で話題になった・、のスナック菓子「ベジップス」の開発者、評論家・ 、音楽プロデューサー・が出演した。 2013年には、「 イケイケドンドン! 景気のいい話SP」と題して、をまとめる「株式会社ゆるキャラ」の取締役、の開発担当者と広報担当者、の開発担当者、『』の脚本などで知られる・がスタジオ生出演。 また、同年に最高齢登頂で話題になった・が電話出演した。 各パートの冒頭では、ウエストランドがゲストにちなんだ漫才を披露した。 2014年6月15日には、「 ふしぎ現象 ワンダー・カップ(W杯)」(「ワンダー・カップ(W杯)」は、のパロディ。 日本時間の同日午前に・戦が開催された)と題し、やなどの「ふしぎ現象」を特集。 「ふしぎコンシェルジュ」(プレゼンター)として島田秀平、ゲストとしてに詳しい・、の雑誌『』の編集長・、を的に研究する理学部准教授・武村政春が出演した。 2015年にも同様の「ふしぎ現象 ワンダー・カップ(W杯)」(の開催期間中)を放送。 島田、三上のほか、、、の末裔をゲストに迎えた。 また、オープニングには当日の『サンデージャポン』のゲストであったが出演した。 2016年には、「 ふしぎ現象ワンダーカップ! 7つくらいのふしぎ最前線」と題して、ゲストとして、前年同様の島田、三上、田原のほか、他人の脳に入り込むとする「ブレインダイブ」を行う・新子景視、のオカルト担当記者、オカルトを取り上げるニュースサイト『』の編集長、「ハンター」として知られるライター・平坂寛、オカルトを語る芸人として・ぁみと・片岡正徳が出演した。 2016年2月21日には、「 音声の世紀! 音で振り返る2000年代」(『』のパロディ)と題して、音声素材から以降のニュースを振り返る企画を実施。 武田一顯、・、元の野球解説者・、・が出演した。 2016年10月23日には、「 趣味の名は。 」(アニメ映画『』のパロディ)と題して、著名人を招いて自身の趣味を語らせる企画を実施。 の、の、の海保知里、のカンニング竹山、多趣味で知られるが出演した。 2018年10月21日には、「 聴けば社長が見えてくる! 秋の社長まつり!! 」と題して、社長が出演する企画を実施。 オープニングではTBSラジオの社長が「開会宣言」。 ゲストとして、精密機器のネジを開発・製造する町工場を経営する社長、の社長、の社長でタレントのが出演。 「ここは赤坂応接間」には、の経営者としても知られるを迎えた。 ランキング企画 [ ]• 2010年には、「 ゴールデンウィーク特別企画! なんでもベスト3」と題して、リスナーから独断で決めた自由なテーマによるランキングを募集した。 ゲストとして(当時は世界のナベアツ)が出演した。 2012年12月23日には、に田中が除去、太田が除去の手術をしたため、大事を取って前週16日の生放送直後に収録したものを録音放送。 「週末版TBSラジオショッピング」「今カレー」「ここは赤坂応接間」以外のコーナーを休止し、「 お願い! 田中ランキング」(爆笑問題が出演するテレビ朝日系『』のパロディ)と題して、田中やリスナーが独断で決めた音楽や食べ物などあらゆる事柄についてのランキング紹介を放送。 14時台のゲストに小島瑠璃子が出演した。 2014年には、TBSラジオ『』のパロディ企画「 休日支援系ランキングトークバラエティ ザ・トップ4」を放送。 『ザ・トップ5』同様の商品の売れ筋や出演者持ち込みなどのランキング「トップ4」のほか、リスナー投票の企画を行った。 ゲストとして『ザ・トップ5』コメンテーターのとが出演。 『ザ・トップ5』シーズン2(2012年度)のパーソナリティとして高橋と共演していたが「乱入」した。 また、「爆笑問題VS久米宏2days」 と題して、「ここは赤坂応接間」にはが出演。 前日には『』に田中がゲスト出演した。 2017年2月26日には、「 世代別 お願い! ランク共和国」(『お願い! ランキング』とTBSテレビ『』のパロディ)と題して、番組サイトやに開催された「」会場でのアンケートに基づく、食べ物や有名人、などについての各世代別の人気ランキング企画を放送。 ゲストして・、元・、当時・、ランキングで取り上げた「」についての解説役としてTBSアナウンサー・が出演した。 音楽企画 [ ] TBSラジオオールスターズによるサザンオールスターズスペシャル 2008年に4時間通し開催。 TBSラジオ主要パーソナリティの「自分との名曲」についての事前に収録したオールリクエストコメントを放送した。 