ぽん は ぶ。 ぽん多本家(御徒町/洋食屋)

あやつるぽん

ぽん は ぶ

カテゴリー• 5,232• 2,937• 2,038• 1,445• 987• 691• 4,502• 357• 737• 493• 608• 664• 569• 1,001• 495• 366• 684• 1,426• 541• 678• 646• 464• 1,705• 850• 341• 785• 1,105• 1,169• 100• 101• 106• 267• 152• 133• 214• 156• 355• 205• 313• 193• 593• 528• 411• 308• 265• 166• 195• 251• 164• 483• 187• 236• 180• 195• 160• 329• 209• リンク• [ アンテナサイト ]• [ まとめサイト ]•

次の

焼肉ぽんが はなれ

ぽん は ぶ

特徴 やっと出ました!もたぽんこ量産バージョン! これまではベータ版というコトで一般売りはされていませんでしたが、今回、各部が改良され鳴り物入りで新発売です。 とにかく、何モノにも似てない完全オリジナルデザイン。 他が既存ガソリン車ベースのコンバート設計に対して、このもたぽんこは、電気で動かすタメに完全ゼロベースの車両です。 そのオリジナリティあふれる車体を開発したのは、オリエンタル社。 各ベンダーとの協力でアパックスパワーブランドで発売しているモノ。 その独創性は、他の日本メーカーとは一線を画するモノで、そのアイデンティティは、まさにこのもたぽんこの造り自体を象徴しているだろう。 丸くて、ちっちゃくて、軽くて、持てる。 そして、モテる。 何しろ、街で見かけりゃ人だかりです。 ディスプレイに活用しているユーザーも居るぐらいで、客寄せパンダにもなる、子供も、おじーちゃんも、女性もサラリーマンも、そのスタイリングにワクワクするようです。 ショートホイールベース過ぎるデザインで、ほぼ、シートでお尻を落とす位置にリアタイヤがあるという徹底したモノ。 このデザインが意味するのは、とてもクイッキーに曲がるというコトを想像させる。 その操作性はおそらくクセのあるモノであろーし、一般の道路を快適に流せる代物ではないというのは容易に想像出来る。 ボディ一体成型のFRPボディは、いかにもハンドメイドで、まさに手作り感満載だ。 このハンドメイド具合がたまらないというユーザーは必ず居るコトでしょう。 この大量生産時代に、こーした未完成域が残る創世記時代に、その真骨頂と接するコトが出来る、所有するコトが出来るのは幸せなコトだろう。 モーターは、なんとFF。 フロントホイールにモーターを組み込み、制御するのは、ベータ版からかなり改良され、メーターなども一括して表示できるインジケーター・変速モード付きの新型コントローラーだ。 しかも、タイヤはなんとエアーなしのノーパンクタイヤを採用。 徹底的にメンテフリーを目指す方向性だ。 フロントはこんなにちっちゃいマスターシリンダーを採用し、ディスクブレーキをおごっている。 しょーじき、利きはイマイチだが、パッドのチェックなどが外から確認出来るコトは大事だろう。 後ろは申し訳無さそうなドラムライニングを装備している。 バッテリーは36Vリチウムを採用しており、いわゆるアシスト自転車のモノと変わりありません。 シート下のカバーを開けて、ロックを解除し、取っ手を持ち引き出して、部屋に持ち帰り充電 という流れで運用するコトが出来るだろう。 そのバッテリー重量は、おそらく5kg程度で、どんな方でも楽々持つコトが出来る。 端子も一般的な3芯なので、DC-ACなどを使用を前提とした外部電源用途に出力させるコトも容易だ。 保安パーツは、オールLEDを採用している。 電球が存在していないので、交換の頻度は明らかに低く、湿気や熱に耐久性もあるだろう。 特筆すべきは、このテールランプ。 一見テールランプのみで、ウィンカーは???となるが、なんとオレンジLEDも両側配置されており、まさに一体型テールユニットだ。 