ドラマ m。 M愛すべき人のドラマ面白い?感想まとめ「ツッコミどころ多いけどなんか新しい感情湧き上がる」

ドラマ『M』三浦翔平のマックス・マサに「松浦会長を美化しすぎ」…ドS合コン問題が再燃

ドラマ m

ドラマ『M 愛すべき人がいて』放送再開記念リモート記者会見を開催(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc. テレビ朝日・ABEMA共同制作ドラマ『M 愛すべき人がいて』。 13日から土曜ナイトドラマ枠(毎週土曜 後11:15〜深0:05/ABEMA 毎週土曜 深0:05頃より配信開始)での放送再開を記念して、このほどリモート会見が行われた。 スタジオには、安斉かれん、、、、そして脚本を手掛ける氏が登壇。 アナウンサーの司会で、放送再開にかける意気込みや、反響を受けての感想などを語った。 平成の歌姫が誕生するまでと、そこに秘められた出会いと別れを描いた同名小説(著:小松成美/幻冬舎)を原作に、鈴木氏の手でドラマならではの彩りとオリジナル要素をプラスした本作。 撮影が中断した影響で延期となっていた第4話が13日に放送される。 明月堂は「『M愛すべき人がいて』、放送再開おめでとうございます。 アユの地元・福岡から応援しています。 ありがとうございます」と、ドラマ効果で売上アップを報告。 田中のもとにも商品がたくさん届いたそうで、自宅待機中「誰に見せるわけでもないのに、目に当ててみたりしていました」と明かしていた。 周りからの反響について、安斉は「ドラマを見ながらインスタライブをしてくださる方がたくさんいて…すごくうれしいです! 地元の友だちもリモートしながら見てくれているんですが…みんながツッコんでくれて、ありがたいです」と笑った。 現場の様子について、三浦が「安斉さんがいると明るくなります」と答えると、白濱も「今はマジメぶってるけど…(笑)、にぎやかですね」と同意。 すると、すかさず田中が「『すご』『マジ』『ヤバ』って、2文字以上発しているところを見たことがないんです。 それがみんなに移っていて、最近は三浦さんも『ヤバ』って(笑)」と若者言葉が流行していると暴露。 これに、安斉が「ヤバイっす(笑)」と反応して笑わせた。 また、質問にはにかみながら答える安斉に、礼香になりきった田中が「何ヘラヘラしゃべってるの! さっきから語尾が聞こえないのよ!」、三浦がマサ風に「ヘラヘラすんな!」とツッコむなど、チームワーク抜群の掛け合いを見せていた。 撮影が再開され、「やはり従来の方法と同じようには撮影できないので大変な部分もあります」と明かした三浦だが、「ちょっと期間が空いた中でいろいろ思い返したり、新しいアイデアが生まれたり…ということもあったので、スピード感をもって内容濃く撮影できています。 みんなそれぞれにパワーアップしていますよ! トップギアのさらに一個上をいっています」とやる気満々。 中断している間に、「SNSの評判なども参考にして…欲が出てきた(笑)」と、鈴木氏が台本を大幅に修正したため、「せりふが1話分くらい増えていました(笑)」と三浦。 衝撃的なせりふも大増量。 「私のセリフもスゴくなっていました(笑)! 」という安斉が「これホントに言うんですか?」