も16時台後半に登場(同年午前収録)し、「」を紹介。 エンディングのBGMは13時台冒頭に開会宣言をした当時のTBSラジオ社長・とその娘のリクエスト「」だった。 おらの音楽 2009年放送。 タイトルは『』(フジテレビ系)のパロディ。 リスナー・スタッフ・JRN系列ラジオ局からの情報を元に、や名産ののために作られたローカルソングをノミネートし、リスナー投票により優勝曲を決定した。 ゲストとしてローカルソングを多く作曲したが電話で出演した。 なお、この時優勝した、にあるのPRソング「」は、のちにTBSテレビ『』などでも紹介された。 4時間丸々ビートルズ 2009年放送。 同年9月に発売されたのリマスターアルバム『』がヒットしたことを受け、通信カラオケDAMで歌われたビートルズの曲トップ30、ビートルズにゆかりがある・らの証言や、リスナーから募集した「ビートルズ川柳」を放送した。 お正月だよ女子アナ祭り! サンデー・カラオケベスト10 年代別スペシャル 2010年1月3日放送。 「サンデー・カラオケベスト10」の拡大版で、年代別のランキングを発表。 ・・・のプレゼンターとして吉川美代子・・竹内香苗・田中みな実が出演した。 秋の3連休特別企画 じゃんけん選抜リクエスト 2010年9月19日放送。 リスナー同士(初回は太田と田中、2回目は田中とリスナー)が電話を通して「口」をして、勝ち抜くたびに好きな曲をリクエストできるというルールで行われた。 リスナー以外にも、過去に番組出演したことのある石破茂とが電話で参加した。 また、・会場の来場者も中継で参加。 X-GUNがリポーターとして出演した。 なお、「じゃんけん選抜」は、同年9月に開催された「」のパロディである。 ベスト・ヒット・あの日 2011年1月2日放送。 リスナーからリクエストがあった記念日を含む週のを紹介。 オープニングで『』のであるがナレーションで出演した。 あなたの好きな曲Gメン 2011年放送。 リスナーから寄せられたに関する疑問について、歌手・・などから証言を集めて紹介。 事前収録での証言者として桑田佳祐やらが、生ゲストとしてとが出演した。 選曲ダービー 2011年に発生した()後の初の放送となった(前週13日は報道特別番組のため休止)に、14時台・15時台の「ちょっと一服」と「今カレー」以外のコーナーを休止して、「元気が出る曲・誰かをはげましたい曲」をテーマに太田・田中・竹内が音楽を選曲して放送した。 その後、江藤が加わって、同年5月1日に「 第2回選曲ダービー」と題して「にピッタリの曲」をテーマに、「第3回-」(同年9月4日)は「の終わりに聴きたい曲」をテーマに選曲して放送した。 「選曲ダービー」のタイトルになったのは、初回に太田が誰の選曲が良いかの競争を勝手に言い出したことによる。 太田が一方的な順位付け(3回とも太田が1位で田中が最下位)をするが、正式な採点や競争はしていない。 リクエスト企画• 2009年に「 音楽ミュージック電リクスペシャル」と題して、リスナーからの曲のリクエストをメール・FAXに加え、タイトルどおり(ただし、ではなく、スタッフら少人数で対応した)。 また、X-GUNが中継リポーターとしてとに出向いて本番組を聞いている住民のリクエストも受け付けた。 ゲストとしてとが出演してリクエストのあった曲を生で歌った。 2012年1月8日に「 新春特別企画 カラオケつかみの1曲・リクエストSP」と題して、で最初に歌う「つかみの1曲」をテーマにリクエストを募集した。 2012年5月6日は「 GW特別企画 私のカラオケ勝負曲」と題して、「ここぞで歌う勝負曲」をテーマにリクエストを募集。 16時台のゲストに友近扮する・水谷千重子が出演した。 2012年は「 もし、高校野球の女子マネージャーではないあなたが、ドラッカーのマネジメントを読まずに、カラオケでシメの1曲を歌ったら」(小説・映画『』のパロディ)と題して、カラオケで最後に歌う「シメの1曲」をテーマに、リスナーに「突撃生電話」でリクエストを聞いた。 また、電話でのゲストとして、2011年8月のでの公開生放送()でアシスタントを務めた当時rfcアナウンサー・佐々木瞳、当時HKT48・ 、はなわ、加山雄三、が出演した。 2013年は「 こどもの日だよ! テレビ主題歌リクエストスペシャル」と題して、テレビ番組のになった曲のリクエストを募集した。 ゲストとして友近が出演。 曲紹介は、「田中チーム」対「太田チーム」(田中・太田以外のメンバーはいない)の対戦と称してそれぞれが無作為にリクエストを選び、友近が勝者を決めるという形式で行われた。 