折りたたみ式ステップはかなり前方に位置するように見えるが、乗車してみると、かなり自然なポジションになる。 サイドスタンドのみの装備になるが、それはまさにミニマムだ。 そして、折り畳んで、持ち運びが出来るというメリットだ。 一に、電気バイクの利点は、流体燃料を積んでいないというコトだ。 倒しても流れ出るコトもないし、匂いもしない。 つまり、しっかりとバックに入れるコトが出来れば、輪行も夢ではない。 ただ、フロント荷重のバランスのため、しょーじき後ろのスリットに手をかけても、バランスが悪く、25kg程度ではあるが、かなり積み込みにくい印象はある。 今後、その重量配分を考えれば、かなり持ちやすく改良できるだろう。 レジャービーグルとしてカテゴリーはあるモノの、ほんとーの意味で持ち運びが出来るバイクが無かったのが現状だが、まさにその化石的カテゴリーに一石を投じているのが、このもたぽんこだ。 運べる電動バイク。 持てる電動バイク。 いつでもどこでもスイッチを入れれば走れる利便性。 まさにこれからの電動バイク業界を見据える軸となる車種になるコトは間違いないだろう。 ぜひ、一度体感しにスマートハートへお越し下さい。 スペック 店長の試乗インプレッション ことさら、このもたぽんこの 試乗レポートが必要かどーか?は疑問だが、あらかじめ言っておこう。 公道をガッツリとふつーの電動バイクのよーに走るコトはムリだ。 それは、ノーサスリジットという乗り心地の悪さやショートホイールベースゆえのフラつき感という乗り味の以前の問題である。 スペック自体が 耐えられない設計である。 それはあえてそーゆー造りにしていると判断して欲しい。 いわゆる モンキー&ゴリラのよーな使い方は出来ないと認識して頂いてから、購入を検討したい車種なのだ。 それをじゅーぶん 踏まえて、これから見て頂く試乗レポートを熟読頂きたい。 それでも、なお、勘違いするユーザーが多いので、ハッキリ言います。 走りに関して1%の期待も不要です。 期待無きユーザーは、 意外に走るね とゆーイメージに落ち着くと思うので、それで正しいです。 シート下のバッテリーのキーをONにして、コントローラーを起動。 こーした 儀式を経て、走り出せるのだが、まずはポジションチェックだ。 まず、ステップを探す。 かなり前方に位置しているが、これが自然だ。 前に足を突っ張る感じで乗り、体重は、ガッチリと お尻に落とす感じのライポジだ。 このお尻を置くシートがまた、簡素で、ただの座布団と言ってもイイだろう。 疲れる疲れないとゆー問題ではなく、お尻が置けるかどーかの不安すら感じる。 だが、不思議なコトに、そうして下半身の置き場所が決まると同時に手を前方向に自然に伸ばすと、そこには ハンドルグリップがあるのがなんとも考えられている。 そして、グリップを捻り、走り出すコト、数秒ですぐにマックススピードに到達する。 それは、ライディングポジションの 低さが、体感速度を上げている。 リジットサスというコトもあるので、正面から景色が流れると同時に 上下にも視線が動くのがこれまでにない感覚だ。 昔のシャコタンの旧車に乗っている感じと言ったら想像つくだろうか? まず、走り出しは ふらつき感満載だ。 これはショート過ぎるホイールベースから来るモノ。 つまり、お尻の下にリアホイールが位置するのは、すなわち、カラダの重心を主軸にして回るコトになる。 この感覚は、絶対に慣れるコトはない。 とゆーのは、乗り物であるという場合はだ。 これが、例えば、スケボーや一輪車のよーな レジャー・スポーツ用具とイメージすると、すんなり入るコトが出来る。 まさに、もたぽんこを、もし、乗って楽しもうとするならば、それは、広場でグルグル回って遊ぶ という道具なのだ。 バイクとは、そもそも、そーした乗り方をして愉しむモノだと、わたしは思っている。 すると、今のガソリンエンジン車は、ただの 移動手段でしかない。 あんなパワーがあっては遊べないのだ。 そして、このもたぽんこのパワー感がちょーどイイ。 必要十分のレジャー道具として、乗り回して遊ぶコトが出来る。 