川崎 ダイニング。 「川崎 ステーキダイニング あさひや」(川崎市川崎区

漁師料理と古白鶏 南国酒家KIKI 川崎(川崎 ダイニングバー)のグルメ情報

川崎 ダイニング

カフェ好きのオーナーが「こんなのがあったらいいな」をカタチにしたのが Tino Cafe です 川崎市川崎区のカフェ・喫茶店・ダイニングバー Tino Cafe(ティーノカフェ)です。 Tino Cafeでは、川崎で唯一の個人経営のカフェ・喫茶店・ダイニングバーとして カフェの基本であるセカンドハウス的な空間はもちろんのこと、空間を『オシャレに大切に』しています。 料理やケーキにも力を入れており、パティシエの作るオリジナルケーキや 契約農家からの無農薬野菜や、オーナー自らチェックして決めた、こだわりの業者から卸したお肉を使った料理など こだわりぬいた他店にはない空間や料理・ケーキなどを提供しています。 なかなか自分の時間がない現代で、のんびりと落ち着ける優雅な時間を過ごしてください。 また、夜はダイニングバーとしてワインなどのお酒を豊富に取り揃えています。 パーティーや宴会や結婚式の2次会もOK!貸切スペースとしてもご利用になれます。 Topics• 2018. 26 NEWS• 2017. 09 NEWS• 2017. 16 NEWS• 2017. 19 NEWS• 2017. 12 NEWS• 2017. 09 NEWS• 2017. 17 NEWS• 2017. 24 NEWS• 2016. 17 NEWS• 2016. 30 NEWS• 2016. 18 NEWS• 2016. 27 NEWS• 2016. 18 NEWS• 2016. 12 NEWS• 2016. 28 NEWS• 2016. 20 NEWS• 2016. 09 NEWS• 2016. 06 NEWS• 2016. 26 NEWS• 2016. 21 NEWS.

次の

お祝い・記念日のお食事はステーキダイニング団扇

川崎 ダイニング

「ライブ感と活気に満ちた食のシーン」 をテーマとしたオールデイダイニングのブッフェレストラン「Terrace and Table」。 「出会いと物語の始まる場所」というホテルのテーマに基づき、新たな味覚との出会いをするレストランとして、当店では3つのシーンがお楽しみいただけます。 また、テラス席では、ワンプレートディッシュやホテルならではのアウトドアグルメも楽しめるほか、個室では正餐のコース料理も提供します。 店内には大型のワインセラーを設置し、様々な国のワインをはじめとして種類豊富なアルコール類もご用意します。 総料理長 小林 明 (こばやし あきら) 1985年 ホテルニューオータニ入社。 世界的な老舗フレンチレストラン「トゥールダルジャン東京」、イタリアンレストラン「ベルヴュー 現:ヴェッラ・ヴィスタ 」料理長を経て2005年2月よりホテルメトロポリタン イタリアンレストラン「フィオレンティーナ」料理長を務める。 2007年9月、キュイジーヌ「エスト」、ダイニング&バー「オーヴェスト」両店の料理長。 2016年11月よりオールデイダイニング「クロスダイン」の料理長。 2019年1月よりホテルメトロポリタン 川崎の総料理長に就任。 詳しくは各メニューの詳細ページをご覧ください。

次の

川崎・鶴見のダイニングバーがおすすめのグルメ人気店

川崎 ダイニング

コンセプト ステーキダイニング団扇は常日頃より肉・魚・野菜・ワインなどすべての素材同士の相性の良さや季節を楽しめるよう心掛けております。 食材へのこだわり ステーキダイニング団扇では食材にもこだわり、お客様にご提供させていただきます。 野菜にもこだわっています。 ステーキダイニング団扇では三浦産の野菜を多く扱っています。 旬のものを美味しくお召し上がりいただけるお料理でご案内しております。 オーナーシェフプロフィール 深瀬 悦宏 1987年、日本航空(JAL)ホテル入社の後、横浜のホテルで修業をする。 調理のスキルを高めると共に、接客に対しても「お客様が満足を頂けるメニュー」や「料理を出すタイミングなどを常に考えながら、食事をトータルで満足頂けること」を心がけ、取り組む。 1995年、自らオーナーとして「ステーキ&シーフード 団扇」をOPEN。 2007年、「ステーキ・ダイニング団扇」としてリニューアルし、現在に至る。 2011年12月、団扇姉妹店として「欧風カリー団扇」をOPENし、営業を開始。 趣味 写真・ゴルフ・食べ歩き・仕事.

次の