2017年5月7日は「 青春18チューン・リクエスト! 」(のパロディ)と題して、リスナー自身が18歳頃に聞いていた曲のリクエストと当時の思い出を募集する企画と、田中の「青春18チューン」の曲を当てるクイズ(正解はの「ロイヤル・ストレート・フラッシュ」)を行った。 2017年10月22日には、19歳をテーマにした同様の企画「 青春19チューン・リクエスト! 」を実施。 リスナーのリクエストを募集し後述の「世リク」と同様のバトンを選ぶ方式で紹介する企画と、田中の「青春19チューン」の曲を当てるクイズ(正解はの「」)を行った。 がゲストとして生出演。 依頼したものの出演できなかった人物の代わりの関連ある人物という設定で、(・の相方)、(の姉)、(と誤ったとして)が事前収録で出演。 X-GUN・さがね正裕(・に実際に依頼したものの手術直後として断念。 大谷が「」の選手であることに対し、芸人の本業と飲食店の副業の「二刀流」であるとして)が電話出演した。 また、放送中にウエストランドがリポーターとして、が「19」になる、(・JB 19)、(・JY 19)、(・JS 19)の前で中継を行った。 2019年5月5日には、15歳をテーマとした同様の企画「 青春15チューン・リクエスト」を実施。 作家でTBSラジオ『』木曜パーソナリティのとシンガーソングライターのがスタジオゲストとして出演。 がで行われていたグルメイベントの会場から中継リポーターとして出演した。 2017年8月13日は「 地球に生まれてよかった〜! 世リク・世界リクエスト」(TBSテレビで中継され、当日最終日を迎えていた『』のパロディ)と題して、「世界中のみなさん」からリクエストを受け付けると称して「夏っぽい曲」をテーマに募集。 リクエスト内容が書かれた紙をに詰めて田中と太田が順番にくじ引きするという方式で曲を紹介。 ゲストとしてが出演。 開催中だった「」の来場者からもリクエストを受け付け、リポーターとしてウエストランドが出演した。 2018年8月14日には「 夏歌・ジャカルタ リクエスト」(TBSテレビで中継していた『』のパロディ)と題し、「団体戦」と称して、太田チーム(太田・江藤)と田中チーム(田中・ゲストの篠原ともえ)のそれぞれの選んだ曲のどちらがいいか「対戦」(太田が審判する)。 「大会アンバサダー」と称したゲストとしてアジア大会の解説者を務めていたを迎えた。 2017年は番組初のの放送にちなんで「 聖なる昼の冬うたリクエスト! 」と題して「冬っぽい歌」をテーマにリクエストを募集。 前述のリクエストの紙が詰められたバトンをに入れてくじ引きする方式で曲を紹介。 ウエストランドのリポートで赤坂サカスの冬イベント「White Sacas」の来場者からリクエストを受け付けた。 2019年には「 夏の終わりのラブソング101(ワンオーワン)」と題して、「夏の終わりのラブソング」をテーマに、太田・田中(各30曲)、江藤・良原安美(各10曲)がランキング形式で選曲した曲、およびリスナーのリクエストを合わせた計101曲を目標にかける企画(実際にかけたのは93曲)を行った。 2020年には「 まんぷくミュージックリクエスト」と題して、「お腹いっぱいになるまで聴いた。 でも、まだ聴ける」をテーマに募集。 前週の「ラジオ新番組選手権2020」で準優勝を獲得したRKKラジオ『ハワイの風』パーソナリティの奥田圭、爆笑問題とデビュー当時から関わりが深いとTBSテレビ局次長(元TBSアナウンサー)・が電話出演した。 DJもずシリーズ 「DJもず」こと田中がアドリブでDJ風に曲の中に曲紹介をするリクエスト企画。 「DJもず」は、2013年7月14日放送で、田中が中学生頃に将来DJになった時のを「田中もず」にしようと考えていた、と発言したことに由来する。 2013年は「 DJもずの真夏のリクエストgood! 」(タイトルはAKB48の曲「」のパロディ)と題して、「真夏に聴きたい曲」をテーマにリクエストを募集。 リスナーからのリクエストのほか、赤坂サカスで開催された「夏サカス2013 笑顔の扉 デリシャカス~番組グルメでおもてなし~」の来場者からもリクエストを聞いた。 中継リポーターとしてハライチが出演した。 2014年には「 復活 DJもず 真冬のフォーチュンクッキー」(「」のパロディ)と題して「冬に聞きたい曲」をテーマにリクエストを募集。 「White Sacas」の来場者からもリクエストを聞いた。 