どんなバイクよりも、クイッキーでくるっと カラダで操る感覚は、ほんとーにおもしろい。 それがさらに、電気モーターの無音無排ってのが、 異次元のおもちゃである。 このもたぽんこを使って、ライディングパフォーマンスなどを考えてみると、それはそれで、ひとつのエンターテイメントとなるかも知れない。 ただ、そーは言っても公道を走るバイクとして販売しているからには、 道路上の走行はどーだ?とゆー話しにはなる。 もちろん、その最高速度を見てもわかるとーり、幹線道路などを流すのはムリだ。 生活道路を流すコトになるのだが、マンホールや、白線、ちょっとした段差が気になる。 ノーサスな上に、 ノーパンクタイヤでクッションとして作用していないからだ。 また、段差を乗り越えるとともに、ボディパーツのガタも気になる音を出している。 しょーじき、もう少しタイヤで吸収したい感はある。 せめて エアーインであれば、かなりのクッション性が出て、全体的な印象がワングレード上がるのではないかと思う。 各操作部は悪くはないが、フロント、リアともにブレーキは必要最小限度である。 つまり、プア。 サイドスタンドなども申し訳程度にくっついて居る。 あとは、少し気になる部位は、 持ち手というパートだ。 これが、仮にリアキャリア的なモノがあれば、かなり持ちやすくなるし、積載しやすいだろう。 前後の重量配分が偏っているので、あとは 取っ手の有無で、重さを軽減するコトが出来る。 いくら重たくても、バランス配分を考えた握りやすい取っ手があると、重量が 半分に感じる、あの現象だ。 なかなか、このもたぽんこの乗り味をまとめるのは難しいが、個人的に、舗装された広場で くるくる回って遊ぶ のが、楽しい乗り方の筆頭かと気づいた。 そして、そんな乗り方をしてみたい興味のある方、スマートハートの大型駐車場にて、いつでも体験出来ますので、お気軽にお電話下さいね。 試乗動画 店長の勝手に評価 オススメポイント• 折り畳み持ち運びOK!・・・わずか25kgの体重でひょいっと積める自由度• 着脱式リチウムバッテリー・・・もはや当然とも言える取り外し可能バッテリー!• ラッピングで遊べる・・・アニメとのコラボや宣伝目的でのラッピングなど多様! イマイチポイント• リアリジット・・・リアはフレーム固定のノーサス。 道路はツライ。 ウェイトバランス・・・ウェイトバランスがフロント過多なので重く感じる。 ノーパンクタイヤ・・・ノーサスも相まってクッション性が皆無で熱に弱い。 今までにないカテゴリーではある。 完全オリジナルゼロベースだからスゴイ。 ただし、もう少し機能面との融合が必要不可欠だろう。 税別とは言え10万を切る金額で電動バイクが手に入るのはスゴイ。 販売店のバックアップがないと心配ではある。 ここまで優越ハッキリ出るバイクも珍しい。 じっくり自分の使い方を吟味した上で、スマートハートに相談下さい。 メニュー YAMAHA 【ヤマハ】 ECシリーズは生産中止 EC-03 EC-02 Passol(EC-01) SUZUKI 【スズキ】 生産中止 e-Let's HONDA 【ホンダ】 EVシリーズは生産中止 EV-neo Prozza 【プロッツァ】 生産中止 ReQuest International 生産中止 APA'X Power 【アパックスパワー】 ALL生産中止 パスタ CARBON DRY JAPAN 【カーボンドライ】 S1 SPL CARBON NAKED S1 SPL CARBON RED ADIVA 【アディバ】 CARGO 3 EM100 CARGO ISOLA 【イソラ】 取り扱い中止 SCOOTECH 【スクーテック】 ALL生産中止 SCシリーズは生産中止 TECO 【テコ】 TERRA Motors 【テラモーターズ】 ALL生産中止 BAYES 【ベイズ】 ALL生産中止 Denba 【デンバ】 ALL生産中止 TAKERU DK City 生産中止 KYMCO 【キムコ】 生産中止 OVER creative 【オーバークリエイティブ】 生産中止 ただいまの試乗車.