と驚いたシーンが、第4話にあるとのことだ。 アユ、マサ、礼香が集合する第6話の撮影中には、笑いが止まらなくなった安斉が本番中にも関わらず三浦の後ろに隠れてしまうという事態もぼっ発。 まだどんなシーンなのか詳細は秘密とのことだが、安斉が「ホントに伝説のシーンです(笑)!」と力説し、三浦からは「礼香祭りです(笑)」、白濱からは「あれを真面目に演じられる田中みな実さんがスゴい」と、さらなる礼香の暴走を匂わせた。 これを受け、田中も「本当に伝説のシーンです。 いろいろてんこ盛りで、おなかいっぱいです(笑)」と苦笑していた。 過去にマサと何があったのかを振り返るシーンがありますし、礼香の家族も登場します。 お父さん、お母さんはどんな人たちなのか、どんな人たちが礼香を生んだのかという点にも注目していただきたいです。 あと、礼香もひとりではどうにもならないとわかってきて、いろんな人と結託し始めます。 流川さんに色仕掛けをして、彼に火をつけますから、そのあたりもぜひ注目してください!」と、アピール。 今後、礼香と流川のキスシーンがあるそうで、田中は「今回、ロマンチックな場面はひとつもないんですよ。 流川さんみたいなイケメンとキスをさせていただいているのに全然ドキドキがなくて、むしろ怖い! 基本、拒まれています(笑)」と笑いながらボヤいたが、白濱は「僕、食べられているのかなと思いました(笑)。 狂気的でした!」と話していた。 有り余る時間と、それを放置すると不安の渦にまかれてしまいそうな日々。 かくして、昨今の私の楽しみといえば、NHK の『麒麟が来る』とこの『M 愛すべき人がいて』という二大歴史ドラマとなりました。 その『麒麟が来る』の中断とともに、『M』の再開ときて、私の生きる気力は繋がれました。 ありがとう、『M』。 【古市憲寿】放送再開おめでとうございます。 『M』のドラマ化を聞いた瞬間、正直とても不安でした。 時代を築き上げた輝かしい歌姫の物語。 その映像化が本当に成功するのか、と。 第一話の予告編を観た時も、暗澹(あんたん)たる気持ちになりました。 「これはテレ朝さん、やらかしちゃったんじゃないの」と。 しかし、杞憂(きゆう)でした。 そこには現実の1990 年代とは全く別の世界線で輝く、アユとマサがいたからです。 『M』の中にいるアユとマサも、この世界にいるアユとマサも、どうか幸せになって欲しいと心から願っています。 【塙宣之(ナイツ)】一流の役者さんが作り出す緊張感から生み出される独特の雰囲気がこのドラマの魅力です。 芸人がやると完全にお笑いになりそうな場面を役者さんがやるから画になるんですよね。 待ちに待った再開、うれしいです。 『M』が好き過ぎてYouTube にパロディドラマまで作ってしまいました。 待ちきれなくて、そっちは先に最終回を迎えてしまいました。 本家のこの先の展開がめちゃくちゃ楽しみです。 【りんごちゃん】この度は『M 愛すべき人がいて』放送再開おめでとうございます。 このドラマ、そして「アユ」が大好きな私はこの日を心待ちにしておりました。 この後、どんな展開が待ちうけているのかと考えるだけでドキドキ、ワクワクがとまりません。 とにかくとにかく楽しみにしております。

