ハスター 衣装。 第五人格についてです。占い師=ハスター信者、というのはよく見るし、そ...

【トラハ】おすすめ課金パック

ハスター 衣装

第五人格の黄衣の王ハスターの特徴と能力 第五人格の黄衣の王ハスターは、そのモデルが蛸(タコ)です。 つまり、第五人格の黄衣の王ハスターはそのたくさんある手足の触手を自由につかって、サバイバーへ攻撃するのですがその能力スキルがとて強力です。 具体的には、黄衣の王ハスターは自分でタコ足触手をはやしてサバイバーに遠隔攻撃することができます。 例えば、存在感レベル1状態ではスキルボタンを長押しタップすると、黄衣の王ハスターがはやしたタコ足触手を使って視界に見えている範囲のサバイバーに攻撃ができます。 そして、存在感レベル2になると、黄衣の王ハスターから遠くに逃げているサバイバーに対してでもその近くにタコ足触手をはやして攻撃することが可能です。 黄衣の王ハスターが遠くにサバイバーを発見したときは、サバイバーから反撃をくらって怯んでいる時に逃げられたとしても、そのサバイバーの逃げる先にタコ足触手をはやして本体と挟み撃ちするとこによって、一瞬でダブルアタックをすることもできます。 さらに存在感レベル3になると、黄衣の王ハスターが生やしたタコ足触手が意思をもって、その近くを通りかかったサバイバーの進行方向を先読みして自動攻撃してくれることもできます。 存在感レベル3になれば、黄衣の王ハスターのタコ足触手でサバイバーを包囲しつつ、自動攻撃の意思も付加されるのでとても強力なハンターと化します。 ただし、黄衣の王ハスターがサバイバーを捕まえてロケットチェアに縛り付けてから、その近くにタコ足触手を生やした場合はそのタコ足触手の存在持続時間が少し短くなります。 さらに強力な黄衣の王ハスターの外在特質 黄衣の王ハスターは、「恐怖の形」という外在特質を持ち合わせており、この効果がカナリ強力です。 黄衣の王ハスターは、サバイバーが自分の近くに一定時間いると自動でタコ足触手を生やします。 さらに、黄衣の王ハスターがサバイバーを攻撃したり、ダウンさせたり、拘束するとこれもまた自動でタコ足触手が生えて来ます。 黄衣の王ハスターのこの能力ヤバすぎないでしょうか。 ハンター側の自分の意思でタコ足触手を生やす以外にサバイバーにダメージ等を与えたり、何らかのアクションを仕掛けると自動でタコ足触手が発生するのは恐ろしい能力です。 さらに、これらの自動で生えてきたタコ足触手も、黄衣の王ハスターは遠隔攻撃の指令を出すことも可能です。 また、これらのタコ足触手も黄衣の王ハスターはの存在感レベルが3になれば、自動で生えたタコ足触手がサバイバーを見つけると自動攻撃するという超強力スキルとなります。 さらに、黄衣の王ハスターは通常攻撃のリーチが長いため、少し気持ち遠いサバイバーに対しても攻撃がヒットすることがあります。 そのかわり、黄衣の王ハスターの移動速度はやや遅めでありますが、タコ足触手でサバイバーを挟み撃ちも可能なため強力なハンターといえるのではないでしょうか。 黄衣の王ハスターの立ち回り 黄衣の王ハスターは、自由に遠隔操作可能なタコ足触手を使ったりサバイバーに自動攻撃を放ったりという強力な攻撃ができるスキルをもっています。 ここで黄衣の王ハスターの上手な使い方として、窓枠や板などの近くにタコ足触手セットしていく方法があります。 これによって、黄衣の王ハスターがサバイバーとチェイスしているときに、サバイバーが逃げる先の窓や板にタコ足触手を生やせば、サバイバーが乗り越えて一時的に操作ができない短時間のスキを触手を使って攻撃することができます。 つまり、その他にもオトリの触手を生やしてサバイバーを罠にハメるという頭脳プレイもできますね。 また、黄衣の王ハスターがサバイバーを捕まえてロケットチェアに高速しているときも、その近くにタコ足触手を複数生やすことによって抑止力効果が働きます。 第五人格の新ハンター黄衣の王ハスターは、けっこう強力なキャラクターではないでしょうか。