次の

焼肉ぽんが はなれ

ぽん は ぶ

来歴 [ ]• 2010年4月 ミューモアヨシモトの「新生つぼみオーディション」の結果、に加入(ミューモア組・同期11名)。 2010年4月29日 で行われたお披露目式にてデビュー。 人物 [ ]• 発ガールズユニット(当時)の元メンバー。 2010年4月、同期にシュークリーム(・)、(・元)、(元、現キャスター)、らがいる。 当時のキャッチコピーは 「つるつる卵マジシャン」。 愛称は、あやちゃん、あやつる、あやつるぽん。 マジックの修行中で、マジシャンの卵である。 つぼみ在籍時に、(つぼみメンバーとしては)一番最初に前で行っている 「口上師」(こうじょうし)の役割を行った。 (それまでは若手新喜劇座員及び若手芸人に限られていた、つぼみメンバーが2017年に入って対バンライブやイベント出演が主になり、関西以外の地域でも活躍する機会が増えた事から口上師の対象から離れた)• 2011年4月29日、活動1周年を記念して個人ブログ100回更新に挑戦した。 100回目の更新が日付をまたいでしまい失敗したかに思われたが、実際は102回更新されており(96、98回が異なる内容で、それぞれ二度ずつ投稿されていた)、100回目の投稿が午前0時丁度であった。 翌日のアクセスランキングでは26位となり、ブログ開設以来の最高位を記録した(2011年5月30日現在)。 2014年3月10日更新分の「桜稲垣早希とつぼみの毎日開花宣言ブログ」及び自身のブログにて、同年3月30日に(現・)で行われる「つぼみ公演〜めざす夢〜」の出演を最後につぼみを卒業する事を発表、同公演終了後に卒業した、開花宣言ブログでは今後の進路はピン芸人と発表していたが、引き続きマジシャンとしてよしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪に残留する事を同年3月11日放送分のつぼみのニコニコランド金曜日のオープニングのフリートークで訂正していた。 2015年4月26日に梅田で行われた「TSUBOMI LIVE〜梅田でごめんね。 1000日前からI Love you〜」にてOGとしてゲスト出演し現メンバーらと共に歌とダンスを披露した、出演が公表された当初、関係者から事前に知らされずつぼみ公式Twitterの発表で初めて知った。 つぼみ時代のキャッチコピーである「つるつる卵マジシャン」は、 「卵のようにツルツルな肌とマジシャンの卵」とを掛けた造語だが、過去に 「つるりん卵マジシャン」としていた時期もあった。 マジックを行う際には、呪文として 「あやつるぽん!」と唱える、この他語尾に 「〜つるぽん」を付けた言葉を使用する(例:こんばんは+つるぽん=こんつるぽん、ハロー+つるぽん=はろつるぽん等)。 マジック以外の特技はバルーンアート、自転車のパンク修理、一輪車。 また、スーパーで5年働いていた経験があり、かつて20人以上の万引きを捕まえた「万引きGメン」であった。 コーヒー飲料()を愛飲しており、とくにの白バラコーヒーを好んでいる。 白バラ関連製品は、ブログで数多く登場させるほどの愛好ぶりで、 「CM放映の際には是非自分を使ってもらいたい。 」と語っていた。 その一方でチチヤスのミルクコーヒーが究極においしいと紹介したこともある。 キャッチコピーの由来となった肌を維持するため、ブログではスキンケア関連の記述が散見できる。 