この回から、赤坂サカスからの中継にはTBSアナウンサー・小林由未子がリポーターとして出演していた。 同年にも同様の企画を行ったが、前2回で、田中が自身の好きな曲に対する思い入れやDJに関する持論を熱心に語る一方、知らない曲が選ばれたり、うまく曲紹介ができなかったりすると、選曲に不満があるような発言を繰り返したことから、「 DJもず 上からMOZUリクエスト」(「」と、タイトルが重なったTBSテレビのドラマ『』のパロディ)と題して、「連休のドライブで聞きたい曲・GWにふさわしいあの名曲」をテーマに、「 DJもず様が好きそうな、(しゃべりやすい) イントロがありそうな曲」に限定して、リクエスト企画にもかかわらず「DJもず様に配慮する」という設定で行った。 同年は「 DJもずのモズラドールレトリバーリクエスト」(「」のパロディ)を実施。 「夏サカス2014 デリシャカス 〜番組グルメでおもてなし〜」からの中継を行った。 2015年は「 DJもずのお年玉的リフレイン」(「」のパロディ)を実施。 「White Sacas」からの中継を行った。 この回では、リクエストしたリスナーが、DJもずの曲紹介、もしくはのやのチケットなどが当たる「お年玉チャンスゴールデン」(途中から太田の思いつきで、太田こと「DJピカ」の曲紹介つき)に参加するかを選ぶ方式になった。 2016年8月14日は「 DJもずの365日のもず飛行機」(「」のパロディ)を実施。 タイトルはである『』()のパロディ。 田中と太田が独自に選んだ好きな曲それぞれ50曲をランキング形式で紹介。 ゲストとして「ここは赤坂応接間」(2014年4月6日)に出演したことのある篠原ともえを迎えた。 音楽の日 にち 音楽をテーマにした特集企画。 タイトルはTBSテレビ『』のパロディ。 2015年8月30日には「音楽の日~皆のプレイリスト約100曲」(「約100曲」は「アバウトひゃくソング」と読む)を放送。 出演者やリスナーが選曲して作った「」を100曲を目標に紹介。 スタジオゲストとして友近、、、が出演。 事前収録で小島瑠璃子が出演した。 同年には、「サンデーマナブくん」と「サンデー芸人ランキング」を休止し、「音楽の日」で紹介できなかったアシスタント・外山のプレイリストを紹介するとして、「外山歌謡祭」(フジテレビ系『』のパロディ)と題して続編を放送した。 2016年8月28日には、「音楽の日~ポップス51年史! 〜」を放送。 前週の「サンデーマナブくん」から2週にわたって東京大学が開発したによる自動作曲システムを特集し、生放送中に実際に曲を作成する企画と、TBSラジオが独自に作成したヒットチャート「TBSラジオオフィシャルランキング」の過去を振り返るクイズ企画を行った。 「ここは赤坂応接間」には、作詞家・が出演した。 リクエストバトル! 2016年5月1日の「男うた」にはと辻仁成が、翌週5月8日の「女うた」には篠原ともえが出演した。 カレンダーリクエスト 2018年放送。 で日付を決め、その日付に合う曲のリクエストを募集。 ゲストとしてと、前週にあらかじめ抽選した日付()が誕生日のを迎えた。 「夏サカス」会場のリポーターとして脳みそ夫が出演した。 なお、「カレンダー」は、本番組がオリジナルで作成した出演者やスタッフの女性が掲載されている「日曜サンデー女子カレンダー」にちなんでおり、この企画のプレゼント用に50部限定で製作された。 2019年8月11日にも同様の企画を実施。 とをゲストに迎えた。 からの中継リポーターとしてAマッソが出演した。 公開放送 [ ]• 2008年には、「夏Sacas'08」会場から「ここは赤坂応接間」(ゲストは)のみを番組初の公開生放送。 2009年には、14時台に「White Sacas」会場から特別企画「 日曜サンデーちゃん ネタ祭り」(『』の企画「芸人ちゃんネタ祭り」のパロディ)を公開生放送。 髭男爵・・BOOMERがゲスト出演し、持ちネタを披露した。 2009年11月29日には、特別企画「 天高く馬肥ゆる秋! ジャパンカップスペシャル」として、「27人の証言」(ディープインパクト)と「サンデー競馬小僧」をから中継で放送。 WINSの会場では放送と別にBOOMER・髭男爵・X-GUN・島田秀平らによるトークショーやコントライブが行われた。 2010年8月1日には、「 千葉スペシャル」と題し、14時台を「ここは赤坂応接間」として・を招き、「赤坂ビッグバン〜夏サカス2010〜」会場のステージ「サカスウイング」から公開生放送。 