美空ひばり あれから 歌詞。 AIで美空ひばりの新曲誕生!発売日は?NHK紅白出演も?

AI 美空ひばりがNHK紅白に40年ぶり出場 新曲「あれから」の動画に感動!

美空ひばり あれから 歌詞

AI(人工知能)によって歌声を蘇らせた世界初の試みとして話題になっている30年ぶりのの新曲「あれから」 のミュージック ビデオ映像が完成し 、元旦0時より公開された。 平成元年に美空ひばりが亡くなってからの30年間を、日本や世界で起こった出来事とともに振り返る内容となっている。 美空ひばりのセリフの パートでは、2019年大晦日の紅白歌合戦で使用された3D美空ひばりの映像も使用されている。 MVは1989年(平成元年)に天皇陛下が崩御され元号が「平成」に変わる様子から始まり、バブル崩壊とソ連崩壊(1991年)、阪神淡路大震災(1995年)、たまごっち(1996年)、ミレニアムカウントダウン(2000年)、9. 11米同時多発テロ(2001年)、リーマンショック(2008年)、オバマ就任(2009年)、東日本大震災(2011年)、東京スカイツリー開業(2012年)、トランプ大統領就任(2017年)、最後の築地市場(2018年)等々、懐かしい出来事からまだ記憶に新しい映像まで様々な様子が時系列で描かれている。 平成初期にフジテレビで放送されていた深夜番組「19xx」を彷彿させるようなMV。 平成時代の世界と日本の映像が満載で、美空ひばりの歌声と『あれから』の歌詞にマッチしており見ごたえ十分。 新曲「あれから」は、NHKのドキュメンタリー番組内の企画から生まれた楽曲で、作詞とプロデュースを秋元康氏が担当。 最新のAI技術によって、美空ひばりの声を現代によみがえらせ、 AI美空ひばりの新曲が誕生した。 番組放送後には大きな反響を呼び、多くのファンからのCD化の要望を受け、CDリリースも決定。 2019年12月18日にリリースされた新曲「あれから」は 、1989(平成元年1月に発売された美空ひばりの生前最後のシングル「川の流れのように」以来 30 年ぶりの新曲。 2019年大晦日に放送されたNHK 紅白歌合戦でAI美空 ひばりとして 40年ぶりにその歌声を響かせ大きな話題となった。 また、美空ひばりと親交があり、同じ1989 年(平成元年)に国民栄誉賞を受賞した横綱・千代の富士の引退の様子も描かれている。 MVの最後に紹介される「又逢える日を楽しみに私もがんばります」という美空ひばり直筆の文章は1987年(昭和62年)に入院していたひばりをお見舞いに訪れた千代の富士へのお礼の手紙から取られたもの。 「あれから」の曲中では美空ひばりの「セリフ」もAI技術によって忠実に声が再現されているが、セリフ部分の映像では2019年末の紅白歌合戦で使用された 3D 美空ひばりの映像もいち早く見ることができる。

次の

あれから(AI美空ひばりの新曲)の歌詞や発売日!リアルな歌声に感動の声!

美空ひばり あれから 歌詞

才野慶二郎さん(写真左)と、大道竜之介さん(写真右) 大道さんと才野さんは、「ヤマハの研究開発統括部に属する研究者であり、 今回のプロジェクトでは 大道さんが歌声合成、 才野さんが話声の合成を主に担当したそうです。 大道竜之介さんと才野慶二郎さんは、深層学習(ディープラ-ニング)技術を活用した歌声合成ソフトウエア「VOCALOID:AI(ボーカロイド:エーアイ)」を開発した方であります。 今回、大道竜之介さんは、 AI美空ひばりとして新曲を歌唱し、 「もっと人を熱狂させられるものができるんじゃないか?」 「人の心を揺さぶらせることができるのか?」 という試みに挑んだそうです。 ヤマハの「合成音声」技術は世界トップクラス! ちなみに、ヤマハは 「初音ミク」など音声合成システム「VOCALOID」を開発した会社として有名であり ボーカロイドの開発者で、 「ボーカロイドの父」とも呼ばれる剣持秀紀氏もヤマハの社員です。 「AI美空ひばり」の振り付けを担当した天童よしみさん ほかにも、「AI美空ひばり」をよみがえらせようと、美空ひばりさんにゆかりのある豪華メンバーが揃いました。 美空ひばりさんだったら、 新曲「あれから」で、こうやって歌うのでは? 新曲なので、過去この歌で歌った美空ひばりさんの「振り付け映像」はありません。 そこで抜擢されたのは、 幼いころからひばりさんを大尊敬し、 ひばりさんのような歌手になりたい! …という一心で今日まで歌手として活躍されてきました 天童よしみさんです。 天童さんと、美空ひばりさんのご縁は長く、 天童さんが小学2年生の頃、 大阪の新歌舞伎座では子役の募集をされていまして、そこで雲の上のような存在だったひばりさんに出会うことができたそうです。 その時美空ひばりさんは優しく接してくださり 「頑張んなさいね」 と幼い頃の天堂さんに優しく声をかけてくださったそうです。 純白のドレスのような衣装ですよね、実際この衣装を美空ひばりさんが着たとしたら? 凛とした鮮烈な印象の残る衣装だとわたしもそう思いました。 他にも、よみがえるひばりさんがどんな髪型で現れるのだろうか? と、言うことでひばりさんのヘアメイクを25年も担当していた白石文江さんも参加してくださいました。 今回は、ひばりさんに背格好が似た人に、新曲を歌うひばりさんをイメージして髪型を作り、それを元にCGに落とし込んでいったそうです。 すごい、何から何まで妥協を許さない作り込みですよね~。 最新のAI技術で「美空ひばり」が紅白で、復活! そして、9月29日に放送されたテレビ番組 「NHKスペシャル AIでよみがえる美空ひばり」を放送してから2ヶ月後の11月14日には、 ディープラーニング技術を活用して再現した故・美空ひばりさんのステージで 2019年の紅白歌合戦に出場が決まりました! 美空ひばりが紅白で、復活! ~最新のAI技術で不死鳥・美空ひばりがよみがえります~ 美空ひばりさんが亡くなって30年…。 NHKは、世界で初めて壮大な夢の実現に挑戦しました。 AI(人工知能)で、国民的歌手・美空ひばりをよみがえらせたのです。 そして、「夢を歌おう」をテーマに掲げた最終年の今年、 第70回NHK紅白歌合戦に、「美空ひばり」が、帰ってきます。 歌うのは、秋元康氏が作詞・プロデュースした新曲「あれから」。 多くの国民が待ち望んでいた、その歌声、その姿が、NHKホールで復活します。 あなたのことをずっと見ていましたよ。 頑張りましたね。 さあ 私の分まで、まだまだ、頑張って」 なぜだか 涙が止まらない 心がただ震えています あれから どうしていましたか? 私も歳を取りました 今でも 昔の歌を 気づくと 口ずさんでいます 振り向けば幸せな時代でしたね この歌詞を読みながら「あれから」を聴いたわたしは、.