つぼみの初オリジナルソングである「目指す夢」の作詞者であった。 趣味は飲食店めぐり。 ブログには頻繁にグルメレポートが書かれている。 好きな寿司ネタはサーモンの腹須(ハラス:脂の乗った腹の肉)、好きな魚はノドグロ()である。 を卒業し、美容師免許を所持しており、過去に美容業界で働いていた経験がある。 三人兄弟(姉、弟)の真ん中である。 姉とは特に仲が良く、尊敬している。 つぼみのイベントで行われていた観客参加型のマジックを、独自の略語で 「サマック」と呼んでいた。 好きな言葉は「君の瞳にチェックメイト」• 当時のつぼみメンバーの中でも同期の、と、後輩の北山麻依加(現)とは特に仲が良い。 卒業した現在でもつぼみ現メンバー及びOGと交流が見られる事が自身及びメンバーのやブログの写真で取り上げられている。 2016年10月1日付けで芸名を本名の中上亜耶から、自身がマジックを行う時に使う呪文「あやつるぽん!」に改名する事を同年9月30日放送分の兵藤大樹のほわ~っとエエ感じ内で公表し、同日付けで改名した。 出演 [ ] テレビ [ ]• 内のコーナー「特捜指令!O・BA・BA」に出演()• 「そっくりさん探しの旅」(2011年8月7日 )• ツキギメ! 奇跡のムチャぶり大作戦 ムチャレンジ!! (2013年5月8日 )• (2014年7月8日 )• ()不定期出演• どきワク関西 ()不定期出演 ラジオ [ ] 現在• レギュラー出演 過去• ヨシモト*chatterbox! ()(2011年5月2日、5月16日)ゲスト出演• あやつるのラジオでぽん!(朝日放送ラジオ)冠番組 1回のみ DVD [ ]• つぼみの開花宣言!! 〜はじめてのDVDガンバリました! 〜 2011年2月9日 発売) 舞台 [ ]• 「つぼみの開花宣言!! vol. 4 〜新しいつぼみです。 みんなの顔と名前を覚えてくださいね。 〜」(2010年6月20日、)• 「つぼみの開花宣言!! vol. 5 〜京橋花月で夏祭り!みんなで来てくださいね。 〜」(2010年8月21日、)• 「つぼみ博覧会!! vol. 「つぼみの開花宣言!! vol. 6 〜京橋花月で学園祭!みんなでもりあがりましょうね。 〜」(2010年11月23日、京橋花月)• 「つぼみ博覧会!! 「志摩スペイン村カウントダウン2011 大みそかよしもと笑い越しスペシャル」(2010年12月31日 - 2011年1月1日、)• 「つぼみの開花宣言!! vol. 7 〜ABCホールでバレンタイン!みんなで楽しみましょうね。 〜」(2011年2月20日、)• 「東京ダイノジ2」(2011年3月13日、京橋花月)つぼみとしてゲスト出演• 「つぼみの開花宣言!! vol. 「京橋ヴァラエティ・ポケットミュージカルス ザ・プラン9 お〜い!久馬 脚本 」(2011年5月3日 - 8日、京橋花月)• 「つぼみ博覧会!! vol. 「つぼみ演劇祭!! 「土日限定!5up花月」(2012年6月23日・24日・7月1日、5UPよしもと)• 4 〜納涼!コワ~い話対決!!〜」(2012年7月22日、 喰人(cuisin))• 「中上亜耶 初ソロライブ 〜今夜はあなたのハートをあやつるぽん!〜」(2012年8月16日、つるとんたん 和朗亭) イベント [ ]• 「来迎寺 七夕祭り」(2012年7月7日、大和郡山市 来迎寺) 出典 [ ] [].

次の