次の

第五人格の黄衣の王ハスターが強すぎる!立ち回りについて

ハスター 衣装

第五人格の黄衣の王ハスターの特徴と能力 第五人格の黄衣の王ハスターは、そのモデルが蛸(タコ)です。 つまり、第五人格の黄衣の王ハスターはそのたくさんある手足の触手を自由につかって、サバイバーへ攻撃するのですがその能力スキルがとて強力です。 具体的には、黄衣の王ハスターは自分でタコ足触手をはやしてサバイバーに遠隔攻撃することができます。 例えば、存在感レベル1状態ではスキルボタンを長押しタップすると、黄衣の王ハスターがはやしたタコ足触手を使って視界に見えている範囲のサバイバーに攻撃ができます。 そして、存在感レベル2になると、黄衣の王ハスターから遠くに逃げているサバイバーに対してでもその近くにタコ足触手をはやして攻撃することが可能です。 黄衣の王ハスターが遠くにサバイバーを発見したときは、サバイバーから反撃をくらって怯んでいる時に逃げられたとしても、そのサバイバーの逃げる先にタコ足触手をはやして本体と挟み撃ちするとこによって、一瞬でダブルアタックをすることもできます。 さらに存在感レベル3になると、黄衣の王ハスターが生やしたタコ足触手が意思をもって、その近くを通りかかったサバイバーの進行方向を先読みして自動攻撃してくれることもできます。 存在感レベル3になれば、黄衣の王ハスターのタコ足触手でサバイバーを包囲しつつ、自動攻撃の意思も付加されるのでとても強力なハンターと化します。 ただし、黄衣の王ハスターがサバイバーを捕まえてロケットチェアに縛り付けてから、その近くにタコ足触手を生やした場合はそのタコ足触手の存在持続時間が少し短くなります。 さらに強力な黄衣の王ハスターの外在特質 黄衣の王ハスターは、「恐怖の形」という外在特質を持ち合わせており、この効果がカナリ強力です。 黄衣の王ハスターは、サバイバーが自分の近くに一定時間いると自動でタコ足触手を生やします。 さらに、黄衣の王ハスターがサバイバーを攻撃したり、ダウンさせたり、拘束するとこれもまた自動でタコ足触手が生えて来ます。 黄衣の王ハスターのこの能力ヤバすぎないでしょうか。 ハンター側の自分の意思でタコ足触手を生やす以外にサバイバーにダメージ等を与えたり、何らかのアクションを仕掛けると自動でタコ足触手が発生するのは恐ろしい能力です。 さらに、これらの自動で生えてきたタコ足触手も、黄衣の王ハスターは遠隔攻撃の指令を出すことも可能です。 また、これらのタコ足触手も黄衣の王ハスターはの存在感レベルが3になれば、自動で生えたタコ足触手がサバイバーを見つけると自動攻撃するという超強力スキルとなります。 さらに、黄衣の王ハスターは通常攻撃のリーチが長いため、少し気持ち遠いサバイバーに対しても攻撃がヒットすることがあります。 そのかわり、黄衣の王ハスターの移動速度はやや遅めでありますが、タコ足触手でサバイバーを挟み撃ちも可能なため強力なハンターといえるのではないでしょうか。 黄衣の王ハスターの立ち回り 黄衣の王ハスターは、自由に遠隔操作可能なタコ足触手を使ったりサバイバーに自動攻撃を放ったりという強力な攻撃ができるスキルをもっています。 ここで黄衣の王ハスターの上手な使い方として、窓枠や板などの近くにタコ足触手セットしていく方法があります。 これによって、黄衣の王ハスターがサバイバーとチェイスしているときに、サバイバーが逃げる先の窓や板にタコ足触手を生やせば、サバイバーが乗り越えて一時的に操作ができない短時間のスキを触手を使って攻撃することができます。 つまり、その他にもオトリの触手を生やしてサバイバーを罠にハメるという頭脳プレイもできますね。 また、黄衣の王ハスターがサバイバーを捕まえてロケットチェアに高速しているときも、その近くにタコ足触手を複数生やすことによって抑止力効果が働きます。 第五人格の新ハンター黄衣の王ハスターは、けっこう強力なキャラクターではないでしょうか。

次の

第五人格|黄衣の王(タコ)

ハスター 衣装

傲慢ノーワン速度アップ型 1スキを解放しやすくするための傲慢と通常攻撃が長いメリットを生かしたノーワンと足の遅さをカバーする獲物を追うに振った型です。 まずタコはいかに早く1スキを解放できるかが重要です。 1スキを解放することによって好きな場所に触手を生やすことができるようになります。 なので傲慢スキルを取ることで、本来はサバイバーを攻撃しないとたまらない存在感を1スキ解放まで自動で溜めることができます。 そして安定の引き留めるスキル。 ゲートが開くと攻撃がワンパンになるスキルです。 ノーワンと呼ばれています。 特にタコの場合は通常攻撃のリーチが他のハンターより長いので相性がいいです。 地面から生えた触手にはノーワンはのりません そして残りは獲物を追うスキルに振ります。 タコはハンターの中で1番足が遅いです。 なのでそれを少しでも補います。 さらに獲物を追うスキルを取るメリットとして、最初にも少し触れましたがタコの外在特質に注目します。 サバイバーがタコの警戒範囲に長く留まり過ぎると触手が生えてきます。 これを利用するために足を早くしてサバイバーの警戒範囲内にずっと居続けるようにします。 そして触手が生えたら触手に攻撃司令を出してサバイバーを攻撃してもらいます。 獲物を追うスキルに振ると耳鳴りも取ることができます。 耳鳴りはハンターの36メートル以内にサバイバーがいる時 左上に耳のアイコンが表示されます。 足が遅いため索敵が苦手なタコにとってありがたいスキルです。 傲慢ノーワン狂犬型 先程のスキルを獲物を追うではなく狂犬に振った型です。 狂犬スキルはサバイバーの足跡が消えるのを1〜2秒遅らせることができます。 ノーワンと相性がいいです。 キャンプより傲慢ノーワン型 傲慢とノーワンはそのままにキャンプよりの動きをするためのスキル振りです。 タコは足が遅いので1人拘束した後次のサバイバーを探しに行くという動きよりかは、1人ずつ確実に落としていくキャンプより戦い方の方が強いかなと感じます。 なのでそれを手助けしてくれるコントロールに振ります。 1人が飛びきるまでキャンプしないとしてもロケットチェアに拘束した時のゲージが半分を越えるまではそばにいた方がいいです。 半分を超えない前に救助されると次拘束した時にゲージが半分からスタートしてしまいます。 こうなるとまた救助されてしまう可能性があるんですね。 半分を超えていれば救助された後また拘束すれば即飛びます。 傲慢ノーワン災厄型 これは先程のキャンプよりとはうってかわって1人拘束した後他サバイバーをガンガン探しに行く型です。 災厄の一撃というスキルはサバイバーを拘束しているかつその拘束したロケットチェアからハンターが18メートル以上離れている時にハンターの目が黄色くなります。 通常攻撃長いタコを生かしたスキル振りです。 おすすめスキル 内在人格 まとめ いかがでしたでしょうか? 強い強いと騒がれているタコもスキル振りによって動きがかなり変わります。

次の