なお、16時台にも「ここは赤坂応接間」をスタジオから放送。 ゲストに(当時はJJサニー千葉)を迎えた。 2011年8月28日には、「 日曜サンデー出張SP! 福島のみなさん、こんにちは! 」と題して、東日本大震災の被災者を対象とした公開生放送を福島県・中央台東小学校から実施した。 会場では爆笑問題のほか、山里亮太・・U字工事・BOOMER・X-GUNが出演。 アシスタント として佐々木瞳、「ラジオサンデージャポン」の解説と「サンデー競馬小僧」の「うまのり」予想に大和田新が出演した。 当日は『』の中継にともない『サンデージャポン』が休止となっていたため、爆笑問題の「出張」が可能であった。 なお、rfcの震災報道を記したドキュメント本にこの公開放送の舞台裏が書かれている。 2011年には、TBSラジオ開局60周年記念イベント「感謝deサカス! 」の一環で、「 JUNK大集合! 」と題して赤坂サカスから公開生放送。 ゲストとして『JUNK』の現役パーソナリティである伊集院光・山里亮太・・(はスケジュールの都合で事前収録のコメントのみ)が出演した。 2013年には、『JUNK』の放送開始10周年記念イベントとして、「 10周年突破記念! JUNK大集合!! 」を赤坂サカスから公開生放送。 『JUNK』の現役パーソナリティ全員が出演した。 前回は自由観覧であったが、観覧客が多く集まったため、この回では抽選による約700人限定(応募総数約7,000人)での公開となった。 2013年には、「夏サカス2013」会場のステージから「ここは赤坂応接間」(ゲストは)を公開生放送。 また、この公開生放送直後に『』の公開収録も行われ、それに先立ち、エンディングにおぎやはぎが生出演した。 2014年には、「サンデー芸人ランキング」と「サンデー競馬小僧」を休止し、TBSラジオのイベント「サカス春祭り」の一環として「 春爛漫サンデー寄席」(『』のパロディ)と題し、爆笑問題を「席亭」(の主)としたコントライブを公開生放送。 ウエストランド・日本エレキテル連合・ハマカーン・BOOMERが出演した。 2014年には、「サンデーマナブくん」を休止し、「夏サカス2014」会場から「 夏SUNSUNサンデー寄席」を公開生放送。 ウエストランド、うしろシティ、ハライチ、、BOOMERが出演した。 また、「サンデー芸人ランキング」を休止し、「サンデー芸人反省会」と題して、出演した芸人が公開生放送を振り返るトークコーナーをスタジオで行った。 なお、この公開生放送の直前には、うしろシティとハライチが出演する『デブッタンテ』の公開収録が行われた。 2015年8月2日にも「TBSデリシャカス2015」会場から同様の「夏SUNSUNサンデー寄席」を公開生放送。 ウエストランド、三四郎、スピードワゴン、BOOMERが出演。 「サンデー芸人反省会」も同様に行った。 この回はで前半部分(14:00-14:30)を『爆笑! サンデー寄席2015 デリシャカスSP』として。 TBSアナウンサー・が進行役として出演した。 2016年7月24日には「デリシャカス2016」会場から「夏SUNSUN!! サンデー寄席2016」を公開生放送。 14時台の「ちょースッキリ評議会」を13時台に移動させ前回より拡大した。 「サンデー芸人反省会」も「サンデー競馬小僧」を休止し拡大した。 、、、、BOOMERが出演した。 BS-TBSでは『夏SUNSUN!! サンデー寄席2016 デリシャカスSP』として全編を同時生放送。 杉山も前回同様出演した。 2017年には、2016年のの被害に対する復興支援に感謝するとして熊本県主催で赤坂サカスで開催された「がんばるけん熊本! くまもと復興応援感謝フェア」の一環で、15時台にネタ中に「」を織り込むことを条件とした「 サンデーくまモン寄席」を公開生放送。 、尼神インター、、、BOOMERと、イベントの進行役を務めていたRKKアナウンサー・、熊本県のキャラクター・くまモンが出演した。 この回はRKKラジオでも『』を中断して臨時ネットを行った。 2017年7月23日には「デリシャカス2017」会場から「夏SUNSUNサンデー寄席2017」を公開生放送。 Aマッソ、脳みそ夫、、、BOOMERが出演した。 BS-TBSでも全編を同時生放送。 進行役に当時TBSアナウンサー・安東弘樹が出演した。 ウエストランド、、、、BOOMERが出演。 BS-TBSでも全編を同時生放送。 進行役にTBSアナウンサー・が出演した。 