次の

あれから

美空ひばり あれから 歌詞

美空ひばりのAIで新曲「あれから」にたくさんの方が涙した。 4K・3Dホログラム映像で等身大のAI美空ひばりが出現して新曲「あれから」を歌うという。 表情もきめ細かな動きをして、まるで生きているようでした。 【「お久しぶりです」】 AIの美空ひばりさん、ご挨拶です。 いまだに「AIでしょう~」と思ってしまったのですが、予告動画を見たらね…。 その歌声は、あなたの目と耳で確かめてください。 ご年輩の方を多く見かけましたが、泣いていた方が多数いたことです。 その中には、歌手の天童よしみさんらも参加されていて、涙を流していました。 30年ぶりの再会という歓喜あふれる光景でした。 AIから蘇った美空ひばりさんの歌声。 — ミレイ📮 kkr301 今「AIでよみがえる美空ひばり」という番組やってて、まぎれもなく美空ひばりの歌う「レット・イット・ゴー~ありのままで~」というものすごい代物が流れて、ここはゼロワンの世界かよ (耳にヒューマギアのアレつけてステージによみがえる昭和の歌姫……) — クロ waraihanasi NHKの特集でAIで美空ひばりを蘇らせる特集やってた そこで使われた技術は我らがVOCALOID こういう命を吹き込む事にも応用できるのって素晴らしいことだと思う。 — ただの ミク廃 Hmiku831 美空ひばりの新曲「あれから」は誰が作ったの? 今回のAI美空ひばりの新曲「あれから」をプロデュースした秋元康さんは、以前、「川の流れのように」を手がけた方です。 とても美空ひばりさんらしい曲と思います。 また、今回、新曲の作詞は秋元康さん、振り付けに歌手の天童よしみさん、衣装デザインはファッション デザイナーの森英恵さんが担当したという。 美空ひばりがAIでよみがえる、という番組をNHKでしてたけど本当にすごい。 当時は存在もしなかった新曲を歌声も映像もAIが完全再現。 音楽業界の未来は明るいと思うし、色々叩かれてるけどNHKのこういう企画はほんと素晴らしい。 人工知能AIは人々の心を揺さぶる感動を生むことが可能なのか? 歌謡史の新たな扉が開かれる。 この世を去って30年が経った昭和の歌姫、美空ひばり、NHK・レコード会社に残している過去の膨大な貴重な映像・音源を解析しながら歌唱中の目・口などの細かい動きを抽出し、国内最高レベルの技術者がAIを開発し、現代に美空ひばりをよみがえらせた。 新しい年号となる令和の時代に現れるAI美空ひばりが熱唱するのは、これまでにはなかった曲調の新曲。 AIによって、歌声や表現力は再現がどこまでできるのか? 1年間をかけて作り上げたAI技術でしたが、そこには、沢山の方が関わっていました。 全てがとても大変苦労して作り上げていたと思いますが、特に苦労していたのは、新曲「あれから」の音源だったと思います。 AIに今までの美空ひばりの音源を学習させて作ったのですが、音程は合うのですが、単純な感じの音になり、人間味が出せずという状況でした。 しかし、美空ひばりの持つ声の秘密にたどり着いたのです。 1つは、 高次倍音で、もう1つは、 音程をずらしているということです。 高次倍音とは簡単にいうと2つの音を同時に出す、 モンゴルのホーミーと同じです。 ただ、美空ひばりは、ポイントのみで高次倍音を使い分けるという高等テクニック。 さらに微妙に音程をずらすことで人に感動を与える声になっているという、誰にも真似できない声の持ち主だった。 確かに聞いていると、聞き入ってしまう、歌声と思います。 7色の歌声を持つ4オクターブ…、いや、それ以上に聞こえるのは、一人で二つの声が出せるという声の持ち主だったからと思います。 今回のAI美空ひばりの「あれから」を歌ったのには賛否両論はあったものの、AIは感動を与えることができたのだと思います。 今までも世界でテレサ・テン、マリア・カラスといった方々のAIで映像を作ってきたということです。 間違ってもフェイク動画のようなものは、作らないでほしいです。 AIは人を感動させられることが出来る技術がありますので、今回のような美空ひばりの「あれから」のような人々が感動する良いものに役立ててほしいです。

次の