次の

M愛すべき人がいてドラマのキャスト相関図!田中みな実が超嫌な女役?

ドラマ m

「」より 4月18日のスタート早々、ネット上をザワつかせている土曜ナイトドラマ『 M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)。 ノンフィクション作家の小松成美氏が2019年8月に幻冬舎から出版した同名の小説が原作となっており、主人公のアユ役を安斉かれんが、レコード会社「A VICTORY」の専務・マサ役を 三浦翔平が演じている。 小説では、浜崎あゆみとエイベックス創業者の松浦勝人会長の関係が「事実に基づくフィクション」として赤裸々に記載されており、ドラマ版でも「アユ」は浜崎、「マサ」は松浦会長であることが明白だ。 そして、演技初挑戦の安斉と三浦のダブル主演という形が取られている。 「鈴木おさむのケレン味あふれる脚本が初回から賛否両論を呼んでおり、安斉の演技に酷評が相次ぐ一方で、マサの秘書を演じる田中みな実には絶賛の声が続出するなど、いろいろな意味で話題を集めています。 原作の小説でもフィクションとなっている上、ドラマ版はさらに虚実入り乱れた内容になっていますね。 そのため、このドラマにリアリティを追求するのはヤボ。 一種のファンタジーとして、鈴木おさむワールドに身を委ねるのが正しい見方でしょう。 奇しくも、新型コロナウイルスの感染拡大による撮影スケジュールの遅れで、4月クールのドラマは軒並み放送延期の憂き目に遭っています。 しかも、その多くが、木村拓哉、織田裕二、篠原涼子、堺雅人などの大物が主演する人気作の続編でした。 背景には、今夏は東京オリンピックが開催されるはずだったので、各局とも肝煎りの作品は夏を避けて春に集中させた事情があると言われています。 しかし、五輪は延期され、ドラマ自体も全話完遂が危ぶまれる状況に直面しています。 そんな暗いムードが漂うドラマ界の中で、『M』は一筋の光明といっても過言ではないでしょう。 過去のドラマの再放送ばかりの中で数少ない新作ということもあり、注目度が高まっています」(テレビ局関係者) 視聴者から「ツッコミどころ満載」「どこまで本当なの?」と戸惑いの声も聞かれる中で、アユを見いだすカリスマプロデューサーを演じる三浦に対しては「カッコよすぎる」「イケメンの無駄遣い」といった声が上がっているという。 一方、三浦といえば180cmを超える長身にジャニーズ顔負けの美形で知られる人気俳優です。 そのため、キャスティングが発表された段階から『無理ない?』『さすがに美化しすぎ』『えっ、これ誰がモデルだっけ?』といった声が上がっていました」(週刊誌記者) 第1話では、六本木のディスコ「ベルファイン」で次のスターを探すマサに、部下の流川翔がアユを含めた数人の女の子を連れてくる。 流川はひとりずつマサの前で自己紹介をさせるが、マサが「違うなぁ」とだけ言ってバッサリ切り捨てるシーンがあった。 そんな傲慢な姿勢のマサに、アユが「神様ですか!」と反発し、その態度が気に入ったマサは唯一、携帯電話の番号を教える……。 この展開に、一部ネット上がザワついているという。

次の

ドラマ『M』三浦翔平のマックス・マサに「松浦会長を美化しすぎ」…ドS合コン問題が再燃

ドラマ m

過剰なまでの「人間の醜さ」 テレビ朝日のドラマ『M 愛すべき人がいて』(土曜午後11時15分、9日は特別編)のSNS上の評価が割れている。 おそらく特異な作風のせいだろう。 このドラマは一種の時代劇と捉えるべきなのかも知れない。 1990年代の音楽業界の一部分を切り取り、デフォルメした時代劇。 そう考えると、このドラマが苦手な人も違和感が和らぐ気がする。 原作は、浜崎あゆみ(41)のサクセスストーリーを題材にした同名ノンフィクション小説(小松成美著・幻冬舎文庫刊)。 ドラマではトップスターを目指す少女・アユ(安斉かれん、20)が、レコード会社専務のマサ(三浦翔平、31)と二人三脚で、夢の実現をはたすまでが描かれる。 このドラマは大映テレビ作品との共通点を見出す声も多い。 事実、オーバーな演技や臭いセリフ、人間の醜さを過剰なまでに描くところなどが、大映テレビ作品と酷似している。 大映テレビとは、かつて存在した映画会社・大映のテレビ番組制作部門が独立し、1971年に設立された会社。 過去には『スチュワーデス物語』(TBS、1983年)、『不良少女とよばれて』(同、84年)、『ヤヌスの鏡』(フジテレビ、85年)などのヒット作を生んだ。 作品は前述の特徴を共有している。 『M』と大映テレビ作品に共通の臭いがするのは当然だ。 『M』の脚本を書いた鈴木おさむ氏(48)自身、大映テレビ作品を意識しているのだから。 鈴木氏は『M』の開始前、次のように語っていた。 「原作に大映ドラマのような衝撃なキャラクターも登場するオリジナリティーも足して、新たなシンデレラストーリードラマとしてお届け出来ると信じております」(『M』のホームページより) 『M』は大映テレビ作品へのオマージュなのだろう。 具体的な酷似点を挙げ始めたらキリがない。 例えば、主人公で未来のトップスター・アユ(安斉かれん)の大好きな祖母・幸子(市毛良枝、69)が、第3話で不意に病死してしまう。 主人公にとって大切な人を惜しげもなく死なせるのは大映テレビ作品の方程式の1つである。 部員たちの溜まり場だった中華料理店「新楽」のマスター・大三郎(故・梅宮辰夫さん)もヤクザに刺されて死んでしまう。 物語を盛り上げるためなら、容赦ないのだ。

次の