2019年には、赤坂商店街協議会が主催した「赤坂秋まつり2019」の一環で、「サンデー寄席」をの広場から公開生放送。 、、、と、同年9月1日の「夏の終わりのラブソング101」で太田が「ラブソングBEST30」の1位として選出した曲「夏よさよなら」を歌うシンガーソングライターのが出演した。 2014年には、「ラジオサンデージャポンNEXT」と「サンデーマナブくん」を休止し、赤坂サカスで開催されたイベント「TBSラジオ大感謝祭 ラジフェス2014」の一環として、「 TBSラジオクイズ この人どちらサンデー? 」と題してTBSラジオに関係する人物をクイズ形式で紹介する企画を公開生放送。 外山が進行役を務め、爆笑問題と江藤が解答した。 ゲストとして阿南京子、吉川美代子、武田一顯、『荒川強啓デイ・キャッチ! 』のアシスタント・が出演した。 また、オープニングでは「ラジフェス2014」の進行を務めていたTBSアナウンサー・が出演した。 2015年には、「サンデー芸人ランキング」と「サンデー競馬小僧」を休止し、「TBSラジオ大感謝祭 ラジフェス2015 うまいもん祭り」の一環として、「 クイズ! TBSラジオのパーソナリティに聞きました」(TBSテレビ『』のパロディ)と題してTBSラジオのパーソナリティへのアンケートをクイズ形式で紹介する企画の公開生放送を行った。 2016年11月6日の「ラジフェス2016~食べて、笑って、赤坂で! 」でも同様の企画を行った。 2018年には、「ラジフェス2018~いくつハシゴできるかな? 」の一環で、「ここは赤坂応接間」を公開生放送。 ゲストとして『』のパーソナリティを務めるを迎えた。 その他 [ ]• 2010年2月14日・2月21日・2月28日 - 15:27頃から数分間、情報を現地リポーターのが報告する特別企画「バンクーバーオリンピック リポート」を放送。 近藤は当初「美人すぎる記者」と称されていたが、爆笑問題とのトークの際に笑いが止まらなくなることから、最終的に「笑いすぎるK記者」と呼称が変えられていた。 近藤はその後、同年3月7日の「ラジオサンデージャポン」にスタジオ出演している。 2010年6月27日 - すべてのコーナーを通常とは異なる「超豪華」な演出とする「 どこから聴いても超豪華スペシャル!! 」を放送。 交通情報のキャスター()への、田中の呼び掛けと太田の合いの手 の部分を、TBSラジオの各番組のパーソナリティ(13時台前半のみ巨人の)が呼び掛けたものを事前に録音した音源で行った。 また、通常はのキャスター(2012年10月以降はTBS954情報キャスターも)が担当している「TBSニュース」をナレーターでのみ出演している長峰が担当、16時台の天気予報の原稿を「赤坂応接間」ゲストの・が読み上げた。 そのほか、やくみつる、がコーナーゲストで生出演したり、「週末版TBSラジオショッピング」のBGMをが歌ったオリジナルバージョンにするなどした。 2011年12月25日 - 「 TBSラジオ開局60周年記念特別企画・日曜の午後にやってた人だらけの応接間SP」を放送。 本番組と同じ日曜午後のTBSラジオの番組でパーソナリティを務めた(『』)、(『』)、(『』)、伊集院光(『』『伊集院光 日曜日の秘密基地』)が出演した。 2013年4月14日 - 「サンデー・カラオケベスト10」を休止し、映画『』のプロモーションで来日していたと太田の対談を放送した。 2013年9月1日 - 「 じぇじぇじぇ! 街ゆくおじちゃんに徹底インタビューしましたSP」(「じぇじぇじぇ」は『』で話題になった驚きを表す感動詞で、太田が多用していた)と題して、30~50歳代の男性に公式サイトと街頭インタビューで合計714人にアンケートを実施し、「現代のおじちゃん像」を探る企画を行った。 ゲストにを迎えた。 また、「ここは赤坂応接間」には「おじちゃん世代」であるを迎えた。 2013年 - 通常のコーナー(「サンデー・カラオケベスト10」のみ休止)を「スペシャル」にする「 スペシャルウィークってことでスペシャル」を放送。 ゲストとして、「ごちそうサンデー」に都々逸の歌い手としても知られる、「サンデー競馬小僧」に競馬に詳しい、「ここは赤坂応接間」にを迎えた。 また、「サンデーマナブくん」は前週と2週にわたって「」を特集。 江藤の右手の原寸大模型と江藤およびディレクター2人のを3Dプリンターで製作し、リスナーにプレゼントした。 2014年 - 「 祝! 300回記念スペシャル」として、「サンデーマナブくん」と「ここは赤坂応接間」を拡大。 