その他 の システム データ。 容量不足?iPhone ストレージから「その他」を削除する方法まとめ

その他のシステムデータが40G以上あっ…

その他 の システム データ

iPhone 容量 その他 そこで、このページではiPhone iOS 11 メールを削除する方法を紹介します。 いずれも実用的な小技なので、今使わなくても頭にいれておきましょう。 iPhone 容量 その他について iOS 11以降でiPhoneから「設定」「一般」「iPhone ストレージ」と進み、あるいはiTunes経由してiPhone 容量を確認する時、写真、App、メディア、メールなどがそれぞれ占める容量が表示され、その中には、「その他」という項目が見られます。 iPhone 容量 その他というのは、iOSやアプリが一時的に使用したキャッシュファイルや設定ファイル、そのほかのシステムデータなど、ユーザーが使用していない不要なデータであることがほとんどです。 「その他」データの標準サイズはおよそ3~4GBで、それ以上の場合は、「その他」データを削除することでiPhone 容量を劇的に減らすことが期待できます。 iPhone ストレージを確認 iPhone 容量 その他を削除 そして、どのようにして「その他」データを削除するといえば、iPhoneをiTunesにバックアップし、デバイスをリセット(初期化)して、またiTunesバックアップからiPhone データを復元するという順に行われます。 一、iPhoneをiTunesにバックアップする iPhone 容量 その他を削除するには、デバイスを初期化する必要があるので、データをまずバックアップするのがオススメです。 iPhoneをiTunesにバックアップする時、暗号化バックアップは保存したパスワード、Webサイトの履歴、LINEのトーク履歴、Wi-Fi設定、ヘルスケアデータなどもバックアップできるので、ここでは主にiPhone iTunes 暗号化バックアップする方法をご紹介します。 パソコンに最新バージョンのiTunesがインストールされていることをご確認ください。 iTunesを起動します。 USBケーブルを経由して、お使いのiPhoneデバイスをパソコンに接続します。 インターフェースの左上にiPhoneのアイコンが表示されたら、それをクリックします。 「概要」をクリックして、「バックアップ」セクションから、「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れます。 下図の示しているように、パスワードを作成します。 パスワードを確認して入力後、バックアップが始まり、以前のバックアップファイルが上書きされ、暗号化されます。

次の

【iPhone】ストレージの「その他」とは?削除しても大丈夫?