「サンデーマナブくん」は番組自体を特集し過去の放送を振り返った。 前アシスタントの竹内が移住先のから電話出演した。 「ここは赤坂応接間」にはが出演した。 また、ハライチがTBS放送センターの会場で特製のを300枚限定で配布した。 ゲストとして、のとして話題になった・、芸能人に似た顔になるをする「ものまねメイクファンタジスタ」、・が生出演。 に代表として出場した当時の選手で、爆笑問題・太田と同姓同名の太田光(おおた ひかる)の父親 が電話出演した。 また、当日は第5日曜日で外山がアシスタントだったが、江藤も出演し、を放送時間内に練習してエンディングで演奏する企画「江藤愛は地球を救う」(『24時間テレビ』の「」のパロディ)を行った。 ざわちんが阿部文音にメイクを施す様子と、江藤の練習の様子をで映像のみ生配信した。 タイトルの「」は、同年7月6日に「ちょっと一服」で「にまつわる話」を募集した際、田中がチコリの話をしていじられたことによるもの。 これにちなんで、のチコリ生産者のミニとインタビュー「チコリのバトンがつなぐ夢」を放送した。 なお、この企画の際に新垣が爆笑問題をイメージして作曲したとする曲を持ち込み、後日「ここは赤坂応接間」(2012年4月8日)に出演したことのあるが編曲し歌詞をつけて歌ったものを、同年から一部のCM明けのとして使用している。 2015年8月23日(『24時間テレビ38「つなぐ〜時を超えて笑顔を〜」』の放送日)には「サンデーマナブくん」を休止し、「 24時間分の1時間ラジオ つなぐう~あなたも奇跡の目撃者? 」と題して、高校野球の助っ人に「」の生徒が出場して話題になった野球部、・佐々木聡美、TBSラジオなど民放ラジオ局が当時準備を進めていたのミニドキュメントを放送。 ゲストとしてカンニング竹山が出演した。 また、2015年8月30日の「音楽の日 にち 」で「江藤愛は地球を救う」を行い、江藤がを演奏した。 SBSラジオ『樹根爛漫』のパーソナリティ・樹根、千葉県を中心に活動する、の観光PR部隊・(、、陣笠隊・亀吉)が生出演。 ABCラジオ『』のパーソナリティ・、でパーソナリティを務めるDJシローと木村つづく、で活動する、北海道で活動する祭太郎が電話出演した。 のローカルタレントとしても活動する、で活動する、で活動するが電話出演した。 また、これに合わせと連動企画でアンケートを行った。 2015年2月22日 - 同年1月に50歳になった田中を祝うとして、「 青春50年 裕二と、ゆかいな仲間たち」と題して、爆笑問題と同世代のゲストを迎えた企画を放送。 ・、元プロ野球選手・、で田中と同級生だった・、「」こと、日本大学藝術学部で爆笑問題の1期後輩に当たる・、BOOMER(伊勢浩二が田中と対談)がゲスト出演。 オープニングには辻仁成が出演した。 2017年 - 「 ラジオ界に貢献した人、大集合! やすラジの郷」と題し、パロディ元のテレビドラマ『』(テレビ朝日系)にちなんで「ラジオのレジェンド」をゲストに迎え、当時の放送を振り返る企画を実施。 『』()などでパーソナリティを務めた、『』(TBSラジオ)などの、『』()などの、ラジオドラマ『』(TBSラジオ、)の脚本を担当したと、ラジオ好きとして知られるが出演した。 なお、前週の「ここは赤坂応接間」には「前哨戦」として『』(TBSラジオ)などの、翌週には「やすラジの郷 別館」と称して『』(文化放送)などのが出演した。 2017年 - 「 500回の記念放送」。 「サンデーマナブくん」はゲストにを迎え、が販売する「500色の」、、など「いろんな500」を特集。 15時台には「サンデー芸人ランキング」を休止し、「日曜サンデーを通り過ぎていった女たち」と題して、竹内香苗が生出演、竹内以外の歴代アシスタントが事前収録で出演した。 「ここは赤坂応接間」には、名前に「五」がつく・を迎えた。 また、太田が描いた「番組特製500回記念ステッカー」をTBS放送センターの会場でウエストランドが配布した。 なお、ステッカーは、局名のみを差し替えた同じデザインのものが各ネット局の本社受付やイベントで配布された。 2018年6月17日 - 「 結成30周年記念! 爆笑問題成分(コンポーネント)30 略して 爆コン30」と題して、爆笑問題に影響を与えたとする30の事柄を振り返る企画を実施。 14時台には『』(フジテレビ系)で爆笑問題と共演していたを迎えた。 また、日本大学芸術学部や周辺から大学時代の後輩に当たるがリポート。 「ここは赤坂応接間」には『』(フジテレビ系)で共演していたが出演した。 タイムテーブル [ ] 通常放送時のタイムテーブル。 各コーナーの詳細についてはを参照。 13:00 - オープニング(フリートーク、メール・FAXテーマ発表、プレゼント紹介、今日のメニュー紹介)• 13:25頃 - (TBS以外のネット局はBGMのみ放送 )• 13:27頃 - ラジオサンデージャポンPLUS• 13:45頃 - 週末版TBSラジオショッピング• 13:53頃 - 交通情報(TBS以外のネット局はBGMのみ放送)• 13:55頃 - ちょっと一服• 13:59 - CM• 一部ネット局、番組編成上飛び降りの場合あり。 14:00 - ここは赤坂応接間• 14:30頃 - 交通情報(TBS以外のネット局はBGMのみ放送)• 14:45頃 - ヤクルトpresents 1日1本 ちょースッキリ評議会 TBS以外のネット局では提供クレジット・CM放送なし• 14:50頃 - 、• 14:53頃 - 交通情報(SBCは長野県内の交通情報 、その他のネット局はBGMのみ放送)• 14:55頃 - ちょっと一服• 14:59 - CM• TBSラジオ以外、ネット局は飛び降り。 ブックリレー、19初4)• 15:30頃 - 交通情報• 15:32頃 - 田中裕二のサンデー競馬小僧• 15:55頃 - 交通情報• 15:57頃 - 競馬の結果と払戻金発表、ちょっと一服• 15:59. 40 - 時報CM• 16:25頃 - 交通情報• 16:45頃 -• 16:50頃 - TBSニュース、天気予報• 16:53頃 - 交通情報• 16:55頃 - エンディング(プレゼント当選者発表、次週予告)• 16:59. 40 - 番組終了• 「週末版TBSラジオショッピング」は「ラジオサンデージャポン」を短縮、「今カレー」は「サンデー・カラオケベスト10」を短縮して開始した。 特別企画放送時でも「週末版TBSラジオショッピング」「ヤクルトpresents 1日1本 ちょースッキリ評議会」は休止しない。 短縮放送時はコーナーを入れ替えて通常とは違う時間帯に放送されることがある。 ネット局 [ ] 番組自体の放送が日曜日にあたることから、局主催のイベントやスポーツ中継(野球・サッカー・マラソンなど)、特別番組放送につき、本番組の前半または後半を、ないしは全編を休止することがある。 2016年以降は、毎年1月の第3日曜に(RCC) が制作する『』の中継を放送する関係でTBSラジオ以外は全局休止となる(ネット局によっては同大会を中継する局もある)。 この日は、TBSラジオローカルとして中継終了後の15:15開始に繰り下げた短縮放送となる。 17:00終了は通常通り。 全て毎週日曜の放送で、放送時間の早い順から記載。 現在 [ ] 放送対象地域 放送局名 放送期間 放送時間 備考 2008年4月6日 - 13:00 - 17:00 制作局 (rfc) 2011年4月10日 - 13:00 - 15:00 途中飛び降り (BSN) (MRO) (RSK) (SBC) 2013年4月7日 - ・ (NBC) 2014年4月6日 - (SBS) 2015年4月5日 - (TBC) 2015年10月4日 - (RNB) 2016年10月2日 - (FBC) 2017年4月2日 - (YBS) (wbs) 2017年4月9日 - (OBS) 2017年4月23日 - (YBC) 2018年10月7日 - (CRK) 2019年4月7日 - (MRT) 2019年10月6日 - (MBC) 2020年4月5日 - 過去 [ ] 放送対象地域 放送局 放送期間 放送時間 (HBC) 2012年10月7日 - 2013年3月17日 13:00 - 15:00 (RKB) 2015年8月2日 - 2017年 単発 [ ] 放送対象地域 放送局 放送期間 放送時間 備考 中国放送(RCC) 2017年2月19日 13:00 - 15:00 (RKK) 2017年3月5日 15:00 - 16:00 を参照 脚注 [ ] []• TBSラジオ 2019年10月13日. 2019年10月14日閲覧。 2020年6月1日. 2020年6月3日閲覧。 公式サイトの「放送ログ」では「3組目のピンチヒッター」とされている。 「ドドくんもインフルエンザのため」「あなたとやりとりドミンゴドミンゴ」を休止して行われた「サンデー芸人ランキング」拡大版の「ナビ芸ター」としてのみ出演した。

次の