その他 の システム データ

要約: iPhoneを長く使うと、「その他」データがいっぱいになってストレージを圧迫したことがよく発生しますから、どのように削除して容量を増やせますか?この記事はiPhoneストレージの「その他」を削除する方法を3つまとめて紹介しますから、参考にしてください。 iPhoneを使用していると、様々なアプリをインストールしたり、写真や音楽をたくさん保存したりして、つい容量を圧迫して空きストレージが不足になりました。 iPhoneやiTunesで容量をチェックすると、写真や動画の他に、「その他」データが溜まってiPhoneストレージを圧迫しています。 その場合に、どのようにその他データを削除して空き容量を増やしますか?従って、今回の記事では、iPhoneストレージ「その他」を削除する方法を3つまとめてご紹介します。 iPhoneストレージの「その他」とは アップルの公式サイトより、「その他」データはシステムファイル、ソフトウェアアップデート、Siri の音声、キャッシュ済みのファイル、ログなど、その他すべてのデータの総合です。 なので、iPhoneを長く使うと、このようなiPhoneの中に見えないゴミが溜まっていきます。 そして、「その他」データの詳しい情報を確認したいなら、iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続した後、iTunesで をクリックして下部の黄色の帯で確認してください。 方法一: iPhone本体を再起動してストレージの「その他」を削除する iPhoneの「その他」を削除したいなら、最も手軽な方法はiPhone本体を再起動することです。 異なる機種で再起動する方法が違いますから、次の記事でiPhoneの再起動方法をまとめて紹介します: 方法二: iPhoneを初期化してストレージの「その他」を削除する iPhone「その他」を削除することについて、一番確実な方法は、iPhoneを初期化して復元することですから、ここで、具体的な操作手順をご紹介します。 Step 1: iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続 > iTunesを起動して をクリック > 「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れてパスワードを設定 > 「今すぐバックアップ」をクリックしてiPhoneをバックアップします。 iPhoneの「その他」を削除 追加Tip: iTunesバックアップからデータを個別に復元する方法 しかし、iTunesでデータを完全復元する際に、「その他」内の一部データも復元しましたから、ここで、iTunesバックアップからデータを個別に復元する方法を紹介したいです。 それは、iOSデバイス向け専用の復元ソフト-を利用してiTunesバックアップからデータを個別に復元します。 そして、このソフトは次のようなメリットやデメリットがあります: メリット: 1. iTunesバックアップ内のデータを17種類に分けれて、個別に復元することができる。 連絡先、メッセージ、通話履歴、写真など大切なデータだけをiPhoneに復元する際に、「その他」データを完全に削除できる。 バックアップ内のデータが展示されてプレビューできるので、復元したいデータだけを選択できる。 データをそのままにデバイスに復元して、アプリ内で再確認することができる。 デメリット: 1. 一時的にLINEやAppドキュメント、App画像のデータをデバイスにに復元することが支持していない。 iPhoneの設定を復元することもできない。 もし「その他」データを徹底的に削除したいなら、BackupNinjaでの復元をおすすめしますが、復元する際のデメリットも十分に注意してください。 とりあえず、次では、BackupNinjaでの復元方法を画像付きでご紹介します。 Step 1: iPhoneを初期化した後、USBケーブルでパソコンと接続 > BackupNinjaをダウンロードして起動 > ホーム画面の中の「復元」ボタンをクリックします。 iPhoneの「その他」を削除 簡単な操作でiTunesバックアップを復元できますから、初心者でもすぐに使えます。 それでは、さっそく体験しませんか。 方法三: iPhone内のアプリを整理してストレージの「その他」を削除する iPhoneを初期化して復元する方法は確実に「その他」を削除できますが、かなり時間がかかっています。 実は、インストールされている各アプリ内に溜まっている不要ファイルも「その他」に含まれているから、iPhoneで各アプリの使用容量を確認して整理することもおすすめします。 手順: お使いのiPhoneで「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」という順でタップして、各アプリのストレージ使用状況を確認します。 iPhoneの「その他」を削除 不自然に容量の多いアプリを削除して再インストールしたり、使っていないアプリをアンインストールしたりして、アプリごとのデータを消去して「その他」も削除できます。 だが、多くのアプリがあったら、一つずつでアプリを削除するのは面倒ですから、ここで、パソコンでiPhone上のアプリをまとめて管理できるソフト-をおすすめします。 そして、このソフトは次のようにメリットがあります: 1. 複数のアプリを選択して一括に削除することができる。 検索ボタンがあるので、アプリが多いでも迅速に探せる。 削除したアプリの再インストールも支持している。 数クリックでできるから、初心者やパソコンに苦手な方も使える。 なので、お使いのiPhoneでアプリストレージ使用状況を確認する際に、パソコンのAppSitterでアプリを削除や再インストールすることをおすすめします。 それでは、さっそく使ってみてください。 具体的な使用方法は以下の部分をご参考ください。 Step 1: パソコンでAppSitterをダウンロードして起動 > iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続します。 iPhoneの「その他」を削除 削除したアプリの再インストールは2つの方法があって、App管理の「このデバイスで購入済みApp」で、または、Appライブラリの「App Store」検索でアプリをライブラリにダウンロードした後再インストールすることもできます。 なので、もしiPhone内のアプリを整理して「その他」を削除したいなら、今すぐパソコンでアプリをまとめて管理しましょう! 最後に 以上はiPhoneストレージの「その他」を削除する3つの方法です。 どうでしょうか?もし「その他」データがiPhoneの容量を圧迫しているので、削除したいなら、ぜひ上記の方法を利用してみてください。 最後まで読んでありがとうございました。 この記事がお役に立ったら、シェアしてくれると嬉しいです。

次の

【iPhone】ストレージの「その他」とは?削除しても大丈夫?

その他 の システム データ

iPhone 容量 その他 そこで、このページではiPhone iOS 11 メールを削除する方法を紹介します。 いずれも実用的な小技なので、今使わなくても頭にいれておきましょう。 iPhone 容量 その他について iOS 11以降でiPhoneから「設定」「一般」「iPhone ストレージ」と進み、あるいはiTunes経由してiPhone 容量を確認する時、写真、App、メディア、メールなどがそれぞれ占める容量が表示され、その中には、「その他」という項目が見られます。 iPhone 容量 その他というのは、iOSやアプリが一時的に使用したキャッシュファイルや設定ファイル、そのほかのシステムデータなど、ユーザーが使用していない不要なデータであることがほとんどです。 「その他」データの標準サイズはおよそ3~4GBで、それ以上の場合は、「その他」データを削除することでiPhone 容量を劇的に減らすことが期待できます。 iPhone ストレージを確認 iPhone 容量 その他を削除 そして、どのようにして「その他」データを削除するといえば、iPhoneをiTunesにバックアップし、デバイスをリセット(初期化)して、またiTunesバックアップからiPhone データを復元するという順に行われます。 一、iPhoneをiTunesにバックアップする iPhone 容量 その他を削除するには、デバイスを初期化する必要があるので、データをまずバックアップするのがオススメです。 iPhoneをiTunesにバックアップする時、暗号化バックアップは保存したパスワード、Webサイトの履歴、LINEのトーク履歴、Wi-Fi設定、ヘルスケアデータなどもバックアップできるので、ここでは主にiPhone iTunes 暗号化バックアップする方法をご紹介します。 パソコンに最新バージョンのiTunesがインストールされていることをご確認ください。 iTunesを起動します。 USBケーブルを経由して、お使いのiPhoneデバイスをパソコンに接続します。 インターフェースの左上にiPhoneのアイコンが表示されたら、それをクリックします。 「概要」をクリックして、「バックアップ」セクションから、「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れます。 下図の示しているように、パスワードを作成します。 パスワードを確認して入力後、バックアップが始まり、以前のバックアップファイルが上書きされ、暗号化されます。

次の